アダム・ドライバー映画一覧

アダム・ドライバーが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「デッド・ドント・ダイ」のネタバレあらすじ結末

デッド・ドント・ダイの紹介:2019年アメリカ映画。アメリカの田舎町センターヴィル。警察署で働くクリフとロニーは、この平和な町に不穏な気配を感じていた。すると、突如ゾンビが出現。住民たちを次々と襲っていく。生前の欲望に囚われた生ける屍たちを相手にクリフとロニー、そして日本刀を振り回す謎の葬儀屋ゼルダは立ち向かう。カンヌの常連ジム・ジャームッシュが描くゾンビはジョージ・A・ロメロ監督の古典的名作『ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド』にオマージュを捧げ、恐怖よりも滑稽さを表現。また、全編に流れるテーマソング「デッド・ドント・ダイ」はカントリー界のスーパースター、スタージル・シンプソンがこの映画のために書き下ろした。豪華なキャストと共に観どころ満載の作品。
監督:ジム・ジャームッシュ 出演:ビル・マーレイ(クリフ・ロバートソン)、アダム・ドライバー(ロニー・ピーターソン)、ティルダ・スウィントン(ゼルダ・ウィンストン)、クロエ・セヴィニー(ミンディ・モリソン)、スティーヴ・ブシェミ(フランク・ミラー)、ダニー・グローヴァー(ハンク・トンプソン)、ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ(ボビー・ウィギンズ)、ロージー・ペレス(ホージー・フアレス)、イギー・ポップ(コーヒー・ゾンビ)、サラ・ドライバー(コーヒー・ゾンビ)、RZA(ディーン)、キャロル・ケイン(マロリー・オブライエン)、オースティン・バトラー(ジャック)、ルカ・サバト(ザック)、セレーナ・ゴメス(ゾーイ)、トム・ウェイツ(ボブ)ほか

「スターウォーズ9 スカイウォーカーの夜明け」のネタバレあらすじ結末

スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明けの紹介:2019年アメリカ映画。全世界に衝撃を与えた伝説的第1作『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』(1977年)から42年、ジョージ・ルーカス原作のSFスペースオペラの金字塔『スター・ウォーズ』の“スカイウォーカー・サーガ”本編第9作・第9話にして完結編となる超大作です。賛否両論となった前作『スター・ウォーズ エピソード8/最後のジェダイ』でのクレイトの戦いから約1年、レジスタンスとファースト・オーダーの銀河を揺るがす対決の行方、レイの驚愕の出生の秘密、ダークサイドとライトサイドの間で揺れ動くカイロ・レン、そして全ての黒幕の復活・・・ここに長きにわたる“スカイウォーカー家の物語”は最終章を迎え、『スター・ウォーズ』シリーズは2022年12月公開予定の次回作より新章に突入します。
監督:J・J・エイブラムス 出演者:デイジー・リドリー(レイ)、アダム・ドライバー(カイロ・レン)、ジョン・ボイエガ(フィン)、オスカ-・アイザック(ポー・ダメロン)、アンソニー・ダニエルズ(C-3PO)、ヨーナス・スオタモ(チューバッカ)、ナオミ・アッキー(ジャナ)、ドーナル・グリーソン(アーミテージ・ハックス将軍)、リチャード・E・グラント(エンリック・プライド将軍)、ルピタ・ニョンゴ(マズ・カナタ)、ケリー・ラッセル(ゾーリ・ブリス)、ケリー・マリー・トラン(ローズ・ティコ)、ビリー・ラード(コニックス中尉)、ビリー・ディー・ウィリアムズ(ランド・カルリジアン)、キャリー・フィッシャー(レイア・オーガナ)、マーク・ハミル(ルーク・スカイウォーカー)、イアン・マクダーミド(シーヴ・パルパティーン/ダース・シディアス)ほか

「マリッジ・ストーリー」のネタバレあらすじ結末

マリッジ・ストーリーの紹介:2019年アメリカ映画。かつて愛し合っていた映画女優のニコールと舞台監督のチャーリーは、お互いの方向性の違いにより離婚をすることに。穏便に済ませようとしましたが、親権と財産をめぐって裁判をすることによってどんどん複雑になっていきます。その苦しい環境を過ごす人間の心情を丁寧に描いた作品です。
監督:ノア・バームバック 出演:スカーレット・ヨハンソン(ニコール)、アダム・ドライバー(チャーリー)、ローラ・ダーン(ノラ)、レイ・リオッタ(ジェイ・マロッタ)、メリット・ウィヴァー(キャシー)、ほか

「ブラック・クランズマン」のネタバレあらすじ結末

ブラック・クランズマンの紹介:2018年アメリカ映画。KKKとはアメリカ南北戦争(1861年−1865年)以後に発足した白人至上主義を唱え黒人やユダヤ系を差別し敵視する団体で、そのメンバーはクランズマンと呼ばれます。KKKの全国組織は1920年代に崩壊し、その後は各地で小さな組織が活動を続けています。『ブラック・クランズマン』は1970年代のアメリカで黒人警官がKKK系団体の調査のため、白人になりすまし、その組織の悪と爆弾テロと戦う物語です。実在のロン・ストールワースの原作をもとに、見ごたえのあるストーリーになっています。また、アメリカを代表する黒人監督スパイク・リーの、現代アメリカに残る人種差別主義への批判も込められた映画です。
監督:スパイク・リー 出演:ジョン・デヴィッド・ワシントン(ロン・ストールワース)、アダム・ドライヴァー(フリップ・ジマーマン)、ローラ・ハリアー(パトリス・ダマス)、トファー・グレイス(デビッド・デューク)、コーリー・ホーキンズ(クワメ・トゥーレ)、ライアン・エッゴールド(ウォルター・ブリーチウェイ)、ヤスペル・ペーコネン(フェリックス)、アシュリー・アトキンス(コニー)ほか

「あなたを見送る7日間」のネタバレあらすじ結末

あなたを見送る7日間の紹介:2014年アメリカ映画。父親の死で久しぶりに顔を合わせた兄弟姉妹。それぞれに問題を抱えた面々が喪に服する7日間で自分と向き合い、家族の絆を取り戻していく。
監督:ショーン・レヴィ 出演:ジェイソン・ベイトマン(ジャッド・アルトマン)、ティナ・フェイ(ウェンディ・アルトマン)、ジェーン・フォンダ (ヒラリー・アルトマン)、アダム・ドライバー(フィリップ・アルトマン)、ローズ・バーン(ペニー・ムーア)、コリー・ストール(ポール・アルトマン)、ほか

「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」のネタバレあらすじ結末

スター・ウォーズ/最後のジェダイの紹介:2017年アメリカ映画。邪悪な軍隊によって銀河の支配を企むファースト・オーダーが台頭。その脅威に対抗するにはジェダイの力が必要です。最後のジェダイであるルーク・スカイウォーカーを探し出すべく、レイはレイア・オーガナ将軍によって惑星オクトーにやって来るのです。ファースト・オーダーは新兵器をレジスタンスに破壊されたものの、レジスタンス基地を突きとめて、激しい攻撃を加え、レジスタンスを追い詰めていきます。一方のレイはルークを見つけ出したものの、彼はレイを拒否し続けるのですが、彼が明らかにする衝撃の真実とは?銀河を舞台に新たな物語が始まります。
監督:ライアン・ジョンソン 出演:デイジー・リドリー(レイ)、マーク・ハミル(ルーク・スカイウォーカー)、アダム・ドライバー(カイロ・レン)、キャリー・フィッシャー(レイア・オーガナ)、ジョン・ホイエガ(フィン)、オスカー・アイザック(ポー・ダメロン)、ドーナル・グリーソン(八ックス将軍)他

「ローガン・ラッキー」のネタバレあらすじ結末

ローガン・ラッキーの紹介:2017年アメリカ映画。仕事を失い、離婚、最愛の娘とも別れる駄目男、戦争の英雄ながら、馬鹿にされるバーテンダーの弟と大犯罪を計画します。元妻を見返してやりたい、娘にも会いたい男は、犯罪チームを結成、FBIと対決します。ローガン・ラッキーは大スター、実力派のキャストで固めた、批評家から絶賛された犯罪コメディ映画です。
監督:スティーヴン・ソダーバーグ 出演:チャニング・テイタム(ジミー・ローガン)、アダム・ドライヴァー(クライド・ローガン)、ライリー・キーオ(メリー・ローガン )、ヒラリー・スワンク(サラ・グレイソン)、ダニエル・クレイグ(ジョー・バング)、ほか

「スターウォーズ エピソード8/最後のジェダイ」のネタバレあらすじ結末

スター・ウォーズ/最後のジェダイの紹介:2017年アメリカ映画。ジョージ・ルーカス原作のSFスペースオペラの金字塔「スターウォーズ」シリーズの第8作(第8話)です。前作「スター・ウォーズ エピソード7/フォースの覚醒」の直後、ファースト・オーダーの反撃が激しくなる中、フォースを覚醒したレイは伝説のジェダイ・マスターであるルーク・スカイウォーカーと対面するのですが…。レイア姫役のキャリー・フィッシャーは今作が遺作となりました。
監督:ライアン・ジョンソン 出演者:デイジー・リドリー(レイ)、マーク・ハミル(ルーク・スカイウォーカー)、アダム・ドライバー(カイロ・レン/ベン・ソロ)、キャリー・フィッシャー(レイア・オーガナ・ソロ)、ジョン・ボイエガ(フィン)、オスカー・アイザック(ポー・ダメロン)、アンソニー・ダニエルズ(C-3PO)、ジミー・ヴィー(R2-D2)ほか

「パターソン」のネタバレあらすじ結末

パターソンの紹介:2016年アメリカ映画。ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手のパターソン。彼は秘密のノートに詩を書きとめる詩人でもある。妻の隣で目覚め、出勤し、帰宅し、犬の散歩をしてバーでビールを飲む。そんな決まりきった生活をおくる彼の人生の中のある七日間のささやかな事件や意外な出会い。
監督:ジム・ジャームッシュ 出演者:アダム・ドライバー(パターソン)、ゴルシフテ・ファラハニ(ローラ)、バリー・シャバカ・ヘンリー(ドック)、ウィリアム・ジャクソン・ハーパー(エヴェレット)、永瀬正敏(日本の詩人)

「インサイド・ルーウィン・デイヴィス」のネタバレあらすじ結末

インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌の紹介:2013年アメリカ映画。世界イケメンランキング2016年の5位であるオスカー・アイザック。世界的イケメンが相当なダメ男を演じます。かっこいいのに何だかちょっと嫌いになりそうなくらいダメでついていないフォークシンガーが最高です。
監督:ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン 出演者:オスカー・アイザック(ルーウィン・デイヴィス)、キャリー・マリガン(ジーン・バーキー)、ジョン・グッドマン(ローランド・ターナー)、ジャスティン・ティンバーレイク(ジム・バーキー)アダム・ドライバー(アル・コーディ)ほか

「もしも君に恋したら。」のネタバレあらすじ結末

もしも君に恋したら。の紹介:2013年アイルランド,カナダ映画。親友に誘われたパーティでウォレスは一人冷蔵庫相手に過ごしていた。なかなか失恋の痛みを癒せず引きこもりがちなウォレス、そんな彼の前に一人の女性が現れる。それはウォレスにとってチャンスだった、しかし彼女には5年付き合っている彼がいる。進展は望めない、そんな彼女はウォレスにセックスなしの友達になろうと持ち掛ける。「ハリー・ポッター」シリーズのダニエル・ラドクリフ主演ロマンティック・コメディ。
監督:マイケル・ドース 出演:ウォレス(ダニエル・ラドクリフ)、シャントリー(ゾーイ・カザン)、ダリア(ミーガン・パーク)、アラン(アダム・ドライバー)、ニコル(マッケンジー・デイビス)、ベン(レイフ・スポール)ほか

「スターウォーズ エピソード7/フォースの覚醒」のネタバレあらすじ結末

スターウォーズ フォースの覚醒(エピソード7)の紹介。2015年アメリカ映画。スターウォーズ7番目の物語で新3部作の始まりの作品。「フォースの覚醒」はエピソード6から30年後の世界が舞台となる。ジェダイに倒されたベイダー卿に代わって銀河の平和の脅威となっているファースト・オーダーとは? スターウォーズシリーズ前作のエピソード3の公開から10年ぶりに製作されたスターウォーズ作品。
監督:J・J・エイブラムス 出演:ハリソン・フォード(ハン・ソロ)、キャリー・フィッシャー(レイア・オーガナ)、アダム・ドライヴァー(カイロ・レン)、デイジー・リドリー(レイ)、ジョン・ボイエガ(フィン)、オスカー・アイザック(ポー・ダメロン)、ルピタ・ニョンゴ(マズ・カナタ)、アンディ・サーキス(最高指導者スノーク)、ドーナル・グリーソン(ハックス将軍)、アンソニー・ダニエルズ(C-3PO)、ケニー・ベイカー(R2-D2)、ピーター・メイヒュー(チューバッカ)、マーク・ハミル(ルーク・スカイウォーカー)、ほか

キーワードから探す

TOP↑