ダコタ・ファニング映画一覧

ダコタ・ファニングが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」のネタバレあらすじ結末

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッドの紹介:2019年アメリカ映画。過去に華々しい活躍を見せていたハリウッド俳優 リック・ダルトン。今や落ち目となり再び栄光を取り戻そうとしていた。そんなリックを支えるクリフ・ブースは彼のスタントマン兼付き人であり、心からの親友でもある。ふたりは長い間バディを組み仕事をしてきたが、1969年のハリウッドは大きな過渡期を迎えており、時代は彼らを必要としなくなっていた。そんな中、リックの隣家に引っ越してきたのは、時代の寵児となったロマン・ポランスキー監督と新人女優のシャロン・テート夫妻。そして1969年8月9日、映画史を塗り替える事件が起こる。クエンティン・タランティーノが幼少期を過ごした60年代のハリウッド黄金期最後の瞬間を5年の歳月を費やして脚本を執筆し、監督を務めた。マーゴット・ロビー演じるシャロン・テートは実在の人物。彼女は実際に1969年ハリウッドの自宅で友人と共に惨殺された。豪華キャストによって実在とフィクションのキャラクターが入り混じった人物たちを演じている。
監督:クエンティン・タランティーノ 出演:レオナルド・ディカプリオ(リック・ダルトン)、ブラッド・ピット(クリフ・ブース)、マーゴット・ロビー(シャロン・テート)、エミール・ハーシュ(ジェイ・シブリング)、マーガレット・クアリー(プッシーキャット)、ティモシー・オリファント(ジェームズ・ステイシー)、ジュリア・バターズ(トルーディ)、オースティン・バトラー(テックス)、ダコタ・ファニング(スクィーキー・フロム)、ブルース・ダーン(ジョージ・スパーン)、マイク・モー(ブルース・リー)、ルーク・ベリー(ウェイン・モウンダー)、ダミアン・ルイス(スティーヴ・マックィーン)、アル・パチーノ(マーヴィン・シュワーズ)ほか

「ワンスアポンアタイムインハリウッド」のネタバレあらすじ結末

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッドの紹介:2019年アメリカ映画。1969年ハリウッド、キャリアアップに苦しむ俳優リックと彼の付き人クリフは親友としても固い絆で結ばれていた。しかしリックの家の隣に有名ディレクターのロマン・ポランスキーとシャロン・テートが引っ越して来た事により2人の人生は大きく変わるのだった。60年代のロサンゼルスを舞台に、タランティーノ監督の視点でハリウッドの黄金時代を描く。
監督:クエンティン・タランティーノ 出演:レオナルド・ディカプリオ(リック・ダルトン)、ブラッド・ピット(クリフ・ブース)、マーゴット・ロビー(シャロン・テート)、アル・パチーノ(マーヴィン・シュワルツ)、エミール・ハーシュ、マーガレット・クアリー、ティモシー・オリファント、オースティン・バトラー、ダコタ・ファニング、ブルース・ダーン、ほか

「非現実の王国で ヘンリーダーガーの謎」のネタバレあらすじ結末

非現実の王国で ヘンリー・ダーガーの謎の紹介:2004年アメリカ映画。現代ポップアートの世界に一石を投じたヘンリー・ダーガーの作品群。作者の半生追い、リンクする非現実の王国の成り立ちを探る。
監督:ジェシカ・ユー 出演:ヘンリー・ダーガー(写真) 声の出演:ラリー・パイン、ダコタ・ファニング、ほか

「べネファクター 封印」のネタバレあらすじ結末

べネファクター/封印(別題:リチャード・ギア/人生の特効薬)の紹介:2015年アメリカ映画。心の傷に向き合う老人の姿を描いたドラマ作品。慈善実業家のフラニーは事故で友人夫婦を亡くして以来、そのことに向き合えないまま無為な生活を送っていた。ある日友人夫婦の一人娘オリビアから連絡が入り、数年ぶりの再会を果たす。喜んだフラニーは強引に世話を焼き始めるが、周囲からは次第に煙たがられてしまうのだった。WOWOW放送時の邦題は「リチャード・ギア/人生の特効薬」。
監督:アンドリュー・レンツィ 出演者:リチャード・ギア(フラニー)、ダコタ・ファニング(オリビア)、テオ・ジェームズ(ルーク)、シェリル・ハインズ(ミア)、ディラン・ベイカー(ボビー)ほか

「500ページの夢の束」のネタバレあらすじ結末

500ページの夢の束 の紹介:2017年アメリカ映画。自閉症のためカルフォルニア州オークランドのグループホームに暮らす若い女性、そんな彼女の生きがいはスタートレックを見ること。そしてグループホームを出て自立し姉とその赤ちゃんと一緒に暮らすことです。ある日、目にしたスタートレックの脚本コンテストに応募するも、郵送では間に合いません。彼女はオークランドからハリウッドまで約600キロを自力で向かい500ページの脚本を届けようとします。彼女の夢と希望のこもった500ページの脚本は届くのでしょうか?『500ページの夢の束』は自閉症の女性が脚本作成と旅をとうして自立していく姿を描き批評家からも好意的に受け止められた映画です。
監督:ベン・リューイン 出演:ダコタ・ファニング(ウェンディ)、トニ・コレット(スコッティ)、アリス・イヴ(オードリー)、リヴァー・アレクサンダー、マイケル・スタール=デヴィッド、ほか

「アップタウン・ガールズ」のネタバレあらすじ結末

アップタウン・ガールズの紹介:2003年アメリカ映画。突然一文無しになった元セレブのお嬢様が、およそ子供らしくない8才の少女のベビーシッターを始めたことで自らの生き方を見つめ直すまでを描くハートフルコメディ。
監督:ボアズ・イェーキン 出演:ブリタニー・マーフィ(モリー)、ダコタ・ファニング(レイ)、マーリー・シェルトン(イングリッド)、ドナルド・フェイソン(ヒューイ)、ジェシー・スペンサー(ニール)、ヘザー・ロックリア(ローマ)、オースティン・ペンドルトン(マッコンリー)、ほか

「アメリカン・バーニング」のネタバレあらすじ結末

アメリカン・バーニングの紹介:2016年アメリカ映画。「スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス」のオビ=ワン・ケノービ役でお馴染みのユアン・マクレガーによる長編監督デビュー作。マクレガーは主演も兼ね、複雑な人生に翻弄される主人公を熱演している。アメフトの花形選手でカリスマ的人気を誇っていた青年が、ミス・コンテストの女王と結婚。美しい娘も授かり、誰もがうらやむ完璧な人生を歩んでいた。しかし60年代の激動の波にのまれ、一家は想像もつかない悲劇に見舞われる。原作は、現代アメリカ文学を代表する作家の1人、フィリップ・ロスの「American Pastoral」(1997)。共演はジェニファー・コネリー、ダコタ・ファニングほか。
監督:ユアン・マクレガー 出演者:ユアン・マクレガー(スウィード)、ジェニファー・コネリー(ドーン)、ダコタ・ファニング(メリー)、デヴィッド・ストラザーン(ネイサン)、ルパート・エヴァンス(ジェリー)、ピーター・レガード(ルー)、ウゾ・アブダ(ヴィッキー)、ヴァロリー・カリー(リタ)、モリー・パーカー(シーラ)ほか

「17歳のエンディングノート」のネタバレあらすじ結末

17歳のエンディングノートの紹介:2012年アメリカ映画。白血病で余命わずかの少女テッサは、わずかに残された人生のなかでやりたいことをリストにし実行していくことにしました。そんなある日、予測をしていなかった恋に落ち、人生や生きることについて考えなおしていきます。
監督:オル・パーカー 出演:ダコタ・ファニング(テッサ)、ジェレミー・アーヴァイン(アダム)、パディ・コンシダイン(パパ)、オリヴィア・ウィリアムズ(ママ)、カヤ・スコデラーリオ(ゾーイ)、ジョー・コール、ほか

「シークレット・デイ」のネタバレあらすじ結末

シークレット・デイの紹介:2014年アメリカ映画。ローラ・リップマンによるベストセラー小説「あの日、少女たちは赤ん坊を殺した」の映画化。2人の少女が、知らない家から赤ん坊を連れ出す。その後、赤ん坊は遺体で発見され、2人は少年院に送られる。7年後、出所した2人は別々の人生を送り始めるが、そこへ再び幼女が行方不明になる事件が起きる。ダイアン・レイン、ダコタ・ファニング、エリザベス・バンクスが共演。幼女誘拐の犯人は誰なのか、そして7年前の事件の新たな真実も明らかになるという驚愕のミステリー作品。
監督:エイミー・バーグ 出演者:ダイアン・レイン(ヘレン・マニング)、ダコタ・ファニング(ロニー・フラー)、ダニエル・マクドナルド(アリス・マニング)、エリザベス・バンクス(ナンシー・ポーター)、ネイト・パーカー(ケヴィン・ジョーンズ)レネイ・エリース・ゴールズベリー(シンシア・バーンズ)ほか

「マイ・ボディガード」のネタバレあらすじ結末

マイ・ボディガードの紹介:2004年アメリカ,メキシコ映画。元CIAの暗殺エージェントで軍人だったアルコール中毒のクリーシーは友達で元同僚のレイバーンからボディーガードの仕事を紹介される。「仕事」として渋々引き受けた彼の心を少しずつ開かせたのは彼が護衛することになった僅か9歳の少女、ピタだった。
監督:トニー・スコット 出演:デンゼル・ワシントン(ジョン・クリーシー)、ダコタ・ファニング(ピタ・ラモス)、クリストファー・ウォーケン(ポール・レイバーン)、ラダ・ミッチェル(リサ・ラモス)、マーク・アンソニー(サムエル・ラモス)、ほか

「少女が大人に変わる夏」のネタバレあらすじ結末

少女が大人に変わる夏の紹介:2013年アメリカ映画。リリーとジェリーは親友同士。学校も夏休みに入ったある日、アイス売りをしていたデヴィッドと知り合います。恋人と友人との間で揺れ動きながら成長していく少女のひと夏を描く。
監督:ナオミ・フォナー 出演:ダコタ・ファニング(リリー)、エリザベス・オルセン(ジェリー)、ボイド・ホルブルック(デヴィッド)、エレン・バーキン(ノーマ)、クラーク・グレッグ(エドワード)、ピーター・サースガード(フィッツシモンズ)、ほか

「コール」のネタバレあらすじ結末

コールの紹介:2002年アメリカ映画。上流階級の子供を誘拐しては身代金を要求しているジョー、その妻シェリルといとこのマーヴィンは、ジョー達の娘ケイティーの腫瘍の治療を担当していた意思ウィルの娘を次の標的とします。ウィル、その妻カレン、そして娘のアビーそれぞれの支店から物語を展開していくスリラー映画です。
監督:ルイス・マンドーキ 出演者:シャーリーズ・セロン(カレン・ジェニングス)、ダコタ・ファニング(アビー・ジェニングス)、スチュアート・タウンゼント(ウィル・ジェニングス)、ケヴィン・ベーコン(ジョー・ヒッキー)、シェリル・ヒッキー(コートニー・ラブ)ほか

「シャーロットのおくりもの(2006年)」のネタバレあらすじ結末

シャーロットのおくりものの紹介:2006年アメリカ映画。1匹の子ブタをめぐって人間の少女と賢くて心優しいクモが奇跡を起こすファンタジー。アニメにもなったロングセラー児童書を実写版で映画化。
監督:ゲイリー・ウィニック 出演: ダコタ・ファニング(ファーン・エラブル)、ジュリア・ロバーツ(クモのシャーロット)、スティーヴ・ブシェミ(ネズミのテンプルトン)、ケヴィン・アンダーソン(Mr.エラブル)、エシー・デイヴィス(Mrs.エラブル)、キャシー・ベイツ(牛のビッツィー)、ロバート・レッドフォード(馬のアイク)、ほか

「ラスト・スキャンダル」のネタバレあらすじ結末

ラスト・スキャンダル(あるハリウッドスターの禁じられた情事)の紹介:2013年アメリカ映画。1930年代のハリウッドのアクションスターであり、スキャンダルに事欠かないエロール・フリン。スターとしての全盛期を過ぎた彼は、10代の若手女優ビヴァリー・アードランドと関係を持ちます。娘をスターとして売り出したい母親フローレンスは、2人の関係を黙認してしまいます。このスキャンダラスな実話を、K・クライン、D・ファニング、S・サランドンら豪華キャストが演じています。
監督:リチャード・グラツァー ワッシュ・ウェストモアランド 出演者:ケヴィン・クライン(エロール・フリン)、ダコタ・ファニング(ビヴァリー・アードランド)、スーザン・サランドン(フローレンス・アードランド)、パトリック・セント・エスプリト(ハーブ・アードランド)、マット・ケイン(ロニー・シェドロ)ほか

「PUSH 光と闇の能力者」のネタバレあらすじ結末

PUSH 光と闇の能力者の紹介:2009年アメリカ映画。香港で暮らすニックの元にある日一人の少女が訪れる。彼女は突然自分に協力するよう言い放つ。その内容とはある女性の捜索、そしてその女性が持つケースを手に入れること。初めこそ不信感を抱いていたニックだったがその少女こそかつて幼い頃にニックの父親が示した未来を見ることが出来る力を持つ少女だった。「キャプテン・アメリカ」シリーズのクリス・エヴァンス主演、超能力バトルアクション。
監督:ポール・マクギガン 出演:クリス・エヴァンス(ニック・ガント)、ダコタ・ファニング(キャシー・ホームズ)、カミーラ・ベル(キラ・ハドソン)、クリフ・カーティス(フック・ウォーターズ)、ほか

1 2
TOP↑