Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ジュード・ロウ映画一覧

ジュード・ロウが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「キャプテン・マーベル」のネタバレあらすじ結末

キャプテン・マーベルの紹介:2019年アメリカ映画。マーベル・スタジオが贈る初の女性ヒーロー単独主役映画。物語はアベンジャーズ誕生以前の1990年代にさかのぼる。宇宙帝国クリーの特殊部隊スターフォースに所属する女性戦士ヴァースは事故で過去を失い、クリーの軍人として生きていたが、任務中に地球に落下。断片的に残された記憶から自分が地球人キャロルであったことを知る。地球では姿を自由に変える異星人スクラルが暗躍し、キャロルは若き日のニック・フューリーと共に戦いに立ち向かっていく。「より高く、より遠く、より速くー」マーベル・ヒーローの中でも最強と言われる超人的なパワーだけでなく、困難に立ち向かっていく心の強さを持つヒーロー。
監督:アンナ・ボーデン/ライアン・フレック 出演:ブリー・ラーソン(キャプテン・マーベル/キャロル・ダンヴァース)、サミュエル・L・ジャクソン(ニック・フューリー)、ベン・メンデルソーン(タロス/ケラー)、ジャイモン・フンスー(コラス)、リー・ペイス(ロナン・ジ・アキューザー)、ラッシャーナ・リンチ(マリア・ランボー)、ジェンマ・チャン(ミン・エルヴァ)、アネット・ベニング(ウェンディ・ローソン/スプリーム・インテリジェンス)、クラーク・グレッグ(フィル・コールソン)、ジュード・ロウ(ヨン・ロッグ)ほか

「ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ」のネタバレあらすじ結末

ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐの紹介:2015年イギリス映画。米文学史に残るベストセラー小説誕生の裏に隠された実話に基づく作品です。有能な編集者パーキンズの元に、持ち込まれた原稿、作家トマス・ウルフ
2人はマックスとトムと呼び合い、公私共に良い付き合いをします。いつも長編を持ち込むトムの原稿をマックスが編集をして、いくつものベストセラーを生み出し、マックスはトムを父親のように支える様子を、トムが病魔に侵され亡くなるまでを描いた物語です。
監督:マイケル・グランデー ジ 出演:コリン・ファース(マックス・パーキンズ)、ジュード・ロウ(トマス・ウルフ)、ニコール・キッドマン(アリーン・バーンスタイン)、ローラ・リニー(ルイーズ・パーキンズ)、ガイ・ピアース(F・スコット・フィッツジェラルド)、ドミニク・ウェスト(アーネスト・ヘミングウェイ)、ヴァネッサ・カービー(ゼルダ・フィッツジェラルド)、ほか

「ファンタスティックビーストと黒い魔法使いの誕生」のネタバレあらすじ結末

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生の紹介:2018年アメリカ映画。J.K.ローリングが描く魔法の世界スァンタスティック・ビーストシリーズで5部にわたり展開する新たな冒険の第2部。前作でニュートによって正体を暴かれた、強力な暗黒の魔法使いゲラート・グリンデルバルド。投獄されていたアメリカ合衆国魔法議会(MACUSA)から逃げ出し、真の目的のためにパリへと向かう。ホグワーツ魔法魔術学校での恩師であり、友人でもあるダンブルドアからの依頼で、ニュートは再び危険でさらに強力になったグリンデルバルドと対峙することとなる。
監督:デイビッド・イェーツ 出演:エディ・レッドメイン(ニュート・スキャマンダー)、キャサリン・ウォーターストン(ティナ・ゴールドスタイン)、ダン・フォグラー(ジェイコブ・コワルスキー)、アリソン・スドル(クイニー・ゴールドスタイン)、ジュード・ロウ(アルバス・ダンブルドア)、ジョニー・デップ(ゲラート・グリンデルバルド、エズラ・ミラー(クリーデンス).ゾーイ・クラビッツ(リタ・レストレンジ)、カラム・ターナー(テセウス・スキャマンダー)、クローディア・キム(ナギニ)ほか

「オール・ザ・キングスメン」のネタバレあらすじ結末

オール・ザ・キングスメンの紹介:2006年アメリカ映画。ルイジアナの田舎から州知事にまで上りつめた一人の男の生涯を描いた物語。ウィリーは民衆の権利、貧困層の解放などを叫び、その言葉と行動で民衆を熱狂させました。”悪から善は生まれる”彼の信じた言葉です。そんな彼の行動は果たして正しいのか?
監督:スティーヴン・ザイリアン 出演:ショーン・ペン(ウィリー・スターク)、ジュード・ロウ(ジャック・バーデン)、アンソニー・ホプキンス(アーウィン判事)、ケイト・ウィンスレット(アン・スタントン)、マーク・ラファロ(アダム・スタントン)、パトリシア・クラークソン(セイディ・バーク)、ジェームズ・ガンドルフィーニ(タイニー・ダフィ)、ほか

「真夜中のサバナ」のネタバレあらすじ結末

真夜中のサバナの紹介:1997年アメリカ映画。ジョーシア州サバナの町で起こった殺人事件をめぐり、偶然町を訪れていたジャーナリストが一癖も二癖もある町の人々に翻弄されながらも真相解明に乗り出す。
監督:クリント・イーストウッド 出演:ジョン・キューザック、ケヴィン・スペイシー、ジャック・トンプソン、イルマ・P・ホール、ジュード・ロウ、アリソン・イーストウッド、ほか

「ブラック・シー」のネタバレあらすじ結末

ブラック・シーの紹介:2014年イギリス,ロシア映画。黒海に眠る金塊を積んだ伝説の潜水艦「Uボート」を巡って、旧型の潜水艦で捜索に乗り出した12人の男たちがそれぞれの思惑を露わにして激しく対立する姿を描いた海洋サスペンス作品です。
監督:ケヴィン・マクドナルド 出演者:ジュード・ロウ(ロビンソン)、スクート・マクネイリー(ダニエルズ)、ベン・メンデルソーン(フレイザー)、コンスタンチン・ハベンスキー(ブラッキー)、ボビー・スコフィールド(トビン)ほか

「アンナ・カレーニナ」のネタバレあらすじ結末

アンナ・カレーニナの紹介:2012年イギリス映画。「アンナ・カレーニナ」はロシアの文豪トルストイの代表作を実写化した映画。19世紀のロシアが舞台となり、青年将校に惹かれたことをきっかけに、政府の高官だった夫との愛のない結婚生活や社交界から離れようと決心する女性に振りかかる試練を描く。
監督:ジョー・ライト 出演者:キーラ・ナイトレイ(アンナ・カレーニナ)、ジュード・ロウ(カレーニン)、アーロン・テイラー・ジョンソン(ヴロンスキー)、ケリー・マクドナルド(ドリー)、マシュー・マクファディン(オブロンスキー)、アリシア・ヴィキャンデル(キティ・シチェルバツカヤ)、ドーナル・グリーソン(リョーヴイン)ほか

「アルフィー」のネタバレあらすじ結末

アルフィーの紹介:2004年アメリカ映画。「アルフィー」はマイケル・ケイン主演で昔作られた映画のリメイク作品です。今回はジュード・ロー主演で、プレイボーイの成れの果てを描いています。主人公は見事な容姿を武器にさまざまな女性と遊び歩きます。結婚は墓場だと考えていて、良い女とワインがあればそれで満足であると考えています。しかしやがてそのツケは自分に回ってきます。結局はひとりぼっちになってしまう主人公を通して、「人生とは一体何なのか?」を考える作品です。
監督:チャールズ・シャイア 出演者:ジュード・ロウ(アルフィー)、マリサ・トメイ(ジュリー)、オマー・エップス(マーロン)、ニア・ロング(ロネット)、ジェーン・クラコウスキー(ドリー)、スーザン・サランドン(リズ)、ほか

「SPY/スパイ」のネタバレあらすじ結末

SPY/スパイの紹介:2015年アメリカ映画。アクション満載のコメディスパイ映画。あの最強アクションスター、ジェイソン・ステイサムが”ダメダメなエージェント”を演じた珍しい作品でもある。
監督:ポール・フェイグ 出演:メリッサ・マッカーシー(スーザン・クーパー)、ジェイソン・ステイサム(リック・フォード)、ローズ・バーン(レイナ・ボヤノフ)、ミランダ・ハート(ナンシー)、ボビー・カナヴェイル(セルジオ・デ・ルーカ)、アリソン・ジャネイ(エレイン・クロッカー)、ジュード・ロウ(ブラッドリー・ファイン)、ほか

「キング・アーサー」のネタバレあらすじ結末

キング・アーサーの紹介:2017年イギリス,オーストラリア,アメリカ映画。アーサー王の伝説をもとにした作品。叔父ヴォーティガンによって王である父親を殺されたアーサーは一人生き延び、スラムで逞しく育つ。そんな彼が伝説の聖剣であるエクスカリバーを岩から抜くと彼は自分の宿命を思い出し、ヴォーディガンへの復讐を誓う。
監督:ガイ・リッチー 出演:チャーリー・ハナム(アーサー)、ジュード・ロウ(ヴォーティガン)、エリック・バナ(ユーサー王)、ジャイモン・フンスー(ベディヴィア)、アストリッジ・ベルジェ・フリスペ(メイジ)ほか

「スルース」のネタバレあらすじ結末

スルースの紹介:2007年アメリカ映画。1972探偵スルースをリメイクした作品で、初老の小説家とその妻の浮気相手の心理戦を描いた作品です。小説家の屋敷を舞台に二人の欲と嫉妬がぶつかり合います。
監督:ケネス・ブラナー 出演者:マイケル・ケイン(アンドリュー・ワイク)、ジュード・ロウ(マイロ・ティンドル)

「サイド・エフェクト」のネタバレあらすじ結末

サイド・エフェクトの紹介:2013年アメリカ映画。担当するうつ病患者が殺人を犯したことで窮地に立たされた精神科医が、その裏に隠されていた陰謀を知り、全てを失いながらも真実を突き止めようともがく様を描く。
監督:スティーヴン・ソダーバーグ 出演:ジュード・ロウ(ジョナサン・バンクス博士)、ルーニー・マーラ(エミリー・テイラー)、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ(ヴィクトリア・シーバート博士)、チャニング・テイタム(マーティン・テイラー)、ほか

「Dr.パルナサスの鏡」のネタバレあらすじ結末

Dr.パルナサスの鏡の紹介:2009年イギリス,カナダ映画。制作の途中で主役のヒース・レジャーが亡くなってしまったため、彼の残りのシーンをジュード・ロウ、ジョニー・デップ、コリン・ファレルの3人の俳優がかわって撮影し、完成されました。Dr.パルナサスの鏡を通した不思議な幻想の世界が描かれるダークファンタジー作品です。
監督:テリー・ギリアム 出演者:ヒース・レジャー(トニー・シェパード)、クリストファー・プラマー(パルナサス博士)、リリー・コール(ヴァレンティナ)、トム・ウェイツ(Mr.ニック)ほか

「A.I.」のネタバレあらすじ結末

A.I.の紹介:2001年アメリカ映画。地球温暖化が進み、人間の出生の制限がかけられた時代。心を持った少年型ロボットデイビッドが開発されました。彼は起動させた人間を愛するようにプログラムされていました。デイビッドは息子が病気で冷凍保存されている夫婦の元に試作品としてやってきます。ロボットと人間の間に愛情は生まれるのか?ロボットと人間は家族になれるのか?スタンリー・キューブリックが長年温めてきた企画をスティーヴン・スピルバーグが監督した作品。
監督:スティーヴン・スピルバーグ 出演者:ハーレイ・ジョエル・オスメント(デイビッド)、ジュード・ロウ(ジゴロ・ジョー)、ジャック・エンジェル(テディ)、フランセス・オコナー(モニカ・スウィントン)ほか

「レポゼッション・メン」のネタバレあらすじ結末

レポゼッション・メンの紹介:2010年アメリカ映画。近未来アメリカ。ユニオン社が発明した人工臓器により、かつてない長寿化が進んでいた。しかし、その人工臓器は、かなりの高額だった。そのため、代金を滞納した者には、レポゼッション・メンという人工臓器回収人が人工臓器の取り立てをしていた。レポゼッション・メンにより人工臓器を取り返された者は死んでしまう。この取り立ては政府によって許可されている仕事だった。そんなレポゼッション・メンとして従事しているレミーは、ある日、臓器回収に失敗し重症となる事故にあい、自分もユニオン社の人工臓器を身体に埋め込まれてしまう。多額の借金を背負い、追われる身となったレミー。ユニオン社やかつての仲間との戦いが始まる。彼に待ち受けていた衝撃の結末とは?ジュード・ロウ主演の近未来SFサスペンス。
監督:ミゲル・サポチニク 出演者:ジュード・ロウ(レミー)、フォレスト・ウィテカー(ジェイク)、リーヴ・シュレイバー(フランク)、アリシー・ブラガ(ベス)、カリス・ファン・ハウテン(キャロル)、ほか

1 2
TOP↑