Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

石原裕次郎映画一覧

石原裕次郎が出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「闘牛に賭ける男」のネタバレあらすじ結末

闘牛に賭ける男の紹介:1960年日本映画。スカンジナビア航空の協力を得て、スペインロケで撮った、石原裕次郎、北原三枝コンビの日活の人気映画です。闘牛公演を日本に呼ぶことに命を懸けた北見と、婚約者江藤そして北見との二人の男の間で揺れる冴子の恋物語で、スペインの俳優も多数出演した豪華作品となっています。
監督:舛田利雄 出演者:石原裕次郎(北見徹)、北原三枝(佐倉冴子)、二谷英明(江藤良一)、高原駿雄(山川信悟)、芦田伸介(宗方画伯)、アルフォンソ・ロハス(ガルシア)、カルヴィン・ウィッタ(ウィルソン)ほか

「鷲と鷹(1957年)」のネタバレあらすじ結末

鷲と鷹の紹介:1957年日本映画。井上梅次監督が自らのオリジナル脚本を元に演出した海上ミステリー・アクション。専属契約を結んでいたため日活の作品への出演の多かった三國連太郎が、珍しく石原裕次郎と共演した点も魅力。のちに裕次郎作品を多く手がける舛田利雄が助監督を務めている。
監督:井上梅次 出演:石原裕次郎(野村千吉)、三國連太郎(佐々木)、浅丘ルリ子(明子)、月丘夢路(朱実)、長門裕之(吾郎)、二本柳寛(鬼鮫)、ほか

「赤い波止場」のネタバレあらすじ結末

赤い波止場の紹介:1958年日本映画。石原裕次郎と北原三枝のコンビ作。異国情緒あふれる港街を舞台に、「カサブランカ」や「望郷」を思わせるバタ臭い物語が展開する。1950年代の神戸でオールロケーションされていて、名カメラマン姫田真佐久が撮影した風景も魅力のひとつになっている。
監督:舛田利雄 出演:石原裕次郎(富永二郎)、北原三枝(杉田圭子)、中原早苗(マミー)、岡田眞澄(タア坊)、二谷英明(勝又)、二本柳寛(松山)

「黒部の太陽」のネタバレあらすじ結末

黒部の太陽の紹介:1968年日本映画。三船敏郎と石原裕次郎という二人のスーパースターのダブル主演によるこの作品は、世紀の難工事と言われた富山県・黒部ダムの工事に情熱を注いだ二人の男の姿を描いた超大作です。1969年と2009年にはテレビドラマ化もされています。
監督:熊井啓 出演者:三船敏郎(北川)、石原裕次郎(岩岡)、二谷英明(小田切)、宇野重吉(森)、辰巳柳太郎(源三)ほか

「狂った果実」のネタバレあらすじ結末

狂った果実の紹介:1956年日本映画。石原慎太郎が原作の同名小説を自らの脚本と弟・石原裕次郎の主演で映画化した作品です。夏の逗子海岸を舞台に、対照的な人生を歩む兄弟が魅惑的な美女との出会いを機に人生を狂わせていく姿が描かれています。
監督:中平康 出演者:石原裕次郎(滝島夏久)、津川雅彦(滝島春次)、北原三枝(天草恵梨)、岡田眞澄(平沢フランク)、ハロルド・コンウェイ(恵梨の夫)ほか

「嵐を呼ぶ男」のネタバレあらすじ結末

嵐を呼ぶ男の紹介:1957年日本映画。石原裕次郎の代表作のひとつで、主題歌も大ヒットを記録した作品です。ドラマーを目指す若者とその弟の恋愛や葛藤を描いています。後に渡哲也や近藤真彦主演でリメイクされています。
監督:井上梅次 出演者:石原裕次郎(国分正一)、北原三枝(福島美弥子)、芦川いづみ(島みどり)、金子信雄(左京徹)、青山恭二(国分英次)ほか

「待ち伏せ」のネタバレあらすじ結末

待ち伏せの紹介:1970年日本映画。藤木弓(稲垣浩のペンネーム)と小国英雄、高岩肇、宮川一郎の4人で執筆したオリジナル脚本をもとに、三船プロダクションが製作したアクション時代劇映画。三船敏郎が主演を務め、石原裕次郎、勝新太郎、中村錦之助、浅丘ルリ子などが共演した豪華キャスト時代劇です。
監督:稲垣浩 出演:三船敏郎(用心棒)、石原裕次郎(弥太郎)、勝新太郎(玄哲)、中村錦之助(伊吹兵馬)、浅丘ルリ子(おくに)、ほか

TOP↑