新作オススメ映画一覧

新作オススメ映画のネタバレあらすじ一覧です。劇場公開中の新作映画、新作レンタル作品、動画配信サービスやテレビで人気の新作おすすめ映画、人気映画ランキング上位の作品や、劇場未公開の新作映画など、上映中の映画から今話題の映画まで、新作オススメ映画のあらすじを結末まで解説します。

「おとなの事情 スマホをのぞいたら」のネタバレあらすじ結末

おとなの事情 スマホをのぞいたらの紹介:2020年日本映画。年代も個性もバラバラの3組の夫婦とひとりの独身男。ある出来事がきっかけで毎年集まってパーティを開く仲に。1年ぶりの再会の夜、メンバーのひとりの問いからはじまった「スマホ公開ゲーム」。それはパーティの間、メールも電話も内容をすべてメンバー全員で共有するというゲーム。それぞれ抱えた誰にも言えないおとなの事情に通知が届くたびに7人を戦々恐々とさせる。世界で最もリメイクされたイタリア映画『おとなの事情』の日本版。
監督:光野道夫 出演:東山紀之(小山三平)、常盤貴子(園山薫)、益岡徹(六甲隆)、田口浩正(園山零士)、木南晴夏(向井杏)、淵上泰史(向井幸治)、鈴木保奈美(六甲絵里)ほか

「君の心に刻んだ名前」のネタバレあらすじ結末

君の心に刻んだ名前の紹介:2020年台湾映画。誰にとっても初恋は特別なものだ。厳戒令が解除された直後の台湾、男子高校生のアハンとバーディはブラスバンド部で出会った。二人が友情以上の絆で結ばれるまで時間はかからなかった。しかし女子学生を受け入れることになった高校で、二人の関係は崩れていく。同性愛が許されない時代を舞台に、罪悪感や恐怖心とともに燃え上がる想いを監督自身の実体験をもとに映画化。2020年、台湾映画で興行収入1位を記録し、台湾の映画賞である金馬奨に5部門にノミネート、2部門を受賞した作品です。日本ではNetflixで公開されています。原題は、刻在你心底的名字(Your Name Engraved Herein)
監督:リウ・クァンフイ 出演:エドワード・チェン(アハン)、ツェン・ジンホア(バーディ)、ファビオ・グランジョン(オリバー神父)、ミミ・シャオ(バンバン)、レオン・ダイ、ワン・シーシェン、ほか

「えんとつ町のプペル」のネタバレあらすじ結末

えんとつ町のプペルの紹介:2020年日本映画。お笑いコンビ「キングコング」の西野亮廣が原作を手掛けたベストセラー絵本『えんとつ町のプペル』を、自ら脚本・製作総指揮を手掛けて映画化したアニメーション作品です。ハロウィンの夜、煙に覆われたえんとつだらけの町を舞台に、身体全体がゴミで出来たゴミ人間とえんとつ掃除屋の少年が、この世界では存在しないとされる「星」を探して大冒険を繰り広げます。
監督:廣田裕介 声の出演者:窪田正孝(プペル)、芦田愛菜(ルビッチ)、立川志の輔(ブルーノ)、小池栄子(ローラ)、本泉莉奈(ドロシー)、藤森慎吾(スコップ)、伊藤沙莉(アントニオ)、諸星すみれ(レベッカ)、大平祥生(デニス)、飯尾和樹(スーさん)、山内圭哉(アイパッチ)、國村隼(ダン)、宮根誠司(トシアキ)、野間口徹(レター15世)ほか

「新解釈・三國志」のネタバレあらすじ結末

新解釈・三國志の紹介:2020年日本映画。『銀魂』『勇者ヨシヒコ』『今日から俺は!!』などの福田雄一が、幾度となく映像化されてきた歴史書『三國志』を自らの解釈を加え、自ら監督と脚本を務めて映画化した完全オリジナルの痛快エンタテインメント作品です。主演に今回が初タッグとなる大泉洋を迎え、脇を福田作品の常連で固めました。主題歌は福山雅治が手掛けています。
監督:福田雄一 出演者:大泉洋(劉備)、賀来賢人(周瑜)、橋本環奈(黄夫人)、山本美月(小喬)、岡田健史(孫権)、橋本さとし(関羽)、高橋努(張飛)、岩田剛典(趙雲)、渡辺直美(貂蝉)、磯村勇斗(荀彧)、矢本悠馬(黄蓋)、阿部進之介(夏侯惇)、半海一晃(魯粛)、ムロツヨシ(孔明)、山田孝之(黄巾)、城田優(呂布)、佐藤二朗(董卓)、小栗旬(曹操)、西田敏行(蘇我宗光/ナレーション)ほか

「約束のネバーランド」のネタバレあらすじ結末

約束のネバーランドの紹介:2020年日本映画。そこは「楽園という名の檻」だった――。週刊少年ジャンプ史上最も異色なダークファンタジーと称される、白井カイウ・出水ぽすか共著の『約束のネバーランド』原作の第1章 GFハウス脱獄編を実写映画化した作品です。
監督:平川雄一朗 出演者:浜辺美波(エマ)、城桧吏(レイ)、板垣李光人(ノーマン)、松坂桃李(謎の男)、三田佳子、関俊彦、渡辺直美(クローネ)、北川景子(イザベラ)、ほか

「ビルとテッドの時空旅行 音楽で世界を救え!」のネタバレあらすじ結末

ビルとテッドの時空旅行 音楽で世界を救え!の紹介:2020年アメリカ映画。昔の人気歌手のビルとテッドはヒット曲もなく人気も落ち目です。私生活では結婚した妻ともうまくいきません。そんなある日、未来世界のケリーと彼女の母は、二人に世界を救う音楽の作成を命じます。ビルとテッドはタイムマシンでタイムトラベルをし、未来の自分たちは多くのヒット曲があると信じて、未来の自分たちから曲をもらおうとします。そして、モーツァルト、ジミー・ヘンドリックス、ルイ・アームストロングらと最強バンドを結成し、世界を救う最高の音楽を目指します。本作は、キアヌ・リーブスの出世作となった「ビルとテッドの地獄旅行」の続編です。
監督:ディーン・パリソット 出演:キアヌ・リーヴス(テッド・セオドア・ローガン)、アレックス・ウィンター(ビル・S・プレストン)、クリステン・シャール(ケリー)、サマラ・ウィーヴィング(ティア・プレストン)、ブリジェット・ランディ=ペイン(ビリー・ローガン)、ウィリアム・サドラー(死神)、ジリアン・ベル(テイラー・ウッド医師)、ほか

「ワンダーウーマン1984」のネタバレあらすじ結末

ワンダーウーマン 1984の紹介:2020年アメリカ映画。考古学者としてスミソニアン博物館で働くダイアナのもうひとつの顔は、最強のスーパーパワーを秘めた女戦士ワンダーウーマン。人々の欲望を叶えると声高に謳う実業家マックスの陰謀と、正体不明の敵チーターを前に、ワンダーウーマンはたった一人で世界の崩壊を食い止めようと戦う。2017年公開『ワンダーウーマン』の続編でDCエクステンデッド・ユニバースの第9作。
監督:パティ・ジェンキンス 出演:ガル・ガドット(ダイアナ・プリンス/ワンダーウーマン)、クリス・パイン(スティーブ・トレバー)、クリステン・ウィグ(バーバラ・ミネルヴァ/チーター)、ベドロ・パスカル(マックス・ロード)、ロビン・ライト(アンティオペ将軍)、コニー・ニールセン(ヒッポリタ女王)ほか

「さくら」のネタバレあらすじ結末

さくらの紹介:2020年日本映画。「サラバ!」で第152回直木賞を受賞した西加奈子の「あおい」に続くデビュー2作目「さくら」。累計55万部超えのこのベストセラー小説が主演級の俳優を揃えた最強の布陣で満を持しての映画化。主人公のひとり、モノローグも担当する三兄妹の真ん中薫を演じるのは、この作品を含め2020年公開作品が5本にのぼる北村匠海。薫が憧れる人気者の長男一を吉沢亮、その長男を慕う末っ子で甘えん坊の美少女美貴を小松菜奈が演じ、確かな演技力と高い顔面偏差値で観客を魅了する。
監督:矢崎仁司 原作:西加奈子 主題歌:東京事変「青のID」 キャスト:北村匠海(長谷川薫)、小松菜奈(長谷川美貴)、吉沢亮(長谷川一)、寺島しのぶ(長谷川つぼみ)、永瀬正敏(長谷川昭夫)、小林由依(欅坂46)(大友カオル)、水谷果穂(矢嶋優子)、山谷花純(須々木原環)、加藤雅也(溝口先史)、趙珉和(フェラーリ)、ちえ(サクラ)ほか

「とんかつDJアゲ太郎」のネタバレあらすじ結末

とんかつDJアゲ太郎の紹介:2020年日本映画。「少年シャンプ+」で配信されていた同名のギャグ漫画を、イケメン北村匠海主演でまさかの実写化。DJはもちろん、キャベツの千切りまで猛練習したという北村は、被り物でコミカルなダンスを踊るなどまさに体を張った熱演で新境地を拓いた。そんなアゲ太郎が憧れるスタイリスト見習い苑子を演じるのは山本舞香。そしてアゲ太郎を支える“三代目道玄坂ブラザーズ”の4人は皆個性的で常に笑いを誘う。とにかく見終わったあとハッピーな気分でとんかつが食べたくなる映画だ。
監督・脚本:二宮健 原案:イーピャオ 漫画:小山ゆうじろう キャスト:北村匠海(勝又揚太郎)、山本舞香(服部苑子)、伊藤健太郎(屋敷蔵人)、加藤諒(室満夫)、栗原類(白井錠助)、前原滉(平積タカシ)、浅香航大(夏目球児)、池間夏海(勝又ころも)、片岡礼子(勝又かつ代)、ブラザートム(勝又揚作)、伊勢谷友介(尾入伊織<DJオイリー>)ほか

「鬼滅の刃 無限列車編」のネタバレあらすじ結末

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編(DEMON SLAYER MUGEN TRAIN)の紹介:2020年日本映画。TVアニメ「鬼滅の刃」全26話の続編となる劇場版。十二鬼月の累との戦いで負った傷が癒えた竈門炭治郎、我妻善逸、嘴平伊之助の3人は、次の任務先である無限列車に乗り込みます。最近、この無限列車の車内で40人以上が行方不明となっており、さらに鬼殺隊の隊員も行方不明となっていたことから、柱の1人である炎柱・煉獄杏寿郎も派遣されてきました。そして、さっそく鬼と対峙した炭治郎達でしたが、煉獄の活躍もありあっさりと倒してしまいます。しかしそれは、十二鬼月の下弦の壱 魘夢が見せた夢の中の出来事でした。現実の世界では夢の中に閉じ込められ身動きできない炭治郎達に魘夢の魔の手が迫ります。2020年10月16日公開「鬼滅の刃 無限列車編」は公開わずか11週で興行収入324億円、観客動員2400万人を突破し、日本映画の歴代興行収入1位の記録を塗り替える歴史的大ヒット映画となりました。海外では「Demon Slayer: Kimetsu no Yaiba」という名前で人気に広がりを見せています。
監督:外崎春雄 原作:吾峠呼世晴 脚本:ufotable 声優:花江夏樹(竈門炭治郎)、鬼頭明里(竈門禰豆子)、下野紘(我妻善逸)、松岡禎丞(嘴平伊之助)、日野聡(煉獄杏寿郎)、平川大輔(魘夢 / 下弦の壱)、ほか

「望み」のネタバレあらすじ結末

望みの紹介:2020年日本映画。「犯人に次ぐ」「検察側の罪人」などで知られる雫井脩介。その渾身の同名ベストセラー小説を、「人魚の眠る家」「十二人の死にたい子どもたち」などで知られるヒット請負人の堤幸彦監督が映画化。家族を演じる4人の演技が見どころで、憔悴していく父・堤真一、息子に対する愛情から覚悟を決める母・石田ゆり子、複雑な感情の変化を求められる妹・清原果耶、そして少ないセリフながら存在感を示す岡田健史。絵に描いたような幸せな家庭に訪れる悲劇と、そこに射し込む希望の光。心洗われるような極上のエンターテイメント作品となっている。
監督:堤幸彦 原作:雫井脩介 脚本:奥寺佐渡子 キャスト:堤真一(石川一登)、石田ゆり子(石川貴代美)、岡田健史(石川規士)、清原果耶(石川雅)、加藤雅也(警部補・寺沼俊嗣)、市毛良枝(貴代美の母・織田扶美子)、松田翔太(週刊ジャパン記者・内藤重彦)、竜雷太(高山建設社長・高山毅)ほか

「浅田家!」のネタバレあらすじ結末

浅田家!の紹介:2020年日本映画。写真界の芥川賞といわれる木村伊兵衛写真賞を2008年度に受賞した写真家・浅田政志。自らの家族を使って撮ったコスプレ写真が評判となった政志を演じるのは二宮和也。奔放な弟に振り回される真面目な兄を妻夫木聡、看護師として働く母を風吹ジュン、家族を見守る主夫である父を平田満が演じている。監督は「湯を沸かすほどの熱い愛」(2016)でデビューし、「長いお別れ」(2019)もヒットを記録した期待の若手・中野量太。やさしくあたたかい目線で“家族”を描いている。
監督・脚本:中野量太 原案:浅田政志『浅田家』『アルバムのチカラ』(赤々舎刊) キャスト:二宮和也(浅田政志)、妻夫木聡(浅田幸宏)、風吹ジュン(浅田順子)、平田満(浅田章)、黒木華(川上若菜)、菅田将暉(小野陽介)、渡辺真起子(外川美智子)、北村有起哉(渋川謙三)、野波麻帆(浅田和子)ほか

「TENET テネット」のネタバレあらすじ結末

TENET テネットの紹介:2020年アメリカ映画。名もなき男のミッションは、<時間のルール>から脱出すること。時間の中に隠された秘密を解き明かし第三次世界大戦阻止に向けて始動した。突然、国家を揺るがす任務に巻き込まれた名もなき男と相棒ニール。無事に任務を遂行することができるのか。脅威のスケールで放つ極限のタイムサスペンス超大作。
監督: クリストファー・ノーラン 出演:ジョン・デヴィッド・ワシントン(名もなき男)、ロバート・パティンソン(ニール)、エリザベス・デビッキ(キャット)、ディンプル・カパディア(プリヤ)、アーロン・テイラー=ジョンソン(アイブス)、ヒメーシュ・パテル(マヒア)、クレマンス・ポエジー(バーバラ)、マイケル・ケイン(クロズビー)、ケネス・ブラナー(セイター)他

「窮鼠はチーズの夢を見る」のネタバレあらすじ結末

窮鼠はチーズの夢を見る(きゅうそはチーズのゆめをみる)の紹介:2019年日本映画。「失恋ショコラティエ」などで知られる水城せとな原作のBLマンガ<窮鼠>シリーズの2作(「窮鼠はチーズの夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」)を映画化。監督は「リバーズ・エッジ」や「ナラタージュ」などで知られる行定勲で、2020年は「劇場」に続き2本めの公開作となる。まわりに流されやすい広告代理店のサラリーマン大伴を演じるのは、関ジャニ∞の大倉忠義。その大伴をずっと想い続けてきた後輩の今ヶ瀬を成田凌が繊細に演じ、その視線や佇まいで人を愛することの苦しさを見事に表現している。
監督:行定勲 出演:大倉忠義(大伴恭一)、成田凌(今ヶ瀬渉)、吉田志織(岡村たまき)、さとうほなみ(夏生)、咲妃みゆ(大伴知佳子)、小原徳子(井出瑠璃子)、ほか

「青くて痛くて脆い」のネタバレあらすじ結末

青くて痛くて脆いの紹介:2020年日本映画。『君の膵臓をたべたい』で知られる住野よる原作の同名小説の映画化。人とあまり関わりたくない主人公楓と、楓を誘いサークルモアイを立ち上げた秋好。時が経ち、変わってしまったモアイを“作り”直そうとする楓を演じるのは吉沢亮。2019年『キングダム』での演技が評価されたほか、2021年大河ドラマ『青天を衝け』での主演が決まっている。一方秋好を演じたのは杉咲花。2020年後半のNHK連ドラ主演が控えている。そのほか岡山天音、森七菜、柄本佑など脇を固める俳優陣の演技も光る。
監督:狩山俊輔 原作:住野よる 主題歌:BLUE ENCOUNT「ユメミグサ」 キャスト:吉沢亮(田端楓)、杉咲花(秋好寿乃)、岡山天音(前川董介)、松本穂香(本田朝美)、清水尋也(天野巧)、森七菜(西山瑞希)、茅島みずき(川原理沙)、光石研(大橋)、柄本佑(脇坂)ほか

1 2

キーワードから探す

TOP↑