エドワード・ノートン映画一覧

「レッド・ドラゴン」のネタバレあらすじ結末

レッド・ドラゴンの紹介:2002年アメリカ映画。映画『羊たちの沈黙』『ハンニバル』に続く、ハンニバル・レクター博士シリーズの第3弾の映画。時系列としては、シリーズ4作目の『ハンニバル・ライジング』に次いで、2番目にあたる映画。1980年の頃のアメリカで、グレアム捜査官とレクター博士の対決を描く。
監督:ブレット・ラトナー 出演者:エドワード・ノートン(ウィル・グレアム)、アンソニー・ホプキンス(ハンニバル・レクター)、ハーヴェイ・カイテル(ジャック・クロフォード)、レイフ・ファインズ(フランシス・ダラハイド)、エミリー・ワトソン(リーバ・マクレーン)ほか

「アメリカン・ヒストリーX」のネタバレあらすじ結末

アメリカン・ヒストリーXの紹介:1998年アメリカ映画。アメリカの社会問題である人種問題と白人至上主義に対して秀悦な脚本を元に映画化した作品で、出演者の好演もあり、アメリカの闇を浮き彫りにしていきます。
監督:トニー・ケイ 出演者:エドワード・ノートン、エドワード・ファーロング、ビヴァリー・ダンジェロ、ジェニファー・リーンほか

「ムーンライズ・キングダム」のネタバレあらすじ結末

ムーンライズ・キングダムの紹介:2012年アメリカ映画。大人の仕切る世界から脱走したサムとスージーは入り江に二人だけの王国を作る。彼らの純真さが少しずつ大人たちを変えていく。
監督:ウェス・アンダーソン 出演:ジャレッド・ギルマン、カーラ・ヘイワード、ブルース・ウィリス、エドワード・ノートン、ビル・マーレイ、フランシス・マクドーマンド、ティルダ・スウィントンほか

「グランド・ブダペスト・ホテル」のネタバレあらすじ結末

グランド・ブダペスト・ホテルの紹介:2013年イギリス,ドイツ映画。名門、グランド・ブダペスト・ホテルのコンシエルジュ、グスタヴをご贔屓にしていたマダムDの遺産である一枚の絵を巡って始まった逃亡劇はどこかコミカル。
監督:ウェス・アンダーソン 出演:レイフ・ファインズ、トニー・レボトリ、F・マーレイ・エイブラハム、マチュー・アマルリック、エイドリアン・ブロディ、ウィレム・デュフォー、ジェフ・ゴールドブラム、ジュード・ロウ、エドワード・ノートン、ティルダ・スウィントンほか

「バードマン あるいは (無知がもたらす予期せぬ奇跡)」のネタバレあらすじ結末

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)の紹介:2014年アメリカ映画。長回しのような撮影スタイルを取り、なおかつ過去のヒーロー映画の栄光にすがる主人公をマイケルキートンというバットマン俳優に演じさせるという面白さ、そして脚本の面白さが好評を呼び、アカデミー賞を始め多くの賞を受賞した作品です。
監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ 出演者:マイケル・キートン、エドワード・ノートン、エマ・ストーン、ナオミ・ワッツほか

1 2

キーワードから探す

TOP↑