三國連太郎映画一覧

三國連太郎が出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「大いなる旅路」のネタバレあらすじ結末

大いなる旅路の紹介:1960年日本映画。大正末期から昭和30年代に至る激動の時代、岩手を舞台に機関士一筋の人生を送る一人の男とその家族の歴史を描いた人間ドラマ。主演の機関士役に三國連太郎、次男静夫役を高倉健、脚本は新藤兼人が担当しています。
監督:関川秀雄 出演者:三國連太郎(岩見浩造)、風見章子(岩見ゆき子)、高倉健(岩見静夫)、中村嘉葎雄(岩見孝夫)、南廣(岩見忠夫)、小宮光江(岩見咲子)、加藤嘉(佐久間太吉)ほか

「花のお江戸の釣りバカ日誌」のネタバレあらすじ結末

花のお江戸の釣りバカ日誌の紹介:1998年日本映画。やまさき十三&北見けんいちの釣り漫画を原作とするコメディ『釣りバカ日誌』シリーズの通算第12作・特別編第2作にしてシリーズ唯一の時代劇です。舞台を江戸時代末期の江戸と庄内藩に据え、主人公二人の先祖の物語をユーモラスに描きます。
監督:栗山富夫 出演者:西田敏行(浜崎伝助)、三國連太郎(鈴木一之助)、酒井法子(美津)、黒木瞳(小浪)、中村梅雀(組頭)、山田純大(数馬)ほか

「ひかりごけ」のネタバレあらすじ結末

ひかりごけの紹介:1992年日本映画。戦時中に起きた食人事件を題材にした武田泰淳の短編小説を映画化した作品。真冬の極限状態の中、洞窟に取り残された船員達に起こった悲劇がスリリングに描かれていく人間ドラマです。
監督:熊井啓 出演者:三國連太郎(船長・校長先生)、奥田瑛二(西川)、田中邦衛(八蔵)、杉本哲太(五助)、内藤武敏(作家)

「鷲と鷹(1957年)」のネタバレあらすじ結末

鷲と鷹の紹介:1957年日本映画。井上梅次監督が自らのオリジナル脚本を元に演出した海上ミステリー・アクション。専属契約を結んでいたため日活の作品への出演の多かった三國連太郎が、珍しく石原裕次郎と共演した点も魅力。のちに裕次郎作品を多く手がける舛田利雄が助監督を務めている。
監督:井上梅次 出演:石原裕次郎(野村千吉)、三國連太郎(佐々木)、浅丘ルリ子(明子)、月丘夢路(朱実)、長門裕之(吾郎)、二本柳寛(鬼鮫)、ほか

「約束(1972年)」のネタバレあらすじ結末

約束の紹介:1972年日本映画。スティルカメラマン出身の斎藤耕一監督の代表作のひとつ。ルルーシュ作品を彷彿とさせる佳作で、キネ旬ベストテンで5位に入選。グループサウンズのスターだった萩原健一が俳優としての才能を開花させた。
監督:斎藤耕一 出演:岸惠子(松宮螢子)、萩原健一(中原朗)、南美江(島本房江)、土田桂(老刑事)、大久保敏男(若い刑事)、三國連太郎(山室刑事)

「あゝ野麦峠」のネタバレあらすじ結末

あゝ野麦峠の紹介:1979年日本映画。山本茂実のノンフィクション小説を元に映画化されたもので、明治時代末期の製糸工場で過酷な環境の中働く女性工員の姿を描いた作品です。
監督:山本薩夫 出演者:大竹しのぶ(政井みね)、原田美枝子(篠田ゆき)、三國連太郎(足立藤吉)、西村晃(政井友二郎)、地井武男(政井辰次郎)ほか

「釣りバカ日誌20 ファイナル」のネタバレあらすじ結末

釣りバカ日誌20 ファイナルの紹介:2009年日本映画。「釣りバカ日誌」映画シリーズの最終作品になります。「釣りバカ日誌」は日本人ならば最も安心してみれる映画シリーズとも言え、最終作品もシリーズらしく安心してクスクス笑えるような作品となっています。三国連太郎が品のある会長の役を最後まで全うして演じており、この映画の後事故で亡くなった谷啓の遺作となった作品でもあります。「老い」というテーマを加えていますが、明るく陽気に描いており、シリーズ最終作品にふさわしい内容です。
監督:前原雄三 出演:西田敏行(浜崎伝助)、三國連太郎(鈴木一之助)、浅田美代子(浜崎みち子)、松坂慶子(沢村葉子)、吹石一恵(沢村裕美)、塚本高史(久保俊介)、ほか

「釣りバカ日誌19」のネタバレあらすじ結末

釣りバカ日誌19 ようこそ!鈴木建設御一行様の紹介:2008年日本映画。ある日三課のハマちゃんのところに厚生課の派遣社員、河井波子がやってきた。ハマちゃんに健康診断の再検査の依頼をしに来たのだ。胃カメラを極端に嫌がるハマちゃんは断固として受けないと拒絶し波子を困らせる。そこへ同じ三課の高田大輔も説得に入るが拒み続ける。家族の説得もあり再検査に臨むハマちゃんだったが大暴れ。ある日社員旅行で波子の故郷、大分に行く事になった鈴木建設御一行。波子に恋をしているがうまくアピールできない大輔。大輔の恋の行方は…。
監督:朝原雄三 出演:西田敏行(浜崎伝助)、三國連太郎(鈴木一之助)、浅田美代子(浜崎みち子)、常盤貴子(河井波子)、竹内力(河井康平)、山本太郎(高田大輔)、ほか

「釣りバカ日誌18」のネタバレあらすじ結末

釣りバカ日誌18 ハマちゃんスーさん瀬戸の約束の紹介:2007年日本映画。会長に就任したスーさんが挨拶の時に頭が真っ白になり言葉が出なくなってしまう。認知症ではないかと落ち込むスーさんが、ある日散歩に行ったきり姿を消す。心配した妻が浜崎家に相談し、大体の居所がわかったハマちゃんが岡山に探しに行くことになる。岡山のお寺でお世話になっていたスーさんはハマちゃんと遭遇した。岡山で鈴木建設が行うリゾート施設建設の反対運動に巻き込まれてしまうハマちゃん。釣りバカのハマちゃんは黙っていられず鈴木建設社員ということを隠しながら反対活動に参加するのであった。
監督:朝原雄三 出演:西田敏行(浜崎伝助)、三國連太郎(鈴木一之助)、浅田美代子(浜崎みち子)、檀れい(木山珠恵)、谷啓(佐々木次長)、星由里子(木山温子)、高嶋政伸(高原昌平)、ほか

「釣りバカ日誌17」のネタバレあらすじ結末

釣りバカ日誌17 あとは能登なれ ハマとなれ!の紹介:2006年日本映画。ある日、鈴木建設の営業3課に再雇用された沢田弓子が入社してきた。弓子は離婚をし東京に一人戻ってきたのだ。兄に見合いを勧められるが過去のトラウマから縁談を断る弓子。ハマちゃんは仕事で石川県に来ていた。相変わらず目的は釣りだった。法事で石川県の実家に戻っていた弓子にばったり会う。満喫して東京に戻るハマちゃん。弓子の暮らすマンションの向かえに住む村井徹は美術講師で弓子に好意を抱いていた。そして船頭のハチもまた弓子に一目惚れをしていた。三人の恋の行方は…
監督:朝原雄三 出演:西田敏行(浜崎伝助)、三國連太郎(鈴木一之助)、浅田美代子(浜崎みち子)、石田ゆり子(沢田弓子)、中本賢(太田八郎)、道場六三郎(釣り人)、ダンディ坂野(市の職員)、ほか

「釣りバカ日誌16」のネタバレあらすじ結末

釣りバカ日誌16 浜崎は今日もダメだった♪の紹介:2005年日本映画。ある日ハマちゃんとスーさんは橋の連結式に参加するため長崎に向かった。そこで久保多工業の御曹司で鈴木建設の設計部久保多達也と再会する。達也の恋人の美鈴や軍人のボブと出会う。相変わらず釣り三昧のハマちゃん。そして美鈴の働く店でみんなで飲んだ。達也と美鈴は結婚を約束するが、美鈴の父に反対されてしまう。そんな時お酒でベロベロになったハマちゃんが失踪してしまい大騒ぎになります。
監督:朝原雄三 出演:西田敏行(浜崎伝助)、三國連太郎(鈴木一之助)、浅田美代子(浜崎みち子)、伊東美咲(河口美鈴)、加藤武(秋山専務)、小野武彦(原口人事担当取締役)、鶴田忍(堀田常務)、ほか

「釣りバカ日誌15」のネタバレあらすじ結末

釣りバカ日誌15 ハマちゃんに明日はない !?の紹介:2004年日本映画。釣り好きのハマちゃんは隙を見ては釣りに出かけていた。ある日鈴木建設に経営コンサルタントの早川薫が来る。リストラの危機を抱える鈴木建設。そんな中リフレッシュ休暇を取るハマちゃんは秋田へ釣りに出かける。そこで薫と魚博士の福本哲夫に出会う。薫と福本は同級生だった。仲良くなった3人は福本の実家で飲むことになり、ハマちゃんは鈴木建設の現状を知る。相変わらずのん気なハマちゃん。今後の鈴木建設の行方は…薫と福本の関係は…
監督:朝原雄三 出演:西田敏行(浜崎伝助)、三國連太郎(鈴木一之助)、浅田美代子(浜崎みち子)、江角マキコ(早川薫)、筧利夫(福本哲夫)、ほか

「釣りバカ日誌14」のネタバレあらすじ結末

釣りバカ日誌14 お遍路大パニック!の紹介:2003年日本映画。佐々木課長がめでたく営業本部次長に昇格。上海支社から新しく岩田千吉が課長に就任します。ハマちゃんを再教育しようとするがいつの間にかハマちゃんのペースに。リフレッシュ休暇を取ったスーさんはハマちゃんをお供に四国八十八箇所のお遍路の旅に出ます。そこでトラック運転手の中浜みさきと知り合います。みさきが上京して来た時、なんと岩田課長が恋をしてしまいます。果たして恋の行方はどうなるのか。
監督:朝原雄三 出演:西田敏行(浜崎伝助)、三國連太郎(鈴木一之助)、浅田美代子(浜崎みち子)、高島礼子(中浜みさき)、加藤武(秋山専務)、國村隼(川島営業担当取締役)、三宅裕司(岩田千吉)、ほか

「釣りバカ日誌13」のネタバレあらすじ結末

釣りバカ日誌13 ハマちゃん危機一髪!の紹介:2002年日本映画。ハマちゃんは、釣りが縁で富山の薬問屋・黒部天狗堂の黒部五郎会長から美術館の設計を請け負いました。しかし黒部会長は変わり者で自分のデザイン通りに建てないとこの話は無しだと言ってきました。騒ぎを収集する為にハマちゃんは富山に出張。同行したミス鈴建と愛称される鈴木建設設計課の桐山桂の説得で事は収まりました。ところが黒部が桐山を気に入ったことで新たな騒ぎが起こります。
監督:本木克英 出演:西田敏行(浜崎伝助)、三國連太郎(鈴木一之助)、浅田美代子(浜崎みち子)、鈴木京香(桐山桂)、小澤征悦(鮎川透)、さとう珠緒(鯛子)、ほか

「釣りバカ日誌12」のネタバレあらすじ結末

釣りバカ日誌12 史上最大の有給休暇の紹介:2001年日本映画。高野研一郎常務が退職の挨拶に来ました。スーさんが一番信頼を置いていた役員だったのでがっかり。故郷山口の萩に帰り釣り三昧の日々を送りたいと言います。高野は鈴木建設フィッシングクラブの会長で、ハマちゃんは副会長という間柄です。釣りバカコンビは、釣り目的で高野に会いに行きます。ところが高野家にいたのは、姪の木戸梢で高野は病気で入院していることを聞きます。二人は釣りあげたフグをさばいて見舞いに行き、高野とマグロ釣りを約束して東京に戻ったのだが。
監督:本木克英 出演:西田敏行(浜崎伝助)、三國連太郎(鈴木一之助)、浅田美代子(浜崎みち子)、宮沢りえ(木戸梢)、吉岡秀隆(上杉秀隆)、加藤武(秋山専務)、ほか

1 2 3
TOP↑