ファンタジー映画のあらすじ

「ファンタスティックビーストと黒い魔法使いの誕生」のネタバレあらすじ結末

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生の紹介:2018年アメリカ映画。J.K.ローリングが描く魔法の世界ファンタスティック・ビーストシリーズ第2弾。5部にわたり展開する新たな冒険の第2部。前作でニュートによって正体を暴かれた、強力な暗黒の魔法使いゲラート・グリンデルバルド。投獄されていたアメリカ合衆国魔法議会(MACUSA)から逃げ出し、真の目的のためにパリへと向かう。ホグワーツ魔法魔術学校での恩師であり、友人でもあるダンブルドアからの依頼で、ニュートは再び危険でさらに強力になったグリンデルバルドと対峙することとなる。
監督:デイビッド・イェーツ 出演:エディ・レッドメイン(ニュート・スキャマンダー)、キャサリン・ウォーターストン(ティナ・ゴールドスタイン)、ダン・フォグラー(ジェイコブ・コワルスキー)、アリソン・スドル(クイニー・ゴールドスタイン)、ジュード・ロウ(アルバス・ダンブルドア)、ジョニー・デップ(ゲラート・グリンデルバルド)、エズラ・ミラー(クリーデンス)、ゾーイ・クラビッツ(リタ・レストレンジ)、カラム・ターナー(テセウス・スキャマンダー)、クローディア・キム(ナギニ)ほか

「ビッケと神々の秘宝」のネタバレあらすじ結末

ビッケと神々の秘宝の紹介:2011年ドイツ映画。スウェーデンの作家ルーネル・ヨンソンの有名な児童文学を実写化した『小さなバイキング ビッケ』(2010年)の続編となるファミリー・冒険ファンタジー映画です。「神話の謎を解き、バイキングの秘宝を探し出せ!」というキャッチで、ビッケたちがライバルの海賊長に誘拐された父ハルバルの救出と、神々の秘宝を探す冒険の旅の様子をコミカルに描いた物語です。
監督:クリスティアン・ベッカー 出演:ビッケ(ヨナス・ハンメルレ)、スベンニャ(ヴァレリア・アイゼンバルト)、ハルバル(ワルデマー・コブス)、スノーレ(クリスティアン・A・コッフ)、ほか

「ビザンチウム」のネタバレあらすじ結末

ビザンチウムの紹介:2012年イギリス,アイルランド映画。永遠に年を取らない美しい吸血鬼のクララとエレノア。ある理由から吸血鬼の同盟に追われ各地を放浪しながら生きてきた二人でしたが、ある町でエレノアが青年のフランクと出会ったことから運命の歯車が狂いだします。「クライング・ゲーム」のニール・ジョーダン監督によるスリラー映画です。
監督:ニール・ジョーダン 出演者:シアーシャ・ローナン(エレノア)、ジェマ・アータートン(クララ)、 サム・ライリー(ダーヴェル)、ジョニー・リー・ミラー(ルヴェン)、 ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ(フランク)、ほか

「奥さまは魔女」のネタバレあらすじ結末

奥さまは魔女の紹介:2005年アメリカ映画。60年代アメリカで放送されたTVドラマ「奥さまは魔女」をベースにリメイクされたラブコメディ。本物の魔女がテレビドラマの魔女役に!?落ち目の映画スターと普通の恋に憧れる魔女のドキドキラブストーリー。
監督:ノーラ・エフロン 出演:ニコール・キッドマン(イザベル/サマンサ)、ウィル・フェレル(ジャック/ダーリン)、シャーリー・マクレーン(アイリス)、マイケル・ケイン(ナイジェル)、ジェイソン・シュワルツマン(リッチー)、ヘザー・バーンズ(ニーナ)、ほか

「主人公は僕だった」のネタバレあらすじ結末

主人公は僕だったの紹介:2006年アメリカ映画。ある日謎の声が聞こえるようになった男性が死を宣告され、新しい人生を模索していく様を描いたヒューマンドラマ。監督は「チョコレート」、「ネバーランド」のマーク・フォースター。主演のハロルド役は米国の喜劇俳優ウィル・フェレル、ハロルドのよき理解者となる大学教授を名優ダスティン・ホフマンが演じています。
監督:マーク・フォースター 出演者:ウィル・フェレル(ハロルド・クリック)、エマ・トンプソン(カレン・アイフル)、ダスティン・ホフマン(ジュールズ・ヒルバート)、クイーン・ラティファ(ペニー・エッシャー)、マギー・ギレンホール(アナ・パスカル)、ほか

「ベッドタイム・ストーリー」のネタバレあらすじ結末

ベッドタイム・ストーリーの紹介:2008年アメリカ映画。子どもを寝かしつける際の物語が実現するという不思議を描いたコメディ&ファンタジー。ホテルで働くスキーターは、甥パトリック、姪ボビーを1週間預かることになる。毎晩2人と一緒にオリジナルの物語を作っていくスキーター。すると翌日、子ども達が考えたストーリーが次々と実現していった。スキーターはこれを利用して、自分に都合の良い物語を作ろうとするのだが。
監督:アダム・シャンクマン 出演者:アダム・サンドラー(スキーター・ブロンソン)、ケリー・ラッセル(ジル)、ガイ・ピアース(ケンドル・ダンカン)、ラッセル・ブランド(ミッキー)、リチャード・グリフィス(バリー・ノッティンガム)ほか

「バーバラと心の巨人」のネタバレあらすじ結末

バーバラと心の巨人の紹介:2017年アメリカ,ベルギー,イギリス,中国映画。アメリカの海辺の美しい町に暮らす少女は巨人が町を襲う、その巨人を倒すのが自分の使命という妄想?を抱いています。彼女は家族を心配させ、級友からは除け者にされ、先生たちもどうすることもできません。彼女は心配し馬鹿にする周囲を巨人の脅威を理解できない愚か者とし相手にせず、自分の世界に閉じこもり巨人を倒す使命を実行します。彼女の心に住む巨人の正体とは?『バーバラと心の巨人』は少女の成長、友情、家族愛を描いた秀作で批評家から好意的に評価された映画です。
監督:アンダース・ウォルター 出演:マディソン・ウルフ(バーバラ)、ゾーイ・サルダナ(モル先生)、イモージェン・プーツ(カレン)、シドニー・ウェイド(ソフィア)、ロリー・ジャクソン、ほか

「エンジェル、見えない恋人」のネタバレあらすじ結末

エンジェル、見えない恋人の紹介:2016年ベルギー映画。姿が見えない男の子エンジェルと、目が見えない女の子マドレーヌの幸せに満ちた日々。声、匂い、息遣い、そして肌が触れ合う感触など、シンプルな言葉で互いの存在と愛を語っていく。やがてマドレーヌは視力を取り戻す。自分の秘密を打ち明ける恐怖を抱えるエンジェルの葛藤とピュアな愛。物語は見えない男の子エンジェルの語り部によってほぼ全編、彼の視点を通した映像世界で描かれている。見えないはずのエンジェルの実在感は心情をより確かに演出してくれる。
監督:ハリー・クレフェン 出演:フルール・ジフリエ(マドレーヌ)、エリナ・レーヴェンソン(ルイーズ/エンジェルの母)、マヤ・ドリー(10代のマドレーヌ)、ハンナ・ブードロー(幼少期のマドレーヌ)、フランソワ・ヴァンサンテッリ(エンジェルの父)、ゴーティエ・バトゥー(成人のエンジェルの声)、レオ・ロルレアック(10代のエンジェルの声)、ジュール・マイニー(幼少期のエンジェルの声)ほか

「ルイスと不思議の時計」のネタバレあらすじ結末

ルイスと不思議の時計の紹介:2018年アメリカ映画。両親を亡くしたばかりの10歳の少年ルイス。引き取られた伯父のジョナサンの屋敷は古く怪しい雰囲気が漂う。不安を募らせるルイスの前に現れたのは亡き母だった。優しい母に勇気を授けられ隠された時計を探すために立ち向かったルイスだったが、同時にある秘密に出くわすことになる。"ハリーポッターの原点"といわれるジョン・ベレアーズ作「ルイスと不思議の時計」を原作とし、スティーヴン・スピルバーグのアンブリン・エンターテインメントが贈るマジック・ファンタジー。
監督:イーライ・ロス 出演:ジャック・ブラック(ジョナサン・バーナヴェルト)、ケイト・ブランシェット(フローレンス・ツィマーマン)、オーウェン・ヴァカーロ(ルイス・バーナヴェルト)、レネー・エリス・ゴールズベリー(セリーナ・イザード)、サニー・スリッチ(タービー・コリガン)、コリーン・キャンプ(ハンチェット夫人)、ロレンツァ・イッツォ(ルイスママ)、ヴァネッサ・アン・ウィリアムズ(ローズ・リタ・ポッティンジャー)、カイル・マクラクラン(アイザック・イザード)、ほか

「この胸いっぱいの愛を」のネタバレあらすじ結末

この胸いっぱいの愛をの紹介:2005年日本映画。青年が仕事に向かったはずの先には20年前の世界がありました。そこで自分が後悔していたことを一つずつ清算していきます。そんな中衝撃的な事実が発覚するのでした。子供時代の自分と共に愛する人を救うため立ち向かう青年の物語。
監督:塩田明彦 出演:伊藤英明(鈴谷比呂志)、ミムラ(青木和美)、勝地涼(布川輝良)、宮藤官九郎(臼井光男)、吉行和子(鈴谷椿)、愛川欽也(青木保)、富岡涼(ヒロ)、臼田あさ美(布川靖代)、坂口理恵(ハル)、ダンカン(ヤクザの兄貴)、金聖響(間宮浩介)、古手川祐子(吉原園子)、中村勘三郎(花を愛する男)、倍賞千恵子(角田朋恵)、ほか

「花田少年史」のネタバレあらすじ結末

花田少年史 幽霊と秘密のトンネルの紹介:2006年日本映画。トラックがトンネル内で女子高生の幽霊に遭遇し、その結果出口で、花田一路という少年を撥ねてしまいました。その日以来一路には幽霊が見え、幽霊と話せるようになりました・・・・という内容のオカルトファンタジー映画です。
監督:水田伸生 出演者:須賀健太(花田一路)、篠原涼子(花田寿枝)、西村雅彦(花田大路郎)、北村一輝(沢井真彦)、安藤希/幼少期:吉田里琴(香取聖子)、杉本哲太(村上猛)、もたいまさこ(吉川のばあちゃん)、中島ひろ子(村上美代子)、松田昂大(村上壮太)、小林隆(市村和夫)、大平奈津美(花田徳子)、鬼頭歌乃(市村桂)ほか

「コーヒーが冷めないうちに」のネタバレあらすじ結末

コーヒーが冷めないうちにの紹介:2018年日本映画。舞台演出家・脚本化の川口俊和の舞台作品ならびに小説「コーヒーが冷めないうちに」と「この嘘がばれないうちに」を映画化したファンタジー作品です。都市伝説で過去に戻れる席があるという喫茶店、来店した人々は次々とその席で不思議な出来事を体験することになります…。
監督:塚原あゆ子 出演者:有村架純(時田数)、伊藤健太郎(新谷亮介)、波瑠(清川二美子)、林遣都(賀田多五郎)、深水元基(時田流)、松本若菜(平井久美)、薬師丸ひろ子(高竹佳代)、吉田羊(平井八絵子)、松重豊(房木康徳)、石田ゆり子(謎の女)ほか

「蟲師」のネタバレあらすじ結末

蟲師(むしし)の紹介:2006年日本映画。漆原友紀による人気コミック『蟲師』がオダギリジョーを主演に迎え実写化。蟲と呼ばれる人の目には見えない存在と、その蟲を研究する蟲師が織りなす美しくも恐ろしい世界観を見事に描き出している。
監督:大友克洋 出演:オダギリジョー(ギンコ)、江角マキコ(ぬい)、大森南朋(虹郎)、蒼井優(淡幽)、りりィ(庄屋夫人)、李麗仙(たま)、クノ真季子(真火の母)、守山玲愛(真火)、稲田英幸(ヨキ)、ほか

「マゴニア」のネタバレあらすじ結末

マゴニアの紹介:2001年オランダ映画。マゴニアを舞台に、とある少年が父から聞かされる物語は、船乗りの縄結びのように自在に場所や人物が変化する。三つの物語と、少年と父の語らい。アルチュール・ジャピンが1996年に発表した短篇小説「マゴニア・ストーリーズ」を脚色して映画化。
監督:イネケ・スミツ 出演:ウィレム・フォーフト(息子)、ディルク・ローフトホーフト(父親)、ラムゼイ・ナスル(青年メメド)、ナト・ムルバニゼ(老師に仕える女イルクヌール)、ノダル・ムガロブリシヴィリ(老師アブドゥル・アブドラン)、アミラン・アミラナシヴィリ(公衆浴場の旦那/ハダス)、リンダ・ファン・ダイク(外交官の妻ゾエ)、テオフィル・ソウイエ(老人の息子アキム)、アダマ・クヤテ(老人)、ピーター・ボルフェイス(外交官サム)、アンチュ・ドゥ・ブック(ヨセ)、ヒールト・フーナーツ(若き設計士アレント)、フィリップ・ファン・デ・ブーガールト(オレ)、ヤック・ワウテルセ(酒場の店主)、ほか

「ベオウルフ/呪われし勇者」のネタバレあらすじ結末

ベオウルフ/呪われし勇者の紹介:2007年アメリカ映画。8世紀頃に成立したといわれ、『指輪物語』にも影響を与えたとされる英国文学史上最古の作品のひとつ、大叙事詩『ベーオウルフ』を現代的な解釈と当時の最新鋭3DCG技術“パフォーマンス・キャプチャー”で映画化したファンタジー・アクション作品です。
監督:ロバート・ゼメキス 出演者:レイ・ウィンストン(ベオウルフ)、アンソニー・ホプキンス(フロースガール)、アンジェリーナ・ジョリー(グレンデルの母)、ジョン・マルコヴィッチ(アンファース)、ロビン・ライト・ペン(ウィールソー)、ブレンダン・グリーソン(ウィグラーフ)ほか

1 4 5 6 7 8 9 10 11 12 16

キーワードから探す

TOP↑