マリリン・モンロー映画一覧

マリリン・モンローが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「バス停留所」のネタバレあらすじ結末

バス停留所の紹介:1956年アメリカ映画。マリリン・モンローがニューヨークのアクターズ・スタジオで演技のレッスンを受けた後のハリウッド復帰作。彼女が演技に開眼した作品とされる。無礼で田舎者だけれど純心なカウボーイのドン・マレーがアカデミー賞にノミネートされている。
監督:ジョシュア・ローガン 出演者:マリリン・モンロー(シェリー)、ドン・マレー(ボー・デッカー)、アーサー・オコンネル(ヴァージ)、ベティ・フィールド(グレース)、アイリーン・ヘッカート(ヴェラ)、ロバート・ブレイ(カール)、ホープ・ラング(エルマ)その他

「七年目の浮気」のネタバレあらすじ結末

七年目の浮気の紹介:1955年アメリカ映画。ジョージ・アクセルロッド原案によるブロードウェイの同名舞台劇を映画化した名作ラブコメディです。避暑地に家族を送り出した結婚7年目の恐妻家の男が、階上に間借りするブロンドの髪の美女に惹かれていく様をコミカルに描きます。主演のマリリン・モンローが地下鉄の通気口からの風でめくれるスカートを抑えるシーンは映画史に残る名シーンとしてあまりにも有名です。
監督:ビリー・ワイルダー 出演者:マリリン・モンロー(ブロンド美女)、トム・イーウェル(リチャード・シャーマン)、ロバート・ストラウス(クルフリック)、オスカー・ホモルカ(ブルベイカー医師)、ソニー・タフツ(トム・マッケンジー)ほか

「紳士は金髪がお好き」のネタバレあらすじ結末

紳士は金髪がお好きの紹介:1953年アメリカ映画。アニタ・ルースの小説『Gentlemen Prefer Blondes』を基にブロードウェイで舞台化されたミュージカルを映画化した作品です。ニューヨークで活躍する二人の女性歌手がそれぞれの恋を成就させるまでをコメディタッチで描きます。マリリン・モンローとジェーン・ラッセルという当時のアメリカ二大セックスシンボルの共演が話題となりました。
監督:ハワード・ホークス 出演者:ジェーン・ラッセル(ドロシー・ショー)、マリリン・モンロー(ローレライ・リー)、トミー・ヌーナン(ガス・エズモンド・ジュニア)、エリオット・リード(アーニー・マローン)、チャールズ・コバーン(フランシス・“ピギー”・ビークマン卿)ほか

「荒馬と女」のネタバレあらすじ結末

荒馬と女の紹介:1961年アメリカ映画。永遠の大スター、マリリン・モンローの遺作となった作品で、離婚して間もないヒロインと、彼女に好意を寄せる野性味溢れる3人の男たちとのドラマを描いています。
監督:ジョン・ヒューストン 出演者:クラーク・ゲイブル(ゲイ・ラングランド)、マリリン・モンロー(ロズリン・テイバー)、モンゴメリー・クリフト(パース・ハウランド)、セルマ・リッター(イザベル・スティアーズ)、イーライ・ウォラック(ギドー)、ケヴィン・マッカーシー(レイモンド・テイバー)ほか

「マリリン 7日間の恋」のネタバレあらすじ結末

マリリン 7日間の恋の紹介:2011年イギリス,アメリカ映画。伝説の大女優マリリン・モンロー主演の映画『王子と踊子』(1957年)で助監督を務めたコリン・クラークによる同作の制作舞台裏を描いた2冊の著作を基に映画化した作品で、マリリンの秘められた恋を描いています。
監督:サイモン・カーティス 出演者:ミシェル・ウィリアムズ(マリリン・モンロー)、ケネス・ブラナー(ローレンス・オリヴィエ)、エディ・レッドメイン(コリン・クラーク)、ドミニク・クーパー(ミルトン・H・グリーン)、ジュリア・オーモンド(ヴィヴィアン・リー)ほか

「ナイアガラ」のネタバレあらすじ結末

ナイアガラの紹介:1953年アメリカ映画。ちょっと遅れたハネムーンを楽しむはずだった若い夫婦。だが、宿泊先で出会った繊細な夫と不貞の妻のカップルのせいで、全く予期しなかった恐怖に突き落とされる。ナイアガラ瀑布と不貞の妻を演じるマリリン・モンローの二大スペクタクル付きのサスペンス映画。「モンロー・ウォーク」が披露された作品。
監督:ヘンリー・ハサウェイ 出演者:マリリン・モンロー(ローズ・ルーミス)、ジョセフ・コットン(ジョージ・ルーミス)、ジーン・ピータース(ポリー・カトラー)、ケイシー・アダムス(レイ・カトラー)

「アスファルト・ジャングル」のネタバレあらすじ結末

アスファルト・ジャングルの紹介:1950年アメリカ映画。ジョン・ヒューストン監督の傑作で、いわゆるフィルム・ノワールの代表作のひとつとされている。室内での銃の早撃ち場面が鮮烈。まだ脇役だったマリリン・モンローの演技が光っている。
監督:ジョン・ヒューストン 出演:スターリング・ヘイドン(ディックス)、ジーン・ヘイゲン(ドール)、ルイス・カルハーン(エメリッヒ)、サム・ジャッフェ(ドク)、マリリン・モンロー(アンジェラ)

「お熱いのがお好き」のネタバレあらすじ結末

お熱いのがお好きの紹介:1959年アメリカ映画。ビリー・ワイルダー・コメディの代表作で、多くの映画に影響を与えた。ゲイのキャラクターを取りあげたことでも先駆的な作品とされている。映画の最後のセリフは古典的な名文句となった。
監督:ビリー・ワイルダー 出演:マリリン・モンロー(シュガー)、トニー・カーティス(ジョー)、ジャック・レモン(ジェリー)、ジョージ・ラフト(スパッツ・コロンボ)

「イヴの総て」のネタバレあらすじ結末

イヴの総ての紹介:1950年アメリカ映画。ジョセフ・L・マンキーウィッツ監督が演劇界の裏側を暴露した名作。監督自身が手がけた脚本は「映画史上最も優れたシナリオ」と呼ばれることも多い。アカデミー賞では、作品、監督、脚本、助演男優、衣裳デザイン賞(白黒)、録音の各部門を制覇した。
監督:ジョセフ・L・マンキウィッツ 出演:ベティ・デイヴィス(マーゴ・チャニング)、アン・バクスター(イヴ・ハリントン)、ジョージ・サンダース、ゲイリー・メリル、マリリン・モンロー、ほか

TOP↑