デンゼル・ワシントン映画一覧

デンゼル・ワシントンが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「ペリカン文書」のネタバレあらすじ結末

ペリカン文書の紹介:1993年アメリカ映画。「プリティウーマン」で一躍スターに成り上がったジュリア・ロバーツがデンゼル・ワシントンと共演を果たし、ホワイトハウスに関係する犯罪の仮説レポートを書いた事で大事件に巻き込まれ、敏腕記者と共に事件を追う社会派サスペンスです。
監督:アラン・J・パクラ 出演:ジュリア・ロバーツ(ダービー)、デンゼル・ワシントン(グランサム)、サム・シェパード(トーマス)、ジョン・ハード(ヴァーヒーク)、トニー・ゴールドウィン(コール)、ジェームズ・B・シッキング(ヴォイルズ)、スタンリー・トゥッチ(カーメル)、ほか

「リトル・シングス」のネタバレあらすじ結末

リトル・シングスの紹介:2021年アメリカ映画。ロスで女性連続殺人事件が起ります。事件の指揮をとる若きエリート刑事のジムは、たまたま署に来ていた郡の保安官ディーコンに目が留まります。ディーコンは5年前まで、この署の殺人課にいた、伝説の男でした。5年前の事件に似ていると言うディーコンを捜査の相棒にしたジムは、二人で捜査を始めますが・・というミステリー作品です。衝撃のラストではなく、うやむやな灰色のラストには賛否が分かれます。
監督:ジョン・リー・ハンコック 出演者:デンゼル・ワシントン(ジョー・ディーコン)、ラミ・マレック(ジム・バクスター)、ジャレッド・レトー(アルバート・スパーマ)、マイケル・ハイアット(フロー・ドゥニガン)、テリー・キニー(カール署長)、イザベル・アライザ(アナ)、クリス・バウアー(サル)ほか

「ローマンという名の男 信念の行方」のネタバレあらすじ結末

ローマンという名の男 -信念の行方-の紹介:2017年アメリカ映画。司法制度改革を目標とする弁護士のローマンは、正義の為に自分の信念を決して曲げない偏屈ものでした。自分の事務所が閉鎖され、金の為の弁護しかしないジョージに雇われたローマンは、殺人罪を着せられた若者の弁護を引き受けます。罪を少しでも軽くすればいい弁護なのに、正義の為に司法取引しようとしたため若者は刑務所内で殺されます。このことで落ち込んだローマンは若者から聞いた真犯人の情報を、身分を隠して警察に流し懸賞金をもらってしまいます。順調に見えたローマンでしたが…という内容のデンゼル・ワシントン主演のサスペンス映画です。
監督:ダン・ギルロイ 出演者:デンゼル・ワシントン(ローマン・J・イズラエル ESQ.)、コリン・ファレル(ジョージ・ピアス)、カルメン・イジョゴ(マヤ・オルストン)、リンダ・グラヴァット(ヴァニータ・ウェルズ)、デロン・ホートン(ダレル・エラービー)、 アマリ・チアトム(カーター・ジョンソン)ほか

「コルトレーンを追いかけて」のネタバレあらすじ結末

コルトレーンを追いかけての紹介:2016年アメリカ映画。モダンジャズの歴史に燦然と輝く伝説的サックス奏者ジョン・コルトレーン。20世紀ジャズの巨人はどのようにして誕生したのか。彼が歩んだ偉大な軌跡を縁のある人物達の貴重なインタビューとともに振り返るドキュメンタリー映画です。
監督:ジョン・シャインフェルド 出演者:デンゼル・ワシントン(語り)、ビル・クリントン、ラビ・コルトレーン、コモン、ベニー・ゴルソン、ジミー・ヒース、ウイントン・マルサリス、ソニー・ロリンズ、カルロス・サンタナ コーネル・ウェスト、藤岡靖洋、ほか

「ジョンQ 最後の決断」のネタバレあらすじ結末

ジョンQ-最後の決断-の紹介:2002年アメリカ映画。職場をリストラされ、経済的に困窮した父親が重病を患った息子を救うために止むを得ず病院を占拠する過程を通じて、アメリカの医療制度や保険制度、社会問題の問題点を炙り出すヒューマン・サスペンス作品です。
監督:ニック・カサヴェテス 出演者:デンゼル・ワシントン(ジョン・“Q”・クインシー・アーチボルド)、キンバリー・エリース(デニーズ・アーチボルド)、ダニエル・E・スミス(マイク・アーチボルド)、ロバート・デュヴァル(フランク・グライムズ警部補)、ジェームズ・ウッズ(レイモンド・ターナー医師)、アン・ヘッシュ(レベッカ・ペイン)、レイ・リオッタ(ガス・モンロー)ほか

「グローリー」のネタバレあらすじ結末

グローリーの紹介:1989年アメリカ映画。「愛する人のために、自らのために、夢を賭けて男たちは戦う」というキャッチコピーで、アメリカ南北戦争に実在した米国史上初の黒人部隊の運命を描いた戦記大作です。激戦の中で黒人たちがアイデンティティを確立していく姿が感動的で、その象徴のような黒人兵を演じたD・ワシントンは本作で第62回アカデミー賞および第42回ゴールデングローブ賞の助演男優賞を受賞しました。
監督:エドワード・ズウィック 出演:マシュー・ブロデリック(ロバート・グールド・ショー)、デンゼル・ワシントン(トリップ)、モーガン・フリーマン(ジョン・ローリンズ)、ケイリー・エルウィズ(キャボット・フォーブス)、ジミー・ケネディ(シャーツ)、アンドレ・ブラウアー(トマス・シアーレス)、ジョン・フィン(マルケイ曹長)、アラン・ノース(アンドリュー知事)、クリフ・デ・ヤング(モントゴメリー大佐)、ほか

「タイムリミット」のネタバレあらすじ結末

タイムリミットの紹介:2003年アメリカ映画。人望のある警察署長が不倫相手の女の罠にはまり、殺人の容疑者に仕立て上げられ、追い詰められながらも無実を晴らすため、自ら真相を突きとめていくサスペンス・エンターテインメント作品。
監督:カール・フランクリン 出演:デンゼル・ワシントン(マット・リー・ウィトロック)、エヴァ・メンデス(アレックス・ディアス・ウィトロック)、サナ・レイサン(アン・マレー・ハリソン)、ディーン・ケイン(クリス・ハリソン)、ジョン・ビリングスレイ(チェイ)、テリー・ローリン(ストラーク)、ほか

「イコライザー2」のネタバレあらすじ結末

イコライザー2の紹介:2018年アメリカ映画。アカデミー賞、オスカー賞と幾多の名声を持つ名優デンゼル・ワシントンがアントワン・フークワと再びタッグを組んだ自身初のシリーズ作品。昼間はごく普通のタクシー運転手、マッコールは、世の中が裁けない悪を19秒で抹殺していく、元CIAエージェントとしての顔を持っていた。マッコールのかつての上官であり、現在の親友であるスーザンが何者かに殺害されたことに端を発し、死の真相に迫るマッコールはやがて自身と同じ手口を使う敵の存在にたどり着き、善と悪のイコライザー同士の避けられない戦いの幕が上がる。
監督:アントワン・フークワ 出演:デンゼル・ワシントン(ロバート・マッコール)、ペドロ・パスカル(デイブ・ヨーク)、アシュトン・サンダーズ(マイルズ)、ビル・プルマン(ブライアン・プラマー)、メリッサ・レオ(スーザン・プラマー)、ほか

「青いドレスの女」のネタバレあらすじ結末

青いドレスの女の紹介:1995年アメリカ映画。ウォルター・モズリイのミステリー小説『ブルー・ドレスの女』を映画化した作品で、人探しを依頼された失業者が、謎めいた青いドレスの女を巡る事件に巻き込まれていく姿を描いています。
監督:カール・フランクリン 出演者:デンゼル・ワシントン(エゼキエル・“イージー”・ローリンズ)、トム・サイズモア(ドウィット・オルブライト)、ジェニファー・ビールス(ダフネ・モネ)、ドン・チードル(マウス・アレクサンダー)、モーリー・チェイキン(マシュー・テレル)ほか

「ザ・ハリケーン」のネタバレあらすじ結末

ザ・ハリケーンの紹介:1999年アメリカ映画。この作品は、黒人差別がまだ盛んであった頃の1966年に、アメリカ合衆国で実際に起きた冤罪事件「ルービン・カーター事件」を題材とした伝記映画です。殺人事件の冤罪で終身刑を受けた黒人プロボクサーチャンピオン・ルービン・“ハリケーン”・カーターの無罪を潔白するため、奮闘する少年たちとカーターとの心の触れ合いと、この事件の顛末をシリアスに描いたヒューマンドラマです。キャッチコピーは「真実は、負けるはずがない。」です。
監督:ノーマン・ジュイソン 出演:デンゼル・ワシントン(ルービン・“ハリケーン”・カーター)、ヴィセラス・レオン・シャノン(レズラ・マーティン)、デボラ・カーラ・アンガー(リサ・ピータース)、リーヴ・シュレイバー(サム・チャイトン)、ジョン・ハナー(テリー・スウィントン)、デビ・モーガン(メイ・テルマ・カーター)、ほか

「グレート・ディベーター 栄光の教室」のネタバレあらすじ結末

グレート・ディベーター 栄光の教室(別題:グレート・ディベーター 挑戦者たち)の紹介:2007年アメリカ映画。1930年アメリカテキサス州の黒人大学ワイリー大学で教鞭を執っていたトルソン教授がディベートチームを結成した。記憶力抜群のヘンリー、弁護士志望の女生徒サマンサ、ほハミルトンとそして14歳の少年ジェームス・ジュニア、トルソン教授に追随し、彼らは言葉だけで戦うディベートで多くの人々の心を掴んでいく。
監督:デンゼル・ワシントン 出演:デンゼル・ワシントン、フォレスト・ウィテカー、デンゼル・ウィッテカー、ネイト・パーカー、ジャーニー・スモレット、ジャーメイン・ウィリアムズ、ジーナ・ラヴェラ、ジョン・ハード、キンバリー・エリス、デヴィン・タイラー、ほか

「トレーニングデイ」のネタバレあらすじ結末

トレーニング デイの紹介:2001年アメリカ映画。麻薬取締課に配属された新人刑事の「訓練日(トレーニング デイ)」を描くポリス・アクション。配属初日、新米刑事ジェイクはベテラン刑事アロンゾから麻薬取締官としてのいろはを教え込まれる。しかし捜査のためなら平然と法を犯すアロンゾに不信感を抱き始めるジェイク。そして疑念が頂点に達した時、思わぬ展開がジェイクを待ち受けていた。デンゼル・ワシントンが第74回アカデミー主演男優賞を受賞している。
監督:アントワーン・フークア 出演者:デンゼル・ワシントン(アロンゾ・ハリス)、イーサン・ホーク(ジェイク・ホイト)、スコット・グレン(ロジャー)、エヴァ・メンデス(サラ)、クリフ・カーティス(スマイリー)ほか

「天使の贈りもの」のネタバレあらすじ結末

天使の贈りものの紹介:1996年アメリカ映画。教会の神父を勤めるヘンリーに、その妻で美しい歌声を持つジュリア。クリスマスを間近に控えた冬のある日、街に天使が舞い降りた。まもなくニュータウン建設が始まり、立ち退きや取り壊しの家々が決まる中、助けを求める人々の居場所たる教会を守るため、ヘンリーは神に祈りをささげていた!
監督:ペニー・マーシャル 出演:デンゼル・ワシントン、ホイットニー・ヒューストン、コートニー・B・ヴァンス、グレゴリー・ハインズ、ライオネル・リッチー、ピエール・エドマンド、ほか

「フェンス」のネタバレあらすじ結末

フェンスの紹介:2016年アメリカ映画。オーガスト・ウィルソンによる戯曲を映画化した作品で、人種差別の根強い1950年代のアメリカを舞台にひとりの黒人男性とその家庭の愛と葛藤を描いたヒューマンドラマです。
監督:デンゼル・ワシントン 出演者:デンゼル・ワシントン(トロイ・マクソン)、ヴィオラ・デイヴィス(ローズ・リー・マクソン)、スティーヴン・マッキンリー・ヘンダーソン(ジム・ボノ)、ジョヴァン・アデポ(コーリー・マクソン)、ミケルティ・ウィリアムソン(ガブリエル・“ゲイブ”・マクソン)ほか

「マイ・ボディガード」のネタバレあらすじ結末

マイ・ボディガードの紹介:2004年アメリカ,メキシコ映画。元CIAの暗殺エージェントで軍人だったアルコール中毒のクリーシーは友達で元同僚のレイバーンからボディーガードの仕事を紹介される。「仕事」として渋々引き受けた彼の心を少しずつ開かせたのは彼が護衛することになった僅か9歳の少女、ピタだった。
監督:トニー・スコット 出演:デンゼル・ワシントン(ジョン・クリーシー)、ダコタ・ファニング(ピタ・ラモス)、クリストファー・ウォーケン(ポール・レイバーン)、ラダ・ミッチェル(リサ・ラモス)、マーク・アンソニー(サムエル・ラモス)、ほか

1 2 3

キーワードから探す

TOP↑