Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

フランス映画一覧

フランス映画のネタバレあらすじ一覧です。おすすめフランス映画から、最新映画まで様々なジャンルのフランス映画を紹介しています。

「ジョアン・ジルベルトを探して」のネタバレあらすじ結末

ジョアン・ジルベルトを探しての紹介:2018年スイス,ドイツ,フランス映画。フランス生まれでブラジル音楽を心から敬愛するジョルジュ・ガショ監督によるドキュメンタリー。それはドイツ人ジャーナリストのマーク・フィッシャーが、ボサノヴァの神様ジョアン・ジルベルトに会うためにリオ・デ・ジャネイロに出向いた顛末を描いた1冊の本「オバララ ジョアン・ジルベルトを探して」をガショ監督が手に取ったところから始まった。ジョアンにとりつかれたマークの使命感や強迫観念なまでの旅を綴ったその本は、単なる日記にとどまることなく、ブラジルの音楽、文化、そしてボサノヴァに関する刺激的な考察に満ちた素晴らしい記録でもある。しかしその賢明な追跡にも関わらず結局のところマークはジョアンに会うことなく、本が出される1週間前に自らの命を断った。ガショ監督はマークの旅に強く共感し、彼の夢を実現すべくその足跡をたどりジョアンゆかりの人々や土地を訪ね歩く。
監督:ジョルジュ・ガショ  出演:ハケル(マーク・フィッシャーのアシスタント)、ガリンシャ(ジョアン・ジルベルの料理人)、ミウシャ(歌手/ジョアン・ジルベルトの元妻)、アンセンモ・ホシャ(ジョアン・ジルベルト公認のものまね歌手)、ジョアン・ドナート(ジョアン・ジルベルトの旧友)、ホベルト・メネスカル(作曲家)、ジェラルド・ミランダ(ジョアン・ジルベルトの知人)、マルコス・ヴァーリ(作曲家/ミュージシャン)、オタヴィオ・テルセイロ(マネージャー/ジョアン・ジルベルトの友人)ほか

「ドッグマン」のネタバレあらすじ結末

ドッグマンの紹介:2018年イタリア,フランス映画。イタリア南部のさびれた海辺の町で〈ドッグマン〉という犬のトリミングサロンを営むマルチェロ。質素な店だが大好きな犬の世話をしながら自身の才能を生かす仕事で、愛する娘と会う時間や仲間との食事やサッカーなど楽しむ幸せな日々を送っていた。しかし、一方で暴力的で麻薬中毒の友人シモーネに利用され支配される関係から抜け出せずにいた。その結果、仲間たちとの信用やサロンの顧客、娘と会う時間も奪われ、温厚で小心者のマルチェロは、次第に復讐心を燃え上がらせる。人生の不条理を容赦なく描いた衝撃のラストシーンは必見。監督はイタリア映画界の鬼才マッテオ・ガローネ。イタリアのアカデミー賞にあたるダヴィド・ディ・ドナテッロ賞で作品賞や監督賞をはじめとする最多9部門を制した。
監督:マッテオ・ガローネ 出演:マルチェロ・フォンテ(マルチェロ)、エドアルド・ペッシェ(シモーネ)、ヌンツァ・スキャーノ(シモーネの母親)、アダモ・ディオニージ(フランコ)、フランチェスコ・アクアローリ(フランチェスコ)、アリダ・バルダリ・カラブリア(アリダ)、ジャンルカ・ゴビ(レストランの主人)ほか

「スローイング・ダウン ファストファッション」のネタバレあらすじ結末

スローイング・ダウン ファストファッションの紹介:2016年アメリカ, イギリス, フランス映画。ファッション業界を席巻するファストファッション。その背景に存在する問題と原因、未来に向けての解決方法を模索する。
監督:ベン・エイカーズ 出演者:アレックス・ジェームズ、ほか

「ルージュの手紙」のネタバレあらすじ結末

ルージュの手紙の紹介:2017年フランス映画。カトリーヌ・ドヌーヴが自由奔放に生きてきて癌になった義理の母を演じ、生真面目な助産婦で義理の娘をカトリーヌ・フロが演じます。30年前に姿を消した義理の母ベアトリスが、突然父を尋ねてクレールに電話をかけてきたことから始まるストーリー。ベアトリスが去った後、父は自殺しており、憎しみを抱いていたクレールにベアトリスはその奔放な性格でクレールの心に入って行き…。
監督:マルタン・プロヴォ 出演: カトリーヌ・フロ(クレール)、カトリーヌ・ドヌーヴ(ベアトリス)、オリヴィエ・グルメ(ポール)、カンタン・ドルメール(シモン)、ミレーヌ・ドモンジョ(ロランド)、ポーリーヌ・エチエンヌ(セシール)、ほか

「悪魔の陽の下に」のネタバレあらすじ結末

悪魔の陽の下にの紹介:1987年フランス映画。ジョルジュ・ベルナノスの同名小説を映画化。人間の苦悩を見つめ、それを救おうと足掻く神父の姿を描いたサスペンス。苛烈な苦行と頑固な懐疑心を抱く神父ドニサンは、神への信頼が揺らいでいた。それでも聖職者であり続ける彼の前に悪魔が現れ、人の心を読む恩恵を与える。ドニサン神父は恋人を殺めた少女ムーシェットを救おうと、必死に心を砕くのだが。第40回カンヌ国際映画祭で最高賞パルム・ドールを受賞。
監督:モーリス・ピアラ 出演者:ジェラール・ドパルデュー(ドニサン神父)、サンドリーヌ・ボネール(ムーシェット)、モーリス・ピアラ(ムヌウ・スグレ神父)、アラン・アルキュール(カディニャン侯爵)、ヤン・デデ(ガレ医師)ほか

「ホワイト・クロウ 伝説のダンサー」のネタバレあらすじ結末

ホワイト・クロウ 伝説のダンサーの紹介:2018年イギリス,フランス映画。20世紀最高のダンサーと評され、今でもその評価が覆される事のない伝説のダンサー、ルドルフ・ヌレエフの若かりし頃から、亡命に至るまでの半生を描いた伝記ドラマです。監督は役者としても有名なレイフ・ファインズが担当しています。
監督:レイフ・ファインズ 出演:オレグ・イヴェンコ(ルドルフ・ヌレエフ)、アデル・エグザルコプロス(クララ・サン)、レイフ・ファインズ(プーシキン)、ラファエル・ペルソナ(ピエール・ラコット)、セルゲイ・ポルーニン(ユーリ・ソロヴィヨフ)、チュルパン・ハマートヴァ、ほか

「修道女」のネタバレあらすじ結末

修道女の紹介:1966年フランス映画。百科全書派の中心人物として知られる18世紀フランスの哲学者、ドゥニ・ディドロの著した小説を原作とする。ヒロインのモデルとなる、意志に反して修道院に閉じ込められた実在の娘が存在する。ゴダール、トリュフォー、シャブロル、ロメールと共にヌーヴェル・ヴァーグの中心人物であるリヴェットがゴダール作品のミューズだったアンナ・カリーナを主演に迎えたこの作品は、一度は上映禁止処分を受けるが、ヌーヴェル・ヴァーグの仲間たちの支援で上映禁止が取り消される。
監督:ジャック・リヴェット 出演者:アンナ・カリーナ(シュザンヌ・シモナン)、フランシーヌ・ベルジュ(サン・クリスティーヌ)、リゼロッテ・プルファー(ド・シェル)、ミシュリーヌ・プレール(ド・モニ)その他

「きつねと私の12か月」のネタバレあらすじ結末

きつねと私の12か月の紹介:2007年フランス映画。学校へ行く途中の森できつねを間近で見た少女は、すっかり虜になってしまう。少女と野生のきつねの交流を美しい景色と共に描く。
監督:リュック・ジャケ 出演者:ベルティーユ・ノエル=ブリュノー(リラ / 少女)、イザベル・カレ(リラ / 現代)、トマ・ラリベルテ、ほか

「メトロで恋して」のネタバレあらすじ結末

メトロで恋しての紹介:2004年フランス映画。理想的な女性クララと出会った中年の独身俳優アントワーヌ。二人は恋に落ちますが、やがてクララが病にかかっていることが判明し…。パリを舞台に大人の恋愛模様を描くラブストーリー映画です。
監督:アルノー・ビアール  出演者:ジュリアン・ボワッスリエ(アントワーヌ)、ジュリー・ガイエ(クララ)、パスカル・アルビロ(イザベル)、ミシェル・オーモン(アントワーヌの父)、アントワーヌ・デュレリ(BT)、ほか

「危険がいっぱい」のネタバレあらすじ結末

危険がいっぱいの紹介:1964年フランス映画。マフィアのボスの女に手を出したことで、追われる羽目になった詐欺師の男。富豪の未亡人宅にかくまわれた彼は、逃げ出す算段をするものの、思わぬ誤算でその屋敷で囚われの身となってしまう。
監督:ルネ・クレマン 出演:アラン・ドロン(マルク)、ジェーン・フォンダ(メリンダ)、ローラ・オルブライト(バーバラ)、アンドレ・オウマンスキー(ヴァンサン)、ソレル・ブーク(ハリー)、ほか

「青い夢の女」のネタバレあらすじ結末

青い夢の女の紹介:2000年フランス,ドイツ映画。精神分析医に降りかかる、悪夢的な事件をエロティックに描くドラマ&サスペンス。精神分析医のミシェルは、魅力的な患者オルガに惹かれていた。彼女は盗癖と夫から受ける暴力を悦楽として享受し、それをいつも挑発的にミシェルに聞かせている。ある日の診療中、居眠りをしてしまったミシェルはオルガを絞殺する夢を見た。目を覚ますと、目の前には夢の通りオルガの絞殺体が横たわっているのだった。
監督:ジャン=ジャック・ベネックス 出演者:ジャン=ユーグ・アングラード(ミシェル・デュラン)、エレーヌ・ドゥ・フジュロール(オルガ・キュプレール)、ミキ・マノイロヴィッチ(ヘラストラトス)、ヴァレンティナ・ソーカ(エレーヌ・メイヤー)、ロベール・イシュル(アーマンド・ズリボヴィッチ)ほか

「ゴールデン・リバー」のネタバレあらすじ結末

ゴールデン・リバーの紹介:2018年フランス,スペイン,ルーマニア,ベルギー,アメリカ映画。ブッカー賞を受賞したパトリック・デウィットの『シスターズ・ブラザーズ』を映画化した西部劇です。19世紀半ば、ゴールドラッシュに沸いた時代を舞台に、雇い主から所有物を奪った者を殺すよう依頼された殺し屋兄弟が標的を探しに度に出る様を描いています。
監督:ジャック・オーディアール 出演者:ジョン・C・ライリー(イーライ・シスターズ)、ホアキン・フェニックス(チャーリー・シスターズ)、ジェイク・ギレンホール(ジョン・モリス)、リズ・アーメッド(ハーマン・カーミット・ワーム)、ルトガー・ハウアー(コモドア)、キャロル・ケイン(ミセス・シスターズ)ほか

「シンクオアスイム イチかバチか俺たちの夢」のネタバレあらすじ結末

シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢の紹介:2018年フランス映画。くせのある中年男性たちが男子シンクロで世界を目指す?家族や従業員を巻き込んで猛特訓の日々が幕を開ける。中年男たちの再起を懸けたアーティスティックスイミングに挑む姿を描くスポ根コメディ。
監督:ジル・ルルーシュ 出演者:マチュー・アマルリック(ベルトラン)、ギヨーム・カネ(ロラン)、ブノワ・ポールヴールド(マルキュス)、ジャン=ユーグ・アングラード(シモン)、ヴィルジニー・エフィラ(ディルフィーヌ)、レイラ・ベクティ(アマンダ)、マリナ・フォイス(クレール)、フィリップ・カトリーヌ(ティエリー)、ほか

「存在のない子供たち」のネタバレあらすじ結末

存在のない子供たちの紹介:2018年レバノン,フランス映画。中東のある国での裁判所。裁判官に名前を呼ばれ前に出たのはわずか12歳の少年ゼインだった。訴えた相手は自分の両親。強いまなざしで裁判官に言った。「自分を生んだ罪で訴える」と。貧困窟に生まれたゼインは法的には社会に存在すらしておらず、自分の誕生日も知らない。唯一心の支えだった大切な妹はわずか11歳で強制結婚させられ、怒りに任せたまま家を飛び出したゼイン。しかし待っていたのは予想もしていなかった過酷な現実だった。今回が2作目の作品となるラバキー監督が、貧困地域、拘置所、少年刑務所など3年間のリサーチを経て、リアリティを突き詰めながらもドキュメンタリーとは異なる物語の強さを表現した。弁護士に扮したラバキー監督以外はほとんど現地で出会った素人をキャスティングし、主人公の少年ゼインや、エチオピア移民ラヒルを演じたヨルダノスも、役柄とよくにた境遇の人々が選ばれた。すべての子供たちが当たり前のように持っているはずの≪愛される権利≫を求めて経験した旅路に胸が締め付けられる思いをしながらも、わずかな希望の光を見出すこともできる。カンヌ国際映画祭やトロント国際映画祭で賞を受賞し、絶賛の波を起こした作品。
監督:ナディーン・ラバキー 出演:ゼイン・アル=ラフィーア(ゼイン)、ヨルダノス・シフェラウ(ラヒル)、ボルワティフ・トレジャー・バンンコレ(ヨナス)、カウサル・アル=ハッダード(スアード)、ファーディ・カーメル・ユーセフ(セリーム)、シドラ・イザーム(サハル)、アラーア・シュシュニーヤ(アスプロ)、ナディーン・ラバキー(ラディーン)ほか

「ゴーストランドの惨劇」のネタバレあらすじ結末

ゴーストランドの惨劇の紹介:2018年フランス,カナダ映画。今は亡き祖母の家に、母と姉のヴェラと共に向かったベスは、引っ越しの後、二人の男に襲われました。16年後、ベスはホラー小説家で成功し、家族と幸せに暮らしていました。一方母と暮らすヴェラから帰って来て!と電話をもらったベスは、気になって家に帰りました。母に会い、姉のヴェラに会った頃から、16年前の惨劇が再び始まりました…という内容のフランス発の過激ホラー映画です。現実と妄想がミックスされて不思議な世界観を持つストーリーで、トーチャーポルノと呼ばれる監禁拷問ものでフランスならではの作品となっています。
監督:パスカル・ロジェ 出演者:クリスタル・リード(ベス)、アナスタシア・フィリップス(ヴェラ)、エミリア・ジョーンズ(10代のベス)、テイラー・ヒックソン(10代のヴェラ)、ミレーヌ・ファルメール(母親ポリーン)ほか

1 2 3 4 5 42
TOP↑