Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ジャパニーズホラー映画一覧

日本で制作されたホラー映画のネタバレあらすじ一覧です。ジャパニーズホラーと言われ、幽霊、妖怪、おばけなど日本特有の恐怖を描くホラー映画のおすすめ作品を紹介しています。

「CURE キュア」のネタバレあらすじ結末

CURE キュアの紹介:1997年日本映画。同じ残忍な方法で殺される殺人事件が連続して起こりました。刑事の高部は犯人は違うのに殺し方が同じだという事は催眠術で誰かが殺されているのでは…と考え、精神科医の佐久間と共に、催眠術をかける犯人の追及を始めました…というサスペンスホラー映画で、1997年日本インターネット映画大賞日本映画作品賞受賞作です。
監督:黒沢清 出演者:役所広司(高部賢一)、萩原聖人(間宮邦彦)、うじきつよし(佐久間真)、中川安奈(高部文江)、螢雪次朗(桑野一郎)、洞口依子(宮島明子 / 女医)、でんでん(大井田 / 警官)、大杉漣(藤本本部長)、戸田昌宏(花岡徹)、大鷹明良(安川)、河東燈士(精神科医)、春木みさよ(花岡とも子)、ほか

「ゴーストスクワッド」のネタバレあらすじ結末

ゴーストスクワッドの紹介:2017年日本映画。訳もなく無残に殺された少女3人が幽霊となり、自分らを殺した奴らに復讐するため『幽霊復讐部隊ゴースト・スクワッド』と名乗り、人間のリカの身体を借りて戦う姿を描いた、ファンタジーコメディホラー映画です。『片腕マシンガール』の井口昇監督作品ですが、過激なスプラッターシーンはありません。
監督:井口昇 出演者:神門実里(アカリ)、洪潤梨(ヨシエ)、上埜すみれ(ケイコ)、柳杏奈(リカ)、中村朝佳(ナオミ)ほか

「殺人鬼を飼う女」のネタバレあらすじ結末

殺人鬼を飼う女の紹介:2019年日本映画。「リング」「スマホを落としただけなのに」を手掛けた中田秀夫監督が解離性同一性障害で4人の人格を持つ主人公キョウコの身に起きる出来事を描いた作品。それぞれの人格を異なる女優が演じているという構成が実に大胆で面白く出来ています。
監督:中田秀夫 出演:飛鳥凛(櫻木京子 / キョウコ)、大島正華(直美)、松山愛里(ゆかり)、中谷仁美(ハル)、水橋研二(田島冬樹)、根岸季衣(櫻木友香里)、ほか

「貞子」のネタバレあらすじ結末

貞子の紹介:2019年日本映画。鈴木光司のホラー小説『リング』を原作とする同名映画シリーズの登場キャラクターであり、今や国民的ホラーアイコンとなった“貞子”をメインに据えたシリーズ最新作(2019年時点)です。映画シリーズの生みの親である中田秀夫監督が『リング2』以来となるシリーズ復帰を果たし、ビデオや動画を見たら呪われるというこれまでの貞子像から進化した“動画を撮っただけで呪われる”新たな貞子が描かれます。
監督:中田秀夫 出演者:池田エライザ(秋川茉優)、塚本高史(石田祐介)、清水尋也(秋川和真)、桐山漣(藤井稔)、姫嶋ひめか(少女)、ともさかりえ(祖父江初子)、佐藤仁美(倉橋雅美)ほか

「ハリウッド大作戦!」のネタバレあらすじ結末

カメラを止めるな!スピンオフ『ハリウッド大作戦!』の紹介:2019年日本映画。2018年の日本映画界を席巻したインディーズ映画『カメラを止めるな!』のスピンオフにして後日談です。『カメラを止めるな!』の生みの親である上田慎一郎監督は本作では脚本と製作総指揮に回り、代わって助監督を務めていた中泉裕矢監督がメガホンを執っています。『カメラを止めるな!』から半年後、大仕事を成し遂げた伝説のゾンビ番組生中継を成し遂げたクルーが次なる舞台に選んだのは何とまさかのハリウッド?! またしても次々と起こるトラブルやハプニングの数々。伝説のクルーの新たな挑戦が始まります。
監督:中泉裕矢 出演者:真魚(日暮真央)、濱津隆之(日暮隆之)、しゅはまはるみ(日暮晴美)、秋山ゆずき(松本逢花)、長屋和彰(神谷和明)、市原洋(山ノ内洋)、大沢真一郎(古沢真一郎)、どんぐり(笠原芳子)、ド・ランクザン望(ジョーン)、チャールズ・グラバー(トミー)、合田純奈(栗原綾奈)ほか

「トリハダ 劇場版」のネタバレあらすじ結末

トリハダ -劇場版-の紹介:2012年日本映画。フジテレビの深夜に放送されていた日常に潜む恐怖をオムニバス形式で描いたシリーズの劇場版です。一本のメインストーリーを軸にゾクッとするサブストーリーが挟まっていく感じで話が進んでいきます。幽霊ではなく人間の密かに持つ狂気を全面に出した怖さがじわじわきます。
監督:三木康一郎 出演:谷村美月(高林ひかり)、木南晴夏(由美子)、石橋杏奈(小森夕子)、松浦祐也、古川雄輝、笹野鈴々音、入来茉里、野間口徹、ほか

「幽霊ゾンビ」のネタバレあらすじ結末

幽霊ゾンビの紹介:2007年日本映画。ノッチを主役にした、幽霊とゾンビを融合させたコメディスプラッターホラー映画です。タクシー運転手の斉藤が、主神村に一人の女性を乗せていった事から、人を轢き殺し、ゾンビに襲われるハメになるという話です。
監督:白石晃士 出演者:中村知世(遠野実花)、ノッチ(斉藤)、柳ユーレイ(平野)、松本寛也、湯川尚樹、飯塚由衣ほか

「女の子よ死体と踊れ」のネタバレあらすじ結末

女の子よ死体と踊れの紹介:2015年日本映画。森の中で少女の死体を発見した、清掃会社に勤務する女子たちが、少女を生き返らせるため、怪しい儀式に挑む姿を描く。アイドルグループ「ゆるめるモ!」が本人役として出演しているファンタジック・ガーリーホラー映画。ホラーといってもほとんど怖くないが、一部グロい部分もある。
監督:朝倉加葉子 出演者:松田優、ゆるめるモ!(もね、けちょん、しふぉん、ようなぴ、ちーぼう、あの)、原扶貴子、ほか

「冬の怪談 ぼくとワタシとおばあちゃんの物語」のネタバレあらすじ結末

冬の怪談 ~ぼくとワタシとおばあちゃんの物語~/TWILIGHT FILE VIの紹介:2009年日本映画。おばあちゃんが危篤になり、両親が出て行ったため留守番をすることになった亮と春菜の兄妹。しかしその夜から、おばあちゃんの霊が現れ、謎の女子高生の小夜に付きまとわれ、はたまた悪霊に襲われるようになってしまいました…という、ファンタジーオカルトホラー映画です。一部出演者を除き、ほとんどが映画製作会社のアカデミー生だという異色の作品です。
監督:上野コオイチ 出演者:矢島舞美(佐伯小夜)、木村延生(風間亮)、福田花音(風間春菜)、中島マリ(風間寛子)、原田大二郎(風間貫太郎)ほか

「「超」怖い話A(アー)闇の鴉」のネタバレあらすじ結末

「超」怖い話A(アー) 闇の鴉の紹介:2004年日本映画。さびれた三津屋というコンビニではレジの合計金額がゾロ目になると、その客がいなくなるという現象が起きていました。店にはレジのアルバイト奈緒がいました。大手コンビニチェーンの担当者の涼子がフランチャイズ契約の為にやってきた頃、奈緒と涼子の周りで不気味な事件が起りはじめました…という内容のオカルトホラー映画です。
監督:星野義弘 出演者:佐藤寛子(新垣奈緒)、穐葉恭子(各務涼子)、寺島進(手嶋明)、平山夢明(ニュース・キャスター)ほか

「EGG」のネタバレあらすじ結末

EGG(エッグ)の紹介:2002年日本映画。幼少期から目をつぶると目の中にタマゴが見えていた月子。大人になった月子の網膜の中のタマゴに異変が起こる。そしてある夜、タマゴは孵化に中から恐ろしいモンスターが現れる。モンスターの攻撃に月子は内側から壊れはじめていく。
監督:堤幸彦 出演:チョ・ヘヨン(月子)、氏家恵、佐藤二朗、犬山イヌコ、ほか

「ゲヘナ」のネタバレあらすじ結末

ゲヘナ(別題:ゲヘナ~死の生ける場所~)の紹介:2017年日本,アメリカ映画。あるリゾート地建設計画のために南国サイパンを訪れた一行は、隠された地下道に足を踏み入れる。突然の地響きにより意識を失う一向は気づくと戦時中にタイムスリップしていた。なんとか脱出を試みるのだが、ひとり、またひとりと何者かに殺されていく。
監督:片桐裕司 出演:エヴァ・スワン(ポリーナ)、ジャスティン・ゴードン(タイラー)、サイモン・フィリップス(アラン)、ショーン・スプロウリング(ぺぺ)、マシュー・エドワード・ヘグストロム(デイブ)、ダグ・ジョーンズ(不気味な老人)、ランス・ヘンリクセン(モーガン)、ほか

「ゾンビデオ」のネタバレあらすじ結末

ゾンビデオの紹介:2011年日本映画。映像会社に勤めるアイコは、古い結婚式のビデオを探している時、『ゾンビ学入門』というビデオを見つけました。ゾンビマニアの先輩社員橋本と一緒にビデオを見ていると、事務所にゾンビが入って来ました。ビデオを持って逃げ出した二人でしたが・・という内容のコメディゾンビ映画です。ゾンビマニアの橋本が話すゾンビうんちくはゾンビマニアなら思わずニヤリとする話です。
監督:村上賢司 出演者:矢島舞美(アイコ)、宮崎吐夢(橋本)、鳥居みゆき(ヤスデ)、中島早貴(カナブン)、大堀こういち(社長)、菅野麻由(真佐クル世)ほか

「カシマさんの呪い 封印された都市伝説」のネタバレあらすじ結末

カシマさんの呪い -封印された都市伝説-の紹介:2011年日本映画。正社員として採用された涼子は、会社近くの寮に住むことになりました。隣に住む先輩の女性社員の緑から『カシマさんの呪い』の話を聞かされたことから、良子の目の前にカシマさんが現れるようになりました…という内容のジャパニーズホラー映画です。
監督:関顕嗣 出演者:秋山莉奈(加山涼子)、川本淳一(富士堂努)、こばやしあきこ(佐藤緑)、阿部能丸、佐伯めぐみ、ほか

「鉄男 TETSUO」のネタバレあらすじ結末

鉄男 TETSUOの紹介:1989年日本映画。ある日、頬に金属の突起物が出来た男が、だんだん金属に蝕まれ、体が金属化していくという内容のホラー映画です。会話はほとんどなく、効果音とBGM主体のモノクロ作品で、前衛的な内容で、正直意味不明な作品です。
監督:塚本晋也 出演者:田口トモロヲ(男)、塚本晋也(やつ)、藤原京(彼女)、叶岡伸(眼鏡の女)、石橋蓮司(浮浪者)ほか

1 2 3 4 5 16
TOP↑