Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ダスティン・ホフマン映画一覧

ダスティン・ホフマンが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「ウワサの真相/ワグ・ザ・ドッグ」のネタバレあらすじ結末

ウワサの真相/ワグ・ザ・ドッグの紹介:1997年アメリカ映画。大統領選で再選を目指す現職大統領のスキャンダルを国民の目からそらせるため、側近とともに揉み消し屋、映画プロデューサーが奔走するブラックコメディ。ベルリン映画祭で銀熊賞を受賞。
監督:バリー・レヴィンソン 出演:
ダスティン・ホフマン(スタンリー・モッツ)、ロバート・デ・ニーロ(コンラッド・ブリーン)、アン・ヘッシュ(ウィニフレッド・エームス)、ウディ・ハレルソン(ウィリアム・シューマン軍曹)、デニス・リアリー(ファド・キング)、ウィリー・ネルソン(ジョニー・グリーン)、キルステン・ダンスト(トレイシー・ライム)、ウィリアム・H・メイシー(CIAエージェント)、ほか

「靴をなくした天使」のネタバレあらすじ結末

靴をなくした天使(別題:ヒーロー/靴をなくした天使)の紹介:1992年アメリカ映画。どうしようもない小悪党バーニーは有罪判決を受け、服役の危機に陥っていた。そんなある日彼は飛行機事故に遭遇し魔が差したように人助けをする。彼は名乗らずにその場を立ち去りったが故に、テレビは賞金を掛けその正体不明の人物を探し始めたが、それに名乗りを上げたのは全く別人のホームレス、ババーだった。聖人君子であるが騙りのヒーローと、性根の腐った小悪党だが真実のヒーローが織り成すハートウォーミングなコメディドラマ映画。
監督:スティーブン・フリアーズ 出演者:ダスティン・ホフマン(バーナード・“バーニー”・ラプラント)、ジーナ・デイビス(ゲイル・ゲイリー)、アンディ・ガルシア(ジョン・ババー)、ほか

「フック」のネタバレあらすじ結末

フックの紹介:1991年アメリカ映画。”永遠の少年”ピーターパンが家庭を持った40歳の仕事人間に!ピーターパンだったことも思い出せない中年男がフック船長にさらわれた我が子を助けるためネバーランドに帰ってくる。大人になることとは?家族の絆。ピーターの目を通して見る世界観は大人が見ても子供が見ても楽しめる作品です。
監督:スティーヴン・スピルバーグ 出演:ロビン・ウィリアムズ(ピーター・バニング/ピーターパン)、ダスティン・ホフマン(フック船長)、ジュリア・ロバーツ(ティンカーベル)、ボブ・ホスキンス(スミー)、マギー・スミス(ウェンディー・ダーリング)、キャロライン・グッドール(モイラ・バニング)、ほか

「コンフィデンス」のネタバレあらすじ結末

コンフィデンスの紹介:2003年アメリカ映画。ダスティン・ホフマンなど豪華俳優を起用したサスペンス映画。オチが読めない映画としても有名。二転三転するストーリーに、あなたは騙されずにいられるか。
監督:ジェームズ・フォーリー 出演:エドワード・バーンズ(ジェイク)、レイチェル・ワイズ(リリー)、アンディ・ガルシア(ビュターン)、ダスティン・ホフマン(キング)、ポール・ジアマッティ(ゴードー)、ブライアン・ヴァン・ホルト(マイルズ)、フランキー・G(ルーパス)、ロバート・フォスター(モーガン・プライス)、ほか

「スフィア」のネタバレあらすじ結末

スフィアの紹介:1998年アメリカ映画。心理学者ノーマンは緊急招集をかけられ、太平洋に浮かぶ基地に向かう。そこには旧知の数学者ハリー、今は物理学者になった教え子のテッド、同じく教え子の生物学者ベスがそろっており、バーンズ大佐の指揮の下、300年前海底に沈んだ宇宙船に接触することになった…。
監督:バリー・レヴィンソン 出演:ダスティン・ホフマン、シャロン・ストーン、サミュエル・L・ジャクソン、ピーター・コヨーテ、リーヴ・シュレイバー、クイーン・ラティファ、マルガ・ゴメス、ほか

「大統領の陰謀」のネタバレあらすじ結末

大統領の陰謀の紹介:1976年アメリカ映画。1972年のアメリカ大統領選に端を発した歴史的汚職事件“ウォーターゲート事件”を追うワシントン・ポストの二人のジャーナリストの手記『大統領の陰謀 ニクソンを追いつめた300日』を基に制作された実録ドラマで、アカデミー賞で4部門を獲得しています。
監督:アラン・J・パクラ 出演者:ダスティン・ホフマン(カール・バーンスタイン)、ロバート・レッドフォード(ボブ・ウッドワード)、ジャック・ウォーデン(ハリー・M・ローゼンフェルド)、マーティン・バルサム(ハワード・シモンズ)、ジェイソン・ロバーズ(ベン・ブラッドリー)ほか

「トッツィー」のネタバレあらすじ結末

トッツィーの紹介:1982年アメリカ映画。売れない中年俳優が試しに女装してオーディションを受けてみたところ予想外にウケてしまい、一躍スターダムにのし上がってしまう姿を描いたコメディ映画です。
監督:シドニー・ポラック 出演者:ダスティン・ホフマン(マイケル・ドーシー/ドロシー・マイケルズ)、ジェシカ・ラング(ジュリー・ニコルズ)、テリー・ガー(サンディ・レスター)、ダブニー・コールマン(ロン・カーライル)、チャールズ・ダーニング(レス・ニコルズ)ほか

「素敵なウソの恋まじない」のネタバレあらすじ結末

素敵なウソの恋まじないの紹介:2015年イギリス映画。シャイでまじめなシニア男性が、恋した相手のハートを射止めるために奇想天外な方法を繰り出すハートフルコメディ。「チャーリーとチョコレート工場」の原作者ロアルド・ダールの「ことっとスタート」を映画化。
出演:ジュディ・デンチ(シルバーさん)、ダスティン・ホフマン(ホッピーさん)、ジェームズ・コーデン(語り部の男性)、リチャード・コーデリー(プリングルス氏)、ほか

「ミート・ザ・ペアレンツ3」のネタバレあらすじ結末

ミート・ザ・ペアレンツ3の紹介:2010年アメリカ映画。パメラと結婚し双子を設けたグレッグは仕事も好調、新居も建設中です。双子の5歳を祝う誕生日パーティーの為、パメラの両親、ジャックとディナが訪ねて来ました。グレッグはある日、魅力的な製薬会社営業アンディから精力剤のプロモーション講演を行って欲しいと半ば強引に依頼され引き受けます。が、二人が不倫していると誤解したジャックは、パメラに元恋人ケヴィンとやり直すよう勧め、そのような誤解をされ、疑いを向けられたグレッグはジャックと喧嘩をします。
監督:ポール・ワイツ 出演:ロバート・デ・ニーロ(ジャック・バーンズ)、ベン・スティラー(グレッグ・フォッカー)、オーウェン・ウィルソン(ケヴィン・ローリー)、テリー・ポロ(パメラ・フォッカー)、ブライス・ダナー(ディナ・バーンズ)、ジェシカ・アルバ(アンディ・ガルシア)

「ミート・ザ・ペアレンツ2」のネタバレあらすじ結末

ミート・ザ・ペアレンツ2の紹介:2004年アメリカ映画。グレッグとパメラは結婚を控え両親同士を合わせる計画を立て、パメラの両親、ジャック&ディナ・バーンズ一家をグレッグのフロリダにある実家へ連れて行き両親バーニーとロズに会わせます。フォッカー家はバーンズ家と正反対で、明るくオープンな家族ですがお堅い元CIA捜査員ジャックは彼らを気に入りません。ジャックはグレッグの隠し子の存在を疑いグレッグに自白剤を飲ませたり、パーティーを潰したり、様々な問題を両家族の間へ巻き起こしていきます。
監督:ジェイ・ローチ 出演:ロバート・デ・ニーロ(ジャック・バーンズ)、ベン・スティラー(グレッグ・フォッカー)、ダスティン・ホフマン(バーニー・フォッカー)、バーブラ・ストライサンド(ロズ・フォッカー)、ブライス・ダナー(ディナ・バーンズ)、ほか

「スリーパーズ」のネタバレあらすじ結末

スリーパーズの紹介:1996年アメリカ映画。ニューヨーク・デイリー・ニュース紙の元記者ロレンゾ・カルカテラの実体験に基づいたノンフィクションを映画化した作品です。少年院時代に看守から暴力と性的虐待を受け、心に傷を負った若者たちの友情と復讐を描いた人間ドラマです。
監督:バリー・レヴィンソン 出演者:ジェイソン・パトリック(ロレンツォ・“シェイクス”・カルカテラ)、ブラッド・ピット(マイケル・サリヴァン)、ロバート・デ・ニーロ(ボビー神父)、ダスティン・ホフマン(ダニー・スナイダー弁護士)、ケヴィン・ベーコン(ショーン・ノークス)ほか

「ニューオーリンズ・トライアル」のネタバレあらすじ結末

ニューオーリンズ・トライアルの紹介:2003年アメリカ映画。銃の乱射事件で家族を失った遺族が銃器メーカーを訴えました。銃器メーカーは凄腕の陪審コンサルタントを雇って裁判を有利に進めようとしますが…。ジャン・グリシャムの原作を映画化した法廷サスペンスです。
監督:ゲイリー・フレダー 出演者:ジョン・キューザック(ニコラス・イースター)、ジーン・ハックマン(ランキン・フィッチ)、ダスティン・ホフマン(ウェンドール・ローア)、レイチェル・ワイズ(マーリー)、ブルース・デイヴィソン(ダーウッド・ケーブル)ほか

「新しい人生のはじめかた」のネタバレあらすじ結末

新しい人生のはじめかたの紹介:2008年アメリカ映画。離婚して独り身のハーヴェイ・シャインは、一人娘の結婚式に出席するためにロンドンを訪れますが、娘にバージンロードは義父と歩くと言われショックを受けます。そして同じく独り身のケイトと知り合い2人で行動を共にするようになります。
監督:ジョエル・ホプキンス 出演:ダスティン・ホフマン(ハーヴェイ・シャイン)、エマ・トンプソン(ケイト・ウォーカー)、アイリーン・アトキンス(マギー)、ジェームズ・ブローリン(ブライアン)、キャシー・ベイカー(ジーン)、ほか

「カルテット!人生のオペラハウス」のネタバレあらすじ結末

カルテット!人生のオペラハウスの紹介:2012年イギリス映画。原作は、ダニエル・シュミット監督のドキュメンタリー映画「トスカの接吻」を原案とした舞台「想い出のカルテット~もう一度唄わせて~」です。長く人生を歩んできた、音楽を愛する老人たちが、いろいろないざこざを乗り越えながら、かつての輝きを取り戻そうとする映画です。コメディもありますが、ドラマ的要素の方が強い気がします。美しい音楽とコンサートの様子が見どころです。生きるすばらしさと、老いてもいつでも、人間は輝けるチャンスを持っていることを教えてくれる映画です。
監督: ダスティン・ホフマン 出演: マギー・スミス(ジーン・ホートン)、トム・コートネイ(レジー・パジェット)、ビリー・コノリー(ウィルフ・ボンド)、ポーリン・コリンズ(シシー・ロブソン)、マイケル・ガンボン(シドリック・リビングストン))ほか

「卒業」のネタバレあらすじ結末

卒業の紹介:1967年アメリカ映画。アメリカン・ニュー・シネマの代表的傑作。全く無名の俳優だったダスティン・ホフマンがいきなり主演に抜擢され、これ一作でスターとなった。マイク・ニコルズがアカデミー賞監督賞を受賞。
監督:マイク・ニコルズ 出演:ダスティン・ホフマン(ベン)、アン・バンクロフト(ミセス・ロビンソン)、キャサリン・ロス(エレーン)、マーレイ・ハミルトン(ミスター・ロビンソン)

1 2
TOP↑