Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

松岡茉優映画一覧

松岡茉優が出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「blank13」のネタバレあらすじ結末

blank13(ブランク13)の紹介:2017年日本映画。放送作家・はしもとこうじの実体験に基づくエピソードを俳優・斎藤工が“齊藤工”名義で自身初の長編作品として監督を務めたヒューマンドラマです。多額の借金を抱え、まだ幼い兄弟と母を残して失踪した父。13年後に再会した時には父は既に病魔に蝕まれており・・・。
監督:齊藤工 出演者:高橋一生(松田コウジ)、斎藤工(松田ヨシユキ)、神野三鈴(松田洋子)、松岡茉優(西田サオリ)、佐藤二朗(岡宗太郎)、村上淳(多田マサシ)、リリー・フランキー(松田雅人)ほか

「万引き家族」のネタバレあらすじ結末

万引き家族の紹介:2018年日本映画。「誰も知らない」「そして父になる」の是枝裕和監督が、万引きという犯罪を通して繋がっていく家族の物語をオリジナル脚本で映画化。親の年金を不正受給していた家族が逮捕されるという事件から着想を得たという物語が描かれます。2018年第71回カンヌ国際映画祭で日本映画としては21年ぶりとなる最高賞パルムドールを受賞した話題作。リリー・フランキー、安藤さくら、樹木希林等、ベテラン俳優に、松岡茉優や城桧吏ら期待の若手俳優が出演。
監督:是枝裕和 出演:リリー・フランキー(柴田治)、安藤サクラ(柴田信代)、城桧吏(柴田祥太)、松岡茉優(柴田亜紀)、樹木希林(柴田初枝)、佐々木みゆ(ゆり / 凛)、池松壮亮(4番さん)、柄本明(川戸頼次)、高良健吾(前園巧)、池脇千鶴(宮部希衣)、ほか

「ちはやふる 繋ぐ」のネタバレあらすじ結末

ちはやふる 繋ぐの紹介:2018年日本映画。末次由紀の同名漫画を広瀬すず主演で映画化した『ちはやふる』シリーズのスピンオフとなるネット配信ドラマです。全5話で構成されており、映画第2作『下の句』と第3作『結び』の間に起こった知られざるエピソードを描いています。
監督:小泉徳宏 出演者:広瀬すず(綾瀬千早)、野村周平(真島太一)、新田真剣佑(綿谷新)、上白石萌音(大江奏)、松岡茉優(若宮詩暢)、賀来賢人(周防久志)ほか

「ストレイヤーズ・クロニクル」のネタバレあらすじ結末

ストレイヤーズ・クロニクルの紹介:2015年日本映画。本多孝好の同名ベストセラー小説を実写映画化したアクション作品です。極秘実験により生み出された、常人よりも非常に短い寿命と引き換えに超人的な身体能力を持った青年たちが、視力・聴力・筋力などが常人よりも発達した青年たちが、未来の微かな希望を信じるグループと絶望したグループに分かれて生き残りを賭けた熾烈な闘いに挑んでいきます。
監督:瀬々敬久 出演者:岡田将生(荏碕昴)、染谷将太(学)、成海璃子(沙耶)、松岡茉優(モモ)、白石隼也(亘)、高月彩良(静)、清水尋也(良介)、鈴木伸之(壮)、柳俊太郎(ヒデ)、瀬戸利樹(隆二)、黒島結菜(碧)、豊原功補(井坂)、石橋蓮司(大曾根誠)、伊原剛志(渡瀬浩一郎)ほか

「勝手にふるえてろ」のネタバレあらすじ結末

勝手にふるえてろの紹介:2017年日本映画。芥川賞作家・綿矢りさの同名小説を映画化したラブコメディです。映画初主演となる松岡茉優扮する恋愛経験がなく妄想癖のあるOLが二人の男の間で揺れ動くさまを描いています。
監督:大九明子 出演者:松岡茉優(江藤良香)、北村匠海(一宮/イチ)、渡辺大知(霧島/ニ)、石橋杏奈(月島来留美)、古舘寛治(釣りおじさん)、片桐はいり(オカリナ)、趣里(金髪店員)、前野朋哉(最寄り駅の駅員)ほか

「ちはやふる 結び」のネタバレあらすじ結末

ちはやふる 結びの紹介:2017年日本映画。末次由紀の大ヒットコミックを実写化した青春映画の金字塔「ちはやふる 上の句」「ちはやふる 下の句」の続編でシリーズ完結作。前作から2年後、瑞沢高校競技かるた部は全国大会優勝を目指すべく動き出す。そんな中、綾瀬千早は幼馴染の錦谷新に告白される。しかしもう1人の幼馴染、真島太一も千早に想いを寄せていた。恋もかるたま負けられない。最後の青春が幕を開ける。出演は前作に引き続き広瀬すず、野村周平、新田真剣佑。
監督:小泉徳宏 出演:広瀬すず(綾瀬千早)、野村周平(真島太一)、新田真剣佑(錦谷新)、上白石萌音(大江奏)、矢本悠馬(西田優征)、森永悠希(駒野勉)、優希美青(花野菫)、佐野勇斗(筑波秋博)、清原果耶(我妻伊織)、松岡茉優(若宮詩暢)、賀来賢人(周防久志)、國村隼(原田秀雄)、ほか

「はじまりのみち」のネタバレあらすじ結末

はじまりのみちの紹介:2013年日本映画。昭和を代表する映画監督である木下恵介の生誕100周年を記念して作られた作品。アニメ監督として有名な原恵一が初めて実写作品に挑んだ。木下恵介監督が戦時中に病気である母を疎開させるため、リヤカーに乗せて山越えをした実話をもとに、戦争という時代の荒波のなか、お互いを思いやる母子の愛情を描く。
監督:原恵一 出演:加瀬亮(木下惠介 / 正吉)、田中裕子(木下たま)、ユースケ・サンタマリア(木下敏三)、濱田岳(便利屋)、斉木しげる(木下周吉)、光石研(庄平)、濱田マリ(こまん)、山下リオ(木下作代)、藤村聖子(木下芳子)、松岡茉優(やゑ子)、相楽樹(義子)、大杉漣(松竹・城戸四郎)、宮崎あおい(学校の先生)、

「猫なんかよんでもこない。」のネタバレあらすじ結末

猫なんかよんでもこない。の紹介:2015年日本映画。杉作の実話をもとにした、通称「猫よん」と呼ばれている人気同名漫画を原作とした実写映画です。「いつからかコイツらとオレは家族になった。」というキャッチコピーで、ひょんなことで2匹の捨て猫を飼うことになった猫嫌いの不器用なプロボクサーと、その2匹の猫たちとの日常をユーモラスな台詞回しとソフトなタッチで描いた、感動のアニマル映画です。主演はNHK連続テレビ小説『純と愛』(2012年)や『映画・鈴木先生』(2013年)などの演技派若手俳優の風間俊介で、原作者の杉作が食堂のおやじ役でカメオ出演しています。
監督:山本透 出演:風間俊介(杉田ミツオ)、つるの剛士(兄貴)、松岡茉優(ウメさん)、内田淳子(兄貴の奥さん)、矢柴俊博(医者)、市川実和子(大家さん)、

「ポテチ」のネタバレあらすじ結末

ポテチの紹介:2012年日本映画。伊坂幸太郎の原作の映画化です。空き巣の今村忠司が侵入したのは今村が大ファンである尾崎の侵入してある一本の電話をきっかけに今村が見つけた大発見とは?仙台を舞台にしたハートフルコメディ映画です。
監督:中村義洋 出演:濱田岳(今村忠司)木村文乃(大西若葉)大森南朋(黒澤)石田えり(今村弓子)中林大樹(落合修輔)松岡茉優(ミユ)阿部亮平(尾崎選手)桜金浩(堂島監督)竹内結子(通行人)

「桐島、部活やめるってよ」のネタバレあらすじ結末

桐島、部活やめるってよの紹介:2012年日本映画。日本アカデミー賞を多数受賞した作品。バレー部のスター・桐島が部活をやめることをきっかけに、高校生の日常の変化が時間軸を交差しながら描かれる。
監督: 吉田大八 出演: 神木隆之介(前田涼介)、橋本愛(東原かすみ)、東出昌大(菊池宏樹)、山本美月(飯田理沙)、松岡茉優(野崎沙菜)、清水くるみ(宮部実果)、大後寿々花(沢島亜矢)、太賀(小泉)、落合モトキ(寺島)、浅香航大(友弘)

「リトル・フォレスト 冬・春」のネタバレあらすじ結末

リトル・フォレスト 冬・春の紹介:2015年日本映画。講談社から出版された一人の女性が小さな北国の自然あふれる村で暮らしていく様子を描いた漫画を原作としています。作者が実際に北国の小さな村で生活した経験を元に漫画を描いています。映画はその原作を忠実に再現しており、豊かな自然、食材を中心として、一人の女性の心理描写を丁寧に描いています。「夏・秋」と「冬・春」に分けて上映されました。「冬・春」は「夏・秋」の続編であり、前作品よりもストーリー展開に動きがあります。
監督: 森淳一 出演: 橋本愛(いち子)、三浦大貴(ユウ太)、松岡茉優(キッコ)、温水洋介(シゲユキ)、桐島かれん(福子)ほか

「リトル・フォレスト 夏・秋」のネタバレあらすじ結末

リトル・フォレスト 夏・秋の紹介:2014年日本映画。講談社から出版された一人の女性が小さな北国の自然あふれる村で暮らしていく様子を描いた漫画を原作としています。作者は男性ですが、実際に北国の小さな村で生活した経験を元に漫画を描いています。「夏・秋・冬・春」の4部作で構成されており、「夏・秋」と「冬・春」に分けて上映されました。「夏・秋」は「冬・春」の前編であり、後作品よりもストーリー展開に動きがなく、自然の美しさや厳しさの方を重点的に描いています。一人の若い女性がなぜ、これほどまでの山奥の田舎で暮らしているのか疑問に思いますが、その謎が物語が進むにつれて明らかになっていきます。
監督: 森淳一 出演: 橋本愛(いち子)、三浦大貴(ユウ太)、松岡茉優(キッコ)、温水洋介(シゲユキ)、桐島かれん(福子)ほか

「聲の形」のネタバレあらすじ結末

聲の形(こえのかたち)の紹介:2016年日本映画。ガキ大将の石田将也はいつもクラスの中心となって、イタズラや危険な遊びをして毎日を過ごしていた。ある日、西宮硝子という女の子がクラスに転校してくる。硝子は自己紹介をする際に、スケッチブックを取り出し、自分は耳が聴こえないということを説明した。好奇心を抱いた将也は硝子に積極的に関わるようになる。そのうちエスカレートし、クラス全体を巻き込むようないじめへと発展してしまう。結果、クラスに馴染めない硝子はまた転校することに。それから5年後、高校生になった将也は小学生の時伝えられなかった想いを伝えるため、硝子に会いに行く。
監督:山田尚子 声の出演:入野自由(石田将也)、早見沙織(西宮硝子)、悠木碧(西宮結弦)、小野賢章(永束友宏)、松岡茉優(石田将也・小学生時代)ほか

「絶叫学級」のネタバレあらすじ結末

絶叫学級の紹介:2013年日本映画。学校に伝わる都市伝説である「黄泉」の話を聞き願い事をする加奈だったのだが、黄泉の都市伝説では願いと引き換えに大事なものを失ってしまう。というものだった。誰よりも可愛くなりたい!と願う加奈に暗い陰が忍び寄っていた。
監督:佐藤徹也 出演:川口春奈(荒樹加奈)、広瀬アリス(高見沢リオ)、松岡茉優(香取絵莉花)、栗原類(後藤アキラ)、山本美月(黄泉)、ほか

「ポケモン・ザ・ムービーXY&Z ボルケニオンと機巧のマギアナ」のネタバレあらすじ結末

ポケモン・ザ・ムービーXY&Z「ボルケニオンと機巧(からくり)のマギアナ」の紹介:2016年日本映画。相棒のピカチュウ、そして仲間達と共に旅を続けるサトシ。ある日彼らの目の前に謎のポケモンが落ちてきた。そのポケモンの名はボルケニオン。彼が落ちてきた時に同時に落ちてきたおかしな機械のせいでボルケニオンと離れられなくなってしまったサトシはボルケニオンと共にある街へ行く。そこはカラクリの街アゾット王国。ボルケニオンはあるポケモンを追っていた。大人気アニメの2016年劇場版。

1 2
TOP↑