フランス映画一覧

フランス映画のネタバレあらすじ一覧です。おすすめフランス映画から、最新映画まで様々なジャンルのフランス映画を紹介しています。

「パリの調香師 しあわせの香りを探して」のネタバレあらすじ結末

パリの調香師 しあわせの香りを探しての紹介:2019年フランス映画。人生に挫折してしまった調香師と、同じく人生に挫折してしまい崖っぷちの際にいる運転手が、互いに交流することで再生していく姿を描いた作品。ディオールに協力を得て、香水業界の事情をリアルに表現しています。フランスで大ヒットした大人向けの感動作です。
監督:グレゴリー・マーニュ 出演:エマニュエル・ドゥヴォス(アンヌ・ヴァルベルグ)、グレゴリー・モンテル(ギヨーム・ファーヴル)、セルジ・ロペス(バリェステル先生)、ギュスタヴ・ケルヴェン(アルセーヌ)、ゼリー・リクソン(レア・ファーヴル)、ほか

「貝殻と僧侶」のネタバレあらすじ結末

貝殻と僧侶の紹介:1927年フランス映画。僧侶の抑圧された欲望を極めて絵画的に描いたドラマ作品。禁欲的な生活を送る僧侶は、欲望を払うかのようにガラスを砕いている。ガラスを砕く度に将軍の姿が現れては消えていく。将軍に止められた僧侶は椅子から落ち、四つん這いで外に出た。すると将軍とその妻の姿を発見する。僧侶にとって将軍の妻は理想の女性だった。僧侶は嫉妬に狂い、将軍を絞殺してしまう。僧侶が将軍夫人の胸元を露にすると、その胸は貝殻に包まれた。夫人を追いかける僧侶。しかし彼女は彼のものにはならない。僧侶は大きな二枚貝の片方を握り締め、そこに満たされた黒い水を飲み込んだ。
監督:ジェルメーヌ・デュラック 出演者:アリクス・アラン(僧侶)、ジェニカ・アサナシュー(将軍の妻)、ルシアン・バタイユ(将軍)ほか

「ニューヨーク 親切なロシア料理店」のネタバレあらすじ結末

ニューヨーク 親切なロシア料理店の紹介:2019年デンマーク,カナダ,スウェーデン,フランス,ドイツ,イギリス,アメリカ映画。ニューヨークの歴史あるロシア料理店に、子供を2人連れた母親が転がり込んできた。多くは語らないが何か訳ありな様子。このロシア料理店を中心に、辛い人生でも懸命に生きる人達の姿がとても美しい作品。人に親切にする素晴らしさを教えてくれます。
監督:ロネ・シェルフィグ 出演:ゾーイ・カザン(クララ)、アンドレア・ライズボロー(アリス)、タハール・ラヒム(マーク)、ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ(ジェフ)、ジェイ・バルシェル(ジョン・ピーター)、ビル・ナイ(ティモフェイ)、ジャック・フルトン(アンソニー)、フィンレイ・ヴォイタク=ヒソン(ジュード)、ほか

「恋する遊園地」のネタバレあらすじ結末

恋する遊園地の紹介:2019年フランス,ベルギー,ルクセンブルク映画。主人公の女性が遊園地の遊具に恋をしてジャンボと名付けます。やがてジャンボも彼女の気持ちに応えるように彼女を愛する意思を見せ始めます。エッフェル塔に恋をし、結婚してしまったという実話を元にして本作は作られました。
監督:ゾエ・ウィトック 出演:ノエミ・メルラン(ジャンヌ)、エマニュエル・ベルコ(母 / マーガレット)、バスティアン・ブイヨン(マルク)、サム・ルーウィック(ユベール)、ほか

「迷子の警察音楽隊」のネタバレあらすじ結末

迷子の警察音楽隊の紹介:2007年イスラエル,フランス映画。イスラエルの地で迷子になったエジプトの警察楽団と、地元住民との心の交流を描くコメディ&ドラマ作品。エジプトのアレキサンドリア警察楽団は、文化交流のためにイスラエルに招かれた。しかし手違いで空港に迎えが現れず、痺れを切らした楽団は自力で目的地へ向かうことにした。ところが行き先を間違えてしまい、ホテルも無い辺境の町で迷子になってしまう。親切な地元住人の家で一泊させて貰うことになったが、言葉も宗教も違う彼らの間に流れる空気は重かった。静かに夜が更ける中、彼らは少しずつ心の内を吐露していく。
監督:エラン・コリリン 出演者:サッソン・ガーベイ(トゥフィーク)、ロニ・エルカベッツ(ディナ)、サレ・バクリ(カーレド)、カリファ・ナトゥール(シモン)、ルビ・モスコヴィッツ(イツィク)ほか

「ブラインド・デート(2014年)」のネタバレあらすじ結末

ブラインド・デートの紹介:2014年フランス映画。プロのピアニストを目指すある女性が引っ越して来たアパルトマン。壁の向こう側の名も知らぬ隣人の男性との交流を通して、殻を破る。そして二人の恋の行方は?
監督:クロヴィス・コルニアック 出演者:メラニー・ベルニエ(彼女)、クロヴィス・コルニアック(彼)、リル・フォッリ(シャーロット)、フィリップ・デュクズヌ(アルテュス)、グレゴリー・オースターマン(エヴゲニ)、ほか

「水の中のつぼみ」のネタバレあらすじ結末

水の中のつぼみの紹介:2007年フランス映画。思春期の少女達の恋を瑞々しく描くドラマ作品。15歳の少女マリーは、親友アンヌを応援するためアーティスティックスイミング教室の競技大会へ向かった。その中でマリーは一際華やかな魅力を放つ上級生フロリアーヌに目を奪われる。一瞬で彼女に恋をしてしまったマリーは、何とかして近付こうと必死に努力した。そんな日々を過ごす内に、2人の距離は次第に縮まっていく。フロリアーヌは男遊びが激しいと専らの噂で、チームメイトから孤立していた。やがてフロリアーヌは自身の思わぬ秘密をマリーに打ち明ける。
監督:セリーヌ・シアマ 出演者:ポーリーヌ・アキュアール(マリー)、アデル・エネル(フロリアーヌ)、ルイーズ・ブラシェール(アンヌ)、ワラン・ジャッカン(フランソワ)、クリステル・バラ(検査官)、ほか

「トゥルー・ヒストリー・オブ・ザ・ケリー・ギャング」のネタバレあらすじ結末

トゥルー・ヒストリー・オブ・ザ・ケリー・ギャングの紹介:2019年オーストラリア,イギリス,フランス映画。アイルランド移民の貧しい家庭で育ったネッド・ケリーは幼い頃から父に代わって家族を支えていたが、父の死後、生活のため山賊に売られてしまう。10代で投獄され、出所後は家族の元に戻るも幸せは続かない。警察は難癖をつけては彼や家族を投獄しようする。貧困者への横暴や家族や仲間への理不尽な扱いに耐えられなくなったネッドは、自らの正義、家族と仲間への愛から、弟や仲間たちと共にギャンググループ『ケリー・ギャング』を結成し、国家権力に立ち向かう反逆者となっていく。
監督:ジャスティン・カーゼル 出演:ジョージ・マッケイ(ネッド・ケリー)、エシー・デイヴィス(エレン・ケリー)、ニコラス・ホルト(フィッツパトリック)、オーランド・シュワート(ネッド・ケリー少年時代)、トーマシン・マッケンジー(メアリー・ハーン)、ショーン・キーナン(ジョー・バーン)、チャーリー・ハナム(オニール巡査)、ラッセル・クロウ(ハリー・パワー)、ほか

「パリのどこかで、あなたと」のネタバレあらすじ結末

パリのどこかで、あなたとの紹介:2019年フランス映画。隣り合うアパートに住むメラニーとレミー。それ以外にさして接点のないふたり、互いに抱える葛藤やうまく行かない仕事や恋愛事情。接点のなさから、すれ違いながらもやがて巡り合い、恋に落ちるまでを描いています。なかなか出会わない事がもどかしく面白い作品です。
監督:セドリック・クラピッシュ 出演: フランソワ・シヴィル(レミー)、アナ・ジラルド(メラニー)、カミーユ・コッタン、フランソワ・ベルレアン、シモン・アブカリアン、アイ・アイダラ、レベッカ・マルデール、ピエール・ニネ、ほか

「ヘカテ」のネタバレあらすじ結末

ヘカテの紹介:1982年スイス,フランス映画。ヘカテとは、夜や冥界を司るとされる古代ギリシャ神話の女神。1930年代、北アフリカに赴任したフランスの若い外交官が奔放な美貌の人妻への恋に惑い夜の街をさまよう。ファム・ファタールとなるのはモデルとしても息の長い活躍を続けるローレン・ハットン。撮影監督のレナート・ベルタと組んで映画的魅力に満ちた作品を送り出したスイスの映画監督ダニエル・シュミットの、日本で最初に劇場公開された作品。2021年にデジタル・リマスター版でリバイバル公開。
監督:ダニエル・シュミット 出演者:ベルナール・ジロドー(ジュリアン・ロシェル)、ローレン・ハットン(クロチルド・ド・ワトヴィル)、ジャン・ブイーズ(ヴォーダブル)、ジャン=ピエール・カルフォン(マサール)、ジュリエット・ブラシュ(アンリ)、ほか

「ローズメイカー 奇跡のバラ」のネタバレあらすじ結末

ローズメイカー 奇跡のバラの紹介:2020年フランス映画。フランスの郊外。父から受け継いだ小さなバラ園を1人で経営するエヴ。過去にはローズメイカー(バラ育種家)として栄光を手にしていた時代もありましたが、今やバラ園は倒産寸前。そこへやってきたのが世間から見放されたド素人3人組。しかし手助けどころか足を引っ張り失敗の連続。そんな中エヴは世界初の新種のバラの交配を思いつく。そして翌年にパリのバガテル公園で開催されるバラ・コンクールに挑むことを決意した。フランス屈指のローズブランド、ドリュ社、メイアン社などが監修を担当し、コンクールを忠実に再現。愛すべきはみ出し者たちの感動サクセスストーリー。
監督:ピエール・ピノー 出演:カトリーヌ・フロ(エヴ)、メラン・オルメタ(フレッド)、ファツァー・ブヤメッド(サミール)、オリヴィア・コート(ヴェラ)、マリー・プショー(ナデージュ)、ヴァンサン・ドゥディエンヌ(ラマルゼル)ほか

「バクステール」のネタバレあらすじ結末

バクステール/ぼくを可愛がってください。さもないと何かが起こります。の紹介:1988年フランス映画。犬の視点で人間の闇を描く異色のサイコ・サスペンス。独居老人ドヴィルの家で暮らすブルテリア犬のバクステールは、偏屈で退屈な彼女を嫌っていた。向かいに住む若い夫婦に引き取られたいと思ったバクステールは、ドヴィルを階段から落として殺害してしまう。晴れて若夫婦に引き取られたものの、夫妻に赤ん坊が誕生すると彼らも理想の飼い主ではなくなった。赤ん坊を殺害しようとして失敗したバクステールは、今度は1人の少年に引き取られる。バクステールは、彼こそが待ちわびていた飼い主だと期待するのだが。
監督:ジェローム・ボワヴァン 出演者:リーズ・ドラマール(マルグリット・ドヴィル)、ジャン・メルキュール(アンドレ・クッツォ)、ジャック・スピエセル(ミシェル・フェレール)、フランソワ・ドリアンクール(シャルル)、カトリーヌ・フェラン(フロランス・モレル)ほか

「YAMAKASI ヤマカシ」のネタバレあらすじ結末

YAMAKASI ヤマカシの紹介:2001年フランス映画。驚異的な運動能力を駆使し、パリの街中のビルからビルへと昇り降り駆け回る集団ヤマカシ。そんな彼らを真似しようとして大怪我をしてしまった少年のためにヤマカシが危険な賭けに出る。リュック・ベッソンが手掛けたアクションシーンも秀逸。
監督:アリエル・ゼトゥン 出演:YAMAKASI、マエル・カモウン(ヴァンサン)、ブリュノ・フランデル(ミシュラン)、アフィダ・ターリ(ファティマ)、チョウ・ベル・ディン(エース)、ウィリアムズ・ベル(スパイダー)、マリク・ディウフ(イタチ)、シャルル・ペリエール(ブル)、ヤン・ノウトゥラ(ジクミュ)、ギレイン・ヌグバ・ボイェケ(ロケット)、ロラン・ピエモンテージ(タンゴ)、ほか

「レ・ミゼラブル(2019年)」のネタバレあらすじ結末

レ・ミゼラブルの紹介:2019年フランス映画。フランスの文豪ヴィクトル・ユーゴーの代表作『レ・ミゼラブル』にヒントを受けて製作され、同作の舞台のひとつであるフランス・モンフェルメイユの“今”を切り取った社会派ドラマです。移民と低所得者層の数多く住むこの街で相次ぐ人種間の対立、世代間の対立、警察による暴力などの社会問題を、この街に赴任してきたひとりの警察官の視点から描きます。自身もアフリカ系移民2世であるラジ・リ監督にとって初の長編作品であり、第92回アカデミー賞で国際長編映画賞にノミネート、セザール賞では最優秀作品賞を受賞するなど高い評価を得ました。
監督:ラジ・リ 出演者:ダミアン・ボナール(ステファン・ルイス)、アレクシ・マナンティ(クリス)、ジブリル・ゾンガ(グワダ)、イッサ・ペリカ(イッサ)、アル・ハッサン・リー(バズ)、スティーブ・ティアンチュー(市長)、レイモンド・ロペス(ゾロ)、アルマミ・カヌーテ(サラー)、ジャンヌ・バリバール(署長)ほか

「向かい風」のネタバレあらすじ結末

向かい風の紹介:2011年フランス, ベルギー映画。妻のサラが失踪してしまったポールは、故郷のサン・マロにいる兄を頼りパリから移住する事にした。そこで新たな人間関係を築くが、再び事件に巻き込まれてしまう。ポールが再起する日はやって来るのか。
監督:ジャリル・レスペール 出演者:ブノワ・マジメル、イザベル・カレ、アントワーヌ・デュレリ、ラムジー・ベディア、ブーリ・ランネール、マリー=アンジュ・カスタ、ダニエル・デュヴァル、ルブナ・アザバル、オーロール・クレマン、オドレイ・トトゥ、ほか

1 2 3 4 5 57

キーワードから探す

TOP↑