Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

アラン・ドロン映画一覧

アラン・ドロンが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「危険がいっぱい」のネタバレあらすじ結末

危険がいっぱいの紹介:1964年フランス映画。マフィアのボスの女に手を出したことで、追われる羽目になった詐欺師の男。富豪の未亡人宅にかくまわれた彼は、逃げ出す算段をするものの、思わぬ誤算でその屋敷で囚われの身となってしまう。
監督:ルネ・クレマン 出演:アラン・ドロン(マルク)、ジェーン・フォンダ(メリンダ)、ローラ・オルブライト(バーバラ)、アンドレ・オウマンスキー(ヴァンサン)、ソレル・ブーク(ハリー)、ほか

「山猫」のネタバレあらすじ結末

山猫の紹介:1963年イタリア,フランス映画。イタリア貴族の子孫であるジュゼッペ・トマージ・ディ・ランペドゥーサの同名小説を、同じくイタリア貴族の血を引くルキノ・ヴィスコンティ監督が映画化した歴史ドラマで、第16回カンヌ国際映画祭で最高賞パルム・ドールを受賞した大作です。1860年代のイタリア統一革命に揺れるシチリアを舞台に、没落の一途を辿る貴族と野心的な甥の対照的な生き方を描いていきます。
監督:ルキノ・ヴィスコンティ 出演:バート・ランカスター(サリーナ公爵ドン・ファブリツィオ・コルベーラ)、アラン・ドロン(タンクレーディ・ファルコネリ)、クラウディア・カルディナーレ(アンジェリカ・セダーラ)、パオロ・ストッパ(ドン・カロージェロ・セダーラ)、ジュリアーノ・ジェンマ(ガルバルディ軍将軍)、マリオ・ジロッティ(カヴリアーギ伯爵)、セルジュ・レジアニ(チッチョ)、ロモロ・ヴァリ(ピローネ神父)、リナ・モレリ(マリア・ステラ(サリーナ公爵夫人))ほか

「スコルピオ」のネタバレあらすじ結末

スコルピオの紹介:1973年アメリカ映画。「世界を席捲する恐怖の組織CIA〈米〉対KGB〈ソ〉。二大スターの対決が巨大な興奮をうみ、今その全貌に挑む!」アラン・ドロン、バート・ランカスターの共演で国家組織の非情さを描いたスパイ・サスペンス映画です。二重スパイのCIA局員の命を狙う国際戦をオールロケ、ハードボイルド・タッチで描いています。
監督:マイケル・ウィナー 出演:バート・ランカスター(クロス)、アラン・ドロン(ローリエ)、ポール・スコフィールド(ザーコフ)、ジョン・コリコス(マクラウド)、J・D・キャノン(フィルチョック)、ほか

「太陽はひとりぼっち」のネタバレあらすじ結末

太陽はひとりぼっちの紹介:1962年イタリア,フランス映画。イタリアの巨匠ミケランジェロ・アントニオーニ監督が大人の愛の不毛を描いた“愛の不毛”三部作の第三作であり、第一作「情事」、第二作「夜」とタッグを組んだモニカ・ヴィッティを引き続きヒロインに据えて製作された大人のラブストーリーです。婚約者と別れたばかりの女性は若く野心的な株式仲買人と新たな愛を始めようとするのですが・・・。1962年度カンヌ映画祭審査員特別賞受賞作品です。
監督:ミケランジェロ・アントニオーニ 出演者:アラン・ドロン(ピエロ)、モニカ・ヴィッティ(ヴィットリア)、フランシスコ・ラバル(リカルド)、リッラ・ブリグノン(ヴィットリアの母)、ルイ・セニエ(エルコリ)、ロッサナ・ローリ(アニタ)、ミレラ・リッチアーディ(マルタ)ほか

「仁義」のネタバレあらすじ結末

仁義の紹介:1970年フランス映画。犯罪の世界に戻ろうとする元受刑者と元仲間、護送中に脱走した容疑者、彼らを追う刑事たちなど、男たちの友情と仁義、そして裏切りを描いたフィルム・ノワールです。本国フランスでは観客動員数433万人を超える大ヒットとなりました。
監督:ジャン=ピエール・メルヴィル 出演者:アラン・ドロン(コレー)、イヴ・モンタン(ジャンセン)、ジャン・マリア・ヴォロンテ(ヴォーゲル)、ブールヴィル(マッティ)、フランソワ・ペリエ(サンティ)、アンドレ・エキナン(リコ)ほか

「愛人関係」のネタバレあらすじ結末

愛人関係の紹介:1973年フランス映画。狂気を内に秘めた謎の女性。彼女に引き寄せられた男たちは皆、非業の死を遂げるのだった。当時実際に愛人関係にあったといわれるA・ドロンとM・ダルクが共演したサイコサスペンス。
監督:ジョルジュ・ロートネル 出演:アラン・ドロン、ミレーユ・ダルク、クロード・ブラッスール、ニコレッタ・マキャヴェリ、ほか

「チェイサー(1978年)」のネタバレあらすじ結末

チェイサーの紹介:1978年フランス映画。政治家の親友が殺されたことをきっかけに、政治の世界の闇に巻き込まれていく実業家の男。しかし彼は親友を殺した犯人を明らかにしようと命を賭けて立ち向かう。
監督:ジョルジュ・ロートネル 出演:アラン・ドロン、モーリス・ロネ、ミレーユ・ダルク、ステファーヌ・オードラン、クラウス・キンスキー、オルネラ・ムーティ、ほか

「暗黒街のふたり」のネタバレあらすじ結末

暗黒街のふたりの紹介:1973年フランス映画。名優アラン・ドロンとジャン・ギャバンのダブル主演で贈る、10年の刑期を終えて堅気として生きようと決意した元銀行強盗が理不尽な社会に飲み込まれて破滅へと向かっていく悲劇を、彼を見守って来た保護司の視点から描いた社会派ドラマです。
監督:ジョゼ・ジョヴァンニ 出演者:アラン・ドロン(ジーノ)、ジャン・ギャバン(ジェルマン・カズヌーブ)、ミシェル・ブーケ(ゴワトロー警部)、ミムジー・ファーマー(ルシー)、イラリア・オッキーニ(ソフィー)、クリスティーヌ・ファブレガ(ジュヌビエーブ)、ベルナール・ジロドー(フレデリック)、マルカ・リボヴスカ(弁護士)ほか

「パリの灯は遠く」のネタバレあらすじ結末

パリの灯は遠くの紹介:1976年フランス,イタリア映画。「緑色の髪の少年」で映画監督としてデビューしながら赤狩りによりハリウッドを追われ、イギリスを拠点に活躍したジョセフ・ロージーによる、ユダヤ人狩りに揺れる1942年のパリをミステリーの舞台とするフランス映画。ロベール・クラインは自分と同姓同名のユダヤ人の存在を知る。しかももう一人のロベール・クラインは、二人を同一人物であると見せかけようとしている。ロベールは身を守るためにまだ見ぬもう一人のロベール・クラインを探し始める。
監督:ジョセフ・ロージー 出演者:アラン・ドロン(ロベール・クライン),ジャンヌ・モロー(フロランス),シュザンヌ・フロン(アパートの管理人)、ジュリエット・ベルト(ジャニーヌ)、フランシーヌ・ベルジェ(ニコル)、マイケル・ロンズデール(ピエール)ほか

「サムライ」のネタバレあらすじ結末

サムライの紹介:1967年フランス映画。侍を彷彿とさせる殺し屋の生き様を描くサスペンス。フレンチ・フィルム・ノワールの傑作として名高く、数々の映画作品に影響を与えたと言われる。孤独な殺し屋ジェフは、仕事を終え立ち去る際ピアニストのヴァレリーに顔を見られてしまった。しかし警察の尋問を受けた彼女は、何故か犯人はジェフではないと断言する。警察と裏社会双方から追われることになったジェフは、己の美学を貫き通す道を選ぶのだった。
監督:ジャン=ピエール・メルヴィル 出演者:アラン・ドロン(ジェフ・コステロ)、ナタリー・ドロン(ジャーヌ)、フランソワ・ペリエ(主任警部)、カティ・ロジェ(ヴァレリー)、ミシェル・ボワロン(ヴィエネル)ほか

「太陽がいっぱい」のネタバレあらすじ結末

太陽がいっぱいの紹介:1960年フランス,イタリア映画。アラン・ドロン出演、ルネ・クレマン監督の代表作で、パトリシア・ハイスミスの小説を映像化したサスペンス。イタリアに金持ちの道楽息子を連れ戻すためにやって来た貧しい青年が、激情に駆られ、ある犯罪を思い立つ様子を描く。
監督:ルネ・クレマン 出演:アラン・ドロン(トム・リプレー)、マリー・ラフォレ(マルジュ・デュヴァル)、モーリス・ロネ(フィリップ・グリーンリーフ)、エルノ・クリサ(リコルディ)、ビル・カーンズ(フレディ・マイルズ)、フランク・ラティモア(オブライエン)、ほか

「エアポート’80」のネタバレあらすじ結末

エアポート’80の紹介:1979年アメリカ映画。航空パニック映画「エアポート」シリーズの第4弾にして完結編です。アメリカに初めてもたらされた当時最新鋭のコンコルド機が、武器の不正輸出に手を染める武器商人の陰謀に飲み込まれていきます。
監督:デヴィッド・ローウェル・リッチ 出演者:アラン・ドロン(ポール・メトラン)、スーザン・ブレイクリー(マギー・ウィーラン)、ロバート・ワグナー(ケヴィン・ハリソン)、シルビア・クリステル(イザベル)、ジョージ・ケネディ(ジョー・パトローニ)ほか

「地下室のメロディー」のネタバレあらすじ結末

地下室のメロディーの紹介:1963年フランス映画。フランス映画界の二大スター、アラン・ドロンとジャン・ギャバンが共演した犯罪映画です。フランス・カンヌのカジノから大金を奪おうと企む引退寸前の老ギャングと若いチンピラの顛末を描きます。
監督:アンリ・ヴェルヌイユ 出演者:ジャン・ギャバン(シャルル)、アラン・ドロン(フランシス・ヴェルロット)、ヴィヴィアーヌ・ロマンス(ジャネット)、モーリス・ビロー(ロイス・ノーダン)、ジャン・カルメ(バーマン)ほか

「ビッグ・ガン」のネタバレあらすじ結末

ビッグ・ガンの紹介:1972年イタリア,フランス映画。妻子を殺害された殺し屋の復讐劇を描くサスペンス・アクション。巨大マフィア組織に雇われている凄腕の殺し屋トニー。彼は家族のために裏稼業から足を洗うことにした。組織を知り過ぎているトニーの離脱を幹部達は許さず、抹殺を計画する。しかし手違いでトニーの妻子が殺害されてしまい、絶望を味わったトニーは組織を相手に孤独な復讐を始めるのだった。アラン・ドロンの怒りと悲しみが鈍く光る傑作。
監督:ドゥッチオ・テッサリ 出演者:アラン・ドロン(トニー・アルゼンタ)、リチャード・コンテ(ニック・グスト)、カルラ・グラヴィーナ(サンドラ)、マルク・ポレル(ドメニコ・マッジオ)、ロジェ・アナン(カーレ)ほか

「シシリアン」のネタバレあらすじ結末

シシリアンの紹介:1969年フランス映画。パリ・ローマ・ニューヨークを股にかけ、シチリアのマフィアのボスと脱獄した若き一匹狼のギャングが仲間たちと手を組み、高価な宝石を輸送する飛行機をハイジャックしようとする様子とその後の対立を描いたクライム映画です。
監督:アンリ・ヴェルヌイユ 出演者:ジャン・ギャバン(ヴィットリオ・マナレーゼ)、アラン・ドロン(ロジェ・サルテ)、リノ・ヴァンチュラ(ル・ゴフ警部)、イリナ・デミック(ジャンヌ)、アメデオ・ナザーリ(トニー・ニコシア)ほか

1 2
TOP↑