フランス映画一覧

フランス映画のネタバレあらすじ一覧です。おすすめフランス映画から、最新映画まで様々なジャンルのフランス映画を紹介しています。

「パリのどこかで、あなたと」のネタバレあらすじ結末

パリのどこかで、あなたとの紹介:2019年フランス映画。隣り合うアパートに住むメラニーとレミー。それ以外にさして接点のないふたり、互いに抱える葛藤やうまく行かない仕事や恋愛事情。接点のなさから、すれ違いながらもやがて巡り合い、恋に落ちるまでを描いています。なかなか出会わない事がもどかしく面白い作品です。
監督:セドリック・クラピッシュ 出演: フランソワ・シヴィル(レミー)、アナ・ジラルド(メラニー)、カミーユ・コッタン、フランソワ・ベルレアン、シモン・アブカリアン、アイ・アイダラ、レベッカ・マルデール、ピエール・ニネ、ほか

「ヘカテ」のネタバレあらすじ結末

ヘカテの紹介:1982年スイス,フランス映画。ヘカテとは、夜や冥界を司るとされる古代ギリシャ神話の女神。1930年代、北アフリカに赴任したフランスの若い外交官が奔放な美貌の人妻への恋に惑い夜の街をさまよう。ファム・ファタールとなるのはモデルとしても息の長い活躍を続けるローレン・ハットン。撮影監督のレナート・ベルタと組んで映画的魅力に満ちた作品を送り出したスイスの映画監督ダニエル・シュミットの、日本で最初に劇場公開された作品。2021年にデジタル・リマスター版でリバイバル公開。
監督:ダニエル・シュミット 出演者:ベルナール・ジロドー(ジュリアン・ロシェル)、ローレン・ハットン(クロチルド・ド・ワトヴィル)、ジャン・ブイーズ(ヴォーダブル)、ジャン=ピエール・カルフォン(マサール)、ジュリエット・ブラシュ(アンリ)、ほか

「ローズメイカー 奇跡のバラ」のネタバレあらすじ結末

ローズメイカー 奇跡のバラの紹介:2020年フランス映画。フランスの郊外。父から受け継いだ小さなバラ園を1人で経営するエヴ。過去にはローズメイカー(バラ育種家)として栄光を手にしていた時代もありましたが、今やバラ園は倒産寸前。そこへやってきたのが世間から見放されたド素人3人組。しかし手助けどころか足を引っ張り失敗の連続。そんな中エヴは世界初の新種のバラの交配を思いつく。そして翌年にパリのバガテル公園で開催されるバラ・コンクールに挑むことを決意した。フランス屈指のローズブランド、ドリュ社、メイアン社などが監修を担当し、コンクールを忠実に再現。愛すべきはみ出し者たちの感動サクセスストーリー。
監督:ピエール・ピノー 出演:カトリーヌ・フロ(エヴ)、メラン・オルメタ(フレッド)、ファツァー・ブヤメッド(サミール)、オリヴィア・コート(ヴェラ)、マリー・プショー(ナデージュ)、ヴァンサン・ドゥディエンヌ(ラマルゼル)ほか

「バクステール」のネタバレあらすじ結末

バクステール/ぼくを可愛がってください。さもないと何かが起こります。の紹介:1988年フランス映画。犬の視点で人間の闇を描く異色のサイコ・サスペンス。独居老人ドヴィルの家で暮らすブルテリア犬のバクステールは、偏屈で退屈な彼女を嫌っていた。向かいに住む若い夫婦に引き取られたいと思ったバクステールは、ドヴィルを階段から落として殺害してしまう。晴れて若夫婦に引き取られたものの、夫妻に赤ん坊が誕生すると彼らも理想の飼い主ではなくなった。赤ん坊を殺害しようとして失敗したバクステールは、今度は1人の少年に引き取られる。バクステールは、彼こそが待ちわびていた飼い主だと期待するのだが。
監督:ジェローム・ボワヴァン 出演者:リーズ・ドラマール(マルグリット・ドヴィル)、ジャン・メルキュール(アンドレ・クッツォ)、ジャック・スピエセル(ミシェル・フェレール)、フランソワ・ドリアンクール(シャルル)、カトリーヌ・フェラン(フロランス・モレル)ほか

「YAMAKASI ヤマカシ」のネタバレあらすじ結末

YAMAKASI ヤマカシの紹介:2001年フランス映画。驚異的な運動能力を駆使し、パリの街中のビルからビルへと昇り降り駆け回る集団ヤマカシ。そんな彼らを真似しようとして大怪我をしてしまった少年のためにヤマカシが危険な賭けに出る。リュック・ベッソンが手掛けたアクションシーンも秀逸。
監督:アリエル・ゼトゥン 出演:YAMAKASI、マエル・カモウン(ヴァンサン)、ブリュノ・フランデル(ミシュラン)、アフィダ・ターリ(ファティマ)、チョウ・ベル・ディン(エース)、ウィリアムズ・ベル(スパイダー)、マリク・ディウフ(イタチ)、シャルル・ペリエール(ブル)、ヤン・ノウトゥラ(ジクミュ)、ギレイン・ヌグバ・ボイェケ(ロケット)、ロラン・ピエモンテージ(タンゴ)、ほか

「レ・ミゼラブル(2019年)」のネタバレあらすじ結末

レ・ミゼラブルの紹介:2019年フランス映画。フランスの文豪ヴィクトル・ユーゴーの代表作『レ・ミゼラブル』にヒントを受けて製作され、同作の舞台のひとつであるフランス・モンフェルメイユの“今”を切り取った社会派ドラマです。移民と低所得者層の数多く住むこの街で相次ぐ人種間の対立、世代間の対立、警察による暴力などの社会問題を、この街に赴任してきたひとりの警察官の視点から描きます。自身もアフリカ系移民2世であるラジ・リ監督にとって初の長編作品であり、第92回アカデミー賞で国際長編映画賞にノミネート、セザール賞では最優秀作品賞を受賞するなど高い評価を得ました。
監督:ラジ・リ 出演者:ダミアン・ボナール(ステファン・ルイス)、アレクシ・マナンティ(クリス)、ジブリル・ゾンガ(グワダ)、イッサ・ペリカ(イッサ)、アル・ハッサン・リー(バズ)、スティーブ・ティアンチュー(市長)、レイモンド・ロペス(ゾロ)、アルマミ・カヌーテ(サラー)、ジャンヌ・バリバール(署長)ほか

「向かい風」のネタバレあらすじ結末

向かい風の紹介:2011年フランス, ベルギー映画。妻のサラが失踪してしまったポールは、故郷のサン・マロにいる兄を頼りパリから移住する事にした。そこで新たな人間関係を築くが、再び事件に巻き込まれてしまう。ポールが再起する日はやって来るのか。
監督:ジャリル・レスペール 出演者:ブノワ・マジメル、イザベル・カレ、アントワーヌ・デュレリ、ラムジー・ベディア、ブーリ・ランネール、マリー=アンジュ・カスタ、ダニエル・デュヴァル、ルブナ・アザバル、オーロール・クレマン、オドレイ・トトゥ、ほか

「12か月の未来図」のネタバレあらすじ結末

12か月の未来図の紹介:2017年フランス映画。教育崩壊が顕著になったパリ郊外の中学校に、1年限定でやってきた国語教師。移民の問題児達が集まるクラスに真正面からぶつかり、まとめ上げていく姿を描いています。2年間中学校の教育現場に取材を行い書き上げた脚本がベースになっています。
監督:オリヴィエ・アヤシュ=ヴィダル 出演:ドゥニ・ポダリデス(フランソワ・フーコー先生)、アブドゥライ・ディヤロ(セドゥ)、レア・ドリュッケール(カロリーヌ)、ジーネ・トリキ(アガト)、ほか

「パピチャ 未来へのランウェイ」のネタバレあらすじ結末

パピチャ 未来へのランウェイの紹介:2019年フランス,アルジェリア,ベルギー,カタール映画。暗黒の10年といわれる1990年代のアルジェリア内戦の時代を舞台に、イスラム原理主義による女性弾圧にもめげずに命がけでファッションショーを開こうと奮闘する女性大学生を描いた人間ドラマです。17歳までアルジェリアで過ごし、本作が長編映画監督デビュー作となるムニア・メドゥールが自身の経験から生み出した作品であり、タイトルの“パピチャ”とはアルジェリアのネットスラングで“愉快で常識にとらわれない自由な女性”を意味しています。本作は第72回カンヌ国際映画祭「ある視点部門」正式出品作に選ばれ、第45回セザール賞では新人監督賞と有望若手女優賞を受賞しています。
監督:ムニア・メドゥール 出演:リナ・クードリ(ネジュマ)、シリン・ブティラ(ワシラ)、アミラ・イルダ・ドゥアウダ(サミラ)、ザーラ・ドゥモンディ(カヒナ)、ヤシン・ウイシャ(メディー)、マルワーン・ファレス(カリム)、ナディア・カシ(マダム・カミシ)、メリエム・メジケーン(リンダ)ほか

「ペトルーニャに祝福を」のネタバレあらすじ結末

ペトルーニャに祝福をの紹介:2019年北マケドニア,フランス,ベルギー,クロアチア,スロヴェニア映画。身なりに無頓着で美人でもなく体型も太めな32歳のペトルーニャ。大学を出ても仕事はウェイトレスしかなく、自分の主義を曲げ努力して臨んだ面接では就活セクハラにあった上に不採用。そんな彼女が帰り道に地元の伝統儀式に遭遇する。それは司祭が川に投げ入れた十字架を追いかけ手に入れた者には幸せが訪れるという女人禁制の儀式。目の前に流れてきた十字架にすがりついたペトルーニャは地元住民や警察から怒りを買い騒動となる。映画の発端となった事件は、2014年に実際に起きた出来事を下敷きにしている。
監督:テオナ・ストゥルガル・ミテフスカ 出演:ゾリツァ・ヌシェヴァ(ペトルーニャ)、ラビナ・ミテフスカ(ジャーナリストのスラビツァ)、シメオン・モニ・ダメフスキ(検察長官ミラン)、スアド・ベゴフスキ(司祭)、ステファン・ヴイシッチ(若い警官ダルコ)、ヴィオレタ・シャプコフスカ(母ヴァスカ)ほか

「イーヴィル・キラー」のネタバレあらすじ結末

イーヴィル・キラーの紹介:2013年アルゼンチン,フランス映画。女を傷つける男の殺人を請け負う、女殺し屋ロサリオが、マリアという女性から夫殺しを依頼されます。その夫ロドリゴに近づいたロサリオでしたが、ロドリゴこそロサリオの元夫でした。愛するロドリゴを殺せないロサリオを見たマリアは、ロサリオの命を狙い始め…という内容のアルゼンチンのサスペンスアクション映画です。4人の女優がそれぞれロサリオを演じるという、かなり難解な作品です。
監督:イスラエル・アドリアン・カエターノ 出演者:フロレンシア・ラッジ(ロサリオ) 、フアナ・ビアーレ(アンジェリカ) 、アナ・セレンターノ(マリア) 、ラファエル・フェロ(ロドリゴ)、ほか

「海を駆ける」のネタバレあらすじ結末

海を駆けるの紹介:2018年日本,フランス,インドネシア映画。インドネシアのアチュ海岸に流れ着いた日本人男性ラウを、NPO法人で働く貴子は引きとります。やがて貴子と息子のタカシや友人のクリスとイルマ、そして姪のサチコ達は、ラウの不思議な力に巻き込まれていくのでした。『文學界』に掲載された深田晃司の『海を駆ける』を自ら映画化したもので、結末までわかる小説に対し、映画の方は謎が残されたまま終わります。小説ではラウは死を導く人として描かれ、倒れた貴子は死んでいます。
監督:深田晃司 出演者:ディーン・フジオカ(ラウ)、太賀(タカシ)、阿部純子(サチコ)、アディパティ・ドルケン(クリス)、セカール・サリ(イルマ)、鶴田真由(貴子)ほか

「氷の世界へ」のネタバレあらすじ結末

氷の世界への紹介:2016年フランス, ベルギー映画。憧れの教授の手伝いに指名された引っ込み思案なクリストフィンは、とある物質の研究に自分の身体を被検体として差し出すことにした。二人だけの秘密の研究の行方はいかに。
監督:マリー・マディニエ 出演者:シャルロット・ルボン、ギョーム・カネ、アンヌ・ル・ニ、パトリック・ダスンサオ、ダミアン・シャペル、グザヴィエ・ボーヴォワ、ヴァンサン・ローネー=フラン、チェスキーニ、ほか

「ファーザー」のネタバレあらすじ結末

ファーザーの紹介:2020年イギリス,フランス映画。80歳になった父親アンソニーに認知症の兆候が見え心配する娘のアン。父親にヘルパーをつけようとするアンの気持ちをよそに、気難しいアンソニーは難癖をつけてはヘルパーを追い出す始末。しかし、アンソニーの病状は悪化していき、次第に自分の置かれている立場を把握することが難しくなる。アンソニーの困惑は苛立ちへと変わりアンに当たることもしばしば。それでも懸命にアンは父親を支える。物語はアンソニーの視点で描かれ、認知症による記憶と時間の混乱をアンソニーと共に観る者も体験することができる。アカデミー賞で脚本賞と主演男優賞の2冠を果たしたほか、数々の賞を獲得。
監督:フロリアン・ゼレール 出演:アンソニー・ホプキンス(アンソニー)、オリヴィア・コールマン(アン)、マーク・ゲイティス(男)、イモージュン・プーツ(ローラ)、ルーファス・シーウェル(ポール)、オリヴィア・ウィリアムズ(女)ほか

「家族のレシピ」のネタバレあらすじ結末

家族のレシピの紹介:2018年シンガポール,日本,フランス映画。シンガポール・日本・フランス合作による、「食と家族の絆」をテーマにした国際色豊かなヒューマンドラマです。ラーメン屋の息子である主人公(斎藤工)は店主だった父の死をきっかけに、亡き母の故郷であるシンガポールを訪れ、母のルーツを辿る旅に出る過程を描きます。
監督:エリック・クー 出演者:斎藤工(山本真人)、マーク・リー(ウィー)、ジネット・アウ(メイリアン)、伊原剛志(山本和男)、別所哲也(山本明男)、ビートリス・チャン(マダム・リー)、松田聖子(美樹)ほか

1 2 3 4 5 57

キーワードから探す

TOP↑