Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ジーン・ハックマン映画一覧

ジーン・ハックマンが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「ジェロニモ(1993年)」のネタバレあらすじ結末

ジェロニモの紹介:1993年アメリカ映画。アメリカの西部開拓時代、連邦政府への抵抗運動の先鋒となったアパッチ族の誇り高き戦士ジェロニモの闘争の日々を、彼を護送する若き白人将校の視点も交えて描いた歴史ドラマです。
監督:ウォルター・ヒル 出演者:ジェイソン・パトリック(チャールズ・B・ゲイトウッド)、ジーン・ハックマン(ジョージ・クルック)、ロバート・デュヴァル(アル・シーバー)、ウェス・ステューディ(ジェロニモ)、マット・デイモン(ブリットン・デイヴィス)ほか

「弾丸を噛め」のネタバレあらすじ結末

弾丸を噛めの紹介:1975年アメリカ映画。馬による西部横断レースを舞台に、個性的な登場人物の人間模様を描いた異色のウエスタン。動物を愛するクレイトンは、ひょんなことから莫大な賞金が懸けられた過酷なレースに参加することになった。自然の脅威に人も馬も倒れる中、クレイトンは参加者達それぞれの心に触れていく。
監督:リチャード・ブルックス 出演者:ジーン・ハックマン(サム・クレイトン)、キャンディス・バーゲン(ケイト・ジョーンズ)、ジェームズ・コバーン(ルーク・マシューズ)、ベン・ジョンソン(ミスター)、ジャン=マイケル・ヴィンセント(カーボ)ほか

「レッズ」のネタバレあらすじ結末

レッズの紹介:1981年アメリカ映画。20世紀初頭のロシア革命の激動期を舞台に、革命の熱気と狂気を克明に記した『世界をゆるがした十日間』の著者ジョン・リードと女性解放運動の先駆者ルイーズ・ブライアントの恋を描いた伝記ドラマです。ジョン・リード役のウォーレン・ベイティは監督・共同脚本・製作と4役を兼ねており、アカデミー賞で3部門(監督賞・助演女優賞・撮影賞)を獲得しています。
監督:ウォーレン・ベイティ 出演:ウォーレン・ベイティ(ジョン・“ジャック”・サイラス・リード)、ダイアン・キートン(ルイーズ・ブライアント)、ジャック・ニコルソン(ユージン・オニール)、ポール・ソルヴィノ(ルイス・フレイナ)、モーリン・ステイプルトン(エマ・ゴールドマン)、ジーン・ハックマン(ピート・ヴァン・ウェリー)ほか

「追いつめられて」のネタバレあらすじ結末

追いつめられての紹介:1987年アメリカ映画。1948年製作「大時計」のリメイクです。海軍将校トム・ファレル中佐と恋仲となった女性スーザンが殺害されます。事件の担当になったトムですが、残された証拠は自身に繋がっていきます。追いつめられたトムは、ペンタゴンに渦巻く陰謀に巻き込まれていき、物語は意外な展開を迎えます。若かりし頃のK・コスナーの軍服姿に惚れ惚れします。
監督:ロジャー・ドナルドソン 出演者:ケヴィン・コスナー(トム・ファレル)、ジーン・ハックマン(デヴィッド・ブライス)、ショーン・ヤング(スーザン)、ウィル・パットン(スコット・プリチャード)、ジョージ・ズンザ(サム・ヘッセルマン)

「宇宙からの脱出」のネタバレあらすじ結末

宇宙からの脱出の紹介:1969年アメリカ映画。人類の夢と希望を託し打ち上げられた宇宙船の故障で、宇宙に取り残された3人の宇宙飛行士たちの救出作戦の緊迫した様子や宇宙計画の非情な現実を描いています。ちなみに日本での公開直後、偶然にもアポロ13号(後に映画化)の事故が発生しています。監督は「大脱走」などで知られるJ・スタージェス。G・ペック、G・ハックマンなど、豪華はキャスティングです。第42回アカデミー特殊視覚効果賞を受賞。
監督:ジョン・スタージェス 出演者:グレゴリー・ペック(チャールズ・キース)、リチャード・クレンナ(ジム・プルイット)、デヴィッド・ジャンセン(テッド・ドゥハティ)、ジーン・ハックマン(バズ・ロイド)、ジェームズ・フランシスカス(クレイトン・ストーン)ほか

「地獄の7人」のネタバレあらすじ結末

地獄の7人の紹介:1983年アメリカ映画。ベトナム戦争が終結したが、ベトナムには多くの兵士が取り残され行方不明になっていた。歴戦の士官ローズの息子もまた未帰還で、彼は多くの労力を割きその行方を捜していたが、捕虜になっている事が確認される。彼は息子の友人等に協力を仰ぎ、息子と未帰還の兵士達を救出する為の作戦を開始する。ジーン・ハックマン主演、ベトナム戦争の戦後処理を題材にしたアクション映画。
監督:デッド・コッチェフ 出演者:ジーン・ハックマン(ローズ大佐)、ロバート・スタック(マグレガー)、フレッド・ウォード(ウィルクス)、レブ・ブラウン(ブラスター)、ランドール・“テックス”・コッブ(セイラー)、パトリック・スウェイジ(ケヴィン・スコット)、ほか

「白銀のレーサー」のネタバレあらすじ結末

白銀のレーサーの紹介:1969年アメリカ映画。アルペンスキーの滑降のチャンピオンになる野心を抱くアメリカ人青年と、反発し合いながら彼を支えるアメリカ代表チーム。手持ちカメラも用いて撮影された競技シーンに迫力がある。
監督:マイケル・リッチー 出演者:ロバート・レッドフォード(デイブ・チャプレット)、ジーン・ハックマン(クレア)、カミラ・スパーヴ(キャロル)、ジム・マクマラン(クリーチ)、カール・ミヒャエル・フォーグラー(マシェー)

「ザ・ロイヤル・テネンバウムズ」のネタバレあらすじ結末

ザ・ロイヤル・テネンバウムズの紹介:2001年アメリカ映画。ウェス・アンダーソンの作品で初めて日本で公開された作品です。テネンバウム家の3人の子供達は若くして成功するが大人になりそれぞれ問題を抱えます。更に家族を裏切った自由奔放な父親が家族の絆を取り戻そうと奔走。家族の崩壊と再生をシニカルに描いた作品です。
監督:ウェス・アンダーソン 出演:ジーン・ハックマン(ロイヤルテ・ネンバウム)、アンジェリカ・ヒューストン(エセル・テネンバウム)、ベン・スティラー(チャス・テネンバウム)、グウィネス・パルトロー(マーゴ・テネンバウム)、ルーク・ウィルソン(リッチー・テネンバウム)、オーウェン・ウィルソン(イーライ・キャッシュ)、ほか

「ワイアット・アープ」のネタバレあらすじ結末

ワイアット・アープの紹介:1994年アメリカ映画。アメリカ西部開拓時代の伝説的な保安官ワイアット・アープの生涯をケビン・コスナー製作・主演で描いた大作西部劇です。史実に忠実に描かれ、数奇な運命を辿ったワイアットがやがて名高い「OK牧場の決闘」へと突き進んでいく過程を描いています。
監督:ローレンス・カスダン 出演者:ケビン・コスナー(ワイアット・アープ)、デニス・クエイド(ドク・ホリデイ)、ジーン・ハックマン(ニコラス・ポーター・アープ)、マイケル・マドセン(ヴァージル・アープ)、デヴィッド・アンドリュース(ジェームズ・アープ)ほか

「ザ・メキシカン」のネタバレあらすじ結末

ザ・メキシカンの紹介:2001年アメリカ映画。ブラッド・ピットとジュリアロバーツ共演のアクションラブコメディ。伝説の拳銃「メキシカン」を巡って繰り広げられるドタバタアクション劇でもある。
監督: 出演:ブラッド・ピット(ジェリー・ウェルバック)、ジュリア・ロバーツ(サマンサ・バーゼル)、ジェームズ・ガンドルフィーニ(ウィンストン・バルドリー)、J・K・シモンズ(テッド・スローカム)

「クリムゾン・タイド」のネタバレあらすじ結末

クリムゾン・タイドの紹介:1995年アメリカ映画。ロシアでクーデターが発生、それに伴いアメリカへの核攻撃が現実味を帯びる。その危機に対応する為潜水艦アラバマが出航するが、核ミサイルによる先制攻撃、即ち核戦争の引き金となりうる判断を巡り艦長と副長が対立、艦内が揺れていた。密閉された艦内で世界を揺るがす決断を巡り、対立する二人の軍人を描いたミリタリー・スリラー映画。
監督:トニー・スコット 出演者:ロン・ハンター少佐(デンゼル・ワシントン)、フランク・ラムジー大佐(ジーン・ハックマン)、ピーター・“ウェップス”・インス大尉(ヴィゴ・モーテンセン)、ウォルターズ先任伍長(ジョージ・ズンザ)、ボビー・ドガーティ大尉(ジェームズ・ギャンドルフィーニ)ほか

「スーパーマン4/最強の敵」のネタバレあらすじ結末

スーパーマン4/最強の敵の紹介:1987年アメリカ映画。シリーズ第4弾にしてクリストファー・リーヴ主演の最終作です。リーヴ自ら原案に加わった今回は、宿敵レックスによって生み出された最強の人造人間とスーパーマンとの死闘を、核廃絶のメッセージも込めて描いています。
監督:シドニー・J・フューリー 出演者:クリストファー・リーヴ(スーパーマン/クラーク・ケント)、ジーン・ハックマン(レックス・ルーサー)、マーゴット・キダー(ロイス・レーン)、マリエル・ヘミングウェイ(レイシー・ウォーフィールド)、マーク・ピロー(ニュークリアマン)ほか

「エネミー・オブ・アメリカ」のネタバレあらすじ結末

エネミー・オブ・アメリカの紹介:1998年アメリカ映画。ひょんなことから国家絡みの殺人事件の証拠を掴んでしまった弁護士が、何も事情を知らぬまま全米を敵に回してしまい、元NSA(国家安全保障局)工作員の助けを借りて事件の真相を追及しようとする姿を描いたサスペンスアクション映画です。
監督:トニー・スコット 出演者:ウィル・スミス(ロバート・クレイトン・ディーン)、ジーン・ハックマン(エドワード・“ブリル”・ライル)、ジョン・ヴォイト(トーマス・ブライアン・レイノルズ)、リサ・ボネット(レイチェル・F・バンクス)、レジーナ・キング(カーラ・ディーン)ほか

「許されざる者 (1992年)」のネタバレあらすじ結末

許されざる者の紹介:1992年アメリカ映画。妻に先立たれ、二人の子供を養う貧しい畜産家の男の所に一人の若者が尋ねてくる。若者は男に、ある町で娼婦達が掛けた賞金首の話をし、誘ってくる。男は古い仲間を誘いその賞金に挑むが、仲間は保安官に捕らえられ、責め殺されしまった。男には血生臭い過去がありその過去を忌み呪って居たが、人を人と思わぬ保安官達に、その夜だけ伝説の無法者に立ち戻る事を決意する。イーストウッドが監督主演をした西部劇の名作。
監督:クリント・イーストウッド 出演:ウィリアム・マニー(クリント・イーストウッド)、リトル・ビル・ダゲット(ジーン・ハックマン)、ネット・ローガン(モーガン・フリーマン)、スコフィールド・キッド(ジェームズ・ウールヴェット)ほか

「ロシアン・ルーレット(1991年)」のネタバレあらすじ結末

ロシアン・ルーレットの紹介:1991年アメリカ映画。フリーの工作員サムは、自分の仕事振りに時代遅れを感じ始めていた。そんな時、古巣CIAから捕虜交換の立会人を依頼される。その取引自体が正式の物ではなく、CIAが彼を雇わざる得なかったには訳があった。CIA、KGB両組織が暗躍し、張り巡らされた陰謀に、サムは巻き込まれていく。ジーン・ハックマン主演のスパイ・サスペンス映画。
監督:ニコラス・メイヤー 出演者:サム・ボイド(ジーン・ハックマン)、ピーター・グルシェンコ(ミハイル・バリシニコフ)、エリオット・ジャッフェ(カートウッド・スミス)、グリッソム大佐(テリー・オクイン)、マイク・フリン(ダニエル・フォン・バーゲン)

1 2 3
TOP↑