ジャック・ニコルソン映画一覧

ジャック・ニコルソンが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「女と男の名誉」のネタバレあらすじ結末

女と男の名誉の紹介:1985年アメリカ映画。リチャード・コンドンの小説を自ら脚本を手掛けて映画化されたブラックコメディです。ニューヨーク・ブルックリンを舞台に、イタリア系マフィアの幹部がフリーランスの女殺し屋に恋をしてしまったことから巻き起こるトラブルを描きます。
監督:ジョン・ヒューストン 出演者:ジャック・ニコルソン(チャーリー・パルタンナ)、キャスリーン・ターナー(アイリーン・ウォーカー)、ウィリアム・ヒッキー(コラード・プリッツィ(ドン))、ジョン・ランドルフ(アンジェロ・パルタンナ(パパ))、アンジェリカ・ヒューストン(メイローズ・プリッツィ)ほか

「お気にめすまま」のネタバレあらすじ結末

お気にめすまま(別題:ジャック・ニコルソンとエレン・バーキンの お気にめすまま)の紹介:1992年アメリカ映画。妹のトラブルに巻き込まれたたうえ、自らも狙われて怯えるソプラノ歌手の女性と、彼女を助けるべく奮闘する貸し番犬業者の男とのドタバタを描くラブコメディ。
監督:ボブ・ラフェルソン キャスト:ジャック・ニコルソン、エレン・バーキン、ハリー・ディーン・スタントン、ビヴァリー・ダンジェロ、マイケル・マッキーン、ソウル・ルビネック、ヴェロニカ・カートライト、ほか

「レッズ」のネタバレあらすじ結末

レッズの紹介:1981年アメリカ映画。20世紀初頭のロシア革命の激動期を舞台に、革命の熱気と狂気を克明に記した『世界をゆるがした十日間』の著者ジョン・リードと女性解放運動の先駆者ルイーズ・ブライアントの恋を描いた伝記ドラマです。ジョン・リード役のウォーレン・ベイティは監督・共同脚本・製作と4役を兼ねており、アカデミー賞で3部門(監督賞・助演女優賞・撮影賞)を獲得しています。
監督:ウォーレン・ベイティ 出演:ウォーレン・ベイティ(ジョン・“ジャック”・サイラス・リード)、ダイアン・キートン(ルイーズ・ブライアント)、ジャック・ニコルソン(ユージン・オニール)、ポール・ソルヴィノ(ルイス・フレイナ)、モーリン・ステイプルトン(エマ・ゴールドマン)、ジーン・ハックマン(ピート・ヴァン・ウェリー)ほか

「マーズ・アタック!」のネタバレあらすじ結末

マーズ・アタック!の紹介:1996年アメリカ映画。ある日火星から宇宙船がやってくる。アメリカ大統領デイルは、しゃれこうべのような奇妙な様相の宇宙人を大々的に歓迎するが、彼らの目的は人類のジェノサイドであった!未確認の兵器・宇宙船に次々と都市が破壊されていく中、地球を救ったのは人間のある音楽だった…!?
監督:ティム・バートン 出演:ジャック・ニコルソン、グレン・クローズ、アネット・ベニング、ピアース・ブロスナン、ダニー・デヴィート、マーティン・ショート、サラ・ジェシカ・パーカー、マイケル・J・フォックス、ナタリー・ポートマン、ジャック・ブラック、ほか

「ブラッド&ワイン」のネタバレあらすじ結末

ブラッド&ワインの紹介:1996年アメリカ映画。ふとしたことから継父が盗んだ100万ドル相当のダイヤのネックレスを手にした義理の息子が、継父とその仲間に執拗に狙われながらも反撃し追い詰めていくサスペンス。
監督:ボブ・ラフェルソン 出演:ジャック・ニコルソン(アレックス・ゲイツ)、スティーヴン・ドーフ(ジェイソン)、ジェニファー・ロペス(ガブリエラ)、ジュディ・デイヴィス(スザンヌ)、マイケル・ケイン(ヴィクター)、ハロルド・ペリノー・Jr(ヘンリー)、ほか

「ファイブ・イージー・ピーセス」のネタバレあらすじ結末

ファイブ・イージー・ピーセスの紹介:1970年アメリカ映画。「イージー・ライダー」でプロデューサーを務めたボブ・ラフェルソンが旧友ジャック・ニコルソンと再びタッグを組み、人生の目標もなく浮草暮らしをする男の姿を鮮烈に描いた作品。アメリカン・ニュー・シネマの傑作のひとつとされ、ニコルソンはこの作品で初めてアカデミー主演男優賞候補となった。
監督:ボブ・ラフェルソン 出演:ジャック・ニコルソン(ボビー・エロイカ・デュピー)、カレン・ブラック(レイ・ディペスト)、ビリー・グリーン・ブッシュ(エルトン)、スーザン・アンスパック(キャサリン・ヴァン・オスト)

「アバウト・シュミット」のネタバレあらすじ結末

アバウト・シュミットの紹介:2002年アメリカ映画。仕事一筋できた男が定年退職を迎えて手持ち無沙汰になり、直後に妻も亡くして喪失感と孤独に打ちのめされながらも、再び希望の光が灯るまでを描く。
監督:アレクサンダー・ペイン 出演:ジャック・ニコルソン(ウォーレン・シュミット)、キャシー・ベイツ(ロバータ・ハーツェル)、ホープ・デイヴィス(ジーニー・シュミット)、ダーモット・マローニー(ランドール・ハーツェル)、ハワード・ヘッセマン(ラリー・ハーツェル)、ほか

「カッコーの巣の上で」のネタバレあらすじ結末

カッコーの巣の上での紹介:1975年アメリカ映画。厳しく管理された精神病院の中で、反抗し、患者らに楽しみと気力を与えていった男の姿を通して人間の尊厳を描いたヒューマンドラマ。本作品でアカデミー5部門など数々の賞を受賞。
監督:ミロス・フォアマン 出演:ジャック・ニコルソン(マクマーフィ)、ルイーズ・フレッチャー(ラチェッド)、マイケル・ベリーマン、ブラッド・ドゥーリフ、ウィル・サンプソン、クリストファー・ロイド、ほか

「ウルフ」のネタバレあらすじ結末

ウルフの紹介:1994年アメリカ映画。ジャックニコルソンが、狼男に扮したホラー映画で、妻と同僚の疑惑を狼男になった男が追求していくというストーリーが展開されます。
監督:マイク・ニコルズ 出演:ジャック・ニコルソン(ウィル・ランドール)、ミシェル・ファイファー(ローラ・アーデン)、ジェームズ・スペイダー(スチュワート・スウィントン)、クリストファー・プラマー(レイモンド・アーデン)、ほか

「幸せの始まりは」のネタバレあらすじ結末

幸せの始まりはの紹介:2010年アメリカ映画。30歳を過ぎて引退を余儀なくされたアスリートの女性が、将来に対する不安を抱えながら、対照的な2人の男性との三角関係に揺れる様子を描いたラブ・コメディ。
監督:ジェームズ・L・ブルックス 出演:リース・ウィザースプーン(リサ・ジョンソン)、オーウェン・ウィルソン(マティ)、ポール・ラッド(ジョージ・マディソン)、ジャック・ニコルソン(チャールズ・マディソン)、ほか

「チャイナタウン」のネタバレあらすじ結末

チャイナタウンの紹介:1974年アメリカ映画。フィルム・ノワールを現代に蘇らせたポランスキー監督の傑作。ロバート・タウンの書いたオリジナル脚本はハードボイルド作家ロス・マクドナルドからの強い影響を受けたもので、アカデミー賞脚本賞を受賞した。
監督:ロマン・ポランスキー 出演:ジャック・ニコルソン(ジェイク・ギテス)、フェイ・ダナウェイ(イブリン・モーレイ)、ジョン・ヒューストン、バート・ヤング、ペリー・ロペス、ほか

「ア・フュー・グッドメン」のネタバレあらすじ結末

ア・フュー・グッドメンの紹介:1992年アメリカ映画。当時隣国にして敵国であったキューバ、グアンタナモ米軍基地にて一等兵が死亡する。調査の結果、米軍で禁じられていたコードRと呼ばれる兵士間懲罰が実行された気配があり、軍部上層部はその被告兵士の弁護士に、司法取引専門のキャフィを選ぶ。しかし被告は命令に服しただけだと無罪を主張、裁判となり、初めての法廷弁護でキャフィは、兵士の義務と前線勤務兵の倫理に挑む事になる。同名の舞台劇を、若手有望俳優人とベテラン俳優で映画化した軍事法廷映画。
監督:ロブ・ライナー 出演者:ダニエル・キャフィ(トム・クルーズ)、ネイサン・R・ジェセップ(ジャック・ニコルソン)、ジョアン・ギャロウェイ(デミ・ムーア)、サム・ワインバーグ(ケヴィン・ポラック)、ジョナサン・ケンドリック(キーファー・サザーランド)、ジャック・ロス(ケヴィン・ベーコン)ほか

「さらば冬のかもめ」のネタバレあらすじ結末

さらば冬のかもめの紹介:1973年アメリカ映画。ベテランの海軍下士官バダスキーとマルホールは、メドウズという若い水兵を護送することになります。メドウズの身の上に同情した2人は、彼の為にささやかな行動を起こします。名優J・ニコルソンの若き頃の出演作です。
監督:ハル・アシュビー  出演者:ジャック・ニコルソン(ビル・バダスキー)、オーティス・ヤング(ミュール・マルホール)、ランディ・クエイド(ラリー・メドウズ)、キャロル・ケイン(若い娼婦)、ナンシー・アレン(ナンシー)ほか

「ディパーテッド」のネタバレあらすじ結末

ディパーテッドの紹介:2006年アメリカ映画。覆面捜査官としてマフィアに潜入したコスティガンとマフィアの内通者として警察官になったサリバンの死闘が描かれる。先に互いの“ネズミ”を探し当てるのはどちらか。香港映画『インファナル・アフェア』をリメイクした作品。
監督:マーティン・スコセッシ 出演:レオナルド・ディカプリオ(ビリー・コスティガン)、マット・デイモン(コリン・サリバン)、ジャック・ニコルソン(フランク・コステロ)、マーク・ウォールバーグ(ディグナム)、マーティン・シーン(クイーナン)、レイ・ウィンストン(ミスター・フレンチ)、ほか

「郵便配達は二度ベルを鳴らす」のネタバレあらすじ結末

郵便配達は二度ベルを鳴らすの紹介:1981年アメリカ映画。前科のある流れ者の男と歳の離れた夫を持つ女が、不倫の果てに女の夫を殺害し、悲劇的な結末を迎えるさまを描く。ジェームズ・M・ケインの同名小説を映画化。
監督:ボブ・ラフェルソン 出演:ジャック・ニコルソン(フランク・チェンバース)、ジェシカ・ラング(コーラ・パパダキス)、ジョン・コリコス(ニック・パパダキス)、マイケル・ラーナー(カッツ)、ジョン・P・ライアン(ケネディ)、アンジェリカ・ヒューストン(マッジ)、ほか

1 2
TOP↑