Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

クリス・エヴァンス映画一覧

クリス・エヴァンスが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「アベンジャーズ/エンドゲーム」のネタバレあらすじ結末

アベンジャーズ/エンドゲームの紹介:2019年アメリカ映画。マーベル・コミックの人気スーパーヒーローたちが一堂に集結した一大英雄巨編『アベンジャーズ』シリーズ第4作にして完結編であり、『マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)』シリーズ第22作目であるSFアクション超大作です。「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」で、サノスによって人類の半分の命が失われた世界のその後を描いており、生き残ったヒーローたちが力を合わせ、仲間や愛する人達を救うため、最後の決戦に挑む。本作品は2019年公開の全ての映画作品の中でも最重要作品であり、2008年公開の『アイアンマン』から始まったMCUシリーズの集大成にしてグランドフィナーレを飾るに相応しい作品に仕上がっています。なお、本作は『アイアンマン』シリーズおよび初代『キャプテン・アメリカ』シリーズの完結編ともなっています。
監督:アンソニー・ルッソ、ジョー・ルッソ キャスト:ロバート・ダウニー・Jr(トニー・スターク/アイアンマン)、クリス・エヴァンス(スティーブ・ロジャース/キャプテン・アメリカ)、マーク・ラファロ(ブルース・バナー/ハルク)、クリス・ヘムズワース(ソー)、スカーレット・ヨハンソン(ナターシャ・ロマノフ/ブラック・ウィドウ)、ジェレミー・レナー(クリント・バートン/ホークアイ)、ドン・チードル(ジェームズ・“ローディ”・ローズ/ウォーマシン)、ポール・ラッド(スコット・ラング/アントマン)、グウィネス・パルトロー(ペッパー・ポッツ)、ジョシュ・ブローリン(サノス)ほか

「ルーザーズ」のネタバレあらすじ結末

ルーザーズの紹介:2010年アメリカ映画。DCコミックのグラフィック・ノベルを原作にしたアクションムービー。陰謀に巻き込まれた個性豊かな特殊部隊の男達が謎の美女と手を組み悪に立ち向かう。
監督:シルヴァン・ホワイト 出演:ゾーイ・サルダナ(アイシャ)、ジェフリー・ディーン・モーガン(クレイ)、クリス・エヴァンス(ジェンセン)、イドリス・エルバ(ローク)、コロンバス・ショート(プーチ)、オスカル・ハエナダ(クーガー)、ほか

「ファンタスティック・フォー:銀河の危機」のネタバレあらすじ結末

ファンタスティック・フォー:銀河の危機の紹介:2007年アメリカ映画。ファンタスティック・フォー:銀河の危機の紹介:宇宙エネルギーの力で特殊能力を得た四人。仲間の結婚も控え幸せいっぱいの四人の前に現れたのは、なんと宇宙からの使者だった。果たして四人の力は通用するのか?
監督:ティム・ストーリー 出演:ヨアン・グリフィズ(リード・リチャーズ(Mr.ファンタスティック))、ジェシカ・アルバ(スーザン・ストーム(インヴィジブル・ウーマン))、クリス・エヴァンス(ジョニー・ストーム(ヒューマン・トーチ))、マイケル・チクリス(ベン・グリム(ザ・シング))、ジュリアン・マクマホン(ヴィクター・フォン・ドゥーム(Dr.ドゥーム))、アンドレ・ブラウアー(ヘイガー将軍)、ほか

「アベンジャーズ3/インフィニティ・ウォー」のネタバレあらすじ結末

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォーの紹介:2018年アメリカ映画。人類を守るために、最強ヒーローたちが集結した究極のチーム、アベンジャーズ。今回の敵は絶大なるパワーで銀河に破滅と恐怖をもたらそうとするサノス。宇宙に散らばる究極の力を持つ石、インフィニティ・ストーンを集め宇宙を支配しようとする。6つのストーン全てを手にした者は無限大の力が与えられることとなる。サノスを倒すために、アベンジャーズに加え、銀河一の落ちこぼれチーム”ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー”、魔術を操るドクター・ストレンジ、そしてワカンダの王ブラックパンサーが集結。アベンジャーズの究極の戦いが始まる。2008年の『アイアンマン』公開以来、18本のヒーロー映画を展開してきたマーベルの記念すべき10周年目の作品。
監督:アンソニー&ジョー・ルッソ 出演:ロバート・ダウニーJr.(アイアンマン/トニー・スターク )、クリス・ヘムズワース(ソー)、 マーク・ラファロ(ハルク/ブルース・バナー)、クリス・エヴァンス(キャプテン・アメリカ/スティーブ・ロジャース)、スカーレット・ヨハンソン(ブラック・ウィドウ/ナターシャ・ロマノフ)、ベネディクト・カンバーバッチ(ドクター・ストレンジ/スティーヴン・ストレンジ)、ドン・チードル(ウォーマシン/ジェームズ・ローズ)、トム・ホランド(アイアン・スパイダー/ピーター・パーカー)、チャドウィック・ボーズマン(ブラック・パンサー/ティ・チャラ)、ポール・ベタニー(ヴィジョン)、エリザベス・オルセン(スカーレット・ウィッチ/ワンダ・マキシモフ)、アンソニー・マッキー(ファルコン/サム・ウィルソン)、クリス・プラット(スター・ロード/ピーター・クイル)ほか

「スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団」のネタバレあらすじ結末

スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団の紹介:2010年アメリカ,イギリス,カナダ映画。ブライアン・リー・オマリー原作のコミック『スコット・ピルグリム』 を実写映画化したアクション・コメディです。ある女性に一目惚れしてしまった売れないバンドマンが、ひょんな事から女性の元恋人たちと対決することに…。
監督:エドガー・ライト 出演者:マイケル・セラ(スコット・ピルグリム)、メアリー・エリザベス・ウィンステッド(ラモーナ・フラワーズ)、エレン・ウォン(ナイブス・チャウ)、キーラン・カルキン(ウォレス・ウェルズ)、ジェイソン・シュワルツマン(ギデオン・グレイヴズ)ほか

「gifted/ギフテッド」のネタバレあらすじ結末

gifted/ギフテッドの紹介:2017年アメリカ映画。ギフテッドの紹介:フロリダに暮らす2人と1匹の生活。生意気盛りな7歳のメアリーと、彼女の叔父でシングルのフランク、そして片目の猫フレッドだ。毎日が記念日のように楽しく過ごしていたが、メアリーが学校へ行くことになり揺らぎ始める。彼女には産まれながらにして数学の天才的な才能(ギフテッド)があった。メアリーの母であり、フランクの亡き姉でもあるダイアンから「メアリーを普通に育てたい」と遺志を受けたフランクは、メアリーの学校に勧められた英才教育を頑なに拒む。そこへ縁を切ったはずのフランクの母親イブリンが現れ、メアリーを奪おうとする。歴史を変える才能の開花か、愛する者と生きる人生か、大人たちの争いで板挟みになるメアリー。家族を作るということを考えさせてくれる作品。
監督:マーク・ウェブ 出演:クリス・エヴァンス(フランク・アドラー)、マッケナ・グレイス(メアリー・アドラー)、リンゼイ・ダンカン(イブリン・アドラー)、ジェニー・スレイト(ボニー・スティーヴンソン)、オクタヴィア・スペンサー(ロバータ・タイラー)ほか

「ファンタスティック・フォー」のネタバレあらすじ結末

ファンタスティック・フォー [超能力ユニット]の紹介:2005年アメリカ映画。続編、並びにリメイク版も作成されるほどの人気を誇ったマーベルコミックのスーパーヒーロー映画。栄光だけでなく、「普通に戻りたい」ヒーローの苦悩も描かれている良作。
監督:ティム・ストーリー 出演:ヨアン・グリフィズ(リード・リチャーズ/Mr.ファンタスティック)、ジェシカ・アルバ(スー・ストーム/インビジブル・ウーマン)、クリス・エヴァンス(ジョニー・ストーム/ヒューマン・トーチ)、マイケル・チクリス(ベン・グリム/ザ・シング)、ジュリアン・マクマホン(ビクター・バン・ドゥーム/Dr.ドゥーム)、ケリー・ワシントン(アリシア・マスターズ)、ほか

「フェイクシティ ある男のルール」のネタバレあらすじ結末

フェイクシティ ある男のルールの紹介:2008年アメリカ映画。ロス市警で働くラドロー刑事は、何者も恐れず犯人を逮捕せず射殺するなど、事件を独自のルールで解決しています。しかし、ある日内部調査官ビッグスと元相棒ワシントンの密会の情報を得たラドローはワシントンを調査しますが、彼は強盗に殺されてしまいます。事件に疑問をもったラドローは、黒幕探しに乗り出します。
監督:デヴィッド・エアー 出演者:キアヌ・リーヴス(トム・ラドロー)、フォレスト・ウィテカー(ジャック・ワンダー)、ヒュー・ローリー(ジェームズ・ビッグス)、クリス・エヴァンス(ポール・ディスカント)ほか

「キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー」のネタバレあらすじ結末

キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャーの紹介:2014年アメリカ映画。スーパーヒーロー軍団「アベンジャーズ」のメンバーであるキャプテン・アメリカ。ニューヨーク全土を巻き込んだアベンジャーズの戦いの後、国際平和維持組織シールドの内紛に巻き込まれたキャプテン・アメリカやブラック・ウィドウ、ニック・フューリーらは、事件の真相を探る中である意外な人物と出くわします。
監督:ジョー・ジョンストン 出演者:クリス・エヴァンス(スティーブ・ロジャース/キャプテン・アメリカ)、スカーレット・ヨハンソン(ナターシャ・ロマノフ/ブラック・ウィドウ)、セバスチャン・スタン(バッキー・バーンズ/ウィンター・ソルジャー)、アンソニー・マッキー(サム・ウィルソン/ファルコン)、サミュエル・L・ジャクソン(ニック・フューリー)ほか

「PUSH 光と闇の能力者」のネタバレあらすじ結末

PUSH 光と闇の能力者の紹介:2009年アメリカ映画。香港で暮らすニックの元にある日一人の少女が訪れる。彼女は突然自分に協力するよう言い放つ。その内容とはある女性の捜索、そしてその女性が持つケースを手に入れること。初めこそ不信感を抱いていたニックだったがその少女こそかつて幼い頃にニックの父親が示した未来を見ることが出来る力を持つ少女だった。「キャプテン・アメリカ」シリーズのクリス・エヴァンス主演、超能力バトルアクション。
監督:ポール・マクギガン 出演:クリス・エヴァンス(ニック・ガント)、ダコタ・ファニング(キャシー・ホームズ)、カミーラ・ベル(キラ・ハドソン)、クリフ・カーティス(フック・ウォーターズ)、ほか

「キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー」のネタバレあらすじ結末

キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャーの紹介:2011年アメリカ映画。スーパーヒーロー軍団「アベンジャーズ」の中心人物であるキャプテン・アメリカの誕生を描きます。第二次世界大戦中、貧弱な身体ながらも正義感の強い青年スティーブ・ロジャーズがアメリカ軍の極秘プロジェクト「スーパーソルジャー計画」に志願し、屈強な肉体を持つスーパーヒーロー「キャプテン・アメリカ」へと変身します。
監督:ジョー・ジョンストン 出演:クリス・エヴァンス(スティーブ・ロジャース/キャプテン・アメリカ)、ヘイリー・アトウェル(ペギー・カーター)、セバスチャン・スタン(バッキー・バーンズ)、トミー・リー・ジョーンズ(チェスター・フィリップス大佐)、ヒューゴ・ウィーヴィング(ヨハン・シュミット/レッドスカル)ほか

「マーベル・スタジオの世界」のネタバレあらすじ結末

マーベル・スタジオの世界の紹介:2014年アメリカ映画。今や世界中で大ヒットしているプロジェクト「マーベル・シネマティック・ユニバース」。「アイアンマン」「インクレディブル・ハルク」から始まり多岐に渡る作品、そしてそこで描かれるキャラクター、さらに映画のクロスオーバー。その製作の裏側にスポットを当てたドキュメンタリー映画となっている。
出演:ケヴィン・ファイギ、ロバート・ダウニー・Jr、クリス・エヴァンス、ジョン・ファブロー、サミュエル・L・ジャクソン、スカーレット・ヨハンソンほか

「運命の元カレ」のネタバレあらすじ結末

運命の元カレの紹介:2011年アメリカ映画。ことごとく付き合う男とは上手くいかないアリー。その上仕事までクビになってしまい絶望に暮れる中更なる絶望へと追いやられる。それはふと見た雑誌に書いてある経験人数に関する記事。それによると経験人数が20人を超えた女性のほとんどが未婚だという。焦ったアリーは一つの方法を思いつく。過去の男を漁ればいいのだ。「最終絶叫計画」のアンナ・ファリスと「キャプテン・アメリカ」のクリス・エヴァンスが送るラブコメディー。
監督:マーク・マイロッド 出演:アリー(アンナ・ファリス)、コリン(クリス・エヴァンス)、デイジー(アリ・グレイナー)、リック(ザカリー・クイント)、ドナルド(クリス・プラット)、サイモン(マーティン・フリーマン)、トム(アンソニー・マッキー)

「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」のネタバレあらすじ結末

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカの紹介:2016年アメリカ映画。「アベンジャーズ2/エイジ・オブ・ウルトロン」の1年後、協力して地球を守っていたアベンジャーズの内戦やヒーロー同士の戦いを描くというショッキングな内容の作品です。シビル・ウォーは、キャプテン・アメリカシリーズ3作目で、マーベル・シネマティック・ユニバースの13作目となります。アベンジャーズシリーズ同様の登場人物の多さを誇り、これまでの物語に重要な展開をもたらす作品といえます。
監督:アンソニー・ルッソ、ジョー・ルッソ 出演者:クリス・エヴァンス(スティーブ・ロジャース/キャプテン・アメリカ)、ロバート・ダウニー・Jr.(トニー・スターク/アイアンマン)、セバスチャン・スタン(バッキー・バーンズ/ウインター・ソルジャー)、スカーレット・ヨハンソン(ナターシャ・ロマノフ/ブラック・ウィドウ)、チャドウィック・ボーズマン(ティ・チャラ/ブラックパンサー)ほか

「私がクマにキレた理由」のネタバレあらすじ結末

私がクマにキレた理由の紹介:2007年アメリカ映画。ひょんなことからセレブのベビー・シッターとなった主人公の視点で、一見幸せそうに見えるセレブの家庭の内情をリアルに描いたヒューマン・コメディ。アメリカでベストセラーとなった小説が原作となっています。
監督:シャリ・スプリンガー・バーマン、ロバート・プルチーニ 出演者:スカーレット・ヨハンソン(アニー)、ローラ・リニ(ミセスX)、ニコラス・リース・アート(グレイヤー)、クリス・エヴァンス(ヘイデン)ほか

1 2
TOP↑