ミシェル・ヨー映画一覧

ミシェル・ヨー(楊 紫瓊)が出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「クレイジー・リッチ!」のネタバレあらすじ結末

クレイジー・リッチ!の紹介:2018年アメリカ映画。ケヴィン・クワンの小説『クレイジー・リッチ・アジアンズ』を原作として映画化したロマンティック・コメディです。中国系アメリカ人の女性教授が恋人の実家が大富豪の一族であることを知ったことから様々な災難に巻き込まれていきます。
監督:ジョン・M・チュウ 出演者:コンスタンス・ウー(レイチェル・チュー)、ヘンリー・ゴールディング(ニック・ヤング)、ジェンマ・チャン(アストリッド・レオン=テオ)、リサ・ルー(シャン・スー・イー)、オークワフィナ(ゴー・ペイク・リン)、ミシェル・ヨー(エレノア・スン=ヤング)ほか

「バビロンAD」のネタバレあらすじ結末

バビロン A.D.の紹介:2008年アメリカ,フランス,イギリス映画。モーリス・G・ダンテックの小説『バビロン・ベイビーズ』を原作に製作されたSFアクションです。秩序が崩壊した近未来を舞台に、多額の報酬と引き換えに特殊能力を持つ女性をセルビアからアメリカまで送り届けるよう依頼された凄腕の傭兵の闘いを描きます。
監督:マシュー・カソヴィッツ 出演者:ヴィン・ディーゼル(トーロップ)、ミシェル・ヨー(シスター・レベッカ)、メラニー・ティエリー(オーロラ)、ランベール・ウィルソン(ダルクワンディエ)、マーク・ストロング(フィン)ほか

「SAYURI」のネタバレあらすじ結末

SAYURIの紹介:2005年アメリカ映画。置屋に売られた千代は辛い労働やいじめを受けながらも、芸者になるための稽古をこなしていました。電気会社会長の岩村に憧れたさゆりは、いつか芸者になって彼に再会する事を誓います。千代はさゆりという芸名を貰い一流の芸者になりますが、太平洋戦争が始まり疎開する事になります。戦後、岩村会長の会社再建のためアメリカの融資を受ける事が出来るよう、さゆり達に接待の依頼が。岩村会長に会いたいさゆりは…。スティーヴン・スピルバーグ製作総指揮のゲイシャ・ムービー。1人の芸者の人生をと豪華けんらんな美の世界を描く。
監督:ロブ・マーシャル 出演:チャン・ツィイー(さゆり)、渡辺謙(岩村会長)、ミシェル・ヨー(豆葉)、役所広司(延社長)、桃井かおり(おかあさん)、工藤夕貴(おカボ)、コン・リー(初桃)ほか

「メカニック:ワールドミッション」のネタバレあらすじ結末

メカニック:ワールドミッションの紹介:2016年アメリカ映画。殺し屋を引退し平穏に暮らしていたビショップだったが、ある日彼の元に殺しの依頼人が尋ねて来る。断った彼だったが人質をとられたことで、やむなく依頼を受けることとなった。依頼内容は3人の人物を事故に見せかけて殺すというもので、ビショップは淡々と成功させていくのだが…。
監督:デニス・ガンゼル 出演:ジェイソン・ステイサム(アーサー・ビショップ)、ジェシカ・アルバ(ジーナ)、トミー・リー・ジョーンズ(マックス・アダムス)、ミシェル・ヨー(メイ)、サム・ヘイゼルダイン(クレイン)、ほか

「グリーン・デスティニー」のネタバレあらすじ結末

グリーン・デスティニーの紹介:2000年アメリカ,中国映画。ワンドウルーによる原作を台湾の映画監督アンリーが映像化した作品で、ワイヤーアクションを巧みに使った手法により中国で大ヒットを記録します。
監督:アン・リー 出演:チョウ・ユンファ(リー・ムーバイ)、ミシェル・ヨー(ユー・シューリン)、チャン・ツィイー(イェン)、チャン・チェン(ロー)、チェン・ペイペイ(ジェイド・フォックス)、ラン・シャン(ティエ氏)、リー・ファーツォン(ユィ長官)、ハイ・イェン(ユー夫人)、ワン・ターモン(ツァイ)、リーリー(メイ)、ほか

「レイン・オブ・アサシン」のネタバレあらすじ結末

レイン・オブ・アサシンの紹介:2010年中国,香港,台湾映画。時は明王朝時代の中国。武の達人、達磨大師のミイラを手に入れた者は、強大な力と武術の世界における覇権を手に入れることができるといわれていた。これを手に入れる為、暗殺組織『黒石』は暗躍し、腰より二つに割れたミイラの片方の行方を突き止め刺客を放つ。その内の一人である黒石の女暗殺者、シーユーは過去と決別するべく、組織に背いてそのミイラの片割れと共に行方をくらます。名前と顔を変え、普通に暮らし、心優しき青年、アシャンと結ばれるシーユー。しかし、そんなシーユーに黒石の刺客たちが迫っていた。
監督 :スー・チャオピン、ジョン・ウー 出演: ミシェル・ヨー/曽静(ザン・ジン)、チョン・ウソン/阿生(アシャン)、ワン・シュエチー/転輪王(ホイールキング)、バービー・スー/綻青(ジャンチン)、ショーン・ユー/雷彬(レイ・ビン)ほか

「007 トゥモロー・ネバー・ダイ」のネタバレあらすじ結末

007 トゥモロー・ネバー・ダイの紹介:1997年イギリス作品。007シリーズ18作目。メディア王であるルパート・マードック氏に対する皮肉の入った作品として、ボンドがメディアに戦いを挑むという現代の問題を扱った作品です。
監督:ロジャー・スポティスウット 出演:ピアース・ブロスナン(ボンド役)、ミシェル・ヨー(ボンドガール)、ジョナサン・プライス、テリー・ハッチャーほか

TOP↑