池井戸潤原作映画一覧

池井戸潤原作映画のネタバレあらすじ一覧です。池井戸潤原作のおすすめ映画、人気映画から、題材として扱われた作品まで、池井戸潤原作映画のネタバレあらすじ一覧です。

「七つの会議」のネタバレあらすじ結末

七つの会議の紹介:2018年日本映画。池井戸潤原作の社会派エンターテインメント映画「空飛ぶタイヤ」に続く第2弾です。ぐうたら社員からのパワハラ告発をきっかけに社内に思わぬ波乱が巻き起こる。その先で待っていたのは巨大企業の深い闇だった…。野村萬斎、香川照之といった豪華実力派俳優が集結。会社や仕事の「正義」と、そこで働く「意義」とは何なのか、日本企業の在り方に問題提起をする「七つの会議」は、リコール隠しや内部告発をテーマにした、働く人全てに贈る究極の企業サスペンス映画です。
監督:服澤克雄 キャスト:野村萬斎(八角民夫)、香川照之(北川誠)、及川光博(原島万二)、片岡愛之助(坂戸宣彦)、音尾琢真(三沢逸郎)、藤森慎吾(新田雄介)、朝倉あき(浜本優衣)、岡田浩暉(佐野健一郎)、木下ほうか(田部)、吉田羊(淑子)、土屋太鳳(三沢奈々子)、小泉孝太郎(奈倉翔平)、溝端淳平(星野)、春風亭昇太(飯山孝実)、立川談春(江木恒彦)、勝村政信(加茂田久司)、世良公則(村西京助)、鹿賀丈史(梨田元就)、橋爪功(宮野和広)、北大路欣也(徳山郁夫)、ほか

「空飛ぶタイヤ」のネタバレあらすじ結末

空飛ぶタイヤの紹介:2018年日本映画。大ヒットドラマ『半沢直樹』や『下町ロケット』の作者として知られる池井戸潤のベストセラー小説の映画化。ある日突然起こったトレーラー事故により、整備不良を疑われた小さな運送会社の社長がそのトレーラーの生産者である財閥系の巨大自動車メーカーに戦いを挑む物語。主演にTOKIOの長瀬智也を迎え、ディーン・フジオカ、高橋一生と豪華キャストが集結。三菱自動車のリコール隠し事件を本作のモデルとしている。
監督:本木克英 出演:長瀬智也(赤松徳郎)、ディーン・フジオカ(沢田悠太)、高橋一生(井崎一亮)、深田恭子(赤松史絵)、寺脇康文(高幡真治)、小池栄子(榎本優子)、ムロツヨシ(小牧重道)、中村蒼(杉本元)、柄本明(野村征治)、佐々木蔵之介(相沢寛久)、六角精児(谷山耕次)、升毅(巻田三郎)、笹野高史(宮代直吉)、岸部一徳(狩野威)、ほか

TOP↑