ケビン・コスナー映画一覧

ケビン・コスナーが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「ドラフト・デイ」のネタバレあらすじ結末

ドラフト・デイの紹介:2014年アメリカ映画。新たなシーズンを向かえるNFL各チームでは、新たな戦力を向かえるべく来るべくドラフトに向かって盛り上がっていた。昨年成績の振るわなかったブラウンズは、今年のドラフトに対し万全の研究を行ってきたが、その直前、他のチームから今年最も有力なクォーターバック獲得の取引を持ち掛けられる。指名権をトレード材料とするアメリカのドラフトを舞台に繰り広げられる駆け引きを描いた異色スポーツ映画。
監督:アイヴァン・ライトマン 出演:サニー・ウィーバー・Jr(ケヴィン・コスナー)、アリ・バーカー(ジェニファー・ガーナー)、ヴィンス・ペン(デニス・リアリー)、アンソニー・モリーナ(フランク・ランジェラ)、バーブ・ウィーバー(エレン・バースティン)ほか

「ワイアット・アープ」のネタバレあらすじ結末

ワイアット・アープの紹介:1994年アメリカ映画。アメリカ西部開拓時代の伝説的な保安官ワイアット・アープの生涯をケビン・コスナー製作・主演で描いた大作西部劇です。史実に忠実に描かれ、数奇な運命を辿ったワイアットがやがて名高い「OK牧場の決闘」へと突き進んでいく過程を描いています。
監督:ローレンス・カスダン 出演者:ケビン・コスナー(ワイアット・アープ)、デニス・クエイド(ドク・ホリデイ)、ジーン・ハックマン(ニコラス・ポーター・アープ)、マイケル・マドセン(ヴァージル・アープ)、デヴィッド・アンドリュース(ジェームズ・アープ)ほか

「メッセージ・イン・ア・ボトル」のネタバレあらすじ結末

メッセージ・イン・ア・ボトルの紹介:1999年アメリカ映画。全米で170万部のベストセラーとなったニコラス・スパークスの同名小説を原作としたラブストーリーです。浜辺に打ち上げられたメッセージ入りの瓶をある女性が拾ったことをきっかけに、出逢うはずのなかった二人の恋が始まりますが…。
監督:ルイス・マンドーキ 出演者:ケビン・コスナー(ギャレット・ブレイク)、ロビン・ライト・ペン(テリーサ・オズボーン)、ポール・ニューマン(ドッジ・ブレイク)、ジョン・サヴェージ(ジョニー・ランド)、イリーナ・ダグラス(リーナ・ポール)ほか

「ダンス・ウィズ・ウルブズ」のネタバレあらすじ結末

ダンス・ウィズ・ウルブズの紹介:1990年アメリカ映画。ケビン・コスナーが監督・製作・主演を務めた西部劇です。南北戦争時代を舞台に、北軍中尉とインディアンの娘との恋とその数奇な運命を描いた超大作で、アカデミー賞とゴールデングローブ賞で作品賞を受賞しています。
監督:ケビン・コスナー 出演者:ケビン・コスナー(ジョン・ダンバー(狼と踊る男))、メアリー・マクドネル(拳を握って立つ女)、グラハム・グリーン(蹴る鳥)、ロドニー・A・グラント(風になびく髪)、モーリー・チェイキン(ファンブロー)ほか

「アンタッチャブル」のネタバレあらすじ結末

アンタッチャブルの紹介:1987年アメリカ映画。実在の酒類取締局捜査官エリオット・ネスの自伝を元に、暗黒街の顔役アル・カポネに対決を挑んだ捜査官チームの活躍を描く。ブライアン・デ・パルマ監督が作風をガラリと変え、正攻法の演出で優れたサスペンス・ドラマに仕上げた。
監督:ブライアン・デ・パルマ 出演:ケヴィン・コスナー(エリオット・ネス)、ショーン・コネリー(ジム・マローン)、アンディ・ガルシア(ジョージ・ストーン(ジョゼッペ・ペトリ))、チャールズ・マーティン・スミス(オスカー・ウォーレス)、ロバート・デ・ニーロ(アル・カポネ)、ほか

「ラストミッション」のネタバレあらすじ結末

ラストミッションの紹介:2014年アメリカ映画。CIA凄腕のエージェント、イーサンは、ガンを患い引退を余儀なくされる。余命を穏やかに過ごそうと家族の下に戻るが、仕事の所為で二人とは疎遠になっており、特に一人娘との関係は最悪になっていた。そこに再びCIAから仕事の依頼が舞い込む。その報酬は破格の大金と抗hガン剤の新薬で、イーサンは少しでも家族と長く過ごす為に仕事を請ける。リュック・ベンソン脚本で、家族との関係修復に悩む父親をケビン・コスナーが演じる。
監督:マックG 出演:ケヴィン・コスナー(イーサン・レナー)、アンバー・ハード(ヴィヴィ)、ヘイリー・スタインフェルド(ゾーイ)、コニー・ニールセン(クリスティン)、リヒャルト・サメル(ウルフ)、ほか

「ボディガード」のネタバレあらすじ結末

ボディガードの紹介:1992年アメリカ映画。一人の元ボディガードと成功した歌手の間で起こる不審な事件を解決しようと奔走するストーリーで、ホイットニーヒューストンの歌った曲は大ヒットを記録しました。
監督:ミック・ジャクソン 出演:ケヴィン・コスナー(フランク・ファーマー)、ホイットニー・ヒューストン(レイチェル・マロン)、ビル・コッブス(ビル)、ゲイリー・ケンプ(サイ)、ミシェル・ラマー・リチャード(ニッキー)ほか

「ファンダンゴ」のネタバレあらすじ結末

ファンダンゴの紹介:1985年アメリカ映画。スピルバーグ監督の弟子達によるC級映画1985年、バブル時代に公開された作品です。公開初日に映画館で「団子」を配るダメ押しにより当時は罵倒された映画ですが、今や名優である若き日のケビン・コスナーの出世作品であることは、あまり知られていない。
監督:ケヴィン・レイノルズ 主演:ケビン・コスナー(ガードナー) 主題歌:エルトンジョン

「ウォーターワールド」のネタバレあらすじ結末

ウォーターワールドの紹介:1995年アメリカ映画。温暖化により両極の氷が溶け、陸地がすべて沈んだ未来の地球。生き延びた人々はなんとか環境に適応し、アトールと呼ばれる集落を作り、身を寄せ合って生きていた。伝説の陸地「ドライランド」を見つけ出す日を夢見ながら。そこに現れた名前のない男、ドライランドの鍵を握る少女と彼女をつけ狙う無法者集団「スモーカーズ」。それぞれの思いが絡み合いながら物語は展開する。はたして伝説の楽園は実在するのか・・?
監督 :ケヴィン・レイノルズ 出演: ケヴィン・コスナー(マリナー)、デニス・ホッパー(ディーコン)、ジーン・トリプルホーン(ヘレン)、ティナ・マジョリーノ(エノーラ)、ジャック・ブラックほか

「マンオブスティール」のネタバレあらすじ結末

マンオブスティールの紹介:2013年アメリカ映画。300などで知られるザックスナイダー監督が新たなコンセプトで映画化したスーパーマンの物語で、マンオブスティールでは今までのスーパーマンには見られなかったキャラクターの変更がなされました。
監督:ザック・スナイダー 原案・脚本・製作:クリストファー・ノーラン マンオブスティールの出演者:ヘンリー・カヴィル(クラーク・ケント/カル=エル)、エイミー・アダムス(ロイス・レイン)、マイケル・シャノン(ゾッド将軍)、ケヴィン・コスナー(ジョナサン・ケント)、ダイアン・レイン(マーサ・ケント)、ローレンス・フィッシュバーン(ペリー・ホワイト)ほか

「エージェント・ライアン」のネタバレあらすじ結末

エージェント・ライアンの紹介:2014年アメリカ映画。小説家のトム クランシーが執筆したジャック ライアンを主人公とする映画化作品で、いままでの既存作品とは違い、ジャックが諜報員になるまでを描きます。
監督:ケネス・ブラナー 出演:クリス・パイン、ケビン・コスナー、ケネス・ブラナー、キーラ・ナイトレイほか

「フィールド・オブ・ドリームス」のネタバレあらすじ結末

フィールド・オブ・ドリームスの紹介:1989年アメリカ作品。W・P・キンセラの小説『シューレス・ジョー』が原作。野球を題材に、夢と希望、親子の絆を描き上げたファンタジードラマ映画である。
監督:フィル・アルデン・ロビンソン 出演者:ケヴィン・コスナー、エイミー・マディガン、ギャビー・ホフマン、レイ・リオッタ、ジェームズ・アール・ジョーンズ、バート・ランカスターほか

TOP↑