カナダ映画一覧

カナダ映画のネタバレあらすじ一覧です。おすすめカナダ映画から、最新映画まで様々なジャンルのカナダ映画を紹介しています。

「ジョン・F・ドノヴァンの死と生」のネタバレあらすじ結末

ジョン・F・ドノヴァンの死と生の紹介:2018年カナダ,イギリス映画。成功したアメリカ俳優ジョン・F・ドノヴァン。彼は同性愛や母との葛藤という悩みを抱え、イギリスの11歳の子役ルパートと、その悩みや人生について書いた文通を始めます。やがて、謎の死をとげたドノヴァンについて、ルパートは本を書きメディアの取材に応じ、その謎の死について語ります。『ジョン・F・ドノヴァンの死と生 』は同性愛の俳優といじめに会う子役俳優との心の交友を描いた映画です。映画は成人したルパートと記者のインタビューシーン、ルパートの少年時代を振り返る回想シーン、そしてルパートがドノヴァンから受け取った手紙の内容を語る、3つのシーンで構成されます。
監督:グザヴィエ・ドラン 出演:キット・ハリントン(ジョン・F・ドノヴァン)、ナタリー・ポートマン(サム・ターナー)、ジェイコブ・トレンブレイ(ルパート・ターナー(子供時代))、スーザン・サランドン(グレース・ドノヴァン)、キャシー・ベイツ(バーバラ・ハガーメーカー)、タンディ・ニュートン(オードリー・ニューハウス)、ベン・シュネッツァー(ルパート・ターナー(青年期))、ほか

「Z WORLD ゼット・ワールド」のネタバレあらすじ結末

Z WORLD ゼット・ワールドの紹介:2014年カナダ映画。アメリカ全土が新種のウィルスの感染症に見舞われ、ゾンビ化した人間で溢れていました。リー・ロゼッタ博士は、感染症のワクチンの研究で安全な政府の施設にいました。しかし家にいる両親が気になり、施設を抜け出し両親の住む家に向かいますが・・・という内容の低予算ゾンビ映画です。
監督:ライアン・M・アンドリューズ 出演者:クリスティーナ・アセト(リー・ロゼッタ)、リチャード・サットン(セフ)、ロバート・ノーラン(マッカイ)、ジェニファー・ポランスキー(クローディア)ほか

「ガール・イン・ザ・ミラー」のネタバレあらすじ結末

ガール・イン・ザ・ミラーの紹介:2018年カナダ映画。オリヴィア・ハッセーの娘インディア・アイズリーが主演を務めたスリラー作品です。両親からも同級生からも虐げられていた孤独な少女が、鏡の中に映るもう一人の「邪悪な自分」と出会ったことから惨劇へと突き進んでいきます。
監督:アサフ・バーンスタイン 出演者:インディア・アイズリー(マリア/アイラム)、ミラ・ソルヴィーノ(エイミー)、ペネロープ・ミッチェル(リリー)、ジェイソン・アイザックス(ダン)、ジョン・C・マクドナルド(マーク)、ハリソン・ギルバートソン(ショーン)、クリステン・ハリス(ナオミ)、キエラ・ジョンソン(ジニー)、マイケル・バーンスタイン(クラウディア)ほか

「デッド/エンド」のネタバレあらすじ結末

デッド/エンドの紹介:2013年カナダ映画。親友同士だったミッチェルとカーターが車で砂漠を走っていました。寝るだけのミッチェルに、カーターは車が故障したと言って嘘をつき、昔のように話そうとします。しかし本当に車が故障し、ふとしたことで大喧嘩となった二人でしたが、喧嘩のあと、生きて帰るために歩きはじめます。そして二人の運命は…という内容のサスペンス映画です。
監督:ケビン・ゴーツ、マイケル・ゴーツ 出演者:ジョシュ・デュアメル(ミッチェル)、ダン・フォグラー(カーター)ほか

「イグジステンズ」のネタバレあらすじ結末

イグジステンズの紹介:1999年カナダ,イギリス映画。バーチャルリアリティゲームの世界で繰り広げられる予測不能な戦いを描いたSFホラー。脊椎に穴を開け、コードを人体に直接繋ぐことでバーチャルリアリティゲームをプレイするようになった世界。天才ゲームデザイナーのアレグラは、最新ゲーム「イグジステンズ」の発表イベントに参加した。しかしそこにゲームに反感を持つ「現実主義者(リアリスト)」が現れ、アレグラは命を狙われる。会場警備をしていたテッドに助けられた彼女は、イグジステンズに異常がないか調べるためゲームの世界にダイブする。
監督:デヴィッド・クローネンバーグ 出演者:ジェニファー・ジェイソン・リー(アレグラ・ゲラー)、ジュード・ロウ(テッド・パイクル)、イアン・ホルム(キリ・ビヌカー)、ウィレム・デフォー(ガス)、クリストファー・エクルストン(ウィトルド・レヴィ)ほか

「ザ・プロフェッショナル」のネタバレあらすじ結末

ザ・プロフェッショナルの紹介:2001年アメリカ,カナダ映画。現代のアメリカ演劇を代表する劇作家デヴィッド・マメットが脚本・監督を担当したサスペンス・スリラー。かつてのフィルム・ノワールを思わせる筋立てで、結末を含めいくつかのサプライズが仕掛けてある。
監督:デヴィッド・マメット 出演:ジーン・ハックマン(ジョー・ムーア)、ダニー・デヴィート(ミッキー・バーグマン)、デルロイ・リンドー(ボビー“ボブ”・ブレイン)、サム・ロックウェル(ジミー・シルク)、レベッカ・ピジョン(フラン・ムーア)、リッキー・ジェイ(ドン・“ピンキー”ピンカス)、パティ・ルポーン(ベティ・クロフト)、ほか

「天使たちのビッチ・ナイト」のネタバレあらすじ結末

天使たちのビッチ・ナイトの紹介:2017年カナダ,アメリカ映画。ヨーロッパの森の奥深くにある修道院、そしてうら若き修道女達とそこに現れた小間使いの美男子が現われます。性への興味深深の修道女達の行動をコミカルに描いた作品です。
監督:ジェフ・ベイナ 出演:アリソン・ブリー(アレッサンドラ)、デイヴ・フランコ(マセット)、オーブリー・プラザ(フェルナンダ)、ケイト・ミクーチ(ジネーブラ)、他

「フローズン・ライター」のネタバレあらすじ結末

フローズン・ライターの紹介:2011年カナダ映画。カリフォルニアに住む、売れないホラー脚本家ジャックは、週末に締め切りを控えていた。エージェントからの指示で、週末に脚本が間に合わなければクビだと宣告されてしまう。ジャックは精肉工場の冷凍庫に閉じ込められるストーリーを思いつき、実際に体験してみようと元女優のペニーが持っていた精肉工場を訪れる。少しの間だけ入ろうと思っていたが、エージェントから指示されたペニーは、5日間ジャックを閉じ込めてしまう。「ターミネーター2」で一躍有名になったエドワード・ファーロングが主演を務める。
監督:ジャスティン・トーマス・オスティンセン 出演:エドワード・ファーロング(ジャック/フランク)、マイケル・ベリーマン(ガンナー)、クリスティン・ブース(ペニー/ペイジ)、ほか

「FREAKS フリークス 能力者たち」のネタバレあらすじ結末

FREAKS フリークス 能力者たちの紹介:2018年カナダ,アメリカ映画。父ヘンリーはなぜか娘を家の中に閉じ込め、外の世界との接触をなくします。そして娘に違う名前を与え、新しい母がいると言い聞かせますが、それは娘の超能力のためでした。娘は外のアイスクリーム屋のアランに興味を持ちますが、アランはヘンリーの不可解な言動の謎を知り、中に閉じ込められた娘を助けようとします。本作は超能力少女を描いたSFホラー映画で、アメリカでは批評家から高い評価を受け、超能力少女を演じたレキシー・コルカーの演技は絶賛されました。”Freak”(フリーク)とは「奇形、突然変異、変わり者」などの意味で、映画内では不思議な能力を持ち社会から危険者扱いされる人たちを表します。
監督:ザック・リポフスキー 出演:レキシー・コルカー(クロエ)、エミール・ハーシュ(クロエの父ヘンリー)、ブルース・ダーン(クロエの祖父アラン)、アマンダ・クルー(クロエの母メアリー)、グレース・パク(レイ)、ほか

「ブレッドウィナー」のネタバレあらすじ結末

ブレッドウィナーの紹介:2017年アイルランド,カナダ,ルクセンブルク映画。2001年タリバン政権下のアフガニスタン、カブールでは女性は男性同伴でないと外出を許さないなど、女性の生活に多くの制約がありました。11歳の少女パヴァーナは父をタリバンに連れ去られ、生きのびるために髪の毛を切り少年の姿になり家族のための食料を買いに行きます。そして愛する父を助けるために刑務所に向かいますが、9月11日のアメリカ同時多発テロへの報復としてアメリカ軍によるタリバン攻撃が始まります。『ブレッドウィナー』は、世界的ベストセラーになった小説のアニメ映画化作品。アンジェリーナ・ジョリーが制作に関わり、アジアの貧しい子どもたちの状況を伝えたい彼女の熱意が伝わります。11歳の子供が主人公とはいえ、日本とはあまりにも違うタリバン支配下のアフガニスタンの状況を、小さな子供では理解できないかもしれません。忘れ去られた戦争であるアフガニスタンについて大人が勉強するのにいい映画です。”BreadWinner”とは Bread(パン) Winner(勝ち取る人)、一家の大黒柱のことです。
監督:ノラ・トゥーミー 声優:サラ・チャウドリー(パヴァーナ)ソーマ・バティア(ショーツィア/デラワ)アリ・バドシャー(父、ヌルラ)、シャーイスタ・ラティフ(姉、ソラヤ)、ラーラ・ザディク(母、ファティマ)、ほか

「フェリシーと夢のトウシューズ」のネタバレあらすじ結末

フェリシーと夢のトウシューズの紹介:2016年フランス,カナダ映画。孤児院を拭け出して夢のパリにやって来たダンスの大好きなフェリシー、オペラ座のバレリーナを目指して奮闘が始まる。
監督:エリック・スーメ エリック・ヴァラン 声の出演:エル・ファニング(フェリシー)、デイン・デハーン(ヴィクター)、マディ・ジーグラー(カミーユ)、カーリー・レイ・ジェプセン(オデット)、テレンス・スキャメル(メラントゥ)、タミール・カペリアン(マティー)、ジュリー・カーナー(ル・オー夫人)、ほか

「ZMフォース ゾンビ虐殺部隊」のネタバレあらすじ結末

ZMフォース ゾンビ虐殺部隊の紹介:2013年イタリア,アメリカ,ドイツ,カナダ映画。ルーマニアで実施した細菌実験によりゾンビ化した街を核爆弾で破壊せよという指令を受けたジャックら4人は、原子炉施設に向かいますが、実はこれは罠だったという、アクションシューティングゲーム『Zombie Massacre』の実写映画化です。
監督:マルコ・リストーリ、ルカ・ボニ 出演者:クリスチャン・ボービング(ジャック・ストーン)、マイク・ミッチェル(ジョン・マッケラン)、タラ・カーディナル(イーデン・シズカ)、アイビー・コービン(サム・ニューマン)、カール・ウォートン(カーター将軍)ほか

「TEST10 テスト10」のネタバレあらすじ結末

TEST10 テスト10の紹介:2011年アメリカ,カナダ映画。高額の報酬につられて治験に参加したグレッグでしたが、日を追うごとに自分以外が変貌していく治験者たちを見て、治験をやめようとしますが、薬がなくては生きていけなくなった治験者たちが博士の言うとおりに動くようになっていました…という内容の、ゾンビ映画のテイストを持ったスリラー映画です。
監督:エリック・ワーセンバーグ 出演者:トラビス・バン・ウィンクル(グレッグ)、トリシア・ヘルファー(ウィルコックス博士)、ジョン・ブレガー(ロブ)、マーセア・モンロー(ステイシー)、リク・ヤング(ナイジェル)、ジョー・ビングー(アーロン)ほか

「(r)adius ラディウス」のネタバレあらすじ結末

(r)adius ラディウスの紹介:2017年カナダ映画。記憶をなくしてしまったリアムは自身の周りで不可解な死が多発していることに気づく。彼を中心に半径15メートルに近寄ったものは死んでしまうのである。彼の力の及ばない助成ローズと出会うが…。
監督:カロリーヌ・ラブレシュ、スティーヴ・レオナール 出演:ディエゴ・クラテンホフ(リアム)、シャーロット・サリヴァン(ジェーン)、ブレット・ドナヒュー(サム)、ほか

「マキシマム・ブラッド」のネタバレあらすじ結末

マキシマム・ブラッドの紹介:2014年カナダ映画。フィリピンを舞台にしたヴァンダムお得意のアクション映画。内容はシリアスで、腎臓移植をモチーフとした贖罪の物語となっている。原題の”Pound of Flesh”は、シェイクスピアの「ベニスの商人」に基づいたもの。
監督:アーニー・バーバラッシュ 出演:ジャン=クロード・ヴァンダム(ディーコン)、ジョン・ラルストン(ジョージ)、アキ・アレオン(カン)、ダーレン・シャラヴィ(ドレイク)、シャーロッテ・ピーターズ(アナ・ライリー)、ほか

1 2 3 4 5 15

キーワードから探す

TOP↑