Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

新作オススメ映画一覧

新作オススメ映画のネタバレあらすじ一覧です。劇場公開中の新作映画、新作レンタル作品、動画配信サービスやテレビで人気の新作おすすめ映画、人気映画ランキング上位の作品や、劇場未公開の新作映画など、上映中の映画から今話題の映画まで、新作オススメ映画のあらすじを結末まで解説します。

「君は月夜に光り輝く」のネタバレあらすじ結末

君は月夜に光り輝くの紹介:2019年日本映画。まみず(永野芽郁)は二十歳まで生きられない発光病という不治の病になり、医者からは余命1年と言われていました。ついに余命0となり、生きるのを諦めるために作ったリストを同じクラスメイトの卓也(北村匠海)に代行してもらうことになりました。病室を出られないまみずの代わりに卓也が遊園地に行ったり、買い物やカラオケに行ったりする様々なミッションを一つ一つクリアして感想を報告するという代行をしていたのですが、2人に残された時間は迫っていました…。とても切なく苦しくてでもピュアな高校生ならではの儚くも美しい青春のラブストーリーです。第23回電撃小説大賞を受賞した佐野徹夜の小説を原作とするラブストーリー作品です。
監督:月川翔 出演:永野芽郁(渡良瀬まみず)、北村匠海(岡田卓也)、甲斐翔真(香山彰)、松本穂香(岡田鳴子)、今田美桜(平林リコ)、優香(岡崎)、生田智子(渡良瀬律)、長谷川京子(岡田恭子)、及川光博(深見真)、ほか

「キャプテン・マーベル」のネタバレあらすじ結末

キャプテン・マーベルの紹介:2019年アメリカ映画。マーベル・スタジオが贈る初の女性ヒーロー単独主役映画。物語はアベンジャーズ誕生以前の1990年代にさかのぼる。宇宙帝国クリーの特殊部隊スターフォースに所属する女性戦士ヴァースは事故で過去を失い、クリーの軍人として生きていたが、任務中に地球に落下。断片的に残された記憶から自分が地球人キャロルであったことを知る。地球では姿を自由に変える異星人スクラルが暗躍し、キャロルは若き日のニック・フューリーと共に戦いに立ち向かっていく。「より高く、より遠く、より速くー」マーベル・ヒーローの中でも最強と言われる超人的なパワーだけでなく、困難に立ち向かっていく心の強さを持つヒーロー。
監督:アンナ・ボーデン/ライアン・フレック 出演:ブリー・ラーソン(キャプテン・マーベル/キャロル・ダンヴァース)、サミュエル・L・ジャクソン(ニック・フューリー)、ベン・メンデルソーン(タロス/ケラー)、ジャイモン・フンスー(コラス)、リー・ペイス(ロナン・ジ・アキューザー)、ラッシャーナ・リンチ(マリア・ランボー)、ジェンマ・チャン(ミン・エルヴァ)、アネット・ベニング(ウェンディ・ローソン/スプリーム・インテリジェンス)、クラーク・グレッグ(フィル・コールソン)、ジュード・ロウ(ヨン・ロッグ)ほか

「スパイダーマン:スパイダーバース」のネタバレあらすじ結末

スパイダーマン:スパイダーバースの紹介:2018年アメリカ映画。マーベル・コミックを代表する人気ヒーロー“スパイダーマン”の映画版第7作にしてシリーズ初となる3DCGアニメ作品です。本作では原作にも登場する2代目スパイダーマンことマイルス・モラレスが主人公となり、無数の並行世界から現れた複数のスパイダーマンたちと手を組んで巨悪に立ち向かう姿を描きます。第91回アカデミー賞の長編アニメーション部門を受賞しています。
監督:ボブ・ペルシケッティ、ピーター・ラムジー、ロドニー・ロスマン 声の出演:シャメイク・ムーア(マイルス・モラレス/スパイダーマン)、ジェイク・ジョンソン(ピーター・B・パーカー/スパイダーマン)、ヘイリー・スタインフェルド(グウェン・ステイシー/スパイダーグウェン)、ニコラス・ケイジ(ピーター・パーカー/スパイダーマン・ノワール)、マハーシャラ・アリ(アーロン・デイヴィス/プラウラー)、ゾーイ・クラヴィッツ(メリー・ジェーン・“MJ”・ワトソン)、ブライアン・タイリー・ヘンリー(ジェファーソン・デイヴィス)、リリー・トムリン(メイ・パーカー)、ルナ・ローレン・ベレス(リオ・モラレス)、ジョン・ムレイニー(ピーター・ポーカー/スパイダー・ハム)、キミコ・グレン(ペニー・パーカー)、リーヴ・シュレイバー(ウィルソン・フィスク/キングピン)ほか

「運び屋」のネタバレあらすじ結末

運び屋の紹介:2018年アメリカ映画。長年家族をないがしろにして仕事を優先して来た90歳の老人アール・ストーンはメキシコの麻薬組織カルテルの伝説の運び屋となり、その正体の意外さから麻薬取締局の監視の目をすり抜けていた。「The New York Times Magazine」に掲載された実話を基にしたドラマ。
監督:クリント・イーストウッド 出演:クリント・イーストウッド(アール・ストーン)、ブラッドリー・クーパー(コリン・ベイツ)、アリソン・イーストウッド(メアリー)、アンディ・ガルシア(レイトン)、ローレンス・フィッシュバーン、マイケル・ペーニャ、ダイアン・ウィースト、タイッサ・ファーミガ、ほか

「グリーンブック」のネタバレあらすじ結末

グリーンブックの紹介:2018年アメリカ映画。1962年、アメリカではまだ黒人差別が根強く残っていた時代。特に差別が色濃い南部へコンサートツアーを決行することになった黒人天才ピアニストのドクター・シャーリーは、イタリア系白人で用心棒兼運転手のトニーを雇う。お互いに多くの時間を過ごすうちに、2人は次第に人種を超えた友情を築いていく。グリーンブックとは、1950~60年代に人種差別の激しかったアメリカ南部を旅する黒人のために製作された施設利用ガイドブックのことです。
監督:ピーター・ファレリー 出演:ヴィゴ・モーテンセン(トニー・“リップ”・バレロンガ)、マハーシャラ・アリ(ドクター・ドナルド・シャーリー)、リンダ・カーデリーニ(ドロレス・バレロンガ)、ディミテル・D・マリノフ(オレグ)、マイク・ハットン、イクバル・テバ、セバスティアン・マニスカルコ、P・J・バーン、トム・ヴァーチュー、ドン・スターク、ランダル・ゴンザレス、ほか

「移動都市 モータルエンジン」のネタバレあらすじ結末

移動都市/モータル・エンジンの紹介:2018年アメリカ映画。60分戦争と呼ばれる最終戦争から数百年後の現在、残された人類は地上に移動型の都市を作り他の小さな都市を捕食しながら生活していた。ヴァレンタインが率いる巨大移動都市、ロンドンによりこの弱肉強食の地は支配されようとしていた。そこへヴァレンタインに恨みを持つ1人の少女へスターが現れ、ロンドンを阻止するため立ち上がる。
監督:クリスチャン・リバース 出演:ヒューゴ・ウィーヴィング(サディアス・ヴァレンタイン)、ヘラ・ヒルマー(ヘスター・ショウ)、ロバート・シーアン(トム・ナッツワーシー)、ジヘ(アナ・ファン)、ローナン・ラフテリー(ベヴィス・ポッド)、レイラ・ジョージ(キャサリン・ヴァレンタイン)、パトリック・マラハイド(マグナス・クローム)、カレン・ピストリアス(パンドラ・ショウ)、スティーヴン・ラング(シュライク)ほか

「翔んで埼玉」のネタバレあらすじ結末

翔んで埼玉の紹介:2018年日本映画。埼玉をディスるがなんといっても埼玉を愛してやまない郷土愛を感じる物語。東京都民に憧れ、埼玉県民ということにコンプレックスを持ちつつも千葉を敵対視して、常に競いあい、埼玉を活性化させ上昇させていくという埼玉愛にあふれたユーモラスな映画です。「パタリロ!」の作者・魔夜峰央の人気マンガを実写映画化。
監督:武内英樹 キャスト:二階堂ふみ(壇ノ浦百美)、GACKT(麻実麗)、伊勢谷友介(阿久津翔)、ブラザートム(菅原好海)、麻生久美子(菅原真紀)、島崎遥香(菅原愛海)、成田凌(五十嵐春翔)、中尾彬(壇ノ浦建造)、間宮祥太朗(埼玉県人の青年)、加藤諒(下川信男)、益若つばさ(おかよ)、武田久美子(壇ノ浦恵子)、麿赤兒(西園寺宗十郎)、竹中直人(神奈川県知事)、京本政樹(埼玉デューク)、ほか

「凜 りん」のネタバレあらすじ結末

凜-りん-の紹介:2018年日本映画。又吉直樹が芥川賞を受賞した『火花』より前のに書いた初長編、それが『凛』。2007年に舞台化され、又吉の文才がファンの間で話題になった幻の作品が待望の映画化。物語は長野県の小さな村を舞台に、神隠しの伝説さながらに起こった子どもたちの失踪事件を追う男子高校生たちの日々が描かれる。7人組ボーカルダンスユニット「M!LK」のメンバーとしても活躍する佐野勇斗と、漫画原作の実写化作品に多く出演する本郷奏多がW主演を果たし、7歳の年の差を感じさせない同級生ぶりを演じている。
監督:池田克彦 脚本:又吉直樹 キャスト:佐野勇斗(野田耕太)、本郷奏多(天童義男)、須賀健太(石倉優太[大仏])、亀田侑樹(折田竜二)、櫻井圭佑(真島泰輔)ほか

「アリータ:バトル・エンジェル」のネタバレあらすじ結末

アリータ:バトル・エンジェルの紹介:2018年アメリカ映画。アイアンシティのクズ鉄置き場でサイバードクターのイドによって発見されたサイボーグのアリータは、実は300年前に作られた最強兵器であった。そんな彼女を倒そうと巨大な力が彼女に襲いかかる。日本のコミック「銃夢(木城ゆきと著)」を原作とし、ジェームズ・キャメロンが脚本・製作を担当して実写化したSFアクション映画。
監督:ロバート・ロドリゲス 脚本:ジェームズ・キャメロン、レータ・カログリディス 出演:ローサ・サラザール(アリータ)、クリストフ・ヴァルツ(イド)、ジェニファー・コネリー(チレン)、マハーシャラ・アリ(ベクター)、エド・スクライン(ザパン)、ジャッキー・アール・ヘイリー(グリュシュカ)、キーアン・ジョンソン(ヒューゴ)、ほか

「フォルトゥナの瞳」のネタバレあらすじ結末

フォルトゥナの瞳の紹介:2018年日本映画。死を間近にした人間が透けて見える能力である「フォルトゥナの瞳を」持っていることに気づいた青年が最愛の女性のため奮闘する。神木隆之介主演で、ヒロインを有村架純が演じる。「フォルトゥナの瞳」は、作家 百田尚樹の同名恋愛小説を映画化した作品。
監督:三木孝浩 原作:百田尚樹 出演:神木隆之介(木山慎一郎)、有村架純(桐生葵)、志尊淳(金田大輝)、DAIGO(宇津井和幸)、松井愛莉(植松真理子)、北村有起哉(黒川武雄)、斉藤由貴(遠藤美津子)、時任三郎(遠藤哲也)、ほか

「七つの会議」のネタバレあらすじ結末

七つの会議の紹介:2018年日本映画。池井戸潤原作の社会派エンターテインメント映画「空飛ぶタイヤ」に続く第2弾です。ぐうたら社員からのパワハラ告発をきっかけに社内に思わぬ波乱が巻き起こる。その先で待っていたのは巨大企業の深い闇だった…。野村萬斎、香川照之といった豪華実力派俳優が集結。会社や仕事の「正義」と、そこで働く「意義」とは何なのか、日本企業の在り方に問題提起をする「七つの会議」は、リコール隠しや内部告発をテーマにした、働く人全てに贈る究極の企業サスペンス映画です。
監督:服澤克雄 キャスト:野村萬斎(八角民夫)、香川照之(北川誠)、及川光博(原島万二)、片岡愛之助(坂戸宣彦)、音尾琢真(三沢逸郎)、藤森慎吾(新田雄介)、朝倉あき(浜本優衣)、岡田浩暉(佐野健一郎)、木下ほうか(田部)、吉田羊(淑子)、土屋太鳳(三沢奈々子)、小泉孝太郎(奈倉翔平)、溝端淳平(星野)、春風亭昇太(飯山孝実)、立川談春(江木恒彦)、勝村政信(加茂田久司)、世良公則(村西京助)、鹿賀丈史(梨田元就)、橋爪功(宮野和広)、北大路欣也(徳山郁夫)、ほか

「アクアマン」のネタバレあらすじ結末

アクアマンの紹介:2018年アメリカ映画。アトランティス王国の血を引きながら、人間として育てられたアーサー。母であるアトランナ女王が海に戻ったあとは、バルコからアトランティス人としての教育を受け海底人の能力や戦い方を学んだ。ある日突如海から現れたメラから、海底王国が人類の征服を狙い侵略しようとしていることを告げられる。規格外のパワーをそなえアクアマンとして戦いに臨む。豪華キャストによる魅力的なキャラクターと迫力満点の映像世界も見逃せない。
監督:ジェームズ・ワン 出演:ジェイソン・モモア(アーサー・カーリー/アクアマン)、アンバー・ハード(メラ)、ウィレム・デフォー(バルコ)、パトリック・ウィルソン(オーム王)、ドルフ・ラングレン(ネレウス王)、ヤーヤ・アブドゥル=マティーン二世(デイビッド・ケイン/ブラックマンタ)、ルディ・リン(マーク)、テムエラ・モリソン(トム・カリー)、ニコール・キッドマン(アトランナ女王)、ほか

「十二人の死にたい子どもたち」のネタバレあらすじ結末

十二人の死にたい子どもたちの紹介:2018年日本映画。集団安楽死を望んで廃病院に集まった少年少女12人が、死体を見つける。死体は何者なのか、自殺?他殺?殺人犯がこの12人の中にいるのか。疑心暗鬼に陥りながら、十二人の死にたい理由が明かされていく。直木賞の候補になったことでも知られる「十二人の死にたい子どもたち」は、様々なジャンルの作品を生み出すことで知られる作家冲方丁(うぶかた とう)初のサスペンス。その傑作小説を「SPEC」シリーズや「人魚の眠る家」の記憶も新しい堤幸彦監督がメガホンをとり、当代きっての若手俳優たちによる息つく暇もない密室劇に仕立て上げた。ここ数年の活躍もめざましいイケメン俳優たち、美少女の面影残る女優たちの濃密な演技バトルが繰り広げられ、特に5台のカメラによる40分の長回しは圧巻。
監督:堤幸彦 原作:冲方丁 キャスト:高杉真宙(サトシ – 1番)、渕野右登(ケンイチ – 2番)、古川琴音(ミツエ – 3番)、橋本環奈(リョウコ – 4番)、新田真剣佑(シンジロウ – 5番)、黒島結菜(メイコ – 6番)、杉咲花(アンリ – 7番)、萩原利久(タカヒロ – 8番)、北村匠海(ノブオ – 9番)、坂東龍汰(セイゴ – 10番)、吉川愛(マイ – 11番)、竹内愛紗(ユキ – 12番)、ほか

「アリー/ スター誕生」のネタバレあらすじ結末

アリー/ スター誕生の紹介:2018年アメリカ映画。ウェイトレスとして働きながら、ドラァグ・クイーンの仲間たちと共に細々とライヴをこなすアリー。国民的人気を誇るミュージシャン、ジャクソンとの偶然の出会いが彼女の未来を大きく変える。ショービジネスの華やかな世界に一気に放り込まれたアリーの運命的な恋、そして栄光と葛藤を描く。クリント・イーストウッドが映画化を期待し企画した作品を、ブラッドリー・クーパーが初監督・主演として引き継いだ。アリー/ スター誕生は1937年「スタア誕生」のリメイク作品として4度目の映画。
監督:ブラッドリー・クーパー 出演:ブラッドリー・クーパー(ジャクソン・メイン)、レディー・ガガ(アリー)、アンドリュー・ダイス・クレイ(ロレンツォ/アリーの父)、デイブ・シャペル(ジョージ・"ヌードルス"・ストーン)、サム・エリオット(ボビー)、アンソニー・ラモス(ラモン)、ラフィ・ガヴロン(レズ・ガヴロン)、ルーカス・ネルソン&プロミス・オブ・リアル(ギタリスト/ジャックのバンド)ほか

「ボヘミアン・ラプソディ」のネタバレあらすじ結末

ボヘミアン・ラプソディの紹介:2018年イギリス,アメリカ映画。伝説のイギリスのロックバンド、クイーンの映画がここに誕生。ワンフレーズを耳にしただけで誰もが心踊り出す名曲の数々。今もなお世界を魅了し続けるクイーン。そして史上最高のエンターテイナーでリード・ボーカルのフレディ・マーキュリーを超える者は今も現れていない。まだ無名だった頃のフレディがブライアン・メイやロジャー・テイラー達と出会い、次々とヒット曲を飛ばしてスターダムに駆け上がる。しかし、その影で世間への反発、メンバーとの確執、セクシャリティの葛藤、または婚約者との破局などにより、孤独とプレッシャーに心が押し潰されていく。ついにバンドが崩壊寸前にまで追い込まれたとき、フレディは再びクイーンとしてメンバーと共に20世紀最大のチャリティ音楽イベント、ライヴ・エイドに挑むこととなる。本作「ボヘミアン・ラプソディ」の音楽総指揮はクイーンのメンバー、ブライアン・メイとロジャー・テイラーが務めた。演奏シーンではフレディ本人の歌声も使われ、ライヴ・エイドの会場は壁のはげかけたペンキから水道管のさびに至るまで完璧なまでに当時の様子が再現されている。伝説のバンドQueenの物語が明かされます!日本での興行収入が100億円を突破するなど世界各国で大ヒットのボヘミアン・ラプソディは2018年11月に日本公開され、口コミやレビューで広がった評価により、リピート鑑賞する観客が絶えない。
監督:ブライアン・シンガー 出演:ラミ・マレック(フレディ・マーキュリー/ファルーク・バルサラ)、ルーシー・ボイントン(メアリー・オースティン)、グウィリム・リー(ブライアン・メイ)、ベン・ハーディ(ロジャー・テイラー)、ジョー・マゼッロ(ジョン・ディーコン)、エイダン・ギレン(ジョン・リード)、アレン・リーチ(ポール・プレンター)、トム・ホランダー(ジム・“マイアミ”・ビーチ)、マイク・マイヤーズ(レイ・フォスター)、アーロン・マカスカー(ジム・ハットン)ほか

TOP↑