リュック・ベッソン監督映画一覧

「フィフス・エレメント」のネタバレあらすじ結末

フィフス・エレメントの紹介:1997年フランス,アメリカ映画。ある学者がエジプトで地球を救う至高の存在「フィフスエレメント」の存在を発見した。それははるか未来くるであろう未曽有の危機に対抗する唯一の存在だった。それから300年後。ある日コーベンが運転するタクシーに若い女性が落ちてきた。どうやら彼女は政府から追われているよう。そしてその正体こそフィフスエレメントであった。
監督:リュック・ベッソン 出演:ブルース・ウィリス(コーベン・ダラス)、ゲイリー・オールドマン(ゾーグ)、イアン・ホルム(コーネリアス神父)、ミラ・ジョヴォヴィッチ(リールー)、クリス・タッカー(ルビー・ロッド)ほか

「ニキータ」のネタバレあらすじ結末

ニキータの紹介:1990年フランス映画。警官殺しの不良娘ニキータは、政府の暗殺者として美しく変貌しています。ニキータは仮の身分を装い、恋人と幸せな生活を送りつつ、任務を完璧にこなしていきます。しかし、月日が経つにつれて、そんな二重生活に綻びが生じ始めます。リュック・ベッソンが一躍有名になった作品です。後に、ハリウッドで「アサシン 暗殺者」というタイトルでリメイクされました。
監督:リュック・ベッソン 出演者:アンヌ・パリロー(ニキータ)、ジャン=ユーグ・アングラード(マルコ)、チェッキー・カリョ(ボブ)、ジャンヌ・モロー(アマンド)、ジャン・レノ(掃除人ヴィクトル)ほか

「レオン(オリジナル版)」のネタバレあらすじ結末

LEON レオンの紹介:1994年フランス、アメリカ映画。孤独な殺し屋と家族を失った少女の二人の間に生まれる純愛と、バイオレンス・アクションを描いた作品。日本でのキャッチコピーは「凶暴な純愛」。世界的に大ヒットとなり、リュック・ベッソン監督の代表作となりました。主演を務めたジャン・レノの出世作でもあり、この作品が映画デビューとなったナタリー・ポートマンも脚光を浴びました。
監督:リュック・ベッソン 出演:ジャン・レノ(レオン・モンタナ)、ナタリー・ポートマン(マチルダ・ランドー)、ゲイリー・オールドマン(ノーマン・スタンスフィールド)、ダニー・アイエロ(トニー)ほか

「フィリップ、きみを愛してる!」のネタバレあらすじ結末

フィリップ、きみを愛してる!の紹介:2009年フランス映画。懲役167年のIQ169の天才詐欺師の実話を元にした物語。愛する恋人のためにウソを重ね、「愛している」のひと言を伝えるために脱獄を繰り返す。
監督:グレン・フィカーラジョン・レクア 製作総指揮:リュック・ベッソン 出演:ジム・キャリー(スティーヴン・ラッセル)、ユアン・マクレガー(フィリップ・モリス)、レスリー・マン(デビー・ラッセル)、ロドリゴ・サントロ(ジミー・ケンプル)ほか

「キスオブザドラゴン」のネタバレあらすじ結末

キスオブザドラゴンの紹介:2001年フランス、アメリカ映画。フランスの巨匠であるリュックベンソンと中国の武術スター、ジェット・リーが初めて組んだ映画で、中国の秘密捜査官が濡れ衣を着せられて逃亡するという作品となっています。
製作・脚本:リュック・ベッソン 監督:クリス・ナオン 原案・主演:ジェット・リー 出演:ブリジット・フォンダ、チェッキー・カリョほか

「レオン」のネタバレあらすじ結末

レオンの紹介:1994年フランス、アメリカ映画。殺し屋レオンふとしたきっかけで少女マチルダと同居を始める、その生活の中でレオンの心境にもある変化が訪れる。殺し屋と少女の複雑な関係を描いたラブストーリー。
監督:リュック・ベッソン 出演:ジャン・レノ(レオン・モンタナ)、ナタリー・ポートマン(マチルダ・ランドー)、ゲイリー・オールドマン(ノーマン・スタンスフィールド)、ダニー・アイエロ(トニー)ほか

「トランスポーター3 アンリミテッド」のネタバレあらすじ結末

トランスポーター3 アンリミテッドの紹介:2008年フランス映画。製作・脚本:リュック・ベッソン、主演:ジェイソン・ステイサムのコンビで人気を博したカーアクション映画『トランスポーター』シリーズの第3弾です。何でも運ぶ凄腕の運び屋フランク・マーティン(ステイサム)。今回は依頼主の罠にかかって愛車から20m離れると爆発するブレスレットをつけられてしまったフランクがこれまでにない難易度の非常に高い究極のミッションへと挑んでいきます。
監督:オリヴィエ・メガトン 出演者:ジェイソン・ステイサム(フランク・マーティン)、フランソワ・ベルレアン(タルコーニ警部)、ロバート・ネッパー(ジョナス・ジョンソン)、ナタリア・ルダコーワ(ヴァレンティーナ)、ジェローン・クラッベ(レオニード・トミレンコ)、エリック・エブアニー(アイス)、セーム・シュルト(ザ・ジャイアント)ほか

「トランスポーター2」のネタバレあらすじ結末

トランスポーター2の紹介:2005年フランス/アメリカ映画。製作・脚本:リュック・ベッソン、主演:ジェイソン・ステイサムのコンビで人気を博したカーアクション映画『トランスポーター』シリーズの第2弾です。本作は舞台を前作のフランスからアメリカ・マイアミに移し、何でも正確に運ぶ凄腕の運び屋を引退した主人公フランク・マーティン(ステイサム)がひょんなことから再び訳アリの“仕事”を引き受けることになり、やがて国家を揺るがす陰謀に巻き込まれていきます。
監督:ルイ・レテリエ 出演者:ジェイソン・ステイサム(フランク・マーティン)、フランソワ・ベルレアン(タルコーニ警部)、アレッサンドロ・ガスマン(ジャンニ)、ケイト・ノタ(ローラ)、 アンバー・ヴァレッタ(オードリー・ビリングス)、 マシュー・モディーン(ジェファーソン・ビリングス)、ハンター・クラリー(ジャック・ビリングス)、キース・デイヴィッド(ステイプルトン)、ジェイソン・フレミング(ディミトリ)ほか

「トランスポーター」のネタバレあらすじ結末

トランスポーターの紹介:2002年フランス, アメリカ映画。『TAXi』シリーズを成功させたフランスの巨匠リュック・ベッソンが脚本とプロデュースを手掛け、主演に本作を機に全世界的に名が知られることとなったジェイソン・ステイサムを迎えて制作されたカーアクション作品で、後にシリーズ化やテレビドラマ化もされました。自らに掟を課し、どんな依頼品でも必ず時間通りに正確に運ぶ裏社会のプロの運び屋(トランスポーター)が、依頼品である訳ありの女性を運ぶことになったことをきっかけに裏でうごめく陰謀に巻き込まれていきます。
監督:ルイ・レテリエ、コリー・ユン 出演者:ジェイソン・ステイサム(フランク・マーティン)、スー・チー(ライ・クワイ)、マット・シュルツ(ウォール・ストリート)、フランソワ・ベルレアン(タルコーニ警部)、リック・ヤン(ミスター・クワイ)ほか

「LUCY ルーシー」のネタバレあらすじ結末

LUCY ルーシーの紹介:2014年フランス作品 リュック・ベッソン監督がスカーレット・ヨハンソンとタッグを組んで描くアクションエンターテインメント LUCY ルーシー。覚醒した脳が100%機能して人間離れした能力をもったヒロインの予測不可能な戦いを、アメリカ、フランス、台湾を舞台に描く。モーガン・フリーマン、チェ・ミンシクら出演者が脇を固める。
監督:リュック・ベッソン 出演: スカーレット・ヨハンソン(ルーシー)、モーガン・フリーマン(ノーマン博士)、チェ・ミンシク(マフィアのボス)、アムール・ワケド(ピエール・デル・リオ)、アナリー・ティプトン(キャロライン)ほか

「96時間」のネタバレあらすじ結末

96時間の紹介:2008年アメリカ映画。『トランスポーター』シリーズなどのヒットメーカーであるリュック・ベッソンが製作を務めた本格アクションスリラー映画。96時間のタイムリミットで誘拐された娘を父親が警察の助けを借りずに一人で異国の敵からの奪還を試みる様子を描く。
監督: ピエール・モレル 製作・脚本: リュック・ベッソン  出演:リーアム・ニーソン(ブライアン・ミルズ)、マギー・グレイス(キム)、リーランド・オーサー(サム)、ジョン・グライス(ケイシー)ほか

1 2

キーワードから探す

TOP↑