Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

新作オススメ映画一覧

新作オススメ映画のネタバレあらすじ一覧です。劇場公開中の新作映画、新作レンタル作品、動画配信サービスやテレビで人気の新作おすすめ映画、人気映画ランキング上位の作品や、劇場未公開の新作映画など、上映中の映画から今話題の映画まで、新作オススメ映画のあらすじを結末まで解説します。

「居眠り磐音」のネタバレあらすじ結末

居眠り磐音(いねむりいわね)の紹介:2019年日本映画。累計2000万部を超える佐伯泰英の人気時代小説シリーズ『居眠り磐音』を、「超高速!参勤交代」などで知られる本木克英監督が初の映画化。主演は、本作が時代劇初主演となる松坂桃李。賑やかな場面でもどこか影のあるその演技は、本木監督に「この映画は松坂桃李ありきの磐音」と言わしめる。また、日本の時代劇を支える京都のスタッフたちに、時代劇を引っ張っていける新しい主役として認められた松坂は、「もっと時代劇を盛り上げたい」と語っている。
監督:本木克英 キャスト:松坂桃李(坂崎磐音)、木村文乃(おこん)、芳根京子(小林奈緒)、柄本佑(小林琴平)、杉野遥亮(河出慎之輔)、佐々木蔵之介(佐々木玲圓)、奥田瑛二(宍戸文六)、谷原章介(吉右衛門)、中村梅雀(金兵衛)、柄本明(有楽斎)、比留間由哲(毘沙門の統五郎)、和田聰宏(東源之丞)、高橋努(竹村武佐衛門)、荒井敦史(品川柳次郎)、南沙良(坂崎伊代)、桜木健一(川合久敬)、水澤紳吾(蔵持十三)、阿部亮平(黒岩十三郎)、宮下かな子(河出舞)、菅原大吉(日村綱道)、陣内孝則(庄右衛門)、橋本じゅん(甚兵衛)、早乙女太一(邦右衛門)、中村ゆり(高尾太夫)、波岡一喜(天童赤児)、石丸謙二郎(坂崎正睦)、財前直見(坂崎照埜)、西村まさ彦(田沼意次)、ほか

「アメリカン・アニマルズ」のネタバレあらすじ結末

アメリカン・アニマルズの紹介:2018年アメリカ,イギリス映画。学生生活に嫌気がさしていたスペンサーとウォーレンは何か大きな事をしたいと考え、通っているトランシルバニア大学の図書館に貯蔵されている時価1200万ドルの本を盗み出す計画を立てる。2004年にアメリカ・ケンタッキー州トランシルヴァニア大学で大学生たちが起こした強盗事件、この実話をもとに映画化した作品です。
監督:バート・レイトン 出演:エヴァン・ピーターズ(ウォーレン・リプカ)、バリー・キオガン(スペンサー・ラインハード)、ブレイク・ジェナー(チャズ / チャールズ・T・アレン2世)、ジャレッド・アブラハムソン(エリック・ボーサク)、ウド・キア、アン・ダウド(ミス・グーチ)、ほか

「ザ・フォーリナー 復讐者」のネタバレあらすじ結末

ザ・フォーリナー/復讐者の紹介:2017年イギリス,中国,アメリカ映画。イギリス(グレートブリテイン及び北アイルランド連合王国)の一部の北アイルランド。アイルランド人の中には北アイルランドはイギリスの領土ではないと主張する人もいます。イギリスを非難するアイルランド過激派のテロで娘を失った男はテロリストに復讐するため、北アイルランドに行きますが、北アイルランドの内部の政治抗争から状況は複雑化していきます。『ザ・フォーリナー/復讐者』はジャッキー・チェン主演の映画。ジャッキーは60歳を過ぎても激しいアクションを見せてくれます。ストーリーは展開が早く注意していないと重要なシーンを見逃し、話の流れや結末がわからなくなるかもしれません。
監督:マーティン・キャンベル 出演:ジャッキー・チェン(クァン・ノク・ミン)、ピアース・ブロスナン(リーアム・ヘネシー)、オーラ・ブラディ(メアリー・ヘネシー)、レイ・フィアロン(リチャード・ブロムリー)、チャーリー・マーフィ(マギー)、スティーヴン・ホーガン(クリスティ・マーフィー)、ロリー・フレック・バーン(ショーン・モリソン)、マイケル・マケルハットン(ジム・カヴァナ)、ケイティ・ルング(ファン)、リウ・タオ(ラム)、ほか

「アベンジャーズ4/エンドゲーム」のネタバレあらすじ結末

アベンジャーズ/エンドゲームの紹介:2019年アメリカ映画。マーベル・コミックの人気スーパーヒーローたちが一堂に集結した一大英雄巨編『アベンジャーズ』シリーズ第4作にして完結編であり、『マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)』シリーズ第22作目であるSFアクション超大作です。本作品は2019年公開の全ての映画作品の中でも最重要作品であり、2008年公開の『アイアンマン』から始まったMCUシリーズの集大成にしてグランドフィナーレを飾るに相応しい作品に仕上がっています。なお、本作は『アイアンマン』シリーズおよび初代『キャプテン・アメリカ』シリーズの完結編ともなっています。
監督:アンソニー・ルッソ、ジョー・ルッソ キャスト:ロバート・ダウニー・Jr(トニー・スターク/アイアンマン)、クリス・エヴァンス(スティーブ・ロジャース/キャプテン・アメリカ)、マーク・ラファロ(ブルース・バナー/ハルク)、クリス・ヘムズワース(ソー)、スカーレット・ヨハンソン(ナターシャ・ロマノフ/ブラック・ウィドウ)、ジェレミー・レナー(クリント・バートン/ホークアイ)、ドン・チードル(ジェームズ・“ローディ”・ローズ/ウォーマシン)、ポール・ラッド(スコット・ラング/アントマン)、ブリー・ラーソン(キャロル・ダンヴァース/キャプテン・マーベル)、ブラッドリー・クーパー(ロケットの声)、カレン・ギラン(ネビュラ)、グウィネス・パルトロー(ペッパー・ポッツ)、ジョシュ・ブローリン(サノス)ほか

「キングダム」のネタバレあらすじ結末

キングダムの紹介:2019年日本映画。紀元前の中国を舞台に、天下の大将軍を夢見る少年と若き王が、困難に立ち向かいながら中華統一を目指す壮大な物語。原泰久原作の漫画は単行本54巻(映画公開日現在)にもおよぶ超人気シリーズで「実写化は不可能」といわれていた。今回原作者が脚本に全面協力、アクションを得意とする佐藤信介監督がメガホンをとり、ファンを納得させる映画が完成した。驚くべきは俳優陣の再現度の高さだ。主演の山﨑賢人はもちろん、肉体改造した大沢たかおや二役に挑んだ吉沢亮など、見ないと損するレベルの作品に仕上がっている。
監督:佐藤信介 キャスト: 山﨑賢人(信)、吉沢亮(漂/嬴政:二役)、長澤まさみ(楊端和)、橋本環奈(河了貂=てん)、本郷奏多(成蟜)、石橋蓮司(竭氏)、加藤雅也(肆氏)、宇梶剛士(魏興)、高島政宏(昌文君)、満島真之介(壁)、要潤(騰)、大沢たかお(王騎)、ほか

「ある少年の告白」のネタバレあらすじ結末

ある少年の告白の紹介:2018年アメリカ映画。アメリカに今もあるという性的指向の矯正施設。この映画には、原作者ガラルド・コンリーが告発本を出版するに至った、ある施設での体験とそれによって生まれた人間ドラマが描かれている。主人公ジャレッドを演じるのは、20歳のときにアカデミー賞助演男優賞にノミネートされたこともあるルーカス・ヘッジズ。その両親に、ともにアカデミー賞主演男優賞・女優賞をとったラッセル・クロウとニコール・キッドマン。豪華キャスト陣の繊細かつ大胆な演技が見る者を圧倒する衝撃の実話だ。
監督:ジョエル・エドガートン 出演:ルーカス・ヘッジズ(ジャレッド・イーモンズ)、ニコール・キッドマン(母 ナンシー・イーモンズ)、ラッセル・クロウ(父 マーシャル・イーモンズ)、ジョエル・エドガートン(ヴィクター・サイクス)、ジョー・アルウィン(ヘンリー)、グザヴィエ・ドラン(ジョン)、トロイ・シヴァン(ゲイリー)、テオドール・ペルラン(ゼイヴィア)、フリー[レッド・ホット・チリペッパーズ ベーシスト](ブランドン)、ほか

「シャザム!」のネタバレあらすじ結末

シャザム!の紹介:2019年アメリカ映画。15歳の少年ビリーはある日魔術師から勇士に選ばれ、スーパーパワーを与えられる。しかしそのパワーで人間の世界を脅かす計画をするドクター・シヴァナから狙われると、家族や世界を守る為戦う事となる。DCコミックスの異色ヒーローが騒動を巻き起こすコメディーアクション映画。
監督:デビッド・F・サンドバーグ 出演:ザカリー・リーヴァイ(シャザム)、アッシャー・エンジェル(ビリー・バットソン)、マーク・ストロング(ドクター・サディアス・シヴァナ)、ジャック・ディラン・グレイザー(フレディ・フリーマン)、ほか

「荒野にて」のネタバレあらすじ結末

荒野にての紹介:2017年イギリス映画。幼い頃に母に捨てられ、1人で自分を育ててきてくれた父も亡くし、1人ぼっちになった15歳の少年チャーリーは、世話をしていた競走馬のリーン・オン・ピートと一緒に、唯一残された家族である叔母を探す旅に出る。
監督:アンドリュー・ヘイ 出演:チャーリー・プラマー(チャーリー・トンプソン)、クロエ・セヴィニー(ボニー)、トラヴィス・フィメル(レイ)、スティーヴ・ザーン(シルバー)、スティーヴ・ブシェミ(デル・モンゴメリー)、ほか

「ビューティフル・ボーイ」のネタバレあらすじ結末

ビューティフル・ボーイの紹介:2018年アメリカ映画。優等生でスポーツ万能、そんな才能豊かなニック。常に家族からの愛情に包まれた"いい息子・いい兄"だったが、つい手を出してしまったドラッグにより次第に堕ちていくこととなる。罪悪感と恐怖感に襲われるニックを、大きな愛と献身的なサポートで包む父デヴィッド。痛ましくも美しい父の愛と絶望の中に見えてくる確かな希望のひかりを描く。タイトルはジョン・レノンとオノ・ヨーコの最後のアルバムの収録曲『ビューティフル・ボーイ』から。なお、ジョン・レノンの生前最期のロングインタビューを行ったのは、当時音楽ライターだったデヴィッドだった。
監督:フェリックス・ヴァン・ヒュルーニンゲン 出演:スティーヴ・カレル(デヴィッド・シェフ)、ティモシー・シャラメ(ニック・シェフ)、モーラ・ティアニー(カレン・バーバー)、エイミー・ライアン(ヴィッキー・シェフ)、ケイトリン・デヴァー(ローレン)ほか

「名探偵コナン 紺青の拳」のネタバレあらすじ結末

名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト)の紹介:2019年日本映画。「真実VS奇術VS蹴撃 雌雄を決する三位一体(トリニティ)バトルミステリー」興行収入90億円を超えるメガヒットとなった前作『ゼロの執行人』(2018年)の衝撃から1年、『名探偵コナン』の劇場版23作目となる本作「紺青の拳」はシリーズの原作者・青山剛昌の『まじっく快斗』の主人公であり、コナンの永遠のライバルである“怪盗キッド”をキーマンに据え、劇場版シリーズでは初の海外となるシンガポールを舞台に、伝説の宝石をめぐる謎にコナンと怪盗キッドが挑みます。
監督:永岡智佳 声の出演:高山みなみ(江戸川コナン)、山口勝平(怪盗キッド)、檜山修之(京極真)、山崎和佳奈(毛利蘭)、小山力也(毛利小五郎)、松井菜桜子(鈴木園子)、緒方賢一(阿笠博士)、岩居由希子(吉田歩美)、高木渉(小嶋元太)、大谷育江(円谷光彦)、林原めぐみ(灰原哀)、山崎育三郎(レオン・ロー)、河北麻友子(レイチェル・チェオング)ほか

「ハンターキラー 潜航せよ」のネタバレあらすじ結末

ハンターキラー 潜航せよの紹介:2018年イギリス映画。ロシア内のクーデターにより捕虜となったロシアのザカリン大統領を助けるべく、ジョー・グラス率いるアメリカ海軍の攻撃型原子力潜水艦ハンターキラーはネイビーシールズの精鋭部隊と共に自殺行為とも言える大統領救出作戦を実行する。ワイルドスピードの製作陣が贈る潜水艦アクション映画。
監督:ドノバン・マーシュ 出演:ジェラルド・バトラー(ジョー・グラス艦長)、ゲイリー・オールドマン(チャールズ・ドネガン統合参謀本部議長)、コモン(ジョン・フィスク海軍少将)、リンダ・カーデリーニ(ジェーン・ノーキスト)、ミカエル・ニクヴィスト(アンドロポフ艦長)、トビー・スティーヴンス(ビル・ビーマン)、ほか

「ハロウィン(2018年)」のネタバレあらすじ結末

ハロウィンの紹介:2018年アメリカ映画。2019年4月12日日本公開。10月31日は仮装パーティなどで大人気のハロウィンで、子どもたちは大喜びです。そんな楽しいハロウィンに、殺人鬼が町に現れ人々を襲います。昔、その殺人鬼に襲われた女性は家族と市民を守るため再び殺人鬼と戦います。ジョン・カーペンター監督シリーズ第1作『ハロウィン(1978年)』のその後を、40年後を舞台に描きます。アメリカを代表するホラー映画シリーズですが、同シリーズを初めて見る方も問題なくストーリーを理解でき、恐怖感を感じられるようになっています。
監督:デヴィッド・ゴードン・グリーン 出演:ジェイミー・リー・カーティス(ローリー・ストロード)、ジュディ・グリア(カレン)、アンディ・マティチャック(アリソン)、ウィル・パットン(ホーキンス警察官)、ヴァージニア・ガードナー(ヴィッキー)、ニック・キャッスル(マイケル・マイヤーズ / ブギーマン)、ほか

「バイス」のネタバレあらすじ結末

バイスの紹介:2018年アメリカ映画。1960年代半ば、青年チェイニーはのちの妻となる恋人リンに背中を押されるようにして政界の道を歩み始める。型破りな下院議員ラムズフェルドの元で政治の表裏を学んだチェイニーは次第に権力の虜になっていく。ジョージ・W・ブッシュ政権において副大統領に就任した彼は、次第に影の大統領として振る舞い始める。ハリウッド屈指の"演技の鬼"として名高いクリスチャン・ベールが約20キロに及ぶ体重の増量と、一度あたり5時間を要する特殊メイクを施して半世紀にわたるチェイニーを体現。題名の『バイス』には、バイス・プレジデント(副大統領)を指すだけでなく、「悪徳」「邪道」という意味もこめられている。
監督:アダム・マッケイ 出演:クリスチャン・ベール(ディック・チェイニー)、エイミー・アダムス(リン・チェイニー)、スティーヴ・カレル(ドナルド・ラムズフェルド)、サム・ロックウェル(ジョージ・W・ブッシュ)、タイラー・ペリー(コリン・パウエル)、アリソン・ピル(メアリー・チェイニー)、リリー・レーブ(リズ・チェイニー)、リサゲイ・ハミルトン(コンドリーザ・ライス)、ジェシー・プレモンス(カート)ほか

「バンブルビー」のネタバレあらすじ結末

バンブルビーの紹介:2018年アメリカ映画。宇宙のはるか彼方サイバトロン星。反乱軍ディセプコンの仕掛けた戦争で大混乱の中を脱出し、オートボットの新天地を求めて地球にやってきた「B-127」。追ってきたブリッツウイングとの戦いで声と記憶を失い、瀕死の中で黄色いフォルクスワーゲン・ビートルをスキャンして姿を隠していたところにチャーリーと出会う。怯えた様子のB-127をチャーリーは"バンブルビー(マルハナ蜂)"と呼び友情を育む。2007年の公開以来、世界中で合計興行収入43億ドルという大ヒットとなった『トランスフォーマー』シリーズ。シリーズのエピソード・ゼロにあたる始まりの物語を描く。
監督:トラヴィス・ナイト 出演:ヘイリー・スタインフェルド(チャーリー・ワトソン)、ジョン・シナ( バーンズ)、ジョージ・レンデボーグ・Jr(ギレルモ・グティエレス"メモ")、ジェイソン・ドラッカー(オーティス・ワトソン)、パメラ・アドロン(サリー)、スティーヴン・シュナイダー(ロン)、リカルド・ホヨス(トリップ・サマーズ)、ジョン・オーティス(パウエル博士)、グリン・ターマン(ウェーレン司令官)、レン・キャリオー(ハンクおじさん)ほか

「君は月夜に光り輝く」のネタバレあらすじ結末

君は月夜に光り輝くの紹介:2019年日本映画。まみず(永野芽郁)は二十歳まで生きられない発光病という不治の病になり、医者からは余命1年と言われていました。ついに余命0となり、生きるのを諦めるために作ったリストを同じクラスメイトの卓也(北村匠海)に代行してもらうことになりました。病室を出られないまみずの代わりに卓也が遊園地に行ったり、買い物やカラオケに行ったりする様々なミッションを一つ一つクリアして感想を報告するという代行をしていたのですが、2人に残された時間は迫っていました…。とても切なく苦しくてでもピュアな高校生ならではの儚くも美しい青春のラブストーリーです。第23回電撃小説大賞を受賞した佐野徹夜の小説を原作とするラブストーリー作品です。
監督:月川翔 出演:永野芽郁(渡良瀬まみず)、北村匠海(岡田卓也)、甲斐翔真(香山彰)、松本穂香(岡田鳴子)、今田美桜(平林リコ)、優香(岡崎)、生田智子(渡良瀬律)、長谷川京子(岡田恭子)、及川光博(深見真)、ほか

1 2
TOP↑