マーベル映画一覧

マーベル映画のネタバレあらすじ一覧です。アメコミとして有名なマーベル・コミック(Marvel Comics) 原作の映画を結末まで解説します。スパイダーマン、X-メン、アイアンマン、キャプテン・アメリカ、アベンジャーズなどのマーベルヒーローが活躍する作品で有名です。

「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」のネタバレあらすじ結末

スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホームの紹介:2021年アメリカ映画。ミステリオによって正体を世間に暴かれ、殺人犯の容疑までかけられてしまったピーター・パーカーの人生は大混乱に陥る。高校生活最後の1年を恋人のMJ、親友のネッドと共に楽しもうとするが、正体がバレたことによりピーターの周囲の人々を混乱に巻き込んでしまう。この事態を解決するために、ピーターはかつて共にサノスと戦った魔術師ドクター・ストレンジのもとを訪ねる。全ての人から正体に関する記憶を消してほしいというピーターの願いを聞き入れたストレンジは、禁じられた魔法の呪文を唱える。しかし呪文は思いもよらぬ効果をもたらせ、多次元宇宙『マルチバース』の扉が開いてしまった。ニューヨークの街にヴィランの群れが現れ人々に危機が迫る。
監督:ジョン・ワッツ 出演:トム・ホランド(ピーター・パーカー/スパイダーマン)、ゼンデイヤ(MJ)、ベネディクト・カンバーバッチ(ドクター・ストレンジ)、ジェイコブ・バタロン(ネッド・リーズ)、ジョン・ファヴロー(ハロルド・ハッピー・ホーガン)、ウィレム・デフォー(ノーマン・オズボーン/グリーン・ゴブリン)、アルフレッド・モリーナ(オットー・オクタビアス/ドック・オク)、ジェイミー・フォックス(マックス・ディロン/エレクトロ)、トーマス・ヘイデン・チャーチ(フリント・マルコ/サンドマン)、リス・エヴァンス(カート・コナーズ/リザード)ベネディクト・ウォン(ウォン)、トニー・レヴォロリ(ユージーンフラッシュ・トンプソン)、マリサ・トメイ(メイ・パーカー)、J・K・シモンズ(J・ジョナ・ジェイムソン)、チャーリー・コックス(弁護士マット・マードック)ほか

「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」のネタバレあらすじ結末

ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジの紹介:2021年アメリカ映画。前作のその後、記者のエディはシンビオートのヴェノムとの共存生活に苦労をする。そんな中、連続殺人鬼として収監されているクレタスがエディに取材を指名。刑務所を訪れたエディに噛みつき、その血液を体内へ入れたクレタス。エディの血中に生息していたシンビオートがクレタスの体内で結合。おびただしい数の赤い触手が体内を蝕みカーネイジが誕生した。世に放たれたクレタスの目的は愛するフランシスの奪還。2人の狂気がひとつになろうとしている。
監督:アンディ・サーキス 出演:トム・ハーディ(エディ・ブロック/ヴェノム)、ミシェル・ウィリアムズ(アン・ウェイング)、ナオミ・ハリス(フランシス・バリソン)、リード・スコット(ダン・ルイス医師)、スティーヴン・グリアツ(マリガン刑事)、ペギー・ルー(ミセス・チェン)、ウディ・ハレルソン(クレタス・キャサディ/カーネイジ)ほか

「エターナルズ」のネタバレあらすじ結末

エターナルズの紹介:2021年アメリカ映画。エターナルズとは、宇宙の創造主セレスティアルズより命を受け、7000年前に遠い惑星から地球にやってきた不死の超人たち。 彼らはディヴィアンツと呼ばれる凶悪な怪物から人類を守り、知恵を授け、人知れず導いてきた。長い時を経て現在仲間たちは世界中に散らばって暮らしていた。しかし、ある出来事によりかつてない脅威が迫り、7日後に地球が滅亡する危機に。戦略的リーダー・イカリスとその元恋人セルシは、バラバラになった仲間たちを終結させる。しかし、2人はチームを根底から揺るがす驚愕の秘密を知ることになる。ますます拡大を続けるマーベル・シネマティック・ユニバースがフェーズ4として新たにスタートさせたヒーローチーム。監督はアジア系女性として初のアカデミー賞を受賞したクロエ・ジャオ。独特の壮大な映像美で現代に神話を甦らせる。
監督:クロエ・ジャオ 出演:ジェンマ・チャン(セルシ)、リチャード・マッデン(イカリス)、クメイル・ナンジアニ(キンゴ)、リア・マクヒュー(スプライト)、ブライアン・タイリー・ヘンリー(ファストス)、ローレン・リドロフ(マッカリ)、バリー・コーガン(ドルイグ)、ドン・リー/マ・ドンソク(ギルガメッシュ)、ハーリッシュ・パテル(カルーン)、キット・ハリントン(デイン・ウィットマン)、サルマ・ハエック(エイジャック)、アンジェリーナ・ジョリー(セナ)ほか

「シャン・チー/テン・リングスの伝説」のネタバレあらすじ結末

シャン・チー/テン・リングスの伝説の紹介:2021年アメリカ映画。アメリカ、サン・フランシスコでホテルマンとして働く、地味な青年シャン・チー。同僚であり居候させてもらっているケイティと平穏な暮らしを送っていたある日、犯罪組織テン・リングスの刺客に襲われる。実はテン・リングスのリーダーこそ、シャン・チーの父親ウェンウーだった。シャン・チーは父の魔の手から逃れられていなかったことを悟り、過去と向き合う決意をする。伝説の腕輪テン・リングスを操るウェンウーを相手に、シャン・チーもかつて父から授かった力を解き放つ。マーベル・シネマティック・ユニバースから、新たな時代を築く武術を使うヒーローが誕生した。
監督:デスティン・ダニエル・クレットン 出演:シム・リウ(ショーン/シャン・チー)、オークワフィナ(ケイティ)、メンガー・チャン(シャーリン)、ファラ・チャン(リー)、フロリアン・ムンテアヌ(レーザー・フィスト)、ベネディクト・ウォン(ウォン)、ミシェル・ヨー(イン・ナン)、トニー・レオン(ウェンウー)ほか

「ブラック・ウィドウ」のネタバレあらすじ結末

ブラック・ウィドウの紹介:2020年アメリカ映画。マーベル・コミックの人気キャラクターであり「アベンジャーズ」のメンバーでもあるブラック・ウィドウを単独主人公とするSFアクション超大作です。マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)シリーズ第24作目となる本作は『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016年公開)での事件の直後を舞台に、最強の女スパイであるブラック・ウィドウが自らの知られざる過去と向き合う過程を描きます。
監督:ケイト・ショートランド 出演者:スカーレット・ヨハンソン(ナターシャ・ロマノフ/ブラック・ウィドウ)、フローレンス・ピュー(エレーナ・ベロワ)、デヴィッド・ハーバー(アレクセイ・ショスターコフ/レッド・ガーディアン)、レイチェル・ワイズ(メリーナ・ヴォストコフ)、O・T・ファグベンル(リック・メイソン)、ウィリアム・ハート(サディアス・サンダーボルト・ロス)、レイ・ウィンストン(ドレイコフ)、エヴァー・アンダーソン(少女時代のナターシャ・ロマノフ)、ヴァイオレット・マッグロウ(少女時代のエレーナ・ベロワ)、オルガ・キュリレンコ(アントニア・ドレイコフ)、ジュリア・ルイス=ドレイファス(ヴァレンティーナ・アレグラ・デ・フォンティーヌ)ほか

「ニュー・ミュータント」のネタバレあらすじ結末

ニュー・ミュータントの紹介:2020年アメリカ映画。マーベル・コミックの人気作品を原作とする『X-MEN』シリーズの通算13作目(スピンオフ含め)であり、20世紀FOX製作としては最終作となる作品です。本作は過去作品のキャラクターは登場せず、シリーズ初となる青春ホラー作品となりました。日本では劇場公開されずデジタル配信となりました。
監督:ジョシュ・ブーン 出演者:アニャ・テイラー=ジョイ(イリアナ・ラスプーチン/マジック)、ブルー・ハント(ダニエル・ダニー・ムーンスター/ミラージュ)、メイジー・ウィリアムズ(レイン・シンクレア/ウルフスベーン)、チャーリー・ヒートン(サム・ガスリー/キャノンボール)、ヘンリー・ザーガ(ロベルト・ダ・コスタ/サンスポット)、アリシー・ブラガ(セシリア・レイエス)ほか

「SPEED MAN」のネタバレあらすじ結末

SPEED MAN(スピードマン)の紹介:2006年アメリカ映画。特殊部隊ゴースト・スクワッドに務めるダニエルは、任務中に重症をおってしまう。放射線の治療を行うダニエルは、副作用で人の何百倍もの速さで走れる体となった。スピードマンとなったダニエルはワシントンを破壊しようと目論む友人を止めにいくのだった。
監督:ドン・E・ファンルロイ 製作総指揮:ジェフ・フランクリン 、スタン・リー 出演:ジェイソン・コネリー(ダニエル)、ニコール・エガート(ベス)、ダニエル・ゴダード(パイソン/エドワード)、リー・メジャース(タナー)、マイケル・フリン、チャールズ・ハルフォード、K・C・クライド、ほか

「エレクトラ」のネタバレあらすじ結末

エレクトラの紹介:2005年アメリカ映画。マーベル・コミックのヒーロームービー『デアデビル』(2003年公開)のスピンオフとして製作されたアクション作品です。『デアデビル』のヒロイン“エレクトラ”を主役に据え、同役を演じるジェニファー・ガーナーは『デアデビル』から続投しています。また、日本でも人気の格闘家ボブ・サップもこの作品でハリウッドデビューを飾っています。
監督:ロブ・ボウマン 出演者:ジェニファー・ガーナー(エレクトラ・ナチオス)、ゴラン・ヴィシュニック(マーク・ミラー)、キルステン・プラウト(アビゲイル・“アビー”・ミラー)、テレンス・スタンプ(スティック)、ケイリー=ヒロユキ・タガワ(ロシ)、コリン・カニンガム(マッケイブ)、ウィル・ユン・リー(キリギ)、ボブ・サップ(ストーン)、クリス・アッカーマン(タトゥー)、ナターシャ・マルテ(タイフォイド)、ジェイソン・アイザックス(デマルコ)、ヒロ・カナガワ(メイズミ)ほか

「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」のネタバレあらすじ結末

スパイダーマン:ファー・フロム・ホームの紹介:2019年アメリカ映画。夏休みに友人たちとヨーロッパ旅行を楽しむピーター・パーカーに、S.H.I.E.L.D.長官ニック・フューリーから任務を与えられ、新たな戦いへ向かっていく。アベンジャーズ/エンドゲームでも激闘を繰り広げたスパイダーマンを主人公に、エンドゲーム後のアベンジャーズを引っ張っていくべく大活躍を見せます。インフィニティ・サーガのフェイズ3の締めくくりに相応しい、スパイダーマンの成長譚を上手く描いています。
監督:ジョン・ワッツ キャスト:トム・ホランド(ピーター・パーカー/スパイダーマン)、サミュエル・L・ジャクソン(ニック・フューリー)、ゼンデイヤ(ミシェル・“MJ”・ジョーンズ)、コビー・スマルダーズ(マリア・ヒル)、ジョン・ファヴロー(ハッピー・ホーガン)、ジェイコブ・バタロン(ネッド)、マリサ・トメイ(メイおばさん)、ジェイク・ギレンホール(クエンティン・ベック/ミステリオ)、ほか

「X-MEN:ダークフェニックス」のネタバレあらすじ結末

X-MEN:ダーク・フェニックスの紹介:2019年アメリカ映画。X-MENの1人であるジーンはある事をきっかけに心の闇に潜んでいた彼女のもう1つの人格、ダーク・フェニックスを覚醒させてしまう。これにより他のX-MENですら彼女を制御出来なくなってしまう。X-MENシリーズ第7弾で完結作となるSFアクション大作。前作「X-MEN:アポカリプス」でX-MENを勝利に導いたジーン・グレイの別人格が予想外の事態を引き起こすことになる。
監督:サイモン・キンバーグ キャスト:ジェームズ・マカヴォイ(チャールズ・エグゼビア / プロフェッサーX)、マイケル・ファスベンダー(エリック・レーンシャー / マグニートー)、ジェニファー・ローレンス(レイブン / ミスティーク)、ニコラス・ホルト(ハンク・マッコイ / ビースト)、ソフィー・ターナー(ジーン・グレイ / ダーク・フェニックス)、タイ・シェリダン(スコット・サマーズ / サイクロップス)、アレクサンドラ・シップ(オロロ・モンロー / ストーム)、ジェシカ・チャステイン(謎の女)、コディ・スミット=マクフィー(カート・ワグナー / ナイトクローラー)、エヴァン・ピーターズ(ピーター・マキシモフ / クイックシルバー)、コタ・エバハート(セレーネ)、アンドリュー・ステリン(アリキ)、ほか

「パニッシャー:ウォー・ゾーン」のネタバレあらすじ結末

パニッシャー:ウォー・ゾーンの紹介:2008年アメリカ映画。「パニッシャー:ウォーゾーン」の紹介:この作品はアメリカのアメコミ映画で主演はレイ・スティーヴンソン。人気アメコミ作品の「パニッシャー」の3回目のオリジナル映画化作品ではありますが、今作合わせて3作品とも関連性はありません。3度目となる映画化になってパニッシャーのシンボルマークのドクロマークもアレンジが加えられています。今作の原作はアメコミの「パニッシャー:MAX」というアメコミ連載雑誌です。本作では原作のパニッシャーのヴィラン(敵役)であるキャラクターである「ジグソウ」やソープ刑事やマイクロが登場します。
監督:レクシー・アレクサンダー 出演:レイ・スティーヴンソン(パニッシャー:フランクキャッスル)、ドミニク・ウェスト(ビリー・ルソッティ:ジグソウ)、ジュリー・ベンツ(アンジェラ・ドナテッリ)、コリン・サーモン(ポール・ブディアンスキー)、ダッシュ・ミホク(マーティン・ソープ)、ウェイン・ナイト(マイクロチップ)、ほか

「アベンジャーズ/エンドゲーム」のネタバレあらすじ結末

アベンジャーズ/エンドゲームの紹介:2019年アメリカ映画。マーベル・コミックの人気スーパーヒーローたちが一堂に集結した一大英雄巨編『アベンジャーズ』シリーズ第4作にして完結編であり、『マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)』シリーズ第22作目であるSFアクション超大作です。「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」で、サノスによって人類の半分の命が失われた世界のその後を描いており、生き残ったヒーローたちが力を合わせ、仲間や愛する人達を救うため、最後の決戦に挑む。本作品は2019年公開の全ての映画作品の中でも最重要作品であり、2008年公開の『アイアンマン』から始まったMCUシリーズの集大成にしてグランドフィナーレを飾るに相応しい作品に仕上がっています。なお、本作は『アイアンマン』シリーズおよび初代『キャプテン・アメリカ』シリーズの完結編ともなっています。
監督:アンソニー・ルッソ、ジョー・ルッソ キャスト:ロバート・ダウニー・Jr(トニー・スターク/アイアンマン)、クリス・エヴァンス(スティーブ・ロジャース/キャプテン・アメリカ)、マーク・ラファロ(ブルース・バナー/ハルク)、クリス・ヘムズワース(ソー)、スカーレット・ヨハンソン(ナターシャ・ロマノフ/ブラック・ウィドウ)、ジェレミー・レナー(クリント・バートン/ホークアイ)、ドン・チードル(ジェームズ・“ローディ”・ローズ/ウォーマシン)、ポール・ラッド(スコット・ラング/アントマン)、グウィネス・パルトロー(ペッパー・ポッツ)、ジョシュ・ブローリン(サノス)ほか

「キャプテン・マーベル」のネタバレあらすじ結末

キャプテン・マーベルの紹介:2019年アメリカ映画。マーベル・スタジオが贈る初の女性ヒーロー単独主役映画。物語はアベンジャーズ誕生以前の1990年代にさかのぼる。宇宙帝国クリーの特殊部隊スターフォースに所属する女性戦士ヴァースは事故で過去を失い、クリーの軍人として生きていたが、任務中に地球に落下。断片的に残された記憶から自分が地球人キャロルであったことを知る。地球では姿を自由に変える異星人スクラルが暗躍し、キャロルは若き日のニック・フューリーと共に戦いに立ち向かっていく。「より高く、より遠く、より速くー」マーベル・ヒーローの中でも最強と言われる超人的なパワーだけでなく、困難に立ち向かっていく心の強さを持つヒーロー。
監督:アンナ・ボーデン/ライアン・フレック 出演:ブリー・ラーソン(キャプテン・マーベル/キャロル・ダンヴァース)、サミュエル・L・ジャクソン(ニック・フューリー)、ベン・メンデルソーン(タロス/ケラー)、ジャイモン・フンスー(コラス)、リー・ペイス(ロナン・ジ・アキューザー)、ラッシャーナ・リンチ(マリア・ランボー)、ジェンマ・チャン(ミン・エルヴァ)、アネット・ベニング(ウェンディ・ローソン/スプリーム・インテリジェンス)、クラーク・グレッグ(フィル・コールソン)、ジュード・ロウ(ヨン・ロッグ)ほか

「スパイダーマン:スパイダーバース」のネタバレあらすじ結末

スパイダーマン:スパイダーバースの紹介:2018年アメリカ映画。マーベル・コミックを代表する人気ヒーロー“スパイダーマン”の映画版第7作にしてシリーズ初となる3DCGアニメ作品です。本作では原作にも登場する2代目スパイダーマンことマイルス・モラレスが主人公となり、無数の並行世界から現れた複数のスパイダーマンたちと手を組んで巨悪に立ち向かう姿を描きます。第91回アカデミー賞の長編アニメーション部門を受賞しています。
監督:ボブ・ペルシケッティ、ピーター・ラムジー、ロドニー・ロスマン 声の出演:シャメイク・ムーア(マイルス・モラレス/スパイダーマン)、ジェイク・ジョンソン(ピーター・B・パーカー/スパイダーマン)、ヘイリー・スタインフェルド(グウェン・ステイシー/スパイダーグウェン)、ニコラス・ケイジ(ピーター・パーカー/スパイダーマン・ノワール)、マハーシャラ・アリ(アーロン・デイヴィス/プラウラー)、ゾーイ・クラヴィッツ(メリー・ジェーン・“MJ”・ワトソン)、ブライアン・タイリー・ヘンリー(ジェファーソン・デイヴィス)、リリー・トムリン(メイ・パーカー)、ルナ・ローレン・ベレス(リオ・モラレス)、ジョン・ムレイニー(ピーター・ポーカー/スパイダー・ハム)、キミコ・グレン(ペニー・パーカー)、リーヴ・シュレイバー(ウィルソン・フィスク/キングピン)ほか

「ベイマックス/帰ってきたベイマックス」のネタバレあらすじ結末

ベイマックス/帰ってきたベイマックスの紹介:2017年アメリカ映画。ディズニーの大ヒットアニメ映画『ベイマックス』(2014年)とその続編であるテレビアニメシリーズ『ベイマックス・ザ・シリーズ』の間を繋ぐスペシャルエピソードです。映画での死闘の後、大学生となった主人公ヒロは死んだはずのベイマックスを復活させ、仲間たちと共にヒーローチーム“ビッグ・ヒーロー6”を結成して悪との新たな戦いに臨んでいきます。
監督:ステファン・ヘンベルド、ベン・ユウォノ 声の出演:ライアン・ポッター(ヒロ・ハマダ)、スコット・アドシット(ベイマックス)、ジェネシス・ロドリゲス(ハニー・レモン)、ブルックス・ウィーラン(フレッド)、ジェイミー・チャン(ゴー・ゴー)、カリー・ペイトン(ワサビ)、マーヤ・ルドルフ(キャス・ハマダ)、ダニエル・ヘニー(タダシ・ハマダ)ほか

1 2 3 4 5

キーワードから探す

TOP↑