Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

邦画・日本映画一覧

邦画・日本映画のネタバレあらすじ一覧です。おすすめ日本映画から、最新映画まで様々なジャンルの日本映画を紹介しています。

「Oh!透明人間」のネタバレあらすじ結末

Oh!透明人間 インビジブルガール登場!?の紹介:2014年日本映画。イクラを食べて透明人間になれる、興信所に勤めるサラリーマン荒方透留は、今日も透明人間生活を満喫していました。そのころ荒方透留の長女 美智留もイクラを食べて透明人間になることを知りました。そして親子の透明人間はある製薬会社の陰謀に巻き込まれます…という内容の人気お色気漫画『Oh!透明人間』の実写映画版の第2弾です。
監督:右田昌万 出演者:飯尾和樹(荒方透留)、岸明日香(荒方美智留)、小谷嘉一(藤堂厚志)、平田弥里(神崎)、元原花音(小百合)ほか

「雪の華」のネタバレあらすじ結末

雪の華の紹介:2018年日本映画。2003年に大ヒットした中島美嘉の同名タイトルのラブソングから作られたのが本作です。余命1年と告知された主人公の深雪が望んだのは本物の恋。偶然出会ったカフェ店員の悠輔と100万円で恋人契約を結びます。名曲「雪の華」のように淡く美しく彩られた二人の恋が見事に描かれています。
監督:橋本光二郎 出演:登坂広臣(悠輔)、中条あやみ(美雪)、高岡早紀(平井礼子)、浜野謙太(岩永)、田辺誠一(岩村)、ほか

「潜伏 senpuku」のネタバレあらすじ結末

潜伏 senpukuの紹介:2013年日本映画。オウム真理教の元信者・菊地直子の17年間にわたる逃亡生活をモデルにした作品。指名手配犯として逃亡し続ける新興宗教団体の女性と、彼女を愛しかくまい続けた男性との出会いと別れを描いた人間ドラマ。
監督:保坂延彦 出演:土屋貴子(波子)、なだぎ武(山路)、東野克、真由子、宮下雄也、ほんこん、下條アトム、ほか

「EGG」のネタバレあらすじ結末

EGG(エッグ)の紹介:2002年日本映画。幼少期から目をつぶると目の中にタマゴが見えていた月子。大人になった月子の網膜の中のタマゴに異変が起こる。そしてある夜、タマゴは孵化に中から恐ろしいモンスターが現れる。モンスターの攻撃に月子は内側から壊れはじめていく。
監督:堤幸彦 出演:チョ・ヘヨン(月子)、氏家恵、佐藤二朗、犬山イヌコ、ほか

「ゲヘナ」のネタバレあらすじ結末

ゲヘナ(別題:ゲヘナ~死の生ける場所~)の紹介:2017年日本,アメリカ映画。あるリゾート地建設計画のために南国サイパンを訪れた一行は、隠された地下道に足を踏み入れる。突然の地響きにより意識を失う一向は気づくと戦時中にタイムスリップしていた。なんとか脱出を試みるのだが、ひとり、またひとりと何者かに殺されていく。
監督:片桐裕司 出演:エヴァ・スワン(ポリーナ)、ジャスティン・ゴードン(タイラー)、サイモン・フィリップス(アラン)、ショーン・スプロウリング(ぺぺ)、マシュー・エドワード・ヘグストロム(デイブ)、ダグ・ジョーンズ(不気味な老人)、ランス・ヘンリクセン(モーガン)、ほか

「音量を上げろタコ!」のネタバレあらすじ結末

音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!の紹介:2018年日本映画。「この声に世界がヤラれるっ!!」圧倒的な声を持ちながらも実は“声帯ドーピング”を施していたカリスマロックシンガーと声が小さすぎるストリートミュージシャンが巻き起こす騒動を阿部サダヲと吉岡里帆のダブル主演で贈る衝撃のロックコメディです。HYDEやいしわたり淳治、あいみょんといった豪華アーティストが提供した劇中歌にも注目です。
監督:三木聡 出演者:阿部サダヲ(シン)、吉岡里帆(明日葉ふうか)、千葉雄大(坂口)、麻生久美子(女医)、小峠英二(バイきんぐ)(自滅)、ふせえり(デビルおばさん)、田中哲司(社長)、松尾スズキ(ザッパおじさん)ほか

「の・ようなもの のようなもの」のネタバレあらすじ結末

の・ようなもの のようなものの紹介:2015年日本映画。東京の下町の落語家・出船亭一門に入門した志ん田。師匠の家に住み込みで働き、師匠の一人娘・夕美に恋をしています。そんなある日、一門に在籍していた志ん魚を探し出すよう命じられる志ん田。なかなか見つからない志ん魚をやっと見つけ出したのですが…。
監督:杉山泰一 出演者:松山ケンイチ(出船亭志ん田)、北川景子(夕美)、伊藤克信(出船亭志ん魚)、尾藤イサオ(出船亭志ん米)、ピエール瀧(渡辺孝太郎)、鈴木亮平(蕎麦屋の出前)、鈴木京香(都せんべい女主人)、佐々木蔵之介(みやげ物屋の店主)、塚地武雅(銭湯の男)、笹野高史(床屋の主人)、宮川一朗太(弁当屋のオジちゃん)、仲村トオル(居酒屋の主人)、三田佳子(斉藤女会長)、ほか

「白鳥麗子でございます!THE MOVIE」のネタバレあらすじ結末

白鳥麗子でございます! THE MOVIEの紹介:2016年日本映画。鈴木由美子作の大人気漫画「白鳥麗子でございます」を河北麻友子主演で映画化。大好きな哲也君と同棲を初めて1年が経つ麗子は、ある日哲也の実家に行くことになります。浮かれていた麗子ですが、ある問題が浮上して…。
監督:久万真路 出演:河北麻友子(白鳥麗子)、水野勝(秋本哲也)、小林豊(桐生希一)、田村侑久(吉本龍之介)、久松郁実(桝田留美)、上野優華(うずまき)、尾高杏奈(滝沢京子)、さとう珠緒(ママ / 白鳥華子)、坂田雅彦(善導寺わたる)、春海四方(パパ / 白鳥吉太郎)、松金よね子(すず婆)、ほか

「パーフェクト・レボリューション」のネタバレあらすじ結末

パーフェクト・レボリューションの紹介:2017年日本映画。市民活動家で、風俗店評論家の熊篠慶彦の実話を基に映画化した作品。脳性麻痺の障害を抱える中年男性クマと人格障害を抱える風俗嬢ミツの命がけの純愛を描く恋愛映画です。「そして父になる」「万引き家族」のリリー・フランキーと「TOKYO TRIBE」の清野菜名が共演しました。
監督:松本准平 出演者:リリー・フランキー(クマ / 熊代嘉浩)、清野菜名(ミツ / 塩満涼子)、小池栄子(恵理)、岡山天音(悟)、余貴美子(晶子)、ほか

「ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。」のネタバレあらすじ結末

ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。の紹介:2016年日本,台湾映画。Facebookを通じて知り合い、国際結婚をした台湾人女性と日本人男性カップルの実話をもとにした作品。台湾の人気女優ジエン・マンシューと個性派俳優中野裕太共演による国境を越えたピュアな恋愛映画です。
監督:谷内田彰久 原作:モギサン & モギ奥サン 出演者:ジエン・マンシュー(リンちゃん)、中野裕太(モギさん)、ワン・サイファー(リンちゃんママ)、リン・メイシウ(アケミちゃん)、蛭子能収(モギさんパパ)、大谷主水(ショウ)、岡本孝(コージ )、与座重理久(モギサン同僚 浅野 )、ほか

「古都(2016年)」のネタバレあらすじ結末

古都の紹介:2016年日本映画。先祖代々の呉服店を継ぐ千重子とその家族、そして林業を営む双子の妹苗子、伝統を担う2組の親子の人生を描いた作品です。京都とパリを舞台に、生き別れの姉妹と娘の人生が交差する。文豪・川端康成の小説を実写映画化。
監督:Yuki Saito 出演:松雪泰子(佐田千重子/中田苗子)、橋本愛(佐田舞)、成海璃子(中田結衣)、蒼れいな(千重子)、蒼あんな(苗子)、葉山奨之(水木真太郎)、栗塚旭(水木)、迫田孝也(中田正)、伊原剛志(佐田竜助)、奥田瑛二(佐田太吉郎)、ほか

「KIRI「職業・殺し屋。」外伝」のネタバレあらすじ結末

KIRI-「職業・殺し屋。」外伝-の紹介:2015年日本映画。殺し屋稼業で生計を立てている一流の殺し屋キリは、かつて自分の妹分の殺し屋だった新里類の面倒を見ていました。類は母が殺され、自分も手首を切断されていました。そんな時、XXXという女殺し屋が現れ、ルールを無視した殺しを続けていました…というバイオレンスコミック「職業・殺し屋。」の実写映画化作品です。
監督:坂本浩一 出演者:釈由美子(キリ)、久保田悠来(リョウ)、文音(新里類)、水崎綾女(シオリ)、小宮有紗(メグミ)、荒井敦史(ケイ)、月岡鈴(アヤコ)、大西結花(新里美乃)、倉田保昭(佐分利)ほか

「多十郎殉愛記」のネタバレあらすじ結末

多十郎殉愛記(たじゅうろうじゅんあいき)の紹介:2019年日本映画。無類の剣豪なのに無為に日々を過ごす長州脱藩者と彼を想う女。やがて二人の運命を変える出来事が。『木枯し紋次郎』等の中島貞夫監督が時代劇の成立と衰退と尽きせぬ魅力を描いたドキュメンタリー映画『時代劇は死なず ちゃんばら美学考』(2015年)の監督を経て20年ぶりに手掛けた時代劇は『長恨』等の巨匠、伊藤大輔監督の霊に捧げられた。画一化された時代劇への危機感に突き動かされ、殺陣の魅力にこだわったこの作品のクライマックスは30分に及ぶ大立ち回り。
監督:中島貞夫 出演者:高良健吾(清川多十郎)、多部未華子(おとよ)、木村了(清川数馬)、寺島進(溝口蔵人)、永瀬正敏(桂小五郎)、栗塚旭(老僧)、ほか

「人質の朗読会」のネタバレあらすじ結末

人質の朗読会の紹介:2014年日本映画。南米のある国でテロが起こり人質となった日本人が、人生の一片を語る朗読会をはじめる。その録音データは2年後、ラジオ報道局記者の手に渡ることから物語はさらに繋がっていく。小川洋子の原作を映像化した作品。
監督:谷口正晃 出演:佐藤隆太(中原誠一)、大谷直子(平澤咲子)、長谷川朝晴(堂島裕)、原日出子(高橋聡子)、阿南健治(平田良平)、三浦貴大(江藤高広)、鷲尾真知子(倉木祥子)、波瑠(平澤ひとみ)、西田尚美(堂島祥子)、ほか

「つる-鶴-」のネタバレあらすじ結末

つる-鶴-の紹介:1988年日本映画。名匠市川崑監督が吉永小百合を主演に迎え、民話として有名な「つるの恩返し」を映画化した作品。つるの夫太寿役の野田秀樹を始め、樹木希林、川谷拓三、菅原文太といった豪華な俳優陣が脇を固めています。本作は吉永小百合の映画出演100本目にあたる記念すべき作品でもあります。
監督:市川崑 出演者:吉永小百合(つる)、野田秀樹(大寿)、樹木希林(由良)、川谷拓三(馬右衛門)、菅原文太(鼻把の長者)、岸田今日子(吉備)、石坂浩二(ナレーション)、ほか

1 2 3 4 5 162
TOP↑