マーロン・ブランド映画一覧

マーロン・ブランドが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「地獄の黙示録 ファイナル・カット」のネタバレあらすじ結末

地獄の黙示録 ファイナル・カットの紹介:2019年アメリカ映画。「ここが終着点―――」ジョゼフ・コンラッドの小説『闇の奥』を『ゴッドファーザー』シリーズのフランシス・フォード・コッポラ監督が映画化、カンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞するなど数々の金字塔を打ち立てた戦争映画の傑作『地獄の黙示録』(1979年公開)。2001年には未公開シーンを加えた『特別完全版』が公開された本作品を、公開40周年を記念してコッポラ監督自ら再編集した最終版です。今回は1979年のオリジナル版より30分長く、特別完全版より20分短い182分にまとめたうえでIMAX上映に向けて新たにデジタル修復も施されました。
監督:フランシス・フォード・コッポラ 出演者:マーロン・ブランド(ウォルター・E・カーツ大佐)、ロバート・デュヴァル(ビル・キルゴア中佐)、マーティン・シーン(ベンジャミン・L・ウィラード大尉)、フレデリック・フォレスト(ジェイ・“シェフ”・ヒックス)、サム・ボトムズ(ランス・B・ジョンソン)、ローレンス・フィッシュバーン(タイロン・“クリーン”・ミラー)、アルバート・ホール(ジョージ・“チーフ”・フィリップス)、ハリソン・フォード(ルーカス大佐)、デニス・ホッパー(報道写真家)、G・D・スプラドリン(コーマン将軍)、ほか

「ドンファン」のネタバレあらすじ結末

ドンファンの紹介:1995年アメリカ映画。自分の事をドンファンと呼び、1000人以上の女性と関係を持ったいう若者が、飛び降り自殺をしようとしていました。説得に向かったのは精神科医のジャックでした。自殺を止め、自分の病院に入院させたジャックがドンファンの話を聞くうち、自分がドンファンに引き込まれていくのがわかり…という内容の、マーロン・ブランドとジョニー・デップの共演するコメディロマンス映画です。
監督:ジェレミー・レビン 出演者:マーロン・ブランド(ジャック・ミックラー)、ジョニー・デップ(ドンファン・デマルコ)、フェイ・ダナウェイ(マリリン・ミックラー)、ジェラルディン・ペラス(ドンナ・アナ)、ボブ・デイシー(ポール院長)、タリサ・ソト(ドンナ・フリア)ほか

「ラストタンゴ・イン・パリ」のネタバレあらすじ結末

ラストタンゴ・イン・パリの紹介:1972年フランス,イタリア映画。アパートの空室。パリの孤独なアメリカ人と若い女の情事。性描写によって公開当時にセンセーションを巻き起こす。ベルトルッチの名声を決定的にした傑作だが、マリア・シュナイダーはアナルセックスのシーンの撮影で彼女の同意を得ずにバターが使われたことに傷ついていた。シュナイダーの没後、ベルトルッチの晩年にこれがレイプと誤解されインターネットでの炎上騒ぎになる。R18+作品。
監督:ベルナルド・ベルトルッチ 出演者:マーロン・ブランド(ポール)、マリア・シュナイダー(ジャンヌ)、ジャン=ピエール・レオー(トム)、マッシモ・ジロッティ(マルセル)、マリア・ミーキ(ローザの母)その他

「ジュリアス・シーザー (1953年)」のネタバレあらすじ結末

ジュリアス・シーザーの紹介:1953年アメリカ映画。数度に渡って劇場版やテレビシリーズが制作された、ウィリアム・シェイクスピアの同名戯曲の1953年映画化版です。絶対的な権力を誇る古代ローマの支配者ジュリアス・シーザーと、彼の暗殺を狙う者たちの確執と権力闘争を描きます。
監督:ジョセフ・L・マンキーウィッツ 出演者:マーロン・ブランド(マーク・アントニー)、ルイス・カルハーン(ジュリアス・シーザー)、ジェームズ・メイスン(ブルータス)、ジョン・ギールグッド(カシアス)、エドモンド・オブライエン(カスカ)ほか

「ブレイブ」のネタバレあらすじ結末

ブレイブの紹介:1997年アメリカ映画。グレゴリー・マクドナルドの小説をジョニー・デップが自ら監督・共同脚本・主演を務めて映画化したものです。自らの命と引き換えに金を得る契約を交わした貧しい男が、家族と共に残された時間を過ごすというストーリーです。
監督:ジョニー・デップ 出演者:ジョニー・デップ(ラファエル)、エルピディア・カリーロ(リタ)、ルイス・グズマン(ルイス)、クラレンス・ウィリアムス3世(ストラットン神父)、マーロン・ブランド(マッカーシー)ほか

「スコア」のネタバレあらすじ結末

スコアの紹介:2001年アメリカ映画。題名「スコア」とは隠語で「泥棒」を意味し、キャッチコピーは「最後に笑うヤツは誰だ?」で、クラブのオーナーと超一流の金庫破りという2つの顔を持つニックが、旧友マックスのために最後の一仕事をこなすクライム・サスペンス映画です。ロバート・デ・ニーロ、マーロン・ブランド、エドワード・ノートンの世代が違う3大スターが競演しています。
監督:フランク・オズ 出演:ロバート・デ・ニーロ(ニック)、エドワード・ノートン(ジャック)、マーロン・ブランド(マックス)、アンジェラ・バセット(ダイアン)、ほか

「スーパーマン」のネタバレあらすじ結末

スーパーマンの紹介:1978年アメリカ映画。アニメやテレビシリーズで知られた「スーパーマン」を復活された特撮大作。「スター・ウォーズ」のブームに便乗したSF映画として公開されたが、結果的に近年のアメコミヒーロー映画の先駆となり、再評価が著しい。
監督:リチャード・ドナー 出演:クリストファー・リーヴ(スーパーマン/クラーク・ケント)、マーゴット・キダー(ロイス・レーン)、マーロン・ブランド(ジョー=エル)、ジーン・ハックマン(レックス・ルーサー)

「波止場」のネタバレあらすじ結末

波止場の紹介:1954年アメリカ映画。ギャングに牛耳られるニュヨークの湾岸労働者の実態をドキュメンタリータッチで描いた名作。エリア・カザン監督が赤狩りの際の自らの証言行為を正当化しようとした作品とも言われる。アカデミー賞では作品、監督はじめ8部門で受賞。
監督:エリア・カザン 出演:マーロン・ブランド(テリー)、エヴァ・マリー・セイント(イディ)、リー・J・コッブ(ジョニー)、ロッド・スタイガー(チャーリー)、ほか

「欲望という名の電車」のネタバレあらすじ結末

欲望という名の電車の紹介:1951年アメリカ映画。テネシー・ウィリアムズの名作戯曲を原作者自身の脚本により映画化。初演の演出を担当したエリア・カザンが監督にあたっている。やはり初演でもスタンリーを演じたマーロン・ブランドがその強烈な個性を発揮。一躍スターとなった。
監督:エリア・カザン 出演:ヴィヴィアン・リー(ブランチ)、マーロン・ブランド(スタンリー)、キム・ハンター、カール・マルデン、ルディ・ボンド、ほか

「妖精たちの森」のネタバレあらすじ結末

妖精たちの森の紹介:1971年イギリス映画。田園地帯の広大な屋敷に住む幼い姉弟は、大好きな下男と家庭教師の恋を応援しようとする。しかし幼い故の無垢と純真が次第に2人を異常な行動に走らせ、最後には戦慄の展開が待ち受ける。1961の年イギリス映画「回転」の前日談に位置づけられるサスペンス作品。
監督:マイケル・ウィナー 出演者:マーロン・ブランド(ピーター・クイント)、ステファニー・ビーチャム(マーガレット・ジェスル)、ソーラ・ハード(ミセス・グロース)、ベロナ・ハーベイ(フローラ)、クリストファー・エリス(マイルズ)ほか

「ゴッドファーザー」のネタバレあらすじ結末

ゴッドファーザーの紹介:1972年アメリカ映画。アメリカの小説家マリオ・プーゾが1969年に発表した大ベストセラー同名小説を巨匠フランシス・フォード・コッポラ監督が映画化した一大叙事詩にしてマフィア映画の歴史的名作であり、ゴッドファーザー三部作の第1作です。第二次世界大戦後のニューヨークを舞台に、一代で暗黒街を牛耳るボスに成り上がった男の繁栄と衰退、世代交代を壮大なスケールで描き、同年度のアカデミー賞で作品賞・主演男優賞・脚色賞を受賞しました。
監督:フランシス・フォード・コッポラ 出演者:マーロン・ブランド(ドン・ヴィトー・コルレオーネ)、アル・パチーノ(ミケーレ・“マイケル”・コルレオーネ)、ジェームズ・カーン(サンティノ・“ソニー”・コルレオーネ)、ロバート・デュヴァル(トム・ヘイゲン)、ジョン・カザール(フレデリコ・“フレド”・コルレオーネ)、ダイアン・キートン(ケイ・アダムス・コルレオーネ)、リチャード・S・カステラーノ(ピーター・クレメンザ)、タリア・シャイア(コンスタンツァ・“コニー”・コルレオーネ・リッジ)、モルガーナ・キング(カルメーラ・コルレオーネ)、エイブ・ヴィゴダ(サル・テッシオ)、スターリング・ヘイドン(マクラスキー)、ほか

「地獄の黙示録」のネタバレあらすじ結末

地獄の黙示録の紹介:1979年アメリカ映画。ジョゼフ・コンラッドの小説『闇の奥』を、巨匠フランシス・フォード・コッポラが舞台をベトナム戦争時代に置き換えて映画化した巨編です。ベトナム戦争後期、米軍を脱走しカンボジアで王国を築き上げた大佐と、その抹殺指令を受けた大尉の狂気に満ちた体験を描きます。
監督:フランシス・フォード・コッポラ 出演者:マーロン・ブランド(ウォルター・E・カーツ大佐)、ロバート・デュヴァル(ビル・キルゴア中佐)、マーティン・シーン(ベンジャミン・L・ウィラード大尉)、フレデリック・フォレスト(ジェイ・“シェフ”・ヒックス)、サム・ボトムズ(ランス・B・ジョンソン)、ローレンス・フィッシュバーン(タイロン・“クリーン”・ミラー)、アルバート・ホール(ジョージ・“チーフ”・フィリップス)、ハリソン・フォード(ルーカス大佐)、デニス・ホッパー(アメリカ人カメラマン)ほか

キーワードから探す

TOP↑