フランス映画一覧

フランス映画のネタバレあらすじ一覧です。おすすめフランス映画から、最新映画まで様々なジャンルのフランス映画を紹介しています。

「インターセクション」のネタバレあらすじ結末

インターセクションの紹介:2013年フランス映画。リュック・ベッソン製作によるフランス発サバイバル・サスペンスです。ひょんなことからモロッコの砂漠で大事故に巻き込まれ、取り残された訳あり男女6人の運命をまさかのどんでん返しを交えて描きます。
監督:デイビット・マルコーニ 出演者:ジェイミー・アレクサンダー(テイラー・ドーラン)、フランク・グリロ(スコット・ドーラン)、ロシュディ・ゼム(サレイ)、マリ=ジョゼ・クローズ(オードリー)、ムーサ・マースクリ(オマール)、チャーリー・ビューリー(トラヴィス)ほか

「パリの灯は遠く」のネタバレあらすじ結末

パリの灯は遠くの紹介:1976年フランス,イタリア映画。「緑色の髪の少年」で映画監督としてデビューしながら赤狩りによりハリウッドを追われ、イギリスを拠点に活躍したジョセフ・ロージーによる、ユダヤ人狩りに揺れる1942年のパリをミステリーの舞台とするフランス映画。ロベール・クラインは自分と同姓同名のユダヤ人の存在を知る。しかももう一人のロベール・クラインは、二人を同一人物であると見せかけようとしている。ロベールは身を守るためにまだ見ぬもう一人のロベール・クラインを探し始める。
監督:ジョセフ・ロージー 出演者:アラン・ドロン(ロベール・クライン),ジャンヌ・モロー(フロランス),シュザンヌ・フロン(アパートの管理人)、ジュリエット・ベルト(ジャニーヌ)、フランシーヌ・ベルジェ(ニコル)、マイケル・ロンズデール(ピエール)ほか

「ブリザード 凍える秘密」のネタバレあらすじ結末

ブリザード 凍える秘密の紹介:2014年フランス,アメリカ映画。母イブが失踪した多感な17歳の女子高生キャットは、突然の事態を冷静に受け入れます。大学生になったキャットは、母の失踪を担当している刑事の発言をきっかけに、母の失踪と向き合うことになります。原作はローラ・カジシュキー(英語版)の小説「White Bird in a Blizzard」。
監督:グレッグ・アラキ 出演者:シャイリーン・ウッドリー(カトリーナ(キャット)・コナーズ)、エヴァ・グリーン(イブ・コナーズ)、クリストファー・メローニ(ブロック・コナーズ)、フィル(シャイロ・フェルナンデス )、ガボレイ・シディベ(ベス)ほか

「トリコロール/赤の愛」のネタバレあらすじ結末

トリコロール/赤の愛の紹介:1994年フランス,ポーランド映画。クシシュトフ・キェシロフスキ監督による、フランス国旗の「トリコロール」をモチーフにした三部作の完結編にして監督の遺作ともなりました。遠距離恋愛に悩むモデル兼女子大生、恋人との関係に悩む若き法大生、盗聴の趣味を持つ老いた元判事の人間模様を描くうちに、やがて三部作を締めくくるラストへと向かっていきます。
監督:クシシュトフ・キェシロフスキ 出演者:イレーヌ・ジャコブ(ヴァランティーヌ・デュソー)、ジャン=ルイ・トランティニャン(ジョセフ・ヴェルヌ)、ジャン=ピエール・ロリ(オーギュスト・ブルーナー)、サミュエル・ル・ビアン(ジャン)、ジュリエット・ビノシュ(ジュリー)、ブノワ・レジャン(オリヴィエ)、ズビグニエウ・ザマホフスキ(カロル・カロル)、ジュリー・デルピー(ドミニク)ほか

「ゲームの規則」のネタバレあらすじ結末

ゲームの規則の紹介:1939年フランス映画。ミュッセの戯曲『マリアンヌの気まぐれ』に着想を得た、上流階級の恋愛遊戯を描く社会風刺作品。飛行家アンドレは、愛人のロベール・ラ・シュネイ公爵夫人クリスチーヌを熱烈に愛していた。ロベールには別れたいと思っている愛人ジュヌビエーブが、小間使いリゼットには嫉妬深い夫シュマシェールがいる。アンドレの友人オクターブが見守る中、狂騒の恋愛物語が幕を開けるのだった。
監督:ジャン・ルノワール 出演者:マルセル・ダリオ(ロベール・ラ・シュネイ)、ジャン・ルノワール(オクターブ)、ノラ・グレゴール(クリスチーヌ)、ローラン・トゥータン(アンドレ・ジュリユー)、ポーレット・デュボスト(リゼット)ほか

「トリコロール/白の愛」のネタバレあらすじ結末

トリコロール/白の愛の紹介:1994年フランス,ポーランド映画。フランス国旗の象徴「自由、平等、博愛」をテーマとするクシシュトフ・キエシロフスキ監督の「トリコロール」三部作の第2作です。異国フランスで美容師をしていたポーランド人の男がフランス人妻に捨てられたことから始まる、国境や言葉の壁を超えた愛憎劇を描きます。
監督:クシシュトフ・キェシロフスキ 出演者:ヤヌーシュ・ガヨス(カロル・カロル)、ジュリー・デルピー(ドミニク・ヴィダル)、ズビグニェフ・ザマホフスキ(ミコワイ)、アレクサンダー・バルディーニ(弁護士)、イエルジー・スチュエル(ジュレック)ほか

「危険なプロット」のネタバレあらすじ結末

危険なプロットの紹介:2012年フランス映画。フアン・マヨルガの戯曲『El chico de la ultima fila』を原作として製作されたミステリー・サスペンス作品です。高校の国語教師が類まれな文才を秘める生徒の指導をしていくうちに思わぬ事態に巻き込まれる様をユーモアも交えながら描きます。
監督:フランソワ・オゾン 出演者:ファブリス・ルキーニ(ジェルマン)、エルンスト・ウンハウアー(クロード・ガルシア)、クリスティン・スコット・トーマス(ジャンヌ)、エマニュエル・セニエ(エステル・アルトール)、ドゥニ・メノーシェ(ラファの父)、バスティアン・ウゲット(ラファ・アルトール)ほか

「アルティメット2 マッスルネバーダイ」のネタバレあらすじ結末

アルティメット2 マッスル・ネバー・ダイの紹介:2009年フランス映画。パリの無法地帯“13番地区”の爆弾起爆阻止から2年後。13番地区で警官射殺事件が発生し、パリが一触即発の状態に陥った。しかしこの事件の裏には陰謀が。13番地区の住民レイトと敏腕刑事のダミアンが再びタッグを組み、巨大な陰謀に立ち向かうパルクールアクション第二弾!
監督:パトリック・アレサンドラン キャスト:ダヴィッド・ベル(レイト)、シリル・ラファエリ(ダミアン)、エロディ・ユン(タオ)、ダニエル・デュヴァル(ウォルター・ガスマン)、フィリップ・トレトン(共和国大統領)ほか

「ゴッド・ディーバ」のネタバレあらすじ結末

ゴッド・ディーバの紹介:2004年フランス映画。近未来のニューヨークを舞台にした、人間とエイリアン、ミュータントの混在する神話のようなファンタジー作品です。ジル、ニコポル、ターナー医師を除いた全ての登場人物がCGで描かれている不思議な映画です。
監督:エンキ・ビラル キャスト:リンダ・アルディ(ジル)、トーマス・クレッチマン(アルシッド・ニコポル)、シャーロット・ランプリング(エルマ・ターナー)、トーマス・M・ポラード(ホルス)、ジョー・シャリダン(カイル・オールグッド)、ヤン・コレット(フローブ)、フレデリック・ピエロ(ジョン)ほか

「ポリーナ、私を踊る」のネタバレあらすじ結末

ポリーナ、私を踊るの紹介:2016年フランス映画。小さな町でバレエの才能を見出されたポリーナ。コンテンポラリーバレエに出会い、踊りを探求する道のりが始まる。バスティアン・ヴィヴェスのグラフィックノベルが原作のドラマ映画。
監督:ヴァレリー・ミュラー、アンジュラン・プレルジョカージュ 出演:アナスタシア・シェフツォヴァ(ポリーナ)、ニールス・シュネデール(アドリアン)、ジェレミー・ベランガール(カール)、ミグレン・ミルチェフ(アントン)、ヴェロニカ・ジョフニツカ(ポリーナ(8歳))、クセニヤ・クテポヴァ(ナタリア)、ジュリエット・ビノシュ(リリア・エルサジ)、ほか

「宮廷料理人ヴァテール」のネタバレあらすじ結末

宮廷料理人ヴァテールの紹介:2000年フランス,イギリス映画。フランスの天才料理人フランソワ・ヴァテールの実話をもとに作られたドラマ作品。1671年4月、コンデ公の居城シャンティイにルイ14世が3日間滞在することになった。王の信頼を回復したいコンデ公は、最高のもてなしを料理長ヴァテールに命令する。目が回るような忙しさの中、ヴァテールは王妃の女官アンヌへの愛に目覚め、そして宮廷社会の理不尽に苦悩していくのだった。
監督:ローランド・ジョフィ 出演者:ジェラール・ドパルデュー(フランソワ・ヴァテール)、ユマ・サーマン(アンヌ・ド・モントージェ)、ティム・ロス(ローザン公爵)、ジュリアン・グローヴァー(コンデ公ルイ2世)、ジュリアン・サンズ(ルイ14世)ほか

「愛の亡霊」のネタバレあらすじ結末

愛の亡霊の紹介:1978年日本,フランス映画。車引きの義三郎の妻せきは26歳年下の若い豊次と不倫関係に陥ったことで、二人で共謀し義三郎を殺害し、妻せきが義三郎の幽霊に連夜悩まされるという作品です。公開当時は成人映画でしたが、SEXシーンはあるものの、ソフトで怪談映画といってもいい内容です。
監督:大島渚 出演者:田村高廣(塚田儀三郎)、吉行和子(塚田せき)、藤竜也(田中豊次)、川谷拓三(堀田重五郎)、小山明子(西の家のお内儀)、殿山泰司(ツン東)、河原崎建三(西の家の若旦那)ほか

「オンリー・ゴッド」のネタバレあらすじ結末

オンリー・ゴッドの紹介:2013年デンマーク,フランス映画。2011年公開映画『ドライヴ』でタッグを組んだニコラス・ウィンディング・レフン監督とライアン・ゴズリングが再びタッグを組んだクライム・スリラーです。タイ・バンコクを舞台に、表向きはムエタイジムを営みながらも裏では麻薬密売に手を染めているアメリカ人の男が、兄の死をきっかけに警察をも巻き込んだ抗争へと突き進んでいきます。
監督:ニコラス・ウィンディング・レフン 出演者:ライアン・ゴズリング(ジュリアン)、ヴィタヤ・パンスリンガム(チャン)、クリスティン・スコット・トーマス(クリスタル)、トム・バーク(ビリー)、ラータ・ポーガム(ヤーヤーイン)(マイ)ほか

「カミーユ、恋はふたたび」のネタバレあらすじ結末

カミーユ、恋はふたたびの紹介:2012年フランス映画。夫に新しい女性ができて、別れを告げられてしまった40才の売れない女優カミーユ。そんなドン底の人生を送っていた年の大晦日、突如16才の高校時代にタイムスリップしてしまった。しかも心と体は40才のまま。二度目の青春に大喜びするカミーユだったが、そこに若き日の夫が現れる…。本国フランスで大ヒットを記録。名女優ノエミ・ルヴォフスキーが、監督、共同脚本、さらにヒロインまでこなした意欲作。
監督:ノエミ・ルヴォフスキー 出演:ノエミ・ルヴォフスキー(カミーユ)、サミール・ゲスミ(エリック)、ジュディット・シュムラ(ジョセファ)、ジュリア・フォーレ(ルイーズ)、ドゥニ・ボダリデス(アルフォンス)、ヨランド・モロー(カミーユの母)、ミシェル・ヴュイエルモーズ(カミーユの父)、ジャン=ピエール・レオ(時計店の店主)ほか

「WE ARE YOUR FRIENDS」のネタバレあらすじ結末

WE ARE YOUR FRIENDS ウィー・アー・ユア・フレンズの紹介:2015年アメリカ,フランス,イギリス映画。DJを夢見る一人の青年が彼を取り巻く人間関係の中で音を通して自分の生き方と探していく物語。
監督:マックス・ジョセフ 出演:ザック・エフロン(コール)、エミリー・ラタコウスキー(ソフィー)、シャイロー・フェルナンデス(オーリー)、アレックス・シェイファー(スクワレル)、ジョニー・ウェストン(メイソン)、ウェス・ベントリー(ジェームズ・リード)、ほか

1 2 3 4 5 27
TOP↑