Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ビリー・ワイルダー監督映画一覧

ビリー・ワイルダー監督映画のネタバレあらすじ一覧です。ビリー・ワイルダー監督のおすすめ映画、人気映画や最新作まで、ビリー・ワイルダー監督作品の一覧です。

「七年目の浮気」のネタバレあらすじ結末

七年目の浮気の紹介:1955年アメリカ映画。ジョージ・アクセルロッド原案によるブロードウェイの同名舞台劇を映画化した名作ラブコメディです。避暑地に家族を送り出した結婚7年目の恐妻家の男が、階上に間借りするブロンドの髪の美女に惹かれていく様をコミカルに描きます。主演のマリリン・モンローが地下鉄の通気口からの風でめくれるスカートを抑えるシーンは映画史に残る名シーンとしてあまりにも有名です。
監督:ビリー・ワイルダー 出演者:マリリン・モンロー(ブロンド美女)、トム・イーウェル(リチャード・シャーマン)、ロバート・ストラウス(クルフリック)、オスカー・ホモルカ(ブルベイカー医師)、ソニー・タフツ(トム・マッケンジー)ほか

「第十七捕虜収容所」のネタバレあらすじ結末

第十七捕虜収容所の紹介:1953年アメリカ映画。ブロードウェイで上演された舞台劇を基に映画化した異色の戦争コメディドラマです。第二次世界大戦末期のドイツの第17捕虜収容所を舞台に、同僚からドイツに通じるスパイ呼ばわりされながらも、たった一人で本物のスパイを見つけ出すために奮闘します。
監督:ビリー・ワイルダー 出演者:ウィリアム・ホールデン(J・J・セフトン)、ドン・テイラー(ダンバー)、オットー・プレミンジャー(シェルバッハ)、ロバート・ストラウス(ストッシュ・“アニマル”・クザワ)、ハーヴェイ・レンベック(ハリー・シャピーロ)ほか

「情婦」のネタバレあらすじ結末

情婦の紹介:1957年アメリカ映画。推理小説の巨匠アガサ・クリスティー原作の「検察側の証人」を映画化した作品です。殺人容疑をかけられた青年ボールの弁護を引き受けた弁護士ウィルフリッドの前に、青年の妻であるクリスチーネが検察側の証人として立ちはだかります。スリリングな法廷劇が繰り広げられる本格的なミステリー映画です。
監督:ビリー・ワイルダー 出演者:タイロン・パワー(レナード・ボール)、マレーネ・ディートリヒ(クリスチーネ)、チャールズ・ロートン(ウィルフリッド・ロバーツ)、エルザ・ランチェスター(ミス・プリムソル)、ヘンリー・ダニエル(メイヒュー)

「失われた週末」のネタバレあらすじ結末

失われた週末の紹介:1945年アメリカ映画。チャールズ・R・ジャクソンの小説をビリー・ワイルダー監督の手で映画化したもので、アルコール中毒に苦しむ売れない小説家と、彼を助けようと奮闘する兄や恋人の姿を描いた作品です。
監督:ビリー・ワイルダー 出演者:レイ・ミランド(ドン・バーナム)、ジェーン・ワイマン(ヘレン・セント・ジェームズ)、フィリップ・テリー(ウィック・バーナム)、ハワード・ダ・シルヴァ(ナット)、ドリス・ダウリング(グロリア)ほか

「麗しのサブリナ」のネタバレあらすじ結末

麗しのサブリナの紹介:1954年アメリカ映画。「ローマの休日」で成功を収めたオードリー・ヘプバーンが次回作として出演した本作は、アカデミー衣装デザイン賞を受賞し、細身の彼女のために作られたズボンが「サブリナパンツ」と呼ばれて大流行するなど、社会現象を巻き起こすほどの大ヒットを記録。公開当時の大スターであるハンフリー・ボガートやウィリアム・ホールデンが共演していることでも話題となった。
監督:ビリー・ワイルダー 出演者:オードリー・ヘプバーン(サブリナ・フェアチャイルド)、ハンフリー・ボガート(ライナス・ララビー)、ウィリアム・ホールデン(デイヴィッド・ララビー)、ジョン・ウィリアムズ(トーマス・フェアチャイルド)、ウォルター・ハンデン(オリヴァー・ララビー) ほか

「お熱いのがお好き」のネタバレあらすじ結末

お熱いのがお好きの紹介:1959年アメリカ映画。ビリー・ワイルダー・コメディの代表作で、多くの映画に影響を与えた。ゲイのキャラクターを取りあげたことでも先駆的な作品とされている。映画の最後のセリフは古典的な名文句となった。
監督:ビリー・ワイルダー 出演:マリリン・モンロー(シュガー)、トニー・カーティス(ジョー)、ジャック・レモン(ジェリー)、ジョージ・ラフト(スパッツ・コロンボ)

「熱砂の秘密」のネタバレあらすじ結末

熱砂の秘密の紹介:1943年アメリカ映画。名匠ビリー・ワイルダーのハリウッドでの監督2作目。ラヨス・ビロの戯曲「帝国ホテル」をワイルダー自身とチャールズ・ブラケットが共同で脚色。ブラケットはプロデュースも行っている。
監督:ビリー・ワイルダー 出演:フランチョット・トーン(ブランブル伍長)、エリッヒ・フォン・シュトロハイム(エリッヒ・フォン・シュトロハイム)、ペーター・ヴァン・アイク、アン・バクスター、ほか

「地獄の英雄」のネタバレあらすじ結末

地獄の英雄の紹介:1951年アメリカ映画。些細な事件を大掛かりなイベントにしてしまう新聞記者を通し、現在のマスコミに対する批判を行ったビリー・ワイルダーの異色作。自らもジャーナリストだった監督自身の経験が活かされている。
監督:ビリー・ワイルダー 出演:カーク・ダグラス(チャールズ・テータム)、リチャード・ベネディクト(レオ・ミノザ)、ジャン・スターリング、ボブ・アーサー、ポーター・ホール、ほか

「深夜の告白」のネタバレあらすじ結末

深夜の告白の紹介:1944年アメリカ映画。名匠ビリー・ワイルダーが不倫の果ての生命保険金殺人を描くサスペンス。ジェームズ・M・ケインの原作をワイルダーとハードボイルド作家レイモンド・チャンドラーが共同で脚色している。
監督:ビリー・ワイルダー 出演:ウォルター・ネフ(フレッド・マクマレイ)、フィリス・ディートリクスン(バーバラ・スタンウィック)ほか

「サンセット大通り」のネタバレあらすじ結末

サンセット大通りの紹介:1950年アメリカ映画。名匠ビリー・ワイルダーによるハリウッドの内幕もの。かつてのスター時代を忘れられないサイレント映画の女優が徐々に精神を病んでゆく様子を、無慈悲なまでのタッチで描いている。
監督:ビリー・ワイルダー・出演:グロリア・スワンソン(ノーマ・デズモンド)、ウィリアム・ホールデン(ジョー・ギリス)、エリッヒ・フォン・シュトロハイム(マックス)、ナンシー・オルソン(ベティ・シェーファー)、ほか

「アパートの鍵貸します」のネタバレあらすじ結末

アパートの鍵貸しますの紹介:1960年アメリカ映画。60年代のニューヨークを舞台。出世意欲の強いサラリーマンのバドは、自分のアパートの一室を上司に貸し出すにより、勤務評価を上げて貰っている。ある日、恋心を抱いていた会社の女性が、上司の浮気相手だと知り、大慌て。自分の部屋で上司と好きな子が一線を越えるのを止めるのか止めないのかで葛藤する物語。ビリー・ワイルダーの傑作コメディ映画。
監督:ビリー・ワイルダー 出演者:ジャック・レモン(C・C・バクスター(バド))、シャーリー・マクレーン(フラン・キューブリック)、フレッド・マクマレイ(ジェフ・D・シェルドレイク)ほか

「シャーロック・ホームズの冒険」のネタバレあらすじ結末

シャーロック・ホームズの冒険の紹介:1970年アメリカ映画。名探偵シャーロック・ホームズの活躍を描いたミステリー映画。ホームズと相棒ワトソンの元に現れた記憶喪失の女性。謎の解明に乗り出すホームズは、やがて国家規模の機密に巻き込まれていく。ホームズのほろ苦い恋愛を漂わせた、巨匠ビリー・ワイルダーによるホームズ・ストーリー。
監督:ビリー・ワイルダー 出演者:ロバート・スティーブンス(シャーロック・ホームズ)、コリン・ブレークリー(ジョン・ワトソン)、ジュヌヴィエーヴ・パージュ(ガブリエル・バラドン)、クリストファー・リー(マイクロフト・ホームズ)、モリー・モーリン(ビクトリア女王)ほか

「昼下りの情事」のネタバレあらすじ結末

昼下りの情事の紹介:1957年アメリカ映画。私立探偵の娘が恋した相手は富豪のプレイボーイ。彼の気をひくために背伸びして遊びなれたそぶりをみせる娘と、それに翻弄される男のラブ・ロマンス。
監督:ビリー・ワイルダー 原作:クロード・アネ 出演者:オードリー・ヘプバーン(アリアーヌ)、ゲイリー・クーパー(フラナガン)、モーリス・シュヴァリエ(クロード)、ジョン・マッギーヴァー、ヴァン・ドードほか

TOP↑