マーク・ハミル映画一覧

マーク・ハミルが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「スターウォーズ9 スカイウォーカーの夜明け」のネタバレあらすじ結末

スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明けの紹介:2019年アメリカ映画。全世界に衝撃を与えた伝説的第1作『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』(1977年)から42年、ジョージ・ルーカス原作のSFスペースオペラの金字塔『スター・ウォーズ』の“スカイウォーカー・サーガ”本編第9作・第9話にして完結編となる超大作です。賛否両論となった前作『スター・ウォーズ エピソード8/最後のジェダイ』でのクレイトの戦いから約1年、レジスタンスとファースト・オーダーの銀河を揺るがす対決の行方、レイの驚愕の出生の秘密、ダークサイドとライトサイドの間で揺れ動くカイロ・レン、そして全ての黒幕の復活・・・ここに長きにわたる“スカイウォーカー家の物語”は最終章を迎え、『スター・ウォーズ』シリーズは2022年12月公開予定の次回作より新章に突入します。
監督:J・J・エイブラムス 出演者:デイジー・リドリー(レイ)、アダム・ドライバー(カイロ・レン)、ジョン・ボイエガ(フィン)、オスカ-・アイザック(ポー・ダメロン)、アンソニー・ダニエルズ(C-3PO)、ヨーナス・スオタモ(チューバッカ)、ナオミ・アッキー(ジャナ)、ドーナル・グリーソン(アーミテージ・ハックス将軍)、リチャード・E・グラント(エンリック・プライド将軍)、ルピタ・ニョンゴ(マズ・カナタ)、ケリー・ラッセル(ゾーリ・ブリス)、ケリー・マリー・トラン(ローズ・ティコ)、ビリー・ラード(コニックス中尉)、ビリー・ディー・ウィリアムズ(ランド・カルリジアン)、キャリー・フィッシャー(レイア・オーガナ)、マーク・ハミル(ルーク・スカイウォーカー)、イアン・マクダーミド(シーヴ・パルパティーン/ダース・シディアス)ほか

「チャイルド・プレイ(2019年)」のネタバレあらすじ結末

チャイルド・プレイの紹介:2019年アメリカ映画。殺人人形チャッキーの恐怖が再び描かれるリブート版チャイルドプレイ。引っ越したばかりの少年に誕生日プレゼントとして母から贈られたバディ人形チャッキー。そんなチャッキーと友人になるアンディだったが、異常な行動を起こすチャッキーに恐怖を感じるようになっていく。一線を越えたチャッキーを廃棄するも、彼はアンディの元に帰ってくる。ネットワーク制御機能などの人工知能を搭載したハイテクなバディ人形チャッキーは、殺害の手法を人間の言動やホラー映画から学習するなど、狂気を帯びていく。今回のチャッキーは、技術が発達した世界で、自我を持ち暴走してしまったAI(人工知能)の恐怖を描く。
監督:ラース・クレブバーグ 出演:オーブリー・プラザ(カレン)、ガブリエル・ベイトマン(アンディ)、ブライアン・タイリー・ヘンリー(マイク・ノリス刑事)、マーク・ハミル(チャッキー)、ビアトリス・キットソス(ファリン)、タイ・コンシーリョ(パグ)、デヴィッド・ルイス(シェーン)、カーリース・バーク(ドリーン)、マーロン・カザーディ(オマール)、ほか

「ヨセフ物語 夢の力」のネタバレあらすじ結末

ヨセフ物語 ~夢の力~の紹介:2000年アメリカ映画。旧約聖書の「創世記」にあるヨセフの物語に基づいたミュージカル仕立てのアニメーション。10人の腹違いの兄たちからだいぶ遅れて、一生子供を産まないと言われていた妻ラケルがヤコブに男の子を産んだ。「奇跡の子」としてヤコブとラケルはヨセフを特別に育てるが、兄たちは面白くない。ヨセフは夢を解く力があることが分かって来て、夢の中で兄たちが自分にひれ伏した、という話をしたのが兄たちの怒りを買い、父に秘密で兄たちはヨセフを銀貨20枚で奴隷としてエジプトに売る。エジプトで、夢を解く力のおかげで高い地位についたヨセフ。飢饉に苦しむ故郷の兄たちはエジプトに助けを求めてやって来る。ヨセフは兄たちに冷たくあたるが…。
監督: ロブ・ラデュカ、ロバート・ラミレス 声の出演:ベン・アフレック、マーク・ハミル、リチャード・ハード、モーリン・マクガヴァン、ジョディ・ベンソン、ジュディス・ライト、ジェームズ・エックハウス、ルネ・オーベルジョノワ、ほか

「ボディ・バッグス」のネタバレあらすじ結末

ボディ・バッグスの紹介:1993年アメリカ映画。遺体安置所に運ばれて来る「ボディ・バッグス(遺体袋)」の物語を紹介するホラー・オムニバス。深夜の給油所で殺人鬼に狙われた女性の恐怖を描く「ザ・ガス・ステーション」。薄毛に悩む男性の悲劇を描く「ヘアー」。移植した右目の幻覚に苦しみ、やがて陰惨な最後を迎える「アイ」の三部作となっている。監督を務めるのは奇才ジョン・カーペンターとトビー・フーパー。サム・ライミやロジャー・コーマンなど、ホラー映画ファン必見の豪華キャストが揃っている。
監督:ジョン・カーペンター(「ザ・ガス・ステーション」、「ヘアー」)、トビー・フーパー(「アイ」) 出演者:ジョン・カーペンター(検視官)、ロバート・キャラダイン(「ザ・ガス・ステーション」ビル)、アレックス・ダッチャー(「ザ・ガス・ステーション」アン)、ステイシー・キーチ(「ヘアー」リチャード)、マーク・ハミル(「アイ」ブレント)ほか

「光る眼」のネタバレあらすじ結末

光る眼の紹介:1995年アメリカ映画。1960年のSF映画『未知空間の恐怖/光る眼』のリメイクです。ある日何かによって妊娠させられたミッドウイッチの女性たちが出産した子供たちが、成長するにつれ、目を光らせ大人たちをコントロールし始めるという話です。リメイクの監督はホラー映画の名監督のジョン・カーペンターです。
監督:ジョン・カーペンター 出演者:クリストファー・リーヴ(アラン・チェフィー医師)、カースティ・アレイ(スーザン・ヴァーナー博士)、リンダ・コズラウスキー(ジル)、マイケル・パレ(フランク)、メレディス・サレンジャー(メラニー)、マーク・ハミル(ジョージ牧師)、ピッパ・ペアスリー(サラ)、ピーター・ジェイソン(ベン)、コンスタンス・フォルスランド(キャリ)、カレン・カーン(バーバラ)、トーマス・デッカー(デヴィッド)ほか

「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」のネタバレあらすじ結末

スター・ウォーズ/最後のジェダイの紹介:2017年アメリカ映画。邪悪な軍隊によって銀河の支配を企むファースト・オーダーが台頭。その脅威に対抗するにはジェダイの力が必要です。最後のジェダイであるルーク・スカイウォーカーを探し出すべく、レイはレイア・オーガナ将軍によって惑星オクトーにやって来るのです。ファースト・オーダーは新兵器をレジスタンスに破壊されたものの、レジスタンス基地を突きとめて、激しい攻撃を加え、レジスタンスを追い詰めていきます。一方のレイはルークを見つけ出したものの、彼はレイを拒否し続けるのですが、彼が明らかにする衝撃の真実とは?銀河を舞台に新たな物語が始まります。
監督:ライアン・ジョンソン 出演:デイジー・リドリー(レイ)、マーク・ハミル(ルーク・スカイウォーカー)、アダム・ドライバー(カイロ・レン)、キャリー・フィッシャー(レイア・オーガナ)、ジョン・ホイエガ(フィン)、オスカー・アイザック(ポー・ダメロン)、ドーナル・グリーソン(八ックス将軍)他

「スターウォーズ エピソード8/最後のジェダイ」のネタバレあらすじ結末

スター・ウォーズ/最後のジェダイの紹介:2017年アメリカ映画。ジョージ・ルーカス原作のSFスペースオペラの金字塔「スターウォーズ」シリーズの第8作(第8話)です。前作「スター・ウォーズ エピソード7/フォースの覚醒」の直後、ファースト・オーダーの反撃が激しくなる中、フォースを覚醒したレイは伝説のジェダイ・マスターであるルーク・スカイウォーカーと対面するのですが…。レイア姫役のキャリー・フィッシャーは今作が遺作となりました。
監督:ライアン・ジョンソン 出演者:デイジー・リドリー(レイ)、マーク・ハミル(ルーク・スカイウォーカー)、アダム・ドライバー(カイロ・レン/ベン・ソロ)、キャリー・フィッシャー(レイア・オーガナ・ソロ)、ジョン・ボイエガ(フィン)、オスカー・アイザック(ポー・ダメロン)、アンソニー・ダニエルズ(C-3PO)、ジミー・ヴィー(R2-D2)ほか

「キングスマン(2014年)」のネタバレあらすじ結末

キングスマンの紹介:2014年イギリス映画。どの国にも属さない世界最強のスパイ機関「キングスマン」の活躍と、任務中に亡くなった父の後を継ぐ羽目になった平凡な青年が、状況に流されながらも、一端のスパイに成長する過程を、ユーモアを交えながら描いた作品である。
監督 :マシュー・ヴォーン 出演:コリン・ファース(ハリー・ハート)、マイケル・ケイン(アーサー)、タロン・エガートン(ゲイリー・“エグジー”・アンウィン)、マーク・ストロング(マーリン)、ソフィア・ブテラ(ガゼル)、サミュエル・L・ジャクソン(リッチモンド・ヴァレンタイン)ほか

「キングスマン」のネタバレあらすじ結末

キングスマンの紹介:2014年イギリス映画。キングスマンは表向きはイギリスの高級テーラー、本当の姿はどこの国の機関にも属さないスパイ組織。スーツを着た英国紳士が様々な難問・テロに立ち向かう。ある日、ちょっとしたチンピラだったエグジーが1人の英国紳士スパイに出会ったことからエグジーとテロとの戦いが始まる。格好良さと爽快さが1つになった史上最高のスパイ映画。007ともMi;5とも違う新しい形のスパイ映画であるキングスマン、観た後にあなたも高級テーラーに行きたくなる。そんな映画です。
監督:マシュー・ヴォーン 出演:エグジー(タロン・エガートン)、ハリー・ハート(コリン・ファース)、リッチモンド・ヴァレンタイン(サミュエル・L・ジャクソン)、マーリン(マーク・ストロング)、アーサー(マイケル・ケイン)、ロキシー(ソフィ・クックソン)、ガゼル(ソフィア・ブテラ)、ミシェル・アンウィン(サマンサ・ウオマック)ほか

「スターウォーズ エピソード7/フォースの覚醒」のネタバレあらすじ結末

スターウォーズ フォースの覚醒(エピソード7)の紹介。2015年アメリカ映画。スターウォーズ7番目の物語で新3部作の始まりの作品。「フォースの覚醒」はエピソード6から30年後の世界が舞台となる。ジェダイに倒されたベイダー卿に代わって銀河の平和の脅威となっているファースト・オーダーとは? スターウォーズシリーズ前作のエピソード3の公開から10年ぶりに製作されたスターウォーズ作品。
監督:J・J・エイブラムス 出演:ハリソン・フォード(ハン・ソロ)、キャリー・フィッシャー(レイア・オーガナ)、アダム・ドライヴァー(カイロ・レン)、デイジー・リドリー(レイ)、ジョン・ボイエガ(フィン)、オスカー・アイザック(ポー・ダメロン)、ルピタ・ニョンゴ(マズ・カナタ)、アンディ・サーキス(最高指導者スノーク)、ドーナル・グリーソン(ハックス将軍)、アンソニー・ダニエルズ(C-3PO)、ケニー・ベイカー(R2-D2)、ピーター・メイヒュー(チューバッカ)、マーク・ハミル(ルーク・スカイウォーカー)、ほか

「スターウォーズ4 新たなる希望」のネタバレあらすじ結末

スターウォーズ エピソード4 新たなる希望の紹介:1977年アメリカ映画。スターウォーズシリーズ1作目で最初に公開されたスターウォーズです。時系列ではスターウォーズ4(エピソード4)番目です。かつて銀河を統一していた共和国が崩壊し、新たに誕生した「銀河帝国」により圧力的に支配されている世界。自由を求め結集された反乱同盟軍と、共和国時代に存在していた「ジェダイの騎士」の末裔であるルーク・スカイウォーカーが、銀河帝国に戦いを挑んでいく。
監督:ジョージ・ルーカス 出演: マーク・ハミル(ルーク・スカイウォーカー)、ハリソン・フォード(ハン・ソロ)、キャリー・フィッシャー(レイア)、アレック・ギネス(オビ=ワン・ケノービ)、ピーター・カッシング(モフ・ターキン)、アンソニー・ダニエルズ(C-3PO)、ケニー・ベイカー(R2D2)、ピーター・メイヒュー(チューバッカ)、デヴィッド・プラウズ(ダース・ベイダー)ほか

「スターウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還」のネタバレあらすじ結末

スターウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還の紹介:1983年アメリカ映画。ジョージ・ルーカス原作のSFスペースオペラの金字塔「スターウォーズ」シリーズの第3作(第6話)にして旧3部作の完結編です。前作「エピソード5/帝国の逆襲」から1年後、ジェダイとして覚醒したルーク・スカイウォーカーはハン・ソロの救出に向かい、そして実の父であるダース・ベイダーをフォースの暗黒面から解放するため銀河皇帝に最後の戦いを挑みます。
監督:リチャード・マーカンド 出演者:マーク・ハミル(ルーク・スカイウォーカー)、ハリソン・フォード(ハン・ソロ)、キャリー・フィッシャー(レイア・オーガナ)、アレック・ギネス(オビ=ワン・ケノービ/ベン)、ビリー・ディー・ウィリアムズ(ランド・カルリジアン)、アンソニー・ダニエルズ(C-3PO)、ケニー・ベイカー(R2-D2)、ピーター・メイヒュー(チューバッカ)、フランク・オズ(ヨーダ)、イアン・マクダーミド(銀河皇帝シーヴ・パルパティーン/ダース・シディアス)、ジェームズ・アール・ジョーンズ(ダース・ベイダー)、デヴィッド・プラウズ(ダース・ベイダー)ほか

「スターウォーズ エピソード5/帝国の逆襲」のネタバレあらすじ結末

スターウォーズ エピソード5/帝国の逆襲の紹介:1980年アメリカ映画。ジョージ・ルーカス原作のSFスペースオペラの金字塔「スターウォーズ」シリーズの第2作(第5話)です。前作「エピソード4/新たなる希望」でのデス・スター攻防戦から3年後、ルーク・スカイウォーカーは師匠となる伝説のジェダイマスター・ヨーダとの出会いやシスの暗黒卿ダース・ベイダーとの対峙を経て、自らの出生にまつわる衝撃的な事実を知ることになります。
監督:アーヴィン・カーシュナー 出演者:マーク・ハミル(ルーク・スカイウォーカー)、ハリソン・フォード(ハン・ソロ)、キャリー・フィッシャー(レイア・オーガナ)、アレック・ギネス(オビ=ワン・ケノービ/ベン)、ビリー・ディー・ウィリアムズ(ランド・カルリジアン)、アンソニー・ダニエルズ(C-3PO)、ケニー・ベイカー(R2-D2)、ピーター・メイヒュー(チューバッカ)、フランク・オズ(ヨーダ(声))、ジェームズ・アール・ジョーンズ(ダース・ベイダー(声))、デヴィッド・プラウズ(ダース・ベイダー(スーツアクター))ほか

「スターウォーズ エピソード4/新たなる希望」のネタバレあらすじ結末

スターウォーズ エピソード4/新たなる希望(STAR WARS EPISODE Ⅳ:A NEW HOPE)の紹介:1977年アメリカ映画。ジョージ・ルーカス原作のSFスペースオペラの金字塔「スターウォーズ」シリーズの記念すべき第1作(時間軸ではスターウォーズシリーズの第4話)です。遠い昔の銀河系で銀河帝国とそれに反する反乱同盟軍が戦いを繰り広げていた時代、辺境の惑星の若き農夫ルーク・スカイウォーカーが密輸業者ハン・ソロや伝説のジェダイ騎士オビ=ワン・ケノービなどと出会い、運命に導かれるように戦いに乗り出していきます。
監督:ジョージ・ルーカス 出演者:マーク・ハミル(ルーク・スカイウォーカー)、ハリソン・フォード(ハン・ソロ)、キャリー・フィッシャー(レイア・オーガナ)、アレック・ギネス(オビ=ワン・ケノービ/ベン)、ピーター・カッシング(グランド・モフ・ターキン)、アンソニー・ダニエルズ(C-3PO)、ケニー・ベイカー(R2-D2)、ピーター・メイヒュー(チューバッカ)、ジェームズ・アール・ジョーンズ(ダース・ベイダー(声))、デヴィッド・プラウズ(ダース・ベイダー(スーツアクター))ほか

キーワードから探す

TOP↑