新作オススメ映画一覧

新作オススメ映画のネタバレあらすじ一覧です。劇場公開中の新作映画、新作レンタル作品、動画配信サービスやテレビで人気の新作おすすめ映画、人気映画ランキング上位の作品や、劇場未公開の新作映画など、上映中の映画から今話題の映画まで、新作オススメ映画のあらすじを結末まで解説します。

「ターミネーター:ニュー・フェイト」のネタバレあらすじ結末

ターミネーター:ニュー・フェイト(原題: Terminator: Dark Fate ダークフェイト)の紹介:2019年アメリカ映画。アクション映画の革命作として世界を騒然とさせた『ターミネーター(1984年)』。 そして7年後、バージョンアップを遂げ社会現象を起こした『ターミネーター2(1991年)』。そのターミネーター2の正統な続編の物語。今回の敵は予想をはるかに超える機能を備えた最新型ターミネーター“REV-9”、同じく未来から送り込まれてきた強化型兵士のグレースが加わり、驚愕のドラマが展開されていく。「審判の日」を回避したはずの世界で、未来の人類は新たな敵によって危機を迎えていた。ターミネーターの生みの親、ジェームズ・キャメロンが製作に復帰し、リンダ・ハミルトンがサラ・コナー役として28年振りに出演することが話題になっている。
製作:ジェームズ・キャメロン 監督:ティム・ミラー  出演:リンダ・ハミルトン(サラ・コナー)、アーノルド・シュワルツェネッガー(T-800)、マッケンジー・デイヴィス(グレース)、ナタリア・レイエス(ダニー・ラモス)、ガブリエル・ルナ(REV-9)、ディエゴ・ボネータ(ディエゴ・ラモス)、エドワード・ファーロング(ジョン・コナー)ほか

「グレタ GRETA」のネタバレあらすじ結末

グレタ GRETAの紹介:2018年アイルランド,アメリカ映画。ある日地下鉄で見つけたバッグの忘れ物を、善意から持ち主の女性グレタに届けたフランシスは、年の離れた彼女に亡き母親を重ね、友人として仲を深めていくが、グレタは次第にストーカーへと化していき…戦慄の狂気に巻き込まれていく。
監督:ニール・ジョーダン 出演:イザベル・ユペール(グレタ)、クロエ・グレース・モレッツ(フランシス)、マイカ・モンロー(エリカ)、コルム・フィオール(クリス)、スティーヴン・レイ、ほか

「閉鎖病棟 それぞれの朝」のネタバレあらすじ結末

閉鎖病棟―それぞれの朝―の紹介:2019年日本映画。精神科医帚木蓬生の小説「閉鎖病棟」。1995年に山本周五郎賞を受賞したこの作品は、患者の立場で病院内部の出来事を淡々と描き、その優しい語り口と感動の結末で絶賛されたベストセラーだ。監督は「愛を乞うひと」「エヴェレスト 神々の山嶺」などで知られる平山秀幸。そして監督が熱望して主演に迎えたのは笑福亭鶴瓶。7キロ体重を落として役に臨んだという。綾野剛、小松菜奈、渋川清彦などが入院患者として共演し、体当たりの演技で見る者を惹きつける。
監督・脚本: 平山秀幸 原作: 帚木蓬生 キャスト:笑福亭鶴瓶(梶木秀丸)、綾野剛(塚本中弥 / チュウさん)、小松菜奈(島崎由紀)、高橋和也(大谷)、木野花(石田サナエ)、渋川清彦(重宗)、小林聡美(井波)、坂東龍汰(丸井昭八)、ベンガル(酒井)、ほか

「マレフィセント2」のネタバレあらすじ結末

マレフィセント2の紹介:2019年アメリカ映画。2014年に公開された前作『マレフィセント』『眠れる森の美女』の物語を、ヴィラン(悪役)であるマレフィセントの側から描いたこの作品は、アンジェリーナ・ジョリーが驚異の再現力でマレフィセントを演じ大ヒットを記録した。今回の続編は、フィリップ王子とオーロラ姫の結婚をめぐって、妖精たちを追い詰める人間の陰謀が起こるというストーリー。オーロラ姫は前作に引き続きエル・ファニング、そしてイングリス王妃をミシェル・ファイファーが演じている。
出演:アンジェリーナ・ジョリー(マレフィセント)、エル・ファニング(オーロラ姫)、ミシェル・ファイファー(イングリス王妃)、ハリス・ディキンソン(フィリップ王子)、サム・ライリー(ディアヴァル)、ロバート・リンゼイ、キウェテル・イジョフォー、エド・スクライン、MIYAVI、ジェン・マレー、ほか

「フッド:ザ・ビギニング」のネタバレあらすじ結末

フッド:ザ・ビギニングの紹介:2018年アメリカ映画。領主として不自由無い生活をしてきたロビン・ロクスリーが戦争から帰ってくると自分の財産も何もかもが奪われており市民は腐敗した政府によって苦しんでいた。政府に逆襲する為表では領主として政府と親しい顔をしながら裏では顔を隠しフッドとして政府から金を盗み市民を助ける。
監督:オットー・バサースト 出演:タロン・エガートン(ロビン・ロクスリー)、ジェイミー・フォックス(ヤキヤ/ジョン)、ベン・メンデルソーン(ノッティンガム州長官)、イヴ・ヒューソン(マリアン)、ティム・ミンチン(タック修道士)、F・マーレイ・エイブラハム(枢機卿)、ジェイミー・ドーナン(ウィル)、ほか

「蜜蜂と遠雷」のネタバレあらすじ結末

蜜蜂と遠雷(みつばちとえんらい)の紹介:2019年日本映画。原作は、2017年に直木賞と本屋大賞W受賞という快挙を成し遂げた恩田陸の同名小説。映像化不可能といわれた508ページの大作を、『愚行録』で知られる石川慶監督が2時間の脚本にまとめ、まるで聴衆として国際ピアノコンクールを聞きにきているかのような緊張感のある映画に仕立て上げた。主演は、『勝手にふるえてろ』や『万引き家族』などでその演技力を高く評価されている松岡茉優。かつて天才少女と呼ばれたピアニストの復活を、セリフの少ない表情のみで表現するその演技は一見の価値あり。
監督:石川慶 出演:松岡茉優(栄伝亜夜)、松坂桃李(高島明石)、森崎ウィン(マサル・カルロス・レヴィ・アナトール)、鈴鹿央士(風間塵)、臼田あさ美(高島満智子)、ブルゾンちえみ(仁科雅美)、福島リラ(ジェニファ・チャン)、眞島秀和(ピアノ修理職人の男)、片桐はいり(コンクール会場のクローク係)、光石研(菱沼忠明)、平田満(田久保寛)、アンジェイ・ヒラ(ナサニエル・シルヴァーバーグ)、斉藤由貴(嵯峨三枝子)、鹿賀丈史(小野寺昌幸)、ほか

「ジョーカー」のネタバレあらすじ結末

ジョーカーの紹介:2019年アメリカ映画。『バットマン』の悪役として有名なジョーカーの誕生物語。大都会ゴッサム・シティで道化師として暮らしていた一人の孤独な男アーサー・フレック。ピエロメイクの大道芸人として、病弱な母を支える心優しい面もあり、同じアパートに住むソフィーに好意を抱いている。どんな時も笑顔で人々を楽しませなさいと言う母の言葉通り、コメディアンを目指してドン底から抜け出そうとするアーサーが、なぜ巨大な悪のカリスマ『ジョーカー』へと変貌したのか。切なくも衝撃的真実の物語。「ジョーカー」はヴェネチア国際映画祭で金獅子賞を獲得。リヴァー・フェニックスの弟で、8歳で俳優デビューを飾ったホアキン・フェニックスは本作で「キャリア史上最高の演技」と称賛された。
監督:トッド・フィリップス 出演:ホアキン・フェニックス(アーサー・フレック/ジョーカー)、ロバート・デ・ニーロ(マレー・フランクリン)、ザジー・ビーツ(ソフィー・デュモンド)、フランセス・コンロイ(ペニー・フレック)、ブレット・カレン(トーマス・ウェイン)、ダグラス・ホッジ(アルフレッド・ペニーワース)、ダンテ・ペレイラ=オルソン(ブルース・ウェイン)ほか

「人間失格 太宰治と3人の女たち」のネタバレあらすじ結末

人間失格 太宰治と3人の女たちの紹介:2019年日本映画。2019年7月に『Diner』が公開されたばかりの蜷川実花監督。その『Diner』にも出演していた小栗旬を主役に迎え、『斜陽』『人間失格』を執筆し入水心中に至るまでの太宰治と彼を取り巻く女たちの愛憎を描いた新作が『人間失格 太宰治と3人の女たち』だ。太宰の正妻美知子に宮沢りえ、『斜陽』のモデルで太宰の愛人静子に沢尻エリカ、太宰最後の愛人でともに心中した富栄に二階堂ふみ。三者三様の愛で太宰を癒やし、追い詰める様を、蜷川監督らしい花いっぱいの映像で艶やかに紡ぎ上げる。
監督:蜷川実花 出演:小栗旬(太宰治)、宮沢りえ(津島美知子)、沢尻エリカ(太田静子)、二階堂ふみ(山崎富栄)、成田凌(佐倉潤一)、千葉雄大(太田薫)、瀬戸康史(伊馬春部)、高良健吾(三島由紀夫)、藤原竜也(坂口安吾)、ほか

「劇場版おっさんずラブ LOVE or DEAD」のネタバレあらすじ結末

劇場版 おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~の紹介:2019年日本映画。2018年TVシリーズで世間の話題をさらった「おっさんずラブ」。大ヒットドラマの後日譚が満を持して映画化された。女性にはモテないが、職場の男性陣から想いを寄せられる主人公春田に、この作品で大ブレイクした田中圭。その春田と晴れてカップルとなる後輩牧に林遣都。そして、春田に恋して離婚までしてしまう上司の黒澤に吉田鋼太郎。おなじみの三人に、今度は沢村一樹と志尊淳が加わり、スケールアップしたラブ・バトルロワイヤルが繰り広げられる。
監督:瑠東東一郎 キャスト:田中圭(春田創一)、林遣都(牧凌太)、吉田鋼太郎(黒澤武蔵)、沢村一樹(狸穴迅)、志尊淳(山田正義<ジャスティス>)、眞島秀和(武川政宗)、金子大地(栗林歌麻呂)、大塚寧々(西園寺蝶子)、伊藤修子(瀬川舞香)、児嶋一哉(荒井鉄平)、内田理央(荒井ちず)ほか

「天気の子」のネタバレあらすじ結末

天気の子の紹介:2019年日本映画。『君の名は。』の歴史的大ヒットから3年、新海誠監督が満を持して送り出した長編アニメーション作品。島を飛び出し、雨の降り続く東京へやって来た帆高。彼が知り合った陽菜は天気を操ることができる晴れ女だった? 本作も『君の名は。』から引き続きロックグループ「RADWIMPS」が音楽を手掛け、雨の止まない異常気象に見舞われた近未来の東京を舞台に“100%の晴れ女”といわれる不思議な力を秘めた少女と家出少年との合流を現代社会の“闇”も交えて新海作品ならではの映像美で描きあげていきます。なお、本作は『君の名は。』と世界観を共有しており、同作の登場人物もカメオ出演しています。
監督:新海誠 声の出演:醍醐虎汰朗(森嶋帆高)、森七菜(天野陽菜)、小栗旬(須賀圭介)、本田翼(夏美)、吉柳咲良(天野凪)、平泉成(安井刑事)、梶裕貴(高井刑事)、倍賞千恵子(立花冨美)、花澤香菜(カナ)、佐倉綾音(花澤綾音)、市ノ瀬加那(佐々木)、木村良平(キムラ)、野沢雅子(占い師)、上白石萌音(宮水三葉(特別出演))、神木隆之介(立花瀧(特別出演))ほか

「チャイルド・プレイ(2019年)」のネタバレあらすじ結末

チャイルド・プレイの紹介:2019年アメリカ映画。殺人人形チャッキーの恐怖が再び描かれるリブート版チャイルドプレイ。引っ越したばかりの少年に誕生日プレゼントとして母から贈られたバディ人形チャッキー。そんなチャッキーと友人になるアンディだったが、異常な行動を起こすチャッキーに恐怖を感じるようになっていく。一線を越えたチャッキーを廃棄するも、彼はアンディの元に帰ってくる。ネットワーク制御機能などの人工知能を搭載したハイテクなバディ人形チャッキーは、殺害の手法を人間の言動やホラー映画から学習するなど、狂気を帯びていく。今回のチャッキーは、技術が発達した世界で、自我を持ち暴走してしまったAI(人工知能)の恐怖を描く。
監督:ラース・クレブバーグ 出演:オーブリー・プラザ(カレン)、ガブリエル・ベイトマン(アンディ)、ブライアン・タイリー・ヘンリー(マイク・ノリス刑事)、マーク・ハミル(チャッキー)、ビアトリス・キットソス(ファリン)、タイ・コンシーリョ(パグ)、デヴィッド・ルイス(シェーン)、カーリース・バーク(ドリーン)、マーロン・カザーディ(オマール)、ほか

「トイ・ストーリー4」のネタバレあらすじ結末

トイ・ストーリー4の紹介:2019年アメリカ映画。ウッディたちは新しい持ち主のボニーと幸せな日々を過ごしていたが、ウッディは徐々に彼女に遊ばれなくなっていく。そんなある日、幼稚園でボニーが自分で作ったおもちゃ「フォーキー」が家にやってくる。フォーキーとウッディたちの冒険が始まる。トイ・ストーリー3の完璧な結末を経て、おもちゃ達のさらなる物語が描かれる。
監督:ジョシュ・クーリー キャスト:トム・ハンクス(ウッディ)、ティム・アレン(バズ・ライトイヤー)、アニー・ポッツ(ボー・ピープ)、トニー・ヘイル(フォーキー)、キーガン=マイケル・キー(ダッキー)、マデリーン・マックグロウ(ボニー)、クリスティナ・ヘンドリックス(ギャビー・ギャビー)、ジョーダン・ピール(バニー)、キアヌ・リーヴス(デューク・カブーン)、アリー・マキ(ギグル・マクディンプルズ)、ジェイ・ヘルナンデス(ボニーの父)、ジョーン・キューザック(ジェシー)、ブレイク・クラーク(スリンキー・ドッグ)、ウォーレス・ショーン(レックス)、ドン・リックルズ(ミスター・ポテトヘッド)、ジェフ・ガーリン(バターカップ)、エステル・ハリス(ミセス・ポテトヘッド)、ジョン・モリス(アンディ)、ほか

「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」のネタバレあらすじ結末

スパイダーマン:ファー・フロム・ホームの紹介:2019年アメリカ映画。夏休みに友人たちとヨーロッパ旅行を楽しむピーター・パーカーに、S.H.I.E.L.D.長官ニック・フューリーから任務を与えられ、新たな戦いへ向かっていく。アベンジャーズ/エンドゲームでも激闘を繰り広げたスパイダーマンを主人公に、エンドゲーム後のアベンジャーズを引っ張っていくべく大活躍を見せます。インフィニティ・サーガのフェイズ3の締めくくりに相応しい、スパイダーマンの成長譚を上手く描いています。
監督:ジョン・ワッツ キャスト:トム・ホランド(ピーター・パーカー/スパイダーマン)、サミュエル・L・ジャクソン(ニック・フューリー)、ゼンデイヤ(ミシェル・“MJ”・ジョーンズ)、コビー・スマルダーズ(マリア・ヒル)、ジョン・ファヴロー(ハッピー・ホーガン)、ジェイコブ・バタロン(ネッド)、マリサ・トメイ(メイおばさん)、ジェイク・ギレンホール(クエンティン・ベック/ミステリオ)、ほか

「アラジン(2019年実写版)」のネタバレあらすじ結末

アラジンの紹介:2019年アメリカ映画。ディズニーアニメ『アラジン』を実写化したファンタジー映画。魔法のランプを手に入れた青年アラジンはランプの魔人ジーニーの力を借りながらアグラバー王国のジャスミン王女と距離を縮めていく。しかし同時に魔法のランプを悪用しようとする邪悪な魔術師ジャファーに邪魔をされてしまう。印象的な主題歌「ホール・ニュー・ワールド」のメロディに乗せて空飛ぶ魔法の絨毯がどこまでも飛んでいく様子は多くの観客を魅了する。
監督:ガイ・リッチー 出演:メナ・マスード(アラジン)、ナオミ・スコット(ジャスミン)、ウィル・スミス(ジーニー)、マーワン・ケンザリ(ジャファー)、ナヴィド・ネガーバン(サルタン)、ナシム・ペドラド(ダリア)、ビリー・マグヌッセン(アンダース王子)、ほか

「アベンジャーズ/エンドゲーム」のネタバレあらすじ結末

アベンジャーズ/エンドゲームの紹介:2019年アメリカ映画。マーベル・コミックの人気スーパーヒーローたちが一堂に集結した一大英雄巨編『アベンジャーズ』シリーズ第4作にして完結編であり、『マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)』シリーズ第22作目であるSFアクション超大作です。「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」で、サノスによって人類の半分の命が失われた世界のその後を描いており、生き残ったヒーローたちが力を合わせ、仲間や愛する人達を救うため、最後の決戦に挑む。本作品は2019年公開の全ての映画作品の中でも最重要作品であり、2008年公開の『アイアンマン』から始まったMCUシリーズの集大成にしてグランドフィナーレを飾るに相応しい作品に仕上がっています。なお、本作は『アイアンマン』シリーズおよび初代『キャプテン・アメリカ』シリーズの完結編ともなっています。
監督:アンソニー・ルッソ、ジョー・ルッソ キャスト:ロバート・ダウニー・Jr(トニー・スターク/アイアンマン)、クリス・エヴァンス(スティーブ・ロジャース/キャプテン・アメリカ)、マーク・ラファロ(ブルース・バナー/ハルク)、クリス・ヘムズワース(ソー)、スカーレット・ヨハンソン(ナターシャ・ロマノフ/ブラック・ウィドウ)、ジェレミー・レナー(クリント・バートン/ホークアイ)、ドン・チードル(ジェームズ・“ローディ”・ローズ/ウォーマシン)、ポール・ラッド(スコット・ラング/アントマン)、グウィネス・パルトロー(ペッパー・ポッツ)、ジョシュ・ブローリン(サノス)ほか

TOP↑