Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ジョージ・ルーカス監督映画一覧

ジョージ・ルーカス監督・製作映画のネタバレあらすじ一覧です。ジョージ・ルーカス監督のおすすめ映画、人気映画や最新作まで、ジョージ・ルーカス監督作品の一覧です。

「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」のネタバレあらすじ結末

スター・ウォーズ/最後のジェダイの紹介:2017年アメリカ映画。邪悪な軍隊によって銀河の支配を企むファースト・オーダーが台頭。その脅威に対抗するにはジェダイの力が必要です。最後のジェダイであるルーク・スカイウォーカーを探し出すべく、レイはレイア・オーガナ将軍によって惑星オクトーにやって来るのです。ファースト・オーダーは新兵器をレジスタンスに破壊されたものの、レジスタンス基地を突きとめて、激しい攻撃を加え、レジスタンスを追い詰めていきます。一方のレイはルークを見つけ出したものの、彼はレイを拒否し続けるのですが、彼が明らかにする衝撃の真実とは?銀河を舞台に新たな物語が始まります。
監督:ライアン・ジョンソン 出演:デイジー・リドリー(レイ)、マーク・ハミル(ルーク・スカイウォーカー)、アダム・ドライバー(カイロ・レン)、キャリー・フィッシャー(レイア・オーガナ)、ジョン・ホイエガ(フィン)、オスカー・アイザック(ポー・ダメロン)、ドーナル・グリーソン(八ックス将軍)他

「スターウォーズ エピソード8/最後のジェダイ」のネタバレあらすじ結末

スター・ウォーズ/最後のジェダイの紹介:2017年アメリカ映画。ジョージ・ルーカス原作のSFスペースオペラの金字塔「スターウォーズ」シリーズの第8作(第8話)です。前作「スター・ウォーズ エピソード7/フォースの覚醒」の直後、ファースト・オーダーの反撃が激しくなる中、フォースを覚醒したレイは伝説のジェダイ・マスターであるルーク・スカイウォーカーと対面するのですが…。レイア姫役のキャリー・フィッシャーは今作が遺作となりました。
監督:ライアン・ジョンソン 出演者:デイジー・リドリー(レイ)、マーク・ハミル(ルーク・スカイウォーカー)、アダム・ドライバー(カイロ・レン/ベン・ソロ)、キャリー・フィッシャー(レイア・オーガナ・ソロ)、ジョン・ボイエガ(フィン)、オスカー・アイザック(ポー・ダメロン)、アンソニー・ダニエルズ(C-3PO)、ジミー・ヴィー(R2-D2)ほか

「ラビリンス/魔王の迷宮」のネタバレあらすじ結末

ラビリンス/魔王の迷宮の紹介:1986年アメリカ映画。全編ジム・ヘンソンによるマペットとデヴィッド・ボウイの曲で繰り広げられるファンタジー。物語好きの少女が弟を連れ去った魔王ジャレスの元へ、弟を取り戻す冒険に出る。
監督ジム・ヘンソン、ピーター・マクドナルド、ジミー・デイヴィス 出演:デヴィッド・ボウイ(ジャレス)、ジェニファー・コネリー(サラ)、シェリー・トンプソン(継母)、ほか

「インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国」のネタバレあらすじ結末

インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国の紹介:2008年アメリカ映画。ソ連はインディを使い、アメリカが秘匿していたオーパーツ、クリスタル・スカルを奪取する。その責任を取らされ大学を追われた彼の所に一人の青年がやってくる。彼はインディに母親の危機を救ってくれと頼んでくるが、その母親とは、かつての恋人マリオンだった。そしてその危機にも、ソ連とクリスタル・スカルが関わっていた。ジョーンズのアクションが止まらない大人気ファンタジーアクションアドベンチャー映画インディジョーンズシリーズ第4弾。
監督:スティーヴン・スピルバーグ 出演:ハリソン・フォード(インディアナ・ジョーンズ)、シャイア・ラブーフ(マット・ウィリアムズ)、レイ・ウィンストン(ジョージ・マクヘイル)、カレン・アレン(マリオン・レイヴンウッド)、ケイト・ブランシェット(イリーナ・スパルコ)、ほか

「インディ・ジョーンズ 最後の聖戦」のネタバレあらすじ結末

インディ・ジョーンズ 最後の聖戦の紹介:1989年アメリカ映画。考古学者インディに、父親で同じ考古学者のヘンリーが、学術調査中に行方不明になった事が知らされる。それを知らせきた大富豪にして支援者ドノヴァンは、ヘンリーの捜索と彼が生涯を掛けた、かのキリストの聖杯に関する調査を引き継ぐよう依頼してくる。ナチスの影が見え隠れする中、インディは十字軍のごとく聖杯探索に挑む。ヘンリー役にショーン・コネリーが抜擢された大人気考古学アクションアドベンチャー映画インディジョーンズシリーズ第3弾。
監督:スティーヴン・スピルバーグ 出演:ハリソン・フォード(インディアナ・ジョーンズ)、ショーン・コネリー(ヘンリー・ジョーンズ教授)、デンホルム・エリオット(マーカス・ブロディ)、アリソン・ドゥーディ(エルザ・シュナイダー)、ジョン・リス=デイヴィス(サラー)、ジュリアン・グローヴァー(ウォルター・ドノヴァン)、リヴァー・フェニックス(若き日のインディ・ジョーンズ)、ほか

「インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説」のネタバレあらすじ結末

インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説の紹介:1984年アメリカ映画。考古学者インディ・ジョーンズは、危険な相手との取引に失敗し、その末にインドの山奥に降り立つ。彼はそこで出会った村人達に、奪われた彫像と攫われた子供達を救って欲しいと懇願され、ある宮殿へ乗り込む。そこは、シヴァの秘宝を悪用した邪教徒の巣窟となっていて、インディはその秘宝と子供達を守る為に奮戦する。東京ディズニーシーでもお馴染みのトロッコシーンは圧巻、大人気考古学アクションアドベンチャー映画インディジョーンズシリーズ第2弾。
監督:スティーブン・スピルバーグ 出演者:インディアナ・ジョーンズ(ハリソン・フォード)、ウィリー・スコット(ケイト・キャプショー)、ショート・ラウンド(キー・ホイ・クァン)、モラ・ラム(アムリーシュ・プリー)ほか

「雨のなかの女」のネタバレあらすじ結末

雨のなかの女の紹介:1969年アメリカ映画。当時29歳のコッポラ監督が即興的な演出を交え、全編ロケーションで撮影したロード・ムービー。一部の批評家の絶賛を浴びた。また、メイキングのドキュメンタリーをジョージ・ルーカスが撮影。両監督の長年の交友のきっかけともなった。
監督:フランシス・フォード・コッポラ 出演:シャーリー・ナイト(ナタリー)、ジェームズ・カーン(ジミー・キルギャノン)、ロバート・デュヴァル(ゴードン)、マーヤ・ジメット(ロザリー)ほか

「ローグワン/スターウォーズストーリー」のネタバレあらすじ結末

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリーの紹介:2016年アメリカ映画。「希望は死なない」。スターウォーズシリーズのサイドストーリーで、エピソード4の10分前までの物語。いうなれば、エピソード3.9。ディズニーがスターウォーズの権利を取得したことで、今後、サーガ本編とスピンオフ作品がそれぞれが隔年で毎年スターウォーズ映画が公開されることになりました。その外伝の第1弾作品です。
監督:ギャレス・エドワーズ 出演:フェリシティ・ジョーンズ(ジン・アーソ)、ディエゴ・ルナ(キャシアン・アンドー)、ベン・メンデルソーン(オーソン・クレニック)、ドニー・イェン(チアルート・イムウェ)、マッツ・ミケルセン(ゲイリン・アーソ)、アラン・テュディック(K-2SO)、ジェームズ・アール・ジョーンズ(ダース・ベイダー)、アンソニー・ダニエルズ(C-3PO)ほか

「スターウォーズ エピソード7/フォースの覚醒」のネタバレあらすじ結末

スターウォーズ フォースの覚醒(エピソード7)の紹介。2015年アメリカ映画。スターウォーズ7番目の物語で新3部作の始まりの作品。「フォースの覚醒」はエピソード6から30年後の世界が舞台となる。ジェダイに倒されたベイダー卿に代わって銀河の平和の脅威となっているファースト・オーダーとは? スターウォーズシリーズ前作のエピソード3の公開から10年ぶりに製作されたスターウォーズ作品。
監督:J・J・エイブラムス 出演:ハリソン・フォード(ハン・ソロ)、キャリー・フィッシャー(レイア・オーガナ)、アダム・ドライヴァー(カイロ・レン)、デイジー・リドリー(レイ)、ジョン・ボイエガ(フィン)、オスカー・アイザック(ポー・ダメロン)、ルピタ・ニョンゴ(マズ・カナタ)、アンディ・サーキス(最高指導者スノーク)、ドーナル・グリーソン(ハックス将軍)、アンソニー・ダニエルズ(C-3PO)、ケニー・ベイカー(R2-D2)、ピーター・メイヒュー(チューバッカ)、マーク・ハミル(ルーク・スカイウォーカー)、ほか

「スターウォーズ4 新たなる希望」のネタバレあらすじ結末

スターウォーズ エピソード4 新たなる希望の紹介:1977年アメリカ映画。スターウォーズシリーズ1作目で最初に公開されたスターウォーズです。時系列ではスターウォーズ4(エピソード4)番目です。かつて銀河を統一していた共和国が崩壊し、新たに誕生した「銀河帝国」により圧力的に支配されている世界。自由を求め結集された反乱同盟軍と、共和国時代に存在していた「ジェダイの騎士」の末裔であるルーク・スカイウォーカーが、銀河帝国に戦いを挑んでいく。
監督:ジョージ・ルーカス 出演: マーク・ハミル(ルーク・スカイウォーカー)、ハリソン・フォード(ハン・ソロ)、キャリー・フィッシャー(レイア)、アレック・ギネス(オビ=ワン・ケノービ)、ピーター・カッシング(モフ・ターキン)、アンソニー・ダニエルズ(C-3PO)、ケニー・ベイカー(R2D2)、ピーター・メイヒュー(チューバッカ)、デヴィッド・プラウズ(ダース・ベイダー)ほか

「スターウォーズ エピソード3/シスの復讐」のネタバレあらすじ結末

スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐の紹介:2005年アメリカ映画。ジョージ・ルーカス原作のSFスペースオペラの金字塔「スターウォーズ」シリーズの第6作(第3話)です。前作「エピソード2/クローンの攻撃」から始まった銀河を二分する“クローン大戦”の最中、ジェダイの騎士アナキン・スカイウォーカーはフォースの暗黒面に堕ち、シスの暗黒卿ダース・ベイダーとしての道を歩んでいきます。
監督:ジョージ・ルーカス 出演者:ヘイデン・クリステンセン(アナキン・スカイウォーカー/ダース・ベイダー)、ユアン・マクレガー(オビ=ワン・ケノービ)、ナタリー・ポートマン(パドメ・アミダラ)、アンソニー・ダニエルズ(C-3PO)、ケニー・ベイカー(R2-D2)、ピーター・メイヒュー(チューバッカ)、サミュエル・L・ジャクソン(メイス・ウィンドゥ)、フランク・オズ(ヨーダ(声))、ジミー・スミッツ(ベイル・オーガナ)、クリストファー・リー(ドゥークー伯爵/ダース・ティラナス)、イアン・マクダーミド(シーヴ・パルパティーン/ダース・シディアス)、ほか

「スターウォーズ エピソード2/クローンの攻撃」のネタバレあらすじ結末

スターウォーズ エピソード2/クローンの攻撃の紹介:2002年アメリカ映画。ジョージ・ルーカス原作のSFスペースオペラの金字塔「スター・ウォーズ」シリーズの第5作(第2話)です。前作「エピソード1/ファントム・メナス」から約10年後、ジェダイとして成長したアナキン・スカイウォーカー(後のダース・ベイダー)は初恋の人パドメ・アミダラと禁断の恋に落ちていき、やがて銀河を二分する“クローン大戦”に巻き込まれていきます。
監督:ジョージ・ルーカス 出演者:ヘイデン・クリステンセン(アナキン・スカイウォーカー)、ユアン・マクレガー(オビ=ワン・ケノービ)、ナタリー・ポートマン(パドメ・アミダラ)、アンソニー・ダニエルズ(C-3PO)、ケニー・ベイカー(R2-D2)、サミュエル・L・ジャクソン(メイス・ウィンドゥ)、フランク・オズ(ヨーダ)、テムエラ・モリソン(ジャンゴ・フェット)、クリストファー・リー(ドゥークー伯爵/ダース・ティラナス)、イアン・マクダーミド(シーヴ・パルパティーン/ダース・シディアス)、ほか

「スターウォーズ エピソード1/ファントムメナス」のネタバレあらすじ結末

スターウォーズ エピソード1/ファントムメナスの紹介:1999年アメリカ映画。ジョージ・ルーカス原作のSFスペースオペラの金字塔「スターウォーズ」シリーズの第4作にして全ての物語の第1話となるアナキン三部作の第1弾です。後にダース・ベイダーとなるアナキン・スカイウォーカーの少年時代を、銀河共和国の衰退とシス暗黒卿の暗躍と共に描きます。
監督:ジョージ・ルーカス 出演者:ジェイク・ロイド(アナキン・スカイウォーカー)、ユアン・マクレガー(オビ=ワン・ケノービ)、リーアム・ニーソン(クワイ=ガン・ジン)、ナタリー・ポートマン(パドメ・アミダラ)、アンソニー・ダニエルズ(C-3PO)、ケニー・ベイカー(R2-D2)、サミュエル・L・ジャクソン(メイス・ウィンドゥ)、フランク・オズ(ヨーダ)、レイ・パーク(ダース・モール)、イアン・マクダーミド(シーヴ・パルパティーン/ダース・シディアス)、ほか

「スターウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還」のネタバレあらすじ結末

スターウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還の紹介:1983年アメリカ映画。ジョージ・ルーカス原作のSFスペースオペラの金字塔「スターウォーズ」シリーズの第3作(第6話)にして旧3部作の完結編です。前作「エピソード5/帝国の逆襲」から1年後、ジェダイとして覚醒したルーク・スカイウォーカーはハン・ソロの救出に向かい、そして実の父であるダース・ベイダーをフォースの暗黒面から解放するため銀河皇帝に最後の戦いを挑みます。
監督:リチャード・マーカンド 出演者:マーク・ハミル(ルーク・スカイウォーカー)、ハリソン・フォード(ハン・ソロ)、キャリー・フィッシャー(レイア・オーガナ)、アレック・ギネス(オビ=ワン・ケノービ/ベン)、ビリー・ディー・ウィリアムズ(ランド・カルリジアン)、アンソニー・ダニエルズ(C-3PO)、ケニー・ベイカー(R2-D2)、ピーター・メイヒュー(チューバッカ)、フランク・オズ(ヨーダ)、イアン・マクダーミド(銀河皇帝シーヴ・パルパティーン/ダース・シディアス)、ジェームズ・アール・ジョーンズ(ダース・ベイダー)、デヴィッド・プラウズ(ダース・ベイダー)ほか

「スターウォーズ エピソード5/帝国の逆襲」のネタバレあらすじ結末

スターウォーズ エピソード5/帝国の逆襲の紹介:1980年アメリカ映画。ジョージ・ルーカス原作のSFスペースオペラの金字塔「スターウォーズ」シリーズの第2作(第5話)です。前作「エピソード4/新たなる希望」でのデス・スター攻防戦から3年後、ルーク・スカイウォーカーは師匠となる伝説のジェダイマスター・ヨーダとの出会いやシスの暗黒卿ダース・ベイダーとの対峙を経て、自らの出生にまつわる衝撃的な事実を知ることになります。
監督:アーヴィン・カーシュナー 出演者:マーク・ハミル(ルーク・スカイウォーカー)、ハリソン・フォード(ハン・ソロ)、キャリー・フィッシャー(レイア・オーガナ)、アレック・ギネス(オビ=ワン・ケノービ/ベン)、ビリー・ディー・ウィリアムズ(ランド・カルリジアン)、アンソニー・ダニエルズ(C-3PO)、ケニー・ベイカー(R2-D2)、ピーター・メイヒュー(チューバッカ)、フランク・オズ(ヨーダ(声))、ジェームズ・アール・ジョーンズ(ダース・ベイダー(声))、デヴィッド・プラウズ(ダース・ベイダー(スーツアクター))ほか

1 2
TOP↑