ベン・ウィショー映画一覧

ベン・ウィショーが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「メリー・ポピンズ リターンズ」のネタバレあらすじ結末

メリー・ポピンズ リターンズの紹介:2018年アメリカ映画。前作の20年後、大人になり妻の死や金銭的な問題で苦しんでいるマイケルの元へ再び姿を現したメリーポピンズは、彼に力を貸し再び子供の様な気持ちになる事を思い出させる。そして今度はマイケルの3人の子供達を不思議な世界へと連れて行くのだった。名作『メリー・ポピンズ』から半世紀ぶりの続編。大恐慌時代を舞台にメリー・ポピンズが再び起こす奇跡を描く。
監督:ロブ・マーシャル 出演:エミリー・ブラント(メリー・ポピンズ)、リン=マヌエル・ミランダ(ジャック)、ベン・ウィショー(マイケル・バンクス)、エミリー・モーティマー(ジェーン・バンクス)、ジュリー・ウォルターズ(エレン)、ピクシー・デイヴィーズ(アナベル・バンクス)、サナニエル・サレー(ジョン・バンクス)、ジョエル・ドーソン(ジョージー・バンクス)、コリン・ファース(ミスター・ウィルキンズ)、メリル・ストリープ(トプシー)、ほか

「ロブスター」のネタバレあらすじ結末

ロブスターの紹介:2015年アイルランド,イギリス,ギリシャ,フランス,オランダ,アメリカ映画。独身が悪とされる時代、45日以内にパートナーが見つからなければ動物に変えられてしまう、という“矯正”施設へ送られた男が、そこから逃げ出し、独身者が隠れ住む森で愛する人に出会う。
監督:ヨルゴス・ランティモス 出演:コリン・ファレル(デヴィッド)、レイチェル・ワイズ(近視の女)、ジョン・C・ライリー(滑舌の悪い男)、レア・セドゥ(独身者たちのリーダー)、ベン・ウィショー(足の悪い男)、ジェシカ・バーデン、オリヴィア・コールマン、アシュレー・ジェンセン、ほか

「レイヤー・ケーキ」のネタバレあらすじ結末

レイヤー・ケーキの紹介:2004年イギリス映画。J・J・コノリーの小説「Layer Cake」を原作に映画化され、6代目ジェームズ・ボンドのダニエル・クレイグが名前のない主人公の麻薬ディーラーに扮したクライムムービーです。裏社会から足を洗おうとしていた主人公が、最後と思って引き受けた仕事をきっかけに窮地に追い込まれていく姿をユーモラスに描きます。
監督:マシュー・ヴォーン 出演者:ダニエル・クレイグ(XXXX)、コルム・ミーニイ(ジーン)、ケネス・クラナム(ジミー・プライス)、ジョージ・ハリス(モーティ)、ジェイミー・フォアマン(デューク)、シエナ・ミラー(タミー)、マイケル・ガンボン(エディ・テンプル)、マーセル・ユーレス(スラヴォ)、トム・ハーディ(クラーキー)ほか

「未来を花束にして」のネタバレあらすじ結末

未来を花束にしての紹介:2015年イギリス映画。1912年ロンドン。モード・ワッツは過酷な労働環境の洗濯工場で働きつつ、夫サニーと幼い息子ジョージの3人で慎ましく幸せな暮らしをしていた。ところがある日、女性参政権を訴える活動家の友人に代わり公聴会で話したことをきっかけに「今と違う人生があるのでは?」と疑問を持つようになる。モードはWSPU(女性社会政治同盟)のリーダーであるエメリン・パンクハーストの演説や友人などから感化され、次第にデモに参加するようになる。現代から想像も付かない時代に、女性の人権を勝ち取る戦いをしてきた女性たち。エメリン・パンクハーストや、エメリー・ワイルディング・ディヴィソンなど実在した人々の物語と隠された史実の物語。
監督:サラ・ガヴロン 出演:キャリー・マリガン(モード・ワッツ)、ヘレナ・ボナム=カーター(イーディス・エリン)、ベン・ウィショー(モードの夫 / サニー・ワッツ)、ブレンダン・グリーソン(アーサー・スティード警部)、アンナ=マリー・ダフ(ヴァイオレット・ミラー)、メリル・ストリープ(エメリン・パンクハースト)、ナタリー・プレス(エメリー・ワイルディング・ディヴィソン)ほか

「パディントン2」のネタバレあらすじ結末

パディントン2の紹介:2017年イギリス映画。マイケル・ボンドのファンタジー児童文学『くまのパディントン』を実写映画化した『パディントン』(2014年)の続編です。前作で人間の一家と仲良くなったクマのパディントンが窃盗事件に巻き込まれて投獄されてしまい、一家は無実を証明するために奔走することになります。
監督:ポール・キング 出演者:ベン・ウィショー(パディントンの声)、ヒュー・ボネヴィル(ブラウンさん)、サリー・ホーキンス(ブラウン夫人)、ブレンダン・グリーソン(ナックルズ)、ヒュー・グラント(フェニックス・ブキャナン)、イメルダ・スタウントン(ルーシーおばさん)、マイケル・ガンボン(パストゥーゾおじさん)、ジュリー・ウォルターズ(バードさん)、ジム・ブロードベント(グルーバーさん)、ほか

「ザ・バンク 堕ちた巨像」のネタバレあらすじ結末

ザ・バンク 堕ちた巨像の紹介:2009年アメリカ,ドイツ,イギリス映画。ヨーロッパ各地とアメリカを舞台に、違法行為に手を染めた国際メガバンクの悪事を、妨害に遭いながらも暴こうとするインターポール捜査官たちの苦闘を描いたクライム・サスペンス作品です。
監督:トム・ティクヴァ 出演者:クライヴ・オーウェン(ルイ・サリンジャー)、ナオミ・ワッツ(エレノア・ホイットマン)、アーミン・ミューラー=スタール(ウィリアム・ウェクスラー)、ウルリク・トムセン(ジョナス・スカルセン)、ブライアン・F・オバーン(コンサルタント)、ベン・ウィショー(ルネ・アンタール)ほか

「アイム・ノット・ゼア」のネタバレあらすじ結末

アイム・ノット・ゼアの紹介:2007年アメリカ映画。ノーベル文学賞受賞者でもあり、今なお現役で活躍を続ける伝説のミュージシャン、ボブ・ディランの半生をモチーフに、6人の俳優がディランの多彩なイメージを演じ分けた実験的なミュージックドラマです。
監督:トッド・ヘインズ 出演者:クリスチャン・ベイル(ジャック/ジョン牧師)、ケイト・ブランシェット(ジュード)、マーカス・カール・フランクリン(ウディ)、リチャード・ギア(ビリー)、ヒース・レジャー(ロビー)、ベン・ウィショー(アルチュール)、ほか

「パディントン」のネタバレあらすじ結末

パディントンの紹介:2014年イギリス映画。真っ赤な帽子と青いダッフルコートがトレードマークの「くまのパディントン」。マイケル・ボンド原作の児童文学を映画化した本作品は、ユーモアに溢れ、子供だけでなく大人も楽しめるコメディーです。誰もが知る愛らしいクマの声を担当しているのは、「007」シリーズのQ役などで知られるベン・ウィショー。深みのある声で、パディントンの抱える寂しさや、戸惑いを上手に演じています。演技派女優として名高いサリー・ホーキンスや、大女優の貫禄を備えてきたニコール・キッドマン等、脇役がしっかりと支えている秀作です。
監督:ポール・キング 出演者:ベン・ウィショー(パディントン)、サリー・ホーキンス(メアリー・ブラウン)、ニコール・キッドマン(ミリセント・クライド)、ほか

「クラウドアトラス」のネタバレあらすじ結末

クラウドアトラスの紹介:2012年アメリカ映画。6つ異なる時代とストーリーを生きる一人の男性が、悪人から時を経て地球の人々を救う人物へと変わっていく様を描いた群集劇。登場人物はそれぞれの時代で別々の人物を演じており、彼らが繰り返し巡り合うことによって起きる奇跡が壮大なスケールで描写される。独特の世界観や数多くの名優の起用で話題となり、エンドロールの映像の中で、それぞれの俳優がどの時代にどんな人物を演じていたかが分かる仕掛けになっている。
監督:トム・ティクヴァ、ラナ・ウォシャウスキー、アンディ・ウォシャウスキー  出演者:トム・ハンクス(ヘンリー・グース、ダーモット、ヴァリーズマン・ザックリー ほか)、ハル・ベリー(ルイサ・レイ、メロニム ほか)、ジム・ブロードベント(ヴィヴィアン・エアーズ、ティモシー・キャベンディッシュ ほか)、ジム・スタージェス(アダム・ユーイング、ヘジュ・チャン ほか)、ほか

「王様のためのホログラム」のネタバレあらすじ結末

王様のためのホログラムの紹介:2016年アメリカ映画。上司に呼び出されたアランは突然海外出張を命じられる。行き先はサウジアラビア、彼の仕事はサウジアラビアの国王に自社のIT技術を売り込むことだった。現地に着いたアランに待ち受けていたのは様々な困難、通信環境も空調も食事すらまともにないその場所でアランは仕事だけでなく自身の人生について考える。「クラウド・アトラス」のトム・ティクヴァ監督最新作。主演は同じく「クラウド・アトラス」出演のトム・ハンクス。
監督:トム・ティクヴァ 出演:トム・ハンクス(アラン・クレイ)、アレクサンダー・ブラック(ユセフ)、サリタ・チョウドリー(ザーラ・ハキム)、シセ・バベット・クヌッセン(ハンナ)、ベン・ウィショー(デイヴ)、ほか

「白鯨との闘い」のネタバレあらすじ結末

白鯨との闘いの紹介:2015年アメリカ映画。何十年も前に遭難したエセックス号には実は隠されていた事実があった。生き残りのニカーソンはようやく重い口を開き始める。ハーマン・メルヴィルの「白鯨」の裏側に迫るナサニエル・フィルブリックのノンフィクション「復讐する海 捕鯨船エセックス号の悲劇」をもとにしたサバイバルドラマ。
監督:ロン・ハワード 出演:クリス・ヘムズワース(オーウェン・チェイス)、ベンジャミン・ウォーカー(ジョージ・ポラード)、キリアン・マーフィ(マシュー・ジョイ)、トム・ホランド(トーマス・ニカーソン)、ほか

「リリーのすべて」のネタバレあらすじ結末

リリーのすべての紹介:2015年イギリス,ドイツ,アメリカ映画。世界で初めて性別適合手術を受けたリリー・エルベがモデルとなった作品。1900年初頭のデンマークを舞台に、風景画家であるアイナー・ヴェイナーが夫婦の絆に揺れながら、リリー・エルベという女性になっていく様が描かれ、数々の映画賞を受賞した。
監督: トム・フーパー 出演: エディ・レッドメイン(アイナー・ヴェイナー/リリー・エルベ)、アリシア・ヴィキャンデル(ゲルダ・ヴェイナー)、マティアス・スーナールツ(ハンス・アクスギル)、ベン・ウィショー(ヘンリク・サンダール)、ウラ(アンバー・ハード)

「007 スペクター」のネタバレあらすじ結末

007 スペクターの紹介:2015年イギリス,アメリカ映画。イギリスのスパイ映画として大人気を誇る007シリーズの24作目として制作されたスペクターでは、ついにボンドの宿敵が現れます。
監督 :サム・メンデス 出演:ダニエル・クレイグ(ジェームズ・ボンド)、クリストフ・ヴァルツ(フランツ・オーベルハウザー)、レア・セドゥ(マドレーヌ・スワン)、ベン・ウィショー(Q)、ナオミ・ハリス(イヴ・マネーペニー)、デイヴ・バウティスタ(Mr.ヒンクス)、アンドリュー・スコット(C(マックス・デンビー))、ロリー・キニア(タナー)、イェスパー・クリステンセン(Mr.ホワイト)ほか

「パフューム ある人殺しの物語」のネタバレあらすじ結末

パフューム ある人殺しの物語の紹介:2006年ドイツ/フランス/スペイン映画。パトリック・ジュースキントのベストセラー小説『香水 ある人殺しの物語』をトム・ティクヴァ監督が映画化した衝撃のサスペンスドラマ。第19回東京国際映画祭特別招待作品。東京国際シネシティ フェスティバル特別招待作品。
監督:トム・ティクヴァ キャスト:ベン・ウィショー(ジャン=バティスト・グルヌイユ)、レイチェル・ハード=ウッド(ローラ)、アラン・リックマン(リシ)、ダスティン・ホフマン(ジュゼッペ・バルディーニ)、ほか

TOP↑