キーラ・ナイトレイ映画一覧

「ジャケット」のネタバレあらすじ結末

ジャケットの紹介:2005年アメリカ映画。元軍人のジャックは、戦地を生き延びるも記憶障害を抱えてしまい、巻き込まれた殺人事件の犯人として精神病院に送られてしまいます。治療の一環として拘束ジャケットを着せられたジャックは、死体を管理する引き出しに閉じ込められます。気を失ったジャックが目覚めたのは15年後の未来でした。ジョージクルーニーが製作に携わったサイコロジカルスリラーです。
監督:ジョン・メイバリー 出演者:エイドリアン・ブロディ(ジャック・スタークス)、キーラ・ナイトレイ(ジャッキー・プライス)ほか

「つぐない」のネタバレあらすじ結末

つぐないの紹介:2007年イギリス映画。イギリス人作家イアン・マキューアンの小説「贖罪」を映画化した恋愛映画です。官僚の娘であるセシーリアとその使用人の息子であるロビーとの身分の差を越えて結ばれますが、セシーリアの妹無頼おニーによる偽りの証言で、二人は別れ離れになってしまいます。再会を夢見る二人と、自分の責任を感じるブライオニーの心を繊細に描いた作品です。
監督:ジョー・ライト 出演者:キーラ・ナイトレイ(セシーリア)、ジェームズ・マカヴォイ(ロビー)、シアーシャ・ローナン(ブライオニー)ほか

「穴」のネタバレあらすじ結末

の紹介:2001年イギリス映画。学校行事をサボろうとした4人の高校生は防空壕に入りますが閉じ込められてしまい18日間行方不明となります。4人のうちの一人リズは何が起こったのかを精神科医のフィリッパに話始めますが、それはまったく現実とはちがった話でした。閉じ込められた4人に起きた出来事が少しずつ明るみなります。
監督:ニック・ハム 出演者:ソーラ・バーチ(リズ)、デズモンド・ハリントン(マイク)、ダニエル・ブロックルバンク(マーティン)、キーラ・ナイトレイ(フランキー)、ローレンス・フォックス(ジェフ)ほか

「わたしを離さないで」のネタバレあらすじ結末

わたしを離さないでの紹介:2010年イギリス,アメリカ映画。2017年のノーベル文学賞を受賞した日系イギリス人作家カズオ・イシグロの同名小説を原作とし、不治の病の治療が可能となった世界で、小さな学園でともに育った三人の男女の物語。三人の課せられた、残酷な生きる目的と絆の物語。
監督:マーク・ロマネク 原作:カズオ・イシグロ 出演:キャリー・マリガン(キャシー)、アンドリュー・ガーフィールド(トミー)、キーラ・ナイトレイ(ルース)、シャーロット・ランプリング(エミリ先生)、ほか

「プライドと偏見」のネタバレあらすじ結末

プライドと偏見の紹介:2005年イギリス映画。イギリスの田舎町を舞台に、身分違いの男女の恋を描いたラブ・ロマンス。互いに惹かれあいながらも、なかなか本心を素直に伝えることのできない、不器用な主人公たちに共感する作品となっています。
監督:ジョー・ライト 出演者:キーラ・ナイトレイ(エリザベス)、マシュー・マクファディン(ダーシー)、ロザムンド・パイク(ジェーン)、サイモン・ウッズ(ピングリー)ほか

「エベレスト 3D」のネタバレあらすじ結末

エベレスト 3Dの紹介:2015年アメリカ映画。1996年5月にエベレストで発生、12人の犠牲者を出した大量遭難事故を実話に基づいて映画化した作品です。事故に巻き込まれた登山隊の隊員たち顛末を家族との絆も含めて描いています。
監督:バルタザール・コルマウクル 出演者:ジェイソン・クラーク(ロブ・ホール)、ジョシュ・ブローリン(ベック・ウェザーズ)、ジョン・ホークス(ダグ・ハンセン)、ロビン・ライト(ロビン・ライト)、エミリー・ワトソン(ヘレン・ウィルトン)ほか

「はじまりのうた」のネタバレあらすじ結末

はじまりのうたの紹介:2013年アメリカ映画。音楽をテーマにしたヒューマンドラマで恋人に裏切られて失意を抱えつつバーで歌う女性が、ある音楽プロデューサーの男と出会い思わぬ運命をたどる。少し迷っても大丈夫だよ、きっとよくなると慰めてくれる感じがする映画です。
監督:ジョン・カーニー 出演:キーラ・ナイトレイ(グレタ)、マーク・ラファロ(ダン)、ヘイリー・スタインフェルド(バイオレット)、アダム・レヴィーン(デイヴ)、ジェームズ・コーデン(スティーヴ)ほか

「エージェント:ライアン」のネタバレあらすじ結末

エージェント:ライアンの紹介:2014年アメリカ映画。アメリカの小説家トム・クランシー原作の“ジャック・ライアン”シリーズの映画版第5作目にあたるアクション・サスペンス作品です。時代設定をアメリカ同時多発テロ以降に設定した事実上のリブート作となり、主人公ジャック・ライアンがCIAエージェントになるまでのエピソードが語られます。これまでアレック・ボールドウィン、ハリソン・フォード、ベン・アフレックが演じてきたジャック・ライアンを本作ではクリス・パインが演じ、監督のケネス・ブラナーも悪役として出演しています。
監督:ケネス・ブラナー 出演者:クリス・パイン(ジャック・ライアン)、キーラ・ナイトレイ(キャシー・ミュラー)、ケビン・コスナー(トマス・ハーパー)、ケネス・ブラナー(ヴィクトル・チェレヴィン)、アウレック・アットゴフ(アレクサンドル・ボロフスキー)、ペーター・アンデション(ディミトリ・レムコフ)、ノンソー・アノジー(エムビー・デン)、コルム・フィオール(ロブ・ベリンガー)、ジェンマ・チャン(エイミー・チャン)、デヴィッド・ペイマー(ディクソン・ルイス)、カレン・デヴィッド(FBI捜査長官)、ミハイル・バリシニコフ(ソローキン内務大臣)ほか

「パイレーツ・オブ・カリビアン3/ワールド・エンド」のネタバレあらすじ結末

パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールドエンド の紹介:2007年アメリカ映画。前作パイレーツオブカリビアン「デッドマンズチェスト」と同時に製作された後編でシリーズ3作目です。デイヴィの心臓を手に入れ、海賊たちの弾圧に乗り出した東インド貿易会社のベケット卿。その横暴に立ち向かうためには、死んだと思われていた大海賊ジャック・スパロウを擁する、選ばれし9人の「伝説の海賊」の力を必要としていました。
監督:ゴア・ヴァービンスキー 出演:ジョニー・デップ(ジャック・スパロウ)、オーランド・ブルーム(ウィル・ターナー)、キーラ・ナイトレイ(エリザベス・スワン)、ジェフリー・ラッシュ(ヘクター・バルボッサ)、チョウ・ユンファ(サオ・フェン)、ビル・ナイ(デイヴィ・ジョーンズ)、トム・ホランダー(カトラー・ベケット)、キース・リチャーズ(ティーグ・スパロウ)ほか

「パイレーツ・オブ・カリビアン2/デッドマンズ・チェスト」のネタバレあらすじ結末

パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェストの紹介:2006年アメリカ映画。パイレーツオブカリビアン2作目。ジョニー・デップの代表作である人気海賊アドベンチャーシリーズの第2弾で、前作の戦いから3年後を舞台に、愛船ブラックパール号を取り戻したジャック・スパロウが、13年前に交わした「血の契約」を巡る戦いに巻き込まれていきます。
監督:ゴア・ヴァービンスキー 出演者:ジョニー・デップ(ジャック・スパロウ)、オーランド・ブルーム(ウィル・ターナー)、キーラ・ナイトレイ(エリザベス・スワン)、ビル・ナイ(デイヴィ・ジョーンズ)、ステラン・スカルスガルド(ビル・ターナー)、ジャック・ダヴェンポート(ジェームズ・ノリントン)、トム・ホランダー(カトラー・ベケット)ほか

「パイレーツ・オブ・カリビアン1/呪われた海賊たち」のネタバレあらすじ結末

パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たちの紹介:2003年アメリカ映画。パイレーツオブカリビアン1作目。ディズニーランドのアトラクション、カリブの海賊を元に、ディズニーがジョニーデップを主演に、今まであった血生臭い海賊から、楽しい海賊像を作ることに成功した映画です。伝説の海賊ジャック・スパロウが、呪いの込められた金貨と自らの船を巡ってかつての宿敵と対決します。
監督:ゴア・ヴァービンスキー 出演者:ジョニー・デップ(ジャック・スパロウ)、オーランド・ブルーム(ウィル・ターナー)、キーラ・ナイトレイ(エリザベス・スワン)、ジェフリー・ラッシュ(ヘクター・バルボッサ)、ジョナサン・プライス(ウェザビー・スワン)、ジャック・ダヴェンポート(ジェームズ・ノリントン)、ケヴィン・マクナリー(ジョシャミー・ギブス)ほか

1 2

キーワードから探す

TOP↑