フランス映画一覧

フランス映画のネタバレあらすじ一覧です。おすすめフランス映画から、最新映画まで様々なジャンルのフランス映画を紹介しています。

「気狂いピエロ」のネタバレあらすじ結末

気狂いピエロの紹介:1965年フランス,イタリア映画。ヌーヴェルヴァーグの金字塔にして、ジャン=リュック・ゴダールの最高傑作。「ピエロ」と呼ばれる男性フェルディナンは、金持ちの妻との退屈な夫婦生活に嫌気が差していた。そんなある日、かつての恋人マリアンヌと再会する。以前にも増して美しい彼女に惹かれたフェルディナンは、そのまま一夜を共にしてしまった。ところが翌朝、目を覚ましたフェルディナンは、見知らぬ男の遺体を発見し驚く。フェルディナンはマリアンヌと共に逃避行を始めるが、それは破滅へと向かう旅路だった。別題は「ピエロ・ル・フ」。
監督:ジャン=リュック・ゴダール 出演者:ジャン=ポール・ベルモンド(フェルディナン・グリフォン)、アンナ・カリーナ(マリアンヌ・ルノワール)、グラツィエラ・ガルヴァーニ(フェルディナンの妻マリア)、ダーク・サンダース(マリアンヌの兄フレッド)、ジミー・カルービ(小男)ほか

「星降る夜のリストランテ」のネタバレあらすじ結末

星降る夜のリストランテの紹介:2000年イタリア,フランス映画。小さなレストランを訪れる客と従業員の悲喜交々を、ユーモラスに描くドラマ作品。安くて美味いレストラン「アルトゥーロの店」には、今夜も様々な客が足を運んでいた。教授と教え子の不倫カップル、険悪な様子の親子、娘の進路を気にする母親。厨房には怒りっぽいシェフの怒鳴り声が響き、軽薄な若いウェイターに年老いた先輩ウェイターが眉をひそめる。彼らをもてなし、まとめるのは夫に代わって店を切り盛りする女主人。彼らを取り巻く様々な事情が、食事の席で浮き彫りになっていく。
監督:エットレ・スコーラ 出演者:ファニー・アルダン(フローラ)、ヴィットリオ・ガスマン(ペズッロ先生)、ジャンカルロ・ジャンニーニ(ジュリオ)、マリー・ジラン(チェチリア)、ステファニア・サンドレッリ(イザベラ)ほか

「海辺のポーリーヌ」のネタバレあらすじ結末

海辺のポーリーヌの紹介:1983年フランス映画。エリック・ロメール監督による「喜劇と格言劇」シリーズの第3作目。15歳の少女が経験する一夏の恋愛騒動を描くドラマ作品。15歳のポーリーヌは、年長の従姉マリオンと共にノルマンディー地方の別荘へやって来た。現地で知り合った少年シルヴァンと瑞々しい恋に落ちるポーリーヌ。マリオンも友人ピエールから紹介されたアンリに熱烈な恋をした。しかしプレイボーイのアンリは浮気が発覚しそうになり、咄嗟にシルヴァンに濡れ衣を着せてしまう。誤解したポーリーヌは酷く傷つき、結局アンリもマリオンの前から姿を消した。ポーリーヌとマリオンはほろ苦い恋を抱え、まだ続く夏を過ごすのだった。
監督:エリック・ロメール 出演者:アマンダ・ラングレ(ポーリーヌ)、アリエル・ドンバール(マリオン)、パスカル・グレゴリー(ピエール)、フェオドール・アトキン(アンリ)、シモン・ド・ラ・ブロス(シルヴァン)ほか

「ポネット」のネタバレあらすじ結末

ポネットの紹介:1996年フランス映画。母の死を受け入れられない4歳の少女が、傷つきながらも悲しみを乗り越えていく姿を描いたドラマ作品。突然の交通事故で愛するママを失った少女ポネットは、「死」を理解することが出来ずにいた。いつかママは帰って来るものと信じ、待ち続けるポネット。そんな彼女に周囲は死の意味を教えようとするが、ポネットは受け入れない。帰って来ないママに悲しみが爆発しかけた時、思いがけない奇跡が訪れる。主人公ポネットを演じたヴィクトワール・ティヴィソルが、1996年のヴェネツィア国際映画祭にて史上最年少で主演女優賞を受賞した。
監督:ジャック・ドワイヨン 出演者:ヴィクトワール・ティヴィソル(ポネット)、マリー・トランティニャン(ママ)、グザヴィエ・ボーヴォワ(パパ)、クレール・ヌブー(伯母さん)、デルフィーヌ・シルツ(いとこのデルフィーヌ)ほか

「インファナル・シティ 女捜査官サンドラ」のネタバレあらすじ結末

インファナル・シティ 女捜査官サンドラの紹介:2007年フランス,ベルギー映画。自らの信念と正義を貫くためならどんな手段も選ばない麻薬捜査官のサンドラの活躍を描いたクライムサスペンスストーリーです。誰が裏切り者なのか分からない二転三転する展開が非常に楽しめます。タフでパワフルなサンドラの魅力が爆発しています。
監督:ヴィンチェンツォ・マラーノ 出演:イングリッド・ショーヴァン(サンドラ)、リンダ・アルディ(ロール)、ヤニス・バラバン(ラフィット)、ジャン=クリストフ・ブヴェ(シュルステル)、クリストフ・ラパラ(ダン)、ほか

「恐怖の魔力/メドゥーサ・タッチ」のネタバレあらすじ結末

恐怖の魔力/メドゥーサ・タッチの紹介:1978年イギリス,フランス映画。1人の男性が生み出す災厄を止めるため、難事件に挑む刑事を描くSFホラー。ある夜、何者かに襲撃された作家モーラーは、損傷していない脳の一部だけで生命を繋いでいた。事件の担当になった警部ブリュネルは、調べを進める内モーラーが奇妙な能力を持っていたことを突き止める。彼は念力によって、災厄を引き起こすことが出来るのだ。モーラーが更なる災厄を生み出そうとしていると気付いたブリュネルは、精神科医ゾンフェルドと共に企みを阻止すべく奮闘する。SFXを担当するのは、「エイリアン(1979年)」等で知られるブライアン・ジョンソン。
監督:ジャック・ゴールド 出演者:リチャード・バートン(ジョン・モーラー)、リー・レミック(ドクター・ゾンフェルド)、リノ・ヴァンチュラ(ブリュネル)、ハリー・アンドリュース(副総監)、マイケル・バーン(ダフ)ほか

「テリトリーズ」のネタバレあらすじ結末

テリトリーズの紹介:2010年フランス,カナダ映画。カナダからの結婚式の帰り、正規のルートを通らずに国境を越えようとしたジャイルら5人の若者は、国境警備員と名乗る二人の男の検問にあいます。しかし麻薬を持っていたのが見つかり、さらに反撃した一人が射殺され4人は森の中で監禁され…という内容の理由もわからず監禁、拷問される不条理ホラー映画です。
監督:オリヴィエ・アブー 出演者:ロック・ラフォーチュン(サム)、ショーン・ディヴァイン(ウォルター)、クリスティーナ・ロサート(ミシェル)、マイケル・マンドゥ(ジャイル)、ニコール・ルロー(レスリー)、アレクサンドル・ウィーナー(トム)、ヴラスタ・ヴラナ(ホワイト)、スティーヴン・シェレン(ブローティガン)ほか

「死への逃避行」のネタバレあらすじ結末

死への逃避行の紹介:1983年フランス映画。素性を偽りながら金持ちの男を次々と殺害し金品を奪う女と、彼女を追ううちに亡くした娘を重ね常軌を逸していく敏腕私立探偵を描いたサスペンス。
監督:クロード・ミレール 出演:イザベル・アジャーニ、ミシェル・セロー、ギイ・マルシャン、ステファーヌ・オードラン、マーシャ・メリル、ほか

「カフェ・オ・レ」のネタバレあらすじ結末

カフェ・オ・レの紹介:1993年フランス映画。異人種間で繰り広げられる三角関係を描いたロマンス&コメディ。貧乏なユダヤ人青年フェリックスと、アフリカ某国外交官の息子でエリート大学生のジャマル。一切接点の無い2人には、ひとつだけ共通点があった。2人は同じ黒人女性と交際していたのだ。二股をかけていた恋人ローラは妊娠していることを明かし、産みたいと言い出した。どちらが子どもの父親なのか分からないまま、対立するフェリックスとジャマル。しかしローラをサポートする内に、いつしか不思議なシンパシーを感じるようになる。
監督:マチュー・カソヴィッツ 出演者:ジュリー・モデュエシュ(ローラ)、ユベール・クンデ(ジャマル)、マチュー・カソヴィッツ(フェリックス)、ヴァンサン・カッセル(マックス)、タデック・ロクチンスキー(フェリックスの祖父)ほか

「おもかげ」のネタバレあらすじ結末

おもかげの紹介:2019年スペイン,フランス映画。エレナは、元夫と旅行中の6歳の息子から連絡を受ける。「パパが帰ってこない」フランスの海辺からかかってきたその電話が息子の声を聞いた最後だった。10年後、その海辺のレストランで働くエレナの前に現れたのは、息子の面影を宿したフランス人の少年ジャン。しかし2人の関係は、次第に周りを混乱と戸惑いに巻き込んでいく。スペイン国内外で50以上の映画賞を受賞し、アカデミー賞短編実写映画賞にノミネートされた映画『Madre』のその先を描いた作品。
監督:ロドリゴ・ソロゴイェン 出演:マルタ・ニエト(エレナ)、ジュール・ポリエ(ジャン)、アレックス・ブレンデミュール(ヨセバ)、アンヌ・コンシニ(レア)、フレデリック・ピエロ(グレゴリー)ほか

「世紀の光」のネタバレあらすじ結末

世紀の光の紹介:2006年タイ,フランス,オーストリア映画。時代と場所が異なる2つの病院を舞台に、同じ登場人物による同様のエピソードを描く異色作。監督はタイ映画で初のカンヌ映画祭パルムドール受賞のA・ウィーラセタクン。
監督:アピチャッポン・ウィーラセタクン 出演:ナンタラット・サワッディクン(ターイ医師)、ジャールチャイ・イアムアラーム(ノーン医師)、ソーポン・プーカノック(ヌム)、ジェーンジラー・ポンパット(ジェンおばさん)、サクダー・ケーオブアディ(サウダー / 僧侶)、ほか

「オーレリ・デュポン 輝ける一瞬に」のネタバレあらすじ結末

オーレリ・デュポン 輝ける一瞬にの紹介:2010年フランス映画。パリ・オペラ座でエトワールだったオーレリ・デュポン。バレエ学校時代から、エトワール任命、出産を経て復帰公演するまで、各演目のリハーサルから公演に至るまでの姿を追う。
監督:セドリック・クラピッシュ 出演者:オーレリ・デュポン、マニュエル・ルグリ、マリ=アニエス・ジロ、クロード・ベッシー、ほか

「ソフィー・マルソーの愛人日記」のネタバレあらすじ結末

ソフィー・マルソーの 愛人日記の紹介:1991年フランス映画。芸術家が集うジョルジュ・サンドの館で繰り広げられる愛人ショパン、娘ソランジュらとの愛と確執を描く。ショパン役のヤヌーシュ・オレイニチャクは18歳でショパン・コンクールに入賞し、「戦場のピアニスト」でも音楽を担当したピアニスト。
監督:アンジェイ・ズラウスキー 出演:ソフィー・マルソー(ジョルジュの娘ソランジュ・サンド)、マリー=フランス・ピジェ(ジョルジュ・サンド)、ヤヌーシュ・オレイニチャク(フレデリック・ショパン)、フェオドール・アトキン(ウジェーヌ・ドラクロワ)、ほか

「アサルト13 要塞警察」のネタバレあらすじ結末

アサルト13 要塞警察の紹介:2005年アメリカ,フランス映画。1976年に公開された映画『ジョン・カーペンターの要塞警察』のリメイクとなるアクション作品です。デトロイトの閉鎖される予定の警察署で働く主人公とその同僚たちが大雪のため緊急避難してきた犯罪者たちと一夜を過ごすことに、そこに突如として署を包囲する武装集団、そして裏切り者の発覚から事態は予想外の方向に…。
監督:ジャン=フランソワ・リシェ 出演者:イーサン・ホーク(ジェイク・ローニック)、ローレンス・フィッシュバーン(マリオン・ビショップ)、ガブリエル・バーン(マーカス・デュヴァル)、マリア・ベロ(アレックス・サビアン)、ドレア・ド・マッテオ(アイリス・フェリー)、ジョン・レグイザモ(ベック)、ブライアン・デネヒー(ジャスパー・オーシェア)、ジェフリー・“ジャ・ルール”・アトキンス(スマイリー)、アイシャ・ハインズ(アンナ)ほか

「博士と狂人」のネタバレあらすじ結末

博士と狂人の紹介:2018年イギリス,アイルランド,フランス,アイスランド映画。 19世紀、独学で言語学博士となったマレーは、オックスフォード大学で英語辞典編纂計画の中心にいた。それはシェイクスピアの時代までさかのぼり全ての言葉を収録するという気の遠くなるようなプロジェクトだった。困難を極める中、マレー博士を救ったのは、精神病院にいた元軍人医師マイナー。学士号を持たない叩き上げの博士マレーと過酷な戦争体験で心を病んでいたマイナーのふたつの孤独な魂が共鳴していく。しかし、これがのちにウィンストン・チャーチルや王室をも巻き込むこととなる。
監督:P.B.シェムラン 出演:メル・ギブソン(ジェームズ・マレー)、ショーン・ペン(ウィリアム・チェスター・マイナー)、ナタリー・ドーマー(イライザ・メレット)、エディ・マーサン(マンシー)、ジェニファー・イーリー(エイダ・マレー)、ジェレミー・アーヴァイン(チェールズ・ホール)、デヴィッド・オハラ(チャーチ)、ヨアン・グリフィズ(ヘンリー・ブラッドリー)、スティーヴン・ディレイン(リチャード・ブレイン院長)、スティーヴ・クーガン(フレデリック・ジェームズ・ファーニヴァル)ほか

1 2 3 4 5 52

キーワードから探す

TOP↑