リリー・フランキー映画一覧

リリー・フランキーが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「アナログ」のネタバレあらすじ結末

アナログの紹介:2023年日本映画。2023年に6年ぶりの監督作『首』(北野武名義)を発表する“世界のキタノ”ことビートたけしが2017年に自身初の恋愛小説として書き下ろした同名作品の映画化作品です。携帯電話による気軽な連絡が主流となった現代において、あえて“直接会う”というアナログ的価値観を貫く男女の恋愛模様を二宮和也(嵐)と波瑠のダブル主演で描きます。インスパイアソングは幾田りら(YOASOBI)が手がけています。
監督:タカハタ秀太 原作:ビートたけし 出演:二宮和也(水島悟)、波瑠(美春みゆき)、桐谷健太(高木淳一)、浜野謙太(山下良雄)、藤原丈一郎(島田紘也)、坂井真紀(浅井陽子)、筒井真理子(椎名順子)、宮川大輔(高橋俊和)、佐津川愛美(山下香織)、鈴木浩介(岩本修三)、板谷由夏(香津美)、高橋惠子(水島玲子)、リリー・フランキー(田宮)ほか

「アンダーカレント」のネタバレあらすじ結末

アンダーカレントの紹介:2023年日本映画。豊田徹也の同名コミックを「愛がなんだ」や実写版「からかい上手の高木さん」などの今泉力哉のメガホンにより映画化したドラマです。亡き父から受け継いだ銭湯を夫と共に切り盛りしていた主人公の女性。ところが、夫は謎の失踪を遂げ、謎の男が夫の代わりに銭湯で住み込みで働くように。女性は風変わりな探偵に夫の調査を依頼しているうちに、ある衝撃の事実と辛い過去が浮かび上がっていきます…。
監督:今泉力哉 出演:真木よう子(関口かなえ)、井浦新(堀隆之)、江口のりこ(菅野よう子)、中村久美(木島敏江)、康すおん(田島三郎)、内田理央(藤川美奈)、永山瑛太(関口悟)、リリー・フランキー(山崎道夫)ほか

「ちひろさん」のネタバレあらすじ結末

ちひろさんの紹介:2022年日本映画。『ショムニ』などの安田弘之の同名漫画を映画化した作品です。元風俗嬢という過去を持つ主人公が流れ着いた海辺の町の弁当屋で働くうちに、様々な事情を抱えた人々を癒やしていく物語です。
監督:今泉力哉 出演者:有村架純(ちひろ/古澤綾)、豊嶋花(瀬尾久仁子/オカジ)、嶋田鉄太(佐竹マコト)、van(バジル)、若葉竜也(谷口)、佐久間由衣(ヒトミ)、長澤樹(宇部千夏/べっちん)、市川実和子(チヒロ)、鈴木慶一(浮浪者のおじさん)、根岸季衣(永井)、平田満(尾藤)、リリー・フランキー(内海)、風吹ジュン(尾藤多恵)、奈良澪(幼少期のちひろ)、占部房子(瀬尾みつ子)、斉藤陽一郎(瀬尾徹)、太田結乃(瀬尾亜紀)、芹澤興人(寺尾)、南琴奈(沙都子)、伊礼姫奈(美晴)、滝澤エリカ(まな)、新井洸聖(男子生徒)、浅川蓮(男子生徒)、佐々木詩音(男子生徒)、大迫茂生(シゲ)、大宮将司(大宮)、廣瀬祐樹、細川佳央(細川)、飯田芳(飯田)、岡部成司(ラーメン屋の客)、嶺豪一(ラーメン屋店員)、木村知貴(農夫)、宮本琉成、海津陽、智崎凱斗、佐藤尊、鈴木雄大、7A(母親役)、芝博文(父親役)、金野雄斗(祐一)、武田知久(圭介)、内堀太郎(金魚すくい屋)、安田茉央(看護師)ほか

「余命10年」のネタバレあらすじ結末

余命10年の紹介:2021年日本映画。小坂流加が2007年に発表した同名小説を小松菜奈と坂口健太郎のダブル主演で映画化したラブロマンス作品です。数万人に一人の難病を患い、余命が10年であることを知った女性が生きる希望を見失った同窓生の男性との恋を通じて残された人生を精一杯生きる姿を描きます。主題歌および音楽はロックグループ「RADWIMPS」が手掛けています。
監督:藤井道人 出演者:小松菜奈(高林茉莉)、坂口健太郎(真部和人)、山田裕貴(富田タケル)、奈緒(藤崎沙苗)、井口理(三浦アキラ)、黒木華(高林桔梗)、田中哲司(平田先生)、リリー・フランキー(梶原玄)、原日出子(高林百合子)、松重豊(高林明久)、山中崇(鈴岡聡)、安藤聖(礼子)、富山えり子(寺田美幸)、根矢涼香(絵梨)、上原実矩(美弥)、三浦透子(サオリ)、安部賢一(礼子の夫)、川原瑛都(礼子の息子)、MEGUMI(並川)、安井順平(会社の人事担当者)、山下容莉枝(高林家の親戚)、中島唱子(高林家の親戚)、呉城久美(和人の店の客)ほか

「前科者」のネタバレあらすじ結末

前科者の紹介:2021年日本映画。罪を犯し、その後更生するために奮闘する前科者。その彼らの社会復帰を後押しするために存在する保護司。犯した罪に苦しむ工藤を優しく支える保護司の佳代、再び警察から追われることになった工藤を頑なに信じる姿が印象的です。
監督:岸善幸 出演:有村架純(阿川佳代)、森田剛(工藤誠)、磯村勇斗(滝本真司)、若葉竜也(実)、マキタスポーツ(鈴木充)、石橋静河(斉藤みどり)、北村有起哉(高松直治)、宇野祥平(松山)、リリー・フランキー(遠山史雄)、木村多江(宮口エマ)、ほか

「キネマの神様」のネタバレあらすじ結末

キネマの神様の紹介:2021年日本映画。小説家・原田マハが2008年に発表し、2018年に舞台化された同名小説を本作が監督作品89作目となる山田洋次のメガホンにより映画化された作品です。松竹映画100周年記念作品であり、ダブル主演となる沢田研二と菅田将暉が主人公を二人一役で演じ、映画作りに青春を捧げた一人の男の一代記が周囲の人間模様と共に描かれていきます。
監督:山田洋次 出演者:沢田研二(円山郷直 / ゴウ)、菅田将暉(円山郷直(青年期)ゴウ)、永野芽郁(淑子(青年期))、野田洋次郎(寺林新太郎(青年期)テラシン)、リリー・フランキー(出水宏)、前田旺志郎(円山勇太)、志尊淳(水川)、松尾貴史(森田)、広岡由里子(淑子の母)、北山雅康(借金取立人)、原田泰造(家族の会主催者)、片桐はいり(常連の女性客)、迫田孝也(岡村)、松野太紀(授賞式の司会者)、曾我廼家寛太郎(撮影所の守衛)、今井翼(木村)、前田航基(照明助手)、北川景子(桂園子)、寺島しのぶ(円山歩)、小林稔侍(寺林新太郎 / テラシン)、宮本信子(円山淑子)、ほか

「鳩の撃退法」のネタバレあらすじ結末

鳩の撃退法の紹介:2021年日本映画。直木賞受賞経験のある津田伸一に編集者の鳥飼なほみが接触を図ります。そしてかつて訴訟問題になった津田から新作が渡されました。それはフィクションなのかそうではないのか、鳥飼はやがてそれを検証していくことになっていきます…。
監督:タカハタ秀太 出演:藤原竜也(津田伸一)、土屋太鳳(鳥飼なほみ)、風間俊介(幸地秀吉)、西野七瀬(沼本)、豊川悦司(倉田健次郎)、坂井真紀(加奈子)、濱田岳(堀之内)、ミッキー・カーチス(房州老人)、リリー・フランキー(まえだ)、ほか

「その日、カレーライスができるまで」のネタバレあらすじ結末

その日、カレーライスができるまでの紹介:2021年日本映画。斎藤工が企画・プロデュースを務め、主演のリリー・フランキーがワンシチュエーションの一人芝居に挑戦したヒューマンドラマです。妻の誕生日祝いのためのカレーライスを仕込む主人公の男が、愛聴するラジオ番組を通して何気ない日常に想いを馳せる姿を描きます。
監督:清水康彦 出演:リリー・フランキー(健一) 声の出演: 中村羽叶(映吉)、吉田照美(村田長太郎)、岡田ロビン翔子(東向未夕)、黄栄珠、福田信昭、神野三鈴(美津子)ほか

「アイヌモシリ」のネタバレあらすじ結末

アイヌモシリの紹介:2020年日本,アメリカ,中国映画。アイヌに生まれた中学生カントは、亡き父の友人だったデボから子熊の世話をしてくれと頼まれる。何も知らず世話をしていたカントでしたが、その子熊がイヨマンテの儀式で殺されることを聞いてしまいます。阿寒湖を舞台にアイヌ民族の伝統と文化を見せながら、その中で揺れ動く中学生の心をとらえたドラマです。登場人物のほとんどがアイヌ民族の関係者で占められています。
監督:福永壮志 出演者:下倉幹人(カント)、秋辺デボ(デボ)、下倉絵美(母・エミ)、三浦透子(吉田先生)、リリー・フランキー(岡田記者)ほか

「騙し絵の牙」のネタバレあらすじ結末

騙し絵の牙の紹介:2021年日本映画。『罪の声』などを手掛けた小説家・塩田武士が大泉洋を主人公のモデルとして執筆した同名小説を『桐島、部活やめるってよ』の吉田大八監督が映画化した作品です。大泉洋自ら主演を務め、雑誌廃刊の危機に立たされた編集長が生き残りを賭けて起死回生の再建策に打って出る様を描きます。
監督:吉田大八 出演者:大泉洋(速水輝)、松岡茉優(高野恵)、宮沢氷魚(矢代聖)、池田エライザ(城島咲)、斎藤工(郡司一)、中村倫也(伊庭惟高)、坪倉由幸(柴崎真二)、和田聰宏(三村洋一)、石橋けい(中西清美)、森優作(安生充)、中野英樹(相沢徳朗)、赤間麻里子(伊庭綾子)、山本學(伊庭喜之助)、佐野史郎(宮藤和生)、リリー・フランキー(神座詠一)、塚本晋也(高野民生)、國村隼(二階堂大作)、木村佳乃(江波百合子)、小林聡美(久谷ありさ)、佐藤浩市(東松龍司)ほか

「銃」のネタバレあらすじ結末

銃の紹介:2018年日本映画。荒川の河川敷で男の死体を発見し、側に落ちていた拳銃を拾って持ち帰った大学生のトオル。この日以来、拳銃を持っていればこんなことが出来ると考え始めたトオルは…という内容の、拳銃を拾った事で少しずつく狂っていく青年の姿を描いた作品です。
監督:武正晴 出演者:村上虹郎(トオル)、広瀬アリス(ヨウコ)、日南響子(トースト女)、新垣里沙(隣の母親)、岡山天音(ケイスケ)、後藤淳平(警官)、中村有志(ヤマネ)、日向丈(トオルの実父)、片山萌美(トオルの実母)、リリー・フランキー(刑事)ほか

「一度死んでみた」のネタバレあらすじ結末

一度死んでみたの紹介:2019年日本映画。広瀬すずがデスメタルバンドのボーカルを演じる話題の映画『一度死んでみた』。共演の吉沢亮とともに、期待以上のコメディセンスを披露している。監督は、au「三太郎」シリーズや「日野の2トン」で知られるCMディレクターの浜崎慎治。脚本はソフトバンクの「白戸家」などを手掛けるCMプランナー&クリエイティブ・ディレクターの澤本嘉光。この強力布陣のためか多くの有名俳優がチョイ役で出演しており、それを見つけていくのも楽しみのひとつとなっている。
監督:浜崎慎治 脚本:澤本嘉光 音楽:ヒャダイン キャスト:広瀬すず(野畑七瀬)、吉沢亮(松岡卓)、堤真一(野畑計)、リリー・フランキー(火野)、城田優(警備員)、原日出子(掃除のおばさん)、佐藤健(ボーイ)、池田エライザ(あかね)、志尊淳(野畑製薬社員)、古田新太(計の元同僚)、大友康平(ジェームス布袋)、竹中直人(坊主)、妻夫木聡(クラウンホテル支配人)、木村多江(野畑百合子)、松田翔太(藤井さん)、ほか

「巫女っちゃけん。」のネタバレあらすじ結末

巫女っちゃけん。の紹介:2017年日本映画。卒業後、就職活動をしながら、宮司である父の神社で巫女のアルバイトをすることになった”しわす”が、神社に反発しながら、健太という少年に会い、騒動を巻き起こすコメディドラマです。福岡県福津市の宮地獄神社で撮影されました。
監督:グ・スーヨン 出演者:広瀬アリス(しわす)、山口太幹(健太)、 飯島直子(真紀)、リリー・フランキー(宮司)、MEGUMI(美和)ほか

「凪待ち」のネタバレあらすじ結末

凪待ちの紹介:2018年日本映画。体たらくな生活を続けていた男が、恋人の故郷で再起するためにもがいていくという話です。なかなか変わりたくても変われない葛藤が上手く描かれています。コメディ路線の強い元SMAPの香取慎吾が一転シリアスな演技を披露しています。
監督:白石和彌 出演:香取慎吾(木野本郁男)、恒松祐里(昆野美波)、西田尚美(昆野亜弓)、吉澤健(昆野勝美)、音尾琢真(村上竜次)、リリー・フランキー(小野寺修司)、ほか

「パーフェクト・レボリューション」のネタバレあらすじ結末

パーフェクト・レボリューションの紹介:2017年日本映画。市民活動家で、風俗店評論家の熊篠慶彦の実話を基に映画化した作品。脳性麻痺の障害を抱える中年男性クマと人格障害を抱える風俗嬢ミツの命がけの純愛を描く恋愛映画です。「そして父になる」「万引き家族」のリリー・フランキーと「TOKYO TRIBE」の清野菜名が共演しました。
監督:松本准平 出演者:リリー・フランキー(クマ / 熊代嘉浩)、清野菜名(ミツ / 塩満涼子)、小池栄子(恵理)、岡山天音(悟)、余貴美子(晶子)、ほか

1 2 3 4

キーワードから探す

  • 人気記事ランキング

    まだデータがありません。

TOP↑