エドワード・ノートン映画一覧

エドワード・ノートンが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「犬ヶ島」のネタバレあらすじ結末

犬ヶ島の紹介:2018年アメリカ映画。今から20年後の日本。”ドッグ病”という謎の病が流行るメガ崎市で、人への感染を恐れた小林市長が「全ての犬を犬ヶ島へ追放する」と発表。多くの犬がゴミ島へと送られることに。そこへある時、12歳の少年が小型飛行機を自ら操縦したった1人で島へ降り立った。彼は市長の養子で孤児のアタリ。愛犬であり親友のスポッツを救うためにやって来たのだった。島で出会った勇敢で心優しい5匹の犬たちを引き連れて、スポッツの捜索をはじめたアタリは次第に島の謎と市長の思惑を知っていくこととなる。日本を深く愛するアンダーソン監督が、4年の歳月をかけ完成させ、ベルリン国際映画祭で監督部門銀熊賞を受賞。全米でも大ヒットを記録した。
監督:ウェス・アンダーソン 声優:ブライアン・クランストン(チーフ)、コーユー・ランキン(小林アタリ)、エドワード・ノートン(レックス)、リーブ・シュレイバー(スポッツ)、 ビル・マーレイ(ボス)、ほか

「キングダム・オブ・ヘブン」のネタバレあらすじ結末

キングダム・オブ・ヘブンの紹介:2005年アメリカ映画。聖地エルサレムを巡ってエルサレム王・イスラム王・十字軍が抗争を繰り広げた中世、鍛冶屋となっていた騎士の子が立ち上がり、たった一人でエルサレムの防衛に成功した史実を忠実に描いた歴史スペクタクル巨編です。
監督:リドリー・スコット 出演者:オーランド・ブルーム(バリアン・オブ・イベリン)、エヴァ・グリーン(シビラ)、リーアム・ニーソン(ゴッドフリー・オブ・イベリン)、ジェレミー・アイアンズ(ティベリウス卿)、マートン・チョーカシュ(ギー・ド・リュジニャン)、エドワード・ノートン(ボードゥアン4世)、ハッサン・マスード(サラディン)ほか

「プライド&グローリー」のネタバレあらすじ結末

プライド&グローリーの紹介:2008年アメリカ,ドイツ映画。ニューヨーク市警で働くレイの一家は警察一家でした。しかし義理の弟を中心とする警官たちの汚職が表面化し、警察一家は窮地に立たされます。家族を守るのか正義を貫くのか、揺れる心を描いた人間ドラマです。
監督:ギャヴィン・オコナー 出演者:エドワード・ノートン(レイ・ティアニー)、コリン・ファレル(ジミー・イーガン)、ジョン・ヴォイト(フランシス・ティアニー・Sr)、ノア・エメリッヒ(フランシス・ティアニー・Jr)、 ジェニファー・イーリー(アビー・ティアニー)ほか

「ラリー・フリント」のネタバレあらすじ結末

ラリー・フリントの紹介:1996年アメリカ映画。実在の人物であるポルノ雑誌編集者ラリー・フリントの衝撃の半生を描いた作品です。フリントの貧しい少年時代から最愛の妻との破天荒な日々、そして全米を騒然とさせた雑誌を巡る法廷闘争までを描いています。
監督:ミロス・フォアマン 出演者:ウディ・ハレルソン(ラリー・フリント)、コートニー・ラブ(アルシア・リージャー)、エドワード・ノートン(アラン・アイザックマン)、ドナ・ハノーヴァー(ルース・カーター・ステイプルトン)、リチャード・ポール(ジェリー・ファルエル)ほか

「素晴らしきかな、人生」のネタバレあらすじ結末

素晴らしきかな、人生の紹介:2016年アメリカ映画。失意のどん底に突き落とされた男が、友人や奇妙な舞台俳優と出会うことで生きる力を取り戻すドラマ映画。大変豪華なキャスティングで注目を集め、プラダやグッチ、トム・フォードといった著名なブランドが協力している。また、監督のデヴィッド・フランケルは2006年に大ヒットした映画「プラダを着た悪魔」の監督として知られている。
監督:デヴィッド・フランケル 出演:ウィル・スミス(ハワード)、ケイト・ウィンスレット(クレア)、エドワード・ノートン(ホイット)、キーラ・ナイトレイ(エイミー)、ヘレン・ミレン(ブリジット) ほか

「スコア」のネタバレあらすじ結末

スコアの紹介:2001年アメリカ映画。題名「スコア」とは隠語で「泥棒」を意味し、キャッチコピーは「最後に笑うヤツは誰だ?」で、クラブのオーナーと超一流の金庫破りという2つの顔を持つニックが、旧友マックスのために最後の一仕事をこなすクライム・サスペンス映画です。ロバート・デ・ニーロ、マーロン・ブランド、エドワード・ノートンの世代が違う3大スターが競演しています。
監督:フランク・オズ 出演:ロバート・デ・ニーロ(ニック)、エドワード・ノートン(ジャック)、マーロン・ブランド(マックス)、アンジェラ・バセット(ダイアン)、ほか

「ラウンダーズ」のネタバレあらすじ結末

ラウンダーズの紹介:1998年アメリカ映画。キャッチコピーは「一流の弁護士の道を捨てるか…、天才ラウンダーが男を賭けた勝負に挑む!!」で、闇のポーカー・ゲームに魅了された天才的なラウンダーズ(勝負師)の青年・マイクをマット・デイモンが演じた青春ドラマです。主人公マイクを中心に、ポーカー・ゲームの世界で生きる人間模様をクールに描き、緊迫感迫るカードゲームの心理戦をスリリングに描いたギャンブル映画です。
監督:ジョン・ダール 出演:マット・デイモン(マイク・マクダーマット)、エドワード・ノートン(ワーム)、ジョン・タートゥーロ(ジョーイ・クニッシュ)、ファムケ・ヤンセン(ペトラ)、グレッチェン・モル(ジョー)、ほか

「ファイト・クラブ」のネタバレあらすじ結末

ファイト・クラブの紹介:1999年アメリカ映画。主人公は高級ブランド品収集が趣味の冴えない男性。職業は自動車会社のリコール担当。不眠症に悩まされていた主人公は精神科医の勧めで、睾丸ガン患者の集いに参加する事にした、そこで出会う謎の女性マーラ。仕事で全米を飛び回っていた主人公が飛行機で出会う怪しげな自称石鹸屋タイラー・ダーデン。彼との邂逅が主人公の人生を大きく流転させる…
監督:デヴィッド・フィンチャー 出演:エドワード・ノートン(ジャック)、ブラッド・ピット(タイラー・ダーデン)、ヘレナ・ボナム=カーター(マーラ・シンガー)、ミート・ローフ・アディ(ロバート・ポールセン)、ほか

「世界中がアイ・ラヴ・ユー」のネタバレあらすじ結末

世界中がアイ・ラヴ・ユーの紹介:1996年アメリカ映画。ニューヨークに住むセレブ一家の恋愛の悲喜こもごもを、美しい四季の移り変わりと共に綴ったミュージカル・コメディ。恋愛や人生に喜びを見出し、人生を謳歌する登場人物たちの姿に、心の底からハッピーな気持ちになれる映画です。
監督:ウディ・アレン 出演者:ナターシャ・リオン(ジュナ)、ウディ・アレン(ジョー)、ドリュー・バリモア(スカイラー)、エドワード・ノートン(ホールデン)、ジュリア・ロバーツ(ヴォン)ほか

「ミニミニ大作戦(2003年)」のネタバレあらすじ結末

ミニミニ大作戦の紹介:2003年アメリカ映画。「ミニミニ大作戦」は1963年にイギリスで制作された「The Italian Job」のリメイク作品で、2003年にアメリカで制作されました。舞台はイタリアのヴェネチアから始まります。伝説の大泥棒であるある大御所の男が信頼する相棒と仲間とタッグを組み、最後の大仕事を成し遂げようとしますが、仲間の裏切りに遭い命を落としてしまいます。主人公の相棒だったチャーリーは彼に育てられた若者で彼の死を悲しみ復讐しようと誓います。伝説の大泥棒にはまじめに生きている娘がいました。彼女は父親から天才的な金庫破りの技術の才能を受け継いでおり、時が経ち、チャーリーと仲間達と共に父親を裏切った仲間に復讐をする活劇です。
監督: F・ゲイリー・グレイ 出演者: マーク・ウォールバーグ(チャーリー・クローカー)、シャーリーズ・セロン(ステラ)、エドワード・ノートン(スティーヴ・フレゼリ)、セス・グリーン(ライル)、ドナルド・サザーランド(ジョン)ほか

「真実の行方」のネタバレあらすじ結末

真実の行方の紹介:1996年アメリカ映画。大司教の殺害容疑で捕まった19歳の少年アーロンは無実を主張している。彼は無実なのか・・・敏腕弁護士が挑みます。
監督:グレゴリー・ホブリット 出演:リチャード・ギア(マーティン)、ローラ・リニー(ジャネット検事)、エドワード・ノートン(アーロン)、ほか

「インクレディブル・ハルク」のネタバレあらすじ結末

インクレディブル・ハルクの紹介:2008年アメリカ映画。実験により、興奮すると緑の巨人ハルクへと変貌してしまう若き科学者ブルースは、その実験を主導していた軍の手を逃れつつ治療方法を探していた。軍は特殊部隊を編成し彼を追っていたが、その一人が志願しブルースと同じ力を与えられる。しかしその兵士は力に溺れ暴走を始めてしまう。マーベルコミックの実写化でアイアンマンに続くマーベル・シネマティック・ユニバースシリーズ第2弾のSFアクション映画。2003年に製作された映画ハルクとは、原作を同じにしている以外物語の関連性は無い。

「フリーダ」のネタバレあらすじ結末

フリーダの紹介:2002年アメリカ映画。フリーダ・カーロのセンセーショナルな半生を、彼女の絵画へのオマージュと共に描く。内なる絵画に秘められたフリーダの感情とは?
監督:ジュリー・テイモア 出演:サルマ・ハエック(フリーダ・カーロ)、アルフレッド・モリナ(ディエゴ・リベラ)、ジェフリー・ラッシュ(レオン・トロツキー)、アシュレイ・ジャッド(ティナ・モドッティ)、アントニオ・バンデラス(ダヴィド・シケイロス)、エドワード・ノートン(ネルスン・ロックフェラー)、ヴァレリア・ゴリノ(ルペ・マリン)ほか

「レッド・ドラゴン」のネタバレあらすじ結末

レッド・ドラゴンの紹介:2002年アメリカ映画。映画『羊たちの沈黙』『ハンニバル』に続く、ハンニバル・レクター博士シリーズの第3弾の映画。時系列としては、シリーズ4作目の『ハンニバル・ライジング』に次いで、2番目にあたる映画。1980年の頃のアメリカで、グレアム捜査官とレクター博士の対決を描く。
監督:ブレット・ラトナー 出演者:エドワード・ノートン(ウィル・グレアム)、アンソニー・ホプキンス(ハンニバル・レクター)、ハーヴェイ・カイテル(ジャック・クロフォード)、レイフ・ファインズ(フランシス・ダラハイド)、エミリー・ワトソン(リーバ・マクレーン)ほか

「アメリカン・ヒストリーX」のネタバレあらすじ結末

アメリカン・ヒストリーXの紹介:1998年アメリカ映画。アメリカの社会問題である人種問題と白人至上主義に対して秀悦な脚本を元に映画化した作品で、出演者の好演もあり、アメリカの闇を浮き彫りにしていきます。
監督:トニー・ケイ 出演者:エドワード・ノートン、エドワード・ファーロング、ビヴァリー・ダンジェロ、ジェニファー・リーンほか

1 2
TOP↑