邦画・日本映画一覧

邦画・日本映画のネタバレあらすじ一覧です。おすすめ日本映画から、最新映画まで様々なジャンルの日本映画を紹介しています。

「お父さんと伊藤さん」のネタバレあらすじ結末

お父さんと伊藤さんの紹介:2016年日本映画。20歳年上の伊藤さんと同棲する34歳フリーターの彩。自由気ままな暮らしを楽しむ二人ですが、ある日彩の父が部屋に転がり込んできます。娘とその恋人、娘の父という微妙な関係の三人が繰り広げる共同生活をユーモアとペーソスを込めて描いたヒューマンドラマです。
監督:タナダユキ  出演者:上野樹里(山中彩)、リリー・フランキー(伊藤康昭)、長谷川朝晴(山中潔)、安藤聖(山中理々子)、渡辺えり(小枝子)、藤竜也(お父さん)、ほか

「寒椿」のネタバレあらすじ結末

寒椿の紹介:1992年日本映画。宮尾登美子の同名小説を映画化した作品。昭和初期の高知を舞台に人情に厚い女衒と彼を慕う美しい芸妓を中軸に色街の人間模様が描かれていきます。儚げで美しい芸妓牡丹役を南野陽子が体当たりで演じ、話題を呼びました。
監督:降旗康男 出演者:西田敏行(富田岩伍)、南野陽子(貞子/牡丹)、高嶋政宏(仁王山)、かたせ梨乃(松崎みね)、藤真利子(富田喜和)、萩原流行(田村征彦)、白竜(多田守宏)、神山繁(中岡亮太)ほか

「仮面ライダーアマゾンズ 最後ノ審判」のネタバレあらすじ結末

仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE 最後ノ審判の紹介:2018年日本映画。2018年で生誕80周年を迎えた石ノ森章太郎原作の『仮面ライダーアマゾン』をリブートし、Amazonプライム・ビデオにてシーズン1・2に渡って配信された特撮ドラマ『仮面ライダーアマゾンズ』の続編となる劇場版にして完結編です。人工生命体“アマゾン”を巡り、二人の仮面ライダーの最後の戦いが幕を開けます。
監督:石田秀範 出演者:藤田富(水澤悠/仮面ライダーアマゾンオメガ(声)/仮面ライダーアマゾンニューオメガ(声))、谷口賢志(鷹山仁/仮面ライダーアマゾンアルファ(声))、武田玲奈(水澤美月)、東亜優(泉七羽)、三浦孝太(黒崎武)、籾木芳仁(札森一郎)、俊藤光利(志藤真)、宮原華音(高井望)、勝也(三崎一也)、田邊和也(福田耕太)、神尾佑(橘雄悟)、姜暢雄(御堂英之助/仮面ライダーアマゾンネオアルファ(声))、国府田聖那(ムク/リスアマゾン(声))、加藤貴子(水澤令華)、藤木孝(天条隆顕)ほか

「月曜日のユカ」のネタバレあらすじ結末

月曜日のユカの紹介:1964年日本映画。上流ナイトクラブ「サンフランシスコ」で働くユカは、初老のパトロンを持ちながら同世代のボーイフレンドもいる奔放な女の子です。男を喜ばすことが人生の目標と宣言して憚らないユカは誰にでも体を許しますが誰にも、キスは許しません。
監督:中平康 出演者:ユカ(加賀まりこ)、修(中尾彬)、パパ(加藤武)、ユカのママ(北林谷栄)、船長(ウィリアム・パッソン)ほか

「孤狼の血」のネタバレあらすじ結末

孤狼の血の紹介:2017年日本映画。孤狼の血の紹介:柚月裕子の同名小説を「凶悪」「日本で一番悪い奴ら」の白石和彌監督が映画化。昭和の広島を舞台に、ヤクザ撲滅に命を燃やすベテラン刑事、大上と新人の日岡の奮闘が描かれる。
監督:白石和彌 原作:柚月裕子 出演:役所広司(大上章吾)、松坂桃李(日岡秀一)、真木よう子(高木里佳子)、音尾琢真(吉田滋)、駿河太郎(上早稲二郎)、中村倫也(永川恭二)、阿部純子(岡田桃子)、滝藤賢一(嵯峨大輔)、伊吹吾郎(尾谷憲次)、MEGUMI(上早稲潤子)、中村獅童(高坂隆文)、竹野内豊(野崎康介)、ピエール瀧(瀧井銀次)、石橋蓮司(五十子正平)、江口洋介(一之瀬守孝)ほか

「若さま侍捕物帖 謎の能面屋敷」のネタバレあらすじ結末

若さま侍捕物帖 謎の能面屋敷の紹介:1950年日本映画。江戸南町奉行の息子でありながら侍の暮らしを捨てて船宿・喜仙の二階座敷に寝転んで酒を呑んで暮らす「若さま」が活躍する連作の一本。「若さま」こと堀田左馬介が江戸を騒がす能面の賊の事件に巻き込まれる。
監督:中川信夫 出演者:黒川弥太郎(「若さま」堀田左馬介)、江川宇礼雄(間崎広光)、柳家金語楼(用人喜左衛門)、大河内傳次郎(堀田佐渡守)、香川京子(おいと)、利根はる恵(お銀)

「富江 アンリミテッド」のネタバレあらすじ結末

富江 アンリミテッドの紹介:2011年日本映画。長い黒髪と左目の泣きぼくろの『富江』シリーズの8作目です。美人で人気者の姉の富江に常に引け目を感じていた月子でしたが、富江が悲惨な事故で死んでしまいます。ある日、死んだはずの富江が帰って来たことにより恐怖がはじまります・・・という内容のジャパニーズホラー映画です。
監督:増村保造 出演:荒井萌(月子)、仲村みう(富江)、多田愛佳(佳恵)、大和田健介(俊夫)、大堀こういち(父・政史)、川上麻衣子(母・喜美子)ほか

「ラブ×ドック」のネタバレあらすじ結末

ラブ×ドックの紹介:2017年日本映画。30過ぎてからは女として生きるにしてもかわいいだけじゃダメ。仕事や恋にと色々傷つくことも多くなり頭打ちに。それでも諦めずに頑張るパティシエの剛田飛鳥は、ある日ネットで不思議な恋愛クリニック「ラブドック」を見つける。そこには遺伝子レベルでその人の恋愛傾向や恋愛体質を調べて危険な恋愛を阻止できる注射があるという。若いときとは違う恋愛でちょっとカッコ悪かったり、あせったり、疑ったり、期待したりしながらそれでも全力で幸せになろうとするラブコメディ。
監督:鈴木おさむ 出演:吉田羊(剛田飛鳥)、野村周平(花田星矢)、大久保佳代子(細谷千種)、篠原篤(権田健一)、唐田えりか(上田美咲)、川畑要(卓球バーの店長)、山田純大(飛鳥の元カレ)、音尾琢真(飛鳥の元同僚)、大鶴義丹(熱帯魚屋の店長)、成田凌(桜木美木)、広末涼子(冬木玲子)、吉田鋼太郎(淡井淳治)、玉木宏(野村俊介)、ほか

「ラプラスの魔女」のネタバレあらすじ結末

ラプラスの魔女の紹介:2018年日本映画。奇妙な連続死亡事件をきっかけに、大学教授たちがその事件の調査を進め、真相をあぶり出していく。原作は東野圭吾。ラプラスの魔女で累計部数が28万部を超えた大人気作品で、これを実写映画化したものです。嵐の櫻井翔が4年ぶりに主演を務めるサイエンス殺人ミステリー。
監督:三池崇史 出演:櫻井翔(青江修介)、広瀬すず(羽原円華)、福士蒼汰(甘粕謙人)、志田未来(奥西哲子)、佐藤江梨子(水城千佐都)、玉木宏(中岡祐二)、高嶋政伸(武尾徹)、檀れい(羽原美奈)、リリー・フランキー(羽原全太朗)、豊川悦司(甘粕才生)、ほか

「ジョバンニの島」のネタバレあらすじ結末

ジョバンニの島の紹介:2014年日本映画。日本音楽事業者協会の創立50周年を記念して作成されたアニメーション映画。純平と寛太の兄弟は、戦後の色丹島で、ソ連軍やその家族と共存します。その後、樺太を経て日本へ送還されることになりますが、父と離ればなれになり、寛太も病気にかかってしまい・・・。色丹島出身の得能宏氏の実話を元に作成された物語です。宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」が、タイトルや登場人物の名前をはじめ、要所要所で引用されています。
監督:西久保瑞穂 声優:横山幸汰(瀬能純平)、谷合純矢(瀬能寛太)、市村正親(瀬能辰夫)、仲間由紀恵(佐和子)、柳原可奈子(みっちゃん)、ユースケ・サンタマリア(英夫)、北島三郎(瀬能源三)、ポリーナ・イリュシェンコ(ターニャ)、ほか

「その街のこども 劇場版」のネタバレあらすじ結末

その街のこども 劇場版の紹介:2010年日本映画。1995年1月17日に起きた阪神淡路大震災。震災に運命を変えられた少年と少女が、震災から15年の節目に故郷へ帰ってきます。父親が復興工事で儲けたことから、先生や友人達に疎外された勇治。親友を失った悲しみを未だ乗り越えられない美夏。ひょんなことから2人は出会い、一晩かけて神戸の街を歩き通すことになります。自分の過去、そして未来へ向き合う、巡礼の旅。阪神淡路大震災から15年を機にNHK総合テレビでドラマとして放映されたものを、再編集して劇場版にしたものです。
監督: 井上剛 出演者: 森山未来(中田勇治)、佐藤江梨子(大村美夏)、津田寛治(沢村)、白木利周(ゆっちの父)、中川光子(たこ焼き屋)

「ウーマン・ハンティング 殺戮の森」のネタバレあらすじ結末

ウーマン・ハンティング 殺戮の森の紹介:2011年日本映画。弁護士の卵の女性が、親友から金儲けができる携帯ゲームでマイナスポイントとなり現金を要求されたという相談を受け、ゲーム会社の乗り込もうとしたことから、森でのサバイバルゲームに参加させられると言うエロチックアクション映画です。
監督:植田中 出演者:仁科百華(恭子)、吉田優華(ゆかり)、岸本尚子(アーミースタルの女)、松田温子、鄭美奈、猪野由梨佳、平山久能 ほか

「ギニーピッグ2 血肉の華」のネタバレあらすじ結末

ギニーピッグ2 血肉の華の紹介:1985年日本映画。ホラー映画全盛時代に作られた日本製スナッフムービーです。さらってきた女性を薬で眠らせ解体する様子を延々写した作品ですが、ドキュメンタリータッチで作られており本物と勘違いする人も出たほどの衝撃的な内容です。
監督:日野日出志 出演者:田村寛、夕顔きらら、ほか

「恋するマドリ」のネタバレあらすじ結末

恋するマドリの紹介:2007年日本映画。一人暮らしを始めた大学生の結が様々な人との出会いや淡い恋を経験しながら、少しずつ成長していく様子を描いた青春映画です。新垣結衣の初主演映画として話題を呼びました。
監督:大九明子 出演者:新垣結衣(青木結)、菊地凛子(順田温子)、松田龍平(大野隆)、内海桂子(野田きつこ)、ピエール瀧(田中)、ほか

「ミッシング55 ファイナルブレイク」のネタバレあらすじ結末

ミッシング55 ファイナル・ブレイクの紹介:2011年日本映画。人格改造をほどこして、人身売買をする闇の学校に潜入して女子高生らを助け出そうとするエロチックアクションです。ところどころ女の子たちの健康的な裸のシーンが流れる低予算ムービーです。
監督:越坂康史 出演者:早乙女ルイ(京子)、あいかわ優衣(結花)、前田優希(唯)、小林サヤ(由貴)、吉沢眞人(須藤)、奥嶋広太(有川)、佐藤英征(佐藤)、中田寛美(小野寺)、朝岡実嶺(陽子)ほか

1 2 3 4 5 123
TOP↑