Netflix映画一覧

Netflix (ネットフリックス) の映画のネタバレあらすじ一覧です。Netflixのオリジナル映画の人気映画から、おすすめ映画まで、映画館では公開されていないNetflix (ネットフリックス)作品のネタバレあらすじを紹介しています。

「好きだった君へ:これからもずっと大好き」のネタバレあらすじ結末

好きだった君へ:これからもずっと大好きの紹介:2021年アメリカ映画。高校最後の年。ララ・ジーンはピーターと同じ大学へ通ってキャンパスライフを楽しむ夢を抱きます。しかしあることをきっかけに、ピーターを取るかそれとも自分がときめく進路へと向かうのかララ・ジーンは悩みます。そしてある決断をします。アジア系女優が恋愛映画の主人公に抜擢された作品のシリーズ3作目。この作品をきっかけに、今後アジア系女優が躍進していく予感を感じさせてくれる作品となっています。
監督:マイケル・フィモナリ 出演:ラナ・コンドル(ララ・ジーン)、ノア・センティネオ(ピーター)、アンナ・カスカート(キティ)、ジャネル・バリッシュ(マーゴット)、マデリン・アーサー(クリスティン)、ロス・バトラー(トレバー)、ほか

「デンジャー・ゾーン」のネタバレあらすじ結末

デンジャー・ゾーンの紹介:2021年アメリカ映画。2036年、近未来の東欧で戦争が勃発。その戦争に米軍は関わり、そこでハープ中尉はドローン操縦士として活動しています。しかし、上層部の命令にはむいたことにより左遷させられ、リオ大尉と働くことに。リオ大尉は悪の組織コバルに核兵器は渡らせることを阻止するために尽力し、ハープ中尉もその危険な任務に挑みます。
監督:ミカエル・ハフストローム 出演:アンソニー・マッキー(リオ)、ダムソン・イドリス(ハープ)、エミリー・ビーチャム(ソフィア)、ピルウ・アスベック(コバル)、ほか

「ザ・ホワイトタイガー」のネタバレあらすじ結末

ザ・ホワイトタイガーの紹介:2021年アメリカ,インド映画。インドのカースト下位の野心を持った男バルラムは、バンガロールで起業家として成功をします。成功のきっかけは、人生逆転のチャンスを狙って大地主の息子の運転手に立候補をしたことでした。そこで働きながら見て感じたことが、バルラムの考え方を変化させていきます。インドを舞台に、ベストセラー小説をネットフリックスオリジナル映画として映画化。インドの格差社会を浮き彫りにした一本です。
監督:ラミン・バーラニ 出演:アダーシュ・ゴーラヴ(バルラム)、ラージクマール・ラーオ(アショク)、プリヤンカー・チョープラー(ピンキー)、マヘーシュ・マーンジュレーカル(大地主)、ヴィジャイ・マウリヤ(マングース)、ほか

「ロストックの長い夜」のネタバレあらすじ結末

ロストックの長い夜の紹介:2014年ドイツ映画。1992年ロストックで、難民収容センターに対して大規模運暴動な暴動が発生。警察隊と若い暴徒が二夜に渡り早朝まで争う前後の様子を描いた作品。暴動が起きる前まではモノクロで繊細な映像が映し出され、暴動が始まるとカラーモードへと移り変わります。
監督:ブルハン・クルバニ 出演:ヨナス・ナイ(ステファン)、ジョエル・バズマン(ロビー)、リエン(トラン・ル・ホン)、サスキア・ローゼンダール(ジェシー)、デーヴィト・シュトリーゾフ(マルティン)、デイビット・シュッター(サンドロ)、ほか

「リケジョがサッカーに出会ったら」のネタバレあらすじ結末

リケジョがサッカーに出会ったらの紹介:2019年オーストラリア映画。間違ってサッカーコースの学校に入ってしまったコーリーが配属されたのは、つぶれる寸前の練習チーム。理系の知識を活かしてライバルのイーディーに一矢報いることはできるのか?
監督:ルイーズ・アルストン 出演者:ソフィア・ワイリー、ティアーナ・クープランド、トレイ・ロビン、ジェンマ・チュア=トラン、アシュリー・ロス、ヤスミン・ハニーチャーチ、ラジ・ラバーデ、クリストファー・カービイ、メリッサ・ボンヌ、ケイト・ボックス、ほか

「#生きている」のネタバレあらすじ結末

#生きているの紹介:2020年韓国映画。韓国発、本格派の感染ゾンビ映画です。感染者が蔓延するソウルの高層マンションの、向き合う棟の部屋で生き残ったジュヌとユビンの二人。電話もメールもできない状況のもと、二人は無線で連絡を取り合い、生き延びています。やがて感染者がマンションに集まりだすと、二人は脱出を決意しますが…という内容で、ゾンビ映画としてのサバイバルと、二人の絆、そして生き残るという強いメッセージがうまくマッチした作品です。
監督:チョ・イルヒョン 出演者:ユ・アイン(オ・ジュヌ)、パク・シネ(キム・ユビン)、チョン・ベス、イ・ヒョヌク、オ・ヘウォン、ほか

「コスメティックウォー わたしたちがBOSSよ!」のネタバレあらすじ結末

コスメティック・ウォー わたしたちがBOSSよ!の紹介:2020年アメリカ映画。破産寸前の化粧品ブランドを経営するミアとメルに、コスメ業界の成功者から出資の話が持ち掛けられた。しかしうまい話は買収目的だった。二人はこの難局を乗り越えられるのか?
監督:ミゲル・アルテタ 出演:ティファニー・ハディッシュ、ローズ・バーン、サルマ・ハエック、カラン・ソーニ、ジェニファー・クーリッジ、アリ・グレイナー、ナターシャ・ロスウェネル、ジェシカ・セント・クレア、ビリー・ポーター、ジェイこぶラティモア、ジミー・O・ヤン、ライアン・ハンセン、ほか

「アンドレ・チャンとオリーブの木」のネタバレあらすじ結末

アンドレ・チャンとオリーブの木の紹介:2020年シンガポール映画。ミシュランで星二つを獲得していたレストラン・アンドレのシェフ引退と、星の返上を決意した真相を、アンドレの持つ料理哲学と料理人として歩んだ道から深彫りする。
監督:ジョサイア・ヌグ 出演者:アンドレ・チャン、ほか

「これからの人生」のネタバレあらすじ結末

これからの人生の紹介:2020年イタリア映画。名女優ソフィア・ローレンの息子エドアルド・ポンティが監督を務めた話題作。舞台はイタリア。セネガル出身の12歳のモモは3歳の時に母親を亡くしてしまいます。ずっと自分の居場所を感じていなかったモモでしたが、ユダヤ人のローザと出会うことで気持ちに変化が起こります。
監督:エドアルド・ポンティ 出演:イブラヒマ・グエイェ(モモ)、ソフィア・ローレン(ローザ)、アブリル・ザモラ(ローラ)、レナート・カルペンティエリ(コーエン)ほか

「ザ・プロム」のネタバレあらすじ結末

ザ・プロムの紹介:2020年アメリカ映画。ドラマ『glee/グリー』『アメリカン・ホラー・ストーリー』をプロデュースした経歴をもつライアン・マーフィーがメガホンをとった華やかなミュージカル映画。トニー賞にノミネートされブロードウェイで上演された舞台を、豪華俳優陣メンバーを揃えて映画化した話題作。インディアナ州に住むレズビアンの女子高生が、恋人とプロムに参加しようとすると、それを聞きつけたPTAはプロムの中止を宣言。そのニュースに目を付けたスランプ中のブロードウェイ俳優たちが、自分たちが返り咲くために、慈善活動としてエマのサポートを立候補します。エマは果たしてプロムに参加をできるのか⁉
監督:ライアン・マーフィー 出演:ジョー・エレン・ペルマン(エマ)、メリル・ストリープ(ディーディー)、ニコール・キッドマン(アンジー)、ジェームズ・コーデン(バリー)、アンドリュー・ラネルズ(オリバー)、キーガン=マイケル・キー(トム)、アリアナ・デボーズ(アリッサ)、ほか

「マ・レイニーのブラックボトム」のネタバレあらすじ結末

マ・レイニーのブラックボトムの紹介:2020年アメリカ映画。ブルースの母として、アメリカ南部で大スターだったマ・レイニーのレコーディング風景を通して、黒人として音楽とどう向き合っていったかが映し出されている作品。『ブラックパンサー』のチャドウィック・ボーズマンが、自分を貫き通すために固い意志を持った若い黒人アーティストのアヴィーを演じ、『殺人を無罪にする方法』で主役の黒人弁護士を演じたヴィオラ・デイヴィス が、信念の貫くマ・レイニーを熱演します。
監督:ジョージ・C・ウルフ 出演:ヴィオラ・デイヴィス(マ・レイニー)、チャドウィック・ボーズマン(レヴィー)、コールマン・ドミンゴ(カトラー)、グリン・ターマン(トレド)、スロー・ドラッグ(スロー・ドラッグ)、テイラー・ページ(ダッシー・メイ)、ダサン・ブラウン(シルヴェスター)、ジェレミー・ジェイモス(アーヴィン)、ジョナサン・コイン(メル)、ほか

「Mank/マンク」のネタバレあらすじ結末

Mank/マンクの紹介:2020年アメリカ映画。映画史に残る『市民ケーン』の脚本はいかにして執筆されたのか、マンクの執筆期間と、『市民ケーン』の内容に影響を与えたであろうマンクの回想録と同時に進行していく作品です。すべてモノクロで仕上げられており、昔の懐かしい映画の雰囲気が彷彿される映画ファン必見の仕上がり具合!『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』で主演男優賞を受賞したゲイリー・オールドマン、『レ・ミゼラブル』に出演したアマンダ・サイフリッド、『あと1cmの恋』のリリー・コリンズなど、豪華俳優陣が揃った2021年アカデミー賞最有力作品です。
監督:デヴィッド・フィンチャー 出演:ゲイリー・オールドマン(マンク)、アマンダ・サイフリッド(マリオン)、リリー・コリンズ(リタ)、アーリス・ハワード(メイヤー)、トム・バーク(オーソン・ウェールズ)、ほか

「ヒルビリー・エレジー 郷愁の哀歌」のネタバレあらすじ結末

ヒルビリー・エレジー 郷愁の哀歌の紹介:2020年アメリカ映画。ベストセラーになったJ・D・ヴァンスの人生の回顧録『ヒルビリー・エレジーアメリカの繁栄から取り残された白人たち』を元に描かれた作品です。気性の激しい母親ベヴに翻弄されながらも、青年ジェーディーは自分の夢を掴むために試行錯誤しながら生きていく様子が映し出されている映画です。『メッセージ』で主演を果たしたエイミー・アダムスが気性の激しいベヴを演じ、『天才作家の妻 40年目の真実』のグレン・クローズが、厳格な祖母マモーウを演じます。
監督:ロン・ハワード 出演:エイミー・アダムス(ベヴ)、ガブリエル・バッソ(ジェーディー)、グレン・クローズ(マモーウ)、ヘイリー・ベネット(リンジー)、フリーダ・ピントー(ウシャ)、ほか

「カマロン・ザ・ムービー」のネタバレあらすじ結末

カマロン・ザ・ムービーの紹介:2018年スペイン映画。フラメンコ歌手として世界に名を馳せたカマロンの棺に集まる民衆。彼の歌はなぜ人々の心を掴み、音楽は世界規模へ発展したのか。その歩みを追う。
監督:アレクシス・モランテ 出演者
:カマロン・デ・ラ・イスラ、パコ・デ・ルシア、フアン・ディエゴ

「スイッチング・プリンセス:もう一度スイッチ!」のネタバレあらすじ結末

スイッチング・プリンセス:もう一度スイッチ!の紹介:2020年アメリカ映画。『スイッチング・プリンセス』の続編。前作で結ばれたマーガレットとケビンでしたが、マーガレットが王位継承することによってすれ違いになり別れてしまいます。マーガレットと瓜二つのステイシーは、ちゃんと2人に話し合ってほしいということで、マーガレットとステイシーは再び入れ替わり、多忙なマーガレットの代わりにステイシーが公務に取り組みます。しかし、マーガレットのいとこが現れると複雑な状況に。前作同様クリスマス気分を存分に味わえるラブコメ映画になっています。『ハイスクール・ミュージカル』で一躍有名になったヴァネッサ・ハジェンズが1人3役を演じます。
監督:マイク・ロール 出演:ヴァネサ・ハジェンズ(マーガレット/ステイシー/フィオナ)、サム・パラディオ(エドワード)、ニック・サーガル(ケビン)、ラクラン・ニーボア(トニー)、ミア・ロイド(オリビア)、ほか

1 2 3 4 5 12

キーワードから探す

TOP↑