Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

新作オススメ映画一覧

新作オススメ映画のネタバレあらすじ一覧です。劇場公開中の新作映画、新作レンタル作品、動画配信サービスやテレビで人気の新作おすすめ映画、人気映画ランキング上位の作品や、劇場未公開の新作映画など、上映中の映画から今話題の映画まで、新作オススメ映画のあらすじを結末まで解説します。

「人間失格 太宰治と3人の女たち」のネタバレあらすじ結末

人間失格 太宰治と3人の女たちの紹介:2019年日本映画。2019年7月に『Diner』が公開されたばかりの蜷川実花監督。その『Diner』にも出演していた小栗旬を主役に迎え、『斜陽』『人間失格』を執筆し入水心中に至るまでの太宰治と彼を取り巻く女たちの愛憎を描いた新作が『人間失格 太宰治と3人の女たち』だ。太宰の正妻美知子に宮沢りえ、『斜陽』のモデルで太宰の愛人静子に沢尻エリカ、太宰最後の愛人でともに心中した富栄に二階堂ふみ。三者三様の愛で太宰を癒やし、追い詰める様を、蜷川監督らしい花いっぱいの映像で艶やかに紡ぎ上げる。
監督:蜷川実花 出演:小栗旬(太宰治)、宮沢りえ(津島美知子)、沢尻エリカ(太田静子)、二階堂ふみ(山崎富栄)、成田凌(佐倉潤一)、千葉雄大(太田薫)、瀬戸康史(伊馬春部)、高良健吾(三島由紀夫)、藤原竜也(坂口安吾)、ほか

「僕のワンダフル・ジャーニー」のネタバレあらすじ結末

僕のワンダフル・ジャーニーの紹介:2019年アメリカ映画。何度も生まれ変わる犬のベイリーと飼い主のイーサンが紡ぐラブストーリーが感動を巻き起こした、『僕のワンダフル・ライフ』。あれから2年。待望の続編として本作が完成。イーサンとの約束通り、孫娘CJを守り抜くベイリー。何度も生まれ変わり家族の絆をつなぐための長い旅路を感動と共に送る。前作の監督ラッセ・ハルストレムからバトンを受け継いだゲイル・マンキューソはTVシリーズ「モダン・ファミリー」でエミー賞を2度受賞。温かい涙が止まらない感動の物語。
監督:ゲイル・マンキューソ 出演:ジョシュ・ギャット(声:ベイリー/モリー/ビッグ・ドッグ/マックス)、デニス・クエイド(イーサン)、キャスリン・プレスコット(大人のCJ)、マージ・ヘルゲンバーガー(ハンナ)、ベティ・ギルビン(グロリア)、ヘンリー・ラウ(トレント)、アビー・ライダーフォートソン(子供のCJ)ほか

「アス」のネタバレあらすじ結末

アスの紹介:2019年アメリカ映画。アデレードは少女時代に遊園地で不思議な体験をしてから、口もきかず両親を心配させます。成人し、結婚して子供にも恵まれますが、なぜか少女時代に訪れたサンタクルーズの遊園地に行くことに恐怖を感じます。アデレードはサンタクルーズに行きますが、そこに現れたアデレードに似たレッドという女は、なぜかアデレードとの不可解な関係を語り、アデレードの家族を襲います。レッドの正体と目的とは?本作『アス』は『ゲット・アウト』で大きな注目を浴びたジョーダン・ピール監督の最新作、レッドの正体をめぐり最後まで目が離せないホラー映画です。アメリカの映画批評サイトRotten Tomatoesで多くの支持を集め、興行的にも大成功しています。本作は欧米では古くから小説、神話、都市伝説の題材となっている「ドッペルゲンガー」(自分自身の姿を自分で見る幻覚の一種で、自己像幻視とも呼ばれる)を題材にしています。
監督:ジョーダン・ピール 出演:ルピタ・ニョンゴ(アデレード・ウィルソン/レッド)、ウィンストン・デューク(ゲイブ・ウィルソン/アブラハム)、エリザベス・モス(キティ・タイラー)、ティム・ハイデッカー(ジョシュ・タイラー)、シャハディ・ライト・ジョセフ(ゾーラ・ウィルソン/アンブラ)、エヴァン・アレックス(ジェイソン・ウィルソン/プルートー)、カリ・シェルドン(ベッカ・タイラー)、ノエル・シェルドン(リンジー・タイラー)、ほか

「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」のネタバレあらすじ結末

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッドの紹介:2019年アメリカ映画。過去に華々しい活躍を見せていたハリウッド俳優 リック・ダルトン。今や落ち目となり再び栄光を取り戻そうとしていた。そんなリックを支えるクリフ・ブースは彼のスタントマン兼付き人であり、心からの親友でもある。ふたりは長い間バディを組み仕事をしてきたが、1969年のハリウッドは大きな過渡期を迎えており、時代は彼らを必要としなくなっていた。そんな中、リックの隣家に引っ越してきたのは、時代の寵児となったロマン・ポランスキー監督と新人女優のシャロン・テート夫妻。そして1969年8月9日、映画史を塗り替える事件が起こる。クエンティン・タランティーノが幼少期を過ごした60年代のハリウッド黄金期最後の瞬間を5年の歳月を費やして脚本を執筆し、監督を務めた。マーゴット・ロビー演じるシャロン・テートは実在の人物。彼女は実際に1969年ハリウッドの自宅で友人と共に惨殺された。豪華キャストによって実在とフィクションのキャラクターが入り混じった人物たちを演じている。
監督:クエンティン・タランティーノ 出演:レオナルド・ディカプリオ(リック・ダルトン)、ブラッド・ピット(クリフ・ブース)、マーゴット・ロビー(シャロン・テート)、エミール・ハーシュ(ジェイ・シブリング)、マーガレット・クアリー(プッシーキャット)、ティモシー・オリファント(ジェームズ・ステイシー)、ジュリア・バターズ(トルーディ)、オースティン・バトラー(テックス)、ダコタ・ファニング(スクィーキー・フロム)、ブルース・ダーン(ジョージ・スパーン)、マイク・モー(ブルース・リー)、ルーク・ベリー(ウェイン・モウンダー)、ダミアン・ルイス(スティーヴ・マックィーン)、アル・パチーノ(マーヴィン・シュワーズ)ほか

「トールキン 旅のはじまり」のネタバレあらすじ結末

トールキン 旅のはじまりの紹介:2019年アメリカ映画。ファンタジー小説の傑作『ホビットの冒険』や、ロード・オブ・ザ・リングの原作『指輪物語』を生み出した作家J・R・R・トールキンの波乱と激動の青年時代の物語。母の急死で12歳にして無一文の孤児となり、母の友人モーガン神父を後見人として名門キング・エドワード校に入学した。孤立していたトールキンはそこではじめて心を許せる3人の野心溢れる少年たちと出会う。4人は<ティー・クラブ・バロヴィアン・ソサエティ>、通称<T.C.B.S.>という秘密クラブを結成し「芸術の力で世界を変えよう」というスローガンのもと誓いを交わし合った。生涯を共にしたいと思える恋人エディスや、人生の恩師ライト教授との出会いによりさらにトールキンの将来は約束されたものとなるはずだったが、第一次世界大戦が勃発。その戦いにより仲間との絆を奪われることとなる。監督はフィンランドのアカデミー賞で38回ものノミネートを誇り、監督賞を2度獲得した注目の才能ドメ・カルコスキ。
監督:ドメ・カルコスキ 出演:ニコラス・ホルト(トールキン)、リリー・コリンズ(エディス)、コルム・ミーニイ(フランシス・モーガン神父)、デレク・ジャコビ(ライト教授)、アンソニー・ボイル(ジェフリー・スミス)、パトリック・ギブソン(ロバート・ギルソン)、トム・グリン=カーニー(クリストファー・ワイズマン)、ハリー・ギルビー(トールキンの少年時代)、アダム・ブレイグマン(ジェフリーの少年時代)、アルビー・マーバー(ロバートの少年時代)、タイ・テナント(クリストファーの少年時代)ほか

「劇場版おっさんずラブ LOVE or DEAD」のネタバレあらすじ結末

劇場版 おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~の紹介:2019年日本映画。2018年TVシリーズで世間の話題をさらった「おっさんずラブ」。大ヒットドラマの後日譚が満を持して映画化された。女性にはモテないが、職場の男性陣から想いを寄せられる主人公春田に、この作品で大ブレイクした田中圭。その春田と晴れてカップルとなる後輩牧に林遣都。そして、春田に恋して離婚までしてしまう上司の黒澤に吉田鋼太郎。おなじみの三人に、今度は沢村一樹と志尊淳が加わり、スケールアップしたラブ・バトルロワイヤルが繰り広げられる。
監督:瑠東東一郎 キャスト:田中圭(春田創一)、林遣都(牧凌太)、吉田鋼太郎(黒澤武蔵)、沢村一樹(狸穴迅)、志尊淳(山田正義<ジャスティス>)、眞島秀和(武川政宗)、金子大地(栗林歌麻呂)、大塚寧々(西園寺蝶子)、伊藤修子(瀬川舞香)、児嶋一哉(荒井鉄平)、内田理央(荒井ちず)ほか

「永遠に僕のもの」のネタバレあらすじ結末

永遠に僕のものの紹介:2018年アルゼンチン,スペイン映画。1971年、ブエノスアイレスで殺人や強盗など数々の罪を犯して世界に戦慄を巻き起こした17歳の少年がいた。その容姿はブロンドの巻き髪に、吸い込まれるような大きく澄んだ瞳、艶やかに濡れた柔らかな唇、磁器のように滑らかな白い肌。美しすぎるヴィジュアルに、悪魔も逃げ出す傲慢な魂をたたえた少年、カルリートス。欲しいものは手段を問わず何でも手に入れ、目障りな者は誰でも構わず殺す。アルゼンチンでは知らない人がいない実在の連続殺人犯「カルロス・エディアルド・ロブレド・プッチ」をモデルに、衝撃の実話を官能的に描く。プロデューサーは、カンヌ映画祭監督賞やアカデミー賞外国語映画賞などを受賞したペドロ・アルモドバルとその弟のアグスティン・アルモドバル。自身の美意識を引き継ぐものとして本作の監督に選んだのは、南米を中心とし世界各国の映画祭で様々な賞を受賞してきたルイス・オルテガ。主人公カルリートスと相棒ラモンの不穏で切ない名前のない愛にも注目。
監督:ルイス・オルテガ 出演:ロレンソ・フェロ(カルリートス)、チノ・ダリン(ラモン)、ダニエル・ファネゴ(ホセ/ラモンの父)、メルセデス・モラーン(アナマリア/ラモンの母)、ルイス・ニェッコ(エクトル/カルリートスの父)、ピーター・ランサーニ(ミゲル)、セシリア・ロス(オーロラ/カルリートスの母)ほか

「ライオン・キング(2019年)」のネタバレあらすじ結末

ライオン・キングの紹介:2019年アメリカ映画。アニメやミュージカルなどで人気のディズニーの名作「ライオン・キング」をジョン・ファヴロー監督がフルCGの超実写版として映画化。アフリカのサバンナ、幼い頃に叔父ライオンに父親ライオンを殺され、更に王国からも追放された未来の王シンバは、違う世界で新しい仲間と出会い、やがて過去を忘れて大人へと成長する。ある日、幼馴染のメスライオン・ナラと再会する事で、自分の未来の王としての運命を思い出したシンバは王国へと戻る。幼かったライオンが王へと成長していく様を、実写を越えたフルCG映像で描く。
監督:ジョン・ファヴロー 声優: ドナルド・グローヴァー(シンバ)、セス・ローゲン(プンバァ)、キウェテル・イジョフォー(スカー)、アルフレ・ウッダード(サラビ)、ビリー・アイクナー(ティモン)、ジョン・カニ(ラフィキ)、ジョン・オリヴァー(ザズー)、フローレンス・カサンバ(シェンジ)、エリック・アンドレ(アジジ)、キーガン=マイケル・キー(カマリ)、ビヨンセ・ノウルズ=カーター(ナラ)、ジェームズ・アール・ジョーンズ(ムファサ)、ほか

「アルキメデスの大戦」のネタバレあらすじ結末

アルキメデスの大戦の紹介:2019年日本映画。2020年東京オリンピック開閉会式の演出を担当することが決まっている山崎貴監督。子どもの頃から戦艦大和や零戦が好きだったと語る監督は、「永遠の0」で零戦の悲劇を、そして本作で戦艦大和の壮絶な最期の瞬間を、得意のVFXを駆使して描き出した。戦艦大和の建造を阻止しようと奔走する若き数学者を、今最も注目されている若手俳優・菅田将暉が演じ、数式を板書しながらの長ゼリフの熱演に、共演したベテラン俳優陣が賛辞を送っている。
原作:三田紀房「アルキメデスの大戦」(ヤングマガジン) 監督:山崎貴 キャスト:菅田将暉(櫂直)、舘ひろし(山本五十六)、柄本佑(田中正二郎)、浜辺美波(尾崎鏡子)、笑福亭鶴瓶(大里清)、小林克也(大角岑生)、小日向文世(宇野積蔵)、國村隼(永野修身)、橋爪功(嶋田繁太郎)、田中泯(平山忠道)ほか

「天気の子」のネタバレあらすじ結末

天気の子の紹介:2019年日本映画。『君の名は。』の歴史的大ヒットから3年、新海誠監督が満を持して送り出した長編アニメーション作品。島を飛び出し、雨の降り続く東京へやって来た帆高。彼が知り合った陽菜は天気を操ることができる晴れ女だった? 本作も『君の名は。』から引き続きロックグループ「RADWIMPS」が音楽を手掛け、雨の止まない異常気象に見舞われた近未来の東京を舞台に“100%の晴れ女”といわれる不思議な力を秘めた少女と家出少年との合流を現代社会の“闇”も交えて新海作品ならではの映像美で描きあげていきます。なお、本作は『君の名は。』と世界観を共有しており、同作の登場人物もカメオ出演しています。
監督:新海誠 声の出演:醍醐虎汰朗(森嶋帆高)、森七菜(天野陽菜)、小栗旬(須賀圭介)、本田翼(夏美)、吉柳咲良(天野凪)、平泉成(安井刑事)、梶裕貴(高井刑事)、倍賞千恵子(立花冨美)、花澤香菜(カナ)、佐倉綾音(花澤綾音)、市ノ瀬加那(佐々木)、木村良平(キムラ)、野沢雅子(占い師)、上白石萌音(宮水三葉(特別出演))、神木隆之介(立花瀧(特別出演))ほか

「東京喰種 トーキョーグール【S】」のネタバレあらすじ結末

東京喰種 トーキョーグール【S】の紹介:2019年日本映画。人間と、人間を捕食して生きる喰種との闘いを描いた石田スイ原作のダーク・ファンタジー漫画「東京喰種トーキョーグール」。本作はその実写化第2弾で、窪田正孝が前作「東京喰種トーキョーグール」に引き続き、半喰種の主人公カネキを演じる。今回の敵役は原作でも人気のある、<グルメ>と呼ばれる喰種月山。松田翔太の見事な変態っぷりに、ハマり役との呼び声も高い。また、ヒロインのトーカには山本舞香が抜擢され、空手で鍛えたキレのあるアクションを披露している。
原作:石田スイ「東京喰種トーキョーグール」 監督:川崎拓也、平牧和彦 キャスト:窪田正孝(金木研<カネキ>)、山本舞香(霧島菫香<トーカ>)、松田翔太(月山習)、白石隼也(西尾錦<ニシキ>)、小笠原海(永近英良<ヒデ>)、鈴木伸之(亜門鋼太朗)、木竜麻生(西野貴未)、森七菜(小坂依子)、桜田ひより(笛口雛実<ヒナミ>)、村井國夫(芳村)、ほか

「チャイルド・プレイ(2019年)」のネタバレあらすじ結末

チャイルド・プレイの紹介:2019年アメリカ映画。殺人人形チャッキーの恐怖が再び描かれるリブート版チャイルドプレイ。引っ越したばかりの少年に誕生日プレゼントとして母から贈られたバディ人形チャッキー。そんなチャッキーと友人になるアンディだったが、異常な行動を起こすチャッキーに恐怖を感じるようになっていく。一線を越えたチャッキーを廃棄するも、彼はアンディの元に帰ってくる。ネットワーク制御機能などの人工知能を搭載したハイテクなバディ人形チャッキーは、殺害の手法を人間の言動やホラー映画から学習するなど、狂気を帯びていく。今回のチャッキーは、技術が発達した世界で、自我を持ち暴走してしまったAI(人工知能)の恐怖を描く。
監督:ラース・クレブバーグ 出演:オーブリー・プラザ(カレン)、ガブリエル・ベイトマン(アンディ)、ブライアン・タイリー・ヘンリー(マイク・ノリス刑事)、マーク・ハミル(チャッキー)、ビアトリス・キットソス(ファリン)、タイ・コンシーリョ(パグ)、デヴィッド・ルイス(シェーン)、カーリース・バーク(ドリーン)、マーロン・カザーディ(オマール)、ほか

「トイ・ストーリー4」のネタバレあらすじ結末

トイ・ストーリー4の紹介:2019年アメリカ映画。ウッディたちは新しい持ち主のボニーと幸せな日々を過ごしていたが、ウッディは徐々に彼女に遊ばれなくなっていく。そんなある日、幼稚園でボニーが自分で作ったおもちゃ「フォーキー」が家にやってくる。フォーキーとウッディたちの冒険が始まる。トイ・ストーリー3の完璧な結末を経て、おもちゃ達のさらなる物語が描かれる。
監督:ジョシュ・クーリー キャスト:トム・ハンクス(ウッディ)、ティム・アレン(バズ・ライトイヤー)、アニー・ポッツ(ボー・ピープ)、トニー・ヘイル(フォーキー)、キーガン=マイケル・キー(ダッキー)、マデリーン・マックグロウ(ボニー)、クリスティナ・ヘンドリックス(ギャビー・ギャビー)、ジョーダン・ピール(バニー)、キアヌ・リーヴス(デューク・カブーン)、アリー・マキ(ギグル・マクディンプルズ)、ジェイ・ヘルナンデス(ボニーの父)、ジョーン・キューザック(ジェシー)、ブレイク・クラーク(スリンキー・ドッグ)、ウォーレス・ショーン(レックス)、ドン・リックルズ(ミスター・ポテトヘッド)、ジェフ・ガーリン(バターカップ)、エステル・ハリス(ミセス・ポテトヘッド)、ジョン・モリス(アンディ)、ほか

「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」のネタバレあらすじ結末

スパイダーマン:ファー・フロム・ホームの紹介:2019年アメリカ映画。夏休みに友人たちとヨーロッパ旅行を楽しむピーター・パーカーに、S.H.I.E.L.D.長官ニック・フューリーから任務を与えられ、新たな戦いへ向かっていく。アベンジャーズ/エンドゲームでも激闘を繰り広げたスパイダーマンを主人公に、エンドゲーム後のアベンジャーズを引っ張っていくべく大活躍を見せます。インフィニティ・サーガのフェイズ3の締めくくりに相応しい、スパイダーマンの成長譚を上手く描いています。
監督:ジョン・ワッツ キャスト:トム・ホランド(ピーター・パーカー/スパイダーマン)、サミュエル・L・ジャクソン(ニック・フューリー)、ゼンデイヤ(ミシェル・“MJ”・ジョーンズ)、コビー・スマルダーズ(マリア・ヒル)、ジョン・ファヴロー(ハッピー・ホーガン)、ジェイコブ・バタロン(ネッド)、マリサ・トメイ(メイおばさん)、ジェイク・ギレンホール(クエンティン・ベック/ミステリオ)、ほか

「アラジン(2019年実写版)」のネタバレあらすじ結末

アラジンの紹介:2019年アメリカ映画。ディズニーアニメ『アラジン』を実写化したファンタジー映画。魔法のランプを手に入れた青年アラジンはランプの魔人ジーニーの力を借りながらアグラバー王国のジャスミン王女と距離を縮めていく。しかし同時に魔法のランプを悪用しようとする邪悪な魔術師ジャファーに邪魔をされてしまう。印象的な主題歌「ホール・ニュー・ワールド」のメロディに乗せて空飛ぶ魔法の絨毯がどこまでも飛んでいく様子は多くの観客を魅了する。
監督:ガイ・リッチー 出演:メナ・マスード(アラジン)、ナオミ・スコット(ジャスミン)、ウィル・スミス(ジーニー)、マーワン・ケンザリ(ジャファー)、ナヴィド・ネガーバン(サルタン)、ナシム・ペドラド(ダリア)、ビリー・マグヌッセン(アンダース王子)、ほか

1 2
TOP↑