マーク・ウォールバーグ映画一覧

マーク・ウォールバーグが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「ゲティ家の身代金」のネタバレあらすじ結末

ゲティ家の身代金の紹介:2017年アメリカ映画。1973年当時世界一の資産家といわれていた男の孫が誘拐されました。多額の身代金を要求する犯人グループに対し、世界一の資産家は支払いを渋ります。母は息子の即時釈放のため身代金の支払いを義父に要求しますが、息子の命に危険が迫りつつありました。世界一の大富豪は身代金を払うのでしょうか?母と息子の運命は?『ゲティ家の身代金』は当時大きな話題になった実際に起きた事件を元にした話です。
監督:リドリー・スコット 出演:ミシェル・ウィリアムズ(アビゲイル・ハリス)、クリストファー・プラマー(ジャン・ポール・ゲティ)、マーク・ウォールバーグ(フレッチャー・チェイス)、チャーリー・プラマー(ジャン・ポール・ゲティ三世)、ロマン・デュリス(チンクアンタ)、ティモシー・ハットン(オズワルド・ヒンジ)、ほか

「バーニング・オーシャン」のネタバレあらすじ結末

バーニング・オーシャンの紹介:2016年アメリカ映画。2010年にメキシコ湾で発生した原油流出事故をモチーフに製作されたパニック映画です。油田で大爆発事故が発生、被害を食い止めようとする従業員、安全よりも利益を優先する会社幹部、そして懸命の脱出劇と救助活動が臨場感溢れる映像で綴られます。
監督:ピーター・バーグ 出演者:マーク・ウォールバーグ(マイク・ウィリアムズ)、カート・ラッセル(ジミー・ハレル)、ジョン・マルコヴィッチ(ドナルド・ヴィドリン)、ジーナ・ロドリゲス(アンドレア・フレイタス)、ディラン・オブライエン(ケイレブ・ハロウェイ)、ケイト・ハドソン(フェリシア・ウィリアムズ)ほか

「バスケットボール・ダイアリーズ」のネタバレあらすじ結末

バスケットボール・ダイアリーズの紹介:1995年アメリカ映画。詩人ジム・キャロルの自伝的小説「マンハッタン少年日記」を映画化したもので、詩の才能がありながらも麻薬に手を染めて身を持ち崩していく高校生の姿を描いた青春ドラマです。
監督:スコット・カルヴァート 出演者:レオナルド・ディカプリオ(ジム・キャロル)、マーク・ウォールバーグ(ミッキー)、ロレイン・ブラッコ(ジムの母)、ジェームズ・マディオ(ペドロ)、アーニー・ハドソン(レジー)ほか

「トランスフォーマー/最後の騎士王」のネタバレあらすじ結末

トランスフォーマー/最後の騎士王(さいごのきしおう)の紹介:2017年アメリカ映画。日本発のおもちゃを原作とした人気映画シリーズ、トランスフォーマー5作目。最後の騎士王のテーマはトランスフォーマーが地球に来る目的。地球にトランスフォーマー達がやってきてから幾年が経ち、騒動も沈静化してきたかに見えた。しかし今だ次々と飛来する彼らの仲間、その目的は謎だった。その頃遥か宇宙の彼方では地球を去ったオプティマスが自身の創造主へと接近していた。しかしそれは再び地球に危機をもたらすことになる。
監督:マイケル・ベイ 出演:マーク・ウォールバーグ(ケイド・イェーガー)、ローラ・ハドック(ヴィヴィアン・ウェンブリー)、イザベラ・モナー(イザベラ)、スタンリー・トゥッチ(マーリン)、アンソニー・ホプキンス(エドマンド・バートン)、ピーター・カレン(オプティマス・プライム)、エリク・アーダール(バンブルビー)、ジョン・グッドマン(ハウンド)、渡辺謙(ドリフト)、ほか

「パトリオット・デイ」のネタバレあらすじ結末

パトリオット・デイの紹介:2016年アメリカ映画。2013年4月15日、「パトリオット・デイ」(愛国者の日)に発生したボストンマラソン爆弾テロ事件をベースに、架空の警察官の視点から描いたクライムサスペンスです。
監督:ピーター・バーグ 出演者:マーク・ウォールバーグ(ボストン警察巡査部長 トミー・サンダース)、ジョン・グッドマン(ボストン警察警視総監 エド・デイヴィス)、ケヴィン・ベーコン(FBI特別捜査官 リック・デローリエ)、J・K・シモンズ(ウォータータウン警察巡査部長 ジェフ・ピュジリーズ)、ミシェル・モナハン(キャロル・サンダース)、ほか

「2ガンズ」のネタバレあらすじ結末

2ガンズの紹介:2013年アメリカ映画。片田舎の銀行で強盗を企む二人組み。だが二人にはお互いが知らない秘密の素顔があった。それは潜入捜査官。二人は別々の組織から送り込まれ、ある犯罪組織を捜査していた。だがその命令には裏があり、二人は大金を巡る大きな陰謀に巻き込まれていく。デンゼル・ワシントン、マーク・ウォールバーグ競演のバディムービー。
監督:バルタザ-ル・コルマウクル 出演者:ボビー・トレンチ(デンゼル・ワシントン)、マイケル・スティグマン(マーク・ウォールバーグ)、デビー(ポーラ・パットン)、ハロルド・クインズ(ジェームズ・マースデン)、パピ・グレコ(エドワード・ジェームズ・オルモス)、アール(ビル・パクストン)ほか

「ラブリーボーン」のネタバレあらすじ結末

ラブリーボーンの紹介:2009年アメリカ,イギリス,ニュージーランド映画。わずか14歳で殺害された少女が語り手となり、遺された家族を見守るファンタジー&ヒューマン・ドラマ。ある冬の日、スージーは近所に住む男に殺害されてしまう。犯人探しに躍起になる父、精神的に追い詰められていく母。傷ついていく家族を前に、スージーはただ見守ることしか出来ないのか。原作はアリス・シーボルドの小説『ラブリー・ボーン』。
監督:ピーター・ジャクソン 出演者:シアーシャ・ローナン(スージー・サーモン)、マーク・ウォルバーグ(ジャック・サーモン)、レイチェル・ワイズ(アビゲイル・サーモン)、スーザン・サランドン(リン)、スタンリー・トゥッチ(ミスター・ハーヴィ)ほか

「PLANET OF THE APES 猿の惑星」のネタバレあらすじ結末

PLANET OF THE APES 猿の惑星の紹介:2001年アメリカ映画。猿に支配された惑星に不時着した宇宙飛行士の奮闘と脱出までを描いた作品。1968年の映画『猿の惑星』のリ・イマジネーション作品であり、猿が人間を支配しているという基本設定だけを踏襲し、ストーリーはほぼ書き換えられている。最終的にティム・バートンが監督に起用されたが、他にアダム・リフキン/オリバー・ストーン/クリス・コロンバスの3監督が企画を行っていた。
監督:ティム・バートン 出演:マーク・ウォールバーグ(レオ・デイヴィッドソン大尉)、ティム・ロス(セード)、ヘレナ・ボナム・カーター(アリ)、マイケル・クラーク・ダンカン(アター)、ほか

「ミニミニ大作戦(2003年)」のネタバレあらすじ結末

ミニミニ大作戦の紹介:2003年アメリカ映画。「ミニミニ大作戦」は1963年にイギリスで制作された「The Italian Job」のリメイク作品で、2003年にアメリカで制作されました。舞台はイタリアのヴェネチアから始まります。伝説の大泥棒であるある大御所の男が信頼する相棒と仲間とタッグを組み、最後の大仕事を成し遂げようとしますが、仲間の裏切りに遭い命を落としてしまいます。主人公の相棒だったチャーリーは彼に育てられた若者で彼の死を悲しみ復讐しようと誓います。伝説の大泥棒にはまじめに生きている娘がいました。彼女は父親から天才的な金庫破りの技術の才能を受け継いでおり、時が経ち、チャーリーと仲間達と共に父親を裏切った仲間に復讐をする活劇です。
監督: F・ゲイリー・グレイ 出演者: マーク・ウォールバーグ(チャーリー・クローカー)、シャーリーズ・セロン(ステラ)、エドワード・ノートン(スティーヴ・フレゼリ)、セス・グリーン(ライル)、ドナルド・サザーランド(ジョン)ほか

「パーフェクト ストーム」のネタバレあらすじ結末

パーフェクト ストームの紹介:2000年アメリカ映画。セバスチャンユンガーが実体験を元に執筆した小説、パーフェクトストームを映画化した作品で、当時困難だった大波を見事映像表現することに成功し、臨場感あふれる映像が見ものの作品となっています。
監督:ウォルフガング・ペーターゼン 出演:ジョージ・クルーニー(ビリー・タイン)、マーク・ウォールバーグ(ボビー・シャットフォード)、ダイアン・レイン(クリスティーナ・コッター)、ジョン・C・ライリー(デイル・マーフィー)ほか

「NYPD15分署」のネタバレあらすじ結末

NYPD15分署の紹介:1999年アメリカ映画。中国の映画スターであるチョウユンファを起用し、アジアンギャングが台頭しているチャイナタウンを守ろうとする警官たちの奮闘を描いた作品です。
監督:ジェームズ・フォーリー 出演者:チョウ・ユンファ、マーク・ウォルバーグ、リック・ヤン、バイロン・マンほか

「スリーキングス」のネタバレあらすじ結末

スリーキングスの紹介:1999年アメリカ映画。アメリカが行った湾岸戦争をユーモアとドラマ、社会的な考察を入れて映画化し、金を盗もうとした兵士たちがイラクの実情とアメリカ軍の内情を知っていくというストーリーが展開されます。
監督:デヴィッド・O・ラッセル 出演者:ジョージ・クルーニー、マーク・ウォルバーグ、アイス・キューブ、スパイク・ジョーンズほか

「ザ・シューター/極大射程」のネタバレあらすじ結末

ザ・シューター/極大射程の紹介:2007年アメリカ映画。「トレーニング デイ」(2001)で知られるアントワーン・フークア監督の演出に加え「ディパーテッド」(2006)で存在感を露わにし、以降「ザ・ファイター」(2010)や「テッド」(2012)で揺るぎない地位を獲得した人気俳優マーク・ウォールバーグが主演のこの作品はアクション映画でありながらもアメリカの民主主義という名の一部富裕層による利己的な目的で人道を無視し行われた法では裁けない外国への侵略、そしてそれに利用される軍人達に焦点を当てている見応えのある作品。
監督 :アントワーン・フークア 出演:マーク・ウォールバーグ(ボブ・リー・スワガー)、マイケル・ペーニャ(ニック・メンフィス)、ダニー・グローヴァー(アイザック・ジョンソン大佐)、ケイト・マーラ(サラ・フェン)、イライアス・コティーズ(ジャック・ペイン)ほか

「ローン・サバイバー」のネタバレあらすじ結末

ローン・サバイバーの紹介:2013年アメリカ映画。アメリカの特殊部隊、ネイビーシールズに所属していた元隊員のマーカス・ラトレル氏の手記、アフガン、たった一人の生還をもとに映画化した本作は、徹底した考証のもと俳優がトレーニングを積み、撮影されました。
監督:ピーター・バーグ 出演:マーク・ウォールバーグ、テイラー・キッチュ、エミール・ハーシュ、ベン・フォスターほか

「テッド2」のネタバレあらすじ結末

テッド2の紹介:2015年アメリカ映画。あのオヤジなテディーベアのテッドが帰ってきた!大ヒットコメディーtedシリーズ第2弾。しかも結婚?子供?今回はちょっと社会派に、もちろん笑いを交えながら世相を斬るテッドに注目!
監督:セス・マクファーレン 出演:マーク・ウォールバーグ、セス・マクファーレン(テッドの声)、アマンダ・セイフライド、ジョヴァンニ・リビシ、ジョン・スラッテリー、ジェシカ・バースほか

1 2
TOP↑