ジョエル・エドガートン映画一覧

ジョエル・エドガートンが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「キング」のネタバレあらすじ結末

キングの紹介:2019年オーストラリア, アメリカ映画。ティモシー・シャラメ主演でイングランド王ヘンリー5世を演じるNetflixオリジナル映画。父であるイングランド国王と考え方の違いにより見放されていたハル。しかし、父の死によって王座を継承することになります。戦争に興味のなかったハルでしたが、周りの環境にのまれてフランスと戦うことに。果たしてこの戦いは国のためになるのか。
監督:デビッド・ミショッド 出演:ティモシー・シャラメ(ハル、ヘンリー5世)、ジョエル・エドガートン(ジョン)、ロバート・パティンソン(フランス皇太子)、ベン・メンデルソーン(ヘンリー4世)、ショーン・ハリス(ウィリアム)、ほか

「ある少年の告白」のネタバレあらすじ結末

ある少年の告白の紹介:2018年アメリカ映画。アメリカに今もあるという性的指向の矯正施設。この映画には、原作者ガラルド・コンリーが告発本を出版するに至った、ある施設での体験とそれによって生まれた人間ドラマが描かれている。主人公ジャレッドを演じるのは、20歳のときにアカデミー賞助演男優賞にノミネートされたこともあるルーカス・ヘッジズ。その両親に、ともにアカデミー賞主演男優賞・女優賞をとったラッセル・クロウとニコール・キッドマン。豪華キャスト陣の繊細かつ大胆な演技が見る者を圧倒する衝撃の実話だ。
監督:ジョエル・エドガートン 出演:ルーカス・ヘッジズ(ジャレッド・イーモンズ)、ニコール・キッドマン(母 ナンシー・イーモンズ)、ラッセル・クロウ(父 マーシャル・イーモンズ)、ジョエル・エドガートン(ヴィクター・サイクス)、ジョー・アルウィン(ヘンリー)、グザヴィエ・ドラン(ジョン)、トロイ・シヴァン(ゲイリー)、テオドール・ペルラン(ゼイヴィア)、フリー[レッド・ホット・チリペッパーズ ベーシスト](ブランドン)、ほか

「ティモシーの小さな奇跡」のネタバレあらすじ結末

ティモシーの小さな奇跡の紹介:2012年アメリカ映画。レオナルド・ディカプリオ主演映画『ギルバート・グレイプ』(1993年)の原作者であるピーター・ヘッジズが監督・脚本を手掛けた、ディズニーが贈るハートフルなファンタジー作品です。子供ができない夫婦の前にくるぶしから葉っぱの生えた不思議な少年が現れたことから始まる奇跡を描きます。
監督:ピーター・ヘッジズ 出演者:ジェニファー・ガーナー(シンディ・グリーン)、ジョエル・エドガートン(ジェームズ・“ジム”・グリーン)、CJ・アダムス(ティモシー・グリーン)、オデヤ・ラッシュ(ジョニ・ジェローム)、ショーレ・アグダシュルー(イヴェット・オナト)、ローズマリー・デウィット(ブレンダ・ベスト)、デヴィッド・モース(ジェームズ・グリーン・Sr)ほか

「キンキーブーツ」のネタバレあらすじ結末

キンキーブーツの紹介:2005年アメリカ,イギリス映画。イギリスの実在する紳士靴メーカーの実話をモチーフに、倒産寸前の靴製造メーカーの若き社長とドラッグ・クイーンが手を組み、男性向けセクシーブーツを作って会社を立て直そうと奮闘するハートフルコメディです。後にミュージカル化され、日本でも小池徹平と三浦春馬のダブル主演で上演されています。
監督:ジュリアン・ジャロルド 出演者:ジョエル・エドガートン(チャーリー・プライス)、キウェテル・イジョフォー(ローラ)、サラ=ジェーン・ポッツ(ローレン)、ジェミマ・ルーパー(ニコラ)、ニック・フロスト(ドン)、リンダ・バセット(メル)、ロバート・パフ(ハロルド・プライス)、ユアン・フーパー(ジョージ)ほか

「ガフールの伝説」のネタバレあらすじ結末

ガフールの伝説の紹介:2010年アメリカ映画。アメリカの作家キャスリン・ラスキーの小説『ガフールの勇者たち』を原作に、『300(スリーハンドレッド)』『バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生』のザック・スナイダー監督が映画化したファンタジーアニメです。フクロウが高度な文明を築いた世界を舞台に、世界征服を企む悪の組織に立ち向かう若き勇敢なフクロウたちの冒険と戦いを描きます。
監督:ザック・スナイダー 声優:ジム・スタージェス(ソーレン)、エミリー・バークレー(ジルフィー)、デビッド・ウェナム(ディガー)、アンソニー・ラパーリア(トワイライト)、ライアン・クワンテン(クラッド)、アドリエンヌ・デファリア(エグランタイン)、ヒューゴ・ウィービング(ノクタス/グリンブル)、エッシー・デイヴィス(マレラ)、ミリアム・マーゴリーズ(ミセス・プリサイバー)、リチャード・ロクスバーグ(ボロン国王)、デボラ=リー・ファーネス(バーラン王妃)、ジョエル・エドガートン(メタルビーク)、ヘレン・ミレン(ナイラ)、ジェフリー・ラッシュ(エジルリブ)ほか

「イット・カムズ・アット・ナイト」のネタバレあらすじ結末

イット・カムズ・アット・ナイトの紹介:2017年アメリカ映画。謎の病原体から逃れるため山奥に住む一家に、突然見知らぬ男が侵入します。一家は不審感を持ちながらも彼の家族と共同生活を始めます。対立しながらも信頼感を築いたような彼らですが、極限状態と、夜に訪れる正体不明の「それ」から徐々に不信感が生まれていきます。両家のその運命は?『イット・カムズ・アット・ナイト』は極限状態に置かれた人間が正体不明の「それ」に怯えながらも生きていくサバイバルを描いた心理スリラーです。
監督:トレイ・エドワード・シュルツ 出演:ジョエル・エドガートン(ポール)、クリストファー・アボット(ウィル)、カーメン・イジョゴ(サラ)、ケルヴィン・ハリソン・Jr(トラヴィス)、グリフィン・ロバート・フォークナー(アンドリュー)、ライリー・キーオ(キム)、ほか

「ラビング 愛という名前のふたり」のネタバレあらすじ結末

ラビング 愛という名前のふたりの紹介:2016年アメリカ映画。人種差別が続いていた時代に恋をした男女が、異人種間結婚が認められるまでを描いた実話。第89回アカデミー賞で主演女優賞にノミネートされた話題作です。
監督:ジェフ・ニコルズ 出演:ジョエル・エドガートン(リチャード)、ルース・ネッガ(ミルドレッド)、マートン・ソッカス(ブルックス保安官)、ニック・クロール(バーナード・コーエン)、テリー・アブニー(ガーネット)、ジヨン・バス(フィリップ・ハーシュコプ)、マイケル・シャノン(グレイ・ビレット)

「バタフライエフェクト・イン・クライモリ」のネタバレあらすじ結末

バタフライエフェクト・イン・クライモリの紹介:2008年オーストラリア映画。高校生のマークは森で死体を埋める男を見かけます。この男をゆすって一番嫌いなワルのパーカーを殺害させようとしたマークら3人でしたが、男がパーカーを使って逆に仕掛けてきたことから計画は思わぬ方向に向かってしまいます…というサスペンススリラー映画です。
監督:ジョン・ヒューイット 出演者:ジョエル・エドガートン(イアン・ライト)、マイケル・ドーマン(ゲイリー・パーカー)、セバスチャン・グレゴリー(マーク)、ハンナ・マンガン=ローレンス(チェイス)、ジョシュア・ペイン(ジェームス)、ベリンダ・マクローリー(ケイ・ライト)、ベラ・ヒースコート(ペトラ)ほか

「アニマル・キングダム」のネタバレあらすじ結末

アニマル・キングダムの紹介:2010年オーストラリア映画。1988年にオーストラリア・メルボルンで実際にあった警官射殺事件とその容疑者家族を基に映画化された犯罪ドラマで、鬼才クエンティン・タランティーノも2010年公開映画のベスト3に挙げるなど各界から高い評価を得た作品です。様々な犯罪に手を染める親戚一家に身を寄せることになった少年の葛藤と成長を描いています。
監督:デヴィッド・ミショッド 出演者:ジェームズ・フレッシュヴィル(ジョシュア・“J”・コディ)、ベン・メンデルソーン(アンドリュー・“ポープ”・コディ)、ジャッキー・ウィーヴァー(ジャニー・“スマーフ”・コディ)、ルーク・フォード(ダレン・コディ)、サリバン・ステイプルトン(クレイグ・コディ)、ジョエル・エドガートン(バリー・“バズ”・ブラウン)、ガイ・ピアース(ネイサン・レッキー)ほか

「ブライト」のネタバレあらすじ結末

ブライトの紹介:2017年アメリカ映画。ロサンゼルス、そこでは黒人、白人、アジア系、中南米系など多様な人種、そして人間とは別の種族、白人のような容貌の裕福なエルフ、貧しく差別された緑色の顔のオーク、そして空を飛ぶモンスターの嫌われ者フェアリーが共存していました。黒人警官ニックは激しい性格、真面目で優しいオークの警官ニックと働くことになります。エルフ女性、レイラは魔法の杖を使い悪の世界を復活させようとします。『ブライト』はウィル・スミス演じる警官が、オークの警官とともにロスを、エルフの悪の力から救うために戦うストーリーです。「ブライト」は、輝く(bright)の意味です。映画では、「ブライト」は一般人が触ると爆発する、魔法の杖(Wand)を、万能の目的に使うことのできる、神に選ばれた人間、種族を意味します。
監督:デイビッド・エアー 出演:ウィル・スミス(ダリル・ウォード)、ジョエル・エドガートン(ニコラス・”ニック”・ジャコビー )、ノオミ・ラパス(レイラ )、ルーシー・フライ(ティッカ)他

「ミッドナイト・スペシャル」のネタバレあらすじ結末

ミッドナイト・スペシャルの紹介:2016年アメリカ,ギリシャ映画。不思議な能力を持つ、8才の少年アルトン。ある新興宗教団体に預けられていた彼を、実の父親ロイが誘拐する。アルトンにはある望みがあり、それを知ったロイとその親友ルーカスが力を貸すが…。「ラビング 愛という名前のふたり」(2016)のジェフ・ニコルズ監督が、「ラビング~」で起用したマイケル・シャノンとジョエル・エドガートンで描くSFスリラー。家族の絆を描きながら、サスペンスたっぷりに見せる秀作。
監督:ジェフ・ニコルズ 出演者:マイケル・シャノン(ロイ)、ジョエル・エドガートン(ルーカス)、ジェイデン・リーベラー(アルトン)、キルステン・ダンスト(サラ)、アダム・ドライヴァー(ポール)、サム・シェパード(カルビン)ほか

「ケリー・ザ・ギャング」のネタバレあらすじ結末

ケリー・ザ・ギャングの紹介:2003年オーストラリア,イギリス,フランス映画。19世紀後半のオーストラリアに実在した伝説のアウトロー、ネッド・ケリーの波乱に満ちた生涯を映画化した伝記映画です。流刑者の子としていわれなき差別や迫害を受けてきたケリーは仲間と共に立ち上がるのですが…。
監督:グレゴール・ジョーダン 出演者:ヒース・レジャー(ネッド・ケリー)、オーランド・ブルーム(ジョセフ・“ジョー”・バーン)、ナオミ・ワッツ(ジュリア・クック)、ジョエル・エドガートン(アーロン・シェリット)、ジェフリー・ラッシュ(フランシス・ヘア)ほか

「ジェーン」のネタバレあらすじ結末

ジェーンの紹介:2016年アメリカ映画。「スター・ウォーズ」シリーズで共演したナタリー・ポートマンとユアン・マクレガーが再びタッグを組んだ西部劇です。主人公の女性と夫、元恋人、そして宿敵のならず者との宿命の愛想劇と対決が描かれます。
監督:ギャヴィン・オコナー 出演者:ナタリー・ポートマン(ジェーン・ハモンド)、ユアン・マクレガー(ジョン・ビショップ)、ジョエル・エドガートン(ダン・フロスト)、ノア・エメリッヒ(ビル・“ハム”・ハモンド)、ボイド・ホルブルック(ヴィック・ビショップ)ほか

「ディーン、君がいた瞬間」のネタバレあらすじ結末

ディーン、君がいた瞬間(とき)の紹介:2015年カナダ,ドイツ,オーストラリア映画。50年代のハリウッド。野心を秘めた若き写真家は、パーディで出会った無名の新人俳優にスター性を見出します。静かるケミストリーを生じた2人は、伝説となる写真を残すことになります。後に天才写真家と呼ばれる天才写真家デニス・ストックが、ブレイク前に他界した俳優ジェームズ・ディーンの死の数カ月前に密着し、伝説となった貴重な写真を撮影した二週間の交流を実話に基づいて綴っています。
監督:アントン・コービン 出演者:ロバート・パティンソン(デニス・ストック)、デイン・デハーン(ジェームズ・ディーン)、ジョエル・エドガートン(ジョン・モリス)、ベン・キングズレー(ジャック・ワーナー)、アレッサンドラ・マストロナルディ(ピア・アンジェリ)ほか

「ザ・ギフト」のネタバレあらすじ結末

ザ・ギフトの紹介:2015年アメリカ映画。ジョエル・エドガートンが、製作、監督、脚本、出演までこなしたスリラー。仲むつまじい夫婦の前に、夫の同級生だったと名乗る男が現れる。その日から、まるで友情のしるしだと言わんばかりに、夫婦のもとに届けられる“ギフト”。その内容は次第にエスカレートしていき、なぜか夫婦の間にも不穏な空気が流れ出す。アメリカの映画サイトRotten Tomatoesで、93%のユーザー満足度を獲得したセンセーショナルな作品。
監督:ジョエル・エドガートン 出演者:出演者:ジェイソン・ベイトマン(サイモン・カレム)、レベッカ・ホール(ロビン・カレム)、ジョエル・エドガ―トン(ゴードン・モーズリー)、アリソン・トルマン(ルーシー)、デヴィッド・デンマン(グレッグ)、ビジー・フィリップス(ダフィー)、ケイティー・アゼルトン(ジョアン)ほか

1 2

キーワードから探す

TOP↑