リチャード・ギア映画一覧

リチャード・ギアが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「愛という名の疑惑」のネタバレあらすじ結末

愛という名の疑惑の紹介:1992年アメリカ映画。精神科医アイザックは、担当患者の病状を探るため彼女の姉ヘザーと会うことになります。美しく魅惑的なヘザーの虜となったアイザックは、彼女の策略の歯車となっていきます。R・ギアとK・ベイシンガーは『ノー・マーシィ/非情の愛』(1986年)に続けて二度目の共演となります。
監督:フィル・ジョアノー 出演者: リチャード・ギア(アイザック・バー)、キム・ベイシンガー(ヘザー・エヴァンズ)、 ユマ・サーマン(ダイアナ・ベイラー)、 エリック・ロバーツ(ジミー・エヴァンズ)、ポール・ギルフォイル(マイク・オブライエン)

「トゥルーナイト」のネタバレあらすじ結末

トゥルーナイトの紹介:1995年アメリカ映画。過去に幾度となく映画化されてきた『アーサー王の伝説』を、今回はラブロマンス要素を強調した歴史スペクタクル作品で、若き剣士ランスロットと王妃の許されざる恋を軸に描いています。
監督:ジェリー・ザッカー 出演者:ショーン・コネリー(アーサー王)、リチャード・ギア(ランスロット)、ジュリア・オーモンド(グィネヴィア)、ベン・クロス(マラガント王子)、ジョン・ギールグッド(オスワルド)ほか

「ジャック・サマースビー」のネタバレあらすじ結末

ジャック・サマースビーの紹介:1993年アメリカ映画。戦地から帰還した夫を出迎えた妻は、別人のように優しくなった夫に戸惑い、やがてある疑念を抱き始めます。ある秘密を抱えながら村のために尽力する一人の男と彼を支える妻の絆を描いた人間ドラマです。
監督:ジョン・アミエル 出演者:リチャード・ギア(ジャック・サマースビー)、ジョディ・フォスター(ローレル・サマースビー)、ビル・プルマン(オーリン・ミーチャム)、ジェームズ・アール・ジョーンズ(バリー・コンラッド・アイザックス判事)、フランキー・フェイソン(ジョセフ)ほか

「運命の女」のネタバレあらすじ結末

運命の女の紹介:2002年アメリカ映画。『フラッシュダンス』、『危険な情事』等のエイドリアン・ラインがお気に入りの作品である、クロード・シャブロル監督の『不貞の女』(1969年)をリメイクしたサスペンス映画。ただし設定は大きく変わっている。偶然出会った若い男との不倫関係にのめりこんでいく美しい妻を演じたダイアン・レインがアカデミー主演女優賞にノミネートされる。
監督:エイドリアン・ライン 出演者:ダイアン・レイン(コニー・サムナー)、リチャード・ギア(エドワード・サムナー)、オリヴィエ・マルティネス(ポール・マーテル)、エリック・パー・サリヴァン(チャーリー・サムナー)ほか

「マリーゴールド・ホテル 幸せへの第二章」のネタバレあらすじ結末

マリーゴールド・ホテル 幸せへの第二章の紹介:2015年イギリス,アメリカ映画。映画界の至宝ばかりを集結させた、超豪華映画の第2弾。マリーゴールド・ホテルの個性的な住人たちから目が離せない。インドを舞台にしているだけあり、その色彩や音楽も魅力。
監督:ジョン・マッデン 出演:ジュディ・デンチ(イヴリン・グリーンスレイド)、マギー・スミス(ミュリエル・ドネリー)、ビル・ナイ(ダグラス・エインズリー)、デヴ・パテル(ソニー・カプー)、ペネロープ・ウィルトン(ジーン・エインズリー )、デヴィッド・ストラザーン(タイ・バーリー)、リチャード・ギア(ガイ・チェンバース)、ほか

「アイム・ノット・ゼア」のネタバレあらすじ結末

アイム・ノット・ゼアの紹介:2007年アメリカ映画。ノーベル文学賞受賞者でもあり、今なお現役で活躍を続ける伝説のミュージシャン、ボブ・ディランの半生をモチーフに、6人の俳優がディランの多彩なイメージを演じ分けた実験的なミュージックドラマです。
監督:トッド・ヘインズ 出演者:クリスチャン・ベイル(ジャック/ジョン牧師)、ケイト・ブランシェット(ジュード)、マーカス・カール・フランクリン(ウディ)、リチャード・ギア(ビリー)、ヒース・レジャー(ロビー)、ベン・ウィショー(アルチュール)、ほか

「最後の初恋」のネタバレあらすじ結末

最後の初恋の紹介:2008年アメリカ,オーストラリア映画。エイドリアン・ウィリスはノースカロライナ州の田舎町に二人の子供と住み、夫とは別居しています。彼女はこれからのことを迷っていました。そんな日、親友の変わりに、5日間だけホテルの手伝いを頼まれます。そこに、初老の医師ポール・フラナーが来客します。無愛想な彼の態度に嫌っていたエイドリアンでしたが、嵐がきっかけで二人の間に真実の愛が芽生えます。
監督:ジョージ・C・ウルフ 出演:リチャード・ギア(ポール・フラナー)、ダイアン・レイン(エイドリアン)、スコット・グレン(ロバート)、ジェームズ・フランコ(マーク・フラナー)、クリストファー・メローニ(ジャック)、ほか

「八月の狂詩曲」のネタバレあらすじ結末

八月の狂詩曲(ラプソディー)の紹介:1991年日本映画。日本映画界の巨匠・黒澤明監督が村田喜代子の芥川賞受賞作品「鍋の中」を映画化したもので、長崎で原爆体験をした祖母と4人の孫たちのひと夏の交流を描いています。
監督: 黒澤明 出演者:村瀬幸子(鉦)、吉岡秀隆(縦男)、大寶智子(たみ)鈴木美恵(みな子)、伊崎充則(信次郎)、リチャード・ギア(クラーク)ほか

「ジャッカル」のネタバレあらすじ結末

ジャッカルの紹介:1997年アメリカ映画。1973年公開の映画「ジャッカルの日」をリメイクしたアクション・サスペンス映画です。正体不明の超大物暗殺者“ジャッカル”をブルース・ウィリスが演じ、彼を追うIRAの元テロリストとの闘いを描いています。本作はリメイクではあるものの内容はほぼオリジナルとなっている。
監督:マイケル・ケイトン=ジョーンズ 出演者:ブルース・ウィリス(ジャッカル)、リチャード・ギア(デクラン・マルクィーン)、シドニー・ポワチエ(カーター・プレストン)、(ヴァレンチーナ・コスロヴァ)、マチルダ・メイ(イザベラ・ザンコーナ)ほか

「愛と青春の旅だち」のネタバレあらすじ結末

愛と青春の旅だちの紹介:1982年アメリカ映画。自堕落な元兵士の父と、それに反発するかのように海軍に入隊する息子。ある海軍士官生の青春と成長を、士官養成学校での厳しい日々や育まれる仲間との友情、そして町工場の女とのロマンスを通じて描いた作品です。
監督:テイラー・ハックフォード 出演者:リチャード・ギア(ザック・メイヨ)、デブラ・ウィンガー(ポーラ・ポリフキ)、ルイス・ゴセット・ジュニア(エミール・フォーリー軍曹)、デヴィッド・キース(シド・ウォーリー)、ロバート・ロッジア(バイロン・メイヨ)ほか

「顔のないスパイ」のネタバレあらすじ結末

顔のないスパイの紹介:2011年アメリカ映画。ロシアと繋がりのあるアメリカ上院議員が暗殺され、旧ソ連の伝説の暗殺者が浮上するなか、現場復帰した元CIAエージェントがFBIの若手捜査官ともに事件を追うスパイサスペンス作品です。
監督:マイケル・ブラント 出演者:リチャード・ギア(ポール・シェファーソン)、トファー・グレイス(ベン・ギアリー)、マーティン・シーン(トム・ハイランド)、タマー・ハッサン(ヨハン・ボズロスキー)、スティーヴン・モイヤー(ブルータス)ほか

「ザ・ホークス」のネタバレあらすじ結末

ザ・ホークス ハワード・ヒューズを売った男の紹介:2006年アメリカ映画。キャッチコピーは「伝説の大富豪“ハワード・ヒューズの偽りの伝記”を執筆した、ある作家の<真実の物語>」で、1970年代初頭、伝説の大富豪ハワード・ヒューズの偽りの自伝を執筆した作家クリフォード・アーヴィングによる実際に起きた詐欺事件の顛末を、自らがまとめた回顧録『ザ・ホークス 世界を騙した世紀の詐欺事件』を原作にした映画です。
主人公クリフォード・アーヴィングをリチャード・ギアが熱演、偽りが発覚しないように様々な手口を使って危機を切り抜けつつも、次第に追い詰められていく姿をスリリングに描いたヒューマン・コメディ映画です。
監督:ラッセ・ハルストレム 出演:リチャード・ギア(クリフォード・アーヴィング)、アルフレッド・モリナ(ディック・サスキンド)、マーシャ・ゲイ・ハーデン(エディス・アーヴィング)、ホープ・デイヴィス(アンドレア・テイト)、ジュリー・デルピー(ニーナ・ヴァン・パラント)、ほか

「HACHI 約束の犬」のネタバレあらすじ結末

HACHI 約束の犬の紹介:2008年アメリカ映画。お馴染み忠犬ハチ公の話をベースにした、ハリウッド版リメイク作品。「ギルバート・グレイプ」や「サイダーハウス・ルール」など良質なドラマ作りに定評のある、ラッセ・ハルストレム監督が、犬と飼い主の深い愛情を丁寧に描いています。ハチ役を演じた3匹の秋田犬が、やんちゃで、健気で、とても愛しい。表情の切り取り方、犬の視点の演出が、観る人の心を魅了する、とても心温まる作品です。主演・プロデューサーを務めるリチャード・ギアが、愛犬家ならではのリラックスした良い表情を見せています。
監督:ラッセ・ハルストレム 出演:リチャード・ギア(パーカー教授)、ジョーン・アレン(ケイト)、サラ・ローマー(アンディ)、ケイリー=ヒロユキ・タガワ(ケン)、ジェイソン・アレクサンダー(カール)、ハチ(フォレスト/レイラ/チーコ)ほか

「背徳の囁き」のネタバレあらすじ結末

背徳の囁きの紹介:1989年アメリカ映画。ロサンゼルス市警に着任したエリート内務調査官が、暗躍する悪徳警官に挑発、翻弄されながらも悪事を暴いていくサスペンス。リチャード・ギアが初の悪役を演じた。
監督:マイク・フィギス 出演:リチャード・ギア(デニス・ペック)、アンディ・ガルシア(レイモンド ・アヴィラ)、ナンシー・トラヴィス(キャスリーン・アヴィラ )、ローリー・メトカーフ(エイミー・ウォーレス)、ほか

「ムービー43」のネタバレあらすじ結末

ムービー43の紹介:2013年アメリカ映画。ある映画製作会社に一人の男が現れる。男はその会社のプロデューサーにいくつかの映画の脚本を持参していた。しかしそのどれもが酷い出来でプロデューサーはことごとく却下。しかしそれが男をある行動に駆り立ててしまう。ヒュー・グラント、ケイト・ウィンスレットを始めとする豪華俳優陣が集結したコメディ。
監督:ピーター・ファレリー、グリフィン・ダン、ブレット・ラトナー、スティーブン・ブリル、エリザベス・バンクス、ジェームズ・ガン、ウィル・グラハム 出演:ケイト・ウィンスレット、ヒュー・ジャックマン、クリス・プラット、アンナ・ファリス、エマ・ストーン、ユマ・サーマン、クリステン・ベル、ハル・ベリー、ジェラルド・バトラー、ジョシュ・デュアメル、リチャード・ギア、クロエ・グレース・モレッツ、ナオミ・ワッツ、テレンス・ハワード ほか

1 2
TOP↑