「ハッピーフライト」のネタバレあらすじ結末

2016/03/17掲載

ハッピーフライトの紹介:2008年日本映画。ハッピーフライトは航空業界の裏で働く人々をコミカルに、時には仕事に対する航空会社の人々の情熱を上手く描いた作品。旅客機が機体異常で引き返し、無事緊急着陸するまでのトラブルを描く。当初はもっとハプニングの起こる映画を監督は作りたかったようですが、航空会社を取材していく内に、飛行機が安全な乗り物であること、そこで働いている人の面白さを知って内容を軌道修正した作品だそうです。
監督:矢口史靖 出演:田辺誠一(鈴木和博)、時任三郎(原田典嘉)、小日向文世(望月貞男)、綾瀬はるか(斎藤悦子)、寺島しのぶ(山崎麗子)、吹石一恵(田中真里)ほか

「真夜中の弥次さん喜多さん」のネタバレあらすじ結末

2016/03/16掲載

真夜中の弥次さん喜多さんの紹介:2005年日本映画。脚本家であり俳優の宮藤官九郎初映画監督作品です。歌あり、ダンスあり、色恋ありの普通の時代劇とは違った一種独特の映画です。弥次さん喜多さんが活躍する、時代考証は度外視したシュールな時代劇で、エンターテイメントなコメディー作品として見る作品です。
監督:工藤官九郎 出演:長瀬智也(栃面屋弥次郎兵衛 )、中村七之助(食客喜多八 )、阿部サダヲ(金々)、小池栄子(お初)、柄本佑(呑多々)、生瀬勝久(瓦版男)、寺島進(岡引)ほか

「武士の一分」のネタバレあらすじ結末

2016/03/16掲載

武士の一分(いちぶん)の紹介:2006年日本映画。木村拓哉主演の時代劇です。不運な下級武士が妻を手篭めにした上級武士に復讐を果たす物語です。目を失明していながら、見事な剣さばきを見せた主人公に注目したい作品です。全体的には静かに復讐心を燃やしながら稽古に励み、武士としてのプライドを守った一人の武士を描いた文学的作品です。
監督:山田洋次 出演:木村拓哉(三村新之丞 )、檀れい(三村加世 )、笹野高史(徳平)、緒形拳(木部孫八郎)、坂東三津五郎(島田藤弥)ほか

「硫黄島からの手紙」のネタバレあらすじ結末

2016/03/16掲載

硫黄島からの手紙の紹介:2006年アメリカ映画。第二次世界大戦での硫黄島の戦いを日本側からの視点で描いた作品です。アメリカ側の視点で描いた作品に「父親たちの星条旗」という映画があります。監督やスタッフはそのときのメンバーのままで制作されています。硫黄島で死闘を繰り広げた日本軍将兵たちと、祖国に残された家族らの想いが描かれています。ストーリーは彼らが家族へと向けた手紙を基に展開されています。
監督:クリント・イーストウッド 出演:渡辺謙(栗林忠道)、二宮和也(西郷昇)、加瀬亮(清水洋一)、中村獅童(伊東海軍大尉)、谷田陸軍大尉(坂東工)ほか

「県庁の星」のネタバレあらすじ結末

2016/03/15掲載

県庁の星の紹介:2006年日本映画。エリート官僚である野村聡とスーパーのパート店員である二宮あきが、ぶつかり合いながらも次第に相手を認め合い協力しながら、三流スーパーの改革に奮闘する人間ドラマを描いた作品です。出世欲のあるエリート官僚と現場主義で経験豊富なパート店員とのコミカルな掛け合いと最初パート水と油だった二人の関係性がひとつの目標に向かって手を取り合っていく過程を面白くユーモラスに描いています。
監督:西谷弘 出演:織田裕二(野村聡)、二宮あき(柴崎コウ)、桜井圭太(佐々木蔵之介)、浜岡恭一(和田 聰宏)、篠崎貴子(紺野まひる)ほか

「容疑者Xの献身」のネタバレあらすじ結末

2016/03/15掲載

容疑者Xの献身(ようぎしゃえっくすのけんしん)の紹介:2008年日本映画。東野圭吾原作ガリレオシリーズ初の長編を映画化した作品。第134回直木賞受賞した作品でもあります。ガリレオシリーズは2007年からテレビドラマ化し、主人公の物理学者、湯川学を福山雅治が演じました。「容疑者Xの献身」では、かつての大学の同級生、天才数学者の石神と頭脳戦を繰り広げることになります。
監督:西谷弘 出演者:福山雅治(湯川学)、柴咲コウ(内海薫)、北村一輝(草薙俊平)、松雪泰子(花岡靖子)、堤真一(石神哲哉)、ダンカン(工藤邦明)、長塚圭史(富樫慎二)、金澤美穂(花岡美里)、渡辺いっけい(栗林宏美)、品川祐(弓削志郎)、真矢みき(城ノ内桜子)、ほか

「魔女の宅急便(1989)」のネタバレあらすじ結末

2016/03/15掲載

魔女の宅急便の紹介:1989年スタジオジブリ映画。この作品は、角野栄子の児童書「魔女の宅急便」を原作とした、ジブリの長編アニメーション映画です。原作とは大きく変化させながら、ジブリ独自のストーリーを展開しています。魔女の血を引くキキは、しきたりに従い、海の向こうの街で暮らします。箒に乗って配達する宅急便屋をしながら、人との出会いの中で、少女の成長が描かれます。
監督:宮崎駿 声の出演:キキ(高山みなみ)/ウルスラ(高山みなみ)/ジジ(佐久間レイ)/おソノ(戸田恵子)/トンボ(山口勝平)ほか

「平成狸合戦ぽんぽこ」のネタバレあらすじ結末

2016/03/14掲載

平成狸合戦ぽんぽこの紹介:1994年スタジオジブリ映画。高畑勲が監督脚本を務めた、ジブリ初のCGを使ったアニメーション映画です。餌が少なくなり、争っていた狸達は、餌がない原因が人間による土地開発だということに気がつきます。化け学を駆使し、人間へ戦いを挑む狸達は、自分たちの住処を守ることができるのでしょうか。
監督:高畑勲 声の出演:野々村真(正吉)、石田ゆり子(おキヨ)、三木のり平(青左衛門)、清川虹子(おろく婆)、泉谷しげる(権太)、芦屋雁之助(隠神刑部)、村田雄浩(文太)、林家こぶ平(ぽん吉)、福澤朗(竜太郎)、山下容莉枝(お玉)、桂米朝(六代目金長)、桂文枝(太三郎禿狸)、柳家小さん(鶴亀和尚)、神谷明(玉三郎)、鈴木弘子(女タヌキ)、加藤治(林さん)、ほか

「耳をすませば」のネタバレあらすじ結末

2016/03/14掲載

耳をすませばの紹介:1995年スタジオジブリ長編アニメ映画。「耳をすませば」は柊あおいの漫画が原作。中学生で読書が好きで、作家を目指す少女は、電車の中で出会った猫に導かれ、「地球屋」という不思議な店にたどり着きます。本の貸し出しカードで名前だけは知っていた少年と出会い、2人は夢を追いかけ始めます。
監督:近藤喜文 声の出演:月島雫(本名陽子)/天沢聖司(高橋一生)/西司郎(小林桂樹)/バロン(露口茂)/月島靖也(立花隆)ほか

「もののけ姫」のネタバレあらすじ結末

2016/03/14掲載

もののけ姫の紹介:1997年スタジオジブリ映画。もののけ姫は、宮崎駿が脚本監督を手がけたジブリの長編作品で、当時の日本の興行収入を塗り替えた作品です。自然と神々と共存していた遥か昔、タタリ神の呪いを受けた青年が呪いを絶つため、真実を知る旅にでます。そこでは、自然を壊すことで生きている人間と、人間を恨む動物や神々の戦いが繰り広げられていました。青年はそこで人間に捨てられ山犬に育てられたもののけ姫に出会います。
監督:宮崎駿 声の出演:アシタカ(松田洋治)、サン・もののけ姫(石田ゆり子)、エボシ御前(田中裕子)、ジコ坊(小林薫)、モロの君(美輪明宏)ほか

「借りぐらしのアリエッティ」のネタバレあらすじ結末

2016/03/13掲載

借りぐらしのアリエッティの紹介:2010年日本映画。借りぐらしのアリエッティは、児童書「床下の小人たち」を原作として作られた、スタジオジブリの長編アニメーション映画です。「借り」をして暮らす小人達の掟は、決して人間に見つかってはいけないこと。アリエッティは、初めての借りで、少年に見つかってしまいます。家族を守りたいアリエッティと、彼女を守りたい少年の思いは、事件を起こしながらも、次第に惹かれて行きます。2人の関係はどうなっていくのか。自分の家にも小人がいたのなら、と思わず考えてしまう作品です。
監督:米林宏昌 声優:アリエッティ(志田未来)、翔(神木隆之介)、ホミリー(大竹しのぶ)、スピラー(藤原竜也)、ハル(樹木希林)ほか

「コクリコ坂から」のネタバレあらすじ結末

2016/03/13掲載

コクリコ坂からの紹介:2011年スタジオジブリ映画。コクリコ坂からは、宮崎吾郎が監督を務めた2作目の作品で、少女漫画を原作にした作品です。男子文化部の部室棟「カルチェラタン」の取り壊しを巡り、全校生徒を巻き込んだ騒動が起こります。生徒達は、カルチェラタンを守ることができるのか。そして、主人公の恋の行方は?
監督:宮崎吾郎 声の出演:松崎海(長澤まさみ)、風間俊(岡田准一)、水沼史郎(風間俊介)、松崎良子(風吹ジュン)、徳丸理事長(香川照之)ほか

「思い出のマーニー」のネタバレあらすじ結末

2016/03/13掲載

思い出のマーニーの紹介:2014年スタジオジブリ映画。この作品は、児童文学「思い出のマーニー」を原作とした、スタジオジブリの長編アニメーション映画です。孤独で内気な少女は、喘息の治療から海辺の街へとやってきます。その街に住む女の子達とは、仲良くできない中、少女は誰もいないはずの湿っ地屋敷に住む少女マーニーと出会います。マーニーは何者なのか。2人の交流と成長を描いた作品です。
監督:米林宏昌 声の出演:佐々木杏奈(高月彩良)、マーニー(有村架純)、久子(黒木瞳)、彩花(杉咲花)、佐々木頼子(松嶋菜々子)ほか

「スター・トレック」のネタバレあらすじ結末

2016/03/13掲載

スタートレックの紹介:1979年アメリカ映画。スタートレックシリーズ1作目。地球に謎のエネルギー雲が接近。地球が危ない!阻止できるのは改装中のエンタープライズ号だけだ。さあ、行こう銀河を超えて USSエンタープライズ号の冒険の旅が再び始まる。
監督 :ロバート・ワイズ 出演: ウィリアム・シャトナー(ジェームズ・T・カーク船長)、レナード・ニモイ(ミスター・スポック)、デフォレスト・ケリー(ドクター・マッコイ)、パーシス・カンバッタ(アイリーア大尉)、スティーヴン・コリンズ(ウィラード・デッカー副長)、ジェームズ・ドゥーアン(モンゴメリー・スコット)、ジョージ・タケイ(スールー)ほか

「シャンハイ・ナイト」のネタバレあらすじ結末

2016/03/12掲載

シャンハイナイトの紹介:2003年アメリカ映画。2000年公開のジャッキー・チェン主演映画『シャンハイ・ヌーン』の続編となる冒険活劇です。19世紀末を舞台に、中国皇帝の父を殺された主人公は前作で手を組んだ相棒と共に父の仇とその裏側に潜む大いなる陰謀に立ち向かっていきます。
監督:デヴィッド・ドブキン 出演者:ジャッキー・チェン(チョン・ウェン)、オーウェン・ウィルソン(ロイ・オバノン)、ファン・ウォン(チョン・リン)、ドニー・イェン(ウー・チョウ)、エイダン・ギレン(ラズボーン卿)ほか

1 576 577 578 579 580 581 582 583 584 645

キーワードから探す

TOP↑