エリザベス・オルセン映画一覧

エリザベス・オルセンが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「ウインド・リバー」のネタバレあらすじ結末

ウインド・リバーの紹介:2017年アメリカ映画。ウインド・リバーは全米各地に点在するネイティブアメリカンの保留地のひとつ。荒れ果てた大自然の地で生活を強いられた人々は、貧困やドラッグなどの慢性的な問題を抱え苦しんでいた。そこへある日18歳の少女の遺体が発見される。捜査に当たるのはFBIより単身派遣された新人捜査官ジェーンと、ウインド・リバーに生きる凄腕ハンターのコリー。様々な苦難に見舞われながらも心を通わせ、理不尽な殺人事件の真相に迫っていく。『ボーダー・ライン』『最後の追跡』の脚本を担当したテイラー・シェリダンが”フロンティア3部作”最終章として本作を脚本・監督し、カンヌ国際映画祭〈ある視点〉部門で監督賞に輝いた作品。全米ではわずか4館の限定公開でスタートし、作品のクオリティより公開4週目で2095館へと拡大された。
監督:テイラー・シェリダン 出演:ジェレミー・レナー(コリー・ランバート)、エリザベス・オルセン(ジェーン・バナー)、ジョン・バーンサル(マット)、ギル・バーミンガム(マーティン)、ジュリア・ジョーンズ(ウィルマ)、ジェームズ・ジョーダン(ピート)、ケルシー・アスビル(ナタリー)、グレアム・グリーン(ベン)ほか

「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のネタバレあらすじ結末

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォーの紹介:2018年アメリカ映画。人類を守るために、最強ヒーローたちが集結した究極のチーム、アベンジャーズ。今回の敵は絶大なるパワーで銀河に破滅と恐怖をもたらそうとするサノス。宇宙に散らばる究極の力を持つ石、インフィニティ・ストーンを集め宇宙を支配しようとする。6つのストーン全てを手にした者は無限大の力が与えられることとなる。サノスを倒すために、アベンジャーズに加え、銀河一の落ちこぼれチーム”ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー”、魔術を操るドクター・ストレンジ、そしてワカンダの王ブラックパンサーが集結。アベンジャーズの究極の戦いが始まる。2008年の『アイアンマン』公開以来、18本のヒーロー映画を展開してきたマーベルの記念すべき10周年目の作品。
監督:アンソニー&ジョー・ルッソ 出演:ロバート・ダウニーJr.(アイアンマン/トニー・スターク )、クリス・ヘムズワース(ソー)、 マーク・ラファロ(ハルク/ブルース・バナー)、クリス・エヴァンス(キャプテン・アメリカ/スティーブ・ロジャース)、スカーレット・ヨハンソン(ブラック・ウィドウ/ナターシャ・ロマノフ)、ベネディクト・カンバーバッチ(ドクター・ストレンジ/スティーヴン・ストレンジ)、ドン・チードル(ウォーマシン/ジェームズ・ローズ)、トム・ホランド(アイアン・スパイダー/ピーター・パーカー)、チャドウィック・ボーズマン(ブラック・パンサー/ティ・チャラ)、ポール・ベタニー(ヴィジョン)、エリザベス・オルセン(スカーレット・ウィッチ/ワンダ・マキシモフ)、アンソニー・マッキー(ファルコン/サム・ウィルソン)、クリス・プラット(スター・ロード/ピーター・クイル)ほか

「マーサ、あるいはマーシー・メイ」のネタバレあらすじ結末

マーサ、あるいはマーシー・メイの紹介:2011年アメリカ映画。カルト集団によるマインド・コントロールに苦しむ女性の姿を描いたサスペンス作品。マーサは2年間過ごした山中のカルト集団から逃げ出し、姉夫婦の下へ身を寄せた。サポートを受け日常を取り戻そうとするマーサだったが、カルト集団の呪縛は次第に彼女を蝕み、周囲を困惑させていくのだった。
監督:ショーン・ダーキン 出演者:エリザベス・オルセン(マーサ)、サラ・ポールソン(ルーシー)、ジョン・ホークス(パトリック)、ヒュー・ダンシー(テッド)、ブラディ・コーベット(ワッツ)ほか

「アイ・ソー・ザ・ライト」のネタバレあらすじ結末

アイ・ソー・ザ・ライトの紹介:2015年アメリカ映画。1940年代~1950年代にかけて活躍した伝説のカントリーシンガー、ハンク・ウィリアムズのわずか29年の生涯を、彼の愛と苦悩、光と影を交えて描いた伝記ドラマです。主演のトム・ヒドルストン自らハンク・ウィリアムズの遺した楽曲たちを歌い上げています。
監督:マーク・エイブラハム 出演者:トム・ヒドルストン(ハンク・ウィリアムズ)、エリザベス・オルセン(オードリー・ウィリアムズ/オードリー・マエ・シェパード)、チェリー・ジョーンズ(ジェシー・リリーベル・”リリー”・スキッパー・ウィリアムズ)、ブラッドリー・ウィットフォード(フレッド・ローズ)、マディー・ハッソン(ビリー・ジーン・ジョーンズ)、レン・シュミット(ボビー・ジェット)ほか

「レッド・ライト」のネタバレあらすじ結末

レッド・ライトの紹介:2012年アメリカ,スペイン映画。一切の超能力や超常現象を否定し、科学の力でその嘘を暴こうとする科学者たちと、かつて一世を風靡した伝説の超能力者との対決を描いたサイコスリラー映画です。
監督:ロドリゴ・コルテス 出演者:キリアン・マーフィー(トム・バックリー)、シガニー・ウィーバー(マーガレット・マシスン)、ロバート・デ・ニーロ(サイモン・シルバー)、エリザベス・オルセン(サリー・オーウェン)、クレイグ・ロバーツ(ベン)ほか

「少女が大人に変わる夏」のネタバレあらすじ結末

少女が大人に変わる夏の紹介:2013年アメリカ映画。リリーとジェリーは親友同士。学校も夏休みに入ったある日、アイス売りをしていたデヴィッドと知り合います。恋人と友人との間で揺れ動きながら成長していく少女のひと夏を描く。
監督:ナオミ・フォナー 出演:ダコタ・ファニング(リリー)、エリザベス・オルセン(ジェリー)、ボイド・ホルブルック(デヴィッド)、エレン・バーキン(ノーマ)、クラーク・グレッグ(エドワード)、ピーター・サースガード(フィッツシモンズ)、ほか

「恋するふたりの文学講座」のネタバレあらすじ結末

恋するふたりの文学講座の紹介:2012年アメリカ映画。文学好きな35歳独身のジェシーは、ある日久しぶりに訪れた母校で女子大学生ジビーに出会います。年齢も離れ、性格も正反対の二人でしたが、文学を通して次第に惹かれあっていきます。
監督:ジョシュ・ラドナー 出演:エリザベス・オルセン(ジビー・ホバーグ)、リチャード・ジェンキンス(ピーター・ホバーグ)、アリソン・ジャネイ(フェアフィールド)、ジョン・マガロ(ディーン)、エリザベス・リーサー(アナ)、ほか

「オールド・ボーイ(2013年アメリカ)」のネタバレあらすじ結末

オールド・ボーイ(2013年アメリカ)の紹介:2013年アメリカ映画。韓国で大ヒットを記録した映画オールド・ボーイを、ハリウッドがリメイクした本作では、日本のオリジナルの原作から逸脱しないよう作り上げ、1級のスリラーが誕生しました。
監督:スパイク・リー 出演:ジョシュ・ブローリン、エリザベス・オルセン、シャールト・コプリー、サミュエル・L・ジャクソンほか

「GODZILLA ゴジラ (2014)」のネタバレあらすじ結末

GODZILLA ゴジラの紹介:2014年アメリカ作品。怪獣“ゴジラ”を、ハリウッドが実力派キャスト陣の豪華共演で映画化したアクション大作。アメリカ軍などが行った度重なる核実験により、地球上の放射能温度が上昇、それにより古代生物が地下から這い上がる状態となる。ゴジラも目覚め、古代生物との戦いが始まる。
監督:ギャレス・エドワーズ 出演:アーロン・テイラー=ジョンソン、渡辺謙、エリザベス・オルセン、ジュリエット・ビノシュ、サリー・ホーキンスほか

TOP↑