フランス映画一覧

フランス映画のネタバレあらすじ一覧です。おすすめフランス映画から、最新映画まで様々なジャンルのフランス映画を紹介しています。

「愛を綴る女」のネタバレあらすじ結末

愛を綴る女の紹介:2016年フランス,ベルギー映画。情熱的な愛を求めながら望まない結婚をした女性が運命的な出会いを果たすが、そこには思わぬ真実が秘められていた。M・アグスのベストセラー小説「祖母の手帖」を映画化。
監督:ニコール・ガルシア 出演:マリオン・コティヤール(ガブリエル)、ルイ・ガレル(アンドレ・ソヴァージュ)、アレックス・ブレンデミュール(ジョゼ)、ブリジット・ルアン(アデル)、ヴィクトワール・デュボワ(ジャニーヌ)、アロイーズ・ソヴァージュ(アゴスティーヌ)、ダニエル・パラ(マルタン)、ほか

「ダブルフェイス 秘めた女」のネタバレあらすじ結末

ダブルフェイス 秘めた女の紹介:2009年フランス映画。ある時突然自分や家族が別人に変わってしまい、その原因を突き止めるべく失った幼少時の記憶を取り戻そうとする女性を描いたサスペンス。S・マルソー、M・ベルッチの仏・伊2大女優が共演。
監督:マリナ・ドゥ・ヴァン 出演:ソフィー・マルソー(ジャンヌ)、モニカ・ベルッチ(ローザマリア)、ブリジット・カティヨン(ナディア)、アンドレア・ディ・ステファノ(テオ / ジャンニ)、ティエリー・ヌーヴィック(テオ)、ほか

「GO!GO!L.A.」のネタバレあらすじ結末

GO!GO!L.A.の紹介:1998年イギリス,フランス,フィンランド映画。ロサンゼルスで恋に翻弄されるイギリス人青年を描いたコメディ&ロマンス。ブラッドフォードで葬儀屋を営むリチャードは、ロサンゼルスから観光に来ていたバーバラに一目惚れ。彼女に恋焦がれるあまり、ロサンゼルスまで追いかけて行ってしまった。愚直なまでに誠心誠意アプローチを続けるリチャードだったが、なかなか実を結ばない。友人達の助けもあって何とか念願の結婚に漕ぎ着けるが、更なる苦難が待ち受けていた。本人役でジョニー・デップやレニングラード・カウボーイズが出演している。
監督:ミカ・カウリスマキ 出演者:デヴィッド・テナント(リチャード)、ヴィネッサ・ショウ(バーバラ)、ヴィンセント・ギャロ(モス)、ジュリー・デルピー(ジュリー)、キャメロン・バンクロフト(パターソン)ほか

「わたしは目撃者」のネタバレあらすじ結末

わたしは目撃者の紹介:1970年イタリア,西ドイツ,フランス映画。『歓びの毒牙』のアメリカでの大成功を受けて作られたアルジェントの監督第二作。連続殺人事件の犯人捜しに首を突っ込んだ盲目の元新聞記者アルノと、若い記者ジョルダーニ。だが、アルノの姪に危機が迫る。カール・マルデン(『欲望という名の電車』)、ジェームズ・フランシスカスというアメリカ人スターを主役に配する。音楽はエンニオ・モリコーネ。
監督:ダリオ・アルジェント 出演者:ジェームズ・フランシスカス(カルロ・ジョルダーニ)、カール・マルデン(フランコ・アルノ)、カトリーヌ・スパーク(アンナ)、チンジア・デ・カロリス(ロリ)その他

「エタニティ 永遠の花たちへ」のネタバレあらすじ結末

エタニティ 永遠の花たちへの紹介:2016年フランス,ベルギー映画。A・フェルネのベストセラー小説を原作にした、19世紀末のフランスで上流階級の女性が駆け抜けた愛と慈しみ、悲しみの日々を2世代、3家族に渡って描く人生ドラマ。
監督:トラン・アン・ユン 出演:オドレイ・トトゥ(ヴァランティーヌ)、メラニー・ロラン(マチルド)、ベレニス・ベジョ(ガブリエル)、ジェレミー・レニエ(アンリ)、ピエール・ドゥラドンシャン(シャルル)、ほか

「マリリン&モナ」のネタバレあらすじ結末

マリリン&モナ 踊って、泣いて、輝いての紹介:2012年イギリス,アメリカ,フランス映画。夫、家庭や仕事に絶望して家を出た2人の女性がベリーダンスのオーディションを受けるために旅を続ける。男女間、人種間など様々な差別を考えさせられる映画です。
監督:ラシッド・ブシャール 出演:シエナ・ミラー(マリリン)、ゴルシフテ・ファラハニ(モナ)、バハー・スーメク(ソーハ)、ティム・ギニー(ジョルジュ)、ロシュディ・ゼム(ムーラ)、ほか

「完璧なストレンジャー」のネタバレあらすじ結末

完璧なストレンジャーの紹介:2011年フランス映画。事故に遭った妻のもとに駆けつけるとそこに居たのは見知らぬ女だった。父の遺産を相続した男に張り巡らされた緻密な罠の顛末を描くサスペンスミステリー。
監督:デニス・マルヴェル 出演:ブルーノ・デブラント(ジョナタン)、マリー・ドゥナルノー(ルーシー)、オドレイ・フルーロ(クララ)、クリスチャン・ラス、ほか

「記憶の扉」のネタバレあらすじ結末

記憶の扉の紹介:1994年フランス,イタリア映画。失われた記憶を巡り、繰り返される問答を描くサスペンス・ドラマ。高名な作家オノフは雷雨の中を逃げるように走っていた。警察署に連行された彼は、署長から執拗な尋問を受ける。どうやら近くで殺人事件があったらしく、その容疑をかけられているのだ。渋々答えるオノフだったが、自分でも不思議に思うほど記憶が曖昧だった。尋問を続ける署長は大量の写真をオノフの前に広げる。次第に記憶を取り戻すオノフは、やがて思い出した真実を受け入れるのだった。監督を務めるのは、「ニュー・シネマ・パラダイス(1989年)」等で知られるジュゼッペ・トルナトーレ。
監督:ジュゼッペ・トルナトーレ 出演者:ジェラール・ドパルデュー(オノフ)、ロマン・ポランスキー(警察署長)、セルジオ・ルビーニ(アンドレ)、タノ・チマローサ(下働きの老人)、ニコラ・ディ・ピントほか

「バンディダス」のネタバレあらすじ結末

バンディダスの紹介:2006年フランス,メキシコ,アメリカ映画。1980年代のメキシコシティで、2人の女性が奪われたものを取り返すため銀行強盗となって活躍するウェスタン・コメディ。P・クルスとS・ハエックのコスプレも見どころ。リュック・ベッソンが脚本を担当している。
監督:ヨアヒム・ローニング、エスペン・サンドベリ 出演:ペネロペ・クルス(マリア・アルバレス)、サルマ・ハエック(サラ・サンドバル)、スティーヴ・ザーン(クエンティン)、ドワイト・ヨーカム(タイラー・ジャクソン)、デニス・アーント(アッシュ)、サム・シェパード(ビル・バック)、オードラ・ブレイザー(クラリッサ・アッシュ)、イスマエル・イースト・カルロ(ドン・ディエゴ)、ゲイリー・セルヴァンテス(ペドロ)、ほか

「ネスト」のネタバレあらすじ結末

ネストの紹介:2014年スペイン,フランス映画。仕立て屋の仕事をするモンセは、両親亡き後、一人で妹を育てます。ある日、上階のカルロスが階段から落ち、モンセに助けを求めてきました。カルロスを部屋にいれ、ベッドに寝かせて介抱し始めたモンセは、次第に狂暴な人格を見せ始め…という、フランス/スペイン発の不条理ゴアホラーです。驚愕のラストが待ち構えています。
監督:フアン・フェルナンド・アンドレス、エステバン・ロエル 出演者:マカレナ・ゴメス(モンセ)、ナディア・デ・サンティアゴ(妹)、ルイス・トサル(パドレ)、ウーゴ・シルバ(カルロス)、カロリーナ・バング(エリサ)ほか

「ビヨンド・ザ・スピード」のネタバレあらすじ結末

ビヨンド・ザ・スピードの紹介:2017年ベルギー,フランス,オランダ映画。『アデル、ブルーは熱い色』(2013年)でパルム・ドールを受賞したアデル・エグザルコプロスと『リリーのすべて』のマティアス・スーナールツがダブル主演を務めた、ロマンス要素も加わったクライム・サスペンス作品です。女性レーサーが愛した自称・貿易商の男の正体は何とプロの強盗でした。男は彼女と結ばれるために次の仕事を最後に犯罪から足を洗うと誓いますが、その先には予想だにしない驚愕の展開が待ち受けていました…。劇中に登場するポルシェやアウディ、インプレッサなどのカーアクションにも注目です。
監督:ミヒャエル・R・ロスカム 出演:アデル・エグザルコプロス(ベネディクト・“ビビ”・デラニー)、マティアス・スーナールツ(ジノ・“ジジ”・ヴァノワビーク)、エリク・ド・スタエルケ(フレディ・デラニー)、ディミトリー・ルーブリー(マトン)、チャーリー・パストルーズ(コミセール・ド・クール)、ケレム・キャン(ベズネ)、サム・ルーウィック(刑務所長)ほか

「ロダン カミーユと永遠のアトリエ」のネタバレあらすじ結末

ロダン カミーユと永遠のアトリエの紹介:2017年フランス映画。世間に認められ始めたロダンは、愛弟子のカミーユと結婚をすることにした。彼女との関係は間もなく破綻してしまうが、ロダンはアトリエで彫刻を作り続ける。「考える人」などの彫刻家として知られるロダンの半生を、ロダン美術館の全面協力で描く。ロダン没後100年を記念する伝記ドラマ映画。
監督/ジャック・ドワイヨン 出演者:ヴァンサン・ランドン(オーギュスト・ロダン)、イジア・イジュラン(カミーユ・クローデル)、セヴリーヌ・カネル(ローズ・ブーレ)、ベルナール・ヴェルレー、アンデルシュ・ダニエルセン・リー、ロラン・ポワトルノー、マグダレーナ・マリーナ、エドワード・アクロート

「パリの恋人たち」のネタバレあらすじ結末

パリの恋人たちの紹介:2018年フランス映画。パリに住むジャーナリストのアベルは、3年もの間同居を続けてきた恋人マリアンヌに妊娠を告げられ喜んだのも束の間、父親は友人のポールだった。別れを告げられ家まで出されてしまった。数年後、ポールが突然死を迎えてしまう。告別式でマリアンヌと再会したアベルは恋心が再び燃え上がり復縁をせまる。そんなアベルに幼少期から恋をしていたポールの妹エヴは、ついに胸の内を打ち明ける。監督・主演はフランスの名匠フィリップ・ガレルの息子で、俳優としてセザール賞も受賞したルイ・ガレル。恋人約には実生活でもパートナーのレティシア・カスタ。
監督:ルイ・ガレル 出演:ルイ・ガレル(アベル)、レティシア・カスタ(マリアンヌ)、リリー=ローズ・デップ(エヴ)、ジョゼフ・エンゲル(ジョゼフ)、ほか

「家族を想うとき」のネタバレあらすじ結末

家族を想うときの紹介:2019年イギリス,フランス,ベルギー映画。イギリス、ニューカッスルに暮らすターナー家の父リッキーはマイホーム購入の夢を叶えるために、宅配ドライバーを個人事業主として始めた。妻のアビーはパートタイムで介護福祉士として1日中働き詰め。家族を幸せにするための仕事は、次第に家族から時間を奪っていき、高校生の長男セブと小学生の娘ライザ・ジェーンは寂しい思いから心が揺さぶられていく。
監督:ケン・ローチ 出演:クリス・ヒッチェン(リッキー)、デビー・ハニーウッド(アビー)、リス・ストーン(セブ)、ケイティ・プロクター(ライザ・ジェーン)、ロス・ブリュースター(マロニー)ほか

「ナショナルギャラリー 英国の至宝」のネタバレあらすじ結末

ナショナル・ギャラリー 英国の至宝の紹介:2014年フランス,アメリカ,イギリス映画。英国ナショナル・ギャラリーの名品と共に、スタッフ達の裏側のたゆまぬ努力、芸術の発信場所としての役割を覗く。
監督:フレデリック・ワイズマン 出演者:ナショナル・ギャラリーPRスタッフ、運営委員、および修復保存スタッフ、ほか

1 2 3 4 5 46

キーワードから探す

TOP↑