フランス映画一覧

フランス映画のネタバレあらすじ一覧です。おすすめフランス映画から、最新映画まで様々なジャンルのフランス映画を紹介しています。

「囚われの美女」のネタバレあらすじ結末

囚われの美女の紹介:1983年フランス映画。闇の組織に所属する男性、ヴァルテルが体験する夢と現実の狭間の物語。ヴァルテルはダンスホールでブロンドの美女と出会い、運転中に彼女が道端で倒れているのを発見する。親切心から医者に見せようと近くの屋敷に運ぶが、ヴァルテルは次々と奇妙な体験をすることになる。1983年にフランスで公開され、1989年に日本でも公開された。アラン・ロブ・グロエ監督の作品が日本で公開されたのはこれが初めてとなった。
監督:アラン・ロブ・グロエ 出演:ダニエル・メグイシュ(ヴァルテル)、ガブリエル・ラズゥール(マリー・アンジュ)、シリエル・クレール(サラ)、ほか

「ラスト・エージェント/奪還」のネタバレあらすじ結末

ラスト・エージェント/奪還の紹介:2014年フランス映画。テロリスト集団に息子を誘拐された女性大臣のナタリーは、諜報員時代の同僚で恋人だったジャックに救出の依頼をしますが断られてしまいます。しかしジャックは誘拐された息子が自分の息子であることがわかると、ナタリーを連れて救出にむかうことになりますが…という内容の戦闘アクション映画です。アクション映画は珍しいフランス作品ですが、ド派手な銃撃シーンは見ごたえがあります。
監督:ジェローム・レオナール、ミカエル・モンジャン 出演者:イヴ・ルネ・ボンジュール(シャルル)、ジャック・スティバル(ジャック)、ルシール・ジェラン(ナタリー)、ダリナ・アガエバ(マルコヴァ)、ステファヌ・スカルディッキオ(イーゴリ)ほか

「ザ・スクワッド」のネタバレあらすじ結末

ザ・スクワッドの紹介:2015年フランス,イギリス映画。手荒い取り締まりを繰り返すパリ警察の特別捜査班のセルジュのチームでしたが、宝石強盗の手口を見て、過去に自分が逮捕したカスペールの仕業だと証拠もなく逮捕したことから、セルジュは捜査から外されてしまいます。しかし、宝石強盗には大きな裏がある事を突き止めたセルジュは…という内容のクライムアクション映画です。ジャン・レノが主演ですが、露出はアルバン・ルノワールが多くジャン・レノが脇役に徹している感があります。
監督:バンジャマン・ロシェ 出演者:ジャン・レノ(セルジュ)、アルバン・ルノワール(カルティエ)、カテリーナ・ムリーノ(マルゴ)、ティエリー・ヌーヴィック(ベッカー)ほか

「ヘル・トラップ」のネタバレあらすじ結末

ヘル・トラップの紹介:2011年フランス映画。ドイツ占領下の中、ユダヤ人3人が乗った飛行機が大西洋に墜落。ゴムボートで脱出した3人は無人島を見つけ上陸しますが、次々落とし穴に落ち、一人が死んでしまいます。出口を探す二人は冷凍された美女と、ドイツの研究室を見つけますが・・・という内容のアドベンチャーホラー映画です。
監督:オリヴィエ・ボワイヨ 出演:ミシェル・ベアトリクス(アルベール)、シリエル・ドゥブレイユ(フランシーヌ)、カドゥール・ドルガン(フランク)、ジェレミー・デュプロイ・J(ピエール)ほか

「最後の愛人」のネタバレあらすじ結末

最後の愛人の紹介:2007年フランス映画。19世紀のパリを舞台に、真実の愛で貴婦人の娘と結婚しながらも、快楽ゆえに10年来の愛人とも切ることのできない青年の退廃を描く。
監督:カトリーヌ・ブレイヤ 出演:アーシア・アルジェント(ベリーニ)、ロキサーヌ・メスキダ(エルマンガルド)、フアド・アイト・アトゥ(リノ)、クロード・サロート、ほか

「静かなレジスタンス」のネタバレあらすじ結末

静かなレジスタンスの紹介:2008年フランス, ベルギー映画。ドイツ占領下のフランスで、レストランを営む老婦人ルイーズが、ケガをしたイギリス兵を匿ったことで、多くの犠牲を払いながらもレジスタンス運動に貢献する。
監督:ティエリ・ビニスティー 出演:リーヌ・ルノー、ピエール・モンディ、リヒャルト・サメル、サイモン・ボイル、Nadine Marcovici、ほか

「地獄愛」のネタバレあらすじ結末

地獄愛の紹介:2014年ベルギー,フランス映画。シングルマザーのグロリアは、出会い系サイトで知り合ったミシェルに心奪われる。しかし、ある日女性といるとこを目撃する。ミシェルの本当の姿は、女性の性的欲求を満たし、金を引き出させようとする結婚詐欺師だった。しかしグロリアの思いは強く、彼の稼業を手伝っていくのだった。
監督:ファブリス・ドゥ・ヴェルツ 出演:ロラ・ドゥエニャス(グロリア)、ローラン・リュカ(ミシェル)、エレーナ・ノゲラ(ソランジュ)、エディット・ル・メルディ、アン=マリー・ループ、ピリ・グロイン、ほか

「ブーベの恋人」のネタバレあらすじ結末

ブーベの恋人の紹介:1963年イタリア,フランス映画。終戦後のイタリアを舞台に、反ファシスト活動家で人を殺して追われる青年ブーベと、その恋人マーラの愛のゆくえ、マーラの女性としての成長を描いた恋愛ドラマです。
監督:ルイジ・コメンチーニ 出演:クラウディア・カルディナーレ(マーラ)、ジョージ・チャキリス(ブーベ)、マルク・ミシェル(ステファーノ)、ダニー・パリス(リリアーナ)、ほか

「愛のめぐりあい」のネタバレあらすじ結末

愛のめぐりあいの紹介:1995年フランス,イタリア,ドイツ映画。作品の構想を練る旅をする映画監督を案内役とした4話からなるオムニバス映画。病気で再起を危ぶまれていたミケランジェロ・アントニオーニがヴィム・ヴェンダースの補佐を得て久々に送り出した作品。本編4つをアントニオーニが、プロローグ、各話のつなぎ部分、エピローグをヴェンダースが演出した。日曜画家とその友人という役でマルチェロ・マストロヤンニとジャンヌ・モローが友情出演。R-15指定。
監督:ミケランジェロ・アントニオーニ 出演者:ジョン・マルコヴィッチ(映画監督)、キム・ロッシ=スチュアート(シルヴァーノ)、イネス・サストル(カルメン)、ソフィー・マルソー(港町の女)、キアラ・カゼッリ(イタリア人の女)、ピーター・ウェラー(アメリカ人の男)、ファニー・アルダン(パトリツィア)、ジャン・レノ(妻に逃げられた男)、ヴァンサン・ベレーズ(青年)、イレーヌ・ジャコブ(教会に行く女)ほか

「海辺のホテルにて」のネタバレあらすじ結末

海辺のホテルにての紹介:1981年フランス映画。恋人を亡くし新たな愛にとまどう女と、彼女の心を掴みきれないことに苛立ちを抑えられない男。1組の男女の愛するがゆえに苦悩する姿を描く。
監督:アンドレ・テシネ 出演:カトリーヌ・ドヌーヴ(エレーヌ)、パトリック・ドヴェール(ジル)、サビーヌ・オードパン(イリース)、ジョジアーヌ・バラスコ(コレット)、ほか

「アンナ」のネタバレあらすじ結末

アンナの紹介:1966年フランス映画。ジャン=リュック・ゴダール作品のミューズだったアンナ・カリーナを主演に迎えたミュージカル・コメディ。アンナが演じるのは田舎からパリにやってきた女の子「アンナ」。ポスターに偶然写り込んだ「アンナ」に恋してしまう広告代理店店長は『女は女である』等でアンナ・カリーナと共演しているジャン=クロード・ブリアリ。元々テレビ放送向けに製作された作品だが撮影は35mmフィルムで行われ、パリ市内各所の風景が鮮明に記録されている。アンナ・カリーナ、マリアンヌ・フェイスフル、ジャン=クロード・ブリアリ、そしてゲンスブール本人によって歌われる歌曲の作詞・作曲は、セルジュ・ゲンスブール。
監督:ピエール・コラルニック 出演者:アンナ・カリーナ(アンナ)、ジャン=クロード・ブリアリ(セルジュ)、マリアンヌ・フェイスフル(若い娘)、セルジュ・ゲンスブール(セルジュの仕事仲間)ほか

「サロン・キティ」のネタバレあらすじ結末

サロン・キティ(別題:ナチ女秘密警察/SEX親衛隊/鉄十字の愛人)の紹介:1976年イタリア,フランス,西ドイツ映画。第二次大戦中のベルリンで権力を掌中に収めようとする親衛隊長と、娼婦として高級娼館に送り込まれた女スパイと娼館の女主人がおりなす愛と復讐の狂気。
監督:ティント・ブラス 出演:ヘルムート・バーガー(ヘルムート・ワレンベルグ)、イングリッド・チューリン(キティ・ケラーマン)、テレサ・アン・サヴォイ(マルゲリータ)、ジョン・スタイナー(ビオンド)、サラ・スペラティ(ヘルガ)、マリア・ミーキ(ヒルデ)、パオラ・セナトーレ(マリカ)、ステファノ・サッタ・フローレス(ディーノ)、ベキム・フェーミュ(ハンス)、ほか

「C階段」のネタバレあらすじ結末

C階段の紹介:1985年フランス映画。パリのありふれたアパルトマンを舞台に、そこに暮らす人々の姿を描くドラマ作品。美術評論家フォステールは確かな審美眼を評価されているが、同時に高慢で皮肉屋な性格も有名だった。他人を見下しつつもアパルトマンの住人達とは適度に付き合う毎日。そんなある夜、アパルトマンの住人マダム・ベルナールが首吊り自殺をしてしまう。初めて他人に同情したフォステールは、これまでの自分を見直し人間的に成長していくのだった。
監督:ジャン=シャルル・タケラ 出演者:ロバン・ルヌーチ(フォステール・ラフォン)、ジャン=ピエール・バクリ(ブルーノ)、カトリーヌ・ルプランス(フロランス・マルタン)、ジャック・ボナフェ(クロード)、カトリーヌ・フロ(ベアトリス)ほか

「素晴らしき放浪者」のネタバレあらすじ結末

素晴らしき放浪者の紹介:1932年フランス映画。絶望した浮浪者ブーデュがセーヌ川に飛び込んだことに始まる本屋夫婦の家のてんやわんや。作品を企画・プロデュースした個性派俳優ミシェル・シモンの魅力が炸裂。パリの街角の実際の風景も新鮮な、淫らで、自由で、のびのびした、ジャン・ルノワール監督の傑作。
監督:ジャン・ルノワール 出演者:ミシェル・シモン(ブーデュ)、シャルル・グランヴァル(レスタンゴワ)、マルセル・エニア(レスタンゴワ夫人)、セヴリーヌ・レルシンスカ(アンヌ=マリ)ほか

「奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ」のネタバレあらすじ結末

奇跡の教室 受け継ぐ者たちへの紹介:2014年フランス映画。貧困層が数多く住むフランス・パリ郊外の学校を舞台に、ひとりのベテラン女性教師がナチスに関する授業を通じて問題児ばかりのクラスを変えていく姿を、実話を基に描いたヒューマンドラマです。
監督:マリー・カスティーユ・マンシオン・シャール 出演者:アリアンヌ・アスカリッド(アンヌ・ゲゲン)、アハメッド・ドゥラメ(マリック)、ノエミー・メルラン(メラニー)、ジュヌヴィエーヴ・ムニッフ(イヴェット)、ステファヌ・バク(マックス)ほか

1 2 3 4 5 49

キーワードから探す

TOP↑