アラン・ドロン映画一覧

アラン・ドロンが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「パリの灯は遠く」のネタバレあらすじ結末

パリの灯は遠くの紹介:1976年フランス,イタリア映画。「緑色の髪の少年」で映画監督としてデビューしながら赤狩りによりハリウッドを追われ、イギリスを拠点に活躍したジョセフ・ロージーによる、ユダヤ人狩りに揺れる1942年のパリをミステリーの舞台とするフランス映画。ロベール・クラインは自分と同姓同名のユダヤ人の存在を知る。しかももう一人のロベール・クラインは、二人を同一人物であると見せかけようとしている。ロベールは身を守るためにまだ見ぬもう一人のロベール・クラインを探し始める。
監督:ジョセフ・ロージー 出演者:アラン・ドロン(ロベール・クライン),ジャンヌ・モロー(フロランス),シュザンヌ・フロン(アパートの管理人)、ジュリエット・ベルト(ジャニーヌ)、フランシーヌ・ベルジェ(ニコル)、マイケル・ロンズデール(ピエール)ほか

「サムライ」のネタバレあらすじ結末

サムライの紹介:1967年フランス映画。侍を彷彿とさせる殺し屋の生き様を描くサスペンス。フレンチ・フィルム・ノワールの傑作として名高く、数々の映画作品に影響を与えたと言われる。孤独な殺し屋ジェフは、仕事を終え立ち去る際ピアニストのヴァレリーに顔を見られてしまった。しかし警察の尋問を受けた彼女は、何故か犯人はジェフではないと断言する。警察と裏社会双方から追われることになったジェフは、己の美学を貫き通す道を選ぶのだった。
監督:ジャン=ピエール・メルヴィル 出演者:アラン・ドロン(ジェフ・コステロ)、ナタリー・ドロン(ジャーヌ)、フランソワ・ペリエ(主任警部)、カティ・ロジェ(ヴァレリー)、ミシェル・ボワロン(ヴィエネル)ほか

「太陽がいっぱい」のネタバレあらすじ結末

太陽がいっぱいの紹介:1960年フランス,イタリア映画。アラン・ドロン出演、ルネ・クレマン監督の代表作で、パトリシア・ハイスミスの小説を映像化したサスペンス。イタリアに金持ちの道楽息子を連れ戻すためにやって来た貧しい青年が、激情に駆られ、ある犯罪を思い立つ様子を描く。
監督:ルネ・クレマン 出演:アラン・ドロン(トム・リプレー)、マリー・ラフォレ(マルジュ・デュヴァル)、モーリス・ロネ(フィリップ・グリーンリーフ)、エルノ・クリサ(リコルディ)、ビル・カーンズ(フレディ・マイルズ)、フランク・ラティモア(オブライエン)、ほか

「エアポート’80」のネタバレあらすじ結末

エアポート’80の紹介:1979年アメリカ映画。航空パニック映画「エアポート」シリーズの第4弾にして完結編です。アメリカに初めてもたらされた当時最新鋭のコンコルド機が、武器の不正輸出に手を染める武器商人の陰謀に飲み込まれていきます。
監督:デヴィッド・ローウェル・リッチ 出演者:アラン・ドロン(ポール・メトラン)、スーザン・ブレイクリー(マギー・ウィーラン)、ロバート・ワグナー(ケヴィン・ハリソン)、シルビア・クリステル(イザベル)、ジョージ・ケネディ(ジョー・パトローニ)ほか

「地下室のメロディー」のネタバレあらすじ結末

地下室のメロディーの紹介:1963年フランス映画。フランス映画界の二大スター、アラン・ドロンとジャン・ギャバンが共演した犯罪映画です。フランス・カンヌのカジノから大金を奪おうと企む引退寸前の老ギャングと若いチンピラの顛末を描きます。
監督:アンリ・ヴェルヌイユ 出演者:ジャン・ギャバン(シャルル)、アラン・ドロン(フランシス・ヴェルロット)、ヴィヴィアーヌ・ロマンス(ジャネット)、モーリス・ビロー(ロイス・ノーダン)、ジャン・カルメ(バーマン)ほか

「ビッグ・ガン」のネタバレあらすじ結末

ビッグ・ガンの紹介:1972年イタリア,フランス映画。妻子を殺害された殺し屋の復讐劇を描くサスペンス・アクション。巨大マフィア組織に雇われている凄腕の殺し屋トニー。彼は家族のために裏稼業から足を洗うことにした。組織を知り過ぎているトニーの離脱を幹部達は許さず、抹殺を計画する。しかし手違いでトニーの妻子が殺害されてしまい、絶望を味わったトニーは組織を相手に孤独な復讐を始めるのだった。アラン・ドロンの怒りと悲しみが鈍く光る傑作。
監督:ドゥッチオ・テッサリ 出演者:アラン・ドロン(トニー・アルゼンタ)、リチャード・コンテ(ニック・グスト)、カルラ・グラヴィーナ(サンドラ)、マルク・ポレル(ドメニコ・マッジオ)、ロジェ・アナン(カーレ)ほか

「シシリアン」のネタバレあらすじ結末

シシリアンの紹介:1969年フランス映画。パリ・ローマ・ニューヨークを股にかけ、シチリアのマフィアのボスと脱獄した若き一匹狼のギャングが仲間たちと手を組み、高価な宝石を輸送する飛行機をハイジャックしようとする様子とその後の対立を描いたクライム映画です。
監督:アンリ・ヴェルヌイユ 出演者:ジャン・ギャバン(ヴィットリオ・マナレーゼ)、アラン・ドロン(ロジェ・サルテ)、リノ・ヴァンチュラ(ル・ゴフ警部)、イリナ・デミック(ジャンヌ)、アメデオ・ナザーリ(トニー・ニコシア)ほか

「ハーフ・ア・チャンス」のネタバレあらすじ結末

ハーフ・ア・チャンスの紹介:1998年フランス映画。高級車専門に窃盗を繰り返してきた女と、彼女の父親候補の2人男がマフィア相手に繰り広げるアクションコメディ。往年の二大イケメン俳優、A・ドロンとJ=P・ベルモンドが共演。
監督:パトリス・ルコント 出演:アラン・ドロン、ジャン=ポール・ベルモンド、ヴァネッサ・パラディ、エリック・デュフォス、ほか

「世にも怪奇な物語」のネタバレあらすじ結末

世にも怪奇な物語の紹介:1967年フランス,イタリア映画。世にも怪奇な物語の紹介:1967年フランス、イタリア映画。エドガー・アラン・ポーの短編小説を原作としたオムニバス作品。高慢な女の歪んだ愛と破滅を描く「黒馬の哭く館」、ドッペルゲンガーの怪奇譚「影を殺した男」、悪魔に魅入られた男の狂気を描く「悪魔の首飾り」の三部構成となっている。
監督:ロジェ・ヴァディム、ルイ・マル、フェデリコ・フェリーニ 出演:ジェーン・フォンダ(フレデリック・メッシェンゲルシュタイン)、アラン・ドロン(ウィリアム・ウィルソン)、テレンス・スタンプ(トビー・ダミット)ほか

TOP↑