クリスチャン・ベイル映画一覧

「マシニスト」のネタバレあらすじ結末

マシニストの紹介:2004年スペイン,アメリカ映画。不眠症に悩む主人公トレバー。ある日、アイバンと名乗る謎の男が現れ、それ以降、トレバーの周囲では不可解な出来事が起こり始める。これは彼を貶める罠なのか、それとも・・。極限まで減量したクリスチャン・ベールが体当たりで挑む良質ミステリー!
監督:ブラッド・アンダーソン 出演者:クリスチャン・ベール(トレバー・レズニック)、ジェニファー・ジェイソン・リー(スティービー)、アイタナ・サンチェス=ギヨン(マリア)、ジョン・シャリアン(アイバン)ほか

「リベリオン」のネタバレあらすじ結末

リベリオンの紹介:2002年アメリカ映画。低予算で作られた為宣伝費が足りず、上映当時は1ヶ月で打ち切りとなった。しかしその後口コミで話題となり、人気作となる。
監督:カート・ウィマー 出演:クリスチャン・ベイル(ジョン・プレストン)、エミリー・ワトソン(メアリー・オブライエン)、テイ・ディグス(ブラント)、アンガス・マクファーデン(デュポン)、ショーン・ビーン(パートリッジ)、ほか

「金陵十三釵」のネタバレあらすじ結末

金陵十三钗の紹介:2011年中国映画。歴史的に名高い悪名事件である南京事件を題材とした映画で、チャンイーモウ監督がハリウッドで活躍するクリスチャンベールを起用して制作し、中国では大ヒットを記録するも日本では上映禁止となりました。
監督:チャン・イーモウ 出演:クリスチャン・ベール(ジョン・ミラー)、渡部篤郎(長谷川 (日本兵))、小林成男(加藤中尉(日本兵))、山中崇(朝倉中尉(日本兵))ほか

「マネーショート 華麗なる大逆転」のネタバレあらすじ結末

マネー・ショート 華麗なる大逆転の紹介:2015年アメリカ映画。マイケルルイスが著した本「世紀の空売り、世界経済の破綻に賭けた男たち」を原作に映画化した作品。リーマンショックが起きる前に経済破綻の危機に気付いた男たちの実話を、クリスチャン・ベイルやブラッド・ピットなど豪華キャストで描く社会派ドラマ。サブプライムローンの危険性を察知した金融トレーダーらが、ウォール街を出し抜こうとする様子を描く。今作では豪華な俳優陣が熱演を繰り広げ、アカデミー賞にノミネートされました。
監督:アダム・マッケイ 出演:クリスチャン・ベイル(マイケル・バーリ)、スティーヴ・カレル(マーク・バウム)、ライアン・ゴズリング(ジャレッド・ベネット)、ブラッド・ピット(ベン・リカート)ほか

「ザ・ファイター」のネタバレあらすじ結末

ザ・ファイターの紹介:2010年アメリカ映画。実在したプロボクサーであるミッキー ウォルドとその兄であるディッキーエクルンドの友情と試練を描いた映画で、アカデミー賞に輝きました。
監督:デヴィッド・O・ラッセル 出演:マーク・ウォールバーグ(ミッキー・ウォード)、クリスチャン・ベイル(ディッキー・エクランド)、エイミー・アダムス(シャーリーン・フレミング)、メリッサ・レオ(アリス・ウォード)、ジャック・マクギー(ジョージ・ウォード)、ほか

「アメリカン・ハッスル」のネタバレあらすじ結末

アメリカン・ハッスルの紹介:2013年アメリカ映画。アメリカで1970年代に実際に起こったスキャンダルであるアブスキャム事件を下敷きにして作られた映画です。俳優陣のなりきりの演技が笑いを誘います。
監督:デヴィッド・O・ラッセル 出演:クリスチャン・ベール、ブラッドリー・クーパー、エイミー・アダムス、ジェニファー・ローレンスほか

「ポカホンタス」のネタバレあらすじ結末

ポカホンタスの紹介:1995年アメリカ作品。ディズニー映画で初めて実在の人物を扱った作品。17世紀のアメリカで、自由と自然を愛するインディアンの娘と、金を求めて海を越えてきた冒険家のイギリス人青年が恋に落ちる物語。
監督:マイク・ガブリエル 声優:メル・ギブソン、アイリーン・ベダード、デヴィッド・オグデン・スタイアーズ、ラッセル・ミーンズ、リンダ・ハント、クリスチャン・ベイルほか

「ダークナイトライジング」のネタバレあらすじ結末

ダークナイト ライジングの紹介:2012年アメリカ映画。DCコミックスが誇るアメコミヒーローの代名詞「バットマン」の劇場版第7作にして、傑作と名高いクリストファー・ノーラン監督の「ダークナイト」三部作の最終章となる超大作です。前作「ダークナイト」の衝撃から8年後のゴッサムシティを舞台に、街に君臨しようとする最強の敵ベインを相手に、前作の事件により世間から完全に姿を消していたバットマンが立ち上がります。CGを極力使わずに撮影された壮大な映像美と世界観、そして前作をも遥かに超える衝撃のラストに注目です。
監督:クリストファー・ノーラン 出演:クリスチャン・ベール(ブルース・ウェイン/バットマン)、マイケル・ケイン(アルフレッド・ペニーワース)、ゲイリー・オールドマン(ジェームズ・“ジム”・ゴードン)、ジョセフ・ゴードン=レヴィット(ジョン・ブレイク/ロビン)、モーガン・フリーマン(ルーシャス・フォックス)、アン・ハサウェイ(セリーナ・カイル/キャットウーマン)、マリオン・コティヤール(ミランダ・テイト/タリア・アル・グール)、キリアン・マーフィー(ジョナサン・クレイン/スケアクロウ)、ベン・メンデルソーン(ジョン・ダゲット)、リーアム・ニーソン(ラーズ・アル・グール)、トム・ハーディ(ベイン)ほか

「ダークナイト」のネタバレあらすじ結末

ダークナイトの紹介:2008年アメリカ映画。新生バットマンシリーズのダークナイト三部作で「バットマン・ビギンズ」に続く第2作目。ダークナイトはアメコミ作品を凌駕した作品として社会現象となった作品です。ジョーカーを演じた故ヒース・レジャーがアカデミー賞助演男優賞を受賞したことでも話題になりました。
監督 :クリストファー・ノーラン 出演:クリスチャン・ベイル(ブルース・ウェイン/バットマン)、ヒース・レジャー(ジョーカー)、アーロン・エッカート(ハービー・デント検事/トゥーフェイス)、ゲイリー・オールドマン(ゴードン警部補)、マイケル・ケイン(アルフレッド)、ケイティ・ホームズ(レイチェル・ドーズ)、モーガン・フリーマン(フォックス)ほか

「バットマン ビギンズ」のネタバレあらすじ結末

バットマン ビギンズの紹介:2005年アメリカ映画。バットマンの物語を1から作り上げたリブート作品でダークナイト三部作の第1作目。過去のバットマンシリーズと比べると極めて現実的な作風となっています。主にコミックのバットマンイヤーワンを元に作られました。
監督:クリストファー ノーラン 出演者: クリスチャン・ベイル(ブルース・ウェイン/バットマン)、リーアム・ニーソン(ヘンリー・デュカード)、マイケル・ケイン(アルフレッド)、モーガン・フリーマン(ルシウス・フォックス)、ゲイリー・オールドマン(ゴードン警部補)、渡辺謙(ラーズ・アル・グール)、ケイティ・ホームズ(レイチェル)、キリアン・マーフィ(ジョナサン・クレイン/スケアクロウ)、トム・ウィルキンソン(カーマイン)、ルトガー・ハウアー(アール)、ほか

「ターミネーター4」のネタバレあらすじ結末

ターミネーター4(原題: Terminator Salvation)の紹介:2009年アメリカ作品。ターミネーターシリーズ第4作。スカイネットが世界を滅ぼした審判の日(ジャッジメント・デイ)後の荒廃した世界で、人類は抵抗軍となりマシンと戦っていた。そこでジョン・コナーがマシンとの戦いに身を投じていく姿を圧倒的なスケールで描く。カリフォルニア州知事として俳優業から遠ざかっていたアーノルド・シュワルツェネッガーが、ターミネーターシリーズの中で唯一主演していない作品となった。
監督:マックG 出演:クリスチャン・ベイル(ジョン・コナー)、サム・ワーシントン(マーカス・ライト)、アントン・イェルチン(カイル・リース)、ムーン・ブラッドグッド(ブレア・ウィリアムズ)、コモン(バーンズ)、ブライス・ダラス・ハワード(ケイト・コナー)、ジェーン・アレクサンダー(ヴァージニア)、ジェイダグレイス(スター)、ヘレナ・ボナム・カーター(セレナ・コーガン)、ほか

「エクソダス:神と王」のネタバレあらすじ結末

エクソダス:神と王の紹介:2014年アメリカ作品 映画「十戒」がベースの紀元前1300年頃を舞台とするリドリー・スコット監督による歴史スペクタクルアクション。神の啓示を授かったモーゼが、エジプトからユダヤ人奴隷たちを解放し率いて脱出するというあらすじ。
主人公モーゼにはクリスチャン・ベール、ラムセス役ジョエル・エドガートン、その他ベン・キングスレー、シガニー・ウィーバーなどが出演。

1 2

キーワードから探す

TOP↑