アル・パチーノ映画一覧

「ゴッドファーザーPART III」のネタバレあらすじ結末

ゴッドファーザーPART IIIの紹介:1990年アメリカ映画。マリオ・プーゾ原作、フランシス・フォード・コッポラ監督による大河ドラマ『ゴッドファーザー』シリーズ三部作の完結編です。前作『ゴッドファーザーPARTII』(1974年)から約16年ぶりに製作された本作は、肉親をも巻き込んだ権力闘争に明け暮れてきた伝説のマフィア、ドン・マイケル・コルレオーネの最晩年の姿を、バチカン市国などで実際に発生した事件などを絡めて描きあげました。
監督:フランシス・フォード・コッポラ 出演:アル・パチーノ (ドン・マイケル・コルレオーネ)、アンディ・ガルシア(ヴィンセント・マンシーニ・コルレオーネ)、ダイアン・キートン(ケイ・アダムス・コルレオーネ)、タリア・シャイア (コンスタンツァ・“コニー”・コルレオーネ・リッジ)、イーライ・ウォラック(ドン・アルトベッロ)、ジョー・マンテーニャ(ジョーイ・ザザ)、ソフィア・コッポラ(メアリー・コルレオーネ)、ブリジット・フォンダ(グレース・ハミルトン)、リチャード・ブライト(アル・ネッリ)、ラフ・バローネ(ランベルト枢機卿)、フランク・ダンブロシオ(アンソニー・コルレオーネ)、ジョン・サヴェージ(アンドリュー・ヘイゲン)、ジョージ・ハミルトン(B・J・ハリソン)、ドナル・ドネリー(ギルディ大司教)、ヴィットリオ・ドゥース(ドン・トマジーノ)、エンツォ・ロブッティ(リッチオ・ルケージ)、ヘルムート・バーガー(フレデリック・カインジッグ)、マリオ・ドナトーネ(モスカ)、アル・マルティーノ(ジョニー・フォンテーン)、ジニー・リネロ(ルーシー・マンシーニ)ほか

「ゴッドファーザーPART II」のネタバレあらすじ結末

ゴッドファーザーPART IIの紹介:1974年アメリカ映画。マリオ・プーゾの原作小説を巨匠フランシス・フォード・コッポラが映画化した一代巨編『ゴッドファーザー』シリーズ三部作の第2作です。本作は前作『ゴッドファーザー』(1972年)の続編および前日譚にあたり、前作で父ヴィトーに代わってコルレオーネ・ファミリーのドンとなったマイケルのあくなき権力闘争を描くパートと、若き日のヴィトーが一代で強大なファミリーを築き上げていく過程を描いたパートを対比して描きあげました。同年度のアカデミー賞では9部門でノミネートされ、作品賞・監督賞・助演男優賞・脚色賞・作曲賞・美術賞を受賞しました。
監督:フランシス・フォード・コッポラ 出演者:アル・パチーノ(ドン・マイケル・コルレオーネ)、ロバート・デ・ニーロ(ヴィトー・コルレオーネ)、リー・ストラスバーグ(ハイマン・ロス)、マイケル・V・ガッツォ(フランキー・ペンタンジェリ)、ロバート・デュヴァル(トム・ヘイゲン)、ジョン・カザール(フレデリコ・“フレド”・コルレオーネ)、ダイアン・キートン(ケイ・アダムス・コルレオーネ)、タリア・シャイア(コンスタンツァ・“コニー”・コルレオーネ・リッジ)、モルガーナ・キング(カルメラ・コルレオーネ)、G・D・スプレイドリン(パット・ギアリー上院議員)、リチャード・ブライト(アル・ネリ)、トム・ロスキー(ロッコ・ランポーネ)、ドミニク・チアニーズ(ジョニー・オラ)、ブルーノ・カービー(ピーター・クレメンザ)、ジョン・アプリア(若き日のサル・テッシオ)、アメリゴ・トット(ミオ)、ガストン・モスチン(ドン・ファヌッチ)、ジョー・スピネル(ウィリー・チッチ)、フランチェスカ・デサピーオ(若き日のカルメラ・コルレオーネ)、レオポルド・トリーステ(シグナー・ロベルト)、トロイ・ドナヒュー(マール・ジョンソン)、ハリー・ディーン・スタントン(FBI捜査官)、ジュゼッペ・シラート(フランシスコ・チッチオ)、ダニー・アイエロ(トニー・ロサト)、ジェームズ・カーン(サンティノ・“ソニー”・コルレオーネ)、エイブ・ヴィゴダ(サル・テッシオ)ほか

「スケアクロウ」のネタバレあらすじ結末

スケアクロウの紹介:1973年アメリカ映画。正反対な性格を持つ男性2人の友情を描くロードムービー。マックスとライオンは、それぞれヒッチハイク中に偶然出会って意気投合した。短気で神経質なマックスと大らかで人懐っこいライオンは、ピッツバーグで洗車業を営むことにする。ライオンに影響され、笑うことの愉快さを知るマックス。しかし旅の終わりには悲劇が待ち受けていた。1973年のカンヌ国際映画祭でグランプリと国際カトリック映画事務局賞を受賞。
監督:ジェリー・シャッツバーグ 出演者:ジーン・ハックマン(マックス・ミラン)、アル・パチーノ(フランシス・ライオネル・デルブッキ)、ドロシー・トリスタン(コーリー)、アン・ウェッジワース(フレンチー)、リチャード・リンチ(ジャック・ライリー)、ペネロープ・アレン(アニー)ほか

「Dearダニー 君へのうた」のネタバレあらすじ結末

Dearダニー 君へのうたの紹介:2015年アメリカ映画。事実をもとにして描かれたという、あるミュージシャンの驚くべき物語。70年代、ジョン・レノンが、ある新人アーティストに宛てた一通の手紙。それが40年以上もの時を経て、ようやく本人のもとへと届いた。そこから彼の人生は、大きな変化を遂げていく。主演は、これが初のミュージシャン役というアル・パチーノ。共演はアネット・ベニング、ジェニファー・ガーナ―。
監督:ダン・フォーゲルマン 出演者:アル・パチーノ(ダニー)、アネット・ベニング(メアリー)、ジェニファー・ガーナ―(サマンサ)、ボビー・カナヴェイル(トム)、クリストファー・プラマー(フランク)、カタリーナ・キャス(ソフィー)、ジゼル・アイゼンバーグ(ホープ)ほか

「ヒート」のネタバレあらすじ結末

ヒートの紹介:1995年アメリカ映画。ニールはプロの強盗だった。犯行を念密に計画しその仕事の成功率は高く、仲間思いで仁義を通し信頼も厚い。ヴィンセントは敏腕刑事だった。確かな経験と鋭い洞察力で特別捜査班を率いて幾つもの難事件を解決してきた。仲間、恋人、家族、彼等には幾つもの人生の糸が繋がってきたが、その糸が遂に二人を結びつけ、対決に導く。ロバート・デ・ニーロ、アル・パチーノ競演のハードボイルド映画。
監督:マイケル・マン 出演:アル・パチーノ(ヴィンセント・ハナ)、ロバート・デ・ニーロ(ニール・マッコーリー)、ヴァル・キルマー(クリス・シヘリス)、ジョン・ヴォイト(ネイト)、ほか

「スカーフェイス」のネタバレあらすじ結末

スカーフェイスの紹介:1983年アメリカ映画。ギャング映画の古典「暗黒街の顔役」のリメイク。公開当時は批評家から酷評されたが、のちにファンが増え、いまではデ・パルマ監督作品でもトップの知名度を誇るカルト映画となっている。
監督:ブライアン・デ・パルマ 出演:アル・パチーノ(トニー・モンタナ)、スティーヴン・バウアー(マニー・リベラ)、ミシェル・ファイファー(エルヴィラ)、ポール・シェナー(ソーサ)、ロバート・ロジア(フランク・ロペス)、ほか

「セルピコ」のネタバレあらすじ結末

セルピコの紹介:1973年アメリカ映画。ニューヨークのロケーションによる秀作を連発していたルメット監督が、実話を元に清廉な刑事の孤軍奮闘ぶりを描いた社会派映画。アル・パチーノがリアルな演技を見せ、その代表作のひとつとしている。
監督:シドニー・ルメット・出演:フランク・セルピコ(アル・パチーノ)、ボブ・ブレア(トニー・ロバーツ)

「ゴッドファーザー」のネタバレあらすじ結末

ゴッドファーザーの紹介:1972年アメリカ映画。アメリカの小説家マリオ・プーゾが1969年に発表した大ベストセラー同名小説を巨匠フランシス・フォード・コッポラ監督が映画化した一大叙事詩にしてマフィア映画の歴史的名作であり、ゴッドファーザー三部作の第1作です。第二次世界大戦後のニューヨークを舞台に、一代で暗黒街を牛耳るボスに成り上がった男の繁栄と衰退、世代交代を壮大なスケールで描き、同年度のアカデミー賞で作品賞・主演男優賞・脚色賞を受賞しました。
監督:フランシス・フォード・コッポラ 出演者:マーロン・ブランド(ドン・ヴィトー・コルレオーネ)、アル・パチーノ(ミケーレ・“マイケル”・コルレオーネ)、ジェームズ・カーン(サンティノ・“ソニー”・コルレオーネ)、ロバート・デュヴァル(トム・ヘイゲン)、ジョン・カザール(フレデリコ・“フレド”・コルレオーネ)、ダイアン・キートン(ケイ・アダムス・コルレオーネ)、リチャード・S・カステラーノ(ピーター・クレメンザ)、タリア・シャイア(コンスタンツァ・“コニー”・コルレオーネ・リッジ)、モルガーナ・キング(カルメーラ・コルレオーネ)、エイブ・ヴィゴダ(サル・テッシオ)、スターリング・ヘイドン(マクラスキー)、ほか

「恋のためらい/フランキーとジョニー」のネタバレあらすじ結末

恋のためらい/フランキーとジョニーの紹介:1991年アメリカ映画。刑務所から出所したばかりの男と、過去に男から受けた暴力で心身ともに傷ついた女。2人の孤独な男女の愛のゆくえを描く大人のラブ・ロマンス。舞台用の戯曲を映画用に脚色。
監督 :ゲイリー・マーシャル 原作:テレンス・マクナリー 出演:アル・パチーノ、ミシェル・ファイファー、ヘクター・エリゾンド、ネイサン・レインほか

「インサイダー」のネタバレあらすじ結末

インサイダーの紹介:1999年アメリカ映画。名俳優であるアルパチーノとラッセルクロウが共演をした会社の汚職をリークしようとした男と会社との戦いを描いた作品で、彼らの骨太な演技が観られます。
監督:マイケル・マン 出演:アル・パチーノ(ローウェル・バーグマン)、ラッセル・クロウ(ジェフリー・ワイガンド)、クリストファー・プラマー(マイク・ウォレス)、ダイアン・ヴェノーラ(リアン・ワイガンド)、フィリップ・ベイカー・ホール(ドン・ヒューイット)、リンゼイ・クローズ(シャロン・ティラー)ほか

「オーシャンズ13」のネタバレあらすじ結末

オーシャンズ13の紹介:2007年アメリカ映画。超豪華俳優陣で贈るクライム・アクションシリーズの第3弾は、ゲスト悪役にアル・パチーノを迎え、仲間の危機に直面したオーシャンズが宿敵ベネティクトと手を組み、最強の敵に勝負を挑みます。
監督:スティーヴン・ソダーバーグ 出演者:ジョージ・クルーニー(ダニー・オーシャン)、ブラッド・ピット(ラスティ・ライアン)、マット・デイモン(ライナス・コールドウェル)、アンディ・ガルシア(テリー・ベネディクト)、アル・パチーノ(ウィリー・バンク)、エリオット・グールド(ルーベン・ティシュコフ)ほか

1 2

キーワードから探す

TOP↑