マーク・ウォールバーグ映画一覧

マーク・ウォールバーグが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「ブギーナイツ」のネタバレあらすじ結末

ブギーナイツの紹介:1997年アメリカ映画。ポール・トーマス・アンダーソン監督とマーク・ウォールバーグの出世作。ポルノ映画業界で働く人々の群像を描き、高い評価を得た。不遇の状態にあったバート・レイノルズも多くの賞を獲得。
監督:ポール・トーマス・アンダーソン 出演:マーク・ウォールバーグ(エディ・アダムス/ダーク・ディグラー)、バート・レイノルズ(ジャック・ホーナー)、ジュリアン・ムーア(アンバー・ウェイブス)、ウィリアム・H・メイシー(リトル・ビル)、ヘザー・グラハム(ローラーガール)、ジョン・C・ライリー(リード・ロスチャイルド)、トーマス・ジェーン(トッド・パーカー)、ドン・チードル(バック・スウォープ)、フィリップ・シーモア・ホフマン(スコティJr.)

「スペンサー・コンフィデンシャル」のネタバレあらすじ結末

スペンサー・コンフィデンシャルの紹介:2019年アメリカ映画。スペンサー・コンフィデンシャルの紹介: 警察官だったスペンサーはある事件をきっかけに上司のボイランに疑念を抱き、彼を殴って刑務所に収容されます。5年後、スペンサーが出所した夜にボイランは何者かに殺害されてしまいます。元警察官としてスペンサーはこの事件を究明するべく動き出します。マーク・ウォルバーグと監督のピーター・バーグがタッグを組んだNetflixオリジナル映画です。
監督:ピーター・バーグ 出演:マーク・ウォルバーグ(スペンサー)、ウィンストン・デューク(ホーク)、ロブ・ロウ(ブラッド)、アラン・アーキン(ヘンリー)、イライザ・シュレシンガー(シシー)、ボキーム・ウッドバイン(ドリスコル)、ポスト・アローン(スクイーブ)、ブランドン・スケールズ(グレアム)、ほか

「インスタントファミリー 本当の家族見つけました」のネタバレあらすじ結末

インスタント・ファミリー 本当の家族見つけましたの紹介:2018年アメリカ映画。子供を作ろうとしないピートとエリーは、エリーの妹夫婦に触発され養子を受け入れることを決意します。子育て経験のない二人が三人の子供を迎え、手探りで子育てを行うという実話をもとにコメディタッチに描かれた作品です。
監督:ショーン アンダース 出演:マーク・ウォールバーグ(ピート・ワグナー)、ローズ・バーン(エリー・ワグナー)、イザベラ・モナー(リジー・ビアーラ)、オクタヴィア・スペンサー (カレン)、ティグ・ノタロ (シャロン) 犬(ミートボール)、ほか

「ザ・ギャンブラー/熱い賭け」のネタバレあらすじ結末

ザ・ギャンブラー/熱い賭けの紹介:2014年アメリカ映画。カジノの負けがかさみ、借金が20万ドル以上に膨れ上がった大学教授のジムは、借りた相手から7日以内に返さないとお前も家族も殺すと言われ、最後の大勝負にでます…という内容のクライムサスペンス映画です。1974年のアメリカ映画『熱い賭け』のリメイク作品です。
監督:ルパート・ワイアット 出演者:マーク・ウォールバーグ(ジム・ベネット)、ジョン・グッドマン(フランク)、ブリー・ラーソン(エイミー・フィリップス)、マイケル・ケネス・ウィリアムス(ネヴィル・バラカ)、ジェシカ・ラング(ロベルタ)、アンソニー・ケリー(ラマー・アレン)、アルヴィン・イン(ミスター・リー)ほか

「マックス・ペイン」のネタバレあらすじ結末

マックス・ペインの紹介:2008年アメリカ映画。強盗3人組に妻と幼い子供を殺された刑事マックス。資料室に配置転換させられた今も逃げた残る一人の妻殺しの犯人を追っていました。バーで知り合ったナターシャが殺され、腕に妻と同じ刺青があったことから。妻殺しは何か仕組まれたものだと思い始めました…という内容の、人気ゲームの実写映画化作品です。
監督:ジョン・ムーア 出演者:マーク・ウォールバーグ(マックス・ペイン)、ミラ・クニス(モナ・サックス)、ボー・ブリッジス(B.B.ヘンズリー)、オルガ・キュリレンコ(ナターシャ)、クリス・”リュダクリス”・ブリッジス(ジム・ブラヴーラ)、アマウリー・ノラスコ(ジャック・ルピノ)、クリス・オドネル(ジェイソン・コルヴィン)、ドナル・ローグ(アレックス)ほか

「アンダーカヴァー」のネタバレあらすじ結末

アンダーカヴァーの紹介:2007年アメリカ映画。エリート警察官一家に生まれながらも、父と同じく警察官への道を歩んだ兄と裏社会で生きることを選んだ弟が警察と裏社会を仕切るマフィアとの抗争に巻き込まれていく過程を描いた犯罪ドラマです。ダブル主演で兄弟を演じたホアキン・フェニックスとマーク・ウォールバーグは本作のプロデュースも手掛けています。
監督:ジェームズ・グレイ 出演者:ホアキン・フェニックス(ロバート・“ボビー”・グリーン)、マーク・ウォールバーグ(ジョセフ・“ジョー”・グルジンスキー)、エヴァ・メンデス(アマダ・ファレス)、ロバート・デュヴァル(アルバート・“バート”・グルジンスキー)、アレックス・ヴィードフ(ヴァディム・ニジンスキー)、トニー・ムサンテ(ジャック・シャピロ)、アントニー・コロン(マイケル・ソロ)、ダニー・ホック(ルイス・“ジャンボ”・ファルセッティ)、モニ・モシュノフ(マラット・バザエフ)、ほか

「アザー・ガイズ」のネタバレあらすじ結末

アザー・ガイズ 俺たち踊るハイパー刑事!の紹介:2010年アメリカ映画。ニューヨーク市警の花形警部ダンソン・ハイスミスコンビを尻目に黙々とデスクワークを続ける地味な男アレン。一方野心はあるもののドジやミスを連発しうまくいかない男テリー。工事現場の足場許可をきっかけに二人は大きな事件へと迫っていく。
監督:アダム・マッケイ 出演:ウィル・フェレル(アレン・ギャンブル)、マーク・ウォールバーグ(テリー・ホイツ)、エヴァ・メンデス(シーラ・ギャンブル)、マイケル・キートン(ジーン・マウチ警部)、スティーヴ・クーガン(デヴィッド・アーション)、レイ・スティーヴンソン(ロジャー・ウェズリー)、サミュエル・L・ジャクソン(P・K・ハイスミス)、ドウェイン・ジョンソン(クリストファー・ダンソン)、ほか

「ハプニング」のネタバレあらすじ結末

ハプニングの紹介:2008年アメリカ映画。ニューヨークのセントラルパークで突然人々が自殺し始めました。この事件はアメリカ東海岸を中心に次々広がりました。最初はテロ事件と報道され、人々は安全な場所へと逃げ始めました。高校教師のエリオットも妻のアルマを連れて逃げますが、自殺の事件は二人の行く先までも次々広がっていきました・・という内容のサスペンスホラー映画です。
監督:M・ナイト・シャマラン 出演者:マーク・ウォールバーグ(エリオット・ムーア)、ズーイー・デシャネル(アルマ・ムーア)、ジョン・レグイザモ(ジュリアン)、アシュリー・サンチェス(ジェス)、スペンサー・ブレスリン(ジョシュ)、ベティ・バックリー(ジョーンズ夫人)ほか

「マイル22」のネタバレあらすじ結末

マイル22の紹介:2018年アメリカ映画。世界中でテロと戦うため極秘活動をするアメリカのスパイ諜報機関CIAは、アメリカ映画の多くの題材になっていますが、諜報活動だけでなく銃や爆弾を使う危険な任務も行います。アジアでテロのための恐怖の化学物質の行方を追う諜報員達は、化学物質の行方を知る男を守るため、ロシア諜報機関と激しい戦いを繰り広げますが、意外な結末が待ち構えています。『マイル22』はハリウッドで最も稼ぐ男のマーク・ウォールバーグが短気で有能な諜報員、アジアの架空の国で激しいアクションを演じ最後まで目の話せないストーリーです。
監督:ピーター・バーグ 出演:
マーク・ウォールバーグ(ジェームズ・シルバ)、ローレン・コーハン(アリス・カー)、イコ・ウワイス(リー・ノア)、ロンダ・ラウジー(サム・スノウ)、ジョン・マルコヴィッチ(ビショップ)、CL(クィーン)、ほか

「ブロークンシティ」のネタバレあらすじ結末

ブロークンシティの紹介:2012年アメリカ映画。中々儲からずに苦労していた元警察官の私立探偵が、ニューヨーク市長から妻の浮気調査の依頼を受けました。しかし、その裏には巨大な陰謀が隠されていました。「“正義”が喰い殺されるこの街で、勝ち目0(ゼロ)の復讐が始まる!」というキャッチで、この陰謀に立ち向かう私立探偵の姿を描いた政治クライム・サスペンス映画です。
監督:アレン・ヒューズ 出演:マーク・ウォールバーグ(ビリー・タガート)、ラッセル・クロウ(ニコラス・ホステラー市長)、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ(キャサリン・ホステラー)、ジェフリー・ライト(コリン・フェアバンクス)、バリー・ペッパー(ジャック・ヴァリアント)、ほか

「ゲティ家の身代金」のネタバレあらすじ結末

ゲティ家の身代金の紹介:2017年アメリカ映画。1973年当時世界一の資産家といわれていた男の孫が誘拐されました。多額の身代金を要求する犯人グループに対し、世界一の資産家は支払いを渋ります。母は息子の即時釈放のため身代金の支払いを義父に要求しますが、息子の命に危険が迫りつつありました。世界一の大富豪は身代金を払うのでしょうか?母と息子の運命は?『ゲティ家の身代金』は当時大きな話題になった実際に起きた事件を元にした話です。
監督:リドリー・スコット 出演:ミシェル・ウィリアムズ(アビゲイル・ハリス)、クリストファー・プラマー(ジャン・ポール・ゲティ)、マーク・ウォールバーグ(フレッチャー・チェイス)、チャーリー・プラマー(ジャン・ポール・ゲティ三世)、ロマン・デュリス(チンクアンタ)、ティモシー・ハットン(オズワルド・ヒンジ)、ほか

「バーニング・オーシャン」のネタバレあらすじ結末

バーニング・オーシャンの紹介:2016年アメリカ映画。2010年にメキシコ湾で発生した原油流出事故をモチーフに製作されたパニック映画です。油田で大爆発事故が発生、被害を食い止めようとする従業員、安全よりも利益を優先する会社幹部、そして懸命の脱出劇と救助活動が臨場感溢れる映像で綴られます。
監督:ピーター・バーグ 出演者:マーク・ウォールバーグ(マイク・ウィリアムズ)、カート・ラッセル(ジミー・ハレル)、ジョン・マルコヴィッチ(ドナルド・ヴィドリン)、ジーナ・ロドリゲス(アンドレア・フレイタス)、ディラン・オブライエン(ケイレブ・ハロウェイ)、ケイト・ハドソン(フェリシア・ウィリアムズ)ほか

「バスケットボール・ダイアリーズ」のネタバレあらすじ結末

バスケットボール・ダイアリーズの紹介:1995年アメリカ映画。詩人ジム・キャロルの自伝的小説「マンハッタン少年日記」を映画化したもので、詩の才能がありながらも麻薬に手を染めて身を持ち崩していく高校生の姿を描いた青春ドラマです。
監督:スコット・カルヴァート 出演者:レオナルド・ディカプリオ(ジム・キャロル)、マーク・ウォールバーグ(ミッキー)、ロレイン・ブラッコ(ジムの母)、ジェームズ・マディオ(ペドロ)、アーニー・ハドソン(レジー)ほか

「トランスフォーマー/最後の騎士王」のネタバレあらすじ結末

トランスフォーマー/最後の騎士王(さいごのきしおう)の紹介:2017年アメリカ映画。日本発のおもちゃを原作とした人気映画シリーズ、トランスフォーマー5作目。最後の騎士王のテーマはトランスフォーマーが地球に来る目的。地球にトランスフォーマー達がやってきてから幾年が経ち、騒動も沈静化してきたかに見えた。しかし今だ次々と飛来する彼らの仲間、その目的は謎だった。その頃遥か宇宙の彼方では地球を去ったオプティマスが自身の創造主へと接近していた。しかしそれは再び地球に危機をもたらすことになる。
監督:マイケル・ベイ 出演:マーク・ウォールバーグ(ケイド・イェーガー)、ローラ・ハドック(ヴィヴィアン・ウェンブリー)、イザベラ・モナー(イザベラ)、スタンリー・トゥッチ(マーリン)、アンソニー・ホプキンス(エドマンド・バートン)、ピーター・カレン(オプティマス・プライム)、エリク・アーダール(バンブルビー)、ジョン・グッドマン(ハウンド)、渡辺謙(ドリフト)、ほか

「パトリオット・デイ」のネタバレあらすじ結末

パトリオット・デイの紹介:2016年アメリカ映画。2013年4月15日、「パトリオット・デイ」(愛国者の日)に発生したボストンマラソン爆弾テロ事件をベースに、架空の警察官の視点から描いたクライムサスペンスです。
監督:ピーター・バーグ 出演者:マーク・ウォールバーグ(ボストン警察巡査部長 トミー・サンダース)、ジョン・グッドマン(ボストン警察警視総監 エド・デイヴィス)、ケヴィン・ベーコン(FBI特別捜査官 リック・デローリエ)、J・K・シモンズ(ウォータータウン警察巡査部長 ジェフ・ピュジリーズ)、ミシェル・モナハン(キャロル・サンダース)、ほか

1 2

キーワードから探す

TOP↑