Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

フランス映画一覧

フランス映画のネタバレあらすじ一覧です。おすすめフランス映画から、最新映画まで様々なジャンルのフランス映画を紹介しています。

「クロワッサンで朝食を」のネタバレあらすじ結末

クロワッサンで朝食をの紹介:2012年フランス,エストニア,ベルギー映画。パリの高級アパルトマンで暮らす孤独で気難しい老婦人と、彼女の世話に雇われたエストニアの女性とが心を通わせるまでを描くヒューマンドラマ。
監督:イルマル・ラーグ 出演:ジャンヌ・モロー(フリーダ)、ライネ・マギ(アンヌ)、パトリック・ピノー(ステファン)、フランソワ・ブークラー(モーリス)、フレデリック・エポー(ドミニク / ギャルソン)、ヘレ・クニンガス(リディア)、ほか

「音のない世界で」のネタバレあらすじ結末

音のない世界での紹介:1992年フランス映画。フランスのとあるコミュニティを通して描かれる、ろう者たちの生活。手話を交えそれぞれの過去や未来を展望するドキュメンタリー映画。1994年のボンベイ国際映画祭でグランプリに輝いている。
監督:ニコラ・フィリベール 出演:ジャン=クロード・プーラン、アブゥ、アン・トゥアン、フローラン、ほか

「イヴ・サンローラン(2010年)」のネタバレあらすじ結末

イヴ・サンローランの紹介:2010年フランス映画。2002年引退、2008年没の世界的デザイナー、イヴ・サン=ローランと、イヴ・サンローランのパートナー、ピエール・ベルジェ。最期を看取ったピエールの語りに、天才デザイナーの孤独と苦難の日々そして幸福を垣間見る。ファッション界での大きな実績や、カトリーヌ・ドヌーヴなどセレブリティとの華麗な交際の陰には、半世紀もの歳月を共にしたパートナーのみが知る一面があった。そんなイヴ・サン=ローランの素顔やキャリアを貴重な映像資料と共にひも解いていくドキュメンタリー映画。
監督:ピエール・トレトン 出演:イヴ・サン=ローラン(アーカイヴ映像・写真)、ピエール・ベルジェ、ほか

「ザ・バニシング 消失」のネタバレあらすじ結末

ザ・バニシング-消失-の紹介:1988年オランダ,フランス映画。ある日、旅行中に突然姿を消したサスキア。恋人のレックスは彼女を捜すうちに執念の虜になり次第に精神を追い詰められていく。一方、レイモンは自分の異常性と正常性を立証するために、ある「実験」を行う。2人の男が対峙し運命は絶望と恐怖へと導かれる。1993年には監督自身の手によりジェフ・ブリッジス、キーファー・サザーランド、サンドラ・ブロック主演でハリウッド・リメイクされている作品。日本ではこれまで劇場未公開だったが、2019年4月12日から劇場公開が実現した。
監督:ジョルジュ・シュルイツァー 出演:ベルナール・ピエール・ドナデュー(レイモン・ルモン)、ジーン・ベルヴォーツ(レックス・ホフマン)、ヨハンナ・テア・ステーゲ(サスキア・ワグター)ほか

「はじまりの街」のネタバレあらすじ結末

はじまりの街の紹介:2016年イタリア,フランス映画。父親の暴力から逃れてきたアンナと息子ヴァレリオ。新しく生活を始めた街に馴染むようになるまでの日々をつぶさに描く。
監督:イヴァーノ・デ・マッテオ 出演:マルゲリータ・ブイ(アンナ)、ヴァレリア・ゴリノ(カルラ)、アンドレア・ピットリーノ(ヴァレリオ)、カテリーナ・シュルハ(ラリッサ)、ブリュノ・トデスキーニ(マチュー)、ほか

「もういない」のネタバレあらすじ結末

もういないの紹介:2012年フランス 映画。娘を殺害された母親が、犯人がわからないまま悲しみと苛立ちに囚われながらも、家族とともに前を向いて生きようと決意するまでの苦しみに満ちた日々を描く社会派ドラマ。
監督:ティエリ・ビニスティー 出演:パトリシア・カース、セルジュ・アザナヴィシウス、マリエ・ビンセント、ジャン-ポール・コマート、ほか

「天国でまた会おう」のネタバレあらすじ結末

天国でまた会おうの紹介:2017年フランス映画。「その女アレックス」のヒットにより日本でもファンの多いフランスの小説家ピエール・ルメートルが自らの同名小説を基に、監督兼主演のアルベール・デュポンテルと共に共同脚本を手掛けて映画化した歴史ミステリーです。第一次世界大戦後のフランスを舞台に、戦争で全てを失った二人の帰還兵が国をも揺るがす大掛かりな詐欺事件に手を染めていく姿を描きます。
監督:アルベール・デュポンテル 出演者:アルベール・デュポンテル(アルベール・マイヤール)、ナウエル・ペレーズ・ビスカヤート(エドゥアール・ペリクール)、エロイーズ・バルステール(ルイーズ)、ローラン・ラフィット(プラデル)、ニエル・アレストリュプ(マルセル)、エミリー・ドゥケンヌ(マドレーヌ)、メラニー・ティエリー(ポリーヌ)ほか

「太陽はひとりぼっち」のネタバレあらすじ結末

太陽はひとりぼっちの紹介:1962年イタリア,フランス映画。イタリアの巨匠ミケランジェロ・アントニオーニ監督が大人の愛の不毛を描いた“愛の不毛”三部作の第三作であり、第一作「情事」、第二作「夜」とタッグを組んだモニカ・ヴィッティを引き続きヒロインに据えて製作された大人のラブストーリーです。婚約者と別れたばかりの女性は若く野心的な株式仲買人と新たな愛を始めようとするのですが・・・。1962年度カンヌ映画祭審査員特別賞受賞作品です。
監督:ミケランジェロ・アントニオーニ 出演者:アラン・ドロン(ピエロ)、モニカ・ヴィッティ(ヴィットリア)、フランシスコ・ラバル(リカルド)、リッラ・ブリグノン(ヴィットリアの母)、ルイ・セニエ(エルコリ)、ロッサナ・ローリ(アニタ)、ミレラ・リッチアーディ(マルタ)ほか

「仁義」のネタバレあらすじ結末

仁義の紹介:1970年フランス映画。犯罪の世界に戻ろうとする元受刑者と元仲間、護送中に脱走した容疑者、彼らを追う刑事たちなど、男たちの友情と仁義、そして裏切りを描いたフィルム・ノワールです。本国フランスでは観客動員数433万人を超える大ヒットとなりました。
監督:ジャン=ピエール・メルヴィル 出演者:アラン・ドロン(コレー)、イヴ・モンタン(ジャンセン)、ジャン・マリア・ヴォロンテ(ヴォーゲル)、ブールヴィル(マッティ)、フランソワ・ペリエ(サンティ)、アンドレ・エキナン(リコ)ほか

「恋のときめき乱気流」のネタバレあらすじ結末

恋のときめき乱気流の紹介:2012年フランス映画。結婚を目前に控えた女性ジュリー。ニューヨーク発パリ行きの飛行機の中で、3年前に別れた恋人アントワーヌと偶然隣り合わせになってしまう。プレイボーイのアントワーヌにさんざん辛い目にあわされたジュリーだが、実はまだ彼を忘れられずにいた。フライト時間は6時間。ヨリを戻したいというアントワーヌに、ジュリーが出した答えとは…?まるで舞台劇を見ているようなユニークな場面転換。パリの街並みや流れる音楽まで、全てがお洒落なラブコメディ。
監督:アレクサンドル・カスタネッティ 出演者:リュディヴィーヌ・サニエ(ジュリー)、ニコラ・ブドス(アントワーヌ)、ジョナサン・コーエン(ユゴー)、クレメンティーヌ・セラリエ(ジュリーの母親)、リラ・サレット(ステファニー)、アルノー・デュクレ(フランク)、ブリジット・カティヨン(クレア)、ジャッキー・ベロワイエ(アーサー)、ミシェル・ヴュイエルモーズ(ジョルジュ)ほか

「ベルリン・天使の詩」のネタバレあらすじ結末

ベルリン・天使の詩の紹介:1987年西ドイツ,フランス映画。人間にただ寄り添うだけでいることに嫌気がさした天使が、人間の女性に恋したことで、人間として限りある命を愛する人とともに生きる決断をする。ピーター・フォークが本人役で登場。
監督:ヴィム・ヴェンダース 出演:
ブルーノ・ガンツ、ソルヴェーグ・ドマルタン、オットー・ザンダー、クルト・ボウワ、ピーター・フォーク、ほか

「愛人関係」のネタバレあらすじ結末

愛人関係の紹介:1973年フランス映画。狂気を内に秘めた謎の女性。彼女に引き寄せられた男たちは皆、非業の死を遂げるのだった。当時実際に愛人関係にあったといわれるA・ドロンとM・ダルクが共演したサイコサスペンス。
監督:ジョルジュ・ロートネル 出演:アラン・ドロン、ミレーユ・ダルク、クロード・ブラッスール、ニコレッタ・マキャヴェリ、ほか

「チェイサー(1978年)」のネタバレあらすじ結末

チェイサーの紹介:1978年フランス映画。政治家の親友が殺されたことをきっかけに、政治の世界の闇に巻き込まれていく実業家の男。しかし彼は親友を殺した犯人を明らかにしようと命を賭けて立ち向かう。
監督:ジョルジュ・ロートネル 出演:アラン・ドロン、モーリス・ロネ、ミレーユ・ダルク、ステファーヌ・オードラン、クラウス・キンスキー、オルネラ・ムーティ、ほか

「親密すぎるうちあけ話」のネタバレあらすじ結末

親密すぎるうちあけ話の紹介:2004年フランス映画。精神科医と間違えられ、夫婦問題を打ち明けられてしまったファベール。謎めいた彼女の話にひかれていく彼の行く先は?
監督:パトリス・ルコント 出演:サンドリーヌ・ボネール(アンナ)、ファブリス・ルキーニ(ウィリアム・ファベール)、ミシェル・デュショーソワ(モニエ医師)、アンヌ・ブロシェ(ジャンヌ)、ジルベール・メルキ(マルク)、イザベル・プティ=ジャック、ほか

「暗黒街のふたり」のネタバレあらすじ結末

暗黒街のふたりの紹介:1973年フランス映画。名優アラン・ドロンとジャン・ギャバンのダブル主演で贈る、10年の刑期を終えて堅気として生きようと決意した元銀行強盗が理不尽な社会に飲み込まれて破滅へと向かっていく悲劇を、彼を見守って来た保護司の視点から描いた社会派ドラマです。
監督:ジョゼ・ジョヴァンニ 出演者:アラン・ドロン(ジーノ)、ジャン・ギャバン(ジェルマン・カズヌーブ)、ミシェル・ブーケ(ゴワトロー警部)、ミムジー・ファーマー(ルシー)、イラリア・オッキーニ(ソフィー)、クリスティーヌ・ファブレガ(ジュヌビエーブ)、ベルナール・ジロドー(フレデリック)、マルカ・リボヴスカ(弁護士)ほか

1 2 3 4 5 38
TOP↑