カナダ映画一覧

カナダ映画のネタバレあらすじ一覧です。おすすめカナダ映画から、最新映画まで様々なジャンルのカナダ映画を紹介しています。

「目撃者 彼女が見たもの」のネタバレあらすじ結末

目撃者 彼女が見たものの紹介:2017年カナダ映画。父と婚約者を殺害された富豪の女性と、無実を訴え脱獄してきた殺害犯。緊迫する状況の中で2人が事件の真相にたどり着くまでを描いたサスペンス。
監督:アンドリュー・C・エリン 出演:リンディ・ブース(ダイアナ)、クレイグ・オレジニク(ルイス)、ジョン・マクラーレン(クリス)、アレクシス・メイトランド(トゥルーディ)、トーマス・チョヴァネック(マーティン)、ほか

「さよなら、退屈なレオニー」のネタバレあらすじ結末

さよなら、退屈なレオニーの紹介:2018年カナダ映画。やりたいことが見つからず全てにいら立つ17歳の少女が、葛藤しながら自分の進む道を模索していく。監督はカンヌ映画祭やトロント国際映画祭でも受賞経験のあるカナダの新鋭セバスティアン・ピロット。
監督:セバスティアン・ピロット 出演:カレル・トランブレ(レオニー)、ピエール=リュック・ブリヤン(スティーヴ)、フランソワ・パピノ、マリー=フランス・マルコット、リュック・ピカール、ほか

「キラー・ゴッド」のネタバレあらすじ結末

キラー・ゴッドの紹介:2010年カナダ映画。カナダのエルキン島で。バリ島の魔術を研究するルーファスが、自分の作った祭壇の前で死んでいました。唯一の身内である孫娘のエルキンが島にやって来ます。警官のゴードは調査に乗り出すと、ルーファスの死体から放射能が検出され、裏に陰謀が動いている事に気づきはじめ…という内容のホラー映画です。ホラーの中にミステリーとサスペンス要素が詰め込まれた作品です。
監督:スタッシュ・ラドワンスキー・Jr 出演者:フランク・J・ズパンシック (ゴード・クーパー)、ヴァージニア・レイフ(エルキン)、サマンサ・ブラウン(ジニー)、ピーター・ヒギンソン(ヴァンビーク)、ほか

「ストックホルム・ケース」のネタバレあらすじ結末

ストックホルム・ケースの紹介:2018年カナダ,スウェーデン映画。ストックホルム症候群とは、誘拐事件や監禁事件の被害者が、犯人と長い時間を共にすることにより、犯人に過度の連帯感や好意的な感情を抱く現象。本作は、この言葉の由来となった1973年に実際に起きた事件を、スリリングかつユーモラスに描いている。主演はマルチに活躍する演技派イーサン・ホーク。そのホークが伝説的なジャズのトランペット奏者チェット・ベイカーを演じた『ブルーに生まれついて』(2015年)のロバート・バドロー監督と再びタッグを組み、犯人ラースを魅力的に演じている。
監督・脚本・製作:ロバート・バドロー キャスト:イーサン・ホーク(ラース)、ノオミ・ラパス(ビアンカ)、マーク・ストロング(グンナー)、ビー・サントス(クララ)、クリストファー・ハイアーダール(マットソン)、マーク・レンドール(エロヴ)、イアン・マシューズ(ハルステン)ほか

「絶叫のオペラ座へようこそ」のネタバレあらすじ結末

絶叫のオペラ座へようこその紹介:2014年カナダ映画。カミラが幼い頃、舞台女優だった母は『オペラ座のたたり』の舞台が終わった後、仮面の殺人鬼に惨殺されました。10年後、俳優養成学校の調理係として働くカミラは、養成学校で『オペラ座のたたり』を公演することを知り、ヒロイン役のオーデションを受けることになります。やがて公演が始まると、再び仮面の殺人鬼が現れ、悪夢の惨劇が始まります…という内容のミュージカルスラッシャー映画です。80年代そのままのスラッシャー映画をミュージカルにしたような作品です。
監督:ジェローム・セーブル 出演者:ミニー・ドライヴァー(カイリー)、アリー・マクドナルド(カミラ)、ミート・ローフ(ロジャー)、ダグラス・スミス(バディ)ほか

「ディア・グランパ 幸せを拾った日」のネタバレあらすじ結末

ディア・グランパ 幸せを拾った日の紹介:2018年カナダ, アメリカ映画。息子の学費のために長らく無視していた父親に連絡をしたローラ。息子と父親を車に乗せロサンゼルスへの旅が始まると、息子と父親は彼女の知らぬ間に秘密を作り親しくなっていく、その行き着く先は?
監督:シャナ・フェステ 出演者:ヴェラ・ファーミガ(ローラ)、クリストファー・プラマー(ジャック)、ルイス・マクドゥーガル(ヘンリー)、クリストファー・ロイド(スタンリー)、クリステン・シャール(ローラの妹)、ボビー・カナヴェイル(レナード)、ヤヒヤ・アブドゥル=マティーン 2世、ピーター・フォンダ、ドリー・ウェルス(ソフィア)、ライアン・ロビンズ、ほか

「ミッシング・リンク 英国紳士と秘密の相棒」のネタバレあらすじ結末

ミッシング・リンク 英国紳士と秘密の相棒の紹介:2019年カナダ,アメリカ映画。風変わりな英国紳士ライオネルは、冒険をしてミッシング・リンクを見つけようとします。彼はアメリカで伝説の生き物ビッグフットに出会い、伝説の谷シャングリラへ向かうことになります。孤独に暮らすビッグフットの願いは、そこで同じ種族に会うことですが、うまくいくのでしょうか?『ミッシング・リンク 英国紳士と秘密の相棒』は、19世紀のイギリス貴族と謎の生物ビッグフットとの友情と冒険を描いた長編アニメ映画です。
監督:クリス・バトラー 声優:ヒュー・ジャックマン(ライオネル・フロスト卿)、ザック・ガリフィナーキス(Mr.リンク/スーザン)、ゾーイ・サルダナ(アデリーナ・フォートナイト)、エマ・トンプソン(長老)、マット・ルーカス(Mr.コリック)、スティーヴン・フライ(ピゴット・ダンスビー卿)、ティモシー・オリファント(ウィラード・ステンク)、ほか

「ラスト・パニッシャー」のネタバレあらすじ結末

ラスト・パニッシャーの紹介:2019年カナダ,アメリカ映画。ギャングのボスの身代わりで刑務所に入っていたフランキーが、重度の不眠症の病気で刑期を待たず19年間服役して出所してきます。服役と引き換えに45万ドルの金をもらっていたフランキーでしたが、息子のジョーイと再会すると、自分を裏切った組織の人間に復讐するために動きはじめ…という内容のニコラス・ケイジ主演のサスペンスアクション映画です。不眠症による幻覚症状や後半の想わぬ種明かしなど、ホラー映画要素も含んだ作品です。
監督:ショーン・クー 出演者:ニコラス・ケイジ(フランク/フランキー)、ノア・ル・グロ(ジョーイ)、ベンジャミン・ブラット(Q/クエンティン)、カロリーナ・ヴィドラ(シモーヌ/ジェニファー)、モハメド・カリム(ジミー)、イアン・トレイシー(タンク)ほか

「底なしの世界」のネタバレあらすじ結末

底なしの世界の紹介:2017年アメリカ, カナダ映画。新天地を目指して車を走らせるアレックスとスカーレット。しかし、ある町で一夜を過ごした後、不可解な出来事が彼らを襲う。果たしてどこまでが夢で何が真実なのか。
監督:リチャード・シアーズ 出演者:ジェナ・マローン(スカーレット)、ダグラス・スミス(アレックス)、テッド・レヴィン、タマラ・ドゥアルテ(ペイジ)、ケリー・ペンディグラフト、ほか

「テリトリーズ」のネタバレあらすじ結末

テリトリーズの紹介:2010年フランス,カナダ映画。カナダからの結婚式の帰り、正規のルートを通らずに国境を越えようとしたジャイルら5人の若者は、国境警備員と名乗る二人の男の検問にあいます。しかし麻薬を持っていたのが見つかり、さらに反撃した一人が射殺され4人は森の中で監禁され…という内容の理由もわからず監禁、拷問される不条理ホラー映画です。
監督:オリヴィエ・アブー 出演者:ロック・ラフォーチュン(サム)、ショーン・ディヴァイン(ウォルター)、クリスティーナ・ロサート(ミシェル)、マイケル・マンドゥ(ジャイル)、ニコール・ルロー(レスリー)、アレクサンドル・ウィーナー(トム)、ヴラスタ・ヴラナ(ホワイト)、スティーヴン・シェレン(ブローティガン)ほか

「ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった」のネタバレあらすじ結末

ザ・バンド かつて僕らは兄弟だったの紹介:2019年カナダ,アメリカ映画。ザ・バンドは1960−70年代を中心に世界中の若者を熱狂させました。ブルース・スプリングスティーンやエリック・クラプトンなどの大物歌手もザ・バンドのファンです。『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』は、メンバーのロビー・ロバートソンがインタビュー形式で彼の少年時代からザ・バンドの最盛期を中心に語るドキュメンタリー映画です。
監督:ダニエル・ロアー 出演:ザ・バンド、ロビー・ロバートソン、レヴォン・ヘルム、リック・ダンコ、リチャード・マニュエル、ガース・ハドソン、マーティン・スコセッシ、ボブ・ディラン、ブルース・スプリングスティーン、エリック・クラプトン、ロニー・ホーキンス、ヴァン・モリソン、ピーター・ガブリエル、タジ・マハール、ジョージ・ハリソン、ほか

「プライス 戦慄の報酬」のネタバレあらすじ結末

プライス 戦慄の報酬の紹介:2019年カナダ,ニュージーランド,アイルランド,アメリカ映画。30年もの間疎遠となっていた父親と再会を果たした主人公が、奇妙な事件に徐々に巻き込まれていく様を描いた作品。「ロードオブザリング」シリーズで一躍人気スターとなったイライジャ・ウッドが主役を演じています。
監督:アント・ティンプソン 出演:イライジャ・ウッド(ノーヴァル)、スティーヴン・マクハティ(ゴードン)、マーティン・ドノヴァン(ブライアン)、マイケル・スマイリー、マドレーヌ・サミ、ほか

「ハッピー・シェフ! 恋するライバル」のネタバレあらすじ結末

ハッピー・シェフ! 恋するライバルの紹介:2018年カナダ,アメリカ映画。かつてはピザ店を共同経営していたものの、父親同士のいさかいで決裂した2家族が再び結束し、想いを寄せ合うそれぞれの子の恋の行方を描いたロマンティック・コメディ。
監督:ドナルド・ペトリ 出演:エマ・ロバーツ(ニッキー)、ヘイデン・クリステンセン(レオ・カンポリ)、アリッサ・ミラノ(ドーラ・アンジョリ)、アダム・フェラーラ(サル)、ゲイリー・バサラバ(ヴィンス)、ダニー・アイエロ(カルロ)、アンドレア・マーティン(フランカ)、ほか

「マティアス&マキシム」のネタバレあらすじ結末

マティアス&マキシムの紹介:2019年カナダ,フランス映画。友情なのか、恋なのか…。湧きおこる感情に戸惑う幼なじみの青年マティアスとマキシム。そのマキシムを演じ、この映画の監督、脚本からプロデューサーまでこなすのは、カナダの俳優であり映画監督のグザヴィエ・ドラン。ヴェネツィアやカンヌ国際映画祭での受賞歴もある若きカリスマが、地元ケベックを舞台に撮った純粋なラブストーリーだ。マティアスに少なからず影響を与える弁護士役で、ハリス・ディキンソン(『マレフィセント2』フィリップ王子役)が出演している。
監督・脚本・編集・衣装・プロデューサー:グザヴィエ・ドラン キャスト:ガブリエル・ダルメイダ・フレイタス(マティアス)、グザヴィエ・ドラン(マキシム)、ピア・リュック・ファンク(リヴェット)、サミュエル・ゴティエ(フランク)、アントワン・ピロン(ブラス)、アディブ・アルクハリデイ(シャリフ)、ハリス・ディキンソン(ケヴィン)、アンヌ・ドルヴァル(マノン)、ミシュリーヌ・バーナード(フランシーヌ)、キャサリン・ブルネット(リサ)、マリリン・カストンゲイ(サラ)ほか

「スリー・キラーズ」のネタバレあらすじ結末

スリー・キラーズの紹介:2016年カナダ映画。屋敷で目覚めたチーは血まみれでした。リビングに降りると男が襲ってきて、女もやって来ました。チーは何者かに支配され、3人による殺し合いのゲームに参加させられていることに気づきます。やがて記憶が蘇ってくると、ゲームの内容を思い出しゲームを終わらせようとしますが…という内容のシチュエーションスリラーです。
監督:ディン・ワン 出演者:ドージー・スオナン(チー)、クロエ・メルセデス(クリスティーン)、ピカルディ・ジャン=ピエール(レイノ)、ほか

1 2 3 4 5 17

キーワードから探す

TOP↑