大泉洋映画一覧

大泉洋が出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「フード・ラック!食運」のネタバレあらすじ結末

フード・ラック!食運の紹介:2020年日本映画。芸能界きっての食通として知られるお笑いトリオ「ダチョウ倶楽部」の寺門ジモンの監督デビュー作となるヒューマンドラマです。「EXILE」「三代目J Soul Brothers」のNAOTOと土屋太鳳がダブル主演を務め、かつて人気を誇っていた下町の焼肉屋を舞台に、食を通じて繋がる主人公のフリーライターと焼肉屋の女主人だった母との絆を周囲の人々の人間模様を含めて描きます。
監督:寺門ジモン 出演者:NAOTO(佐藤良人)、土屋太鳳(竹中静香)、石黒賢(新生英二)、松尾諭(古山達也)、寺脇康文(山田智洋)、白竜(滝沢二郎)、東ちづる(滝沢小百合)、矢柴俊博(西田貴博)、筧美和子(的場涼子)、斎藤汰鷹(少年時代の佐藤良人)、大泉洋(尾崎実)、大和田伸也(豊川忠義)、竜雷太(石原雄司)、りょう(佐藤安江)ほか

「新解釈・三國志」のネタバレあらすじ結末

新解釈・三國志の紹介:2020年日本映画。『銀魂』『勇者ヨシヒコ』『今日から俺は!!』などの福田雄一が、幾度となく映像化されてきた歴史書『三國志』を自らの解釈を加え、自ら監督と脚本を務めて映画化した完全オリジナルの痛快エンタテインメント作品です。主演に今回が初タッグとなる大泉洋を迎え、脇を福田作品の常連で固めました。主題歌は福山雅治が手掛けています。
監督:福田雄一 出演者:大泉洋(劉備)、賀来賢人(周瑜)、橋本環奈(黄夫人)、山本美月(小喬)、岡田健史(孫権)、橋本さとし(関羽)、高橋努(張飛)、岩田剛典(趙雲)、渡辺直美(貂蝉)、磯村勇斗(荀彧)、矢本悠馬(黄蓋)、阿部進之介(夏侯惇)、半海一晃(魯粛)、ムロツヨシ(孔明)、山田孝之(黄巾)、城田優(呂布)、佐藤二朗(董卓)、小栗旬(曹操)、西田敏行(蘇我宗光/ナレーション)ほか

「グッドバイ 嘘からはじまる人生喜劇」のネタバレあらすじ結末

グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~の紹介:2019年日本映画。太宰治の未完の遺作『グッド・バイ』をケラリーノ・サンドロヴィッチが独自の視点で戯曲化した作品を、実写映画化。戦後の復興期、大勢の愛人を抱えるダメ男と、金に目がない担ぎ屋の女性が、偽の夫婦を演じることで巻き起こる騒動や人間模様を描く。
監督:成島出 出演:大泉洋(田島周二)、小池栄子(永井キヌ子)、水川あさみ(大櫛加代)、橋本愛(水原ケイ子)、緒川たまき(青木保子)、木村多江(田島静江)、皆川猿時(水原健一)、田中要次(採石場の親方)、池谷のぶえ(デザイナー)、犬山イヌコ(佳乃)、水澤紳吾(闇市のブローカー)、戸田恵子(易者)、濱田岳(清川伸彦)、松重豊(漆山連行)、ほか

「半分の月がのぼる空」のネタバレあらすじ結末

半分の月がのぼる空の紹介:2009年日本映画。肝炎で入院中の祐一は、夜に病院を抜け出し、友達と遊んで帰って来るとナースの亜希子に見つかりました。罰として新しい入院患者の友達になれと言われた裕一が会いに行くと、それは里香という女子でした。なんでも命令する里香は心臓病を患い死を覚悟していました。やがてお互いを意識し始め…という内容の切ないラブストーリーです。別の時間軸が同時進行し、後半、想定外の展開になるという、ひねりを加えた作品です。
監督:深川栄洋 出演:池松壮亮(裕一)、忽那汐里(里香)、大泉洋(夏目先生)、濱田マリ(亜希子先生)、加藤康起(保)、川村亮介(司)、緑友利恵(みゆき)、森田直幸(夏目先生に訴える少年)、螢雪次朗(現・青葉病院院長)、中村久美(里香の母親)、西岡徳馬(青葉病院院長)、ほか

「シムソンズ」のネタバレあらすじ結末

シムソンズの紹介:2006年アメリカ映画。北海道・常呂町で結成され、2002年ソルトレークシティオリンピックに出場した実際のチームを題材にした作品。実際のカーリングホールを使って撮影が行われ、劇中には近江谷杏菜や吉田夕梨花など、のちにカーリング日本代表として活躍する選手たちも出演しています。
監督:佐藤祐市 出演者:加藤ローサ(伊藤和子)、藤井美菜(尾中美希)、高橋真唯(小野菜摘)、星井七瀬(林田史江)、大泉洋(大宮平太)、田中圭(加藤真人)、山本浩司(渡辺恭輔)、宇梶剛士(伊藤謙一)、高田延彦(本島則之)、松重豊(高松康文)、ほか

「そらのレストラン」のネタバレあらすじ結末

そらのレストランの紹介:2018年日本映画。大泉洋やTEAM NACSらを擁する北海道の芸能事務所「クリエイティブオフィスキュー」の企画・プロデュースによる“北海道映画シリーズ”の第3作であり、『しあわせのパン』『ぶどうのなみだ』に引き続いて大泉洋が主演するヒューマンドラマです。本作は北海道せたな町で循環型農業を営む農家ユニット「やまの会」の全面協力のもと、チーズ作りに情熱を燃やす酪農家が仲間たちと力を合わせて1日限りのレストランを開くまでの奮闘を描きます。
監督:深川栄洋 出演者:大泉洋(設楽亘理)、本上まなみ(設楽こと絵)、岡田将生(神戸陽太郎)、マキタスポーツ(石村甲介)、高橋努(富永芳樹)、石崎ひゅーい(野添隆史)、眞島秀和(朝田一行)、安藤玉恵(石村美智)、庄野凛(設楽潮莉)、鈴井貴之(稲熊)、風吹ジュン(大谷佐弥子)、小日向文世(大谷雄二)ほか

「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」のネタバレあらすじ結末

こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話の紹介:2018年日本映画。幼いころから筋ジストロフィーで首と手しか動かせない鹿野が自ら自立して生活するためにボランティアを募る。そこで多くのボランティアと関わっていくなかで介護される側と介護する側ではなく、人間同士対等に向き合う関係になっていく。鹿野を通してボランティアの人達も自らの気持ちを発信することで鹿野とぶつかり合いながらも色々な経験をし、お互いに人間的に成長していく。笑いあり涙ありのヒューマンドキュメンタリー映画です。渡辺一史著「こんな夜更けにバナナかよ 筋ジス・鹿野靖明とボランティアたち」を映画化。
監督:前田哲 出演:大泉洋(鹿野靖明)、高畑充希(安堂美咲)、三浦春馬(田中久)、萩原聖人(高村大助)、渡辺真起子(前木貴子)、宇野祥平(塚田心平)、韓英恵(泉芳恵)、宮澤秀羽(島田亘)、矢野聖人(城之内充)、大友律(大沢)、中田クルミ(加奈)、古川琴音(由美)、竜雷太(鹿野清)、綾戸智恵(鹿野光枝)、佐藤浩市(田中猛)、原田美枝子(野原博子)、ほか

「パパはわるものチャンピオン」のネタバレあらすじ結末

パパはわるものチャンピオンの紹介:2018年日本映画。板橋雅弘と吉田尚令による絵本「パパはわるものチャンピオン」「パパのしごとはわるものです」を映画化した作品です。怪我と世代交代のため悪役に転身したかつてのエースレスラーと、その家族の絆を描いています。主演に新日本プロレスの人気現役レスラー・棚橋弘至を迎え、他にも人気レスラーが多数出演しています。
監督:藤村享平 出演者:棚橋弘至(大村孝志/ゴキブリマスク)、木村佳乃(大村詩織)、寺田心(大村祥太)、仲里依紗(大場ミチコ)、オカダ・カズチカ(ドラゴンジョージ)、田口隆祐(寄田/ギンバエマスク)、真壁刀義(スイートゴリラ丸山)、バレッタ(ジョエル・ハーディ)、淵上泰史(平野大輔)、松本享恭(町田翔平)、川添野愛(ユリ)、大泉洋(編集長)、大谷亮平(大友)、寺脇康文(本田功)、天山広吉、小島聡、永田裕志、中西学、KUSHIDA、後藤洋央紀、石井智宏、矢野通、YOSHI-HASHI、内藤哲也、高橋ヒロムほか

「焼肉ドラゴン」のネタバレあらすじ結末

焼肉ドラゴンの紹介:2018年日本映画。何があっても、本気でぶつかり、本気で生きた…。2008年に日本の新国立劇場と韓国の芸術の殿堂のコラボレーションにより実現した舞台劇を、演出を手掛けた鄭義信が自ら監督と脚本を務めて映画化した人間ドラマです。大阪万博前後の大阪の一角にあったコリアンタウンを舞台に、焼肉屋を営む一家の物語を描きます。
監督:鄭義信 出演者:真木よう子(静花)、井上真央(梨花)、大泉洋(哲男)、桜庭ななみ(美花)、大谷亮平(長谷川豊)、ハン・ドンギュ(尹大樹)、イム・ヒチョル(呉日白)、大江晋平(時生)、宇野祥平(呉信吉)、根岸季衣(美根子)、イ・ジョンウン(英順)、キム・サンホ(龍吉)ほか

「恋は雨上がりのように」のネタバレあらすじ結末

恋は雨上がりのように の紹介:2018年日本映画。冴えないファミリーレストランの店長に片想いする女子高生の恋模様を描く。眉月じゅん原作コミック「恋は雨上がりのように」を、「帝一の國」「世界から猫が消えたなら」の永井怜が実写化。店長を「アイアムアヒーロー」の大泉洋、女子高生を「乾き。」の小松菜奈が演じる。
監督:永井聡 キャスト:小松菜奈(橘あきら)、大泉洋(近藤正己)、清野菜名(喜屋武はるか)、磯村勇斗(加瀬亮介)、葉山奨之(吉澤タカシ)、松本穂香(西田ユイ)、山本舞香(倉田みずき)、篠原篤(大塚)、濱田マリ(久保佳代子)、戸次重幸(九条ちひろ)、吉田羊(橘ともよ)、ほか

「ドラえもん のび太の宝島」のネタバレあらすじ結末

映画ドラえもん のび太の宝島の紹介:2018年日本映画。国民的マンガ『ドラえもん』劇場版シリーズの第38作は、脚本にメガヒット映画『君の名は。(新海誠監督、2016年公開)』のプロデューサーを務めた川村元気、主題歌に星野源を迎え、財宝が眠るとされる宝島を巡ってのドラえもんとその仲間たちの冒険、そして海賊たちとの攻防を描きます。
監督:今井一暁 声の出演者:水田わさび(ドラえもん)、大原めぐみ(野比のび太)、かかずゆみ(源静香)、木村昴(剛田武/ジャイアン)、関智一(骨川スネ夫)、山下大輝(フロック)、折笠富美子(セーラ)、悠木碧(クイズ)、大泉洋(キャプテンシルバー)、高橋茂雄(トマト)、長澤まさみ(フィオナ)ほか

「探偵はBARにいる3」のネタバレあらすじ結末

探偵はBARにいる3の紹介:2017年日本映画。東直己の『ススキノ探偵シリーズ』を原作とする人気ハードボイルド・サスペンスシリーズ第3作です。北海道最大の歓楽街ススキノを舞台に、大泉洋と松田龍平扮する探偵コンビが、女子大生の失踪を発端とする大事件に巻き込まれていきます。
監督:吉田照幸 出演者:大泉洋(探偵)、松田龍平(高田)、北川景子(岬マリ)、前田敦子(諏訪麗子)、鈴木砂羽(モンロー)、リリー・フランキー(北城仁也)、志尊淳(波留)ほか

「鋼の錬金術師」のネタバレあらすじ結末

鋼の錬金術師の紹介:2017年日本映画。「鋼の錬金術師」は2001年から約10年間『月刊少年ガンガン』に連載された荒川弘の大人気コミック。アニメ化もされているこの作品が満を持して実写化された。監督は、「ピンポン」でもコミック実写化に成功している曽利文彦監督。錬金術は、物質を分解して新たなものに作り替える魔法のような術。物語はその錬金術が存在している19世紀ヨーロッパ風の世界が舞台。幼い兄弟が錬金術によって失った身体を取り戻すため、“賢者の石”を求めて旅をする壮大なファンタジーである。
監督:曽利文彦 キャスト:山田涼介(エド)、本田翼(ウィンリィ)、ディーン・フジオカ(マスタング大佐)、蓮佛美沙子(ホークアイ中尉)、佐藤隆太(ヒューズ中佐)、小日向文世(ハクロ将軍)、大泉洋(ショウ・タッカー)、夏菜(ロス少尉)、水石亜飛夢(アル:声)、松雪泰子(ラスト)、本郷奏多(エンヴィィ)、内山信二(グラトニー)、國村隼(ドクター・マルコー)、石丸謙二郎(コーネロ)、原田夏希(ヒューズ中佐の妻)ほか

「釣りバカ日誌17」のネタバレあらすじ結末

釣りバカ日誌17 あとは能登なれ ハマとなれ!の紹介:2006年日本映画。ある日、鈴木建設の営業3課に再雇用された沢田弓子が入社してきた。弓子は離婚をし東京に一人戻ってきたのだ。兄に見合いを勧められるが過去のトラウマから縁談を断る弓子。ハマちゃんは仕事で石川県に来ていた。相変わらず目的は釣りだった。法事で石川県の実家に戻っていた弓子にばったり会う。満喫して東京に戻るハマちゃん。弓子の暮らすマンションの向かえに住む村井徹は美術講師で弓子に好意を抱いていた。そして船頭のハチもまた弓子に一目惚れをしていた。三人の恋の行方は…
監督:朝原雄三 出演:西田敏行(浜崎伝助)、三國連太郎(鈴木一之助)、浅田美代子(浜崎みち子)、石田ゆり子(沢田弓子)、中本賢(太田八郎)、道場六三郎(釣り人)、ダンディ坂野(市の職員)、ほか

「トワイライト ささらさや」のネタバレあらすじ結末

トワイライト ささらさやの紹介:2014年日本映画。落語家という、これ以上ないはまり役を演じた大泉洋。大泉洋が主演を務める映画らしく、笑える要素がふんだんにありながら、最後は感動できる爽やかな仕上がりとなっている。
監督:深川栄洋 出演:新垣結衣(サヤ)、大泉洋(ユウタロウ)、中村蒼(佐野)、福島リラ(エリカ)、寺田心(ダイヤ)、石橋凌(ユウタロウの父)、ほか

1 2 3

キーワードから探す

TOP↑