ケビン・コスナー映画一覧

ケビン・コスナーが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「守護神」のネタバレあらすじ結末

守護神の紹介:2006年アメリカ映画。アメリカ沿岸警備隊の救難士養成校を舞台に、“守護神”の異名を持つ元警備隊員の教官と過去を抱えた訓練生との心の交流をケビン・コスナーとアシュトン・カッチャーのダブル主演で描いたヒューマンドラマです。
監督:アンドリュー・デイヴィス 出演者:ケビン・コスナー(ベン・ランドール)、アシュトン・カッチャー(ジェイク・フィッシャー)、ニール・マクドノー(ジェイク・スキナー)、メリッサ・サージミラー(エミリー・トーマス)、クランシー・ブラウン(ウィリアム・ハドレー)、セーラ・ウォード(ヘレン・ランドール)、ボニー・ブラムレット(マギー・マクグレン)、ブライアン・ジェラティ(ビリー・ホッジ)、オマリ・ハードウィック(カール・ビリングス)、ジョン・ハード(フランク・ラーソン)ほか

「JFK」のネタバレあらすじ結末

JFKの紹介:1991年アメリカ映画。「いま、アメリカ騒然!」と、ケネディ大統領暗殺事件の真相究明に執念を燃やす地方検事ジム・ギャリソンの姿を描いた現代ミステリードラマです。ギャリソン自身の著作をベースに、唯一の訴訟「クレー・ショー裁判」に至る捜査を、事実に虚構を織り交ぜた映像で綴るフィクション大作です。本作は第64回アカデミー賞撮影賞、編集賞を受賞しました。
監督:オリヴァー・ストーン 出演:ケヴィン・コスナー(ジム・ギャリソン)、シシー・スペイセク(リズ・ギャリソン)、ジョー・ペシ(デイヴィッド・フェリー)、ゲイリー・オールドマン(リー・ハーヴェイ・オズワルド)、トミー・リー・ジョーンズ(クレー・ショー)、ジャック・レモン(ジャック・マーティン)、ドナルド・サザーランド(X大佐)、ケヴィン・ベーコン(ウィリー・オキーフ)、

「ポストマン」のネタバレあらすじ結末

ポストマンの紹介:1997年アメリカ映画。荒廃した2013年の世界。人々は各地に小さな村落を作って暮らしていた。アメリカ西海岸オレゴン周辺で恐怖と暴力を武器に各地から食糧を取り上げるホロニスト軍団と、ひょんなことから郵便配達夫になった男が戦うことに…。
監督:ケヴィン・コスナー 出演:ケヴィン・コスナー(ポストマン)、ウィル・パットン(ベスレヘム将軍)、ラレンズ・テイト(フォード・リンカーン・マーキュリー)、オリヴィア・ウィリアムズ(アビー)、ジェームズ・ルッソ(アイダホ)、トム・ペティ(ブリッジシティ市長)、スコット・ベアストウ(ルーク)、ほか

「ホイットニー オールウェイズ・ラヴ・ユー」のネタバレあらすじ結末

ホイットニー ~オールウェイズ・ラヴ・ユー~の紹介:2018年イギリス映画。1980年代から90年代の最盛期、アメリカの人気歌手であったホイットニー・ヒューストン。多くの曲をヒットさせ主演映画も大ヒットします。日本を始め世界中で公演を行い、世界を代表する歌手でもありました。幸せな結婚をした彼女も夫の暴力に悩み、麻薬と酒に溺れ健康を害し人気低落、2012年に悲劇的な最後を遂げます。『ホイットニー ~オールウェイズ・ラヴ・ユー~』は大スターの栄光と悲劇を親族、関係者の証言で振り返るドキュメンタリー映画。スターであることの栄光と影、酒や麻薬の恐ろしさ、家族愛などを考えさせられます。
監督:ケヴィン・マクドナルド 出演:ホイットニー・ヒューストン、ボビー・ブラウン(夫)、クリスチナ・ボビー・ブラウン(娘)、シシー・ヒューストン(母)、ケヴィン・コスナー(共演者)他

「スコーピオン」のネタバレあらすじ結末

スコーピオンの紹介:2001年アメリカ映画。カート・ラッセルとケビン・コスナーのダブル主演によるクライム・バイオレンス・アクションです。エルビス・プレスリーの功績を讃えるイベント真っ盛りのラスベカスを舞台に、プレスリー好きな悪党たちがカジノから奪った大金を巡って対立する様を描きます。
監督:デミアン・リヒテンスタイン 出演者:カート・ラッセル(マイケル・ゼーン)、ケビン・コスナー(トーマス・J・マーフィ)、コートニー・コックス(シビル・ウィングロー)、デヴィッド・ケイ(ジェシー・ウィングロー)、クリスチャン・スレーター(ハンソン)、デヴィッド・アークエット(ガス)、ハウイー・ロング(ジャック)、ケヴィン・ポラック(FBI捜査官ダミトリー)、アイス・T(ハミルトン)、ジョン・ロヴィッツ(ジェイ・ピーターソン)、トーマス・ヘイデン・チャーチ(クイグリー)、ボキーム・ウッドバイン(フランクリン)ほか

「Mr.ブルックス 完璧なる殺人鬼」のネタバレあらすじ結末

Mr.ブルックス 完璧なる殺人鬼の紹介:2007年アメリカ映画。ビジネスマンとしても成功し、良き家庭人でもある主人公が、殺人への衝動が抑えきれない別人格との間で葛藤し、連続殺人鬼となって苦悩する姿を描く。
監督:ブルース・A・エヴァンス 出演:ケヴィン・コスナー(アール・ブルックス)、デミ・ムーア(トレーシー・アトウッド)、デイン・クック(ミスター・スミス)、ウィリアム・ハート(マーシャル)、マージ・ヘルゲンバーガー(エマ・ブルックス)、ダニエル・パナベイカー(ジェイン・ブルックス)、レイコ・エイルスワース(シェイラ)、ほか

「13デイズ」のネタバレあらすじ結末

13デイズの紹介:2000年アメリカ映画。1962年に実際に起こったキューバ危機をテーマにしたケネディ大統領と政府閣僚、軍幹部らの秘密裏に行われた会議の様子を、大統領補佐官のオドネルの視点を通して描いた作品です。好戦的な軍幹部の描写に、クレームが出たという事です。
監督:ロジャー・ドナルドソン 出演:ケビン・コスナー(ケネス・オドネル大統領特別補佐官)、ブルース・グリーンウッド(ジョン・F・ケネディ大統領)、スティーヴン・カルプ(ロバート・ケネディ司法長官)、ディラン・ベイカー(ロバート・マクナマラ国防長官)、ビル・スミトロヴィッチ(マクスウェル・D・テイラー陸軍大将・統合参謀本部議長)、マイケル・フェアマン(アドレー・スティーブンソン国連大使)、ヘンリー・ストロジャー(ディーン・ラスク国務長官)、ほか

「モリーズ・ゲーム」のネタバレあらすじ結末

モリーズ・ゲームの紹介:2017年アメリカ映画。世界中だれもが知るハリウッドスターや映画監督、一流スポーツ選手、ミュージシャン、そして大物実業家までもが顧客リストに並ぶ、秘密のポーカールームが実在した。オーナーはなんの後ろ盾もない26歳の独身女性、モリー・ブルーム。しかし、栄華を極めた末、違法なゲームを主催した容疑でFBIより逮捕されることとなる。そのモリー・ブルームが2014年に刊行したベストセラー回顧録をベースに、これまで自伝で語られることのなかった父親との複雑な関係などを織り交ぜ、セレブたちを虜にしたスリリングな駆け引きの舞台と裏側を描く。
監督:アーロン・ソーキン 出演:ジェシカ・チャステイン(モリー・ブルーム)、イドリス・エルバ(チャーリー・ジャフィー)、 ケヴィン・コスナー(モリーの父)、マイケル・セラ(プレイヤーX)、ジェレミー・ストロング(ディーン・ギース)、クリス・オダウド(ダグラス・ダウニー)、ビル・キャンプ(ハーラン)、ブライアン・ダーシー・ジェームズ(ブラッド)ほか

「追いつめられて」のネタバレあらすじ結末

追いつめられての紹介:1987年アメリカ映画。1948年製作「大時計」のリメイクです。海軍将校トム・ファレル中佐と恋仲となった女性スーザンが殺害されます。事件の担当になったトムですが、残された証拠は自身に繋がっていきます。追いつめられたトムは、ペンタゴンに渦巻く陰謀に巻き込まれていき、物語は意外な展開を迎えます。若かりし頃のK・コスナーの軍服姿に惚れ惚れします。
監督:ロジャー・ドナルドソン 出演者:ケヴィン・コスナー(トム・ファレル)、ジーン・ハックマン(デヴィッド・ブライス)、ショーン・ヤング(スーザン)、ウィル・パットン(スコット・プリチャード)、ジョージ・ズンザ(サム・ヘッセルマン)

「ロビン・フッド (1991年)」のネタバレあらすじ結末

ロビン・フッドの紹介:1991年アメリカ映画。幾度となく映画化されてきた中世英国の国民的英雄ロビン・フッドの半生を描いた作品です。12世紀イギリス。十字軍の遠征から帰ったロビンは変わり果てた故郷の姿を見る。圧政を強いる代官に立ち向かうためロビンは仲間と共に戦いを始める。
監督:ケヴィン・レイノルズ 出演者:ケビン・コスナー(ロビン・フッド)、モーガン・フリーマン(アジーム)、クリスチャン・スレータ(ウィル・スカーレット)、メアリー・エリザベス・マストラントニオ(レディ・マリアン)、アラン・リックマン(ジョージ) ほか

「パーフェクトワールド」のネタバレあらすじ結末

パーフェクト ワールドの紹介:1993年アメリカ映画。1963年のテキサスを舞台に、脱獄犯と人質の幼い少年との心の交流、そして彼らを追う警察署長の姿を描いた切ないクライム・ヒューマンドラマです。
監督:クリント・イーストウッド 出演:ケヴィン・コスナー(ブッチ・ヘインズ)、クリント・イーストウッド(レッド・ガーネット)、T・J・ローサー(フィリップ・ペリー)、ローラ・ダーン(サリー・ガーバー)、ほか

「ドラフト・デイ」のネタバレあらすじ結末

ドラフト・デイの紹介:2014年アメリカ映画。新たなシーズンを向かえるNFL各チームでは、新たな戦力を向かえるべく来るべくドラフトに向かって盛り上がっていた。昨年成績の振るわなかったブラウンズは、今年のドラフトに対し万全の研究を行ってきたが、その直前、他のチームから今年最も有力なクォーターバック獲得の取引を持ち掛けられる。指名権をトレード材料とするアメリカのドラフトを舞台に繰り広げられる駆け引きを描いた異色スポーツ映画。
監督:アイヴァン・ライトマン 出演:サニー・ウィーバー・Jr(ケヴィン・コスナー)、アリ・バーカー(ジェニファー・ガーナー)、ヴィンス・ペン(デニス・リアリー)、アンソニー・モリーナ(フランク・ランジェラ)、バーブ・ウィーバー(エレン・バースティン)ほか

「ドリーム」のネタバレあらすじ結末

ドリームの紹介:2016年アメリカ映画。1960年代、アメリカとソ連は激しい冷戦を繰り広げていました。宇宙においても、どちらが先に月に人を送るか、激しい競争、スペースレースを行っていました。まだ、黒人が差別されていたアメリカ、しかも女性の社会進出が難しかった時代に、黒人女性たちが差別や偏見と戦いながら、NASAの有人宇宙飛行を実現するマーキュリー計画に大きく貢献する姿を描いた伝記映画です。
監督:セオドア・メルフィ 出演:タラジ・P・ヘンソン(キャサリン・G・ジョンソン)、オクタヴィア・スペンサー(ドロシー・ヴォーン)、ジャネール・モネイ(メアリー・ジャクソン)、ケヴィン・コスナー(アル・ハリソン)、キルステン・ダンスト(ヴィヴィアン・ミッチェル)、ほか

「ワイアット・アープ」のネタバレあらすじ結末

ワイアット・アープの紹介:1994年アメリカ映画。アメリカ西部開拓時代の伝説的な保安官ワイアット・アープの生涯をケビン・コスナー製作・主演で描いた大作西部劇です。史実に忠実に描かれ、数奇な運命を辿ったワイアットがやがて名高い「OK牧場の決闘」へと突き進んでいく過程を描いています。
監督:ローレンス・カスダン 出演者:ケビン・コスナー(ワイアット・アープ)、デニス・クエイド(ドク・ホリデイ)、ジーン・ハックマン(ニコラス・ポーター・アープ)、マイケル・マドセン(ヴァージル・アープ)、デヴィッド・アンドリュース(ジェームズ・アープ)ほか

「メッセージ・イン・ア・ボトル」のネタバレあらすじ結末

メッセージ・イン・ア・ボトルの紹介:1999年アメリカ映画。全米で170万部のベストセラーとなったニコラス・スパークスの同名小説を原作としたラブストーリーです。浜辺に打ち上げられたメッセージ入りの瓶をある女性が拾ったことをきっかけに、出逢うはずのなかった二人の恋が始まりますが…。
監督:ルイス・マンドーキ 出演者:ケビン・コスナー(ギャレット・ブレイク)、ロビン・ライト・ペン(テリーサ・オズボーン)、ポール・ニューマン(ドッジ・ブレイク)、ジョン・サヴェージ(ジョニー・ランド)、イリーナ・ダグラス(リーナ・ポール)ほか

1 2
TOP↑