邦画・日本映画一覧

邦画・日本映画のネタバレあらすじ一覧です。おすすめ日本映画から、最新映画まで様々なジャンルの日本映画を紹介しています。

「銀河英雄伝説外伝/新たなる戦いの序曲」のネタバレあらすじ結末

銀河英雄伝説外伝/新たなる戦いの序曲(オーヴァチュア)の紹介:1993年日本映画。銀河系を2分する専制国家である銀河帝国のラインハルト・フォン・ローエングラムと民主主義国家である自由惑星同盟のヤン・ウェンリーという2人の英雄を軸に国家の存亡を描く田中芳樹原作「銀河英雄伝説」の劇場版アニメーション第3弾。同盟領に侵攻した帝国軍と防衛する同盟軍が激突した第4次ティアマト会戦で帝国軍の勝利に貢献し武勲を立てたラインハルトと奇策により同盟軍全滅の危機を救ったヤンは、半年後再び戦うことになります。
監督:清水恵蔵 声優:ラインハルト・フォン・ローエングラム(堀川りょう)、ジークフリード・キルヒアイス(広中雅志)、ヤン・ウェンリー(富山敬)、ダスティ・アッテンボロー(井上和彦)、アンネローゼ・フォン・グリューネワルト(潘恵子)、ジャン・ロベール・ラップ(田中秀幸)、ジェシカ・エドワーズ(小山茉美)、ほか

「2ちゃんねるの呪い 新劇場版・本危」のネタバレあらすじ結末

2ちゃんねるの呪い 新劇場版・本危の紹介:2012年日本映画。山本不動産に勤める結香は、自社物件に自己物件が多い事を知ります。一緒に働く雛乃は、結香の彼氏の智行らと大学時代から続くオカルト研究会の集まりで、レンギ山の廃墟ビルに行くことになりました。中に入らなかった雛乃だけが助かり、智行らは帰って来ませんでした。色々調べる結香はレンギ山の廃墟ビルと自分の両親が関係があることを知り、レンギ山に向いました…という内容のオカルトホラーです。人気アイドルグループ「AKB48」の鈴木まりやが主演を務めています。
監督:森川圭 出演者:鈴木まりや(木南結香)、NATSUME(吉田雛乃)、高橋健悟(智行)、ふくまつみ(山本)、ほか

「LOST 呪われた島」のネタバレあらすじ結末

LOST 呪われた島の紹介:2006年日本映画。鬼伝説を調べるゼミのために八丈島に渡った小夜子らは、新聞記者で案内役の梨花から、鬼にまつわる言い伝えを聞きます。やがて鬼の話に沿うように由之が失踪。そして結衣、大地までもがいなくなり、小夜子は鬼が本当にいると思い始めます…という内容のホラーミステリー作品です。
監督:山本清史 出演者:佐藤和沙(越前小夜子)、松崎桃子(能勢結衣)、田中伸彦(鶴間大地)、坂本真(細谷由之)、遠藤みずき(寺山梨花)、阿部進之介(伊勢崎真一郎)ほか

「炎の舞」のネタバレあらすじ結末

炎の舞の紹介:1978年日本映画。学校を終え、故郷に戻った拓冶は森の反対側に住むきよのという娘と仲良くなり結婚しました。しかし新婚生活は長く続かず、拓冶に召集令状が届きました・・・という内容の相思相愛で結婚した若い男女が、時の太平洋戦争の徴兵によって引き裂かれる哀しい運命を描いた、加茂菖子の小説『執炎』の映画化です。山口百恵、三浦友和コンビの9作目の作品で邦画配給収入ランキングの第8位の1本です。
監督:河崎義祐 出演:山口百恵(久坂きよの)、三浦友和(吉井拓治)、細川俊夫(久坂宗道)、木暮実千代(久坂玉乃)、能瀬慶子(久坂あやの)、有島一郎(小島)ほか

「夏美のホタル」のネタバレあらすじ結末

夏美のホタルの紹介:2016年日本映画。森沢明夫の同名小説が原作。監督は「ストロボ・エッジ」の廣木隆一で、プロの写真家を目指す女性が、様々な人々と交流を通して成長していく姿を描いたヒューマンドラマ。主演は有村架純。共演は工藤阿須加、小林薫、光石研、吉行和子。
監督:廣木隆一 出演:有村架純(河合夏美)、工藤阿須加(相羽真吾)、小林薫(榊山雲月)、光石研(福井恵三)、吉行和子(福井ヤスエ)、淵上泰史(河合忠男)、村上虹郎(公英)、中村優子(美也子)、ほか

「はじまりの冒険者たち レジェンドオブクリスタニア」のネタバレあらすじ結末

はじまりの冒険者たち レジェンド・オブ・クリスタニアの紹介:1995年日本映画。水野良とグループSNEが創作した異世界フォーセリアの物語の内、大陸クリスタニアを舞台とした物語の劇場アニメーション。ダナーン王国の勢力争いに巻き込まれ両親を殺されたレードンは、敵を倒すための力を与えるとの声を聴き、神獣達が住まう閉ざされた大地クリスタニアに仲間と共に入りますが、声の主が力を見せつけるために敵対する人間はおろか自分の配下すら殺す神王バルバスであることを知ります。バードンは葛藤しますが、仲間を助けるためバルバスの元に向かいます。
監督:中村 隆太郎 声優:レードン(緑川光)/アデリシア(弥生みつき)/ナーセル(関 俊彦)/クイルド(立木文彦)/ライファン(西村ちなみ)/オーヴィル(矢尾一樹)/ピロテース(玉川紗己子)/バルバス(小林清志)/アシュラム(神谷明)

「劇場版 きのう何食べた?」のネタバレあらすじ結末

劇場版 きのう何食べた?の紹介:2021年日本映画。同名原作やドラマで人気の作品を映画化。同性カップルという厳しい環境で生きる弁護士と美容師が難題に直面しながら少しずつ絆を深めていく話です。彼らが作り食べる数々の食事がとても美味しそうに映ります。劇場版の新キャストとして松村北斗が出演しています。
監督:中江和仁 出演:西島秀俊(筧史朗 / シロさん)、内野聖陽(矢吹賢二 / ケンジ)、山本耕史(小日向大策)、磯村勇斗(井上航)、マキタスポーツ(三宅祐)、高泉淳子(上町美江)、松村北斗(田渕剛)、田中美佐子(富永佳代子)、チャンカワイ(上町修)、奥貫薫(三宅玲子)、田山涼成(筧悟朗)、梶芽衣子(筧久栄)、ほか

「ホテルローヤル」のネタバレあらすじ結末

ホテルローヤルの紹介:2020年日本映画。北海道釧路市出身の作家・桜木紫乃が自らの経験を基に執筆し、直木賞を受賞した同名の短編集をネットドラマ『全裸監督』シリーズを手掛けた武正晴監督のメガホンで映画化した作品です。釧路湿原のラブホテルを舞台に、それぞれ問題を抱える経営者家族や従業員、利用客たちの織りなす人間模様を描いていきます。
監督:武正晴 出演者:波瑠(田中雅代)、松山ケンイチ(宮川聡史)、安田顕(田中大吉)、余貴美子(能代ミコ)、原扶貴子(太田和歌子)、夏川結衣(田中るり子)、伊藤沙莉(佐倉まりあ)、岡山天音(野島亮介)、正名僕蔵(本間真一)、内田慈(本間恵)、稲葉友(坂上朝人)、斎藤歩(能代正太郎)、和知龍範(若き日の大吉)、玉田志織(若き日のるり子)、長谷川葉生(聡史の妻)、友近(能代ミコの母)、冨手麻妙(美幸)、丞威(貴史)ほか

「アーヤと魔女」のネタバレあらすじ結末

アーヤと魔女の紹介:2020年日本映画。孤児院で暮らしていたアーヤ・ツールは、ある日ベラ・ヤーガとマンドレークという男女に引き取られることになりました。ベラは実は魔法を使う魔女で、アーヤを助手として引き取ったのですが、魔法を教えてくれるという当初の約束を守らず、ただアーヤをこき使う毎日でした。ある日我慢できなくなったアーヤは、同じくベラから虐待を受けている使い魔の黒猫トーマスとベラの魔法から身を守る秘薬を作り出すと、ベラに反撃に出ました。
監督:宮崎吾朗 声優:アーヤ・ツール(平澤宏々路)、ベラ・ヤーガ(寺島しのぶ)、マンドレーク(豊川悦司)、トーマス(濱田岳)、ダン・スティーヴンス(アーヤの母親)(シェリナ・ムナフ)、Mr.ジェンキンス(岩崎ひろし)、孤児院園長(木村有里)、カスタード(齋藤優聖)、フィリス(鈴木花穏)、サリィ(石田さくら)、孤児院副園長(柊瑠美)、ほか

「あなたの番です 劇場版」のネタバレあらすじ結末

あなたの番です 劇場版の紹介:2021年日本映画。2019年に大ヒットした同名ドラマシリーズの劇場版となるのが本作。登場人物はほぼ同じながら、別の世界となるパラレルワールドで連続殺人事件が発生します。ドラマ同様にいくつにも張り巡らされた伏線が見事にストーリーを面白くしています。
監督:佐久間紀佳 出演:原田知世(手塚菜奈)、田中圭(手塚翔太)、西野七瀬(黒島沙和)、横浜流星(二階堂忍)、浅香航大(神谷将人)、奈緒(尾野幹葉)、山田真歩(木下あかね)、三倉佳奈(石崎洋子)、大友花恋(柿沼あいり)、金澤美穂(シンイー)、坪倉由幸(児嶋俊明)、中尾暢樹(柿沼遼)、小池亮介(江藤祐樹)、井阪郁巳(クオン)、荒木飛羽(榎本総一)、前原滉(蓬田蓮太郎)、大内田悠平(内山達生)、バルビー(イクバル)、袴田吉彦(久住譲)、片桐仁(藤井淳史)、真飛聖(北川澄香)、和田聰宏(西村淳)、野間口徹(細川朝男)、皆川猿時(水城洋司)、門脇麦(浦辺優)、酒向芳(早川教授)、田中哲司(南雅和)、徳井優(赤池吾朗)、田中要次(浮田啓輔)、長野里美(田宮君子)、阪田マサノブ(榎本正志)、大方斐紗子(赤池幸子)、峯村リエ(赤池美里)、竹中直人(床島比呂志)、木村多江(榎本早苗)、生瀬勝久(田宮淳一郎)、ほか

「明け方の若者たち」のネタバレあらすじ結末

明け方の若者たちの紹介:2021年日本映画。俳優、アーティストとして大活躍の北村匠海主演の本作は、大好きな“彼女”と過ごした魔法のような数年間を追った切ない恋愛映画だ。明大前や高円寺、下北沢を舞台に、大学生から社会人になる時期の、現実に打ちひしがれながらもがいていく若者たちの姿を描いている。共演は、2022年NHK連続テレビ小説のヒロインが決まっている黒島結菜と、『ウルトラマンタイガ』主演の井上祐貴。主題歌は、マカロニえんぴつ『ハッピーエンドへの期待は』。
監督:松本花奈 脚本:小寺和久 原作: カツセマサヒコ キャスト:北村匠海(僕)、黒島結菜(彼女)、井上祐貴(古賀尚人)、楽駆(石田)、菅原健(黒澤)、高橋春織(桐谷)、佐津川愛美(ミカ)、山中崇(中山)、高橋ひとみ(僕の母)、濱田マリ(女将)ほか

「スワンズソング」のネタバレあらすじ結末

スワンズソングの紹介:2002年日本映画。不気味な連続殺人事件を主軸に、現代日本が抱える「得体の知れなさ」を描くホラー&サスペンス。東京に住む松田美奈は妹の美月と同じバレエ教室に通っていた。ある日、バレエ教室で美月と喧嘩した美奈は1人で先に帰ってしまう。その夜美月は何者かに誘拐され、後日黄色いレインコートを着せられた惨殺体で発見された。美奈は自分を激しく責め、姉妹の母輝子も動転して様子がおかしくなっていく。しばらくして2人は好奇の目から逃れるため、小さな田舎町に引っ越した。ところが美奈の周囲で次々と陰惨な殺人事件が起こる。そしてその現場には、必ず黄色いレインコートを着た謎の人物が現れていた。別題は「少女惨殺 -スワンズソング-」。
監督:笠木望 出演者:石川佳奈(松田美奈)、藤原ひとみ(若生すず)、麻乃佳世(大槻恵子)、中田あすみ(志村香苗)、玉手みずき(加納みゆき)ほか

「機動戦士ZガンダムIII 星の鼓動は愛」のネタバレあらすじ結末

機動戦士Zガンダム III -星の鼓動は愛-の紹介:2006年日本映画。TVアニメ「機動戦士Ζガンダム」を再編集して新規カットを加えた劇場アニメーション3部作の3作目。エゥーゴは、ジオン残党勢力アクシズと共闘を持ち掛け、一度は決裂するものの、対ティターンズという利害が一致し、共同でティターンズの宇宙の拠点であるゼダンの門を撃破します。そして、巨大レーザー兵器「グリプス2」を巡り、エゥーゴ、ティターンズ、アクシズは激突し、カミーユも、ティターンズのパプテマス・シロッコ、そしておよびアクシズハマーン・カーンと死闘を繰り広げます。
監督:富野由悠季 声優:カミーユ・ビダン(飛田展男)、クワトロ・バジーナ(池田秀一)、ブライト・ノア(鈴置洋孝)、エマ・シーン(岡本麻弥)、ジェリド・メサ(井上和彦)、レコア・ロンド(勝生真沙子)、ファ・ユイリィ(新井里美)、カツ・コバヤシ(難波圭一)、サラ・ザビアロフ(水谷優子)、パプテマス・シロッコ(島田敏)、ヤザン・ゲーブル(大塚芳忠)、ハマーン・カーン(榊原良子)、ほか

「機動戦士ZガンダムII 恋人たち」のネタバレあらすじ結末

機動戦士Zガンダム II -恋人たち-の紹介:2005年日本映画。TVアニメ「機動戦士Ζガンダム」を再編集して新規カットを加えた劇場アニメーション3部作の2作目。補給のためニューホンコンに寄った際にカミーユは、フォウ・ムラサメという少女と知り合いますが、フォウはティターンズの所属する強化人間で、巨大MA「サイコガンダム」でカミーユの前に立ちはだかります。しかし、カミーユの真摯な言葉に心を開いたフォウは、カミーユを宇宙に飛ばすために犠牲となります。宇宙でカミーユは、エゥーゴの新型モビルスーツ「Zガンダム」に搭乗します。アーガマは、ティターンズのパプテマス・シロッコと戦いますが、そこに第3の勢力が介入し、戦いは新たな局面を迎えます。
監督:富野由悠季 声優:カミーユ・ビダン(飛田展男)、クワトロ・バジーナ(池田秀一)、アムロ・レイ(古谷徹)、ブライト・ノア(鈴置洋孝)、エマ・シーン(岡本麻弥)、ジェリド・メサ(井上和彦)、レコア・ロンド(勝生真沙子)、ファ・ユイリィ(新井里美)、カツ・コバヤシ(難波圭一)、フォウ・ムラサメ(ゆかな)、サラ・ザビアロフ(水谷優子)、パプテマス・シロッコ(島田敏)、ヤザン・ゲーブル(大塚芳忠)

「機動戦士Zガンダム 星を継ぐ者」のネタバレあらすじ結末

機動戦士Zガンダム -星を継ぐ者-の紹介:2005年日本映画。TVアニメ「機動戦士Ζガンダム」を再編集して新規カットを加えた劇場アニメーション3部作の1作目。スペースコロニー「グリーン・ノア」に住む少年カミーユ・ビダンは、成り行きでエゥーゴのクワトロ・バジーナによるティターンズの最新モビルスーツ「ガンダムmarkⅡ」強奪作戦に参加し、ガンダムmarkⅡと共にエゥーゴの艦艇アーガマに行きます。その後、ガンダムmarkⅡを奪還するためにティターンズが行った作戦で両親が死んだことから、カミーユは、ティターンズと戦うことを決意し、ガンダムmarkⅡのパイロットとして戦闘に参加します。
監督:富野由悠季 声優:カミーユ・ビダン(飛田展男)、クワトロ・バジーナ(池田秀一)、アムロ・レイ(古谷徹)、ブライト・ノア(鈴置洋孝)、エマ・シーン(岡本麻弥)、ジェリド・メサ(井上和彦)、レコア・ロンド(勝生真沙子)、ジャミトフ・ハイマン(西村知道)、バスク・オム(郷里大輔)、ファ・ユイリィ(新井里美)、カツ・コバヤシ(浪川大輔)、カイ・シデン(古川 登志夫)

1 2 3 4 5 248

キーワードから探す

TOP↑