カナダ映画一覧

カナダ映画のネタバレあらすじ一覧です。おすすめカナダ映画から、最新映画まで様々なジャンルのカナダ映画を紹介しています。

「ザ・キーパー [監禁]」のネタバレあらすじ結末

ザ・キーパー [監禁]の紹介:2003年カナダ, イギリス映画。暴漢に襲われたストリッパーのジーナは病院での取り調べ後、クレブス警部補のパトカーで帰宅中にそのまま自宅に拉致監禁されます。クレブスが暴漢だったのか?クレブスの狙いはなんなのか?ラスト近くまで真相がわからないサスペンス映画です。名優デニス・ホッパーの怪演が光っています。
監督:ポール・リンチ 出演者:デニス・ホッパー(クレブス)、アーシア・アルジェント(ジーナ)、ロックリン・マンロー(バーンズ)、ヘレン・シェイバー(ルーシー)ほか

「ロスト・ボーイ 死霊の館」のネタバレあらすじ結末

ロスト・ボーイ 死霊の館の紹介:2008年カナダ映画。一人息子を車の事故で植物人間にしてしまったハンナは、夫のグラハムと生まれ故郷の田舎の古い家に引っ越してきました。しかしその家で、子供の霊を見るようになり、隣の老夫婦から昔子供が失踪したと聞かされます。この家で何があったのか?という内容のオカルトミステリーホラー映画です。
監督:メラニー・オア 出演者:フェアルーザ・バーク(ハンナ)、グレッグ・ブリック(グラハム)、ジョーン・グレッグソン(リンダ)、ウォルター・ラーニング(テッド)、ディラン・オーサーズ(ダニエル・ジェンキンス)ほか

「デモニック」のネタバレあらすじ結末

デモニックの紹介:2021年カナダ映画。『第9地区』『チャッピー』などを世に送り出してきたニール・ブロムカンプによる異色のSFスリラーです。過去に凶悪犯罪を起こし、その後昏睡状態に陥った母の真相を探るため、娘はアバターとして母の意識と同期したバーチャル空間へと潜り込むのですが…。
監督:ニール・ブロムカンプ 出演者:カーリー・ポープ(カーリー)、クリス・ウィリアム・マーティン(マーティン)、マイケル・J・ロジャース(マイケル)、ナタリー・ボレット(アンジェラ)、テリー・チェン(ダニエル)、カンディーズ・マクルーア(サム)ほか

「シラノ」のネタバレあらすじ結末

シラノの紹介:2021年イギリス, アメリカ, カナダ映画。1897年にパリで初演となり、以降舞台や映画等数々の形で作品となった、エドモン・ロスタンの戯曲「シラノ・ド・ベルジュラック」。他の男を愛する女を深く愛し、それを成就させるために動いた主人公シラノの悲哀を描いています。不朽の名作を見事に再現したミュージカル映画。
監督:ジョー・ライト 出演:ピーター・ディンクレイジ(シラノ)、ヘイリー・ベネット(ロクサーヌ)、ケルビン・ハリソン・Jr.(クリスチャン)、ベン・メンデルソーン(ド・ギーシュ)、ほか

「パウ・パトロール ザ・ムービー」のネタバレあらすじ結末

パウ・パトロール ザ・ムービーの紹介:2021年アメリカ, カナダ映画。アメリカ・カナダの合作による3DCGテレビアニメーション『パウ・パトロール』の劇場版作品です。人間の少年と様々な個性を持った子犬たちからなる混成チーム「パウ・パトロール」が大都会アドベンチャー・シティの存亡をかけて奮闘する姿を描きます。
監督:カル・ブランカー 声優:ウィル・ブリスビン(ケント)、イアン・アーミテージ(チェイス)、キングスレー・マーシャル(マーシャル)、リリー・バートラム(スカイ)、キーガン・ヘドレイ(ラブル)、カラム・ショニカー(ロッキー)、シャイル・シモンズ(ズーマ)、ロン・パード(ライバール)、マルサイ・マーティン(リバティ)、ヤラ・シャヒディ(ケンドラ・ウィルソン)、キム・カーダシアン・ウェスト(デロレス)、ランドール・パーク(バッチ)、ダックス・シェパード(ルーベン)、タイラー・ペリー(ガス)、ジミー・キンメル(マーティ・マックレーカー)ほか

「ポゼッサー」のネタバレあらすじ結末

ポゼッサーの紹介:2020年イギリス, カナダ映画。タシャは人間の意識に乗り込みその人格をコントロールしてターゲットを殺害後、乗っ取った人物を自殺させる暗殺者。しかし、彼女は家族と時間を過ごせないことに悩み始めます。ある日、タシャはコリンの意識に乗り込み暗殺を実行しようとしますが、うまく行かずコリンの本当の意識との闘争が起こります。『ポセッサー』は暗殺者の葛藤を描いたサイコスリラー映画です。
監督:ブランドン・クローネンバーグ 出演:アンドレア・ライズボロー(タシャ・ヴォス)、クリストファー・アボット(コリン・テイト)、ロッシフ・サザーランド(マイケル・ヴォス)、タペンス・ミドルトン(エヴァ・パース)、ショーン・ビーン(ジョン・パース)、ジェニファー・ジェイソン・リー(ガーダー)、ほか

「灼熱の魂」のネタバレあらすじ結末

灼熱の魂の紹介:2010年カナダ, フランス映画。『ボーダーライン』『メッセージ』などで知られるドゥニ・ヴィルヌーヴ監督の出世作。ワジディ・ムアワッドの戯曲『焼け焦げるたましい』の映画化で、『オイディプス王』にも似た運命の悲劇をカットバックを駆使して描いている。
監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ 出演:ルブナ・アザバル(ナワル・マルワン)、メリッサ・デゾルモー=プーラン(ジャンヌ・マルワン)、マクシム・ゴーデット(シモン・マルワン)、レミ・ジラール(ジャン・ルベル)、アブデル・ガフール・エラージズ(アブ・タレク)、アレン・アルトマン(ノタリ・マッダード)、ほか

「コーダ あいのうた」のネタバレあらすじ結末

コーダ あいのうたの紹介:2021年アメリカ,フランス,カナダ映画。マサチューセッツ州の漁港をかかえた小さな町に暮らす高校生のルビー。両親と兄の4人家族の中でひとりだけ耳が聞こえるため、家族の通訳係として、家業である漁業を毎日欠かさず手伝っていた。新学期が始まると、ルビーは秘かに憧れるクラスメイトのマイルズと同じ合唱クラブを選択。すると顧問のヴィラロボス先生がルビーの才能に気付き、都会の名門音楽大学バークリーを受験するよう強く勧める。しかし、ルビーの歌声を聞くことができない両親は娘の才能を信じられず、家業のほうが大事だと猛反対。夢を諦め家族を選んだルビーだったが、父は思いがけない方法で娘の才能に触れ、意外な決断をする。原題の『CODA』とはChild of Deaf Adultsの略語で、聾者の親を持つ子どもという意味。また、楽曲の終わりを表す音楽記号のことでもあり、次の章が始まる意味を持つ。2022年のアカデミー賞で最高賞である作品賞を受賞。家族の熱く美しい絆の感動作。
監督:シアン・ヘダー 出演:エミリア・ジョーンズ(ルビー・ロッシ)、トロイ・コッツァー(フランク・ロッシ)、マーリー・マトリン(ジャッキー・ロッシ)、ダニエル・デュラント(レオ・ロッシ)、フェルディア・ウォルシュ=ピーロ(マイルズ)、エウヘニオ・デルベス(ベルナルド・ヴィラロボス/V)ほか

「クライモリ(2021年)」のネタバレあらすじ結末

クライモリの紹介:2021年アメリカ,ドイツ,カナダ,イギリス映画。2003年に公開された同名ホラー映画を、現代版にリブートしたのが本作です。行方不明になった娘を探す父親が、やがてその秘密に近づいていき、恐ろしい現実を目の当たりにします。リメイク前よりもよりパワーアップした映像に注目です。
監督:マイク・P・ネルソン 出演: シャルロッテ・ベガ(ジェン)、アダイン・ブラッドリー(ダリウス)、ビル・セイジ(ヴェナブル)、エマ・デュモン(ミラ)、ディラン・マクティー(アダム)、デイジー・ヘッド(イーディス)、マシュー・モディーン(スコット)、ほか

「パワー・オブ・ザ・ドッグ」のネタバレあらすじ結末

パワー・オブ・ザ・ドッグの紹介:2021年アメリカ,イギリス,ニュージーランド,カナダ,オーストラリア映画。1920年代のモンタナ州。カリスマ的存在と威圧的な態度で周囲から恐れられている牧場主フィル・バーバンクと、対照的に地味な弟ジョージのバーバンク兄弟。ある日、ジョージが未亡人ローズと結婚することになり、その息子を連れて家に越してくることになった。しかしフィルは2人に対して執拗な攻撃を仕掛け、ひどい仕打ちを重ねる。人間関係のバランスが崩れていく中で、やがてフィルは自分の中にある感情を知っていく。
監督:ジェーン・カンピオン 出演:ベネディクト・カンバーバッチ(フィル・バーバンク)、キルスティン・ダンスト(ローズ・ゴードン)、ジェシー・プレモンス(ジョージ・バーバンク)、コディ・スミット=マクフィー(ピーター・ゴードン)、トーマサイン・マッケンジー(ローラ)、ジェネヴィエーヴ・レモン(ミセス・ルイス)、キース・キャラダイン(エドワード)、フランセス・コンロイ(老婦人)、ピーター・キャロル(老紳士)、アダム・ビーチ(エッドワード・ナッポ)ほか

「ホームタウン・ラブ」のネタバレあらすじ結末

ホームタウン・ラブの紹介:2020年カナダ映画。都会でインテリアデザイナーを目指して働くヒロインが、故郷で実家の宿が窮地に陥っていることを知り、改修を手掛けるうちに自分の本当の居場所に気づくまでを描いたハートウォーミング・ムービー。島の美しい情景にも心が癒される作品。
監督:ルーシー・ゲスト 出演:マーカス・ロズナー、モーガン・コーハン、ブレンダ・マシューズ、エマ・キャム、ジェフ・ゴネック、ほか

「ハピエスト・ホリデー 私たちのカミングアウト」のネタバレあらすじ結末

ハピエスト・ホリデー 私たちのカミングアウトの紹介:2020年カナダ, アメリカ映画。「トワイライト」シリーズのクリステン・スチュワートがレズビアンのカップル役を演じたラブ・ストーリー。クリスマス休暇に恋人ハーパーの実家に誘われたアビーだったが、保守的な家族はそれぞれ問題をかかえていた…。
監督:クレア・デユヴァル 出演:クリステン・スチュワート、マッケンジー・デイヴィス、メアリー・スティーンバージェン、ヴィクター・ガーバー 、ほか

「ピース・オブ・ケイク グランマのレシピ」のネタバレあらすじ結末

ピース・オブ・ケイク グランマのレシピの紹介:2020年カナダ映画。祖母から引き継いだ創業65年の店を、伝統にこだわりながら続けてきたヒロインが、1人のシングルファーザーに出会って愛をはぐくむと同時に、新たな可能性に目を向けるようになるまでを描いた、ハートフルムービー。
監督:デイビット・I・シュトラッサー 出演:リンジー・ゴート、グレイストン・ホルト、ジュリア・ベンソン、リンゼイ・ウィンチ、ミラ・ジョーンズ、ほか

「フォーリング 50年間の想い出」のネタバレあらすじ結末

フォーリング 50年間の想い出の紹介:2020年カナダ,イギリス映画。認知症を抱える父ウィリスが引退後の住まいを探すために息子ジョンのもとを訪れた。思春期の頃から保守的で口の悪いウィリスと溝があり、言葉にできなかった喜びや悲しみ、愛情や怒りを互いにぶつけ合い人生の意味を確かめようとする。不器用な父と繊細な息子。やがてジョンは父の秘めた思いに気付いていく。3度のアカデミー賞にノミネートされた経験を持つ名優ヴィゴ・モーテンセンの初監督作品。自身の親子関係を反映した半自伝的な物語。
監督:ヴィゴ・モーテンセン 出演:ランス・ヘンリクセン(75歳時のウィリス)、ヴィゴ・モーテンセン(50歳時のジョン)、スヴェリル・グドナソン(23~43歳時のウィリス)、ローラ・リニー(サラ)、テリー・チェン(エリック)、ハンナ・グロス(グウェン)、ブラッケン・バーンズ(ジル)、ガビー・ヴェリス(モニカ)ほか

「ウィロビー家の子どもたち」のネタバレあらすじ結末

ウィロビー家の子どもたちの紹介:2020年カナダ映画。先祖代々受け継がれるお屋敷に生まれたティムとジェーンと双子のバーナビー。両親は育児放棄をして、子供たちに一切興味を示しません。いっそ孤児になって自由になりたいと考えた子供たちは、生きては帰れない危険地帯の世界旅行を計画し、両親が行きたくなるように仕向けます。まんまと作戦に引っかかった両親たちが旅行に行っている間、ティムたちは自由を楽しみ、両親とは性格が全く違うナニーと出会います。家族の愛とは何かが問われるアニメーション映画。髪の毛を毛糸で表現するなど、キュートな映像が楽しめる作品です。
監督:クリス・パーン、Cory Evans、Rob Lodermeier 出演: ウィル・フォーテ(ティム)、アレッシア・カーラ(ジェーン)、Seán Cullen(バーナビーA・B)、マーヤ・ルドルフ(ナニー)、テリー・クルーズ(メラノフ)、リッキー・・ジャーヴェイス(猫)、マーティン・ショート(父親)、ジェーン・クラコウスキー(母親)、ほか

1 2 3 4 5 20

キーワードから探す

TOP↑