Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ギャスパー・ウリエル映画一覧

ギャスパー・ウリエルが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「エヴァ」のネタバレあらすじ結末

エヴァの紹介:2018年フランス映画。あるきっかけで娼婦エヴァと知り合った作家のベルトラン。謎めいて実体の掴めないエヴァに、一瞬で惹かれてしまう。夫を前に妻としての顔を持つ一方で、客たちからお金を取る高級娼婦の顔を持つエヴァ。一体彼女は何者なのか?ベルトランは次作のプレッシャーから逃げるようにエヴァにのめり込んでいく。結婚を控えた婚約者カロリーヌの存在がありながらも、エヴァの魅力に堕ち破滅の道を一気に突き進む。原作は英国の人気作家ジェームズ・ハドリー・チェイスの小説『悪女イヴ』。
監督:ブノワ・ジャコー 出演:イザベル・ユペール(エヴァ・マーラン)、ギャスパー・ウリエル(ベルトラン・バラデ)、ジュリア・ロイ(カロリース)、マルク・バルべ(ジョルジュ・マーラン)、 リシャール・ベリ(レジス・グラン)ほか

「サンローラン」のネタバレあらすじ結末

サンローランの紹介:2014年フランス映画。モードの帝王イヴ・サン・ローラン。天才デザイナーの栄光と挫折、そして彼の色濃い人生の激動の10年記を「メゾン ある娼館の記憶」の鬼才監督ベルトラン・ボネロがエレガントに映し出す。
監督:ベルトラン・ボネロ 出演:ギャスパー・ウリエル(イヴ・サンローラン)、ジェレミー・レニエ(ピエール・ベルジェ)、ルイ・ガレル(ジャック・ド・バシャール)、レア・セドゥ(ルル・ドゥ・ラファレーズ)、ヘルムート・バーガー(イヴ・サンローラン(1989年))、アミラ・カサール(アニー・マリー・ムニョス)、ほか

「パリ、ジュテーム」のネタバレあらすじ結末

パリ、ジュテームの紹介:2006年アメリカ映画。フランスのオムニバス映画。有名な監督たちがショートショートをつくる。この短い時間の中でそれぞれの監督らしい色々な形の愛を見ることができるのが楽しいです。どの作品が好きなのか語り合うのも楽しいです。1話が約5分で、全18話の構成となっています。

「たかが世界の終わり」のネタバレあらすじ結末

たかが世界の終わりの紹介:2016年カナダ,フランス映画。自分はもうすぐ死ぬという事実を伝えるために、12年間疎遠だった家族に会いに行くことを決めるルイ。なぜ死ぬのか、なぜ12年もの間、家族を遠ざなくてはならなかったのか多くは語られない。だが、この来客によって平穏だった家族は不安の中へ陥れられることになる。原作はジャン=リュック・ラグラスの戯曲『まさに世界の終わり』。印象的な映像のみならず、心揺さぶる物語や音楽に新世代のカルチャーアイコンとして評価され、カンヌ国際映画祭では審査員特別グランプリを獲得。
監督:グザヴィエ・ドラン 出演: ギャスパー・ウリエル(ルイ)、レア・セドゥ(シュザンヌ)、マリオン・コティヤール(カトリーヌ)、ヴァンサン・カッセル(アントワーヌ)、ナタリー・バイ(マルティーヌ)、ほか

「ロング・エンゲージメント」のネタバレあらすじ結末

ロング・エンゲージメントの紹介:2004年フランス映画。フランスの小説「長い日曜日」を原作に、第一次世界大戦によって婚約中の恋人マネクの戦死を知らされたフィアンセのマチルダが戦場で彼に何が起きたのかを調査します。彼が生きていることを信じるマチルダはマネクをみつけることができるのでしょうか。
監督:ジャン=ピエール・ジュネ 出演者:オドレイ・トトゥ(マチルダ)、ギャスパー・ウリエル(マネク)、マリオン・コティアール(ティナ)ほか

「ハンニバル・ライジング」のネタバレあらすじ結末

ハンニバル・ライジングの紹介:2007年アメリカ映画。映画『羊たちの沈黙』『ハンニバル』『レッド・ドラゴン』に続く、ハンニバル・レクター博士シリーズの第4弾の映画。しかし時系列としては最初になる。レクター博士の幼少期から青年期にかけてを描く作品。
監督:ピーター・ウェーバー 出演者:ギャスパー・ウリエル(ハンニバル・レクター)、コン・リー(レディ・ムラサキ)、リス・エヴァンス(グルータス)、リチャード・ブレイク(ドートリッヒ)ほか

TOP↑