Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

樹木希林映画一覧

樹木希林が出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「刑事物語」のネタバレあらすじ結末

刑事物語の紹介:1982年日本映画。武田鉄也が主演の刑事ものアクション映画です。脇を豪華俳優が固め、武田鉄也がドジでマヌケな刑事を演じます。そして一旦怒ると、ジャッキー・チェンばりのカンフーで相手を打ちのめすと言う、カンフーアクションも見どころです。
監督:渡邊祐介 出演者:武田鉄矢(片山元)、有賀久代(三沢ひさ子)、仲谷昇(九鬼刑事課長)、小林昭二(藤堂一課係長)、三上真一郎(田沢刑事)、岡本富士太(沢木刑事)、樹木希林(矢代スミ刑事課庶務)、花沢徳衛(工藤卓)、草薙幸二郎(秋吉一人(クリーニング会社社長))、河原裕昌(三木本伸吉)、田中邦衛(村上努)、西田敏行(種井(詐欺師))、高倉健(三上英次)ほか

「モリのいる場所」のネタバレあらすじ結末

モリのいる場所の紹介:2017年日本映画。「画壇の仙人」との異名を持つ画家・熊谷守一(1880~1977)。彼が晩年の30年間をほとんど外に出ずに過ごした東京の自宅を舞台に、彼と妻とのある1日を史実とフィクションを織り交ぜて描いたヒューマンドラマです。
監督:沖田修一 出演者:山崎努(熊谷守一)、樹木希林(熊谷秀子)、加瀬亮(藤田武)、吉村界人(鹿島公平)、光石研(朝比奈)、青木崇高(岩谷)、吹越満(水島)、池谷のぶえ(美恵)、きたろう(荒木)、林与一(昭和天皇)、三上博史(知らない男)、嶋田久作(文部大臣)ほか

「万引き家族」のネタバレあらすじ結末

万引き家族の紹介:2018年日本映画。「誰も知らない」「そして父になる」の是枝裕和監督が、犯罪を通して繋がっていく家族の物語をオリジナル脚本で映画化。2018年第71回カンヌ国際映画祭で日本映画としては21年ぶりとなる、最高賞パルムドールを受賞した話題作。リリー・フランキー、安藤さくら、樹木希林等、ベテラン俳優に、松岡茉優や城桧吏ら期待の若手俳優が出演。
監督:是枝裕和 出演:リリー・フランキー(柴田治)、安藤サクラ(柴田信代)、城桧吏(柴田祥太)、松岡茉優(柴田亜紀)、樹木希林(柴田初枝)、佐々木みゆ(ゆり / 凛)、池松壮亮(4番さん)、柄本明(川戸頼次)、高良健吾(前園巧)、池脇千鶴(宮部希衣)、ほか

「サイドカーに犬」のネタバレあらすじ結末

サイドカーに犬の紹介:2007年日本映画。長嶋有の同名小説を映画化した作品。突如現れた父の恋人の女性ヨーコと少女の薫が心を通い合わせていく様子を描いたヒューマンドラマです。
監督:根岸吉太郎 出演者:竹内結子(ヨーコ)、古田新太(近藤誠)、松本花奈(近藤薫(20年前))、谷山毅(近藤透(20年前))、ミムラ(近藤薫(現在))、鈴木砂羽(近藤良子)、伊勢谷友介(部屋の下見をする客)、樹木希林(増田トメノ)、椎名桔平(吉村)、ほか

「いつかギラギラする日」のネタバレあらすじ結末

いつかギラギラする日の紹介:1992年日本映画。神崎が率いる強盗団は、幾つもの銀行を襲い、大金を略奪したが一度の逮捕されず潜伏し、ほとぼりが冷めるのを待った。北海道に潜伏している仲間から良い仕事があると呼び出され、仲間が引き込んだ若者、角町の情報従い強盗を計画、実行に移し成功したが、獲物の総額5千万円と予定の四分の一しか手に入らず、それが元で角町が裏切り、金を独り占めした。仲間を殺され金を奪われた神崎は落とし前をつけるべく、地元のヤクザ、警察を巻き込み角町に襲い掛かる。深作欣二監督の下、北海道で荻原健一と木村一八が凶暴なまでに銃撃戦とカーチェイスを繰り広げるクライムアクション映画、
監督:深作欣二 出演者:萩原健一(神崎)、木村一八(角町)、千葉真一(柴)、荻野目慶子(麻衣)、多岐川裕美(美里)、石橋蓮司(井村)、原田芳雄(野地)、安岡力也、樹木希林、ほか

「Returner リターナー」のネタバレあらすじ結末

Returner リターナーの紹介:2002年日本映画。裏稼業リターナーの男と、人類を危機から救うために未来からやって来た少女が繰り広げる戦いを描くSFアクション。後にALWAYS三丁目の夕日シリーズで日本映画のVFXの第一人者と知られる山崎貴監督作品の第二弾。主演は金城武と鈴木杏。
監督:山崎貴 出演:金城武(ミヤモト)、鈴木杏(ミリ)、樹木希林(情報屋・謝)、岸谷五朗(溝口)、ほか

「風の又三郎 ガラスのマント」のネタバレあらすじ結末

風の又三郎 ガラスのマントの紹介:1989年日本映画。冨田勲の音楽と共に野山やサーカスのテントの中を吹き渡る風と共にこの映画は始まる。伊藤俊也監督は宮沢賢治の生涯にその作品を織り交ぜたミュージカル映画を願ったが、実現可能な企画として『風の又三郎』の映画化が選ばれた。ただし、原作にはない少女かりんがこの映画のヒロイン。
監督:伊藤俊也 出演者:早勢美里(かりん)、小林悠(又三郎)、志賀淳一(一郎)、雨笠利幸(嘉助)、檀ふみ(かりんの母)、草刈正雄(又三郎の父/かりんの父)、樹木希林(おたね婆さん)ほか

「ゴースト もういちど抱きしめたい」のネタバレあらすじ結末

ゴースト もういちど抱きしめたいの紹介:2010年日本映画。1990年に公開され大ヒットを記録したハリウッド映画『ゴースト/ニューヨークの幻』を、舞台を日本に置き換えてリメイクしたファンタジー・ラブストーリーです。企業経営者の女性は韓国人青年と恋に落ちますが事件に巻き込まれて死んでしまい、ゴーストとして彼の前に現れます。
監督:大谷太郎 出演者:松嶋菜々子(星野七海)、ソン・スンホン(キム・ジュノ)、鈴木砂羽(上条未春)、橋本さとし(黒田竜二)、芦田愛菜(少女のゴースト)、樹木希林(運天五月)ほか

「光(河瀬直美監督)」のネタバレあらすじ結末

の紹介:2017年日本映画。2015年公開の映画『あん』の監督・河瀨直美と主演・永瀬正敏が再びタッグを組んだヒューマンドラマです。目の病により失明寸前の天才カメラマンと、視覚障がい者向けの映画用音声ガイドの原稿を手掛ける若き女性との出会い、そして出会いを機に何かが変わっていく女性の心境を描きます。
監督:河瀨直美 出演者:永瀬正敏(中森雅哉)、水崎綾女(尾崎美佐子)、神野三鈴(智子)、小市慢太郎(明俊)、白川和子(美佐子の母)、藤竜也(北林監督)、樹木希林(音声ガイダンスの声)ほか

「大木家のたのしい旅行」のネタバレあらすじ結末

大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇の紹介:2010年日本映画。新婚なのに、倦怠期の夫婦のような咲と信義、新居に越したと同時に消えた炊飯ジャーを追って、地獄の新婚旅行に出発します。一筋縄では行かない地獄の住人たちとの出会いに、咲と信義の関係性は徐々に変わっていきます。
監督:本田隆一 出演者:竹野内豊(大木信義)、水川あさみ(大木咲)、樹木希林(占い師の女)、片桐はいり(但馬)、荒川良々(いいじま)、橋本愛(ヨシコ)、でんでん(赤い人)、ほか

「転校生」のネタバレあらすじ結末

転校生の紹介:1982年日本映画。山中恒の児童小説「おれがあいつであいつがおれで」を大林宣彦監督が映像化した青春ドラマで、「尾道三部作」のうちの1作品です。2007年にはリメイクされています。尾道を舞台に、ひょんなことから心と体が入れ替わってしまった少年と転校生の少女が引き起こす騒動を描いています。
監督:大林宣彦 出演者:尾美としのり(斉藤一夫)、小林聡美(斉藤一美)、佐藤允(斉藤明夫)、樹木希林(斉藤直子)、宍戸錠(斉藤孝造)ほか

「39 刑法第三十九条」のネタバレあらすじ結末

39 刑法第三十九条の紹介:1999年日本映画。刑法39条1項心神喪失者の行為は、罰しない。2項心神耗弱者の行為は、その刑を減軽する。心神喪失を扱ったこの刑法39条を軸に争われる本格法廷サスペンス。監督はサスペンス映画の雄、森田芳光。法により守られる加害者の権利と虐げられた被害者の感情の相克を真正面から描いた重厚な物語。
監督:森田芳光 出演:小川香深(鈴木京香)、柴田真樹(堤真一)、名越文雄(岸部一徳)、小川祐子(吉田日出子)、工藤実可子(山本未來)、工藤啓輔/砂岡明(勝村政信)、ホームレスの手塚(笹野高史)、中村刑事(竹田高利)、畑田修(入江雅人)、畑田恵(春木みさよ)、館林刑事(菅原大吉)、裁判長(田村忠雄)、漁村の村松(井上博一)、犬山の警官(ラッキィ池田)、柴田利光(國村隼)、長村時雨(樹木希林)、草間道彦(江守徹)、藤代実行(杉浦直樹)、ほか

「ツナグ」のネタバレあらすじ結末

ツナグの紹介:2012年日本映画。「ツナグ」とは死者とその縁ある者を1度だけ対面させる仲介人です。その「ツナグ」の見習いとしての歩美と師匠であり、祖母でもあるアイ子は3名からの依頼を受けます。1人目は母の死をめぐって家族との間に溝ができた男性、2人目は親友の死に対して聞きたいことがあるという女子高生、3人目は結婚の約束をした女性を探す男性です。歩美は見習いとして「ツナグ」の仕事をこなしていきますが、見習いから正式に「ツナグ」を継承する際、自分の父親の死について秘密を知ります。直木賞作家で辻村深月さんの小説を映画化した作品です。主人公に松坂桃李さん、祖母役に樹木希林さんが演じています。
監督:平川雄一朗 出演:松坂桃李(渋谷歩美)、樹木希林(渋谷アイ子)、佐藤隆太(土谷功一)、桐谷美玲(日向キラリ)、橋本愛(嵐美砂)、ほか

「ブレイブストーリー」のネタバレあらすじ結末

ブレイブストーリーの紹介:2006年日本映画。その日ワタルにとっては最悪な1日となった。父が家を出、同じ学校の生徒に殴られ、帰ると母が倒れていた。しかしそれがワタルの転機となった。不思議な転校生と出会いある場所への扉を見つけたワタル、その扉はビジョンと呼ばれる異世界へ通じる扉だった。ビジョンへ行くと運命を変えられる、ワタルはその転校生ミツルからそう教えられ扉をくぐる覚悟を決める。原作は作家宮部みゆきの同名小説「ブレイブ・ストーリー」。
監督:千明孝一 声の出演:松たか子(三谷亘/ワタル)、大泉洋(キ・キーマ)、常盤貴子(カッツ)、ウエンツ瑛士(芦川美鶴/ミツル)、今井美樹(運命の女神)、田中好子(三谷邦子)、伊東四朗(ラウ導師)、樹木希林(オンバ)、ほか

「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」のネタバレあらすじ結末

東京タワー オカンとボクと、時々、オトンの紹介:2007年日本映画。母と子、母と父、父と子というどこにでもある関係を、作者のリリーフランキーの実体験に乗せて、お互いが持ち続けてた真っすぐな愛を描いた感動ドラマ。リリー・フランキーが亡き母への思いを綴り200万部以上の大ベストセラーとなった自伝小説「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」の映画化作品。
監督:松岡錠司 出演:オダギリジョー(ボク)、樹木希林(オカン)、内田也哉子(若い頃のオカン)、松たか子(ミズエ)、小林薫(オトン)、冨浦智嗣(中学、高校時代のボク)、田中祥平(小学校時代のボク)、谷端奏人(幼少時代のボク)、ほか

1 2
TOP↑