Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

フランス映画一覧

フランス映画のネタバレあらすじ一覧です。おすすめフランス映画から、最新映画まで様々なジャンルのフランス映画を紹介しています。

「イリュージョニスト」のネタバレあらすじ結末

イリュージョニストの紹介:2010年イギリス,フランス映画。フランスの喜劇王ジャック・タチが愛娘のために書き上げた脚本を題材にした作品。1950年代のスコットランドを舞台に「ベルヴィル・ランデブー」の鬼才シルヴァン・ショメによるノスタルジックで心温まるアニメーション映画です。
監督:シルヴァン・ショメ 出演者:ジャン=クロード・ドンダ(タチシェフ)、エルダ・ランキン (アリス)、レイモンド・マーンズ、ダンカン・マクニール、ジェームズ・T・ミューアほか

「眼には眼を」のネタバレあらすじ結末

眼には眼をの紹介:1957年フランス,イタリア映画。中東の病院のフランス人医師が、ある夜、妻の容体の悪化から診察してくれという電話を断り、他の医師に診させて死なせてしまった事から、夫が医師に対し復讐をする様子を描いたサスペンス映画です。砂漠の山岳地帯を舞台にした映像には迫力があります。
監督:アンドレ・カイヤット 出演者:クルト・ユルゲンス(ヴァルテル)、フォルコ・ルリ(ボルタク)、パスカル・オードレ(ボルタクの義理の妹)、レア・パドヴァーニ(ロラ)ほか

「白い婚礼」のネタバレあらすじ結末

白い婚礼の紹介:1989年フランス映画。長年教師を務めていた監督による、中年の教師と17歳の女子生徒の禁断の純愛の物語。歌手として既に名声を得ていた17歳のヴァネッサ・パラディは初めての映画出演で純粋であると同時に破壊的な少女を演じて、セザール賞新人女優賞とロミー・シュナイダー賞を受賞。映画女優としてもキャリアを築いていく。
監督:ジャン・クロード・ブリソー 出演者:ヴァネッサ・パラディ(マチルド・テシエ)、ブリュノ・クレメール(フランソワ・エノー)、リュドミラ・ミカエル(カトリーヌ・エノー)その他

「夜 (1961年)」のネタバレあらすじ結末

夜の紹介:1961年イタリア,フランス映画。結婚して10年になる作家とその妻。作家の親友であり、ともに妻を愛した男の死をきっかけに、互いの愛情が薄れ、それまで平穏だった夫婦の関係にかげりがさす。
監督:ミケランジェロ・アントニオーニ 出演:マルチェロ・マストロヤンニ、ジャンヌ・モロー、モニカ・ヴィッティ、ベルンハルト・ヴィッキ、ほか

「スキャンダル (1976年)」のネタバレあらすじ結末

スキャンダルの紹介:1976年フランス映画。情欲の果てに身を滅ぼす女性を描いたエロティック・サスペンス。大学教授の妻であり、自らも薬局を営む上流階級のエリアーヌ。ある日雑用係のアルマンから人違いで抱きつかれ、以来彼を男として意識してしまうようになった。エリアーヌの欲望を見抜いたアルマンは彼女を性の奴隷にし、非情な仕打ちを繰り返す。
監督:サルヴァトーレ・サンペリ 出演者:リザ・ガストーニ(エリアーヌ・ミシュー)、フランコ・ネロ(アルマン)、レイモン・ペルグラン(アンリ・ミシュー)、クラウディア・マルサーニ(ジュスティーヌ・ミシュー)、アンドレア・フェレオル(ジュリエット)ほか

「スワンの恋」のネタバレあらすじ結末

スワンの恋の紹介:1983年フランス,西ドイツ映画。フランスの文豪マルセル・プルーストの長編小説『失われた時を求めて』の第1篇「スワン家のほうへ」の第2部「スワンの恋」を映画化したラブストーリーです。1890年代のパリを舞台に、社交界の花形的存在であるユダヤ人青年が魅惑的な高級娼婦に惹かれていく姿を描きます。
監督:フォルカー・シュレンドルフ 出演:ジェレミー・アイアンズ(チャールズ・スワン)、オルネラ・ムーティ(オデット・ド・クレシ)、アラン・ドロン(シャルリュス男爵)、ファニー・アルダン(ゲルマント公爵夫人)、マリー・クリスティーヌ・バロー(ヴェルデュラン夫人)、アンヌ・ベネント(クロエ)、ジャック・ブーデ(ゲルマント公爵)、ジュフロワ・トリー(フォルシュヴィル子爵)ほか

「ベル&セバスチャン 新たな旅立ち」のネタバレあらすじ結末

ベル&セバスチャン 新たな旅立ちの紹介:2015年フランス映画。セシル・オーブリー原作の児童文学を映画化した「ベル&セバスチャン」の続編となる作品。美しいアルプス山麓の村を舞台に孤児のセバスチャンと愛犬ベルの冒険を描きます。「ココ・シャネル」のクリスチャン・デュゲイ監督がメガホンを取りました。
監督:クリスチャン・デュゲイ 出演者:フェリックス・ボシュエ(セバスチャン)、チェッキー・カリョ(セザール)、マルゴ・シャトリエ(アンジェリーナ)、ティエリー・ヌーヴィック(ピエール)、ティラーヌ・ブロンドー(ガブリエラ)、ほか

「ちいさな独裁者」のネタバレあらすじ結末

ちいさな独裁者の紹介:2017年ドイツ,フランス,ポーランド映画。1945年4月のドイツ。敗色濃厚の戦線では戦いに疲弊した兵士たちの相次ぐ脱走により強奪などの軍規違反が頻発していた。脱走兵のヘロルトは極寒の無人地帯で、偶然ひと揃いの軍服を手に入れる。一兵卒だった彼は瞬く間にヒトラーを想像させるほどの支配者へとのし上がっていく。実在する人物、ヴィリー・ヘロルドの寓話のような真実の物語。ヘロルドを通じて、権力の魔力的パワーとそれにしがみつく人間の醜さや愚かさを生々しく描く。
監督:ロベルト・シュヴェンケ 出演:マックス・フーバッヒャー(ヘロルト)、ミラン・ペシェル(フライターク)、フレデリック・ラウ(キピンスキー)、ベルント・ヘルシャー(シュッテ)、ワルデマー・コプス(ハンゼン)、アレクサンダー・フェーリング(ユンカー)、ブリッタ・ハンメルシュタイン(ゲルダ・シュッテ)ほか

「ヴァン・ゴッホ」のネタバレあらすじ結末

ヴァン・ゴッホの紹介:1991年フランス映画。天才画家ゴッホの晩年を描いた伝記ドラマ。自身の耳を切り落とし、サン=レミの療養所を出てたどり着いた田舎町オーヴェル。医者ガシェとの出会いや彼の娘マルグリットとの出会い…彼の壮絶な人生の最後をゆったりと繊細に描いた作品。
監督:モーリス・ピアラ 出演:ジャック・デュトロン(ゴッホ)、アレクサンドラ・ロンドン(マルグリット)、ベルナール・ル・コク(テオ)、ジェラール・セティ(ガシェ)、コリーヌ・ブルドン(ヨー)、エルザ・ジルベルシュタイン(カティ)、レズリー・アズライ(アドリーヌ)、

「ナニー・マクフィーの魔法のステッキ」のネタバレあらすじ結末

ナニー・マクフィーの魔法のステッキの紹介:2005年アメリカ,イギリス,フランス映画。妻亡き後7人の子供達と暮らすブラウン家のセドリックの元へやって来た18人目のナニー(乳母)であるマクフィーの不思議な力と7人の子供達のいたずらが心温まり、マクフィーの魔法の杖と子供達が次々に問題を解決していく姿は感動する作品です。
監督:カーク・ジョーンズ 出演:エマ・トンプソン(ナニー・マクフィー)、コリン・ファース(セドリック・ブラウン)、ケリー・マクドナルド(エヴァンジェリン)、アンジェラ・ランズベリー(アデレード)、セリア・イムリー(クイックリー夫人)、デレク・ジャコビ(ホィーン氏)、イメルダ・スタウントン(ブラザウィック夫人)、トーマス・サングスター(サイモン)、ホリー・ギブス(クリッシー)、ほか

「TOKYO!」のネタバレあらすじ結末

TOKYO!の紹介:2008年フランス,日本,韓国映画。フランスと韓国の三人の有名監督達による短編オムニバス。東京を舞台に摩訶不思議な物語が繰り広げられていく。
監督:ミシェル・ゴンドリー、レオス・カラックス、ポン・ジュノ 出演者:藤谷文子、加瀬亮、伊藤歩、妻夫木聡、大森南朋、でんでん、ドニ・ラヴァン、ジャン=フランソワ・バルメ、石橋蓮司、北見敏之、嶋田久作、香川照之、蒼井優、竹中直人、荒川良々、山本浩司、松重豊、ほか

「愛、アムール」のネタバレあらすじ結末

愛、アムールの紹介:2012年フランス,ドイツ,オーストリア映画。認知症になった妻を献身的に介護する夫の壮絶なる様子を描いています。本作が描いている愛の形は賛否両論あるも深く考えさせられるものとなっています。第85回アカデミー賞外国語映画賞を始め、各映画祭の賞を受賞している注目作品です。第65回カンヌ国際映画祭では最高賞にあたるパルムドールを受賞しています。
監督:ミヒャエル・ハネケ 出演:ジャン=ルイ・トランティニャン(ジョルジュ)エマニュエル・リヴァ(アンヌ)イザベル・ユペール(エヴァ)アレクサンドル・タロー(アレクサンドル)

「やわらかい手」のネタバレあらすじ結末

やわらかい手の紹介:2007年ベルギー,ルクセンブルク,イギリス,ドイツ,フランス映画。歌手、女優として伝説的なキャリアを持つマリアンヌ・フェイスフル38年ぶりの主演映画。難病の孫を救うため、風俗店で働き始める女性とその人間模様を描いたコメディ・ドラマ。平凡に生きてきた初老の主婦マギーは、孫のオリーが6週間以内に治療を受けなければ病死すると知る。様々な金策に走った彼女はやわらかく滑らかな手を買われ、風俗店で働くことになった。壁越しに男性を絶頂へ導くマギーの手腕は凄まじく、彼女は瞬く間に売れっ子になっていく。
監督:サム・ガルバルスキ 出演者:マリアンヌ・フェイスフル(マギー)、ミキ・マノイロヴィッチ(ミキ)、ケヴィン・ビショップ(トム)、シヴォーン・ヒューレット(サラ)、ドルカ・グリルシュ(ルイーザ)ほか

「ナチス第三の男」のネタバレあらすじ結末

ナチス第三の男の紹介:2017年フランス,イギリス,ベルギー映画。ローラン・ビネのベストセラー小説『HHhH プラハ、1942年』の映画化。ラインハルト・ハイドリヒの暗殺事件は『死刑執行人もまた死す』(1943年)、『ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦』(2016年)等の映画によってあつかわれてきたが、本作品ではレジスタンス組織の英雄的活動と悲劇的末路のみならず、青年ハイドリヒがナチ党の残忍さを象徴する存在、ユダヤ人大量虐殺の首謀者へと変貌する過程をも描いている。
監督:セドリック・ヒメネス 出演:ジェイソン・クラーク(ラインハルト・ハイドリヒ)、ロザムンド・パイク(リナ・ハイドリヒ)、ジャック・オコンネル(ヤン・クビシュ)、ジャック・レイナー(ヨゼフ・ガブチーク)、ミア・ワシコウスカ(アンナ・ノヴァーク)その他

「フレンチ・ラン」のネタバレあらすじ結末

フレンチ・ランの紹介:2015年フランス,アメリカ映画。アウトローなCIA捜査官とアメリカから逃亡中のスリ師がコンビを組んで、真犯人を追うサスペンス・アクション、且つバディムービー。PG12作品です。
監督:ジェームズ・ワトキンス 出演:イドリス・エルバ(ショーン・ブライアー)、リチャード・マッデン(マイケル・メイソン)、シャルロット・ル・ボン(ゾーエ)、ケリー・ライリー(カレン・デイカー)、ジョゼ・ガルシア(ヴィクター・ガミュー)、ティエリ・ゴダール(ラフィ・ベルトラン)、ほか

1 2 3 4 5 36
TOP↑