伝記映画のあらすじ

「ビヨンドtheシー 夢見るように歌えば」のネタバレあらすじ結末

ビヨンド the シー ~夢見るように歌えば~の紹介:2004年アメリカ,ドイツ,イギリス映画。37歳の若さでこの世を去ったアメリカのエンターテイナー、ボビー・ダーリンの半生を描いたヒューマンドラマ。監督・主演を務めたケヴィン・スペイシーが吹き替えなしの美声を披露し、話題を呼びました。
監督:ケヴィン・スペイシー 出演者:ケヴィン・スペイシー(ボビー・ダーリン)、ウィリアム・ウルリッチ(少年時代のボビー)、ケイト・ボスワース(サンドラ・ディー)、ブレンダ・ブレッシン(ポリー・カソート)、ボブ・ホスキンス(チャーリー・カソート・マフィア)

「ドミノ」のネタバレあらすじ結末

ドミノの紹介:2005年アメリカ,フランス映画。実在した女賞金稼ぎ、ドミノ・ハーヴェイの波乱の生涯を、名優を父に持つ彼女の生い立ち、仲間との友情と闘い、そして愛の日々を交えて描いた伝記アクション作品です。
監督:トニー・スコット 出演者:キーラ・ナイトレイ(ドミノ・ハーヴェイ)、ミッキー・ローク(エド・モズビー)、エドガー・ラミレス(チョコ)、デルロイ・リンドー(クレアモント・ウィリアムズ3世)、リズワン・アバシ(アルフ)ほか

「ジョイ」のネタバレあらすじ結末

ジョイの紹介:2015年アメリカ映画。“ミラクルモップ”の発明により貧困から億万長者へと登り詰めたアメリカの女性発明家ジョイ・マンガーノの半生を、彼女を取り巻く人間関係を含めて描いた伝記映画です。
監督:デヴィッド・O・ラッセル 出演者:ジェニファー・ローレンス(ジョイ・マンガーノ)、ロバート・デ・ニーロ(ルディ・マンガーノ)、ブラッドリー・クーパー(ニール・ウォーカー)、エドガー・ラミレス(トニー・ミラン)、ダイアン・ラッド(ミミ)ほか

「永遠のジャンゴ」のネタバレあらすじ結末

永遠のジャンゴの紹介:2017年フランス映画。のちの音楽に多大な影響を与えたジャズギターの革命者ジャンゴ・ラインハルト。ナチスドイツによるパリ占領下、彼の一生の中でも目まぐるしく過ぎた二年間を、音楽と共におくる。
監督:エチエンヌ・コマール 出演:レダ・カテブ(ジャンゴ・ラインハルト)、セシル・ドゥ・フランス(ルイーズ・ドゥ・クラーク)、ベアタ・パーリャ(ナギーヌ・ラインハルト)、ビンバム・メルシュタイン(ネゴロス・ラインハルト)、ガブリエル・ミレテ(ラ・プリュム)、ジョニー・モントレイユ(ジョセフ・ラインハルト)、ほか

「エリザベス:ゴールデン・エイジ」のネタバレあらすじ結末

エリザベス:ゴールデン・エイジの紹介:2007年イギリス,フランス映画。1998年の『エリザベス』と同じスタッフとキャストで、その後のエリザベス1世の生きざまを描いています。第80回アカデミー賞衣装デザイン賞受賞。前作に引き続き、エリザベスが憑依したかのようなK・ブランシェットの演技には一見の価値があります。国家と結婚した“ヴァージン・クイーン”エリザベスは、新世界を旅する船乗りウォルターに惹かれます。しかしエリザベスは女王として、世界最強国スペインの無敵艦隊(アルマダ海戦)に挑んでいきます。
監督:シェカール・カプール 出演者:ケイト・ブランシェット(エリザベス1世)、ジェフリー・ラッシュ(フランシス・ウォルシンガム)、クライヴ・オーウェン(ウォルター・ローリー)、アビー・コーニッシュ(エリザベス(べス)・スロックモートン)、サマンサ・モートン(メアリー・スチュワート)ほか

「エリザベス」のネタバレあらすじ結末

エリザベスの紹介:1998年イギリス映画。16世紀のイングランド。混沌の中、25歳の若さで即位した女王エリザベス1世が、“ヴァージン・クイーン”になるまでの激動に満ちた半生を描いた歴史映画です。
娘時代から、ラスト・シーンの神々しいエリザベスまでを演じきったK・ブランシャットには脱帽します。第71回アカデミー賞では作品賞を始め7部門にノミネートされ、メイクアップ賞を受賞。2007年に同じ監督・主演で続編『エリザベス:ゴールデン・エイジ』も公開されています。
監督:シェカール・カプール 出演者:ケイト・ブランシェット(エリザベス1世)、ジョセフ・ファインズ(ロバート・ダドリー)、ジェフリー・ラッシュ(フランシス・ウォルシンガム)、クリストファー・エクルストン(ノーフォーク公)、リチャード・アッテンボロー(ウィリアム・セシル)ほか

「5つの銅貨」のネタバレあらすじ結末

5つの銅貨の紹介:1959年アメリカ映画。実在のコルネット奏者であるレッド・ニコルズと、その家族の物語。主役のダニー・ケイのトランペットを本人が吹き替えたり、ルイ・アームストロングが本人役として登場するなど、豪華な配役が話題となった。作中で披露されるダニー・ケイとルイ・アームストロングによる「聖者の行進」のパフォーマンスは圧巻の一言に尽きる。
監督:メルビル・シェイブルスン 出演者:ダニー・ケイ(レッド・ニコルズ)、バーバラ・ベル・ゲデス(ウィラ・ストゥッツマン)、ルイ・アームストロング(本人)、ハリー・ガーディノ(トニー・ヴァラニ)、チューズデイ・ウェルド(ドロシー・ニコルズ) ほか

「42 世界を変えた男」のネタバレあらすじ結末

42 ~世界を変えた男~の紹介:2013年アメリカ映画。史上初の黒人メジャーリーガー、ジャッキー・ロビンソンの苦悩と活躍を描いた伝記映画。人種差別や隔離政策が公然と行われていた時代のアメリカ。ブルックリン・ドジャースのGMブランチ・リッキーは、タフで反骨精神を持つニグロリーグの選手ジャッキーに目をとめる。理不尽な侮辱を受けて尚懸命に野球に打ち込むジャッキーの姿は、反発していた人々の心を次第に変えていくのだった。
監督:ブライアン・ヘルゲランド 出演者:チャドウィック・ボーズマン(ジャッキー・ロビンソン)、ハリソン・フォード(ブランチ・リッキー)、ニコール・ベハーリー(レイチェル・ロビンソン)、クリストファー・メローニ(レオ・ドローチャー)、アンドレ・ホランド(ウェンデル・スミス)ほか

「マザー・テレサ」のネタバレあらすじ結末

マザー・テレサの紹介:2003年イタリア,イギリス映画。慈愛の人マザー・テレサ。神への愛に支えられ、様々な困難や偏見を乗り越えながら、弱者救済の為に突き進む彼女と仲間達の道のりを綴った真実の物語です。
監督:ファブリツィオ・コスタ 出演:オリヴィア・ハッセー(マザー・テレサ)、ミヒャエル・メンドル(エクセム神父)、エミリー・ハミルトン(アンナ)、セバスチャーノ・ソマ(セラーノ神父)、ラウラ・モランテ(マザー・ドゥ・スナークル)、イングリッド・ルビオ(ヴァージニア/シスター・アグネス)、ほか

「静かなる情熱 エミリ・ディキンスン」のネタバレあらすじ結末

静かなる情熱 エミリ・ディキンスンの紹介:2016年イギリス,ベルギー映画。エミリ・ディキンスン(1830~1886)は生前作品がほとんど公表されなかったにもかかわらず、今日ではウォルト・ホイットマンと並んでアメリカを代表する詩人とみなされている。イギリス人のテレンス・デイヴィス監督が、約20篇の詩とともに、魂の自由にこだわり続けた彼女を描く映画。「セックス・アンド・ザ・シティ」シリーズのシンシア・ニクソンがエミリ・ディキンスンを演じる。ディキンスンが実際に暮らした家でも撮影が行われた。
監督:テレンス・デイヴィス 出演:シンシア・ニクソン(エミリ・ディキンスン)、ジェニファー・イーリー(ラヴィニア(ヴィニー)・ディキンスン)、キース・キャラダイン(エドワード・ディキンスン)、ジョディ・メイ(スーザン・ギルバート)、キャサリン・ベイリー(ヴライリング・バッファム)、ほか

「ドリーム」のネタバレあらすじ結末

ドリームの紹介:2016年アメリカ映画。1960年代、アメリカとソ連は激しい冷戦を繰り広げていました。宇宙においても、どちらが先に月に人を送るか、激しい競争、スペースレースを行っていました。まだ、黒人が差別されていたアメリカ、しかも女性の社会進出が難しかった時代に、黒人女性たちが差別や偏見と戦いながら、NASAの有人宇宙飛行を実現するマーキュリー計画に大きく貢献する姿を描いた伝記映画です。
監督:セオドア・メルフィ 出演:タラジ・P・ヘンソン(キャサリン・G・ジョンソン)、オクタヴィア・スペンサー(ドロシー・ヴォーン)、ジャネール・モネイ(メアリー・ジャクソン)、ケヴィン・コスナー(アル・ハリソン)、キルステン・ダンスト(ヴィヴィアン・ミッチェル)、ほか

「アイム・ノット・ゼア」のネタバレあらすじ結末

アイム・ノット・ゼアの紹介:2007年アメリカ映画。ノーベル文学賞受賞者でもあり、今なお現役で活躍を続ける伝説のミュージシャン、ボブ・ディランの半生をモチーフに、6人の俳優がディランの多彩なイメージを演じ分けた実験的なミュージックドラマです。
監督:トッド・ヘインズ 出演者:クリスチャン・ベイル(ジャック/ジョン牧師)、ケイト・ブランシェット(ジュード)、マーカス・カール・フランクリン(ウディ)、リチャード・ギア(ビリー)、ヒース・レジャー(ロビー)、ベン・ウィショー(アルチュール)、ほか

「ミス・ポター」のネタバレあらすじ結末

ミス・ポターの紹介:2006年イギリス,アメリカ映画。ピーターラビットのキャラクターの作家として世界的に有名な、児童文学作家・画家であるビアトリクス・ポターの伝記映画。何不自由ないロンドンの良家の子女であるポターは童話作家を目指し、服を着たウサギが主人公の作品を出版者に持ち込んでは断られていた。ある日、彼女の本が採用されて出版することになります。出版後は人気が高く、彼女の名声も高まります。両親の反対を押し切り童話作家として当時珍しかった職業婦人となります。そして、彼女も恋をしますが身分違いを反対され、交際に期間を開ける条件をつけられます。二人の愛は硬く結ばれていましたが悲劇が運命を変えます。
監督:クリス・ヌーナン 出演:レニー・ゼルウィガー(ビアトリクス・ポター)、ユアン・マクレガー(ノーマン・ウォーン)、エミリー・ワトソン(ミリー・ウォーン)、ビル・パターソン(ルパート・ポター)、バーバラ・フリン(ヘレン・ポター)、ほか

「マルコムX」のネタバレあらすじ結末

マルコムXの紹介:1992年アメリカ映画。黒人への圧制が常であった1940年。後の黒人活動家マルコム・エックスとなるマルコム・リトルはやくざ家業や薬物に手を出してすさんだ人生を送っていた。刑務所で出会った黒人ムスリムのベインズにイスラム教の教えを説かれ、彼はアメリカを揺るがす活動家へと変貌していく。黒人解放運動のリーダー、マルコムXの生涯を描いた伝記的作品。
監督:スパイク・リー 出演:デンゼル・ワシントン、アンジェラ・バセット、アル・フリーマン・Jr、アルバート・ホール、デルロイ・リンドー、ほか

「ほんとうのジャクリーヌ・デュ・プレ」のネタバレあらすじ結末

ほんとうのジャクリーヌ・デュ・プレの紹介:1998年イギリス映画。実在のチェリスト、ジャクリーヌ・デュ・プレの伝記映画です。少女時代からプロになるまで、そして若くして亡くなるまでを描いています。
監督:アナンド・タッカー 出演:エミリー・ワトソン(ジャクリーヌ・デュ・プレ)、レイチェル・グリフィス(ヒラリー・デュ・プレ)、ジェームズ・フレイン(ダニエル・バレンボイム)、デヴィッド・モリッシー(キーファー)、チャールズ・ダンス(デレク・デュ・プレ)、ほか

1 4 5 6 7 8 9 10 11 12

キーワードから探す

TOP↑