安藤サクラ映画一覧

安藤サクラが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」のネタバレあらすじ結末

ケンタとジュンとカヨちゃんの国の紹介:2009年日本映画。孤児院で育った若者たちは、酷い労働環境の解体業の仕事にいら立ちを募らせていた。新しい人生の第一歩を踏み出そうとする彼らの青春ドラマ。松田翔太、高良健吾と安藤サクラの実力派俳優が共演。日々の生活に不安を抱えて生きる若者たち。人生をやりなおすために、旅に出る3人。彼らを待つ先には、いったい何があるのか。
監督:大森立嗣 出演:松田翔太(ケンタ)、高良健吾(ジュン)、安藤サクラ(カヨちゃん)、宮崎将(カズ)、柄本佑(洋輔)、洞口依子(洋輔の母)、多部未華子(ゆみか)、美保純(スナックのママ)、山本政志(二郎)、新井浩文(裕也)、小林薫(闘犬の男)、柄本明(菊ちゃん)、ほか

「風の外側」のネタバレあらすじ結末

風の外側の紹介:2007年日本映画。ひょんなことから裕福な女子高生のボディガードを務めることになった若いヤクザ。ともに人種的な葛藤を抱えてきた二人は少しずつ惹かれあっていきますが、やがて悲しき運命が訪れます。俳優としても活躍する奥田瑛二監督の愛娘安藤サクラのデビュー作となった青春恋愛映画です。
監督:奥田瑛二 出演者:安藤サクラ(岩田真理子)、佐々木崇雄(趙聖文 / チョ・ソンムン)、石田卓也 (梁秀一/ヤン スイル)、かたせ梨乃(岩田智子)、綾戸千絵(梁民子/ヤン ミンジャ)、大友康平(刑事)、北村一輝(田丸修)、夏木マリ(林順子/イム・スンジャ)、奥田瑛二(岩田)ほか

「0.5ミリ」のネタバレあらすじ結末

0.5ミリの紹介:2013年日本映画。監督安藤桃子が自身の介護経験をもとに執筆した小説を題材にメガホンを取った作品。ある事件から職と金を失った介護ヘルパーと孤独な老人達の奇妙な交流を描いたヒューマンドラマ。主演の訳ありヘルパーを演じるのは安藤桃子の実妹で実力派女優の安藤サクラ。津川雅彦や柄本明、草笛光子らベテラン俳優が脇を固めています。
監督:安藤桃子 出演者:安藤サクラ(山岸サワ)、織本順吉(片岡昭三)、木内みどり(片岡雪子)、土屋希望(片岡マコト)、井上竜夫(康夫)、東出昌大(カラオケ店員)、ベンガル(斉藤末男)、ほか

「島々清しゃ」のネタバレあらすじ結末

島々清しゃ (しまじまかいしゃ)の紹介:2017年日本映画。いつも耳当てをしている少女“うみ”は些細な音のズレも感じ取ってしまう為、祖父以外には心を閉ざしていた。しかしヴァイオリニストの北川との出会いをきっかけに音楽に興味を持った彼女は徐々に前に進みはじめ、吹奏楽部の仲間との距離、そして離れて暮らす母親との距離が近づいていく—。沖縄の離島を舞台に、少女の成長と家族の再生を描いた作品。
監督:新藤風 出演:伊東蒼(花島うみ)、安藤サクラ(北川祐子)、金城実(花島昌栄)、山田真歩(花島さんご)、渋川清彦(真栄田)、ほか

「ディアスポリス DIRTY YELLOW BOYS」のネタバレあらすじ結末

ディアスポリス DIRTY YELLOW BOYSの紹介:2016年日本映画。リチャード・ウー&すぎむらしんいちの漫画「ディアスポリス 異邦警察」の「ダーティ・イエロー・ボーイズ」篇を映画化した作品で、テレビドラマ版の主演を務めた松田翔太が引き続き主人公を演じています。約15万人の密入国者たちが東京に作り上げた“裏都庁”を舞台に、この地域で唯一の警察と犯罪組織との死闘を描きます。
監督:熊切和嘉 出演者:松田翔太(久保塚早紀)、浜野謙太(鈴木博隆)、須賀健太(周)、NOZOMU(林)、安藤サクラ(夢子)、柳沢慎吾(阿)、真木蔵人(伊佐久直人)ほか

「万引き家族」のネタバレあらすじ結末

万引き家族の紹介:2018年日本映画。万引きという犯罪を通して繋がっていく家族の物語を「誰も知らない」「そして父になる」の是枝裕和監督がオリジナル脚本で映画化。親の年金を不正受給していた家族が逮捕されるという実際の事件から着想を得たという物語で、育児放棄などの題材も交えながら、一人の少年の成長と選択を描きます。2018年第71回カンヌ国際映画祭で日本映画としては21年ぶりとなる最高賞パルムドールを受賞した話題作。リリー・フランキー、安藤さくら、樹木希林等、ベテラン俳優に、松岡茉優や城桧吏ら期待の若手俳優が出演。
監督:是枝裕和 出演:リリー・フランキー(柴田治)、安藤サクラ(柴田信代)、城桧吏(柴田祥太)、松岡茉優(柴田亜紀)、樹木希林(柴田初枝)、佐々木みゆ(ゆり / 凛)、池松壮亮(4番さん)、柄本明(川戸頼次)、高良健吾(前園巧)、池脇千鶴(宮部希衣)、ほか

「ペタルダンス」のネタバレあらすじ結末

ペタル ダンスの紹介:2013年日本映画。自殺未遂をした大学時代の友人を訪ねるため、病院までの“女子旅”に出た3人の女たちが、その道中でそれぞれが抱える悩みを見つめ直す過程を描いたヒューマンドラマです。実力派女優4人の共演にも注目です。
監督:石川寛 出演者:宮崎あおい(ジンコ)、忽那汐里(原木)、安藤サクラ(素子)、吹石一恵(ミキ)、安藤政信(直人)、風間俊介(川田)ほか

「白河夜船」のネタバレあらすじ結末

白河夜船の紹介:2015年日本映画。自分の不倫、友人の死をきっかけに眠ることにより自分から逃げ出そうとするが、あることがきっかけで少しずつ立ち直っていく女性の物語。原作は吉本ばななです。
監督:若木信吾 出演:安藤サクラ(寺子)、谷村美月(しおり)、井浦新(岩永)、高橋義明(しおりの昔の恋人)、紅甘(公園で出会う少女)、伊沢磨紀(しおりの母親)、竹厚綾(岩永の妻)、ほか

「DESTINY 鎌倉ものがたり」のネタバレあらすじ結末

DESTINY 鎌倉ものがたりの紹介:2017年日本映画。累計発行部数1,000万部のベストセラー漫画『鎌倉ものがたり』を実写映画化。鎌倉に暮らす売れないミステリー作家と、その作家のもとへ嫁いだ新妻の周りで起こる奇妙な体験から、次第に自分達の運命の謎が紐解かれていくファンタジー作品。人間だけでなく魔物や幽霊も共存しているという鎌倉を舞台に、ミステリー作家は新妻と共に、怪事件に巻き込まれていく。『ALWAYS 三丁目の夕日』で日本アカデミー賞12部門で最優秀賞を受賞した山崎貴監督が、実力派俳優、堺雅人を主演に、活躍が目覚ましい女優の高畑充希をヒロインに迎えて映画化。
監督:山崎貴 出演:堺雅人(一色正和)、高畑充希(一色亜紀子)、堤真一(本田)、安藤サクラ(死神)、田中泯(貧乏神)、中村玉緒(キン)、市川実日子(本田里子)、要潤(稲荷刑事)、古田新太(天頭鬼)、鶴田真由(一色絵美子)、薬師丸ひろ子(女将)、吉行和子(瀬戸優子)、橋爪功(優子の旦那)、三浦友和(甲滝五四朗)、ほか

「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール」のネタバレあらすじ結末

奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガールの紹介:2017年日本映画。中学生にして奥田民生に強い憧れを抱いた男コーロキ。30歳を過ぎ雑誌編集者となった今もその憧れは無くならないままだった。ある日仕事でアパレル会社へと向かった所、そこで働く広報の女性に一目惚れする。そしてとんとん拍子に付き合うことになり有頂天になる彼だが、その女あかりには秘密があった。「モテキ」「バクマン。」で絶大な評価を獲得する大根監督による漫画原作の実写映画化。
監督:大根仁 出演:妻夫木聡(コーロキ)、水原希子(天海あかり)、新井浩文(吉住)、安藤サクラ(美上ゆう)、天海祐希(江藤美希子)、リリー・フランキー(倖田シュウ)、ほか

「追憶」のネタバレあらすじ結末

追憶の紹介:2017年日本映画。監督・降旗康男、撮影・木村大作という日本映画界の巨匠が9年ぶりにタッグを組んで製作したヒューマン・サスペンス映画です。北陸を舞台に、過去に傷を持つ三人の男が、ある殺人事件に刑事・容疑者・被害者として相まみえる姿を、周囲の人間模様も絡めて描き上げています。
監督:降旗康男 出演者:岡田准一(四方篤)、小栗旬(田所啓太)、柄本佑(川端悟)、長澤まさみ(四方美那子)、木村文乃(田所真理)、安藤サクラ(仁科涼子)、吉岡秀隆(山形光男)ほか

「愛のむきだし」のネタバレあらすじ結末

愛のむきだしの紹介:2008年日本映画。神父の息子、ユウ。父親テツは突然現れたカオリに溺れ人格が変わっていく。テツはユウに毎日懺悔を強要した。ユウはテツのために毎日罪を犯し辿り着いたのが盗撮だった。ある日ユウは罰ゲームで女装し町に出る。そこでマリア様のようなヨーコに出会う。とっさにユウは女のフリをしサソリと名乗る。ユウはヨーコに恋をし、ヨーコはサソリに恋をした。ユウ、サソリ、ヨーコの三角関係が始まった。やがて謎の女コイケの陰謀によりヨーコや家族が宗教団体に洗脳されてしまう。ヨーコを助けるために宗教団体に潜入するユウ。そこで見たものは・・・
監督:園子温 出演:西島隆弘(角田ユウ)、満島ひかり(ヨーコ)、安藤サクラ(コイケ)、渡辺真起子(カオリ)、渡部篤郎(テツ)、ほか

「百円の恋」のネタバレあらすじ結末

百円の恋の紹介:2014年日本映画。32歳の一子は実家に引きこもり自堕落な生活を送っていた。ある日離婚し子供を連れた妹二三子が実家に戻ってくる。だが妹とうまくいかず家を出て一人暮らしを始める事になった一子は深夜の百円ショップで働く事になる。心に問題を抱えた店員達。そこはまるで底辺の人間達の巣窟のような場所だった。帰り道にあるボクシングジムで練習する狩野を覗き見するのが楽しみだった一子。ある日狩野が客としてやってくる。二人は徐々に距離を縮め一緒に住み始めるのだが、幸せな日々は続かなかった。そして一子はボクシングを始める事になる。一子の中で何かが変わり始める。
監督:武正晴 出演:安藤サクラ(斎藤一子)、新井浩文(狩野祐二)、稲川実代子(斎藤佳子)、早織(斎藤二三子)、ほか

「かぞくのくに」のネタバレあらすじ結末

かぞくのくにの紹介:2011年日本映画。在日コリアン2世のヤン・ヨンヒ監督地震の実体験を基にした、フィクション映画。今なお、北朝鮮で暮らす家族を想い、書き下ろした、厳かな目をそらしてはいけない真実がある映画作品。
監督:ヤン・ヨンヒ 出演:安藤サクラ(リエ)、井浦新(ソンホ)、ヤン・イクチュン(ヤン同志)、京野ことみ(スニ)、大森立嗣(ホンギ)、村上淳(ジュノ)、宮崎美子(母(オモニ))、津嘉山正種(父(アボジ))、ほか

「愛と誠(2012年)」のネタバレあらすじ結末

愛と誠の紹介:2012年日本映画。梶原一騎の情熱的愛情を炸裂させた、漫画原作。三池崇史監督による、ミュージカル仕立ての、アクションありラブストーリー。今回は、武井咲主演の「角川・東映版」。
監督:三池崇史 出演:妻夫木聡(太賀誠)、武井咲(早乙女愛)、斎藤工(岩清水弘)、大野いと(高原由紀)、安藤サクラ(ガムコ)、前田健(先生)、加藤清史郎(太賀誠(幼少期))、一青窈(早乙女美也子)、ほか

1 2
TOP↑