マッツ・ミケルセン映画一覧

マッツ・ミケルセンが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「永遠の門 ゴッホの見た未来」のネタバレあらすじ結末

永遠の門 ゴッホの見た未来の紹介:2018年イギリス,フランス,アメリカ映画。「ひまわり」などの名作で知られるゴッホ(1853年ー1890年)、意外にもその名と名作の多くは生前は知られることがありませんでした。また、その名作の多くは37歳で亡くなる前の数年間で描かれています。彼の生涯はどうすれば素晴らしい絵を描くことができるかという悩みの多い人生でした。『永遠の門 ゴッホの見た未来』はゴッホの死ぬ前の数年間、自然と人間を題材に悩みながら後世に評価されることになった名作を誕生させた日々を描いています。また、自殺と言われる彼の謎の多い死についても新たな解釈で描いています。
監督:ジュリアン・シュナーベル 出演:ウィレム・デフォー(フィンセント・ファン・ゴッホ)、ルパート・フレンド(テオ・ファン・ゴッホ)、マッツ・ミケルセン(聖職者)、マチュー・アマルリック(ポール・ガシェ医師)、エマニュエル・セニエ(ジヌー夫人)、オスカー・アイザック(ポール・ゴーギャン)、ほか

「アダムズ・アップル」のネタバレあらすじ結末

アダムズ・アップルの紹介:2005年デンマーク,ドイツ映画。常に極端なポジティブ・シンキングを貫き、ことあるごとに他人に議論をふっかけ「失敬な!」が口癖の変わり者の牧師イヴァン。更生プログラムの一環としてすでに教会に住んでいる2人の前科者に加え、自らを悪党と名乗るアダムが新しく加わる。尋常ならざる秘密を抱え、周囲を唖然とさせてしまう奇行を連発させるイヴァンの驚くべき運命。ひょうひょうとした妙演と、血まみれな怪演で、不条理なユーモアが渦巻く映像世界へ観る者を引き込んでいく。デンマークのアカデミー賞にあたるロバート賞で作品賞、脚本賞、特殊効果/照明賞を受賞した作品
監督:アナス・トマス・イェンセン 出演:マッツ・ミケルセン(イヴァン)、ウルリッヒ・トムセン(アダム)、パプリカ・スティーン(サラ)、ニコラス・ブロ(グナー)、アリ・カジム(カリド)、オーレ・テストルプ(コルベア医師)、ニコライ・リー・コース(ホルガ)ほか

「ポーラー 狙われた暗殺者」のネタバレあらすじ結末

ポーラー 狙われた暗殺者の紹介:2019年アメリカ, ドイツ映画。殺し屋が従業員の暗殺請負会社は50歳が定年です。社員への多額の企業年金が会社の負担になると考えた社長は、定年間近の史上最強の暗殺者を殺して年金を払わないようにする計画を立てます。狙われた暗殺者はそれに気づき、暗殺部隊と激しい戦いとなります。『ポラー・狙われた暗殺者』は激しいアクション映画で、マッツ・二ケルセンが無口で女好き、殺し方は残忍、昔殺した一家の少女が忘れられない暗殺者を演じています。
監督:ヨナス・アカーランド 出演:マッツ・ミケルセン(ダンカン・ヴィズラ)、ヴァネッサ・ハジェンズ(カミーユ)、キャサリン・ウィニック(ヴィヴィアン)、マット・ルーカス(ミスター・ブルート)、ロバート・メイレット(カール)、ルビー・O・フィーア(シンディ)、ほか

「誰がため」のネタバレあらすじ結末

誰がための紹介:2008年デンマーク,チェコ,ドイツ映画。ナチスによる占領下のデンマークでレジスタンス運動をしていた、フラメンとシトロン、彼らはいったい誰のために戦っているのか? 過酷な運命に翻弄されながら戦ったレジスタンスの闘士を描く感動の実話。
監督:オーレ・クリスチャン・マセン 出演:トゥーレ・リントハート(フラメン)、マッツ・ミケルセン(シトロン)、クリスチャン・ベルケル(ホフマン)、スティーネ・スティーンゲーゼ(ケティ)、ハンス・ツィッシュラー(ギルバート)、ピーター・ミュウギン(ヴィンター)、ミレ・ホフマイーヤ・リーフェルト(ボーディル)、ほか

「プッシャー」のネタバレあらすじ結末

プッシャーの紹介:1997年デンマーク映画。ライアン・ゴズリング主演作『ドライヴ』を監督し、一躍有名になったニコラス・ウィンディング・レフン監督の長編デビュー作品。麻薬密売を行う男がひとつの失態により、借金で首が回らなくなり、どんどん追い詰められていく様子をリアリティ溢れる映像で演出しています。
監督:ニコラス・ウィンディング・レフン 出演者:キム・ボドゥニア(フランク)、ズラッコ・ブリック(ミロ)、ローラ・ドライスベイク(ヴィク)スラッコ・ラボヴィック(ラドヴァン)、マッツ・ミケルセン(トニー)

「フレッシュ・デリ」のネタバレあらすじ結末

フレッシュ・デリの紹介:2003年デンマーク映画。スヴェンは勤め先の精肉店の店主・ホルガーの小言に堪えかねて、仲間のビャンと共に独立し、精肉店を立ち上げます。ひょんなことから、人肉で作ったマリネを客に提供してしまい、なんとそれが大ヒットしてしまいます。店の評判を失いたくないスヴェンは、次々と人を手にかけていきます。最後に二人が辿り着く結論とは何なのでしょうか。
監督:アナス・トーマス・イエンセン 出演者:スヴェン(マッツ・ミケルセン)、ビャン/アイギル(ニコライ・リー・カース)、アストレッド(リーネ・クルーセ)、ティナ(ボディル・ヨルゲンセン)ほか

「ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮」のネタバレあらすじ結末

ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮の紹介:2012年デンマーク映画。18世紀のデンマーク王室を舞台とする、実話を基にした歴史ドラマです。英国王室からデンマークに嫁いだ王妃と精神を病んだ国王、そしてドイツ出身の侍医との三角関係を当時の政治改革などの史実と併せて描いています。
監督:ニコライ・アーセル 出演者:マッツ・ミケルセン(ヨハン・フリードリヒ・ストルーエンセ)、アリシア・ヴィキャンデル(カロリーネ・マティルデ)、ミケル・ボー・フォルスゴー(クリスチャン7世)、トリーヌ・ディルホム(ユリアーネ・マリーエ)、デヴィッド・デンシック(オーベ・ヘー=グルベア)ほか

「ザ・ドア 交差する世界」のネタバレあらすじ結末

ザ・ドア 交差する世界の紹介:2009年ドイツ映画。自分の浮気により娘を失ったことから運命が狂い始めるSFサスペンスです。主人公はもう一度幸せな未来を手に入れることができるのか、最後まで目が離せないハラハラするドイツ映画です。
監督:アノ・サオル 出演:マッツ・ミケルセン(ダビッド・アンデルナッハ)、ジェシカ・シュヴァルツ(マヤ・アンデルナッハ)、ヴァレリア・アイゼンバルト(レオニー・アンデルナッハ)、トーマス・ティーメ(シギー)、ティム・ザイフィ(マックス)、ハイケ・マカチュ(ジア)、ほか

「タイタンの戦い」のネタバレあらすじ結末

タイタンの戦いの紹介:2010年アメリカ映画。人々が神への祈りを忘れ始めたのは神への不信感が現れたからだった。そしてアルゴスの兵士達がゼウスの像を倒したことにより神々と人間との戦争が始まる。神に対応する王ケーペウスの元に現れたのハデスは数日後クラーケンを放すことを伝える。それを止めるためには王の娘アンドロメダの血が必要となる。それを阻止するため神殺しの旅に遣わされたのは一人の半神、ペルセウスだった。1981年に製作された同名映画のリメイク。主演は「アバター」でも主演を務めたサム・ワーシントン。
監督:ルイ・ルテリエ 出演:サム・ワーシントン(ペルセウス)、ジェマ・アータートン(イオ)、マッツ・ミケルセン(ドラコ)、アレクサ・ダヴァロス(アンドロメダ)、ジェイソン・フレミング(カリボス/アクリシオス王)、ほか

「ドクター・ストレンジ」のネタバレあらすじ結末

ドクター・ストレンジの紹介:2016年アメリカ映画。ベネディクト・カンバーバッチを主演に迎えたマーベルコミックのヒーローアクション作品。ドクター・ストレンジは、天才脳外科医として有名だったが傲慢さもあった。地位、名誉、豪華な生活も手に入れていた天才外科医ドクター・ストレンジは、運転中の事故で両手の機能を失う。リハビリと手術を繰り返すも、医者からはさじを投げられ、途方に暮れる。そんな折、半身不随から見事回復した男の話を聞き、ネパールの魔術師の元へ行く。手を治療が目的だったが、師に見込まれ否応なく世界の支配を企む敵との戦いに巻き込まれていく。本作はマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)シリーズの14作目となります。
監督:スコット・デリクソン 出演:ベネディクト・カンバーバッチ(ドクター・ストレンジ)、キウェテル・イジョフォー(バロン・モルド)、レイチェル・マクアダムス(クリスティーン・パーマー)、ベネディクト・ウォン(ウォン)、ティルダ・スウィントン(エンシェント・ワン)ほか

「ローグワン/スターウォーズストーリー」のネタバレあらすじ結末

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリーの紹介:2016年アメリカ映画。エピソード4でレイア姫がR2-D2に託した帝国軍の最終兵器デス・スターの設計図が、どのようにして反乱軍の手に渡ったのかが明らかになる物語。ヒロインのジン・アーソが反乱軍の仲間達と、帝国軍からデス・スターの設計図を奪う決死の奮闘を描く。ローグ・ワンは、スターウォーズシリーズのスピンオフ作品で、エピソード4の10分前までの物語。ディズニーがスターウォーズの権利を取得したことで、サーガ本編とスピンオフ作品それぞれを隔年で公開されることになりました。ローグワンは、その外伝の第1弾作品です。
監督:ギャレス・エドワーズ 出演:フェリシティ・ジョーンズ(ジン・アーソ)、ディエゴ・ルナ(キャシアン・アンドー)、ベン・メンデルソーン(オーソン・クレニック)、ドニー・イェン(チアルート・イムウェ)、マッツ・ミケルセン(ゲイリン・アーソ)、アラン・テュディック(K-2SO)、ジェームズ・アール・ジョーンズ(ダース・ベイダー)、アンソニー・ダニエルズ(C-3PO)ほか

「007 カジノ・ロワイヤル」のネタバレあらすじ結末

007 カジノ・ロワイヤルの紹介:2006年イギリス作品。007シリーズ21作目。007史上初の金髪のボンドを迎え、シリーズも過去作と決別し、全く新しいストーリーとして再出発を図った作品で、大ヒットを記録します。野性味溢れるボンドが活躍します。
監督:マーティン・キャンベル 出演:ダニエル・クレイグ(ボンド役)、エヴァ・グリーン(ボンドガール)、マッツ・ミケルセン、ジェフリー・ライトほか

「007 カジノロワイヤル」のネタバレあらすじ結末

007 カジノ・ロワイヤルの紹介:2006年アメリカ/イギリス作品。6代目ジェームスボンド、ダニエルクレイグ主演のイアン・フレミングの007シリーズ長編小説第一作の映画化作品。テロ組織に資金を提供して自身も資金を稼いでいる悪党をジェームスボンドが追い詰めていく。ジェームスボンドがプラハ。マダガスカル、バハマからマイアミ、ヨーロッパと世界を股にかけ活躍する作品。
監督:マーティン・キャンベル 出演:ダニエル・クレイグ、エヴァ・グリーン、マッツ・ミケルセン、ジュディ・デンチ、ジェフリー・ライトほか

「偽りなき者」のネタバレあらすじ結末

偽りなき者の紹介:2012年デンマーク映画。少女の何気ない嘘で人生を壊された男が理不尽な迫害を受けながらも、自らの尊厳を守るため周囲のいわれなき疑惑や憎悪に立ち向かっていく姿を描いたヒューマン・ドラマ。2012年に第65回カンヌ国際映画祭で主演男優賞、エキュメニカル審査員賞、ヴァルカン賞を受賞した、トマス・ヴィンターベア監督作品。
監督:トマス・ヴィンターベア 出演者:マッツ・ミケルセン(ルーカス)、トマス・ボー・ラーセン(テオ)、アニカ・ヴィタコプ(クララ)、ラセ・フォーゲルストラム(マルクス)、スーセ・ウォルド(グレテ)、ラース・ランゼ(ブルーン)、ほか

TOP↑