カナダ映画一覧

カナダ映画のネタバレあらすじ一覧です。おすすめカナダ映画から、最新映画まで様々なジャンルのカナダ映画を紹介しています。

「ライフ・イズ・シネマ」のネタバレあらすじ結末

ライフ・イズ・シネマの紹介:2016年カナダ映画。ミラノ万博の余りものを使って無料で料理を提供するレストランを通して、食品ロス問題、料理をする事によって生まれる雇用、世界規模の食糧の不均衡について考えるドキュメンタリー映画。
監督:ピーター・スヴァテク 出演:マッシモ・ボットゥーラ、ヴィヴィアナ・ヴァレーズ、フェラン・アドリア、デヴィット・ヘルツ、ジェレミー・チャールズ

「ヴィクとフロ 熊に会う」のネタバレあらすじ結末

ヴィクとフロ 熊に会うの紹介:2013年カナダ映画。刑務所を出所した2人の女が、偏見や過去の因縁によって悲惨な結末を迎えるまでを描いたカナダ映画。ベルリン国際映画祭でアルフレッド・バウアー賞を受賞した作品。
監督:ドゥニ・コーテ 出演:ピエレット・ロビタイユ、ロマーヌ・ボーランジェ、マルク=アンドレ・グロンダン、マリー・ブラッサール、オリヴィエ・オーバン、ほか

「ミッドウェイ」のネタバレあらすじ結末

ミッドウェイの紹介:2019年アメリカ,中国,香港,カナダ映画。1941年の日本軍による奇襲、真珠湾(パールハーバー)攻撃。日本軍は山本五十六の命により、アメリカ太平洋艦隊に先制攻撃を仕掛けた。大打撃を受けたアメリカ海軍は、新たにニミッツ大将を指揮官に選任。日本本土の爆撃に成功したアメリカ軍の脅威を感じた日本軍は大戦力を投入した次なる戦いを計画する。その後、日本軍の暗号解読など情報戦に注力したアメリカ軍はその目的地を“ミッドウェイ”と分析し、限られた全戦力を集中させて逆襲に勝負をかける。未曾有の戦いとなった第二次世界大戦の中でも、歴史を左右するターニングポイントとなったミッドウェイ海戦を20年に及ぶリサーチと新たに発見された日本軍側の資料をもとに両軍に敬意を捧げて史実を再現。度肝を抜く一大スペクタクル映像もみどころ。
監督:ローランド・エメリッヒ 出演:エド・スクライン(ディック・ベスト)、パトリック・ウィルソン(エドウィン・レイトン)、ルーク・エヴァンス(ウェリド・マクラスキー)、アーロン・エッカート(ジミー・ドゥーリトル)、豊川悦司(山本五十六)、浅野忠信(山口多聞)、國村隼(南雲忠一)、ニック・ジョナス(ブルーノ・ガイド)、ルーク・クラインタンク(クラレンス・ディキンソン)、ダレン・クリス(ユージン・リンゼー)、キーアン・ジョンソン(ジェームズ・マレー)、マンディ・ムーア(アン・ベスト)、デニス・クエイド(ウィリアム・ハルゼー)、ウディ・ハレルソン(チェスター・W・ニミッツ)ほか

「アントラム 史上最も呪われた映画」のネタバレあらすじ結末

アントラム 史上最も呪われた映画の紹介:2018年カナダ映画。「この映画を見たら死ぬ」おぞましく警告された映画『アントラム』は1970年代に製作され、謎の死を遂げたり、火災により多数の人が犠牲になったとされるいわく付きの映画で、消失してしまいます。それを見つけた者がついにその封印を解き上映するという話です。
監督:マイケル・ライシーニ、デヴィッド・アミト 出演:ニコール・トンプキンス、ローワン・スミス、サーカス=サレフスキ、ダン・イストラーテ、シュー・サキモト、クリステル・エリング、ほか

「キミに逢えたら!」のネタバレあらすじ結末

キミに逢えたら!の紹介:2008年カナダ映画。彼女に振られたバンドマンのニックが音楽を通してノラと出会い、音楽によって導かれる青春ラブコメディ映画です。
監督:ピーター・ソレット 出演:マイケル・サラ(ニック)、カット・デニングス(ノラ)、アレクシス・ジーナ(トリス)、アリ・グレイナー(キャロライン)、ジェイ・バルシェル(タル)、ほか

「テラー・トレイン(1980年)」のネタバレあらすじ結末

テラー・トレインの紹介:1980年カナダ,アメリカ映画。大学のサークルのパーティで、内気で奥手な学生ケニーを、ケニーが好意を寄せている女学生エレイナを使ってベッドインさせ、本物の死体と寝かせます。このことで精神病院へ行くとになったケニー。3年後、卒業記念パーティで列車を借り切ったエレイナらのサークルへ、復讐の為にケニーが乗り込んできました…という内容の、80年代の定番パターンのスラッシャーホラー映画です。80年代スクリーミング女優と呼ばれたジェイミー・リー・カーティスがヒロインとして出演しています。
監督:ロジャー・スポティスウッド 出演者:ベン・ジョンソン(カーン)、ジェイミー・リー・カーティス(エレイナ)、ハート・ボックナー(ドック)、デヴィッド・コパーフィールド(マジシャン/ケン)、デレク・マッキノン(ケニー)、サンディー・カリー(ミッチー)、ティモシー・ウェッバー(モー)、アンソニー・シャーウッド(ジャック)ほか

「ランブル 音楽界を揺るがしたインディアンたち」のネタバレあらすじ結末

ランブル 音楽界を揺るがしたインディアンたちの紹介:2017年カナダ映画。世界中から移民が集まるアメリカはその音楽も多様です。ジャズ、ロック、ブルース、ラップなどの音楽ジャンルは世界中にファンがいます。しかし、アメリカ大陸の先住民(インディアン)がアメリカ音楽文化の形成に大きな影響を与えたことは知られていません。本作はアメリカにおける音楽の成立にアメリカ先住民の与えた影響を解説しています。リング・レイ、ジミー・ヘンドリックスなどの伝説的ミュージシャンの貴重な映像に加え、マーティン・スコセッシやトニー・ベネットなど、アメリカ映画界、音楽界の著名人がインタビューに参加しアメリカ先住民とアメリカ音楽への影響について語ります。
監督:キャサリン・ベインブリッジ、アルフォンソ・マイオナラ 出演:リンク・レイ、チャーリー・パトン、ミルドレッド・ベイリー、バフィ・セント・マリー、ジミ・ヘンドリックス、ロビー・ロバートソン、ジェシ・エド・ディヴィス、レッド・ボーン、ランディ・カスティーヨ、タブー(ブラック・アイド・ビーズ)マーティン・スコセッシ、クインシー・ジョーンズ、スティーヴン・タイラー、スティーヴン・ヴァン・ザンド、イギー・ホップ、トニー・ベネット、ジョージ・クリントン、スラッシュ(ガンズ・アンド・ローゼス)テイラー・ホーキンズ(フー・ファイターズ)ジャクソン・ブラウン、ウェイン・クレイマー(MC5)、マーキー・ラモーン(ラモーンズ)ほか

「昼下がりの甘いパイ」のネタバレあらすじ結末

昼下がりの甘いパイの紹介:2020年カナダ映画。亡くした夫の”やりたいことリスト”を実行していた女性が妻を亡くした医師と出会い、戸惑いながらも人生の次へのステップに踏み出すまでを描いた大人のラブ・ストーリー。
監督:モニカ・ミッチェル 出演:ジュエル・ステイト(サラ)、トラヴィス・ミルン(ライアン)、ステファニー・ベネット(マギー)、クリス・マクナリー(テディ)、ほか

「アンシーン/見えざる者」のネタバレあらすじ結末

アンシーン/見えざる者の紹介:2016年カナダ映画。体が徐々に透明になる病気になったボブは一人暮らしをしていましたが、娘のエヴァの事が気になり8年ぶりに家に戻ります。しかしエヴァが行方不明になったことから、元妻のダーリーンとエヴァを探しはじめますがボブの病気は悪化しはじめ…という内容のSFスリラーです。
監督:ジェフ・リドナップ 出演者:エイデン・ヤング(ボブ)、カミール・サリヴァン(ダーリーン)、ジュリア・セーラ・ストーン(エヴァ)、ほか

「プロジェクト・ゼロ」のネタバレあらすじ結末

プロジェクト・ゼロの紹介:2010年カナダ映画。麻薬撲滅の為、政府が開発した『ベイビーブルー』というドラッグを街にばらまきました。このベイビーブルーは、自殺を誘発するドラッグでしたが、副作用として殺人鬼になることがわかります。このドラッグを手にしたジェスらのグループの一人が自分に刺して自殺し…という内容のスプラッターホラー映画です。パッケージから想像できるような監禁モノではなく、ドラッグによって自殺や殺し合いをするという作品です。
監督:ジョナサン・ライト 出演者:クリスティアン・バコンニ(ドクター・シュリ)、ミーガン・ハッチングス(ジェス)、タラ・ジョシ(アリシア)、ケヴィン・ウォーカー (ビンクシー)ほか

「マリオネット・ゲーム」のネタバレあらすじ結末

マリオネット・ゲームの紹介:2007年カナダ,イギリス映画。愛する妻と可愛い娘、そして順調な仕事。主人公のニールが運転中の車内で突然男に銃を突きつけられます。娘の命を人質に捕られ、ニールは仕方なく要求を飲むことになります。ジェラルド・バトラーとピアーズ・ブロスナンの共演が話題になったクライムサスペンスです。
監督:マイク・バーカー 出演:ピアース・ブロスナン(トム)、ジェラルド・バトラー(ニール)、マリア・ベロ(アビー)、エマ・カーワンディ、クローデット・ミンク、デジリー・ズロウスキー、ニコラス・リー、ほか

「スティーヴ・オースティン 復讐者」のネタバレあらすじ結末

スティーヴ・オースティン 復讐者の紹介:2011年カナダ映画。人気プロレスラーから俳優に転身した“ストーン・コールド”ことスティーヴ・オースティン主演のハードアクションです。妻子を悪党に殺された元警官が冷酷非道な復讐者となり、悪党一味との全面戦争に突き進んでいきます。
監督:テリー・マイルズ 出演者:スティーヴ・オースティン(ライアン・ヴァレット)、ダニー・トレホ(ドレイク・サルガド)、セリンダ・スワン(ダーシー)、キース・ジャーディン(クラブ)、ノエル・G(レックス・サルガド)、ロックリン・マンロー(フランク・サットン捜査官)、トム・マクビース(コール保安官)、アダム・リード(ヘッジ保安官補)ほか

「ポーカーナイト 監禁脱出」のネタバレあらすじ結末

ポーカーナイト 監禁脱出の紹介:2014年カナダ,アメリカ映画。何者かに恋人のエイミーと一緒に拉致監禁されたスタン刑事。スタンはポーカーナイトという集まりで先輩刑事から聞いた逮捕劇の話を思い出し、脱出方法を探っていました。しかし何度拘束を解いても犯人の男に見つかり再び拘束されていました。はたして二人は脱出できるのか、そして男の目的は何か?という内容のスリラー映画です。監禁された男の回想シーンと、現在のシーンが同時進行で映し出され、少し複雑な内容になっています。
監督:グレッグ・フランシス 出演者:ボー・マーショフ(スタン・ジータ)、ロン・パールマン(カラブレーゼ)、ジャンカルロ・エスポジート(バーナード)、タイタス・ウェリヴァー(マックスウエル)、ロン・エルダード(カニンガム)、ハルストン・セイジ(エミリー)ほか

「ナイチンゲール」のネタバレあらすじ結末

ナイチンゲールの紹介:2018年オーストラリア,カナダ,アメリカ映画。舞台は19世紀のオーストラリア。イギリス軍に暴行され、夫と子供を失った主人公クレアが復讐を決意し、同じく生きる土地を奪われている先住民アボリジニの青年ビリーと共に、自分達を追い詰めた加害者達を逆に追い詰めていくという話です。
監督:ジェニファー・ケント 出演:アシュリン・フランチオージ(クレア)、サム・クラフリン(ホーキンス)、ベイカリ・ガナンバー(ビリー)、デイモン・ヘリマン(ルース)、ハリー・グリーンウッド(ジャゴ)、ユエン・レスリー(グッドウィン)、チャーリー・ショットウェル(エディー)、マイケル・シーズビー(エイデン)、ほか

「アートオブウォー2」のネタバレあらすじ結末

アート オブ ウォー2の紹介:2008年カナダ映画。ウェズリー・スナイプス主演のアクション映画『アート・オブ・ウォー』(2000年公開)の8年ぶりとなる続編です。国連秘密保安機関の凄腕エージェントだった主人公は引退して過去を捨て、ハリウッドのスタント・コーディネーターとして過ごしていたのですが、ある事件をきっかけに再び諜報の世界に身を投じていきます。
監督:ジョセフ・ラスナック 出演者:ウェズリー・スナイプス(ニール・ショー/ナイジェル・ストーン)、アシーナ・カーカニス(メリナ・クルーズ/スーザン・マースデン)、ロックリン・マンロー(ジョン・ギャレット)、クリフォード・W・スチュアート(マザー/ダニエル・モーリス・クレメンツ)、ウィンストン・レカート(ティム神父)、ライアン・マクドナルド(アレックス・ハーン)、レイチェル・ヘイワード(サマンサ・カールトン上院議員)、マイケル・ライアン(グラント・フィリップス上院議員)、マイケル・フェニシー(マーク・サラス)、エリック・ブレッカー(ウェイン・ベッカー)、ケネス・ヤンコ(将軍)、メジャック・ピータース(ニール・ショー・少年時代)ほか

1 2 3 4 5 16

キーワードから探す

TOP↑