Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

邦画・日本映画一覧

邦画・日本映画のネタバレあらすじ一覧です。おすすめ日本映画から、最新映画まで様々なジャンルの日本映画を紹介しています。

「恋に至る病」のネタバレあらすじ結末

恋に至る病の紹介:2011年日本映画。生物の教師マドカに憧れる女子高生ツブラは、マドカとSEXをしてアソコを交換すると言う妄想を抱いていました。ある日、生物の教室でマドカと行為に及んでしまったツブラは、自分にマドカのアソコが付いていることに気づきました。夏休みを利用してマドカの実家に行ったツブラでしたが、そこに同級生のエンとマルもやってきて騒動が始まりましたという内容の青春ラブストーリーです。
監督:木村承子 出演者:我妻三輪子(ツブラ)、斉藤陽一郎(マドカ)、佐津川愛美(エン)、染谷将太(マル)ほか

「逆噴射家族」のネタバレあらすじ結末

逆噴射家族の紹介:1984年日本映画。家族の病気を治すために、念願のマイホームを購入し、引っ越しした勝国一家でしたが、ある日、勝国の父親の寿国がやって来て、住みついたことで家族の絆が崩れ始めました。勝国は家を出て行くと言う寿国を自宅で面倒見ようと、地下室を作りはじめたことから、家庭崩壊の道に進み始めました…という内容の小林よしのり原案のファミリーコメディです。
監督:石井聰互 出演者:小林克也(小林勝国)、倍賞美津子(小林冴子)、有薗芳記(小林正樹)、工藤夕貴(小林エリカ)、植木等(小林寿国)ほか

「喜劇 右むけェ左!」のネタバレあらすじ結末

喜劇 右むけェ左!の紹介:1970年日本映画。自衛隊に体験入隊した下着会社社員たちが旧日本軍の秘密を暴く?芸能界に君臨していた渡辺プロが製作し東宝が配給。クレイジーキャッツの犬塚弘、ドリフターズのいかりや長介等、渡辺プロ所属のスターが大挙出演。でも前田陽一監督の過激な批評性は十分効いています。自衛隊創立20周年祝賀会で沢田研二等が所属していたタイガースや布施明が歌います。元ジャイアンツ投手のジャイアント馬場が野球の試合に助っ人で出場しています。
監督:前田陽一 出演者:犬塚弘(平山守)、堺正章(酒田正章)、なべおさみ(山辺収)、小松政夫 (丸田薫)、吉沢京子(よし江)、いかりや長介(ピンチー下着野球部監督)その他

「呪島 jutou」のネタバレあらすじ結末

呪島 jutouの紹介:2008年日本映画。無人島探検クラブの男女10人が、入り込んだら生きて帰れないという無人島に渡り、順番に一人ずつ殺されていくという内容の、オカルトスプラッターホラー映画です。低予算ながら、ツボを押さえた演出で楽しめる作品です。
監督:永岡久明 出演者:里久鳴祐果(ヒトミ)、Shihomi(アカネ)、小川瀬里奈(ミズホ)、池見典子(マキ)、雨宮徹(タクマ)ほか

「R100」のネタバレあらすじ結末

R100の紹介:2013年日本映画。変態的なMの貴文が、SMクラブの『ボンデージ』に入会したのをきっかけに、Sの女王様が家族にまで危害を加えだしたため、『ボンデージ』と対決するという内容の、松本人志が監督したコメディファンタジー作品です。映画祭では最低の評価だったものの、興行収入はまずまずという珍作です。
監督:松本人志 出演者:大森南朋(片山貴文)、大地真央(声の女王様)、寺島しのぶ(女王様)、片桐はいり(丸呑みの女王様)、冨永愛(女王様)、佐藤江梨子(女王様)、渡辺直美(唾液の女王様)、前田吟(杉浦喜一郎)、YOU(片山節子)、西本晴紀(片山嵐)、松本人志(警察官)、松尾スズキ(支配人)、渡部篤郎(岸谷)、ほか

「弟切草」のネタバレあらすじ結末

弟切草(おとぎりそう)の紹介:2000年日本映画。弟切草というゲームを制作中のゲーム会社社長の公平は、元恋人の奈美が相続した屋敷を訪ねるため二人で向かいました。古い屋敷に着いた二人が、部屋を順番に調べて行くうちに驚愕の事実を知りましたという内容の、テレビゲームの実写映画化作品です。
監督:下山天 出演者:奥菜恵(菊島奈美 / 階沢直美)、斉藤陽一郎(松平公平)、大倉孝二(浮田真一)、松尾れい子(小関透子)、minoru(階沢蒼一)ほか

「北斎漫画」のネタバレあらすじ結末

北斎漫画の紹介:1981年日本映画。矢代静一の戯曲を原作とした新藤兼人監督による伝記映画。江戸時代後期を代表する浮世絵師、葛飾北斎の波乱に満ちた半生が幻想的に描かれていきます。北斎を支え続けた娘お栄役の田中裕子、魔性の女お直を演じた樋口可南子の体当たりの熱演が話題となりました。
監督:新藤兼人 出演者:緒形拳(鉄蔵/葛飾北斎)、田中裕子(お栄/葛飾応為)、西田敏行(佐七/曲亭馬琴)、樋口可南子(お直)、音羽信子(お百)、フランキー堺(中島伊勢)、宍戸錠(十返舎一九)、大村崑(式亭三馬)、愛川欽也(喜多川歌麿)、ほか

「デビルマン」のネタバレあらすじ結末

デビルマンの紹介:2004年日本映画。デーモンたちに占領され始めた地球で、半分人間の心を持ったデーモン『デビルマン』になった高校生の明が、周りの大事な家族や恋人を失いながら、親友であり、デーモンの了に戦いに挑むという永井豪の大人気漫画『デビルマン』の実写版映画です。フルに活用されたCGにより、壮大なアニメの世界をリアルに再現しています。
監督:那須博之 出演者:伊崎央登(不動明 / デビルマン)、伊崎右典(飛鳥了 / サタン)、酒井彩名(牧村美樹)、宇崎竜童(牧村啓介)、阿木燿子(牧村恵美)ほか

「ゴルゴ13」のネタバレあらすじ結末

ゴルゴ13の紹介:1973年日本映画。国籍、年齢、住所も不詳の狙撃の名手で殺し屋のデューク・東郷はゴルゴ13と呼ばれ、恐れられていました。中東の秘密警察から、犯罪組織のボスを射殺する仕事を依頼されたゴルゴは、イランのテヘランに飛びました…。”さいとうたかお”の人気ハードボイルド劇画、ゴルゴ13の実写映画版です。
監督:佐藤純彌 出演者:高倉健(ゴルゴ13/デューク・東郷)、モセネ・ソーラビ(アマン警部)、ジャレ・サム(シーラ)、プリ・バナイ(キャサリン)、アレズゥ(イボンヌ)、ガダキチアン(マックス・ボア)、ヤドロ・シーランダミ(ワルター)ほか

「ITバブルと寝た女たち」のネタバレあらすじ結末

ITバブルと寝た女たちの紹介:2007年日本映画。ノンフィクション作家・家田荘子の著書『バブルと寝た女たち』を映画化したシリーズ第4作は、1990年代末期から2000年代初頭にかけて日本で巻き起こったITバブルの時代を背景に、田舎から女優を目指して上京しながらもIT企業社長と逢瀬を重ねるうちに時代の波に飲み込まれていく一人の女性の愛と悲劇を描いていきます。
監督:佐藤太 出演者:三津谷葉子(牧田碧)、金子昇(小田島悟)、三浦敦子(倉崎麻美)、七世一樹(藤代浩太)、中島宏海(時枝町子)、喜多嶋舞(小田島藍)、家田荘子ほか

「Back Street Girls ゴクドルズ」のネタバレあらすじ結末

Back Street Girls -ゴクドルズ-の紹介:2019年日本映画。犬金組の若手ヤクザ3人は組の為、親分の為に敵対する小黒田組の組長を殺そうとしますが失敗して暴行を受け帰されました。怒ったアイドル好きの犬金組長は、お前ら3人はアイドルになれ!とタイへ送って性転換手術をさせました。3人はゴクドルズと名付けられデビューをはたしますがという内容のコメディ映画です。
監督:原桂之介 出演者:白洲迅(山本健太郎)、柾木玲弥(杉原和彦)、花沢将人(立花リョウ)、岡本夏美(アイリ)、松田るか(マリ)、坂ノ上茜(チカ)、小沢仁志(小黒田)、岩城滉一(犬金鬼万次郎)ほか

「劇場版 お前はまだグンマを知らない」のネタバレあらすじ結末

劇場版 お前はまだグンマを知らないの紹介:2017年日本映画。千葉の高校から、群馬のアカギ高校に転校した神月が、グンマーと呼ばれる群馬気質と、地元群馬愛の異常さに戸惑いながらも、一目ぼれした篠岡に認めてもらいたいこともあって、少しずつ溶け込んでいく様子を描いた青春コメディ映画です。
監督:水野格 出演者:間宮祥太朗(神月紀)、吉村界人(轟一矢)、馬場ふみか(篠岡京)、入江甚儀(木村仁建)、加治将樹(野汁先輩)、山本博(担任)、椿鬼奴(近藤の妻)、ほんこん(近藤)、ほか

「ワイルドツアー」のネタバレあらすじ結末

ワイルドツアーの紹介:2018年日本映画。『Playback』、『きみの鳥はうたえる』の三宅唱監督が山口情報芸術センター・通称「YCAM(ワイカム)」のオファーを受けて現地に約8ヶ月滞在。中高生たちといっしょに脚本や演出を考えながら撮影して完成した山口県を舞台にした青春映画。シュンやタケが恋に落ちる瞬間が見逃せない。「山口のDNA図鑑」はYCAMの実在のワークショップです。
監督:三宅唱 出演者:伊藤帆乃花(中園うめ)、安光隆太郎(シュン)、栗林大輔(タケ)、山崎隆正(ザキヤマ)、伊藤己織、高椋優気、増田結妃、桝田七海、渡邊芽惟、渋谷圭香、河村百音、川俣実穂、福田未空、横山南、ほか

「夜の女たち」のネタバレあらすじ結末

夜の女たちの紹介:1948年日本映画。戦後の焼跡にあらわれたパンパン(売春婦)を扱った作品で、溝口監督としては珍しく社会派的な内容となっている。主演は戦後の溝口作品に欠かせない田中絹代。音楽にベートーヴェンの「運命」が使われている。
監督:溝口健二 出演:田中絹代(大和田房子)、高杉早苗(君島夏子)、角田富江(大和田久美子)、永田光男(栗山謙造)、村田宏寿(病院長9、ほか

「巨乳ドラゴン 温泉ゾンビVSストリッパー5」のネタバレあらすじ結末

巨乳ドラゴン 温泉ゾンビ VS ストリッパー5の紹介:2010年日本映画。寂れた温泉町のストリップ小屋に働きに行ったレナは、楽屋の隠し部屋を見つけて同僚らと探索しました。そして『死者の書』を見つけたマリアが呪文を唱えると、井戸の中から死者が次々と蘇り始めました…という内容の、ちょっとエッチなコメディゾンビスプラッター映画です。
監督:中野貴雄 出演者:蒼井そら(丈堂レナ)、桜井まり(黒伊マリア)、かすみりさ(星影銀子)、TAMAYO(桜咲ネネ)、相川イオ(ダーナ)ほか

1 2 3 4 5 175
TOP↑