Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

マイケル・ダグラス映画一覧

マイケル・ダグラスが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「恋するリベラーチェ」のネタバレあらすじ結末

恋するリベラーチェの紹介:2013年アメリカ映画。煌びやかな衣装を身に着け、巧みな話術とピアノの演奏で”ミスター・ショウマンシップ”の愛称で知られるリベラーチェと、犬の訓練士として働く青年スコット・ソーソンが出会って恋に落ち、共に暮らす様子を描いた実話に基づいた作品です。マイケル・ダグラスがあの若かりし日の面影を残しながらも、最後は死を目前にした老人を演じるは姿は感動します。
監督:スティーヴン・ソダーバーグ 出演:マイケル・ダグラス(リベラーチェ)、マット・デイモン(スコット・ソーソン)、ダン・エイクロイド(シーモア・ヘラー)、スコット・バクラ(ボブ・ブラック)、ロブ・ロウ(ジャック・スターツ医師)、トム・パパ(レイ・アーネット)、ポール・ライザー(フェルダー)、デビー・レイノルズ(フランシス・リベラーチェ)、ほか

「アベンジャーズ/エンドゲーム」のネタバレあらすじ結末

アベンジャーズ/エンドゲームの紹介:2019年アメリカ映画。マーベル・コミックの人気スーパーヒーローたちが一堂に集結した一大英雄巨編『アベンジャーズ』シリーズ第4作にして完結編であり、『マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)』シリーズ第22作目であるSFアクション超大作です。「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」で、サノスによって人類の半分の命が失われた世界のその後を描いており、生き残ったヒーローたちが力を合わせ、仲間や愛する人達を救うため、最後の決戦に挑む。本作品は2019年公開の全ての映画作品の中でも最重要作品であり、2008年公開の『アイアンマン』から始まったMCUシリーズの集大成にしてグランドフィナーレを飾るに相応しい作品に仕上がっています。なお、本作は『アイアンマン』シリーズおよび初代『キャプテン・アメリカ』シリーズの完結編ともなっています。
監督:アンソニー・ルッソ、ジョー・ルッソ キャスト:ロバート・ダウニー・Jr(トニー・スターク/アイアンマン)、クリス・エヴァンス(スティーブ・ロジャース/キャプテン・アメリカ)、マーク・ラファロ(ブルース・バナー/ハルク)、クリス・ヘムズワース(ソー)、スカーレット・ヨハンソン(ナターシャ・ロマノフ/ブラック・ウィドウ)、ジェレミー・レナー(クリント・バートン/ホークアイ)、ドン・チードル(ジェームズ・“ローディ”・ローズ/ウォーマシン)、ポール・ラッド(スコット・ラング/アントマン)、グウィネス・パルトロー(ペッパー・ポッツ)、ジョシュ・ブローリン(サノス)ほか

「アントマン&ワスプ」のネタバレあらすじ結末

アントマン&ワスプの紹介:2018年アメリカ映画。アントマンことスコット・ラングは「シビル・ウォー」でキャプテン・アメリカに加担したため、ソコヴィア協定違反により2年間の自宅謹慎をうけていた。スコットの身勝手な行動により警察から追われる身となったピム博士と娘のホープは妻であり母であるジャネットを量子世界から見つけ出すために密かに研究を重ねていた。そこへ突如現れた、どんなものでも自由にすり抜けることのできる謎の美少女”ゴースト”。彼女によってラボが狙われることとなる。2015年公開の『アントマン』に続く第2作目。マーベル・シネマティック・ユニバースシリーズとしては第20作目として、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』との関連、または『アベンジャーズ4(仮題)』への繋がりとして重要な作品。
監督:ペイトン・リード 出演:ポール・ラッド(スコット・ランド/アントマン)、エヴァンジェリン・リリー(ホープ・ヴァン・ダイン/ワスプ)、マイケル・ダグラス(ハンク・ピム博士/初代アントマン)、ハナー・ジョン・カメン(エイヴァ/ゴースト)、ウォルトン・ゴギンズ(ソニー・バーチ)、マイケル・ペーニャ(ルイス)、ティップ・”T.I.”・ハリス(デイヴ)、デヴィッド・ダストマルチャン(カート)、ローレンス・フェッシュバーン(ビル・フォスター)、ミシェル・ファイファー(ジャネット・ヴァン・ダイン/初代ワスプ)ほか

「アンロック/陰謀のコード」のネタバレあらすじ結末

アンロック/陰謀のコードの紹介:2017年チェコ,スイス,イギリス,アメリカ映画。イスラム過激派のテロに悩むアメリカとイギリス両国は諜報機関を使いテロの情報を集めています。アリスはCIA(アメリカ諜報機関)の諜報員として、MI5(イギリス諜報機関)と協力でテロの情報を集めます。そんな中、アリスは生物兵器によるテロの情報をつかみます。アリスはテロを防ぐために戦いますが、CIA内部の裏切り者とも戦うことになります。テロリストと戦うアリス、彼女を追う裏切り者のCIA諜報員、この戦いには意外な結末が待ち構えています。『アンロック/陰謀のコード』は、展開がはやく、最後まで飽きさせないストーリー、豪華俳優の共演が見どころの映画です。
監督:マイケル・アプテッド 出演:ノオミ・ラパス(アリス・ラシーン)、オーランド・ブルーム(ジャック・オルコット)、トニ・コレット(エミリー・ノウルズ)、ジョン・マルコヴィッチ(ボブ・ハンター)、マイケル・ダグラス(エリック・ラッシュ)、ほか

「エージェント・マロリー」のネタバレあらすじ結末

エージェント・マロリーの紹介:2011年アメリカ映画。女性スパイのマロリーが、元恋人の民会企業経営者のケネスから依頼された仕事を受け任務を遂行したことにより、罠にはめられてしまうという内容のアクション映画です。展開もさることながらマロリーを演じるジーナ・カラーノの美貌と柔術アクションも見ものです。
監督:スティーブン・ソダーバーグ 出演者:ジーナ・カラーノ(マロリー・ケイン)、ユアン・マクレガー(ケネス)、ビル・パクストン(ジョン・ケイン)、チャニング・テイタム(アーロン)、マイケル・ファスベンダー(ポール)、アントニオ・バンデラス(ロドリーゴ)、マイケル・ダグラス(コブレンツ)、マイケル・アンガラノ(スコット)、マチュー・カソヴィッツ(スチューダー)、アンソニー・ウォン(ジャン)ほか

「コーラスライン」のネタバレあらすじ結末

コーラスラインの紹介:1985年アメリカ映画。日本だけでなく、海外でも絶えず舞台化されている名作が、マイケル・ダグラスを主演にスクリーンに。夢を追う若者たちの姿に、見ている方も元気がもらえる作品。作中に使用されている楽曲も秀逸。
監督:リチャード・アッテンボロー 出演:マイケル・ダグラス(ザック)、アリソン・リード(キャシー)、テレンス・マン(ラリー)、グレッグ・バージ(リッチー)、マイケル・ブレヴィンス(マーク)、ヤミール・ボージェス(ダイアナ)、ミシェル・ジョンストン(ビビ)、チャールズ・マクゴアン(マイク)、ほか

「追撃者」のネタバレあらすじ結末

追撃者の紹介:2014年アメリカ映画。灼熱の砂漠で繰り広げられる、狂気の人間狩りを描いたサイコスリラー。狩猟ガイドのベンは、大富豪マデックと共に砂漠の狩猟ポイントへ向かった。ところがマデックは誤って動物ではなく人間を射殺してしまう。そこで彼はベンに罪をなすりつけるため、そして弱っていく人間を観察して楽しむために、ベンを下着1枚にして砂漠へ放り出すのだった。原作はロブ・ホワイトの小説『マデックの罠』。
監督:ジャン=バティスト・レオネッティ 出演者:マイケル・ダグラス(マデック)、ジェレミー・アーヴァイン(ベン)、ハンナ・マンガン・ローレンス(レイナ)、ロニー・コックス(保安官)、パトリシア・べスーン(秘書)ほか

「ウォール街」のネタバレあらすじ結末

ウォール街の紹介:1987年アメリカ映画。世界の金融市場の中心地、アメリカ・ウォール街を舞台に、冷酷かつ貪欲な投資家と野心家の若手証券マンによる企業買収劇を描いた社会派金融サスペンス作品です。2010年には続編『ウォール・ストリート』が製作・公開されました。
監督:オリバー・ストーン 出演者:マイケル・ダグラス(ゴードン・ゲッコー)、チャーリー・シーン(バド・フォックス)、ダリル・ハンナ(ダリアン・テイラー)、マーティン・シーン(カール・フォックス)、ハル・ホルブルック(ルー・マンハイム)、テレンス・スタンプ(ラリー・ワイルドマン)ほか

「トラブル・マリッジ」のネタバレあらすじ結末

トラブル・マリッジ カレと私とデュプリーの場合の紹介:2006年アメリカ映画。建築デザイナーとして働くカールはモリーとの結婚式をハワイで盛大にあげました。モリーはカールの務める会社社長トンプソンの一人娘です。娘を取られた嫉妬からトンプソンはカールに冷たく当たっていました。ですがカールはモリーのためにひたすら耐えます。新婚生活が始まりましたが、職を失い住む場所もないカールの親友デュプリーをしばらくの間新居に住ませる事になり…。
監督:アンソニー・ルッソ、ジョー・ルッソ 出演:オーウェン・ウィルソン(ランディ・デュプリー)、ケイト・ハドソン(モリー・パターソン)、マット・ディロン(カール・パターソン)、マイケル・ダグラス(トンプソン氏)、セス・ローゲン(ニール)、ほか

「ウォール・ストリート」のネタバレあらすじ結末

ウォール・ストリートの紹介:2010年アメリカ映画。オリバー・ストーン監督の映画「ウォール街」(1987年)の23年ぶりとなる続編です。インサイダー取引と証券詐欺罪で服役していた前作登場の大物投資家が若手金融マンと手を組み、危険な駆け引きに乗り込んでいきます。
監督:オリバー・ストーン 出演者:マイケル・ダグラス(ゴードン・ゲッコー)、シャイア・ラブーフ(ジェイコブ・ムーア)、ジョシュ・ブローリン(ブレトン・ジェームズ)、キャリー・マリガン(ウィニー・ゲッコー)、イーライ・ウォラック(ジュリー・スタインハル)ほか

「ラストベガス」のネタバレあらすじ結末

ラストベガスの紹介:2013年アメリカ映画。幼少時代からの長年の親友4人組が半世紀の年月を経て、人生最後のバチェロッテ旅行のためラスベガスで再集結します。
監督:ジョン・タートルトーブ 出演: マイケル・ダグラス(ビリー)、ロバート・デ・ニーロ(パディ)、モーガン・フリーマン(アーチー)、ケヴィン・クラインサム)、メアリー・スティーンバージェン(ダイアナ)、ほか

「氷の微笑」のネタバレあらすじ結末

氷の微笑の紹介:1992年アメリカ映画。過激な濡れ場とセンセーショナルなストーリーで一躍大ヒットしたエロティック・サスペンスです。謎の殺人事件を追う刑事が魔性の女に魅せられ官能に嵌まっていく様を描いています。
監督:ポール・バーホーベン 出演者:マイケル・ダグラス(ニック・カラン)、シャロン・ストーン(キャサリン・トラメル)、ジーン・トリプルホーン(ベス・ガーナー)、ジョージ・ズンザ(ガス・モラン)、レイラニ・サレル(ロキシー)ほか

「チャイナ・シンドローム」のネタバレあらすじ結末

チャイナ・シンドロームの紹介:1979年アメリカ映画。原発事故を扱ったサスペンス・ドラマの秀作。日本で「シンドローム」という言葉が一般化するきっかけとなった。アカデミー賞では、主演男優賞、主演女優賞、美術賞、脚本賞などにノミネート。カメラマン役のマイケル・ダグラスが製作も担当している。
監督:ジェームズ・ブリッジス 出演:ジェーン・フォンダ(キンバリー・ウェルズ)、ジャック・レモン(ジャック・ゴデル)、マイケル・ダグラス(リチャード・アダムス)、ダニエル・ヴァルデス(ヘクター・サラス)、ジム・ハンプトン(ビル・ギブソン)、ほか

「ブラック・レイン」のネタバレあらすじ結末

ブラック・レインの紹介:1989年アメリカ映画。大阪を舞台に日米の刑事たちが、文化的思想やスタイルの違いから対立しながらも互いに理解・協力し、ヤクザと戦う活躍と友情の絆を描くポリス・アクション映画。キャッチコピーは、「男達の深い悲しみと怒りが、激しく心をうつ。大都会の夜を降りしきる冷たい雨のように…」で、豪華な日米の出演陣でも話題になりました。また、惜しくも劇場映画作品としては、ブラック・レインは松田優作の遺作となった映画でもあります。
監督:リドリー・スコット 出演:マイケル・ダグラス(ニック・コンクリン)、高倉健(松本正博)、アンディ・ガルシア(チャーリー・ヴィンセント)、松田優作(佐藤浩史)、ケイト・キャプショー(ジョイス)、若山富三郎(菅井)、内田裕也(梨田)、ほか

「ダイヤルM」のネタバレあらすじ結末

ダイヤルMの紹介:1998年アメリカ映画。富豪の実業家が妻の不倫相手に妻の殺害を依頼するが・・・。ヒッチコック監督の「ダイヤルMを廻せ!」をリメイクしたサスペンス。
監督:アンドリュー・デイヴィス 出演者: マイケル・ダグラス(スティーヴン・テイラー)、グウィネス・パルトロウ(エミリー・ブラッドフォード・テイラー)、ヴィゴ・モーテンセン(デイヴィッド・ショー)、デヴィッド・スーシェ(モハメド・カラマン)、ほか

1 2
TOP↑