Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

「暁の七人」のネタバレあらすじ結末

2015/01/16掲載

1975年アメリカ作品 1942年、連合軍は起死回生を狙ってヒトラーに継ぐNo.2、ハイドリッヒ占領軍最高司令官の暗殺を計画。即刻、解放軍兵士の中から勇気ある3人をプラハに送り込んだ。

「食べて、祈って、恋をして」のネタバレあらすじ結末

2015/01/14掲載

食べて、祈って、恋をしての紹介:2010年アメリカ映画。エリザベス・ギルバートが自らの体験をつづった世界的ベストセラー「食べて、祈って、恋をして 女が直面するあらゆること探究の書」を、ジュリア・ロバーツ主演で映画化。
監督:ライアン・マーフィー 出演:ジュリア・ロバーツ(リズ・ギルバート)、ハビエル・バルデム(フェリペ)、ジェームズ・フランコ、リチャード・ジェンキンス、ヴィオラ・デイヴィス、ビリー・クラダップ

「プラダを着た悪魔」のネタバレあらすじ結末

2015/01/13掲載

2006年 アメリカ ローレン・ワイズバーガーのベストセラー小説を映画化したハートウォーミングな女性映画。ゴージャスなファッション業界誌の舞台裏をコミカルにみせる。カリスマ編集長を貫禄たっぷりに演じたのは『クライシス・オブ・アメリカ』のメリル・ストリープ。助手役の『ブロークバック・マウンテン』のアン・ハサウェイ。続々と登場する一流ブランドのファッションや着こなしも必見。

「レ・ミゼラブル(1998年)」のネタバレあらすじ結末

2015/01/07掲載

レ・ミゼラブル(1998年)の紹介:1998年/アメリカ映画。1812年、19年の刑期を終えて仮出獄したジャン・バルジャンは、銀食器を盗んだ自分をかばってくれた司教との出会いから、改心を決意。9年後、ヴィゴーの工場主兼市長として、市民の尊敬を集める男に生まれ変わった。世界的に有名な小説、そして多くのミュージカルにもなっているレ・ミゼラブルを映画化した作品で、今作ではリーアム・ニーソンがバルジャンを演じています。本作はミュージカルで大人気の「レ・ミゼラブル」ですが、ミュージカルではない、ビレ・アウグスト監督による作品です。
監督:ビレ・アウグスト キャスト:リーアム・ニーソン ジェフリー・ラッシュ ユマ・サーマン クレア・デインズ

「南極料理人」のネタバレあらすじ結末

2014/12/31掲載

南極料理人の紹介:2009年日本映画。南極観測隊に料理人として参加した西村淳原作のエッセー「面白南極料理人」を映画化した癒し系人間ドラマ。日常を忘れたい、非日常を感じれる極寒の南極で過ごす個性豊かな隊員とほんわか癒やしキャラ調理人西村さんの1年間の記録ドラマ。
監督・脚本: 沖田修一 原作: 西村淳 キャスト:堺雅人(西村淳 / 調理担当)、生瀬勝久(本さん / 雪氷学者)、きたろう(タイチョー / 気象学者)、高良健吾(兄やん / 雪氷サポート)、豊原功補(ドクター / 医療担当)、西田尚美(西村の妻・みゆき)、古舘寛治(主任 / 車両担当)、小浜正寛(平さん / 大気学者)、黒田大輔(盆 / 通信担当)、小野花梨(西村の娘・友花)、小出早織(KDDインマルサットオペレータの清水さん)、宇梶剛士(スズキ)、嶋田久作(船長)、ほか

「戦場でワルツを」のネタバレあらすじ結末

2014/12/25掲載

2008年イスラエル/フランス/ドイツ/アメリカ合作映画 監督・脚本・製作: アリ・フォルマン 「戦場でワルツを」は、2009年、アカデミー賞外国英語賞を受賞した戦争ドキュメンタリー映画で、イスラム人監督アリ・フォルマンが自ら、イスラエル国防軍歩兵としての戦争体験を題材としている。

「96時間」のネタバレあらすじ結末

2014/12/22掲載

96時間の紹介:2008年アメリカ映画。『トランスポーター』シリーズなどのヒットメーカーであるリュック・ベッソンが製作を務めた本格アクションスリラー映画。96時間のタイムリミットで誘拐された娘を父親が警察の助けを借りずに一人で異国の敵からの奪還を試みる様子を描く。
監督: ピエール・モレル 製作・脚本: リュック・ベッソン  出演:リーアム・ニーソン(ブライアン・ミルズ)、マギー・グレイス(キム)、リーランド・オーサー(サム)、ジョン・グライス(ケイシー)ほか

「LIFE! / ライフ」のネタバレあらすじ結末

2014/12/19掲載

LIFE! / ライフの紹介:2013年アメリカ映画。ベン・スティラーが監督と主役を務めており、ジェームズ・サーバーの「虹を掴む男」が原作となっています。普通のサラリーマンである主人公が写真雑誌「LIFE」の編集部を舞台に、あるネガの喪失をきっかけに冒険の渦に巻き込まれていきます。
監督・製作: ベン・スティラー キャスト:ベン・スティラー(ウォルター・ミティ)、クリステン・ウィグ(シェリル・メルホフ)、アダム・スコット(テッド・ヘンドリックス)、キャスリン・ハーン(オデッサ・ミティ)、シャーリー・マクレーン(エドナ・ミティ)、ショーン・ペン(ショーン・オコンネル)、パットン・オズワルト(トッド)、ほか

「想いのこし」のネタバレあらすじ結末

2014/12/17掲載

想いのこしの紹介:2014年日本映画。岡本貴也の小説「彼女との上手な別れ方」の映画化作品です。金と女のことしか頭にない男が、ひょんなことからこの世に未練を残して死んでいった4人の幽霊を成仏させてやろうと奮闘します。
監督:平川雄一朗 脚本・原作: 岡本貴也 出演:岡田将生(本多ガジロウ)、広末涼子(笠原ユウコ)、木南晴夏(円山ルカ)、松井愛莉(犬塚ケイ)、巨勢竜也(笠原幸太郎)、ほか

「小野寺の弟 小野寺の姉」のネタバレあらすじ結末

2014/11/04掲載

小野寺の弟 小野寺の姉の紹介:2014年日本映画。一つ屋根の下で暮らす恋愛に臆病な弟とパワフルな姉が、間違って配達された手紙をめぐり、それぞれの恋と人生が懸かった騒動を巻き起こしていく様子を描く。TVドラマ『妖怪人間ベム』やアニメ『TIGER & BUNNY』などの脚本を務めた西田征史が、自身の小説『小野寺の弟・小野寺の姉』を映画化、初監督した作品です。キャッチコピーは「最強のすぎるふたり。」「日本一・人生に不器用な姉と弟に、恋のチャンスが訪れた!?」で、一軒家に過ごす姉と弟の心の絆と二人の恋の行方をコメディタッチで描いたハートフルドラマです。監督・脚本は小説の作者の西田自身が担当、主役の小野寺姉弟は、2013年の舞台に引き続き、向井理と片桐はいりが務めています。映画初監督した西田は、この作品で第39回報知映画賞・新人賞を受賞しました。
監督:西田征史 出演:向井理(小野寺進)、片桐はいり(小野寺より子)、山本美月(岡野薫)、ムロツヨシ(河田耕輔)、寿美菜子(齋藤亜沙子)ほか

「キャラメル」のネタバレあらすじ結末

2014/10/31掲載

映画キャラメルの紹介:2007年レバノン、フランス映画(日本公開:2009年)。レバノン・ベイルートのヘアエステが舞台で、女性たちの感情の交錯を皮肉やユーモアを交えてハートウォーミングに描く。アラブ地域の文化や女性観に縛られ、婚姻や不倫、セクシャルマイノリティや家族の問題などに悩むアラブ社会で生きる女性を描く。
監督:ナディーン・ラバキー 出演:ナディーン・ラバキー(ラヤール)、ヤスミン・アル=マスリー(ニスリン)、ジョアンナ・ムカルゼル(リマ)、ジゼル・アウワード(ジャマル)、シハーム・ハッダード(ローズ)

「クロース・トゥ・ホーム」のネタバレあらすじ結末

2014/10/29掲載

クロース・トゥ・ホーム(原題:Karov La Bayit 英題:Close to Home)の紹介:2005年イスラエル映画。イスラエルは女性にも兵役義務がある。この作品は18歳の若い女性兵士の日常を描いた映画。第7回東京フィルメックス・コンペティション出品作品。
監督:Vardit Bilu、Dalia Hager 出演:Smadar Sayar、Naama Schendar、Katia Zinbris、Ami Weinberg、Irit Suki、ほか

「愛の記念に」のネタバレあらすじ結末

2014/10/29掲載

愛の記念に(原題:A Nos Amours)の紹介:1983年フランス映画。16歳の少女シュザンヌは、恋人がいながらも確かな愛を求め奔放に恋愛を重ねていく。1983年ルイ・デュリュック賞受賞、1984年セザール賞作品賞、有望若手女優賞。
監督:モーリス・ピアラ 出演:サンドリーヌ・ボネール、ドミニク・ベアネール

「私の男(2013年)」のネタバレあらすじ結末

2014/10/27掲載

私の男の紹介:2013年日本映画。桜庭一樹によるベストセラーで第138回直木賞受賞作。孤児になった少女と彼女を引き受けた男が、心に空虚を抱えながらも寄り添うように生きていく姿を北海道の雄大な自然を背景に描く。北海道と東京を舞台に父と娘との歪んだ近親相姦と、それに絡む殺人事件を描いた衝撃のラブサスペンスです。
監督:熊切和嘉 出演:浅野忠信(腐野淳悟)、二階堂ふみ(腐野花)、モロ師岡(田岡)、河井青葉(大塩小町)、山田望叶(花(10歳))、三浦誠己(美郎の先輩)、三浦貴大(大輔)ほか

「ディクテーター 身元不明でニューヨーク」のネタバレあらすじ結末

2014/10/27掲載

ディクテーター 身元不明でニューヨークの紹介:2012年アメリカ映画。サシャ・バロン・コーエン主演で世界でいちばん危険な独裁者を熱演する痛快コメディ。欲望のままに生きてきた暴君が、ニューヨークで生まれて初めて庶民の世界を体験する様子をブラックユーモアと共に描き出す。
監督:ラリー・チャールズ 出演;サシャ・バロン・コーエン(アラジーン将軍)、アンナ・ファリス(ゾーイ)、ベン・キングズレー(タミール伯父さん)、ほか

1 540 541 542 543 544 545
TOP↑