Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

大泉洋映画一覧

大泉洋が出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「そらのレストラン」のネタバレあらすじ結末

そらのレストランの紹介:2018年日本映画。大泉洋やTEAM NACSらを擁する北海道の芸能事務所「クリエイティブオフィスキュー」の企画・プロデュースによる“北海道映画シリーズ”の第3作であり、『しあわせのパン』『ぶどうのなみだ』に引き続いて大泉洋が主演するヒューマンドラマです。本作は北海道せたな町で循環型農業を営む農家ユニット「やまの会」の全面協力のもと、チーズ作りに情熱を燃やす酪農家が仲間たちと力を合わせて1日限りのレストランを開くまでの奮闘を描きます。
監督:深川栄洋 出演者:大泉洋(設楽亘理)、本上まなみ(設楽こと絵)、岡田将生(神戸陽太郎)、マキタスポーツ(石村甲介)、高橋努(富永芳樹)、石崎ひゅーい(野添隆史)、眞島秀和(朝田一行)、安藤玉恵(石村美智)、庄野凛(設楽潮莉)、鈴井貴之(稲熊)、風吹ジュン(大谷佐弥子)、小日向文世(大谷雄二)ほか

「こんな夜更けにバナナかよ」のネタバレあらすじ結末

こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話の紹介:2018年日本映画。渡辺一史著「こんな夜更けにバナナかよ 筋ジス・鹿野靖明とボランティアたち」を映画化。幼いころから筋ジストロフィーで首と手しか動かせない鹿野さんが自ら自立して生活するためにボランティアを募る。そこで多くのボランティアと関わっていくなかで介護される側と介護する側ではなく、人間同士対等に向き合う関係になっていく。鹿野さんを通してボランティアの人達も自らの気持ちを発信することで鹿野さんとぶつかり合いながらも色々な経験をし、お互いに人間的に成長していく。笑いあり涙ありのヒューマンドキュメンタリー映画です。
監督:前田哲 出演:大泉洋(鹿野靖明)、高畑充希(安堂美咲)、三浦春馬(田中久)、萩原聖人(高村大助)、渡辺真起子(前木貴子)、宇野祥平(塚田心平)、韓英恵(泉芳恵)、宮澤秀羽(島田亘)、矢野聖人(城之内充)、大友律(大沢)、中田クルミ(加奈)、古川琴音(由美)、竜雷太(鹿野清)、綾戸智恵(鹿野光枝)、佐藤浩市(田中猛)、原田美枝子(野原博子)、ほか

「パパはわるものチャンピオン」のネタバレあらすじ結末

パパはわるものチャンピオンの紹介:2018年日本映画。板橋雅弘と吉田尚令による絵本「パパはわるものチャンピオン」「パパのしごとはわるものです」を映画化した作品です。怪我と世代交代のため悪役に転身したかつてのエースレスラーと、その家族の絆を描いています。主演に新日本プロレスの人気現役レスラー・棚橋弘至を迎え、他にも人気レスラーが多数出演しています。
監督:藤村享平 出演者:棚橋弘至(大村孝志/ゴキブリマスク)、木村佳乃(大村詩織)、寺田心(大村祥太)、仲里依紗(大場ミチコ)、オカダ・カズチカ(ドラゴンジョージ)、田口隆祐(寄田/ギンバエマスク)、真壁刀義(スイートゴリラ丸山)、バレッタ(ジョエル・ハーディ)、淵上泰史(平野大輔)、松本享恭(町田翔平)、川添野愛(ユリ)、大泉洋(編集長)、大谷亮平(大友)、寺脇康文(本田功)、天山広吉、小島聡、永田裕志、中西学、KUSHIDA、後藤洋央紀、石井智宏、矢野通、YOSHI-HASHI、内藤哲也、高橋ヒロムほか

「焼肉ドラゴン」のネタバレあらすじ結末

焼肉ドラゴンの紹介:2018年日本映画。何があっても、本気でぶつかり、本気で生きた…。2008年に日本の新国立劇場と韓国の芸術の殿堂のコラボレーションにより実現した舞台劇を、演出を手掛けた鄭義信が自ら監督と脚本を務めて映画化した人間ドラマです。大阪万博前後の大阪の一角にあったコリアンタウンを舞台に、焼肉屋を営む一家の物語を描きます。
監督:鄭義信 出演者:真木よう子(静花)、井上真央(梨花)、大泉洋(哲男)、桜庭ななみ(美花)、大谷亮平(長谷川豊)、ハン・ドンギュ(尹大樹)、イム・ヒチョル(呉日白)、大江晋平(時生)、宇野祥平(呉信吉)、根岸季衣(美根子)、イ・ジョンウン(英順)、キム・サンホ(龍吉)ほか

「恋は雨上がりのように」のネタバレあらすじ結末

恋は雨上がりのように の紹介:2018年日本映画。眉月じゅん原作の同名コミックを「帝一の國」「世界から猫が消えたなら」の永井怜が実写化。冴えないファミリーレストランの店長に片想いする女子高生の恋を描く。店長を「アイアムアヒーロー」の大泉洋、女子高生を「乾き。」の小松菜奈が演じる。
監督:永井聡 キャスト:小松菜奈(橘あきら)、大泉洋(近藤正己)、清野菜名(喜屋武はるか)、磯村勇斗(加瀬亮介)、葉山奨之(吉澤タカシ)、松本穂香(西田ユイ)、山本舞香(倉田みずき)、篠原篤(大塚)、濱田マリ(久保佳代子)、戸次重幸(九条ちひろ)、吉田羊(橘ともよ)、ほか

「ドラえもん のび太の宝島」のネタバレあらすじ結末

映画ドラえもん のび太の宝島の紹介:2018年日本映画。国民的マンガ『ドラえもん』劇場版シリーズの第38作は、脚本にメガヒット映画『君の名は。(新海誠監督、2016年公開)』のプロデューサーを務めた川村元気、主題歌に星野源を迎え、財宝が眠るとされる宝島を巡ってのドラえもんとその仲間たちの冒険、そして海賊たちとの攻防を描きます。
監督:今井一暁 声の出演者:水田わさび(ドラえもん)、大原めぐみ(野比のび太)、かかずゆみ(源静香)、木村昴(剛田武/ジャイアン)、関智一(骨川スネ夫)、山下大輝(フロック)、折笠富美子(セーラ)、悠木碧(クイズ)、大泉洋(キャプテンシルバー)、高橋茂雄(トマト)、長澤まさみ(フィオナ)ほか

「探偵はBARにいる3」のネタバレあらすじ結末

探偵はBARにいる3の紹介:2017年日本映画。東直己の『ススキノ探偵シリーズ』を原作とする人気ハードボイルド・サスペンスシリーズ第3作です。北海道最大の歓楽街ススキノを舞台に、大泉洋と松田龍平扮する探偵コンビが、女子大生の失踪を発端とする大事件に巻き込まれていきます。
監督:吉田照幸 出演者:大泉洋(探偵)、松田龍平(高田)、北川景子(岬マリ)、前田敦子(諏訪麗子)、鈴木砂羽(モンロー)、リリー・フランキー(北城仁也)、志尊淳(波留)ほか

「鋼の錬金術師」のネタバレあらすじ結末

鋼の錬金術師の紹介:2017年日本映画。「鋼の錬金術師」は2001年から約10年間『月刊少年ガンガン』に連載された荒川弘の大人気コミック。アニメ化もされているこの作品が満を持して実写化された。監督は、「ピンポン」でもコミック実写化に成功している曽利文彦監督。錬金術は、物質を分解して新たなものに作り替える魔法のような術。物語はその錬金術が存在している19世紀ヨーロッパ風の世界が舞台。幼い兄弟が錬金術によって失った身体を取り戻すため、“賢者の石”を求めて旅をする壮大なファンタジーである。
監督:曽利文彦 キャスト:山田涼介(エド)、本田翼(ウィンリィ)、ディーン・フジオカ(マスタング大佐)、蓮佛美沙子(ホークアイ中尉)、佐藤隆太(ヒューズ中佐)、小日向文世(ハクロ将軍)、大泉洋(ショウ・タッカー)、夏菜(ロス少尉)、水石亜飛夢(アル:声)、松雪泰子(ラスト)、本郷奏多(エンヴィィ)、内山信二(グラトニー)、國村隼(ドクター・マルコー)、石丸謙二郎(コーネロ)、原田夏希(ヒューズ中佐の妻)ほか

「釣りバカ日誌17」のネタバレあらすじ結末

釣りバカ日誌17 あとは能登なれ ハマとなれ!の紹介:2006年日本映画。ある日、鈴木建設の営業3課に再雇用された沢田弓子が入社してきた。弓子は離婚をし東京に一人戻ってきたのだ。兄に見合いを勧められるが過去のトラウマから縁談を断る弓子。ハマちゃんは仕事で石川県に来ていた。相変わらず目的は釣りだった。法事で石川県の実家に戻っていた弓子にばったり会う。満喫して東京に戻るハマちゃん。弓子の暮らすマンションの向かえに住む村井徹は美術講師で弓子に好意を抱いていた。そして船頭のハチもまた弓子に一目惚れをしていた。三人の恋の行方は…
監督:朝原雄三 出演:西田敏行(浜崎伝助)、三國連太郎(鈴木一之助)、浅田美代子(浜崎みち子)、石田ゆり子(沢田弓子)、中本賢(太田八郎)、道場六三郎(釣り人)、ダンディ坂野(市の職員)、ほか

「トワイライト ささらさや」のネタバレあらすじ結末

トワイライト ささらさやの紹介:2014年日本映画。落語家という、これ以上ないはまり役を演じた大泉洋。大泉洋が主演を務める映画らしく、笑える要素がふんだんにありながら、最後は感動できる爽やかな仕上がりとなっている。
監督:深川栄洋 出演:新垣結衣(サヤ)、大泉洋(ユウタロウ)、中村蒼(佐野)、福島リラ(エリカ)、寺田心(ダイヤ)、石橋凌(ユウタロウの父)、ほか

「金メダル男」のネタバレあらすじ結末

金メダル男の紹介:2016年日本映画。ウッチャンナンチャンの内村光良が2011年に上演した一人舞台『東京オリンピック生まれの男』をベースに自ら監督・脚本・主演を務めて映画化した作品で、あらゆるもの全てで“一等賞”を目指した男の半生を描いています。
監督:内村光良 出演者:内村光良(秋田泉一)、知念侑李(若き日の秋田泉一)、木村多江(亀谷頼子)、ムロツヨシ(村田俊太郎)、土屋太鳳(横井みどり)、平泉成(秋田留一)、宮崎美子(秋田房江)、笑福亭鶴瓶(難波寅太)ほか

「東京喰種トーキョーグール」のネタバレあらすじ結末

東京喰種 トーキョーグールの紹介:2017年日本映画。ヤングジャンプで大人気連載中の石田スイによるダークファンタジー漫画を原作とする実写映画化作品。ヒトとして生きてきた主人公の金木研が半喰種(グール)となって生きていく事になった悲しくそして苦悩を抱ききながら人間とグールの共存を考えながら戦っていく物語である。2019年7月には続編となる東京喰種トーキョーグール2が公開となる。東京喰種 トーキョーグールは原作者のデビュー作でありながら世界で発行部数3000万部を誇る大人気漫画。
監督:萩原健太郎 出演者:窪田正孝(金木研/カネキ)、清水富美加(霧嶋董香/トーカ)、鈴木伸之(亜門鋼太朗)、桜田ひより(笛口雛実/ヒナミ)、蒼井優(神代利世/リゼ)、大泉洋(真戸呉緒)ほか

「レイトン教授と永遠の歌姫」のネタバレあらすじ結末

レイトン教授と永遠の歌姫の紹介:2009年日本映画。根強いファンを抱えるクイズゲーム、「レイトン教授シリーズ」。その大人気作がキャストをそのままにアニメーション映画化!ゲームをプレイしたとのない人にも分かりやすいストーリーとなっている。
監督:橋本昌和 声優:大泉洋(レイトン教授)、堀北真希(ルーク少年)、水樹奈々(ジェニス)、渡部篤郎(デスコール)、相武紗季(レミ)、ほか

「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」のネタバレあらすじ結末

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだらの紹介:2011年日本映画。「もしドラ」の愛称で大ヒットとなった岩崎夏海の同名小説を映画化したもので、病に倒れた親友の代わりに万年弱小の野球部マネージャーになった女子高生が、ピーター・F・ドラッカーの書いたマネジメント本を手に部の改革を進めていく姿を描いた青春ドラマです。
監督:田中誠 出演者:前田敦子(川島みなみ)、瀬戸康史(浅野慶一郎)、峯岸みなみ(北条文乃)、池松壮亮(柏木次郎)、川口春奈(宮田夕紀)、大泉洋(加地誠)ほか

「ぶどうのなみだ」のネタバレあらすじ結末

ぶどうのなみだの紹介:2014年日本映画。葡萄づくりに専念する兄弟の元にやってきた謎多き気さくな女性、エリカ。彼らとエリカの不器用だが心温まる物語。自分の目標に向かって何かをする人の活力を描いている。
監督:三島有紀子 出演:大泉洋(アオ)、染谷将太(ロク)、安藤裕子(エリカ)、リリさん(りりィ)、江波京子(エリカの母)、大杉連(アオとロクの父)

1 2
TOP↑